1 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:25:31.73 L32KXTsp0 1/21

♪~

少年(ずっとピアノを弾いていた)

少年(ピアノを弾く事が、僕の全てだった)

少年(鍵盤を通して奏でる音は、美しいと思えた)

少年(楽しかったし、人よりも才能があった。努力を欠かした事は無い)

少年(ピアノは僕の人生だった)

少年(でも)

少年「……駄目だ、どうして」

少年(ある日突然、僕はピアノを弾けなくなってしまった)

元スレ
少年「ミッドナイト・シーラカンス」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1599996331/

2 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:28:49.03 L32KXTsp0 2/21

少年(どうしても、途中で指が動かなくなってしまう)

少年(この前のコンクールで、優勝してしまってからだ)

少年(スランプ、って言うんだっけ)

少年(向けられる期待に対するプレッシャー、どうしようもない焦り)

少年(気の抜けたガスのようなものが、僕の心の中で広がり続けている)

少年(僕は、燃え尽きてしまったのだろうか)

少年(ピアノは僕の心臓のようなものだ。それが無くなってしまったら)

少年「僕は、どうやって生きればいいんだ?」

少年(頭の中がぼんやりとする。答えを出す為の思考を形作る事が出来ない)

少年(僕は目を閉じる)

少年(部屋の電気を消してしまうように、世界は何も無くなってしまう)

少年(そうすれば、苦しみも悲しみも無い)

少年(勿論、それは永遠には続かない)

少年(僕だけの世界に逃げたって何も変わらない)

少年(そんな事は、分かっているんだけれど)

3 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:31:30.03 L32KXTsp0 3/21

「少年、コンクールで優勝したって?」

少年「あ、うん」

「すごいじゃん! 良かったね」

少年「あはは、ありがとう」

少年(素直に喜べない自分がいる)

少年(優勝出来たのは嬉しい。嬉しいけれど)

少年(ピアノを弾けなくなってしまうなら、優勝なんてしたくなかった)

少年(優勝出来なかった人に失礼だから、こんな事は言えない)

少年(それでも、頭によぎってしまう)

少年(コンクールに挑む前の自分に戻れたら)

少年(そんな事を考えたって、どうしようもないんだどさ)

少年(ああ、どこか遠くへ行きたいな)

4 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:33:42.13 L32KXTsp0 4/21

少年(最近、よく眠れない)

少年(このままではいけないと言う不安で頭が一杯になる)

少年(考えてはいけないのに、より一層強く考えてしまう)

少年(マッチを擦るみたいに、ぼっと心の火をつけれたら良いのに)

少年(寝るまでの呼吸すらも、とてつもない重労働のように感じる)

少年(昼間と違って、夜は目を瞑っても世界が変わらない)

少年(むしろ、より窮屈に感じてしまう。不安がどんどん強くなる)

少年(止められない。止められない)

少年(ああ、どこかへ逃げ出したいよ)

少年「……」

少年(……いっそ、本当に逃げ出してしまおうか)

少年(まあ、行く当てなんて無いんだけれど)

少年(馬鹿げた考えはやめて、さっさと寝てしまおう)

5 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:37:19.57 L32KXTsp0 5/21

少年(……眠れない)

少年(不安だけじゃない、心のどこかがさわさわとしている)

少年(原因は分かっている)

少年(けれど、実行に移すなんて出来っこない)

少年(でも、眠れないんだ)

少年(そうした自問自答を何十回も繰り返す。その間にも夜は深さを増していく)

少年(僕は……)

少年(……)

少年「……何もしないよりは、何かした方が良いよな」

少年(行動に移す事は難しい。だから、やりたいと思ったことはすぐにやる方が良い)

少年(そんな言い訳を、誰が見ている訳でも無いのに並べて)

少年「……行こう」

少年(僕は、ベッドから起き上がった)

6 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:40:53.99 L32KXTsp0 6/21

少年(いつものスニーカー、いつものシャツ。ズボンに飴玉をいくつか入れる)

少年(着替えはあっという間に済んだ。それ以外は何も要らない)

少年(どきどきする。こんな時間に外に出るなんて初めてだ)

少年(家族に見つからないように、音を立てないように、そっとそっと)

少年(僕は、扉に手を掛けた)スッ



……カチャ

7 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:42:05.40 L32KXTsp0 7/21

少年「ああ……」

少年(外に出た瞬間、夜風がふわりと僕を包み込んだ)

