あやめ速報-SSまとめ-

2ちゃんねるのVIP、SS速報VIP、SS深夜VIPで書かれたSSをまとめています。 主なジャンル:「まどか☆マギカ」「禁書目録/超電磁砲」「けいおん!」「ゆるゆり」「Another」・新ジャンル・魔王・勇者・幼馴染・男・女・妹など。

あやめ速報のツイッター あやめ速報のRSS あやめ速報をブックマーク Facebookに投稿
ヘッドライン

涼宮ハルヒの憂鬱

古泉「お話しませんか?」 キョン「なんだ改まって」

1 : ◆asJU3gh8ZA - 2017/05/21 16:56:32.42 t0D8S5C3O 1/38

~北高・文芸部室~

古泉「涼宮さんは朝比奈さんと一緒に衣装探しのために帰宅」

キョン「うん」

古泉「長門さんもそれを見るなりさっさとご帰宅されました」

キョン「そうだな」

古泉「お互い、腹を割った話をするには最適な環境ではありませんか?」



※注意・糞スレ※

元スレ
古泉「お話しませんか?」 キョン「なんだ改まって」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495353392/

続きを読む

古泉「朝比奈さんの淹れてくれるお茶はやはり格別ですね」 朝比奈「それ綾鷹です」

1 : 以下、名... - 2017/05/20 19:38:52.06 6QbX2JaI0 1/19

古泉「この旨みと渋みが絶妙に混ざり合って――え?」

朝比奈「綾鷹です」

古泉「……え?」

朝比奈「……」

古泉「えっと……」

古泉「それはつまり……僕が今飲んでいるのが――」

朝比奈「綾鷹」

元スレ
古泉「朝比奈さんの淹れてくれるお茶はやはり格別ですね」 朝比奈「それ綾鷹です」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495276731/

続きを読む

古泉「……彼女が欲しいんですよ」 キョン「……そうか」

1 : 以下、名... - 2017/05/19 18:23:23.43 pl6UUZzS0 1/26

古泉「閉鎖空間って……結構、いやかなり危険な場所なんですよ」

キョン「……おう」

古泉「傷ついた仲間を見るのも一度や二度じゃありませんよ……」

キョン「……おう」

古泉「ふと、どうしようもなく不安になる日もあります……」

古泉「僕もいつ、ああなるかと思うね……」

キョン「……おう」

古泉「……だから彼女が欲しいんですよ」

キョン「……おう」

元スレ
古泉「……彼女が欲しいんですよ」 キョン「……そうか」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495185802/

続きを読む

ハルヒ「あたし達はずっと一緒なんだからね」

2 : 以下、名... - 2017/05/15 21:06:38.15 9RCp8azH0 1/12



「有希っ。ちょっと、おいてかないでよ」




 SOS団の団活の帰り、私たちは帰り道を一緒にすることが多くなった。
 涼宮ハルヒと朝比奈みくるが先頭を歩き、その後ろに私が。さらに後ろに彼と古泉一樹が並んで歩く。
 基本この形は変わらない。ただ、涼宮ハルヒが朝比奈みくるをかまいすぎて、結果として全体の歩みが止まることがある。
 こういう時、私は集団から離れすぎないよう、速度を調整して歩くようにしていた。
 とはいえ、歩みが鈍化、あるいは停止させている彼女たちと比べて常とそう変わらない歩幅で歩いていれば
自然と集団から離れ、先を歩くことになるのは道理だ。
 先に言ったように注意はしているけれど自然私が先を歩く形になる。
 すると決まって、涼宮ハルヒが「おいてかないで」と少し困った風に笑いながら私に言うのだ。
 私はその度に、自身にエラーが蓄積することを実感していた。

元スレ
ハルヒ「あたし達はずっと一緒なんだからね」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494849904/

続きを読む

古泉「タイーヤマルゼンッタイヤマルゼン♪」 キョン「やめろ!古泉!」

1 : 以下、名... - 2017/05/11 10:06:28.53 2jGWSliL0 1/27

俺はそう言ってすぐさま古泉を羽交い絞めにした。

だが――

キョン「ぐぉっ!?」

古泉「ホイールマルゼンッホイルマルゼン♪」

凄い力で払いのけられた。

クソッ! ただ前屈みで動いてるだけなのに、どこでそんな力入れてるんだこいつ?

