1 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:13:52.46 Ppdbvddo0 1/23

「死んでくれませんか?」

「えええええええ」



元スレ
妹「ごめんなさい、お兄ちゃん」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1313568832/

4 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:17:35.34 Ppdbvddo0 2/23

「ちょっと待ってよ!死にたくないから!!」

「じゃあ首吊ってくれませんか?」

「えええええ」

「お兄ちゃんのこと大好きだから死んで下さい」

「それちょっとおかしいと思います」

「大分おかしいと思いますが?」

「ねぇ?自覚してるよね?思いっきり自覚してるよね?!」


5 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:22:55.39 Ppdbvddo0 3/23

「いいかい?死ねって言葉は簡単に言っていいものじゃないんだ」

「じゃあなんて言えばいいんですか?撲殺とでも言えばいいんですか?」

「撲殺も駄目です、一般人で居たいなら辞めて下さいい」

「仕方ないですね、なら代わりに絞殺にしときましょう」

「もっと悪くなってる」

「じゃあどうやって殺せばいいんですかっ!」

「えええ!そこ怒るところなの?!」


7 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:27:01.81 Ppdbvddo0 4/23

「正直、妹は世間の常識から外れてると思う」

「何を今更」

「おい、自覚してるだろ!絶対!」

「…それが何か?」

「開き直りやがったよ、コイツ」

「コイツとか言わないで下さい、もっと妹に敬意をもって接して下さい

「…図々し過ぎるだろ」


8 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:33:06.99 Ppdbvddo0 5/23

「それじゃ、私は出かけてきますのでお留守番よろしくお願いします」

「何故」

「それが貴方の運命だからです」

「待て、その運命はおかしい、変更してくれ」

「却下です、お兄ちゃんには留守番をして貰わないといけません、これは絶対です」

「ええええ」

「よろしくお願いします」

「色々と突っ込みたいんですが…」


9 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:35:10.66 Ppdbvddo0 6/23

 
「……一体兄は何時元に戻るのでしょうか…」
 


11 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:39:33.02 Ppdbvddo0 7/23

「お兄ちゃん、今日はオムライスですよ」

「お兄ちゃん、今日もオムライスですよ」

「お兄ちゃん、今日もオムライスですよ」

「お兄ちゃん、今日はオムライスですよ」

「お兄ちゃん、オムライスですよ」

「オムライス」

「オムライス」

「…お願い…お兄ちゃん…気づいて」


12 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:44:28.38 Ppdbvddo0 8/23

一体どれぐらいの時が過ぎただろうか

私は願っている、けれど叶わない

兄は元には戻らないと思う

「なんで…なんで……」

吐血している 兄だったものが しんでいる

「」

「お兄ちゃん!お兄ちゃん!」

「良かった」


15 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:50:14.89 Ppdbvddo0 9/23

「妹、このカレー美味しいな」

「そうですか、なら死んで下さい」

「勘弁してくれ、死にたくないです」

「なら首を吊ってくれませんか?」

「意味同じだから!それ死んで下さいの遠回しだから!」

「なら、私を苦しめないでくれませんか?」

「…え?」

「お兄ちゃんが死なないなら、私が自殺するだけです」

「お前…何言ってるんだ?」


17 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 17:55:04.76 Ppdbvddo0 10/23

「だから、もう終わりにしたいのですよ」

「何を?」

「ずっとこの牢獄に閉じ込められて、何か意味はあるのでしょうか?」

「何が?」

「そろそろ時間ですね」

「」

「…おやすみなさい、お兄ちゃん」


18 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:03:47.25 Ppdbvddo0 11/23

「」

「素敵…永久美体法って素晴らしいわ」

「美しくて素晴らしい、お兄ちゃん、愛してるよ」

「これでずっとお兄ちゃんと二人きりだねっ!…もう離れなくて良いんだね」

「」

「ああ…お兄ちゃん、大好きだよ、大好き、大好き、大好き」

「ずっと一緒だよ、これからずーーーっと一緒、えへへ♪」


21 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:10:50.12 Ppdbvddo0 12/23

「妹、僕は死んでみたい」

「お兄ちゃんがそう思えばすればいいんじゃないかな?」

「けれど自殺は怖くて出来ない、そこで頼みがあるんだ」

「何?」

「僕を殺して欲しい」

「馬鹿?私にメリットまったく無いじゃないですか、むしろデメリットしかないです」

「ああ、だから君に魔法をかけることにしたんだ」



~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



「お兄ちゃん、死んで頂けませんか?」


22 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:17:34.66 Ppdbvddo0 13/23

コツコツ、コツコツ、コツコツ

ずっと積み上げてきた

コツコツ、コツコツ、コツコツ

僕が何をしたいか分かるかい?