少年(重苦しい部屋の中とは、全然違う)

少年(静かな落ち着いた世界。温かみを感じるのは、空に浮かぶ満月のせいだろうか)

少年(どこへ行ってみようか)

少年(今の僕はどこへだって行ける。僕は夜の世界に居るんだ)

8 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:46:55.25 L32KXTsp0 8/21

リリリリリ……リリリリリ……

少年(僕は歩く。こんなにも足が軽いのは初めてだ)

少年(コオロギの澄んだ鳴き声が夜に染み渡る)

少年(無意識の内にコオロギの声に合わせて、指先が宙を弾いてしまう)

少年(何だかとても良い気分だ。僕はさらに鼻歌を重ねる)

少年(僕は今、自由な演奏をしている)

少年(いつもの見慣れた景色が、夜の中では全く違って見える)

少年(何もかもが新鮮だ。一匹の猫の目が闇の中で光っているのが見える)

少年(さあ、もっともっと歩こう)

少年(夜の空気をすうっと吸い込み、僕はまだまだ歩く)

9 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:50:16.00 L32KXTsp0 9/21

少年(ポケットに入れておいた飴玉を一つ、口に含む)

少年(舌の上に甘さが広がる。こんなにも飴玉に意識を向けた事は初めてだ)

少年(甘い幸福感が心地良い。飴玉ってこんなに美味しかったっけ?)

少年(僕は草むらに目をやる。深夜の草むらは、露を蓄えてしっとりと湿っている)

少年(草も生きているんだなあ。そんな当たり前の事を実感する)

少年(瑞々しい空気を感じた後、僕は道路を横断する)

少年(こんな所に車なんて一台も来ない。何なら寝そべったって良い。全ては僕の自由だ)

少年(夜の高揚感に胸が躍る。僕はどんどん町はずれに向かう)

10 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:54:52.40 L32KXTsp0 10/21

少年(僕はどこかの公園のブランコに座る)

少年(こんな時間に遊んでいる人なんて居ないだろうな)

ギー、ギー

少年(そうして一人でブランコを漕ぐ)

少年(少し冷たい秋の風を受ける。歩いたからそんなに寒くない)

少年「あはは、楽しい!」

少年(誰かに見つかったら、すぐに補導されてしまうだろうな)

少年(それでも、きっとこれは必要な事なんだ)

「やあ少年」

少年「!」バッ

11 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 20:56:57.71 L32KXTsp0 11/21

少年(僕の近くで、落ち着いた声が放たれる)

少年(僕は焦って辺りを見回す、けれど)

少年「え……居ない……?」

少年(居ない。そんなはずは……)

「こっちだよ、こっち」

少年(その声は、僕の頭上から聞こえた)

少年(僕が目線を真上に上げると、そこには)

シーラカンス「やあ少年。深夜のブランコは楽しいかい?」

少年(一匹のシーラカンスが居た)

12 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/13 21:03:14.48 L32KXTsp0 12/21

少年(シーラカンス。生きた化石。恐竜の居た時代から生きている)

少年(絶滅したと考えられていた魚……だっけ。魚の図鑑で読んだ)

少年「う、浮いてる……」

シーラカンス「まずは会話が成立している所に驚くべきだと思うが……」

少年「君は……何?」

シーラカンス「そう言う君こそ説明出来るのかな? 君とは一体何だ?」

少年「えっと……僕は……人間で、えーと……」

シーラカンス「質問されると意外に答えられないだろう」

シーラカンス「誰でも、自分についてよく知らないものだ。だから他者を通して自己を確立する」

少年「つまり、どういうこと?」

シーラカンス「一人で鏡を見てるだけじゃ、自分なんて分からないって事さ」

少年「なるほど……?」

シーラカンス「私は夜の一部だよ。満月の夜にこうして散歩をする」

少年「夜の一部?」

シーラカンス「ああ。身体は宇宙で出来ている。肌の白い模様は星の光だ」

少年(確かに、彼の身体は夜空をそのまま切り抜いて作ったかのようだ)

少年(うっすらと光るあの白い点は、星の光なのか……)

少年(あまりにも神秘的だ。ずっと眺めていると吸い込まれてしまいそうになる)

