1 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:07:27.98 odosYg0Z0 1/23

前回のあらすじ

棟方愛海、現行犯逮捕



サイコマン『……………………』

ジャスティスマン「……………………」

サイコマン『ええ、分かっていましたとも。いつかこのような日が来ることは』

ジャスティスマン「…………………」

サイコマン『しかし、何故よりにもよって今日なんです? 今までも、そしてこれからもこのような機会はいくらでもあるでしょうに』

サイコマン『まったく、貴方は本当に天才です』

サイコマン『本当に……この私の邪魔をすることにかけ―――』

裕子『師匠! 安静にしててください!!』

サイコマン『ニャガ………』

〈えーー、モニターに映っておりますのは超人KO病院の様子です。先程とある事故があり、堀裕子のプロデューサーさんと海老原菜帆さんのプロデューサーさんがご入院したと情報が入ってきております〉

菜帆『プロデューサーさん、しっかり~~!』

ペインマン『テハハハハ……あの娘のモミモミ攻撃……まさか空気摩擦を起こして私の緩衝材を膨張破裂させようとは…………』

ペインマン『だが、それでも菜帆のことを守ることが出来た。ならば私のこの痛みは無駄ではなかったということだ………………』

菜帆『プ、プロデューサ~~!!』グスッ

サイコマン『ニャガ……裕子の手本となるためマグネットパワーを封印して戦っていましたが、やはり数億年単位のブランクは中々恐ろしいものです………………』


元スレ
ジャスティスマン「行くぞ」南條光「正義のヒーローただいま参上!!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1521720447/

2 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:09:49.84 odosYg0Z0 2/23

裕子『まぁまぁ師匠! 近頃働き詰めでしたし、良いお休みと思えばいいじゃないですか!』

サイコマン『ですがあなた一人では心配です………それにあなたの活躍も近くで見れないですし』ショボン

ペインマン『テハハハハ~~ッ!!』

裕子『むむむ!? なにを言うんですか師匠! このエスパーユッコ、もはや師匠を安心させられるくらいには強いのですよ!!』

サイコマン『その慢心がいけないのです。いいですか? 少なくとも私をはじめとする他の完璧超人始祖のアイドルは皆強者揃いです』

裕子『はい、渋谷凛ちゃん粘り強かったです!』

サイコマン『今はまだあなたの足元にも及びませんが、これからどんどん伸びてくるでしょう! ですので裕子、あなたはそれ以上に伸びなくてはならないのです!』

裕子『むむむむ、さいきっく努力します!』

サイコマン『よろしい』

裕子『さいきっく・身長よ伸びろーー! むむむむむ~~~んっ!!』

サイコマン『ゆ、裕子~~』ガクッ

裕子『では師匠はそこで見ていて下さい! このユッコのさいきっく勝利を!!』ダダダダッ!


ガシャーーンッ!!


裕子「さいきっくディメンションワープ! そして、ミラクルチェーンジッ!!」ピカアァァッ!

裕子「セーシュンエナジー 堀裕子参上ッ!!」

〈あーっと、モニターを突き破り今、堀裕子がリングへと姿を現した!!〉

「そんなバカなッ!?」

3 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:12:51.88 odosYg0Z0 3/23

ジャスティスマン「堀裕子」

裕子「むむ!! 貴方が私の対戦相手のプロデューサーですね!」

ジャスティスマン「完璧・陸式、ジャスティスマンだ。まずは我々のライブバトルの挑戦を受けてくれたこと、礼を言う」

裕子「当然です! このエスパーユッコに逃げるという言葉はありませんからーッ! して、私の対戦相手はどこでしょうか?」キョロキョロ

「アタシならここだーーっ!!」

裕子「むむっ!? 何ヤツ!?」

「とうっ!!」


ダンッ!!


「天知る、地知る、光知る!」

「言わずと知れた正義の味方!!」


ズンッ!


「正義のヒーロー南条光、ここに参上っ!!」

裕子「おお~~!」パチパチ

〈あーっと、突如上空から南条光が降ってきたぁ!〉

「どうだジャスティス! 格好良かったか!?」

ジャスティスマン「前々から言っているが、お前には無駄な動作が多すぎる」

「分かってないなジャスティス! これはヒーローの嗜みなんだっ!」

ジャスティスマン「そうか………」

「今度特撮ごっこする時に一緒にやろう!」

ジャスティスマン「………………遠慮しておく」

「ははは、遠慮するなジャスティス! アタシとジャスティスの仲じゃないか!!」

裕子「むむむむ、これは強敵の予感! ハッ、そうだ師匠にアドバイスをもらわなくては! 師匠……ゲエェェーー! モニターが壊れてる! 一体誰が!?」

「いや、アンタでしょ」

裕子「むむ、凛ちゃんいたんですか!?」

「さっきからいたよ! ライブバトルを見るのも大事なことだからね。勉強させてもらうよ」

はぁと「見とけよ凛、これがこのランクのフェスで見れるのはかなりの幸運だからな☆」

「うん」

〈さてさて、両者出揃ったところでライブバトル開始です!!〉

裕子「むむむ……師匠がいないのは痛いですが、だからと言って私は負けませんからね!!」



[ジャスティスブレイズ] 南条光+
(16プロダクション)

vs


[セーシュンエナジー] 堀裕子+
(4×2=3プロダクション)



カーーンッ!

