1 : 以下、名... - 2019/11/19 23:37:48.00 t1qd9MMpO 1/9

「はあ……ちかっぱ会いたか」

最近、関西弁の恋人が出来た。

「会いたか会いたか会いたか」

暇さえあると会いたくなる。

「今、なんしょっとかね……」

連絡してみようか。

「ばってん、昨日おうたばかりやけんし」

でも昨日会ったばかりだし流石にウザいかな。

「うぅ……ちかっぱ寂しいたい」

寂しくて、枕を抱きしめていると、不意に。

~♪

「! 」

スマホが鳴って、飛び起きて、電話に出る。

「も、もしもし……?」
『あ、うちやけど、今へーき?』
「よ、よかよ! 突然何ね?」
『あのな、うちな』
「どげんしたと?」
『ごっつ暇でな、せやからその……』

もしかしたらと、期待に胸が膨らむ。

『今、あんたの家の前におるんやけど……』
「す、すぐ玄関の鍵を開けるけん!」

すぐに鍵を開けて、恋人を部屋に招き入れた。

元スレ
博多弁女「うちは今、幸せやけん」関西弁彼女「もちろんうちも幸せや」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1574174268/

2 : 以下、名... - 2019/11/19 23:39:39.44 t1qd9MMpO 2/9

「あはは~いきなり押しかけてごめんなぁ」
「遠慮せんでよかよか……こ、恋人やけん!」
「うん……ありがとう。おおきにな」

お礼を言われてしまい、照れ臭かったので。

「今、お茶淹れるけん」
「そんな気ぃ使わんでもええって」
「いいからちょっと待っときんしゃい!」

遠慮する恋人にお茶を淹れて部屋に戻ると。

「くんくん……すーはーすーはー」
「ちょっ!? なんしょっと!?」

枕を嗅いでいる恋人を目撃してしまった。

「あ、おかえりぃ」
「おかえりじゃなかとよ! 何しょっと!?」
「えへへ……つい、嗅いでみたくなってなぁ」
「……あんたの考えはようわからんばい」

恥ずかしいなあ、もう。恋人だからいいけど。

「あのな、うちな」
「ん? なんね、改まって」
「あんたの匂いごっつ好っきやねん」

そんなことを言われたら、照れてしまう。

3 : 以下、名... - 2019/11/19 23:40:47.70 t1qd9MMpO 3/9

「……んっ!」
「ん? 急に手なんて広げて、どないしたん?」
「そげん好いとおなら、抱きんしゃい!」

匂いを嗅ぎたければ抱きしめろと言ってみた。

「ええの?」
「……ん。特別たい」
「ほんなら遠慮なく……ぎゅぅーっ」

彼女は私より背が高い。豊かな胸に溺れた。

「っ……ぷぁっ」
「あはは。ごめんな、苦しかった?」
「はあ……はあ……幸せたい」

苦しいけど全然辛くない。死んでも良かった。

「今度はあんたがうちを抱っこして」
「ばってん、うち背が小さいけん……」
「やから、膝立ちになろう思うてな」

と言って、膝立ちになり、両手を広げてくる。

「ぎゅっとして?」
「う、うん……これでよか……?」

ぎゅっとした。恋人の顔を、胸に押し付けた。

「あはは。肋骨がゴリゴリして痛いなぁ」
「よ、余計なお世話たい! ばりムカつく!」

貧乳をからかわれて、私は涙目で抗議した。

4 : 以下、名... - 2019/11/19 23:42:14.71 t1qd9MMpO 4/9

「あはは~ごめんごめん! 許してぇーな」
「絶対許さんばい! もう離しんしゃい!」
「んーもうちょいこのままでいさせてぇーな」

離せと言っても離してくれずに困ってしまう。

「ふぅ~」
「んあっ!? ちょっと! なんばしよっと!?」
「えへへ、息吹いてみた」

お腹に熱い吐息を吹かれて、ジンジンした。

「このままベッドに押し倒してもかまわん?」
「……いいわけなか」
「でも、さっきからうち、膝痛いんやけど?」

ずっと膝立ちのままは可哀想だから仕方なく。

「……だったら、仕方ないたいね」

渋々頷くと、彼女は呆れたように嘆息して。

「あんたの押しの弱さ、ほんま心配になるわ」
「そ、そげんなこと言われても……」

押してきたのはそっちの癖に。独占欲が強い。

「うち以外に押し倒されたらどないするの?」
「ちかっぱい蹴っ飛ばすけん、心配なかとよ」
「ん……そんなら安心やね」

そう答えると、満足げに頭を撫でてくれた。

5 : 以下、名... - 2019/11/19 23:43:03.14 t1qd9MMpO 5/9

「ほんなら、早うベッド行こ?」
「……ん」

再び抱きしめられて、ベッドに倒れ込んだ。

「今日、珍しくスカートやね?」
「……たまたまたい」

少しは女らしく見せる為に、頑張ってみた。

「めっちゃ可愛い」
「……ほんと?」