シーラカンス「さて、こんな深夜に公園で遊ぶ君が、あまりにも楽しそうなので姿を現した訳だが」

シーラカンス「これから、どこか行きたい所はあるのかい?」

少年「特には……」

シーラカンス「なら、私についておいで。面白いものを見せてあげよう」

少年「……うん!」

シーラカンス「さあ、一人と一匹でナイト・ウォークと洒落込もうじゃないか」

少年(こうして、僕は夜の魚と歩き出した)

14 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 19:37:31.02 H4zZvC5e0 13/21

少年「綺麗な満月だね」

シーラカンス「そうだな。月の兎もくっきりと見える」

少年「兎はお餅をつくのを嫌になったりしないのかな」

シーラカンス「どうだろうな。たまには嫌になるかもしれないね」

シーラカンス「でも、やっぱり最後は杵を握ってしまうだろう。餅つきは彼の全てだから」

少年「……」

少年「そんなものなのかな」

シーラカンス「そんなものさ」

少年「……でも、たまにはニンジンも見たくなるかもしれないね」

シーラカンス「はっはっは、ニンジンか! なるほど、面白い意見だ」

少年「ふふ」

15 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 19:44:28.75 H4zZvC5e0 14/21

少年(僕らは歩き続ける)

少年(シーラカンスが泳いだ跡は、光る粒子が軌跡となって闇の中を流れていく)

少年(まるで天の川を泳いでいるように見える)

少年(綺麗だな。どれだけ見てても飽きないや)

シーラカンス「君は何故深夜に歩こうと思ったんだい?」

少年「……逃げたかったんだ。何もかもから」

少年「僕、ピアノをずっと弾いてたんだけど……突然弾けなくなっちゃったんだ」

少年「だから、どこか遠くへ行ってしまいたかったんだ。何て言うか……」

シーラカンス「気分転換に」

少年「そう、それ」

シーラカンス「それも悪くない。同じ世界の繰り返しでは、深さと言うものは生まれない」

少年「君は何か好きなものはある?」

シーラカンス「私は炎が好きだ」

少年「炎? 意外だな」

シーラカンス「炎とは常に揺らめき、変化し続ける」

シーラカンス「その一瞬一瞬に、同じ形は一つとして無い。しかし「炎」と言う確かな形は存在する」

シーラカンス「炎とは変化と不変、両方を孕んだ中立的なものだ。だから美しい」

少年「……難しい話はよく分からないけど、僕も炎は好きだよ」

シーラカンス「それで充分さ」

少年(僕たちは歩き続ける。薄暗い路地を抜けていく)

16 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 19:47:27.84 H4zZvC5e0 15/21

シーラカンス「あともう少しだ」

少年「楽しみだな。何があるんだろう」

シーラカンス「少年。夜は楽しいか?」

少年「うん。色んなことが初めてで新鮮だよ」

シーラカンス「だが、夜には怖さだってあるだろう」

少年「うん。でも、もっと色んな夜のことを知ってみたいな」

シーラカンス「何故だ? 楽しさだけあればそれで良いじゃないか」

少年「確かにそうだけど……何て言うか、夜の色んな面を知れば、僕はもっと夜を好きになれる」

シーラカンス「そうだな。それはとても大切な事だ」

シーラカンス「夜もピアノも、色んな面がある」

少年「!」

シーラカンス「だからこそ、理解を深めることは大切なんだ」

シーラカンス「ほら、もう着くぞ」

少年「……!」

17 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 20:41:42.07 H4zZvC5e0 16/21



フワ……フワ……


少年「うわあ……」

少年(そこは、家の塀に囲まれた小さな空間だった)

少年(中央にはマンホールぐらいの水たまりがあって)

少年(たくさんのクラゲ達が、宙に浮かんでいた)

シーラカンス「どうだい、お気に召したかな?」

少年「す、すごい……! このクラゲ達も君の仲間?」

シーラカンス「いいや、彼らはただの水だよ」

少年「水?」

シーラカンス「クラゲは身体のほとんどが水分で出来ているんだ」

シーラカンス「だから、ここでクラゲが湧いたって不思議じゃない」

少年「いや……うん……そうだね」

少年(ありえないと言おうとしたけれど、魚が宙を泳いで喋る時点でありえない)

少年(そういうものだと割り切り、僕はクラゲ達を見る)

少年(ゆるやかに漂うその姿は、何だか見ていて落ち着く)