4 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:14:37.90 odosYg0Z0 4/23

〈さて、エキシビジョンマッチ。エスパーユッコとヒカルのバトルです! 実況は復活のM ! 飯屋がお送りします!〉

〈ちなみに先ほどの棟方愛海の一件でいまだに我々の元へ苦情の電話が寄せられております! もうそろそろ堪忍してーーッ!〉



「とおっ!」タタタタッ!

裕子「むむむむ……師匠があのジャスティスマンという人には気をつけろと言っていましたが……まずは様子見です! サイキック・ハンドパワー!」グワッ!

「む、ジャスティス!」

ジャスティスマン「まともに組み合うな」

「よしっ!」ズザ-ッ

〈おっとヒカル、エスパーユッコの手四つを拒否し、股下をスライディングで抜けた!〉

裕子「なんとっ!?」

「でりゃあああっ!!」

裕子「ッ!?」サッ

〈ヒカル、そのまま足払いを仕掛けるがエスパーユッコすんでのところでかわす!〉

「くっ!」

裕子「あ、危ないですね~!」

「ふんっ!」

裕子「おわっ!?」

〈そのまま立ち上がりざまの後ろ回し蹴りを放つが、エスパーユッコ、体を反らしてかわした!〉

「すりゃああっ!」

裕子「ひいっ!?」ピョンッ!

〈ヒカル、そのままタックルに行くが開脚ジャンプでまたしてもかわす!〉

5 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:17:57.87 odosYg0Z0 5/23

「喰らえ、ロンリーヒーローズパート!!」

裕子「うわわわっ!!」

〈これは凄い! ヒーローがまるで5人いるかのように見間違えるほどの強烈なナックルパートだ! 流石のエスパーユッコも防御に撤するーー!!〉

「す、凄い。あの裕子が防戦一方だ」

はぁと「いや違うぞ凛」

「え?」

はぁと「あれだけのラッシュ、通常なら手で受けたり捌いたりしなくちゃならない。でもあの裕子は全て身体の動きだけでかわしている」

「バックブローッ!!」

裕子(チャンスッ!!)スッ

ジャスティスマン「止まれヒカル」

「ッ!!」ピタッ!

裕子「あっ!」

〈あっとどうした! バックブローを止めて距離を取ってしまった!!〉

はぁと「あのままバックブローを放っていたら多分ハンドパワーにやられてたな。あのプロデューサー、かなりやる☆」

はぁと(ウチと取り替えてくれないかなー)

「あの子あんなに小さいのに……凄く強い!」

「小さくない! 140cmはある!! それにこの正義の心の大きさは無限大だ!!」

「ご、ごめん……」

ガンマン「シャバババーー! やっているようだな~~!」

「アンタどこ行ってたの?」

ガンマン「日課の筋トレと粛清だ!!」

はぁと「おいふざけんな☆」

ガンマン「さて、私も観戦させてもらうとしようか」ズンッ!

(椅子がひしゃげてる……)

6 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:22:54.69 odosYg0Z0 6/23

裕子「ほいやーーっ!!」グワッ!

ジャスティスマン「腕を取れ!」

「とおっ!」ガシッ!

裕子「むっ!?」

〈おっとヒカル、エスパーユッコの両腕を取りハンドパワーを避けた!〉

「これでも喰らえっ!! エスパードライブ!」ブンッ!

裕子「うわっとと!? さいきっく・着地!」クルン!

〈ヒカルの強烈な投げだがエスパーユッコ、鉄柱の上に乗り激突を回避ーーッ!!〉

「まだだ! ライダーキック!!」

裕子「なんのっ! そんな攻撃を喰らうエスパーユッコではありませんよっ!!」

〈ヒカルの高速飛び蹴りをいち早く察知し鉄柱からジャンプ!! ヒカルはこのまま場外へ転落かーーッ!?〉

「そう来ることは読んでいたぞ! 今こそアタシの熱い正義のハートがお前の身を射抜くっ!」グイ-ン!

はぁと「おおっ! 鉄柱を軸にしてターンした!」

「ヒーローズカムバーーック!!」ズオォ!


はぁと「おおっ! 裕子の背後はガラ空きだ! これはいけるぞ!」

ガンマン「シャバババ、それはどうかな」

「え?」


「これでっ終わりだーーッ!!」

裕子「ほあぁっ!!」ダンッ!

「なっ!?」

裕子「サイキックぅ~~ッ!!」

ジャスティスマン「ヒカル、顔をガードしろ!」

裕子「バンドガンーーッ!!」ブンッ!!

「ッ!!」ドゴッ!!

ズガアァァーーンッ!!


はぁと「バク宙で蹴りを避けてからの……叩きつけバックブローッ!!」

ガンマン「あの小娘はあそこまで読んでいたようだ。私のこの真眼は誤魔化されん」

「す、凄い一撃だったよ!? あの勢いのままマットに叩きつけられてその上コーナーポストに激突するなんて……! これじゃあもう……」しあ

7 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:29:11.78 odosYg0Z0 7/23

ミラージュマン「ゴバッゴバッ! ジャスティスの指示ですんでのところで顔はガードしたようだ。気絶はするまい」

はぁと「あ、美優ちゃんのとこの!」

ミラージュマン「美優殿ならば先に帰ってもらった。我がアイドルを連れてな」

「もう帰っちゃったの?」

ミラージュマン「もうそろそろ昼寝の時間なのだ。そのうちお前と戦う日も来るだろう。だがそれは今日ではないというだけだ」

ガンマン「シャバババ! さっさと座れ堅物!」

ミラージュマン「ゴバゴバッ! そうさせてもらおう」ズンッ!