コツコツ、コツコツ

今この階段を上ってる最中も目的の為に動いている

そう、僕は死ぬ為に生きている

コツコツ

妹、愛してる


23 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:28:54.24 Ppdbvddo0 14/23

「僕はどうして生きているのだろう」

そんな疑問を持ったのは中学生入学式の事

中二病患者と言われたらそれまでだが、特に生きる意味など考え付かなかった

「じゃあ死ぬか」

だからそんな結論に至るのもごく自然だった

親は居るが、親が子供に幸せを望もうが世界平和を望もうがそれは押し付けた善意
人間に生ませられる時点で苦しまざる得ないから、そんなことはエゴに過ぎないということも分かっていた

シェイクスピアの話にこういう話がある、人間は生まれた時に泣くがそれは
この世界に生まれたことが悲しくて嘆いているという話だ

「僕はこんな世界から一刻も早く離脱したい、もう苦しみ続けるのはうんざりだ」

「死のう、自分自身を消せば苦しみから解放されそうだしね」


24 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:36:34.81 Ppdbvddo0 15/23

しかし、生存本能は僕の想定以上に手強く、自殺は出来なかった

「…どうすればいいんだ、このままじゃ死ねない」

「おーい、馬鹿兄、お金貸してくれない?」

「…お金は無いよ」

「嘘つけ、この間テストで良い点取ったからお母さんからお小遣いもらってたでしょー」

「そういえばそうだったね、でも上げられるお金じゃないんだ、参考書代でね」

「あちゃー、そうだったのかー、ごめんね馬鹿兄」

この時、悪魔的な閃きが起きで僕はこの妹を使って目的を達成する方法を考え付いた


26 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:46:38.41 Ppdbvddo0 16/23

「妹、ちょっといいかな?」

「何?」

妹が反応した瞬間に素早く2本の手を妹の目の前に差し出す

「眠れ」

暗示と同時に妹が目を閉じる

「お前は可愛い妹になって僕を殺せ…そうだね、最後くらい遊びたいから殺すのは1ヵ月後で頼むよ」

「はい」

「じゃあ今から催眠を解くね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「お兄ちゃん、死んで下さい」

(…妹の中で可愛いというイメージどうなってるんだ)


29 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 18:55:22.39 Ppdbvddo0 17/23

「死んで下さい」

「妹、簡単に死ぬとか言ってはいけないよ!」

「分かっています、ですが死んで下さい」

「はいはい」(なるほど、僕を殺すことを優先してるってわけか)

「お兄ちゃん、死んでくれますか?」

「嫌です」(お兄ちゃん…か、多少可愛くはなってるのか…)

「あ、今日は私がご飯作りますね」

「ああ、頼むよ」


31 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 19:04:52.05 Ppdbvddo0 18/23

「お兄ちゃん…フフッ、永久美体法かぁ…お兄ちゃん…一緒になろうね」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「女、今日はどうしたんだ?」

「あっあのね、最近兄君おかしくないかなって…調子とか悪いの?」

「…」(勘付かれていたか、テンプレで返すか)

「問題ないよ」

「…そう」

「…うーん、そういえば最近体調が優れないけど、医者に見て貰ったら問題なかったから大丈夫だと思う」(…自殺を勘付かれたら厄介だな)

「そうなんだ、良かった、それなら大丈夫そうだねっ!」


32 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 19:11:12.86 Ppdbvddo0 19/23

「ただいまー」

「お帰り、お兄ちゃん、ご飯出来てるますよー」

「ああ、頂くよ」

「今日のは出来が凄くいいから美味しいと思いますよ?」

「そうなんだ、それは凄く楽しみだね」

「お、美味しいな」パクッ

「でしょう?」

「お風呂も沸いているので食べたら入っといて下さい」

「気が利くね、そうさせて貰うよ」


33 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 19:18:11.15 Ppdbvddo0 20/23

「風呂に入ったし寝るか」

「…」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

「本当は絞殺が良かったんだけどなぁ…力弱いしナイフが一番か」

グサッ

「…くっ!…ああ…!」

「ふふっ…お兄ちゃん、腐らない内に早く永久美体しましょうね?」

「」

「…早くしなきゃ、腐っちゃう」


34 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 19:25:47.01 Ppdbvddo0 21/23

「」

「馬鹿兄…?」

目の前には吐血して胸から血が溢れるほど出血してる兄がいた
何がなんだか訳が分からなかった
ただ、お兄ちゃんが死んでることだけは分かった

「いや…いやああああああああああっ!!」

私は、誰が、どうやって殺したの?…私はどうすれば、兄を、救急車、脈?

「ごめんね…お兄ちゃん、これからはずっと一緒に居るから許して」

「」

「ふふっ…お兄ちゃん…愛してるよ、だからいっぱいご奉仕させてね」

「」


36 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 19:34:13.71 Ppdbvddo0 22/23

僕の日記

何を書こうか迷ってたら何も書くことが無いことに気づいた
なので妹に向けて何か書こうと思う

妹、僕が死んだのは君に僕を殺させたんだ、妹も催眠術ぐらい知っているだろう?
僕は妹である君に「お前は可愛い妹になって僕を殺せ殺すのは1ヵ月後で頼む」
と命令したんだ、最後になるけど悪かった、おそらく妹がこの日記を読む頃には
僕は死んでいてこの日記を読んだ妹は催眠が解けるだろう

最後の最後に

さよなら


37 : 以下、名... - 2011/08/17(水) 19:44:25.00 Ppdbvddo0 23/23

妹の日記

馬鹿兄が私を使って自殺をした後、警察に捕まり偉い目にあった
まったく死ぬんなら私を巻き込まないで欲しい、兄の日記を読むまで催眠も解けず
ずっと兄の死体と共同生活させられて来たし

でも…兄のことは催眠にかかる前もずっと好きだった
今回の事を機に決心がつきました

明日、旅立とうと思います、兄の居る世界へ


記事をツイートする 記事をはてブする