1 : 以下、\... - 2015/01/20 19:47:39.75 gsfnsB5F0 1/36

「これでもう家族にビクビクしながらビクンビクンする必要もないですね」ガチャ

「ふふ、空調設備も完璧です」バタン

「…………あれ」

「内側に取っ手が…ない……」

「……………」

「あはは…これ、どうやって出るんでしょう」

「……………」

「う、嘘ですよね?」ドンドン

「あ!パソコン!そしてネット!ネットがあります!びっくりしました……」

「えーと、コンセントは……」

「…………外でした」

「誰か!!誰かー!!!」ドンドン

シーン

「……そ、そんな」

元スレ
妹「オ○ニー専用の防音室がやっと完成しました……」パァァ
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421750859/

11 : 以下、\... - 2015/01/20 19:53:35.89 gsfnsB5F0 2/36

「誰ですか…こんな欠陥な部屋を作ったのは……」

「……私です」

「…………」

「とりあえずオ○ニーでも……」

「んっ……………」サスサス

「全然そんな気分になれません……」

「私、このまま自分が作ったオ○ニー専用の部屋で死ぬんでしょうか……」

「そんなの嫌です……絶対…」

「誰か!!!誰か気づいてください!!!」ドンドン

「誰かぁぁぁ!!!」

「………ぅ…」グスン

14 : 以下、\... - 2015/01/20 20:00:35.00 gsfnsB5F0 3/36

「苦しんで死ぬくらいなら…息止めて…」

「……………」

「ぷは」

「あぁぁぁぁこれじゃ…死ねない…!」

「……もう兄さんでもいいから助けて…」

「…………」グスン

ガチャ

「!?」

「何やってんだお前」

「に、兄さん!?なんで?」

「なんか妹がピンチな気がしてな、泣いてんのか?何があった」

「兄さん…兄さん…うわぁぁぁ怖かったです……」ギュ

バタン

「よしよし」ナデナデ

「………………あ、あの、兄さん……」ワナワナ

18 : 以下、\... - 2015/01/20 20:05:38.78 gsfnsB5F0 4/36

「つーかすげぇなこの部屋、どうやって作ったんだ?」

「あ……あの……」

「ん?」

「ちょっと信じられないのですが……」

「何が?」

「後ろ……」

「ん?壁?」

「兄さんが入ってきたら出られないじゃないですか!!!!」

「え?」

「取っ手が!!外にしかないんですよ!!!」

「そいつは面白い」

「ん?」

「それ出れなくね?」

「………もう嫌だぁぁ……」グスン

20 : 以下、\... - 2015/01/20 20:10:55.43 gsfnsB5F0 5/36

「なるほど、つまり閉じ込められて泣いてたワケか」

「……兄さんまで巻き込んでごめんなさい」

「ったく、なんでこんな部屋作ったんだよ」

「それは…その……」

「俺だったらオ○ニー用の部屋とかにしちゃったりして、あはは!」

「…………」

「そんなに引くなよ」

「死にたいです」

「え?」

「私を殺してください」

「落ち着け!望みを捨てるな!!」

「はぁ……」

「この部屋、そんなに精神を削るのか……」ゴクリ