(ま、また椅子が…………)

ガンマン「ところでその肩の突起に干してある羊のきぐるみはなんだ?」

ミラージュマン「我がアイドルの一張羅だ。先ほど洗濯を終え乾かしている最中だ」


ジャスティスマン「ヒカル、大丈夫か?」

「あいててて……まるで岩石が降ってきたのかと思ったぞ!」

裕子「ふっふふふ、だからサイキック・バンドガンという技なのですっ!!」

「あ、ガンってそっちの岩なのか」

裕子「しかし今の一撃で決めるつもりでしたがあまり効き目がないようですね! むむむむ、ならば私も次の技を出すとしましょう!!」ブ--ンッ!

「むっ!? あれは……先割れスプーン!!」

〈なんとエスパーユッコの取り出した先割れスプーンが巨大化していく!!〉

裕子「エスパー七つ道具その一、エレガンス・シルバースポーク!! さぁ、エスパーユッコのサイキックショーの始まりですッ!」

ジャスティスマン「用心しろヒカル!」

「くっ!!」バッ!

8 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:32:24.87 odosYg0Z0 8/23

裕子「ほいやーーっ!!」

プンッ!!

「ッ!!」ヒュ!!

〈あーーっと、巨大なスポークがヒカルの鼻先1センチを掠めたーー!!〉

裕子「それそれそれそれーーっ!!」ブンッ! ブンッ! ブワッ!!

「ふっ、とおっ、たぁっ!!」サササッ!

裕子「むむ、かわしますね! ならばこれでどうですかっ!? サイキック・ミラージュ!!」ブンッ!

「うわっ!!」ヒュガッ!


はぁと「浅い…けど当たった!」

「そりゃあんなにリーチが長いんだから当たるよ!」

ミラージュマン「いや、それだけではない。あれは蜃気楼を利用した攻撃だ!」

ガンマン「シャババババ、なるほど」

はぁと「蜃気楼……ま、まさかっ!? 裕子はあのスポークで空気を切ることによって大気圧を操り、蜃気楼(幻影)を見せているということか!」

ミラージュマン「ゴバゴバッ! その通りだ」

ガンマン「ぐぬぬぬぬ、あれが私の対戦相手ならば真眼でいくらでも対処をしてやるというのにーーッ!!」グヌヌヌヌッ!

ミラージュマン「まぁ落ち着くのだガンマン」


裕子「ふんっ! せやっ! たあぁぁっ!!」ブワッ!

「ぐっ! くそ、このままじゃマズイ! ジャスティス、アタシはどうしたらいいッ!?」

ジャスティスマン「防御だけでは決して勝てない。攻めに回り相手の隙を伺え」

「了解だジャスティス!!」

9 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:35:56.24 odosYg0Z0 9/23

裕子「せりゃぁあああ!!」ブンッ!

「とおっ!!」バッ!

〈スポークの一撃をジャンプでかわした!〉

「喰らえ、スーパーヒーローキーーック!!」

裕子「なんのっ!!」ブンッ!

ズガアァァーーンッ!!

〈スポークとヒカルの必殺キックが激突ーーッ!! 凄い衝撃です!!〉

「まだまだぁ!!」スッ

裕子「むっ!?」

「てりゃあっ!!」

〈おっとヒカル、そのままスポークの柄を伝いエスパーユッコに蹴りを放つ!!〉

裕子「むんっ!!」サッ!

「かわされるのは想定済み! アタシの狙いはこっちだーーッ!!」ガンッ!

裕子「あぁ! スポークが!?」


ミラージュマン「上手い。エスパーユッコの手からスポークを蹴り落とした」

ガンマン「だがしかーーし、相手もさるもの隙を見せん」


裕子「むむむむ! なかなかやってくれるじゃないですか!しかしこのエスパーユッコ、この程度で動じると思ったら大間違いですよーーッ!!」ダダダダッ!

〈エスパーユッコ、手を大きく広げてヒカルへと襲いかかる!!〉

「とおっ!」

裕子「むむ、また飛び上がりましたね!!」

ジャスティスマン「それでいい。奴とは真正面から決して立ち合うな」

「てりゃあああっ!! 天空かかと落とし!!」

裕子「しまっ!? ぐっ!」ズガッ!

〈おっとエスパーユッコ! 初めて腕を使ってかかと落としをガードした!!〉

10 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:38:47.74 odosYg0Z0 10/23

「てやぁ!!」ブンッ!

裕子「むん!!」ガシッ!

〈矢継ぎ早に蹴りを仕掛けるがそれでもなおエスパーユッコには届かないーーッ!! ヒカルついに脚を掴まれてしまった!!〉

ジャスティスマン「ドラゴンスクリュー!」

「おおっ!!」グアッ!

裕子「うわぁ!?」グラッ!

〈おおっと、掴まれた足を軸にしエスパーユッコの股下をくぐり抜けそのまま左脚を取りドラゴンスクリューだ!!〉

裕子「くっ!」ズザザァ!

〈だがしかしそれでもなお倒れないーーッ! エスパーユッコ倒立して転倒を防いだーーーッ!!〉

「ならば! とおおおっ!!」ビュンッ!