元スレ
古泉「タイーヤマルゼンッタイヤマルゼン♪」 キョン「やめろ!古泉!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494464788/

続きを読む

古泉「何番煎じだと思ってるんですか!?」

1 : 以下、名... - 2017/05/10 16:12:45.37 T/QDPCMv0 1/75

~文芸部室~

古泉「本当に……」

キョン子「……いや、おい」

古泉「困ったものです……」

キョン子「なぁ」

古泉「やれやれ、と言うべきでしょうか……?」

キョン子「なぁ、おいコラ古泉、おい」

古泉「え、あ……すみません。少し取り乱してしまって。何ですか?」

キョン子「そんなに私が女なのはおかしいことなのか?」

古泉「おかしいんですよ」

元スレ
古泉「何番煎じだと思ってるんですか!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1494400365/

続きを読む

ハルヒ「キョンが女の子だったら良かったのに……」キョン「……は?」

1 : 以下、名... - 2017/02/26 22:43:50.94 Erqo33dK0 1/52

タイトル通り、性転換モノです。
苦手な方は、ご注意下さい。

以下、本編です。

元スレ
ハルヒ「キョンが女の子だったら良かったのに……」キョン「……は?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1488116630/

続きを読む

ハルヒ「キョン元気にしてた?はい今月のお金」

1 : 以下、\... - 2017/03/08 08:42:11.324 RgL1Ejl30.net 1/39

キョン「…五万か」

ハルヒ「少ないとか言わないでしょうね?」

キョン「そんなことないよ、ありがとう」

ハルヒ「あえて少な目にしてるんだからね、あんたが働くように」

キョン「ちゃんと仕事探してるって」

ハルヒ「ちゃんとおいしいもの食べてるの?材料買ってきたから今から何か作るわよ」

キョン「すまんな」

ハルヒ「えっと調味料はと…冷蔵庫に誰かの料理あるけど、誰かきたの?」

キョン「いやそれは…」

ハルヒ「有希でしょ?」

キョン「…昨日来たんだよ」

ハルヒ「来たなら来たって言えばいいでしょ、何で秘密にしようとしたの?」

キョン「お前が気にするかと思ってな…」

ハルヒ「気にするわけないでしょ、むしろ会いたいくらいだわ!」

元スレ
ハルヒ「キョン元気にしてた?はい今月のお金」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1488930131/

続きを読む

みくる「ふぇぇんキョンくぅん、どこ触ってんですかぁ」

1 : 以下、\... - 2017/03/11 11:52:45.419 b0AOgWjP0.net 1/50

みくる「ちょっとダメそこだけはやめ..きゃああんん!!」

ガチャ

ハルヒ「なにしてんのよあんたたち!」

キョン「..なにって」

子猫「ニャーン」

みくる「あ、涼宮さん。校門に子猫が捨ててあったんです」

ハルヒ「それで?」

キョン「俺が首根っこつかんで持ち上げようとしたら、朝比奈さんが可哀想だってうるさくてな」

みくる「ごめんなさい、首の皮だるーんってなってたのであんまり痛そうで」

ハルヒ「...ふんっ、ならいいけど」

元スレ
みくる「ふぇぇんキョンくぅん、どこ触ってんですかぁ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1489200765/

続きを読む

キョン「紐神樣って、知ってるか?」ハルヒ「はぁ?」

1 : 以下、\... - 2016/11/27 21:19:43.634 ux2jZjBg0.net 1/52

11月も下旬となり、いよいよもって本格的に冬の訪れを実感せざるを得なくなってきた、ある日のこと。

将来的にどんな役に立つかもわからない授業を既に終え、その後の絶対的な確信をもって全く役に立たないと断言できるSOS団の部活動……という名目のただのお茶会を済ませた俺は、寄り道もせずに真っ直ぐと自宅に帰ってきた。

