2 : 以下、名... - 2020/05/31 05:29:13.47 RjayCTzr0 1/13

「はやくしなさいよっ! このクズ司令官っ!!」

提督「わ、分かっているっ。私だってこうして……」

「それが出来てないから言ってるんでしょっ。言い訳してないで手を動かしたらどうなの!?」

大淀「……あ、あははははは。相変わらずね、霞ちゃん」

提督「お、大淀、助けてくれっ。私はきちんと……」

「出来てないから言ってるんでしょっ。書類一枚にどれだけ時間をかけてるのっ。早くなさいったら、このグズ!」

提督「うう……」

「ふんっ」

大淀「……わ、私はお邪魔みたいですから明石のところへ行っていますね。何かありましたらお呼びください」

提督「ま、待ってくれ大淀ぉー!!」

大淀「それでは失礼します。霞ちゃん、お手柔らかにしてあげてね」

「それはコイツの態度次第よ」プイッ

大淀「そ、そうよね~……」バタン

提督「大淀ぉぉぉぉっ!!」

「…………」

提督「…………」

元スレ
提督「霞との関係を秘密にしたい」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1590870509/

3 : 以下、名... - 2020/05/31 05:30:07.99 RjayCTzr0 2/13

「…………」

提督「…………行ったか?」

「……待ちなさい、今確認するから」パタンッキョロキョロ

提督「…………」

「行ったわ」

提督「そうか」

「…………」

提督「霞」

「あ……」ビクンっ

提督「私が、なんだと?」ギロリ

「あふんっ」ビクビクビクッ

提督「まったく、使えない奴隷だな。私の聞いたことにも答えられないか」

「あ、ああっ。し、しゅみましぇん、ご主人しゃま。かしゅみは、かしゅみはダメな奴隷ですぅ」へたっ

提督「言い訳はいい。霞、早く帰ってこい。私は手が疲れたから置き場が欲しくてな」チロッ

「も、もちろん霞の上に置いてくださいぃっ」ダダダッ

提督「ふむ……」ぽんっ

「い、いかがですか? 霞の頭はご主人様の御手を支えられていますか?」

提督「……少し高いな」

「は、はいっ! 今すぐ低くいたしますぅ!!」プルプル

提督「もっとし――」

4 : 以下、名... - 2020/05/31 05:30:43.39 RjayCTzr0 3/13

大淀「すみません、忘れ物を……」ガチャリ

「だわっしゃー!」ぼきぃっ

提督「ぐああぁぁぁぁっ!! 手が、手がぁぁぁぁぁっ!!」

大淀「な、何事ですか!?」

「こ、コイツがなれなれしくセクハラしてきたからお仕置きしただけよっ!!」

提督「ゆ、指が……指が向いてはいけない方角にぃぃぃっ」

「大げさな事言わないでよね。ほらっ、早く書類の続きしなさい!」

提督「くぅぅっ……はい、ごめんなさい……」しくしく

大淀「提督、あまり気軽に女の子に触れてはいけませんよ。あ、印鑑いただいていきますね」

提督「どうぞ」

大淀「それでは失礼しました」ペコリ

提督「ああ」

「…………」

提督「…………」

「…………」トビラハリツキ

提督「行ったな?」

「ええ」

5 : 以下、名... - 2020/05/31 05:31:22.82 RjayCTzr0 4/13

提督「なら……おほん。霞、貴様、主の手をひねるとはいい度胸だな」

「ひぐっ」

提督「いい表情だ、霞。実にいい。もっとおびえた表情を私に見せろ」

「あぁ……ご、ごめんなさいぃ……!」ジュンッ

提督「だが……態度がなっていないな」

「す、すみませんご主人さまぁ。霞は……霞はダメな奴隷ですっ」ドゲザ

提督「土下座だけか?」

「な、なんでもします。許してくださいっ」

提督「ほう……。ではまず……」

6 : 以下、名... - 2020/05/31 05:31:59.45 RjayCTzr0 5/13

大淀「すみませんっ。この書類だけはお渡ししなければ……」

「ええっと、どこに落ちたのかしら? ちょっと、アンタも探しなさいよね!」

提督「ああ、すまない霞。迷惑をかけるなぁ」