ミラージュマン「おお、ドラゴンスクリューを仕掛けた自身の回転の勢いを利用してそのまま上空へと飛び上がった!」

「あの子、本当に色々と出来るんだね」

はぁと「はぁとの方が凄いけどな☆」

ガンマン「そんなことを言っている場合ではない! あの技をよーーく見ておくのだッ!!」



「この必殺パンチを受けてみろ! 行くぞ! シャイニング・ラストアルマゲドン!!」ズァアアアッ!!

〈こ、これは凄い! はるか上空へ飛び上がったヒカルの急降下パンチだ!! 赤く輝くその姿はまさに赤い隕石!!〉

「空気すら燃やし尽くすこのパンチ! 受けられるものなら受けてみろーーッ!!」

裕子「…………はああぁぁっ!! サイキック・パイロキネシス」ボオッ!

「!?」

ジャスティスマン「まさかあれは………」

裕子「そして秘技、頭で空回り!! そりゃあああっ!!」バンッ!

〈な、なんとエスパーユッコの衣装の下部が燃え上がった!! そして頭を支点にして大回転し、そのまま空中へと飛び上がってヒカルへと向かって行く!!〉

「……っ!! そんなものっ!!」キリッ

裕子「行きますよ~~ッ!! 師匠直伝!!」



「シャイニング・ラストアルマゲドーーンッ!!」

裕子「イグニションドレーースッ!!」



グガアァァンッ!!

11 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:43:24.10 odosYg0Z0 11/23

〈うわぁっ!? す、凄い威力です、会場一体に強烈な衝撃と爆風が響き渡るーーッ!!〉



「くっ!」

はぁと「ぐっ! す、凄い衝撃だ!!」

ミラージュマン「……まさかこれほどとは」

ガンマン「フン、忌々しい……!」




「ぐ、ぐうああああっ!!」

裕子「イッツイリュージョン!!」

〈空中戦を制したのはエスパーユッコだぁああっ!! ヒカルの胸元に大ダメージを与えているぞ!!〉

裕子「戻れスポーク!」パシッ!

裕子「そして分離!!」ブァン

〈おっと、なんとスポークがスプーンとフォークに分離した!!〉

「ぐっ! そうはさせるかぁーーッ!!」ヒュンッ!

裕子「スプーンシールド!」ガンッ!

裕子「そして隙あり!!」

「うがっ!!」ザクッ!

〈あーーっと! ヒカルの一瞬の隙をつきフォークを腹部に突き刺しそのままリング中央へと落下ーーッ!!〉

裕子「喰らえーーッ!! オードブル・テイスティング!!」

「ぐわぁああああっ!!!」ズドォンッ!!

〈そのままマットに叩きつけた!!〉



はぁと「技のレパートリーが多すぎる!」

「いいなぁ、あんなにたくさんの技にいい名前があって………」

はぁと「そこなのかよ……」

ミラージュマン「今の一撃で決まりのようだ。恐らく耐えられまい」

ガンマン「シャバババ、それはどうかな?」

12 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:47:54.98 odosYg0Z0 12/23

「ぐ、ぐうぅぅ…………」

ワ-ン ツ- スリ-....

(く、くそっ……身体が動かない… こ、これでアタシも……年貢の納め時か)

(結局、全く歯が立たなかったなぁ…… ジャスティスに無理を言ってなんとかバトルにこじ付けたのに………)

ジャスティスマン「ヒカル、諦めるな」

「…………ッ! ジャ、ジャスティス……」

ジャスティスマン「お前たち偶像にとって敗北は恥ではない。諦め進化の可能性を閉ざす事こそ恥となるのだ。お前はまだやれる」

「ジャ、ジャスティス………」

ジャスティスマン「ヒカルよ、お前は一体何者だ」

「あ、アタシは………」ググッ

裕子「む!?」

「アタシは正義のヒーローだぁあああっ!!」ダンッ!

裕子「なんとっ!?」

〈なんとカウントギリギリでヒカルが復活した!! そしてフォークを抜きエスパーユッコに向かって行く!〉

「喰らえっ! テイスティング返し!」

裕子「なんのっ! こちらにだってスプーンがあります!!」ガンッ!

「くっ!」

(ダメだ、このフォーク重すぎて上手く扱えない! この人、こんなに重い物を片手で軽々振り回していたのかっ!?)

〈おおっと、ヒカルのフォークの一撃をスプーンで迎撃ーーッ! そしてヒカルの態勢が崩れた!〉

裕子「今です! そりゃーーッ!!」

「うぐあああっ!!」グキグキッ!

〈あぁーっと! とうとうエスパーユッコに手を摑まれてしまった!!〉

裕子「サイキック・ハンドパワーキネシス!!」

〈な、なんとそのまま投げっぱなしの変形フロントスープレックス!! 場外めがけて飛んで行くーーッ!!〉

13 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 21:54:45.72 odosYg0Z0 13/23

はぁと「や、やば! こっち来るぞ!! 避けろーーっ!!」

「うわわわっ!?」

ガンマン「…………」スッ

ミラージュマン「ゴバッ」サッ

「ぐわぁああっ!!」ガシャ--ン!