キョン「ただいま」

キョンの妹「あ、キョンくんおかえり~」

玄関を開けて、「ただいま」と言えば、こうして可愛い妹が出迎えてくれる。
そんな何気ない日常こそ、日に日に下がっていく気温と湿度、それに加え退屈な授業と放課後の怠惰な部活動によってカサカサに乾いた俺の心のささくれを潤す、リップクリームのような役割を果たすのだ。

もちろん、部活動の内容はともかく、朝比奈さんのような女神と共に過ごすだけで、とても癒やされることは間違いない。
だが、残念ながら我が部の構成員は朝比奈さん1人、というわけではないのだ。
人畜無害な長門はともかく、他の2名は存在するだけで俺の心のささくれに対し、塩を塗るような奴らである。

そんなわけで、この自宅こそ、俺にとって唯一無二の安全地帯なのだが……

キョン「……ん?」

ふと、玄関に、呼ばれざる客の靴が、きっちりと揃えて置いてあることに気づいた。

気づいて、しまった。

元スレ
キョン「紐神樣って、知ってるか?」ハルヒ「はぁ?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1480249183/

続きを読む

「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」【ベジータ編】

60 : VIPに... - 2014/08/02 00:31:33.65 LcaJ0aHm0 1/307

ベジータ編の前に注意事項。

ドラゴンボールからのキャラは、基本的に原作準拠の設定です。

原作にない部分は、私が思う変では無い範囲で補強します。(一人称がなかったキャラの一人称等)


アニメやゲームや自分の思っているドラゴンボールの設定と違うというクレームは無しでお願いします。

(この様な注意事項は書きたくないのですが、以前ドラゴンボールのSSを書いた時に原作を無視したクレームが多数きて、嫌な気分となり、適当に終わらせてしまったので一応書かせてもらいました。それが許容できない人は文句を書きたくなる前に読まずに退散してください。お互い嫌な思いをしないで済みます。)



関連SS
「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」【ハルヒ編】
http://ayamevip.com/archives/49233247.html

元スレ
「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406739076/
ベジータ「ハルヒ達と孤島に夏合宿することになった」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1441135180/

続きを読む

「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」

1 : VIPに... - 2014/07/31 01:51:26.44 On1FBYFX0 1/26

「まさか高校に通うことになるなんて思ってもなかったぜ、くそったれ!」

入学した高校に至る忌々しいほどに長い坂を登りながら俺様は一人愚痴った。

流石に高校くらい卒業していないとコネがあっても就職は厳しいらしい。

そんなことで俺はこの高校に通うことになった。

元スレ
「惑星ベジータ出身!サイヤ人の王子ベジータだ!」ハルヒ「」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1406739076/

続きを読む

母「ハルヒちゃん、そろそろアニメは卒業したら?」

1 : 以下、名... - 2009/09/28(月) 20:57:03.62 7mRx+SKFP 1/135

「明日はいよいよ入学式ね。準備は終わってるの?」

ハルヒ「うん(オムライスうま過ぎwww)」

「………」

「…ハルヒちゃん。もう高校生になるんだし、アニメとか卒業したら?」

ハルヒ「え…」

「高校生になったら、もっと楽しいことがあるわよ。ね?」

ハルヒ「で、でも、これは我輩のライフワークだし。って、ライフワークってどんだけww」

「変な言葉遣いしないで頂戴。…はぁ、時々ハルヒちゃんが遠くに感じちゃうわ」

ハルヒ「……」

元スレ
母「ハルヒちゃん、そろそろアニメは卒業したら?」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1254139023/

続きを読む

佐々木さんの告白【涼宮ハルヒの憂鬱】

1 : Revo... - 2016/11/18 10:47:47.72 DRXHI/Rk0 1/23

文芸書籍サロンにて投下した処女作を再投下していきます。
10レス程度の短い内容になりますので、
よろしければお付き合いください。

続きを読む

キョン「佐々木!大丈夫か!?」佐々木「やあ、キョン。わざわざすまないね」

1 : 以下、\... - 2016/10/30 21:30:17.071 TMRqw5Lr0.net 1/36

季節は秋。

澄み切った空と、心地良い日光に照らされ、もはや授業を受けることが馬鹿らしくなった俺は、机に突っ伏して惰眠を貪っていた。

それだけ聞くと、素行が悪く思われてしまうかも知れないが、なにせ現在の時刻は昼下がりの午後だ。
昼飯を食い終えたことによる満腹感と、この最高に丁度良い日差しに照らされて陥落しない者など、よほどのガリ勉か、のっぴきならない事情を抱えた赤点保有者しかおるまい。