大淀「お二人とも床に這いつくばって何をされてるんですか?」

提督「ちょ、ちょっと落とし物をしてな? なあ、霞?」

「そ、そうよ。ちょっと大切なものを探していただけなの」

大淀「そうですか。では私も捜索に加わります。何を落とされたのですか提督」

提督「いいい、いやー、なんだったかなぁ。なあ霞?」

「そそそそそうね、なんだったかしら?」

提督「ちょ、ちょっと大切なものだったはずなんだが忘れてしまったなぁ?」

「え、ええ。きっと大したものではないわね。捜索終わりっ。さあ書類よ書類っ」

提督「書類嬉しいなー楽しいなー」ギクシャク

大淀「…………そうですか。それではこちらをお願いします」

提督「おっけーおっけー16inch三連装砲 Mk.7+GFCSに改修、更新ね、おっけーおっけー」ぽんっ

大淀「よ、よろしいのですか!?」

提督「いいよいいよ。いいから早く出て……じゃなくて早く始めてくれ」

大淀「わ、分かりました。それでは至急明石に伝えてまいります」パタパタ…

提督「ふう……」バタン

7 : 以下、名... - 2020/05/31 05:32:28.98 RjayCTzr0 6/13

「はふぅ……」きゅんっ

提督「では、霞。奴隷としてどうすればいいかわかるな?」

「は、はいぃ。奴隷のかしゅみは、提督のおみ足に服従の口づけをいたします♡」

「失礼します……」

提督「おいおい」ぎゅむっ

「あんっ」

提督「それだけじゃないだろう、霞。お前はなんだ?」

「は、はいすみませんんっ。かしゅみは提督のマゾ奴隷で……んんっ」

提督「その通りだ」ぎゅむっ

「も、もっと踏んでくだしゃいいっ///」

提督「は? 主人に対して要求だと? 困ったどれ――」

8 : 以下、名... - 2020/05/31 05:33:02.69 RjayCTzr0 7/13

大淀「失礼します」

「ぴゃーーっ!!」

提督「いんだらばーーっ!!」ドンガラガッシャン

大淀「……あの、何をなさっておいでで?」

提督「いや、ちょっと、あのそのをだな」

「こ、こいつがだらしないから私が靴を拭いてあげてたのよっ」

提督「そ、そうなんだ! 私の靴が汚れていてな! いやぁ、さすが優秀な秘書艦だよ、霞は」

「ふ、ふんっ。クズ司令官がだらしないのが悪いのよっ」

大淀「そうですか……。提督、このまま改修するにあたって絶望的に――」

提督「分かった分かった。とりあえず私が全て責任を持つ。自由に進めてくれ」

大淀「い、いいのですか?」

提督「構わん。全ての責は私が負う」

大淀「はいっ。ではその様に明石に伝えて参ります」バタンッ

「ふぅ……」

提督「まったく、何回邪魔するんだったく」

「…………」

提督「…………」

9 : 以下、名... - 2020/05/31 05:33:35.22 RjayCTzr0 8/13

「…………」

提督「…………」

「……大丈夫かしら?」

提督「……たぶん」

「……な、なら?」チラッ

提督「あ、ああ」ゴホン

提督「霞」

「は、はいぃっ///」

提督「よくやった、褒美をくれてやろう。何がいい?」

「ふあぁぁぁっ」ジュンッ

「ご、ごほうびっ。ごほうびはぁっ、罵倒してくりゃさいっ! 叩いてぇっ!!」

提督「なぁ、霞。私は褒美をやると言ったのだ。分かっているか?」ぐいっ

「あぁんぅっ///」

提督「まずは褒美に……」ぎゅっ

「しょ、しょんなぁ……」

提督「……ご主人様がわざわざ奴隷を抱きしめて褒めてやろうというのに、その態度はなんだ?」

「ひぐっ」ビクビクッ

提督「私の言うことが理解できない性能の悪い耳はこれか?」はむっ

「ふぁぁんっ」ゾクッ

提督「……噛み千切ってやろうか?」

「お願いしましゅぅぅぅっ!!」ゾクゾクゾクゾクッ♡

提督「じゃあ――」

10 : 以下、名... - 2020/05/31 05:34:05.71 RjayCTzr0 9/13

大淀「大変ですっ!!」

提督「よーし、霞。壁掛け時計を取って電池を代えるんだ」

「ちょっと、台でも用意すればいいでしょっ。触らないでよねっ」

大淀「…………」

提督「もう少し持ち上げた方がいいか?」