「きゃあっ!」

〈おおっとヒカル! 観客席のパイプ椅子に激突ーーッ!!〉

「だ、大丈夫!?」

はぁと「凛、手を貸したらその子の反則負けになっちゃうぞ」

「ぐっ……」

「はぁ、はぁ……く、くそっ!」

ガンマン「シャバババ! この女もアイドルとしては中々のものだが、いかんせん相手が強すぎるようだな」

ミラージュマン「ああ、そのようだ。拾式め、初めからこの道へと進んでいれば良かったのではないか」

ジャスティスマン「…………ヒカル、あれを使え」

「ッ!!」

(あ、あれは……!! そうかわかったぞジャスティス! も、もしかしたらいけるかもしれない! でもチャンスは一度だけだ。これを外したらもう勝てなくなる!!)

フィフティ-ン シックスティ-ン セブンティ-ン!

はぁと「おい、このままじゃリングアウト負けになるぞ!」

ジャスティスマン「ヒカルよ、今こそモードチェンジだっ!BSHを発動しろ!!」

「っ! いいんだなジャスティス!! 行くぞッ!! モードチェーーンジッ!! Brave Soul of the Hero!!」カアァァ!!

「きゃっ! な、なに!?」

ガンマン「ほう、この感覚。どんどんパワーが上がっているようだ」

「とおっ!!」ヒュン!

ミラージュマン「ゴバッ!?」パシュ! 

〈おおっと! またしてもカウントギリギリでリングへと舞い戻るヒカル!!〉

14 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:00:28.25 odosYg0Z0 14/23

裕子「むむっ! まだ動けますか! ならばこちらも!! 戻れフォークッ!!」グッ!

「トァーーーッ!!」ゴオッ!

裕子「むむっ!?」キィン!

〈な、なんとヒカルのフォークへの蹴りで、盤石の強さを見せていたエスパーユッコがふらつく!!〉

裕子「な、なんと!? いきなりパワーが跳ね上がっていますよ!?」

「うおぉおおおっ!!」ブンッ! ガッ! ヒュゴッ!

裕子「う、うむむむっ!!」


「な、なに!?」

ジャスティスマン「Brave Soul of the Hero。体力と引き換えに自らの全ての能力を一時的に引き上げる技だ」

ガンマン「シャバババ、あの男を思い出す…… 奴は本当に強かったからなぁ」

ジャスティスマン「私もだ。一時的にとはいえ私を驚かせたあの力。初めてヒカルがあの力を身につけた時、私もそれを思い出した」

ミラージュマン「ゴッゴバァアアアア!! な、無い! どこに行った~~~!?」

ガンマン「だが奴のあの不思議なパワーとは違いあれはあくまで体力を消費して無理やり力を上げているにすぎん」

はぁと「あぁ、はぁとの見立てでは持って3分ッ!」


裕子「ぐっ! エレガンス・シングルスティング!!」グイ--ン!

〈なんとフォークの真ん中の突起が伸びて行く! その先にはヒカルがいるぞーーッ!!〉

「そんな技喰らうかーーッ!! ゆくぞ! ヒーローナックル!!」ドゴッ!

裕子「ちょっ!? て、手ぇええ~~っ!?」

〈な、なんと!? フォークの先端を拳で止めている~~!? 見ているこっちの方が痛いぞ~~ッ!!〉

ジャスティスマン「今が好機だ!」

「おうっ! 喰らえ、フォーク飛ばしっ!!」ドガッ!

裕子「ひゃっ!?」


ガンマン「ふんっ!」パシッ!

はぁと「おお、ナイスキャッチ☆」


〈なんとヒカル、フォークをそのまま蹴り飛ばしたーッ!!〉


「よしっ! これで準備は整った!!」

裕子「ぐっ! ただフォークを飛ばしたくらいでこのエスパーユッコに勝てるとでも!!」スゥ

「アタシの狙いはお前じゃないッ!!」

裕子「はい!?」

15 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:03:06.44 odosYg0Z0 15/23

〈あっと、ヒカル! そのままエスパーユッコに向かって行くと思われたが、離れた位置に着地! そして………あれ、さっきから気になってたけどなにか持ってる?〉

「行くぞーーッ!! 高速ローリングクレイドル!!」

裕子「な、なにをする気ですか!?」グッ!

〈あーっと、なにを思ったか!! ヒカルがいきなり一人でマットをゴロゴロし始めた!!〉


はぁと「おいおい、打ち所がわるかったのか?」

ガンマン「シャババババ、いいや違う。あれを見ろ」サッ

ミラージュマン「ゴッ…ゴバァアアア~~ッ!?」

〈な、なんとヒカルが手に持っているのは白い羊のきぐるみだ!!〉

ミラージュマン「貴様なんてことをしてくれるのだーーッ!! せっかく水洗いして干していたのに汚れてしまうではないか~~ッ!!」

〈おっと、ミラージュマンの言う通り羊のきぐるみがローリング・クレイドルによってどんどん黒く汚れて行く!!〉


「よーし、準備完了!! とあぁーー!!」バッ!

裕子「むむむ、なにをする気か知りませんがそんな蹴りくらいません!!」ガッ!

〈ヒカルの渾身の蹴りをエスパーユッコ、スプーンで簡単に迎撃!〉

「よーし、いいぞ! そのままそのスプーンを離すんじゃないっ!!」グイッ!

