1 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 19:53:25.918 wBBOL40V0 1/33

『この先危険な崖のため立ち入り禁止』

根暗少女「……」

「>>3」

元スレ
自殺に来た根暗少女「……」 男「>>3」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1579172005/

3 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 19:53:53.872 7dfksWVsd 2/33

キモ

8 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 19:56:07.270 wBBOL40V0 3/33

「キモ」

根暗少女「……っ」 ビク

根暗少女「……」 キョロキョロ

「……」 ジィ

根暗少女「私……?」

「>>10」

10 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 19:56:28.310 3CjUv7jV0 4/33

きもがすわってるんだな

15 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 19:58:02.981 wBBOL40V0 5/33

「肝が据わってるんだな」

根暗少女「あの……何の話か、分からないです……」

根暗少女「私、急いでるので……」

「>>18」

18 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 19:59:25.466 eNphh8g50 6/33

俺は未来から来た

24 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:01:19.925 wBBOL40V0 7/33

「俺は未来から来た」

根暗少女「未来……?」

「君に会うためにね」

根暗少女「わ、私と会って、何になるんですか……」

「それは>>25」

25 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:01:21.801 KgSMnNUq0 8/33

期待

29 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:03:42.751 wBBOL40V0 9/33

「それは期待だよ」

根暗少女「期待……?」

「俺は君に期待してるんだ」

根暗少女「や、やめてください」

根暗少女「私は、誰かに期待されるような人間じゃ、ありません」

根暗少女「だって私にもう、未来なんてありませんから……」

「>>32」

32 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:04:14.648 3CjUv7jV0 10/33

あの、死ぬ前にアマギフくれませんか?

37 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:05:49.405 wBBOL40V0 11/33

「あの、死ぬ前にアマギフくれませんか?」

根暗少女「お金も、ないです」

「そこをどうにか」

根暗少女「ごめんなさい、私何もないんです」

根暗少女「あの、お願いですから、もう放っておいてください」

「>>39」

39 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:05:59.436 16syeJhL0 12/33

俺も自殺しようとしたんだけどなお前の死体がクッションになって
ギリギリ死ねなかったんだよだからお前を止めに来た君が自殺しなければ俺は死ねたはずだ

43 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:09:24.116 wBBOL40V0 13/33

「俺も自殺しようとしたんだけどなお前の死体がクッションになってギリギリ死ねなかったんだよだからお前を止めに来た君が自殺しなければ俺は死ねたはずだ」

根暗少女「……ふっ、ふふふっ」

根暗少女「私って、死んでも人の邪魔をしちゃうんですね……」

「俺の話を信じてるのか?」

根暗少女「わからないです。でも、きっと私なんかより他の人の方が、正しいに決まってるから」

根暗少女「だから多分、私はやっぱりあなたの邪魔をしちゃうんです……」

根暗少女「わかりました。私、他の場所で死にます。ご迷惑おかけしました」

「>>46」

46 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:10:14.108 RWLhx/5pd 14/33

何かの縁だ飯でも食いにいこう

58 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:14:07.653 wBBOL40V0 15/33

「何かの縁だ飯でも食いにいこう」

根暗少女「ご飯、ですか?」

「どうせお互い死ぬんだ、そのくらいいだろ?」

根暗少女「私なんかと一緒に食べたら、ご飯がまずくなっちゃいますよ」

「ならないから」

根暗少女「……お金、ないですよ?」

「いいからいいから」



「この店でいいよな?」

根暗少女「ここって>>61」

61 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:14:36.400 RWLhx/5pd 16/33

サイゼリヤ

68 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:19:04.970 wBBOL40V0 17/33

根暗少女「ここってサイゼリヤですか」

「ここなら安く済むしな」

店員「いらっしゃいませー。2名様でよろしかったですか?」

「はい」

店員「それでは席にご案内いたしまーす」


「何にする?」

根暗少女「私、あまりこういうお店に来ないので」

「じゃドリアとピザ、サラダとドリンクに、摘まめる物を適当に……と。こんなもんでいいか」

根暗少女「……あの」

「うん?」

根暗少女「なんで、死のうとしてるんですか?」

根暗少女「私なんかと違って、全然生きてて楽しそうなのに……」

「>>72」

72 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:19:52.052 3CjUv7jV0 18/33

すいません、あと村岡バーガーひとつ

76 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:22:50.495 wBBOL40V0 19/33

