1 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 02:39:52.860 nX0g30pK0 1/9

団長「立て!さっさと立って剣を握れ!まだ私に傷ひとつつけられてはいないぞ!それでも王立騎士団の一員かッ!!」

団長「敗北とは死ぬことではない!己の力を出し切れぬこと、戦いを諦めることこそが真の敗北なのだ!それを肝に銘じろ!」

団長「分かったらさっさと剣を構えろ!今日は私から一本取るまで帰さんぞ!お前から仕掛けさせてやる、本気で来いッ!」

団長「……ふんっ、なかなかいい太刀筋だ。以前と比べて振りが鋭くなった……だがっ、踏み込みが甘いッ!!」

団長「私にちょっと褒められたくらいでいい気になるな愚か者!!まったく、大の男がだらしのない……そんな軟弱な精神で、それでも貴様は騎士か!!」

団長「罰として訓練終了後に素振り500本!!もちろん私から一本取ってからだ。……返事はッ!!」




みたいな強くてかっこいい騎士団長さんにフリッフリのドレス着させてアイドル紛いのことさせて色々キツいことさせたい

元スレ
王立騎士団長(♀)「どうした!貴様の実力はそんなものかッ!!」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1580924392/

5 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 02:47:42.277 nX0g30pK0 2/9

団長「くっ……この私が、どうしてこんなことを……っ。」

団長「わ、分かった!分かっている!騎士に二言はないッ。やればいいのだろう、やればッ!!」

団長「…………きゃ……きゃるるーんっ。まじかる、ぱわぁで……」

団長「……なにっ!?も、もっと大きな声でだと!?……ええいッ、もうどうにでもなれっ…!!」

団長「きゃるるるぅ~んっ☆三十路+云歳のまじかる☆ぱわぁで○○きゅんの筋肉っ、げんきげんきになーぁれっ☆」

団長「…………っだぁぁぁ…ッ…。……ど、どうだ!言われたことはやり遂げたぞッ。さあ訓練を続けろ!私にここまでさせたのだッ、今日は意識を保って帰れると思うなッ!!!」



しましまニーソとか履かせたい

8 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 02:57:05.391 nX0g30pK0 3/9

団長「だ、だいたいっ、こんなもの私が着ても滑稽なだけだろう……もっと若い団員に頼んだらどうなんだっ。」

団長「……え…。」

団長「……ぅ、うむ…。そうか……そういう、ものか…。」

団長「し、しかしっ」

団長「…………むぅ……。」



団長がいい!団長が一番似合う!って言われて満更でもない強まりババアかわいくない?

11 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 03:02:23.730 nX0g30pK0 4/9

団長「…………ふむ……着かたはこれで合っている……か?」

団長「…………こんな服、今までに着た経験がないぞ…。本当に、これがいいのだろうか…。」

団長「……………。」

団長「…………きゅぴんっ☆」

団長「……………。」

団長「……ふっ…。」

団長「……な、なかなか……悪くないんじゃない、か……?」



自分の部屋の姿見で思わずポーズを取っちゃうババアよくない?
褒めて伸ばしてあげたい

16 : 死姉ちゃん ◆Dluid9NitI - 2020/02/06(木) 03:41:17.152 bbssgwED0 5/9

鎧で体幹鍛えられてるから実はダンス上手い

18 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 03:48:33.926 nX0g30pK0 6/9

>>16
団長「ダンスか……ふふん。こう見えてダンスは苦手じゃないんだ。騎士団を束ねる立場ともなると、そういう場も増えてな。」

団長「普段お前たちには見せなかったが、とうとう披露するときが来たらしい。さあ……○○、お前が相手になれ。」

団長「……は?ダンスといえば、社交界のそれだろう?なにが違うものか。…………なんだと?」

団長「脚を、あげたり……?腕を振ったり……?ど、どういうことだ?」

団長「……な…ッ!そ、そ、それはなんだ!そんな破廉恥な真似が出来るかッ!こ、この歳にもなって……」

団長「だ、だいたい私は普段剣を握る身だぞっ?相手を鼓舞したり誘惑したりするような動きなど出来るものかッ!」



団長「はいッ☆はいッ☆はいッ☆やーっ☆」ブンブン



才能はあるんだよね

19 : 死姉ちゃん ◆Dluid9NitI - 2020/02/06(木) 03:54:18.109 bbssgwED0 7/9

女の子女の子してる歌詞だから自分の低い声を心配しちゃう団長さんかわいい

22 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 04:05:57.806 nX0g30pK0 8/9

団長「○○、ちょっといいだろうか。この前の新曲の…………あ、ああ、すまない。○○プロデューサー、気になることがあるんだが。」

団長「も、もう少しキーを下げてはもらえないだろうか。その、恥ずかしい話だが、サビの部分の高さが出そうになくてな。」

団長「え?だから、サビの『キミと私はセイクリッドエーッジ』のところだ。どうしても『キミと』の『と』の部分が上ずってしまう。」

団長「……無茶なことを言ってくれるな。声など今からどうなるものでもあるまい。……だいたい、私は日頃から叫んだり怒鳴ったりしているような女だぞ。初めから無理があったのだ…。」

団長「…………なに?た、たしかに喉を意識したことはなかった。上ずってしまっていたのも、喉が開ききっていなかったのかもしれない。」

団長「……すまない、ありがとう○○プロデューサー。さっそく練習してみることにする!」



団長「キミと私はセイクリッドエーッジ♪ハートがギュンギュン痺れちゃう~ッ♡貴様らもーッ?はいっ☆はいっ☆」


うおおおおおおおおお!!!


団長「(ありがとう……○○プロデューサー…。)」



一度やると決めたら突き詰めるタイプ

23 : 以下、5... - 2020/02/06(木) 04:12:17.955 nX0g30pK0 9/9

アイドルみたいな服着せたいだけだったのにいつのまにかマジでアイドルになってしまった
団長さん恐ろしい

記事をツイートする 記事をはてブする