裕子「うっ!」

〈なんとヒカル! そのままスプーンを取り!〉

「飛んでいけ! エスパーフライトッ!!」ブンッ

裕子「ひょえぇええ!?」

「とおっ!!」

〈そのまま投げっぱなしの一本背負いで空高く放り投げたーーッ!! そしてその後を自らも追い飛び上がる!!〉

裕子「ぐっ! ですがまだです!!」

〈しかしエスパーユッコ、未だに迎撃の姿勢を崩さない! スプーンを構えて迎え撃つ!!〉

「うおぉおおおっ!!」

裕子「むむむむ~~ッ!! 喰らえ、エレガンス・シルバースプーン!!」ブンッ!

「今だーーーッ!!」ブンッ!!


ガンマン「アレは……なるほどな」ニヤリ

はぁと「な、なにをする気だ!?」



カアアアァァッッ!!



〈エスパーユッコとヒカルが今激突ーーーッ!! 辺り一面がまばゆい光に包まれなにも見えないーーーッ!!〉



ミラージュマン「ゴバゴバッ!? な、なにが起こった!?」

はぁと「どうなったのか全然わかんないぞ!」

「な、なんか激突する前に光が何かを投げたような気がしたけど…………」

ガンマン「シャバババ! アレを見ろ~~!」

16 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:05:47.74 odosYg0Z0 16/23



「捕らえたッ!!」グギギギッ!

裕子「う、うぐぅっ!!」


〈な、なんとヒカル! 空中でエスパーユッコをリバースインディアンデスロックに極めているーーーッ!!!〉



ヒュゥゥゥッ!

ガンマン「フン~~ッ!」パシッ

はぁと「うわっ! スプーン!?」

ガンマン「どうやら落としたようだな~」

「まさか!? あの凄まじい握力を持っている裕子がスプーンを落とすだなんてそんなこと!」



裕子「うぐぐぐっ……な、なぜ!?」

「フフフ、お前がスプーンを持っていたこと、そしてあそこにあった羊のきぐるみ、これが答えだ!」

裕子「ど、どう言うことですか!?」

「西洋の言い伝えには、銀のスプーンを口にくわえて生まれた子供は幸せになれると言うものがある。銀のスプーンを持って闘うお前は正にその言い伝え通りの戦績を残している!」

裕子「だ、だからなんだと言うんですか!」

裕子(く、くそ! 話に夢中にさせて外そうと思ったけれど全く外せない!!)

「そしてもう一つ!! 黒い羊とは海外で除け者、厄介者、恥さらしという意味がある! アタシはさっきの黒い羊をお前にぶつけることにより、せっかくの銀のスプーンを持って闘ってきたお前を台無しにしてやったんだーーーッ!!」

裕子「ま、まさかさっきのローリンググレイドルで羊のきぐるみを黒く汚していたのはこのためッ!?」

「その通りッ!! どうやら油断したようだな!!」

裕子「ぐっ! 少し考えれば分かっていた………かもしれません」


はぁと「な、なるほど! 確かにいくら銀のスプーンを持っていようとも、黒い羊でそれを台無しにされてしまっては負けるのは道理だ」

ガンマン「シャバババッ! さすがはジャスティスの弟子よ!」

(今の内容を全く1ミリも理解できないのは私がおかしいの……?)


〈なんとヒカルは素晴らしい頭脳プレイでエスパーユッコを捕らえていたーーッ!!〉


(素晴らしい頭脳プレーってなんだろう………)

17 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:11:46.67 odosYg0Z0 17/23



裕子「し、しかしこの程度の技でこのエスパーユッコがギブアップするとでも!」

「思ってなんかいないさ。だからッ!!」

裕子「ぐあっ!?」グイッ!

〈おおっと! ヒカル、そのままエスパーユッコの両手を頭の後ろで組ませ、その上から頭を思い切り押さえつけたーーッ!!〉


ガンマン「これは……ジャスティスのジャッジメントペナルティーの体勢!?」

ミラージュマン「いや、違う。ジャスティスのジャッジメントペナルティーは、相手をフロントのインディアンデスロックに極めて、そのまま顔面を鷲掴みながら落下し後頭部および背中を叩きつける技だ」

ミラージュマン「しかしあの技はリバースのインディアンデスロックに極めている! つまり相手の体の向きが全くの逆!!」サッ

はぁと「そして相手の両手を組ませその両手ごと後頭部を押さえることにより、両手両足含む五体全てを極めてしまっている……!」

ジャスティスマン「…………元は私のジャッジメントペナルティーを身に付けたがっていたのだ。しかしヒカルではそれは叶わなかった」

ガンマン「フン、あの技はお前だからこそ完全無欠の奥義となり得るのだ。他の者、たとえ私でさえもあのセットアップを真似たところで技は決まらん」

ミラージュマン「元来両手がフリーで隙だらけの技だからな。あの技を脱出不可能の奥義たらしめているのは、使い手がジャスティスであるというその一点のみ」

ジャスティスマン「だからヒカルには両手をも封じるあの技を発明させた。あの技とてヒカルの絶え間ない努力なくして繰り出せるものではない」サッ

「あれが……光の奥義………!」


裕子「こ、こんなもの~~ッ!!」グギギギ!

「無駄だ、この技は一度セットアップが完了してしまえば絶対に外すことはできない!」

裕子「ふんぬぬぬぬっ!! は、外れないーーッ!!」

「行くぞッ!! 正義のヒーローの最後の必殺技だーーーッ!!」グオォッ!