「ほんまや。お世辞なんて言わへんもん」

どうだか。何か裏がありそうで怖い。

「せやから、ちょっと触ってもかまわん?」
「……だめ」

そらみたことか。やっぱり下心があった。

「ほんなら、約束や」
「約束……?」
「うちはあんたのお尻しか触らへん」

なんだその約束は。そんなの頼んでないのに。

6 : 以下、名... - 2019/11/19 23:44:06.30 t1qd9MMpO 6/9

「あんたはうちのお尻にしか興味なかと……?」

お尻ばかり求められてなんだか悲しくなった。

「ちゃう。あんたのお尻だけに興味あるんや」
「全く違いがわからんばい」
「あんたのお尻は特別っちゅうこっちゃ!」

特別。そう言われると、満更でもなかった。

「ほんとにうちだけ特別……?」
「当たり前や!」
「だったら……触ってもよか」
「よっしゃ! そんなら、遠慮なく……」
「待ちんしゃい」

許可はしたものの、なんだか癪だったので。

「キスが先」
「ほえっ?」
「やけん、まずはキスから……んむっ!?」
「ちゅー」

言い終わらないうちに、口を塞がれた。

「これでもう触ってもええ?」
「は、はひ……もう、好きにしんしゃい」

その言葉通り私は恋人に痩せた身体を委ねた。

7 : 以下、名... - 2019/11/19 23:45:27.93 t1qd9MMpO 7/9

「ほんま良いケツやね」
「んっ……ケツって言いなしゃんな」

鷲掴まれて、撫でられて、頭がおかしくなる。

「うちのも触って?」
「こ、これでよか……?」
「うん。めっちゃきもちーよ」

恐る恐るお尻を触ると、喜ばれた。嬉しい。

「えへへ」
「ん? どげんしたと?」
「なんかうちら、おかしいなぁと思うて」

私達はおかしいのだろう。それでも良かった。

「うちは今、幸せやけん」
「もちろんうちも幸せや」

お互いのお尻を触りながら、唇を啄ばんで。

「んっ……ちかっぱ好き」
「うちもめっちゃ好きぃ」

好きだと言いながら、お尻の穴を弄ってたら。

「はあ……うち、もうヤバイ」
「えっ?」
「実はさっきからめっちゃうんちしたくて」

またか。またなのか。まったく困った恋人だ。

8 : 以下、名... - 2019/11/19 23:46:26.80 t1qd9MMpO 8/9

「だったら早く言わんと!」
「めっちゃ良いムードやったから気が引けて」
「もう! 水臭いたいね。気にしぇんでよか!」

手を引いて、恋人を起こして、肩を貸す。

「うちがトイレまで案内するけん、掴まり」
「せやけど、うちもう限界で」
「てれーっとせんで、しゃきっとせんね!」

喝を入れて、一歩一歩慎重にトイレを目指す。

「うう……もう、無理やぁ」
「あんたならまだ気張れるけん!」
「そんな言われてもどうしようもないやんか」

トイレまであと少し。弱音を吐く恋人に私は。

「漏らすなら漏らしてもよか!」
「ほえっ?」
「恋人のうんちなら、喜んで掃除するけん!」

すると、私の恋人は頬を染めて、微笑んだ。

「めっちゃ嬉しい……ほんまありがとうな」
「感謝せんでよか。うちら……恋人やけん」
「おおきにな。ほんま、おおきに……」

ぶりゅっ!

トイレまであと僅か。結局辿り着けなかった。

ぶりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅりゅぅ~っ!

床に広がる恋人の下痢便の臭気に愉悦を抱く。

「フハッ!」
「うう……嗤わんといてよぉ」
「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

私は嗤う。その方が、お互いに気が楽だから。

9 : 以下、名... - 2019/11/19 23:47:39.53 t1qd9MMpO 9/9

「うう……汚してごめんなぁ。堪忍して……」
「泣かんでよか。ほら、うちも漏らすけん」

ちょろろろろろろろろろろろろろろろろんっ!

泣きじゃくる恋人の目の前で、私も放尿した。

「せっかくのスカートがびしょ濡れやんか……」
「やけん、一緒にお風呂に入ろう」

これでお互い様。お風呂に入る口実も出来た。

「もしかして、それが狙いやったとか?」
「ふん……あんたにだけは言われとうなか」

ニヤリと笑う恋人に同じくニヤリと笑い返す。

「それにしても……」
「なんね?」
「ほんま、胸ないなぁ」
「うっさい! 本当にせからしか女たいね!」

浴室で洗いっこしてたら喧嘩になったけれど。

「そんな可愛いあんたが、うちは好きや」
「うん……うちも愛らしゅうあんたが好き」

お互いに好きと口にし合うと、幸せになれた。


【博多弁放尿女と関西便彼女】


FIN

記事をツイートする 記事をはてブする