あやめ速報-SSまとめ-

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIPで書かれたSSをまとめています。 主なジャンル:「まどか☆マギカ」「禁書目録/超電磁砲」「けいおん!」「ゆるゆり」「Another」・新ジャンル・魔王・勇者・幼馴染・男・女・妹など。

あやめ速報のツイッター あやめ速報のRSS あやめ速報をブックマーク Facebookに投稿
ヘッドライン

ファンタジー

貴族「もし…、貴方にわたしのオチンチンを錬成して欲しいのだが」 女錬金術師「帰ってもらえます?」

1 : 以下、5... - 2019/08/09(金) 20:04:51.926 vB4ff9D60 1/20

錬金術師の家

貴族「まってくれ、追い出さないでくれ、ちゃんと話を」

女錬金術師「嫌です、あなたの話は聞きたくありません早く帰って」

貴族「じ、実は先日とある悪魔に奪われてしまったんだ。ちんちんを」

女錬金術師「話しはじめなくていいですからっ」

貴族「それ以来、生きてても全然楽しくてなくてな…、しかし奪われたちんこはもうどうしょうもない」

貴族「そこで、錬金術で新しいおちんぽを作ってもらおうとおもってな!」

女錬金術師「なぜいろんな言い回しで言うの…?ほんと帰ってよ」

元スレ
貴族「もし…、貴方にわたしのオチンチンを錬成して欲しいのだが」 女錬金術師「帰ってもらえます?」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1565348691/

続きを読む

奴隷狩り「拾った幼女がドラゴンだった」

1 : 以下、5... - 2020/01/04(土) 16:04:55.235 cbKDMmLj0 1/27

奴隷狩り『甘いのいっぱいあげるぞ』

ドラゴン『わーいなのじゃ!』


奴隷狩り(ってな具合に、アホそうなガキが一人でいると思って誘拐してみたら)

魔物「グオオオ!」

ドラゴン「邪魔なのじゃ」 ベチ

魔物「ぎゃふ!」 バタン

奴隷狩り(あきらかやべえ奴じゃん)

ドラゴン「我は偉大なるドラゴンなるぞ、道を退けるのじゃー」 ブンブン

奴隷狩り(ドラゴンって、え、俺死ぬん?)

奴隷狩り(これはもう>>3するしかねえな)

元スレ
奴隷狩り「拾った幼女がドラゴンだった」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1578121495/

続きを読む

司教「ハイテンション魔女戦争!」

1 : 以下、名... - 2019/01/01 14:50:59 ubLswYFc 1/82

司教「むかーしむかしあるところに王国とか帝国とかいろいろありまして」
司教「帝国のお姫様が魔力に目覚めまして」

魔女『パパ上おはよーっ死ね!』

皇帝『ぎょひーっ!死んじゃった(笑)!帝国史完!』

魔女『いえい☆わたし最強だぜ★かーらーの~~~帝都ぼぼぼぼぼーーーーーーん』

司教「そんな感じで帝都は崩壊・滅亡・大炎上」
司教「今なお、燃え盛る火炎で帝都近辺はボーボーTHEボーボーなのでして」
司教「嗚呼しかもなんてもことなのでしょー。魔女は一人だけでなかったのです」

魔女ら『10000人いれば(世界を敵に回しても)だいじょーぶ!HEY!』

元スレ
司教「ハイテンション魔女戦争!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1546321859/

続きを読む

デブ勇者「太ってるってだけで勇者候補から外されたお」ドS僧侶「同じく」

1 : これからも僕を応援してくださいね(^^)36-2-27-69.tokyo.fdn.vectant.ne.jp - 2015/04/08 19:42:25.42 4ygPlAwP0 1/276