少年「クラゲ達は、昼でも見えるの?」

シーラカンス「いいや、昼は太陽の熱で消えてしまう。満月の夜のみ、その透明な姿を確認出来るんだ」

少年「そっか……」

シーラカンス「よく目を凝らして生きるといい。現実は形としてのルールに縛られているとは限らない」

少年「う、難しい。つまり……どういう事なの?」

シーラカンス「常識に囚われてはいけないって事さ」

少年「そっか。うん、そうだね……」

少年(確かに、夜のシーラカンスも居れば、水から湧くクラゲだって居る)

少年(常識に、囚われない……)

少年(うん、そうだ……その通りだ)

スッ

シーラカンス「? どうした」

少年「ここで、僕の演奏を聴いてほしいんだ」

シーラカンス「……ほう」

18 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 20:51:25.76 H4zZvC5e0 17/21

少年(深く深く、深夜のひんやりした空気を肺一杯に取り入れる)

少年(呼吸をする事は大切だ。自分の身体を十二分に使う為に)

少年(そうして、僕は時間をかけて息を吐いていく。身体の無駄な雑念全てを出し切るように)

少年(透明になれ。透明になっていけ)

少年(そして、最後に短く、鋭く息を吸う)

少年(脳みそが新しくなったような感覚)

少年(世界の全てが、変わる気がする)

少年(僕は両手の指をすっと宙に構える)

少年(楽器が無いと、演奏出来ないなんて誰が決めたんだろう)

少年(僕は指を夜に向けて、しなやかに躍らせた)

♪~

シーラカンス「お、おお……!」

少年(メロディーは僕にも分からない)

少年(ただ、自分が感じる全てを指に宿す)

少年(聴いた事の無い音が辺りに響き渡る)

少年(不思議な魚達に囲まれながら)

少年(僕は今、夜を弾いている……!)

19 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 20:56:05.74 H4zZvC5e0 18/21

シーラカンス「……お見事だ。まさか夜を弾くとは!」

少年「上手く言えないけれど……僕も、成長出来た気がする」

シーラカンス「全く持ってその通りだ」

シーラカンス「君は夜を弾く事が出来た。そんな事が出来るのであれば、ピアノなんて簡単さ」

少年「ありがとう……」

シーラカンス「自信を持て、少年。君はすごい奴だ」

少年(眠くなってきた……まだ眠りたくないな……)

シーラカンス「またいつか会おう。一緒に過ごせて楽しかったよ」

少年(待って……もう少しだけ……)

シーラカンス「草木も眠る丑三つ時。君もそろそろ眠る時間だ」

シーラカンス「おやすみ少年。グッド・ナイト」

20 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 20:59:05.47 H4zZvC5e0 19/21

少年(目が覚めると、僕はベッドの中に居た)

少年(あれは全て夢だったのだろうか)

少年(あの場所は一体どこだったんだろう)

少年(僕はピアノと向き合う。得意の曲を弾く事にする)

♪~

少年(不思議な出来事だったなあ)

少年(深夜にシーラカンスと歩いて、宙に浮かぶクラゲを見て)

少年(あれがもし夢だったとしても)

少年「……よし!」

少年(僕は、ピアノを弾けるようになっていた)

21 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 21:05:23.71 H4zZvC5e0 20/21

「少年! この前の演奏凄かったよ!」

少年「ああ、見に来てくれてたんだ。ありがとう」

「大人達が前よりも上手くなったって褒めてたよ」

少年「ほんと? だったら嬉しいな」

少年(ピアノを弾く事が、前よりもずっと楽しくてたまらない)

少年(あんなに動かなかった指が、すらすらと泳ぐように動く)

少年(最近はぐっすりと眠れるようになった。良い事だ)

少年(けれど、今日の夜はこっそりと家を出る)

少年(何故なら、今日は満月だから)

少年(僕は公園に向かう。ブランコに座る)

少年(そうして指を構える)

少年(前の僕とは違う点が二つある)

少年(一つは、夜を弾けるようになったこと)

少年(そして、もう一つ)


「やあ少年。今宵も良い夜だな」


少年「……やあ!」

少年(僕には、シーラカンスの友達が出来たんだ)

22 : ◆XkFHc6ejAk - 2020/09/14 21:07:33.95 H4zZvC5e0 21/21

終わりです。ありがとうございました。

前作 男「虹色の珈琲」
http://ayamevip.com/archives/54945452.html

記事をツイートする 記事をはてブする