22 : 以下、\... - 2015/01/20 20:19:17.91 gsfnsB5F0 6/36

「これ、叫べば誰か気づくんじゃないの?」

「それが超防音なんです……」

「でも空調設備はあるんだよな?」

「はい」

「どこに繋がってんだ?」

「何層か防音材で音を吸収して屋根に……」

「………」

「すごい絶望感ですよね」

「つまり、完全に密室ということだよな?」

「はい」

「どんだけ叫んでも誰も助けにきてくれないんだよな?」

「はい……」

「どこにも逃げ場は無いんだよな?」

「はい……」

「そうか……」

24 : 以下、\... - 2015/01/20 20:26:10.80 gsfnsB5F0 7/36

「なんか暑くない?」

「そうですね、クーラーつけますか?」

「ダメだ、こんな欠陥だらけの部屋でクーラーなんて点けたら何が起こるかわからん」

「う……ごめんなさい」

「脱げば大丈夫さ」ヌギヌギ

「…………」イソイソ

「ん、どうした?」

「や、なんでもないです」

「妹は大丈夫?」

「……まだ大丈夫です」ダラァ

「そういや、ここ水は?」

「無いですよ、そんなの」

「それは大変だ!!!」

「わっ……兄さん?」

25 : 以下、\... - 2015/01/20 20:31:52.81 gsfnsB5F0 8/36

「よく考えろ、このままだと脱水で死ぬぞ!」

「あっ……」

「お前!汗出てるぞ!」

「ど、どうしましょう……」オロオロ

「とりあえず脱げ!死ぬぞ!!」

「そ、それは……」

「死んでもいいのか!!!」

「………死ぬのはいやです」スルスル

「………」ゴクリ

「兄さん…見ないで…」サッ

「見てない、見てないから、な?」

「…………」ヌギヌギ

(服脱ぐ音が……エロい)

「………兄さん、絶対こっち見ないでくださいね」

「見ないって」チラ

33 : 以下、\... - 2015/01/20 20:42:51.57 gsfnsB5F0 9/36

「もー!絶対見てます!!」

「なんだ、下着は着けてるのか」

「………」ポカ

「いで!」

「…………」

「…………すまん」

「でもこの状況で見るなっていうのも無理ですよね、ごめんなさい」

「え!?じゃあ……」

「でもあんまり見ないでくださいよ…」

「………」ジー

「…………」モジモジ

「閉じ込められて良かった……」ボソ

「兄さん、このまま出られなかったらどうします……?」

「俺さ……童貞なんだよ」

「それは聞いてません」

37 : 以下、\... - 2015/01/20 20:54:19.33 gsfnsB5F0 10/36

「妹はどうなんだよ」

「何がですか……」

「膜だよ膜」

「処女ですよ、って兄妹でなんて話してるんですか……」

「え?処女なの!?」

「む、なんでそこで驚くんですか」

「最近なんかエロい雰囲気出てたからさ、卒業しちゃったのかと思ってた」

「え」

「いやぁ、良かった良かった」

「そ、それどういう意味ですか?」ドキ

「ん?妹に先越されたら死にたいだろ」

「…………」

「どうした?」

「…なんでもないです」

39 : 以下、\... - 2015/01/20 21:03:31.25 gsfnsB5F0 11/36

「…………」

「…………」

(気まずい……)