幸いなことに俺は、そのどちらにも属していないので、気負うことなく熟睡していた。

そんな怠惰な俺のズボンのポケットから、小気味良い振動が伝わる。

キョン「ん?」

メールの着信を知らせるバイブレーションに気づき、寝ぼけ眼で携帯を一瞥すると、そこには中学時代の同級生の名前が表示されていた。

元スレ
キョン「佐々木!大丈夫か!?」佐々木「やあ、キョン。わざわざすまないね」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1477830617/

続きを読む

ハルヒ(あー、キョンに私の心を読む力でもあればなぁ)キョン「……!?」

1 : 以下、名... - 2016/09/27 17:34:38.69 z2wv/BWZo 1/114

キョン(見慣れた教室の扉を開けると、真っ先にハルヒと目が合った。今日も平穏無事に過ごしたいもんだぜ)

キョン「おっす」

ハルヒ「おはよう。ねえ、何か面白いことない?」

キョン「唐突だな。今更、驚かないが」

ハルヒ「最近、SOS団も目立った活動してないじゃない? なんか、こう、パーッと大きなイベントをやりたいんだけどね」

キョン(人力でどうにかなる程度のイベントなら何でもいいが、宇宙やら未来やら超能力でどうにかしなきゃいけないのはNGだぞ)

ハルヒ「はぁーあ……なにかないかしらねぇ……」

キョン(こいつにとって面白いこと、か。世界がひっくり返るぐらいのことは期待してても、ハルヒはそんなこと起こらないと思っている)

キョン(分かりやすい季節行事があれば、それで満足してくれはするんだが、如何せんこの時期は目立った催しはない)

キョン(不思議探索だけでは物足りなさそうにしているし、遊園地やショッピングモールとか普通の場所に行こうと誘ってもいい顔はしやがらない)

キョン(ハルヒを退屈にさせず、楽しませるのは酷く難しい。こいつの心でも読めれば、簡単に接待もできるんだがな)

ハルヒ「ふぅ……」

キョン(こいつが今、何を考えているのかなんて常人の俺にはさっぱりわから――)

ハルヒ(あー、キョンに私の心を読む力でもあればなぁ)

キョン「……!?」

元スレ
ハルヒ(あー、キョンに私の心を読む力でもあればなぁ)キョン「……!?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1474965278/

続きを読む

長門「……漏らしてしまった」キョン「……えっ?」

1 : 以下、\... - 2016/10/20 21:00:04.579 thfhmhsz0.net 1/41

10月も下旬に差し掛かった、ある日のこと。

月末に古代ケルド人主催の収穫祭を控え、なにやらそわそわし始めた団長の命令によって、得体の知れない作業を強制させられた俺は、安息の地を求めて、学校帰りに長門の家にお邪魔させて貰っていた。

ペラペラと本を読み進める長門の向かいに座り、俺は半ば放心状態で1日の疲れを癒す。

長門の家は、落ち着く。
殺風景と表現するに相応しい、何もない室内。
こちらから訪ねたことには反応するが、自らは何も発しない家主。
その癖、湯呑みのお茶が減っていたり、冷めていたりすると、次々と新しいお茶を注いでくれるのだから、長門のことをよく知らない者はさぞ居心地が悪かろう。

しかし、俺は違う。
長門という少女のことを、知り尽くしていると言っても過言ではない俺には、その殺風景さも、無言も、全く苦にならない。
さすがに立て続けに飲ませられる大量のお茶には辟易としていたが、そんなことは瑣末な問題だ。

だが……静寂を切り開くように放たれた先ほどの一言は、瑣末な問題と割り切れるものではなかった。

キョン「……すまん、長門。もう一度言ってくれ。どうしたって?」

長門「……漏らしてしまった」

元スレ
長門「……漏らしてしまった」キョン「……えっ?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1476964804/

続きを読む

ハルヒ「古泉くんは超能力者?」 古泉「エスパーとお呼びください」

1 : 以下、名... - 2016/06/11 16:02:04.75 eTQ4rKAC0 1/91


1話


キョン「それでですね」イチャイチャ

朝比奈「えー! 本当ですかぁ?」キャッキャ

長門「興味深い」ワイワイ


バン!