デブ「大体勇者はカッコいいなんてドラ○エの幻想だお!」

ドS「嫌悪感があったら勇者にはなれないわボケ!」

デブ「別に人間千差万別なんだからぽっちゃり勇者がいても良いじゃない」

ドS「デブの分際でぽっちゃりとはぽっちゃりの侮辱ね! このクズ!」

デブ「現に実力だけなら最有力だったのに!」

ドS「きたねえ見た目じゃ実力が薄れ寧ろ不快なだけだわ! 死ね!」

デブ「そう言うアンタだって口が悪いから僧侶を外されたんでしょうが!」

ドS「舐めんな! 治癒方法が惨たらしかったから外されたんだわハゲ!」

デブ「余計にたち悪い!?」

元スレ
デブ勇者「太ってるってだけで勇者候補から外されたお」ドS僧侶「同じく」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1428489745/

続きを読む

ブラック勇者「俺のマンパワー舐めるなよ」

1 : 以下、5... - 2019/12/15(日) 01:25:35.752 /6AQERbb0 1/22

ブラック勇者「ワンオペで3人分の仕事こなした俺が薬がぶ飲みして本気出せば数に物を言わせた残酷な選択を迫られても、両方とも救える」

魔物たち「魔王さま!北の軍が全滅です!」

魔王「クックック…なんて恐ろしいやつよ…ぶっちゃけワシより強い。ワシじゃ勝てないだろうな」

魔物たち「では何故笑っているのですか?」

魔王「ワシは勇者には勝てない…しかし、勇者はここまで来ることは絶対に出来ない」

魔物たち「つまりどういうことですか」

魔王「あんな戦い方してたら勇者の身体が持たない」

元スレ
ブラック勇者「俺のマンパワー舐めるなよ」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1576340735/

続きを読む

盲目幼女「お腹が空いてるの?」狼「気にするな、もうすぐご馳走にありつける」

1 : VIPに... - 2013/09/23 22:17:39.14 Z+ZcL0Ap0 1/4

 鬱蒼とした森の中。幼女の隣を、腹を空かせたオオカミが歩く。
 1人と1頭の他には誰も居ない。木々の間に響く音も、1人と1頭が歩く音。
 そしてコツ、コツとした、杖の音だけだ。



幼女  「オカさん、案内、ありがとう。独りぼっちで寂しかったトコなの」

オオカミ「なに、道が同じだっただけだ。その瞳では大変だろう」



 目が悪いのか、幼女は道を探るように杖をついていた。
 魔物ひしめく迷いの森で、多少、肉付きが悪くとも、柔らかい肉はごちそうだ。
 オオカミが、盲目の幼女を引き裂くのに、三秒とかかるまい。
 込み上がる飢餓感は、その細首に喰らいつけと牙に命ずる。だが、オオカミは、そうしない。

 生きるために喰う。そこに、ためらいは無い。

 問題は、幼女が右手に持つ忌まわしき拳銃だ。
 かつて、オオカミの親兄弟達は、皆あの道具に殺された。

 それに、あの左手の杖で骨を折られたら、オオカミの今後にひびく。
 手負いで生き残れるほど、魔物は甘く無い。



オオカミ「お前のような娘に、右手の鉄は重かろう。俺は自分の倍ある獲物を担ぎ、この森の端から端まで走れるほど力持ちだ。どれ、そいつを持ってやろう」

幼女  「ありがとう。でもこれは村長から預かった大切な物なの」



オオカミ「では、左手の杖はどうだ。俺の鼻は危険を嗅ぎ分け、どんな目よりも役に立つ。どれ、俺がお前の目になろう」

幼女  「ありがとう。でもこの杖は羽根より軽く、ずっと私の目となってくれた自慢の杖だよ」



 幸いにして、幼女はオオカミを人間と思い込んでいたが、思いの外に頑固だった。
 そして幸運な娘だと、オオカミは思った。

 ここは護神が去った後に残された、迷いの森。
 どこまでも変わらぬ景色に、大抵の人間どもは発狂するが、幼女の瞳には、森もオオカミも映らない。

元スレ
盲目幼女「お腹が空いてるの?」狼「気にするな、もうすぐご馳走にありつける」 
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1379942258/