裕子「ぐっ!!」

〈おおっと! そのままの体勢でリングへと落下ーーッ!!〉

18 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:17:53.76 odosYg0Z0 18/23


はぁと「こ、これが決まったらまだ勝負はわからないぞ!! あの勢いで顔面を叩きつけられたらその日にゃ……!」

ガンマン「………………」ジロッ

ミラージュマン「…………!!」

「…………ゴクリ!」





裕子「ふんぬぬぬぬっ! にゅむむむむむ~~~ッ!!」

裕子(だ、ダメです……外れません。このままじゃ……… 流石にこの速度で顔面を叩きつけられたら……滅茶苦茶痛い……!)

裕子(師匠……ごめんなさい。私、もう…………)


「裕子ーーッ!!」


裕子(……………へっ? こ、この声は……!)




サイコマン「裕子ーーーッ!! しっかりするのです!!」

裕子「し、師匠!? どうしてここに!?」

サイコマン「話は後です! その技だけは絶対に食らっては行けませんーー!! 使うのです、あの力を!!」

裕子「あの、力……!」

「無駄だ! 今更どんな力を使おうともこの技は絶対に破れないーーッ!!」

サイコマン「裕子ーーーッ!!」バンバンッ!



「喰らえ! 南条光 必殺奥義! 正義執行!!!」







「ジャスティイィィィスッ!!!」



ドガアァァァァンッ!!!




「ぐっ……!」

はぁと「うわっ! す、凄い衝撃だッ!!」

ガンマン「ふぅむ~~?」

ミラージュマン「…………」

「さ、さしもの裕子もこれじゃあ……」

サイコマン「……ゆ、裕子……………!」アワワ…

「い、いや、アレを見て!!」サッ

19 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:21:07.18 odosYg0Z0 19/23

裕子「………………」グググッ

「…………ま、まさか!?」

サイコマン「……ニャガ?」

裕子「………………ギリギリでしたが、間に合いました」グワッ!

「なっ!?」

〈な、なんとKO必須と思われたエスパーユッコ、蘇ったーー!!〉

ジャスティスマン「なに?」

サイコマン「ゆ、裕子……!!」ホッ

裕子「むん!!」ガキッ!

「ぐっ!?」

裕子「サイキック・レッグキネシスッ!!」

「ぐわぁっ!?」ガツ--ン!

〈な、なんとエスパーユッコ! リバースインディアンデスロックを強引に振りほどき、そのままヒカルを両脚の力のみでコーナーへと投げたーーッ!!〉

裕子「ふっふっふ……」フワァ


「ちょっ!?」

はぁと「と、飛んだ!? てか浮いた!?」

ガンマン「フン、本当に忌々しい……!」


「く、くそっ……なんで!」

裕子「ふふふふ、これこそ! このエスパーユッコの最強兵器、サイキック・マグネットパワーです!!」

「さ、サイキック・マグネットパワー……」

裕子「先ほどのあなたの必殺奥義、正義執行。まともに喰らえば私とて危なかったです」

裕子「しかーし! 激突寸前に顔からマグネットパワーを放出することによって激突力を0にして差し上げたのです!!」

「ぜ、0だと!? つまり……」

裕子「ええ、ノーダメージです!」

20 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:25:53.49 odosYg0Z0 20/23



ミラージュマン「マグネットパワーを顔から出すとは……拾式すら出来なかったことだ。それをああもやすやすと繰り出すとは………………」

はぁと「そのパワーに関しては全然知らないけど、つまり磁力の力ってことなんだよな」

「つまり裕子は地球という大きな磁石と同じ極のパワーを顔から放出して、反発力で衝撃を無力化した………」


ジャスティスマン「ヒカル、距離を取れ! 奴とは二度と組み合うな!」

「お、おぅ!」

サイコマン「ニャガニャガ、裕子!」

裕子「はいっ! サイキックゥ~・マグネットパワー!!」バムムムム!

「う、うぐっ!?」ギギギギッ

〈なんと! エスパーユッコの手から放出される謎のパワーがヒカルを吸い寄せているぞーーッ!!〉

ジャスティスマン「なんだと………」

「く、くうぅぅ!!」

ジャスティスマン「ヒカル、お前何か金属製のものを身につけていないか!」

「な、なにもつけてない! う、うわぁああっ!!」

〈あーーっと、ヒカル、耐えてはいたがついに地面から足が離れた! そして中に浮くエスパーユッコの元へ背中から吸い寄せられて行く!!〉

裕子「捕まえました!!」ガシッ

サイコマン「そのまま落とすのです!」

裕子「はいっ! サイキック・マグネティカドロップーーッ!!」バムムムムッ!

ドゴォッ!!

「ぐっ、ぐはっ!!」

〈あーーっと、エスパーユッコ、そのままヒカルに空中からのバックドロップ!! し、しかし落下速度が異常に速いぞーー!?〉

サイコマン「ニャガニャガ、今度は体を地球と引き合わせて速度を速くしたのです! これで威力は10倍!!」

裕子「むむむむむ~ん!」ヌ----!

「ぐ、はっ!」バタン!

ワ-ン ツ-

〈あーーっとヒカルダウーーン!! 流石にもう立ち上がれないかーー!?〉

ジャスティスマン「………………」

裕子「ふぅ、今までで一番の強敵でした。まさかサイキック・マグネットパワーを実践で使うことになるとは思いませんでしたよ」

サイコマン「ニャガニャガ、実戦で使うのは初めてですね」

裕子「しかーし!! だからこそこのエスパーユッコの勝利は揺るぎません!! あぁ、流石は美少女サイキッカー!」

21 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:28:25.83 odosYg0Z0 21/23

「ま、まだだ!! 」グググ!

