1 : 以下、?... - 2019/10/12 21:08:36.658 Q5LxSUPi0 1/10

シャミ子「え?けど」

「こんな暴風雨の中、おうちに帰るつもり?シャミ子のお母さんにはもう連絡しておいたから、今日はうちに泊まっていいから」

シャミ子「はあ、すみません、桃。気を使わせてしまって…、あれ、そういえば今日、ミカンさんは」

「ミカンは今、実家に戻ってる」

シャミ子「そうですか、ふーん」

「………」

「(と…とうとうこの日が来てしまった…)」ドキドキドキドキ

元スレ
シャミ子「雨が強くなってきました…」 桃「今夜はうちに泊まっていったほうがいいよシャミ子」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1570882116/

14 : 以下、?... - 2019/10/12 21:24:54.005 Q5LxSUPi0 2/10

シャミ子「桃ー、お風呂あがりましたよ?すみません、先に入っちゃって」

「う、ううん…いいの、いいから」ドキドキドキドキドキ

シャミ子「桃?なんか、顔が赤くないですか?」

「べ、別に、赤くなってないよ、おばかっ!わ、私もお風呂入ってくるから」

……
シャアア―…

「落ち着け…落ち着くんだ、千代田桃…」

「今夜私は…、確実に…、大人の階段を登るんだ…、シャミ子と一緒に」

15 : 以下、?... - 2019/10/12 21:25:19.167 Q5LxSUPi0 3/10

「わ、わたしもお風呂あがったよ、シャミ子、そ、それじゃあそろそろ寝ようか」

シャミ子「そうですね、それじゃあ私は今のソファーで寝ますから」

「は、はあ!?何言ってんのシャミ子っ、だめだよ、そんなの、寝室のベットで寝なよ」

シャミ子「え、けど、寝室のベットは桃が使うのでは」

「だめだよ、ソファーなんかで寝ても疲れが取れないよ、認めませんっ!」

シャミ子「え、いやけど、それじゃあ、桃はどこで寝るんですか!?」

「えっ……、いや、それは…」

「……」

「……居間のソファーで寝るけど」

22 : 以下、?... - 2019/10/12 21:30:51.672 Q5LxSUPi0 4/10

居間のソファー

「はあ…、どうしてこんなことに」

「どうしてここぞという時に素直になれないんだろう、ホントはシャミ子と一緒に…」

シャミ子「あの…、ももぉー」

「!!??しゃ、シャミ子、どうしたのっ」

シャミ子「や、やっぱり……、そ、そのっ!桃も一緒にベットで寝ませんか…?」

「えっ」

26 : 以下、?... - 2019/10/12 21:32:44.832 Q5LxSUPi0 5/10

シャミ子「私だけベットを使わせてもらうというのも悪いですし…、それにその…」

「……ん、分かった、仕方ないね、シャミ子」

シャミ子「か、勘違いするなよ魔法少女っ、け、決して…寝室で一人で寝てたらなんとなく怖くなった、とかそういうことじゃないんだからな」

「はいはい…わかりやすいね、シャミ子は」

「………」

「……(うわあああああああ)」ドキドキドキドキドキドキドキドキドキ

35 : 以下、?... - 2019/10/12 21:40:15.091 Q5LxSUPi0 6/10

寝室

「(そんな…、望んでいたこととはいえ…、まさかホントに現実のものになるとは…今夜私は、シャミ子と…)」

「(だ、だめだ、いろいろシミュレーションしてたのに…、緊張して頭から抜け落ちてしまって…)」ドキドキ

シャミ子「桃?どうしたんですか、そんなベットの隅でうずくまって」

「べ、別にっ、な、なんでもないよおバカっ」

シャミ子「…、ひょっとして、私と寝るの嫌でした?一人で居間で寝たかった、とか」

「!!??ち、違うったら、なんでそうなるかなっ、違うから」

シャミ子「ふーん、それならいいんですけど、まあ、それじゃあ、電気消しますね。桃」

「は、はいっ」

39 : 以下、?... - 2019/10/12 21:45:27.539 Q5LxSUPi0 7/10

パチっ

「……」ドキドキドキドキ

「……」ドキドキドキドキ

「……あ、あのっ、しゃ、シャミ子っ」

「その、まだ起きて…」

シャミ子「すう…すう…」

「え……?」

シャミ子「すう…すう…、むにゃむにゃ…」

「……………え、あの、シャミ子、ねえっ」

シャミ子「んん…、……、ご、ごろごろにゃーちゃん…むにゃむにゃ」

「…………」

43 : 以下、?... - 2019/10/12 21:52:45.290 Q5LxSUPi0 8/10

……

チュンチュン…

シャミ子「昨日は泊めってもらってありがとうございました、桃っ!この借りはまた…、あ、けど、勘違いするなよっ、魔法少女っ!昨日は貴様の寝室やお風呂を侵略し、わが拠点として…って、あれ?」

「………」もも~ん…

シャミ子「どうしたんですか、桃?なんだか不機嫌そうですが…ちょっと闇落ちしてません?」

「別に、なんでもないよ。なんでもないから。それより、雨も止んで、天気も良くなったから、今なら安全に帰れるよ」

シャミ子「そうですね、桃、ホントにありがとうございました、それじゃまた明日学校で」

「…………うん」

………

ミカン「たっだいまー、昨日はこっち方面、台風で雨がひどかったんじゃないの、桃? お土産買ってきたわよ、おいしい柑橘類の…ってあれ?」

「」じたばたじたばた

ミカン「桃?なにソファーでじたばたしてるの?」

「なんでもないっ、なんでもないからっ」

46 : 以下、?... - 2019/10/12 21:59:15.438 Q5LxSUPi0 9/10

吉田家

シャミ子「ただいまです…」

良子「ただいま、おねえ。昨日は雨がひどかったので、桃さんのところに泊まってたんだよね?」

良子「お泊りだなんて楽しそうっ、良も一緒に泊まりたかったっ…、ってあれ?おねえ?なんか落ち込んでる?」

シャミ子「べ、別に…落ち込んでなんかないですよ、良?」

良子「……?、ふーん」

47 : 以下、?... - 2019/10/12 22:00:03.173 Q5LxSUPi0 10/10

シャミ子「………、おのれ魔法少女め。私が勇気を出して一緒に寝ることを提案したというのに…宿敵の相手が無防備な状態で一緒に寝てるというのに…、何もしてこないとは…どうなっているんですか…?」ぶつぶつ

良子「おねえ?今度はちょっと、怒ってる?」

シャミ子「べ、別になんでもないですからっ、良には、まだほんのちょっと早いからっ」

良子「何がっ!?」


おわり

記事をツイートする 記事をはてブする