「…………」ピト

「!」

(あれ、手は大丈夫なのか…)ギュ

(?????)グルグル

「妹?」

「はひっ!?」

「大丈夫か?」

「大丈夫です……」ギュゥ

「…………」ムラムラ

「…………」ドキドキ

54 : 以下、\... - 2015/01/20 22:35:59.71 gsfnsB5F0 12/36

「兄さん、なんで手…」ドキドキ

「妹が不安かなって思ってさ」ムラムラ

「………優しいんですね」スッ

「!」

「こうして寄り添ってると、恋人同士みたい、なんて…本当はすごいピンチなのにおかしいですよね」

「おかしいかな」スッ

「ぇ……兄さん…」ドキ

「嫌だったら嫌って言ってくれ」

「な、何を…するんですか?」

「俺にもわからん」

「………目瞑ってますから」

「え」

「私だって……キスもせずに死ぬのは嫌ですから…それだけです…」ドキドキ

60 : 以下、\... - 2015/01/20 22:46:58.85 gsfnsB5F0 13/36

「いくぞ……」

「はい………」

「…………」

ガチャ

「この部屋は?」

「え!?姉貴!?」バッ

「!?」ササッ

「あらあら?あなた達下着姿でどうしたの?」

「い、いやぁ…助かりましたね兄さん!」

「そ、そうだな、あはは」

「?」

「あ!姉さんちょっとまっ…!」

ガチャ

「はいはい~なぁに?」

「…………」ズサァァァァ

66 : 以下、\... - 2015/01/20 22:56:34.00 gsfnsB5F0 14/36

「もー、危ないよ?妹ちゃん」

「救世主が……一瞬にして犠牲者に……」

「なんで自動で閉まるようになってんだよ!!」

「設計上ドアを少し重くしたら……」

「なるほど…外にしかドアノブがついてなくて閉じ込められちゃった、ということ~?」コンコン

「兄さんと理解力の差が、流石姉さんです…」

「…………」

「うふふ、褒めても何もでないのに、妹ちゃんったら」ツンツン

「でもこれで更に気づかれるのが困難になりましたね……」

「………」コンコン

「ふむふむ、防音なのね?」

「はい……」

「流石に3人だとせまいぞ……」

「クーラーつけましょう」ピ

ガガガガガガガ

69 : 以下、\... - 2015/01/20 23:03:20.20 gsfnsB5F0 15/36

「おい、大丈夫なのか?」

ガガガガガガガ

「多分……」

ガガガガガガガ

「ふふ、なんかこういうのわくわくするわね」

ガガガガガガガ

「やかましい!!!」ピ

「ちょっとくらい我慢してください!!」

「まぁまぁ二人とも、冷たい麦茶でも飲んで落ち着こうよ」カラン

「どっから出した」

「えいえいって、ね」カラン

「やっぱり姉さんは救世主です…」ゴクゴク

「んー…でもこれは出られそうにないわね……」コンコン

73 : 以下、\... - 2015/01/20 23:14:37.88 gsfnsB5F0 16/36

「姉貴でも何か思いつかないか?」

「うーん……そうねぇ……」

「…………」

「…………」

「うん!」ポン

「お!?」

「この状況を楽しむしかない…かな!」

「えっとそれって…」

「出るのは諦めるってことね」

「…………」

「姉さん……」シクシク

「ふふ、弟くんはハーレムだし、実は喜んでるんじゃない?」

「こんな狭っ苦しいハーレムは嫌だ!俺は出るぞ!!」ガジガジ

「あらら……」

126 : 以下、\... - 2015/01/21 07:35:00.93 cM9DQ6DX0 17/36

「くっそー…びくともしねぇ」

「…………」ヌギヌギ

「!?」

「ふふ、暑い暑い」プルン

「姉貴、絶対変なことするなよ」

「えー?お姉ちゃん弟くんに変なことしたことないよ?」ムギュ

「してる!してるだろ!!」

「弟くんとこうして遊ぶのも久しぶりだね、えへへ」ムギュ

「…………」ペタペタ

「…………」シュン

「おい!妹!助けろ!!」

「……お好きに」

「裏切り者ぉぉお!」

「嬉しい癖に…」ボソ