裕子「む!?」

〈あーーっと! ヒカル、またしても蘇ってくる!!〉

サイコマン「なるほど、あのBSHという技の効果で生半可な攻撃は効かないというわけですか。それならば!」

裕子「はい! サイキック・マグネッパワー!!」バムムムム!

「うわぁ!!」ビュン

裕子「捕まえました! そして、ほいやーー!!」ダァン!

〈またしてもヒカルを吸い寄せたエスパーユッコ! そのままヒカルの両脚を掴み空高くジャンプした!!〉

裕子「よーし、この辺でいいでしょう! むむむーん!!」ブンッ!

「ぐっ!」

〈そしてそのままヒカルを投げ……ない! なんとエスパーユッコ、ヒカルの両足を鷲掴みにし、そのまま地面に頭を向けさせて滞空!!〉


ミラージュマン「あの態勢は……拾式のファントムキャノンか!」

ガンマン「拾式の場合互いの足裏を合わせて捕獲するが、あれは両足を鷲掴みにして捕獲しているがな」


「くっ、なにをする気だ!」

裕子「ふふふ、ここで一つ理科の問題です!」

「なっ! いきなりなにを言い出すんだ!」

裕子「今私の両掌はマグネットパワープラスに帯磁、そしてあなたの両脚の裏もマグネットパワープラスに帯磁させています。そしてそれは徐々に強くなっています」

裕子「そして今私はあなたの両足を掴んでいるため、私の掌とあなたの足裏は密着しています。これでは本来なら反発し合うはず……にも関わらず何故かそんなことは起きていない。それは何故か!」

「それはお前が掴んでいるからだ!」

裕子「その通り! ではもしも私がこの手を離したら……どうなると思いますか!」

「なっ……! ま、まさか………………!」

22 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:34:52.06 odosYg0Z0 22/23

サイコマン「そのまさかです。さぁ、裕子! あなたの力をお見せしてあげなさいッ!!」

裕子「それでは行きますよ~~!! サイキックゥ~~!!」

「ぐっ!! うぉおおおお!!」




裕子「マグネットキャノン!!」ドシュウ!!



〈あーーっと!! エスパーユッコが両手を離した瞬間!! ヒカルが恐るべきスピードでリング中央へと落下ーーーッ!!〉




ズッガアァァァァァンッッ!!!



「っ………!」


〈ヒカル、リングへと叩きつけられそのまま声を上げることすら無くダウーーンッ!!これは…………〉



カンカンカーーーンッ!!



〈ダウンカウントは無用だーーーッ!! 勝者、エスパーユッコォオオオ!!〉


裕子「やりました! さいきっく勝利です!」

サイコマン「やった! よくやりましたよ裕子!!」

裕子「えへへへ、はっ! そうでした、大丈夫ですか光ちゃん!」

「し、死ぬほど疲れた……… ヒーローなのに……………」

裕子「ヒーローでも疲れるときは疲れます!」

「ガクッ………」

ジャスティスマン(ヒカル、今は存分に休むがいい。だがまた明日から厳しい修行を続けるぞ)





〈それでは本日のフェスはこれで終了です!! またいずれお会いしましょう、さようなら~~!!〉







「はぁ、どっと疲れたよ」

はぁと「初めてのフェスはそんなもんだ☆ てか疲れなかったとか言い出したら手を抜いてたとみなして怒るぞ? てか怒る☆」

「うん、本気でやったよ。結局勝ち星は拾えなかったけど……それでもすごく楽しかった」

ガンマン「シャババババ!! 初めのうちはそんなものだーーッ!! これから多くのライバルとより一層の切磋琢磨して行けば良いのだーーーッ!! と、この本には書いてある」

はぁと「センカワ印の教本か。趣味悪い色してんな☆ 蛍光緑☆」

「よし、これからもっともっとレッスンしてもっともっと強くなってみせるよ!!」

ガンマン「シャバババ~~~ッ!! 我々の闘いはこれからだーーーッ!!!」




人々に希望を与えるアイドルたち
彼女とそのプロデューサーの闘いはこれからも続く!!




おしまい

23 : ◆A87DI5RwaU - 2018/03/22 22:36:10.33 odosYg0Z0 23/23


バーンしてドーン!!な>>1の前作



【モバ肉m@n】

ガンマン「シャバババーーッ!!」渋谷凛「ゲーーッ!1つ目の超人ッ!!」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/21475502.html

ガンマン「シュ、シュガァ~~!!」はぁと「3000万スウィートパワー☆」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/21793925.html

堀裕子「これが…さいきっくパワー……!!」サイコマン「マグネットパワーです」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/25285103.html

堀裕子「これぞさいきっくマグネットパワー!!」サイコマン「もうそれでいいです」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/25285125.html

ペインマン「お前は柔らかすぎる!!」海老原菜帆「プニョフワです~」
http://ayame2nd.blog.jp/archives/25285127.html


【キン肉マン】

ガンマン「このウソつきめ!」

ガンマン「この大ウソつきがぁ!!」



誤字があるぜーー! 修正だーーーッ!!

記事をツイートする 記事をはてブする