続きを読む

剣士「弓使いの彼女に『矢を雨のように降らす技なんて安直』って言ったら号泣された」

1 : 以下、?... - 2019/11/10 20:09:38.501 htyyC8iE0 1/18

弓使い「剣士、剣士、剣士!」タタタッ

剣士「どうした?」

弓使い「あたし、すごい技を編み出したぞ!」

剣士「すごい技……?」

弓使い「どんな技か当ててみろ! 絶対分からないと思うぞ!」

剣士「まさか、矢を雨のように降らすなんて安直な技じゃないだろうな」

弓使い「!」

剣士「すごい技っていうからには、俺なんかじゃ想像もつかない技に違いない……」

弓使い「う……うえええぇぇぇ~~~~~~~~~~ん!!!」

元スレ
剣士「弓使いの彼女に『矢を雨のように降らす技なんて安直』って言ったら号泣された」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1573384178/

続きを読む

勇者「へぇ、MPの量で胸の大きさが変わるんだ 」僧侶「は、はい///」

56 : 以下、名... - 2010/11/22(月) 17:40:49.28 V7oF0ZWCO 1/22


勇者「悪いけど、予算の都合で僧侶以外の仲間は雇えないんだ・・・。だけど君の魔力なら二人でも大丈夫そうだね」

僧侶「は、はい・・・。精一杯頑張るので宜しくお願いします・・・」

勇者「はは、そんなに畏まらなくても大丈夫だよ。冒険と言っても、王様の我儘なんだからさ」

僧侶「わ、わかりました・・・」

勇者「何が『魔王城跡地には莫大な金貨が隠されているから持ってきてまいれ』だよ。この国の財政が厳しいのは知ってるけどさ・・・」

僧侶「ご、ごめんなさいです・・・」

勇者「いやいや、僧侶が悪いんじゃないよ」

僧侶「でも、お父さんのせいで・・・勇者さんにお手数を・・・」


元スレ
勇者「へぇ、MPの量で胸の大きさが変わるんだ 」僧侶「は、はい///」
http://yuzuru.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1290412249/

続きを読む

女神「異世界を救ってください」 男子「はあ?」

1 : 以下、名... - 2019/10/23 23:34:19 szwfRzJk 1/140

男子「意味わかんねぇ。さっさと地球に戻せよ」

女神「え……えええええええええええっ!!? 救ってくれないんですか!?」

男子「むしろなんでやると思ったんだよ」

女神「そんな……ハッ! もしかして、チートですか!? チートが欲しいんですね!? でもズルは良くないと思います!!」

男子「いや、チートとかどうでもいいし」

女神「じゃあハーレム!?」

男子「俺にそんな甲斐性はない」

女神「圧倒的な魔法の才能は!?」

男子「オカルトとか嫌いなんだよね」

元スレ
女神「異世界を救ってください」 男子「はあ?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1571841259/

続きを読む

孫「じいちゃん、今日も昔話を聞かせてよ!」

1 : 以下、名... - 2012/06/30(土) 21:52:41 TW4Rgm.Y 1/32



「ほっほ、それじゃあ今日は伝説の剣の話しでもしてやるかのう」

「伝説の剣?」

「そうじゃ」

「それって、昔の英雄が使ってたっていう?」

「おぉ、よく知っておるの」

「切れ味が鋭すぎて、鞘に納められていながら何もかもを両断したっていう?」


元スレ
孫「じいちゃん、今日も昔話を聞かせてよ!」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1341060761/

続きを読む

大臣「やっべえウチの王様が占い師にハマって政治やり始めた……この国終わりですわw」

1 : 以下、?... - 2019/10/04 20:54:23.504 XHdmtwX/0 1/44

― 宮殿 ―

料理人「どうぞお召し上がり下さい」

国王「…………」

国王「なんだこれは」

料理人「陛下のご注文通り、肉料理を……」

国王「俺はっ! やっぱり魚料理が食いたいの! 作り直せ、こんなもォん!」ガシャーンッ

料理人「は、はいっ!」



大臣「あーあ、またあんなワガママを……」

大臣(どうしてこうなった)