218 : 以下、\... - 2015/01/21 19:28:04.56 dwF58AFW0 18/36

「姉貴、麦茶だけどさ」カラン

「うん?」

「よく考えたらこの状況ってトイレできないよな」

「できないわねぇ」

「…………」ブルッ

「くっそ……喉乾いたのに……」カラン

「あの………」

「妹、膀胱に自信がなきゃ飲んじゃダメだぞ」

「…………」モジモジ

「あれ?そういえばお前麦茶……」

「妹ちゃん、大丈夫?」サスサス

「姉さんそれだめ……!」ブルッ

「姉貴、洒落にならないからやめよう」サスサス

「ふふ、言動と行動が一致してないよ?」サスサス

「や…本当にだめですってば!」ギュゥゥ

223 : 以下、\... - 2015/01/21 19:37:20.92 dwF58AFW0 19/36

「コップ一杯じゃ足りないかな」サスサス

「コップならえいえいってやれば出るよ~」ヒョイヒョイ

「ぁ……」

「お!?出たか!?」

「……せーふです…」

「妹ちゃん、コップコップ」

「う……それだけは…」

「妹よ、こんな密室で漏らしたら大惨事だぞ」

「…………」ブルブル

「弟くんは私が目隠ししとくから、頑張ろう!」サスサス

「姉さん、兄さんを…お願いします…!」パッ

「はーい」ムギュ

「胸で目隠しするなよ」ムラムラ

「んっ………」チョロロ

228 : 以下、\... - 2015/01/21 19:47:03.32 dwF58AFW0 20/36

「姉貴、俺はどうしても目の前のオアシスを見なければならないんだ」モミモミモミモミモミモミ

「あっ!?…そんなっ!?」ビクン

「っしゃあ!」チラ

「………」チョロロロ

「妹ちゃん……ごめんね……」ビクンビクン

「……え?」ジョボボボボ

「……妹の…麦茶」ハァハァ

「わぁぁぁっ!?」ジョワァァァ

「弟くん…だめだよ……」

「おい!溢れるぞ!」バッ

「ちょっと…兄さん!?」チョロロ

「これは…部屋を清潔に保つために仕方のない事なんだ……」ゴクゴク

234 : 以下、\... - 2015/01/21 19:54:41.81 dwF58AFW0 21/36

「最低です…」グスン

「濃いの出たな……」フキフキ

「……ちょっと目覚めそうになっちゃった」

「え!」

「それにしても、少しまずいわね」

「何が?」ギンギン

「コップのおしっこ、蒸発したら匂いが……」

「それはつまり」

「兄さん、もうやめましょう?」ユサユサ

「でも匂いが…俺は全然大丈夫だけど」

「空調ありますから!ね?」ピ

ガガガガガガガ

「やかましい!!!」ゴクゴク

「あぁっ!」

238 : 以下、\... - 2015/01/21 20:04:20.29 dwF58AFW0 22/36

「うーん、口に広がるアンモニアの……」

「…………」ペチン

「ん?」

「説明しなくていいですから……」カァァ

「ふふ、微笑ましいわね」

「…………あ」

「?」

「どうしたの?」

「…………」モジモジ

「ま、まさか」

「弟くん、おしっこしたいの?」サスサス

「どこ触ってんだ」ムクムク

「ふふ、いいよ?お姉ちゃんにおしっこしても……」ガサゴソ

「ちょ…姉貴!ストップ!いやん!」ボロン

「あ、あわわわ……」カァァ

240 : 以下、\... - 2015/01/21 20:14:45.06 dwF58AFW0 23/36

「姉貴、目、目がハートになってるぞ」ギンギン

「なってないよぉ……これからするのはただのおしっこだもん…」サスサス

「姉さん…そんな…ダメですよ…汚いですよ…」ドキドキ

「ふふ…汚くないよ、妹ちゃんも擦ってあげよう?」ギュ

「えっ!?」ピト

「おふぉ!?」

「あ…あわわ……これ…おちん…」

「ね?汚くないでしょ」

「汚いですよ…こんな……」ニギニギ

「ちょ…たんま…違うの出るって…!」

「あらあら、違うのってなぁに?」ツンツン

「ダメだって…!」

「兄さん…はやくおしっこ出してくださいよ……コップ準備してますから」ニギニギ

242 : 以下、\... - 2015/01/21 20:23:08.53 dwF58AFW0 24/36