「すいません、あと村岡バーガーひとつ」

根暗少女「……私、そういう冗談嫌いです」

「お、やっと表情変わったな」

根暗少女「えっ?」

「君の怒った顔が見れた」

根暗少女「……こういう時って、どう反応すればいいんですか?」

根暗少女「なんか……困ります……」

「>>80」

80 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:23:34.984 3CjUv7jV0 20/33

あとピザ3追加で
エスカルゴ5皿も

87 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:27:04.723 wBBOL40V0 21/33

「あとピザ3追加で。エスカルゴ5皿も」

根暗少女「……ふっ、ふふふっ、食い意地張りすぎです」

「君も一緒に食べるんだぞ?」

根暗少女「わ、私そんなの無理です」

「いいや、ダメだね。食べるまでは死なせないぞ」

根暗少女「そ、そんなぁ」



根暗少女「う、うぅ、もうダメぇ」

「後は俺が食べるよ」

根暗少女「……人と一緒に食べるご飯って、こんなに楽しいんですね」

「>>90」

90 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:27:31.182 8DZpMENid 22/33

ちょっとトイレ

103 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:31:17.442 wBBOL40V0 23/33

「ちょっとトイレ」

根暗少女「あ、はい」

「……」 スタスタ ジョボボボホ キュッキュ

「さてと、>>107」

107 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:31:42.709 3CjUv7jV0 24/33

窓から帰るか

122 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:36:02.927 wBBOL40V0 25/33

「さてと、窓から帰るか」

「よいしょっと」 スタッ



店員「いらっしゃいませー……?」

「……」

店員「ええと、お忘れ物……ですか……?」

「1名様です」

店員「あ、はい、ご案内します。……こちらへどうぞ」

「ドリンクのみで」

店員「あ、はい」

根暗少女「……」

(向こうはまだ気付いてないな)

「よし、>>125」

125 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:36:31.784 nFOzmpnqa 26/33

婚約指輪は買えた

136 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:38:41.738 wBBOL40V0 27/33

「よし、婚約指環は買えた」 キラ

「近くに宝石屋があって本当によかった」

「ふぅ、心の準備もできた。行くか」 スタスタ

根暗少女「あ……おかえりなさい」

「これを見てくれ」 キラ

根暗少女「これ……指環、ですか?」

「ああ、>>142」

142 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:39:19.508 UglliYApa 28/33

君の赤ちゃんと結婚したい

166 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:44:02.733 wBBOL40V0 29/33

「ああ、君の赤ちゃんと結婚したい」

根暗少女「ど、どうしてそれを……!」

「君のお腹に子供がいる事か? 言ったろう、俺は未来から来たんだ」

「君はその事を誰にも言えずに死のうとしてたんだろう?」

根暗少女「だ、だって、こんな事……!」

「聞いてくれ。俺は君に、君の子供と一緒に生きて欲しいんだ」

「そんな未来を君に期待したいんだ」

176 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:47:59.523 wBBOL40V0 30/33

根暗少女「……この子が、私の娘があなたと未来で結婚するんですか?」

「ダメかな?」

根暗少女「……そんな、ずっと先の事、私分かりません」

根暗少女「でも、私がこの子と生きる事に、意味があるなら……」

根暗少女「……生きてもいいかなって、思います」

「ありがとう。それじゃあ俺はもう行くよ」

根暗少女「あの! ……ありがとう、ございました」

根暗少女「それと……私、あなたのこと、ちょっとだけ好きでした」

「>>185」

178 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:48:21.261 wBBOL40V0 31/33

ラストの予定なので後は任せた

185 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:49:14.668 3CjUv7jV0 32/33

よかった…(もとの時代に戻る)

210 : 以下、5... - 2020/01/16(木) 20:55:05.848 wBBOL40V0 33/33

「よかった……」 スゥゥゥ

根暗少女「あ……」

根暗少女「……さようなら」


「ねえお母さん、その指輪ってそんなに大切なものなの?」
「……この指輪はね、私の好きだった人がくれたの」
「へえ、なんかいいね。お母さんが羨ましいかも」
「どうして?」
「だってお母さん、その指輪を見てる時って幸せそうなんだもん」
「……そうね、これはあなたにあげるわ」
「え、いいの?」
「ええ。きっとこの指輪を持っていれば、あなたも素敵な人と出会えはずよ」
「ありがとう、お母さん!」

「……きっと、また会えるわよね」

おしまい

記事をツイートする 記事をはてブする