元スレ
大臣「やっべえウチの王様が占い師にハマって政治やり始めた……この国終わりですわw」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1570190063/

続きを読む

触手「犯された……」

1 : 以下、名... - 2011/08/08(月) 21:32:44.85 m5kRYWJz0 1/46


騎士「オラッ!ここがイイんだろ!!オラァッ!!」 パンッパンッ

触手「ああっ!らめええええ!!」



元スレ
触手「犯された……」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1312806764/

続きを読む

蛇「また会える」

2 : 以下、名... - 2011/08/07(日) 20:55:08.04 srLrk3Fa0 1/76


「何このデカくて白い布……」

「Zzz……」

「うわっ、砂漠のド真ん中にでかいヘビが寝てる」

「神様……ネズミ食べたい……んががっ」

「なにこの人間くさい寝言」

「んっがっぐ」

「……」



「なにこれキモい」



続きを読む

女「おや、良さげな仕事がありますねぇ」

1 : 1 ◆1pwI6k86kA - 2009/09/26(土) 16:22:10.65 CQOAiZsm0 1/214


“魔族侵攻阻止ツアー”
“難度AA”
“定員20人”
“報酬 たくさん”

「・・・難度AA、こりゃ珍しい!」
「難度がCってだけでも、ボロボロと死人が出るのに、AAとは・・・ふむふむ」

「つまりこの仕事はあれっすな、たとえば100人がこの任務を請けたらば、その内90人くらいが死ぬっつー感じのものなんですかね」
「なんてデンジャラス・・・泣きっ面を刺す夏場の蜂ですらも火中に逃げだす任務ですね」

「・・・しかし」

「今の私ゃ一銭も持ち合わせていない・・・あるのは旧式カメラと安物のナイフとサイフとワンダフルライフ・・・」
「・・・大金を手に入れて後の二十日を過ごすにゃ・・・これしかない!」
「あの、すいません、掲示板見えないんでどいてくれますかね」
「あ、さーせん」



元スレ
女「おや、良さげな仕事がありますねぇ」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1253949730/

続きを読む

息子「オヤジ、勇者免許返納してくれよ!」老勇者「絶対イヤじゃ!」

1 : 以下、?... - 2019/09/16 22:01:06.578 XE+bVXvS0 1/31

老勇者「さぁて、今日も剣の稽古をするか!」

息子「オヤジ、稽古はいいけど真剣でやるのはやめてくれよ。せめて木の剣で……」

老勇者「なにをいう! ワシは勇者免許を持つ勇者じゃぞ! 真剣でやらねば意味がない!」

息子「だけど危ないよ! こないだだって、剣がすっぽ抜けて――」

老勇者「うるさぁい!」ブンッ

息子「あぶねえっ!」

老勇者「ワシはこの剣でお前や亡き妻を守ってきたんじゃぞ!」

老勇者「親のやることに口を出すな!」

息子「ったく……」

元スレ
息子「オヤジ、勇者免許返納してくれよ!」老勇者「絶対イヤじゃ!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1568638866/

続きを読む

女僧侶「うぅ…宿が一緒でもうずっとオ○ニーできてないよぉ…」

54 : 以下、名... - 2011/09/19(月) 15:25:59.79 dhcI+sSV0 1/55



―――宿屋

女商人「――と、いうわけで我がパーティーは深刻な財政難に陥っています」


勇者女戦士女武道家女魔法使い女僧侶女遊び人女盗賊「…………」


女商人「このまま旅を続けると早くとも5日後にはGも底を付き、そこから先は野宿か狩りなどで生活しなければ旅を続けられません」



元スレ
女僧侶「うぅ…宿が一緒でもうずっとオ○ニーできてないよぉ…」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1316405845/

