9 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 15:30:59.14 hL2QdH/Y0 1/15


マミ「そうそう、自己紹介しないとね…でも、その前にっ!」ボキボキーン

まどかさやか「いやああああああ!?」

マミ「ふっ!」ビターン!!ビターン!!

まどかさやか「なんなのこれええええええ!?」





マミ「魔女は逃げたわ、仕留めたいならすぐに追いかけなさい」

ほむら「私が用があるのは…」

マミ「飲み込みが悪いわね、見逃してあげるって言ってんの」ビクビクン

ほむら(ヒィッ!)

まどか(行かないで…ほむらちゃん…!)

さやか(助けて転校生…!)

元スレ
ほむら「巴マミが陰茎を鞭にして戦う時間軸に来てしまった」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1322805216/

12 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 15:50:31.67 hL2QdH/Y0 2/15


ほむら(このまま私が立ち去ったら、まどかはこの淫獣の家に連れていかれてしまう…それだけは避けないと…!)

ほむら「失せなさい巴マミ」

マミ「そう、残念ね」ビククン!!シュルシュパーン!!

ほむら「なっ!速い!?」

シュルシュルルル・・・ギュギュー

ほむら「ひいいっ!お、犯されるうううううう!!!」

マミ「そんな、犯したりなんか…あっ、ちょっ、駄目っ、そんなに激しく動いたら…んんっ」ビクンビクン

ほむら「いやあああああ!!」

ビュルルッ!!ベチャァ……

ほむら「うううううううう!!」 ← まどかのソウルジェムを撃った時と同じ声

マミ「ふぅ…」

まどかさやか「ガクガクブルブル」


15 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 16:00:19.60 hL2QdH/Y0 3/15


マミ「さあ、悪い魔女と魔法少女は私がやっつけたからもう安心よ」

まどか「ち、近寄らないで!」

マミ「えっ」

さやか「あんたなんかに犯られるくらいなら舌噛んでしんでやる!」

マミ「ええっ」

ほむら「ううっ……ぐすっ」

マミ「あの、QBから何か言ってあげてくれない?」

QB「さすがの僕もこれには引くよマミ」


21 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 16:27:11.64 hL2QdH/Y0 4/15


QB「助けに来てもらって言うのもなんだけど、今日のところは引き下がった方がいいんじゃないかな」

マミ「な、何よ私が悪いみたいに…と、とりあえず今回は見逃してあげるわ!」シュバッ

さやか「なんだったの…あの変態生物女」

まどか「ほむらちゃん…だ、大丈夫?」

ほむら「ううっ…ぐすんぐすん」

まどか「とりあえず私の家にきて、お風呂入ろ?ね?」

ほむら「うん…ありがとう、まどか」

さやか「すぐ近くだからね、おぶっていってあげる」ヨイショ ベチャ

ほむら(私、精液まみれなのに…この時間軸はまどかもさやかもQBまでも優しいのね…)

ほむら(なんで巴マミだけあんななの…)


28 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 16:37:55.47 hL2QdH/Y0 5/15


マミ(なんなのよもう、よってたかって私を悪者にして!)

マミ(私はこの街の平和を守ってるだけなのに)

マミ(…それにしても)

マミ(あの黒い魔法少女の子の脚…気持よかったなあ…)

マミ「はあ……」ビキビキ

マミ「も~~やだなァ」

マミ「あの子のせいでまた欲情してきちゃったわ…」

マミ「沈めなきゃ」


70 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 19:40:56.61 hL2QdH/Y0 6/15


杏子「と、巴マミ!ここはあたしのテリトリーだぞ!」

マミ「ふふふ、元気そうで何よりだわ佐倉さん」

杏子「な、何しにきやがったんだよ…」

マミ「言わなくても分かってるでしょ?」

杏子「帰れよ…帰ってくれよぉ」

マミ「ごめんなさい、もう、我慢、できない、の」シュルシュルッ

杏子「うあああああああっ!!」


76 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 19:52:15.80 hL2QdH/Y0 7/15


ニュルニュルニュルニュルニュルニュル

杏子「やめろっ、くそっ、離せぇぇぇ!!」

マミ「うふふ、佐倉さんはいつもそうね」

ジュルジュルジュルジュルジュルジュルジュル

杏子「畜生、畜生、ううっ」…ジュン…

マミ「大袈裟に嫌がるふりをして」

ヌッチュヌッチュヌッチュヌッチュヌッチュヌッチュヌッチュ

杏子「あっ…あっ…くぅっ…んっ……あっ、あっあっ」

マミ「結局最後は自分から腰を振って」

ジュッポジュッポジュッポジュッポジュッポジュッポジュッポジュッポ

杏子「あっああっ、もうっ、駄目っ、あ、あ、あ、ああああああああああ」

マミ「ふふふ、あはははははははは!!」


80 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 20:04:42.01 hL2QdH/Y0 8/15


マミ「ふうっ、素敵だったわよ佐倉さん」

杏子「…あぅ……あ……」

マミ(でも……あの子の脚に比べたら……)

マミ(タイツ越しであれだけ凄いなら、生足の感触は…その間にある部分の感触は…)

マミ(また、会えるかしら……?)