「っく……」プショッジョロロロ

「きゃっ…」ベタァ

「ふふ、残念、黄色いね」

「兄さん……ちょっとかかったんですが……」

「これは……絵になるわね…」

「え!」

「二人とも、コップ、コップがやばい」ジョロロロ

「コップなら出せるけど……」

「えっえっ…おしっこが溢れちゃ…どうしますか!?姉さんコップ!」

「そうねぇ…妹ちゃん、あーん」

「?あーん?」

「なるほどな!」チョロロロロ

「もごっ!?」

「妹ちゃん頑張れ♪」

244 : 以下、\... - 2015/01/21 20:29:25.27 dwF58AFW0 25/36

「んぐっ…うっ……」

「妹の口も溢れんぞ!?」

「あらあら、それじゃ……」ジュプ

「直のみ!?」

「んっ…んっ…」ゴクゴク

「…ぐっ……吸い取られる…」

「ちゅぷっ…ぷは……おいし…♪」

「………」ギンギン

「んーん!んっん!」

「頑張って飲もうね」ギュ

251 : 以下、\... - 2015/01/21 20:42:05.93 dwF58AFW0 26/36

「んー……」フルフル

「無理…?ふふ、しょうがないなぁ」チュ

「んっ……んっ…」

「ちゅ……じゅる…」ゴクゴク

「ぷはっ……ねえさん…」ネトー

「ふふ、そんな顔しちゃだめよ?」イチャイチャ

「………」ビンビン

「妹ちゃん…黄色くないの見てみたくない?」ニギニギ

「きいろくない……?」

「あの、俺の意見は」

「ふふ、妹ちゃんに出したくない?」サスサス

「出したいです!!お願いします!!」

257 : 以下、\... - 2015/01/21 20:53:33.77 dwF58AFW0 27/36

「姉さん…黄色くないのってその……」

「ザーメンだよ♡」

「ざ…ざーめん……」ドキドキ

「はやくはやく!!」

「焦らないの」サスサス

「うぐっ…」

「わ、私も……」サスサス

「二人でこすこすしよっか」サスサス

「………」コク

「んしょ…んしょ…」コスコス

「ここは天国か…この時間を楽しむためにも絶対に堪えるぞ…!」ドビュッドビュッビュッビュー

「…………」ドロォ

「やっぱり弟くんって早漏なんだね……」ヌチョォ

「………ふぅ、さっさとここから出る方法考えようぜ」

261 : 以下、\... - 2015/01/21 21:03:56.33 dwF58AFW0 28/36

「まず姉さん、このコップはどっから出した?」

「えいえいって」ポイポイ

「ふむ、それは手品なのか?」

「…………」ドロォ

「んーとね、超能力みたいなものだよ」ポイポイ

「それ、ドアの向こうに出現できるじゃ?」

「なるほどこれでドアノブを…」ポイポイポイポイ

「………」ペロリ

「ぅぇ………」

「いけ……頼む……!」

「あ」ガチャリ

「いったか!?」

「扉の向こうコップで埋まっちゃったかかも……」

「…………」

「…………」ペロペロ

266 : 以下、\... - 2015/01/21 21:17:09.32 dwF58AFW0 29/36

「しょうがねぇ……ここは俺の超能力で……」

「弟くんも使えるの?」

「白い液体を出すことができる」ムクムク

「もう…男の子なんだから」

「妹は何か能力ないの?」

「………」ペロペロ

「おーい」

「……ん?」ハッ

「ん、じゃなくて能力ある?」

「欠陥だらけな部屋を作ることができます」

「だめだこりゃ」

「お風呂入りたいなぁ……」スンスン

「そうですね……」

267 : 以下、\... - 2015/01/21 21:25:48.28 dwF58AFW0 30/36

「これはまずい……みんなの精神が限界だ……」ドンドン

「………やっぱりこのままみんな死んじゃうんでしょうか」

「それもいいかもねぇ……」

「おいおい、とりあえずなんか食うもん買ってきてやるから元気だせ」ガチャ バタン

「いってらっしゃい……」

「何か食べれるかなぁ」

「姉さん……ごめんなさい」

「あらら、どうしたの?」