続きを読む

魔術師「探偵業はじめました」剣士「消えた恋人を探せ!の巻」

1 : ◆m6oSrzv57o - 2019/09/07 20:29:41.77 tDrZnMap0 1/57

魔術師「貨物船が魔物の襲撃に遭って全滅ねぇ...」ペラリ

剣士「それって今日の新聞?」

魔術師「ああ。最近はこういった話題が多いよなぁ。物騒な世の中になったもんだ」

剣士「なんでも、『魔王軍』って自称する魔物達がのさばってきてるらしいね」

剣士「魔王様の名の元に世界征服をしようとしてるってもっぱらの噂だよ」

魔術師「世界征服って...お伽噺じゃねーんだから」

剣士「ま、普通はそう思うよね。でも王子によると、結構おおごとになってきてるんだってさ」

魔術師「ふーん。あんまり実感湧かねぇなあ」ペラリ


元スレ
魔術師「探偵業はじめました」剣士「消えた恋人を探せ!の巻」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567855780/

続きを読む

登山家「さ、登山の始まりだ!」ハーピー「あら?」

1 : 以下、名... - 2012/07/18(水) 20:49:45.30 DRcOQhsh0 1/70


登山家(いい仕事が入ったなぁ)

登山家(大好きな山登りができて、しかもお金までもらえるなんて信じられないよ)

登山家(なにしろ頂上まで行って、この石を置いてくるだけでいいんだからな)

登山家(太っ腹な人もいたもんだ)

登山家(とはいえ、この山は世界でも有数の標高を誇り、今までに踏破できた者はだれもいない……)

登山家(登った者は、いつの間にか麓に戻されているという……。おそらくは、よほど道が複雑なんだろう)

登山家(そして──)



元スレ
登山家「さ、登山の始まりだ!」ハーピー「あら?」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1342612185/

続きを読む

魔術師「探偵業はじめました」

1 : 以下、名... - 2019/07/25 22:01:58.32 6reTroXT0 1/29

魔術師「古い図書館で読んだ異界の探偵小説に触発されて探偵所を開いたものの...」

魔術師「依頼人が全く来ねえ!!」

元スレ
魔術師「探偵業はじめました」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1564059718/

続きを読む

【安価】男「異世界転生しちゃった」

1 : 以下、名... - 2019/08/05 11:27:48.15 f+nH/MKh0 1/278



~マンション 屋上


俺の名は男。彼女に浮気され、保証人になってあげた友人に逃げられ、会社をクビにされた俺は生きる事を諦め、マンションの屋上から自殺を図る。

だが落下の最中、目の前に俗に言う異空間の穴が開き、俺はその中へと吸い込まれてしまった。
穴の中は暗闇で、ふわふわと浮いている感覚だ。空を飛ぶってのはこういう物なのかと、呑気な事を考えていた。

暫くすると段々目が開けられないくらいに周りが明るくなり、何かの上に落とされ背中と頭に衝撃が走る。ここは、草むらの上だ。


「いてて……なんだここ」


辺りを見回してみると、昔よくやったゲームの様な世界が広がっている。明らかに現実とは違う場所というのはすぐに理解した。
俺は知っている、この現象を。俺に起きた事を。


「これ、異世界転生じゃね!?マジか!」


ゲームをしなくなった俺はライトノベルをよく読むようになった。
その中でも異世界転生物が好きで、羨ましくて、憧れていた。
だからこそ、今の置かれた状況に困惑する事はなく、むしろ高揚していた。


「定番のアレやってみるか!えーっと……ステータスステータス……あれ?どうやって出すんだ?」


頭の中でステータス表示、ウィンドウオープン、自己解析、メニュー等色々と考えて口に出してみても、何も出ない。


「おかしいな……何も出ない。でも俺って……」


異世界転生の定番とも言える事だが、もしかしたら俺は異世界最強の能力、身体能力、最強魔法等が使えるかもと浮き足立つが、詳細がわからないんじゃどうしようもない。


「う~ん……どうしたもんかな」




元スレ
【安価】男「異世界転生しちゃった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1564972067/

続きを読む
最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

人気商品
Powered by amaprop.net
スポンサードリンク