87 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 20:24:30.81 hL2QdH/Y0 9/15


まどか宅


さやか「それで、QBっていったっけ?一体何がどうなってるのか説明して欲しいんだけど」

QB「そうだね、まずは魔法少女について説明しようか」

~QB説明中~

まどか「願い事をひとつ叶える代わりに魔法少女として魔女と戦わなきゃいけない…」

さやか「あの巴マミって人も魔法…少女?なの?」

QB「うん」

さやか「その…チ、チンポついてるのに?」

QB「うん」

さやか「うんって……」


99 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 20:49:05.70 hL2QdH/Y0 10/15


QB「彼女も昔はああじゃなかったんだ」

QB「けれどワルプルギスの夜と呼ばれる最強の魔女との戦いがマミを変えてしまった」

QB「マミはワルプルギスの夜を倒すことは出来なかったけれど、自らの身体へ封印する事に成功したんだ」

QB「けれどそれは肉体と精神に深刻な影響を及ぼした」

QB「結果としてチンポが」

ほむら「その理屈はおかしい」


105 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 21:06:33.22 hL2QdH/Y0 11/15


ほむら(…なんてとんでもない時間軸に来てしまったのかしら…)

ほむら(ワルプルギスの夜がいないだけなら手放しで喜べるのだけれど)

ほむら(巴マミをこのままにしていいものか……)


ほむら「……」

まどか「ほむらちゃん、もう大丈夫…なの?」

ほむら「ええ、もう平気よ。手間をかけさせてしまったわね」

QB「暁美ほむら…君は何者なんだい?僕は君と契約した覚えはないし、攻撃される理由もわからない」

さやか「えっ、QBも知らないの?」

ほむら「……そうね、もう意地になっても仕方が無いし、全てを話しましょう」


107 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 21:10:14.34 hL2QdH/Y0 12/15


数日後


マミ(もう一度あの脚を味わいたい)

マミ(……いいえ、ダメよ巴マミ、私は正義の魔法少女…以前からしっぽりな関係だった佐倉さんはともかく、他の人を襲うなんて)

マミ(あれからずっと街をさまよってたのに、あの魔法少女には出会えなかったし)

マミ(もうあの子のことは諦めましょう)

マミ(そろそろ学校にも出ないと…ここ数日サボりっぱなしだったし)

マミ「なんつってる間に朝ですよ(笑)あ~あ、義務教育の辛いとこね、これ 」


110 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 21:14:29.52 hL2QdH/Y0 13/15


登校中


マミ「あ」

まどか「あ」

さやか「あ」

ほむら「あ」

マミ「同じ学校、だったのね」ニヤァー

ほむら「ひいいっ!?」

ほむら(なんで私をロックオンしてるの!?)

マミ「ねえ貴女」

ほむら「は、はひぃ!?」

マミ「この間はごめんなさい…アレはわざとじゃないの」

ほむら「え、あ、そっ、そうなんです、か」ガクガクブルブル

マミ「事故だったのよ。別に貴女を傷つけようとしたわけじゃなくて、QBを苛めるのを止めさせたかっただけなの」

ほむら「はっはい、それについてはっ、あの、QBとも話し合いまして、解決で、えと、その、巴さんの体の事情のことも、ええと」

ほむら(あああああ、なんか私、メガネかけてた頃みたいになっちゃってるうううう)


113 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 21:21:21.22 hL2QdH/Y0 14/15


~回想~

QB「マミのことなら心配いらないよ」

QB「性欲さえ発散させ続ければ、彼女の肉体と精神は均衡を保ち、ワルプルギスの夜を封印し続けるだろう」

さやか「性欲さえ発散させ続ければって…それ大丈夫って言えるの?女の人が襲われたりするんじゃない?」

QB「その点も安心していい。彼女には佐倉杏子という協力者がいるからね」

さやか「なーんだ、じゃあもう何も問題ないんだ」

ほむら「この世界ではあの二人はそういう関係なのね……」

~回想終了~


マミ「そう、私の体の事も聞いたのね……じゃあひょっとして、貴女も協力してくれるのかしら」

ほむら(話が違うううううううう!!!!)

ほむら「あ、あうあう…」

マミ「痛くしないから。ね?」ツツー

ほむら「うひぃ!」


119 : 以下、名... - 2011/12/02(金) 21:31:00.81 hL2QdH/Y0 15/15


その後ほむほむがどうなったかは明らかになっていない

「正史 ほむ国志」には鹿目まどかと添い遂げ純潔を捧げたとなっているが

「ほむ国志演義」によれば巴マミと関係を持ち続け、最終的にそのペニスを譲り受けたと伝えられており

今後の歴史研究による解明が期待される





おわり


記事をツイートする 記事をはてブする