「今兄さんがいないから言えますが……実は……」

「ふふ、オ○ニー用なんでしょ?この部屋」

「えっ…」

「私も妹ちゃんくらいの歳のときに悩んだもん、わかるよ」

「姉さん…」ウルウル

272 : 以下、\... - 2015/01/21 21:31:06.53 dwF58AFW0 31/36

「姉さんはどうやって…その…するんですか?」

「私?ふふ、手貸して?こうやって……」

「ぁっ……んっ…」

「ただいま」ガチャ

「!!」

「お、おかえり…はやかったね……」ササッ

「ったく、何やってんだよ……俺がパシリしてる最中に」ガサガサ

「ん?」

「あれ………」

「兄さんどうやってこれ買ってきたんですか?」

「どうって金で普通に」

「??」

「あれ?俺どうやって外でた?」

「それは私が聞きたいです」

278 : 以下、\... - 2015/01/21 21:38:27.69 dwF58AFW0 32/36

「まさか弟くん……白い液体を出すことができる能力って!」

「……そうか!」

「え?なんですか?気になります……」

「これ多分頭の中を真っ白にすれば俺自身を外に出すことができる能力なんだ」

「私もコップ以外にも応用できるしね」ポイポイ

「おちょこも出せるんですか……」

「でも良かったね、これで出られるよ」

「兄さん……素敵です……」ギュ

「くっくっく、俺にひれ伏せ」ドンドン

「ん、あれ」ドンドン

「兄さん?」

「ごめん……妹に抱きつかれたせいでムラムラしちゃって……」ムクムク

「兄さん……最低です……」

280 : 以下、\... - 2015/01/21 21:52:32.44 dwF58AFW0 33/36

「それならもう一回出すしかないね……」

「いやぁ、本当に心苦しいけどそれしかないみたいだな」ビンビン

「兄さん、また擦ればいいですか?」ニギ

「ダメだ、2発目は中々出ないんだ、そんなんじゃダメだ!!」

「えぇ…姉さん本当ですか?」

「そうねぇ……」ヌギヌギ

「姉さん!?」

「やるからには本気で…ね♡」ガサゴソ

「あう……兄さん、あんまり見ないで……」

「なるほど、二人のパンツの間に挿入すればいいのか?」

「贅沢だね、弟くん」ギュ

「姉さん……恥ずかしい…」ギュ

「これは美しい……」ビンビン

281 : 以下、\... - 2015/01/21 21:58:42.84 dwF58AFW0 34/36

「30こすりは我慢するぞ!!」ズチュ

「んっ…!」

「ぁっ…これいいかも…」スリスリ

「あっ」ドビュッドビュッ

「ひぁぁぁっ…!?」ヌッチョリ

「もー弟くん、そのままじっとしてて」スリスリ

「んっ…ねえさん…これ…これぇ…!」スリスリヌチョヌチョ

「まっ…今はやばいって!」ビクンビクン

「ふふ、おち○ちんまだまだカチカチだよ?」ニチョニチョ

「あっっ…あぁっ!!」ドビュッドビュ

「わぁ…パンツがぐしょぐしょ…」ヌチョヌチョ

「まっ…やめでっ…しぬっ!」ドビュッ

283 : 以下、\... - 2015/01/21 22:06:41.20 dwF58AFW0 35/36

「」ヒクヒク

「はぁっ…はぁっ…」グチョォ

「んっ…一回はイけたかな…」

「」ヒクヒク

「姉さん、兄さんが……」

「えいっ」ポイ

「」ガチャ

「あ!」

「ふふ、やったね」

「お風呂…お風呂入りたいです」

「そうね、久しぶりに一緒にはいろっか」

「……えへへ」

「」

286 : 以下、\... - 2015/01/21 22:12:34.82 dwF58AFW0 36/36

「あれ……」ムクリ

「おい!?誰か!?」ドンドン

「くそ……うそだろ」ガクリ

「何やってるんですか?」ガチャ

「い、妹…うわぁぁん」ダッ

「………」サッ

「さて、と」カンカンカン

「あれ」

「ドアノブです、こっちにも付けます」

「ちぇ、楽しかったのに」

「…………」モジモジ

「兄さん、今日からこの部屋……」

「弟くんでオ○ニーする部屋に変わったからね!」ヌッ

「え?」

FIN

記事をツイートする 記事をはてブする