「だから、変なところ触るなっ。手つきがいやらしいのよこのクズッ」バタバタ

大淀「提督」

提督「ん、なんだぁ?」

大淀「アイオワさんが、今はレジデンスが忙しくて改修作業に参加できないと」

提督「ええい、私のswitchを餌にしろっ!」

大淀「はい、あつ森ですね」

提督「そうだっ! だから早くアイオワに部屋から出るように言ってくるんだっ!!」

大淀「了解しました、失礼します」パタン

提督「も、もう来るんじゃないぞ~……」コソコソ

「……ふぅ」

提督「…………」

11 : 以下、名... - 2020/05/31 05:34:34.33 RjayCTzr0 10/13


「…………」

提督「つ、続きをするか?」

「そ、そうね」

提督「お、おほん。……私になんて口のきき方をしているっ」バシンッ

「あうぅぅんんっ///」

提督「貴様はいつの間にそんな偉くなったのだ? ん?」ゲシッ

「あうっ/// も、申し訳ありません、ご主人様ぁ」

提督「何をにやけているんだ、ああ?」グリグリ

「あっあっあっ、そ、そんなところっ。あっあっ!!」

提督「んん~? なんだぁ、ここがいいのかぁ?」グリッ

「あふあぁっ! はい、そこれすぅぅっ!!」

提督「そこ? そこでは分らんなぁ。きちんとはっきり場所を言え」

「あああああぁぁっ///」

提督「ほら、早くしろ。でないと……」

「わ、分かりましたぁぁっ!」

「は、はしたない雌奴隷のお――」

12 : 以下、名... - 2020/05/31 05:35:00.37 RjayCTzr0 11/13

明石「失礼しまーす!」

「ほらっ、そんな弱いキックじゃ身も守れないわよっ!! もっと腰を入れて打ちなさいっ!!」

提督「は、はいっ」げしっ

「あうんっ///」

提督「かすみかすみ、素が出てるぞ……」コソコソ

「……はっ」

明石「いえ、お二人の特殊なご関係は既に鎮守府全員知ってますよ」

提督「は?」

「//////しししししらしらしら……?」

明石「だってここ壁薄いじゃないですか。丸聞こえですからね」

提督「え……? じゃ、じゃあ今までの全部?」

明石「飛び込んで行こうとした対馬ちゃんと若葉ちゃんを抑えるの大変だったんですからね~」

「ひっ」ビクンビクンッ

提督「か、霞っ! 逝くんじゃないっ!! と、というか私たちの立場が……」

明石「大丈夫ですよ。若干白い目で見られてるだけですから」

「ひぎぃぃぃっ」ガクガクガクガクッ

提督「霞っ! しっかりしろ霞ぃぃぃっ!!」

13 : 以下、名... - 2020/05/31 05:40:16.72 RjayCTzr0 12/13

そういうわけでお久しぶりの駆逐ライフを楽しめましたでしょうか?
いずれは海防艦ライフも…ではなく、実に二年ぶりくらいですね、はい
これからはまたちょくちょく書いていこうと思っていますのでよろしくお願いいたします

ちなみに何をしていましたかと言いますと、オリジナルで色々なサイトに投稿したりしてました
その結果、まあ……アルファポリスの第三回ホラー・ミステリ大賞で賞とかいただいちゃいました
ペンネームにそのまま駆逐ライフってやってるんですが、駆逐艦といちゃえろ生活(ライフ)するって意味なのに、殺し合いでグロゲチョな小説が評価されるとは世の中分からないものです
絶対、何かを駆逐していく人生(ライフ)とか思われてるでしょうねぇww

それでは皆様もよい駆逐ライフをお送りください~

14 : 以下、名... - 2020/05/31 05:43:07.79 RjayCTzr0 13/13

最後まで読んでくださってありがとうございます

ちなみにここからは広告です
https://www.alphapolis.co.jp/prize/result/575000149
こんな感じに、読者投票で一位の人がいただける読者賞を獲得し、さらに編集部からの評価も高かったので賞金を追加なんてご評価までいただけております
いつか書籍化出来たらいいですねぇ……
そしたら艦これとかアイギスとかの小説書きたいなぁ(/ω・\)チラッ

記事をツイートする 記事をはてブする