ハルヒ「朗報よ!!!!」

キョン「悲報、和気あいあいとした団活中に諸悪の根源現る、か」ハァ

ハルヒ「だれが諸悪の根源か!!!! 団長に向かってぇ!!! あ、それよりも!!」

ハルヒ「みんな聞きなさい!!! ついに! SOS団の五人目を発見してきたわ!!!」

朝比奈「あ、確か噂の……」

長門「オットセイ」

ハルヒ「転!校!生!!! なにが悲しくて鰭脚類アシカ科のうちキタオットセイ属の総称を五人目に加えなきゃならないのよ」 

キョン「なんでそんなに詳しいんだよ」

ハルヒ「もしもオットセイが転校してきた時のために……」

キョン「密かに望んでんじゃねーか、あぶねー頭だなおい」

ハルヒ「それじゃ紹介するわね!!! SOS団の五人目の団員にして謎の転校生枠!!! そして!」

ハルヒ「自称超能力者のぉおおおおおおお!!!!!!」

キョン「……んん?」ピクッ

朝比奈「え、え……?」

















古泉「古泉一樹です。それと、僕のことは超能力者ではなく、エスパーとお呼びください」
















元スレ
ハルヒ「古泉くんは超能力者?」 古泉「エスパーとお呼びください」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1465628524/

続きを読む

ハルヒ「有希ってばまだ下の毛生えてないみたいなのよ」キョン「なんだって!?」

1 : 以下、\... - 2016/09/19 22:07:36.010 A/TBy/Co0.net 1/32

夏も終わり、秋口に差し掛かったある日。

暑くもなく、寒くもない秋の素晴らしさを噛み締めつつ、いつものようにグダグダと部室で怠惰な時間を過ごしていた俺たちの平穏は、例によってハルヒの突拍子のない一言で崩壊した。

ハルヒ「だから、有希ってばまだ下の毛が生えてないのよ」

何度繰り返されても飲み込めない。

長門が?
生えて……ない?

これは由々しき事態だった。

元スレ
ハルヒ「有希ってばまだ下の毛生えてないみたいなのよ」キョン「なんだって!?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1474290456/

続きを読む

キョン「かぁーめぇーはぁーめぇー…」ハルヒ「お待たせー」

1 : 8 ◆H3qqj7wCjc - 2016/07/17 01:46:57.29 Cff66hrB0 1/15

キョン「うぃーす…って谷口か俺は」ガチャ

キョン「あれ…俺が一番乗りか…長門もいないなんて…あぁ今日はコンピ研に顔出すって言ってたっけ」

キョン「ふぅー…暇だな…」

キョン「……」

キョン「…誰もいないし、あれ、やってもいいよな…」

キョン「…よし」スッ




キョン「かぁーめぇーはぁーめぇー…」

ハルヒ「お待たせー」ガチャ

キョン「波ァァァァァァァァァ!!!!!!」

ハルヒ「……」

キョン「波ァ!?」

元スレ
キョン「かぁーめぇーはぁーめぇー…」ハルヒ「お待たせー」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1468687616/

続きを読む
お知らせ
この度、姉妹ブログ『あやめ2nd』を開設いたしました。

「あやめ速報」でまとめていないジャンルのSSをまとめています。
主に「アイドルマスター」シリーズを中心に、「ラブライブ!」「アイカツ!」などのアイドル系作品をまとめています。
当サイト共々、こちらもよろしくお願いします。

URL: http://ayame2nd.blog.jp/
RSS: http://ayame2nd.blog.jp/index.rdf
最新記事
最新コメント
カテゴリ別アーカイブ
月別アーカイブ
逆アクセスランキング
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

【コミック】人気商品
【アニメ】人気商品
【ホビー】人気商品
【ゲーム】人気商品
【PCゲーム】人気商品
【音楽】人気商品
スポンサードリンク