1 : 以下、?... - 2019/11/16 20:05:32.480 Hl49kE9Q0 1/156

101子供「あーあ、暇だなー」

101子供「よし、人の家にピンポンダッシュでもするか」

101子供「僕が他人にイタズラするなんて誰も思うまい」

101子供「僕は普段から素行が良いフリをして周りから良い子だという印象を植え付けさせているからね」

101子供「疑いの目を向けられることはまずないだろう」

101子供「歩くのめんどくさいから隣人の部屋にしよ」

元スレ
大家「隣人トラブルメーカーしか入居してこなくて困る」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1573902332/

2 : 以下、?... - 2019/11/16 20:06:16.151 Hl49kE9Q0 2/156

101子供「…」カチッ

ピンポーン

102若者「はーい」

101子供「…」ダッ

101子供「…」ガチャバタンッ

102若者「どちら…」ガチャッ

102若者「…あれ?」

4 : 以下、?... - 2019/11/16 20:06:43.931 Hl49kE9Q0 3/156

102若者「誰もいない…」

102若者「ピンポンダッシュか…やめてくれよ本当に…」

102若者「さっき足音と扉のドアが閉まる音がした…犯人は近くに住んでる…」

102若者「この階に小学生は2人いる…おそらくどちらかの仕業だろう…」

102若者「まあ101号室の子供がやるわけないしな…だいたい犯人は限られてくるだろう…」

102若者「明日苦情入れてくるか…」

5 : 以下、?... - 2019/11/16 20:07:14.029 Hl49kE9Q0 4/156

104父「はあ?うちの子が?」

102若者「聞こえたんですよ!インターホン押された後にダッシュで部屋に戻る音が!」

104母「何かの間違いですって…」

104息子「僕やってないよ…」

102若者「とにかく今後一切こんなことしないでください!いいですね!」

104息子「…」

102若者「まったく謝りもなしかよ…!」バタンッ

104父「…」

104母「…」

6 : 以下、?... - 2019/11/16 20:07:37.281 Hl49kE9Q0 5/156

104息子「やってないのに…グスッ…」

104父「いったい誰なんだ…息子に罪擦り付けやがって…」

104母「101号室の子がそんなことするはずないし…きっと上の子よ、最上階の角部屋の…」

104父「おいおい決めつけるのはよくないんじゃないか?」

104母「このアパートに住んでる小学生って息子含めて3人だけじゃない。他に誰がいるっていうの?」

104父「うーん…」

104母「ちょっと注意してくるわ」

7 : 以下、?... - 2019/11/16 20:08:14.257 Hl49kE9Q0 6/156

ピンポーン

304兄「…はい」

104母「104号室の者ですけど…」

304兄「あー…すみません今母親がいなくて…」

104母「あなたは?」

304兄「ここの長男ですけど」

104母「あなたでいいわ。ちょっと話したいことがあるの」

8 : 以下、?... - 2019/11/16 20:09:07.105 Hl49kE9Q0 7/156

304兄「ピンポンダッシュ?」

104母「隣の隣に住んでる人から苦情が入ったのよ。お前の子がやったんだろって」

104母「うちの子がそんなことするはずもありませんし…お宅の子の仕業ですよね?」

104母「こちらのお子さんのせいで息子がとんだとばっちりを受けましたよ。どうしてくれるんですか…」

304兄「…それいつの話ですか?」

104母「昨日の…今くらいの時間帯って言ってましたね」

304兄「待ってください。昨日の夜、弟は塾に行ってたはずです」

104母「えっ…」

9 : 以下、?... - 2019/11/16 20:09:39.323 Hl49kE9Q0 8/156

304弟「うん、行ってた」

304兄「だそうです」

104母「でもこのアパートにはあんた達くらいしか…」

304兄「何ですか?俺達に無実の罪を着せる気ですか?」

304兄「こっちにはアリバイがあるんですが?え?え?」

104母「じゃ…じゃああんたの仕業じゃ…」

304兄「俺がやるわけないでしょ!」

104母「何よ!証拠でもあるの!?」

304兄「残念でしたその日は部活で遅くまで学校にいましたピンポンダッシュなんてできますぇん」

10 : 以下、?... - 2019/11/16 20:10:27.154 Hl49kE9Q0 9/156

ガミガミ…

104母「どうして過ちを素直に認めないのかしら!?どうせろくに教育も受けてないんでしょ。母子家庭なんて嫌ねえ…」

304兄「母さんが悪いみたいな言い方すんなや!!」

303夫「ちょっとちょっとどうしたんですか…」

304兄「あっ…」

303妻「何やら揉めてるようですが…」

104母「ごめんなさいねえ。お宅の子がピンポンダッシュしたらしくて挙句にその罪をうちの子に擦り付けようとしたんです」

304兄「なっ…!」

303夫「え…?」

304兄「ち…違っ…」

11 : 以下、?... - 2019/11/16 20:10:55.449 Hl49kE9Q0 10/156

104母「反省する素振りも見せなかったもんですからついカッとなってしまって…本当にすみません。ホホホホホ」スタスタ

303夫「…」

303妻「…」

304兄「…ぐっ…」

304弟「兄ちゃん…」

303夫「…何かあったみたいだね…」

303妻「話だけでも聞こうか?」

304兄「…」

12 : 以下、?... - 2019/11/16 20:11:22.072 Hl49kE9Q0 11/156

304兄「…ということがあって…」

303夫「そうか…災難だったな…」

304弟「僕…やってないよ…」

303妻「大丈夫、わかってるわよ」

303夫「寒いしとりあえず中に入るか。今日も夕飯食べに来るか?」

304兄「…はい…」

303妻「今日はカレー作ってあげる!」

304弟「わーい!」

304兄「…ありがとうございます…」

303妻「いいのよ、お母さん今日も帰り遅くなるんでしょ。育ち盛りなんだからちゃんと食べないとダメよ」

13 : 以下、?... - 2019/11/16 20:11:58.765 Hl49kE9Q0 12/156

104父「どうだった?」

104母「どうもこうも全然認める気がないわ」

104父「はぁ…困ったもんだな…」

104母「次ピンポンダッシュされたらまたうちの子が疑われるわよ。どうしたらいいのかしら…」

104父「何としてでもやめさせるしかないな…」

14 : 以下、?... - 2019/11/16 20:12:40.845 Hl49kE9Q0 13/156

303妻「カレーおいしかった?」

304兄「あ、ご馳走様でした」

303夫「じゃあこの前やったゲームの続きでもやるか」

304弟「うん!」

304兄「よし、今日こそ負けないぞ…」

ドタンッ

304兄「…?」

ドタバタ…ギャハハ…

303夫「ああ、ごめんごめん。隣ちょっと騒がしいけど気にせんといてな」

15 : 以下、?... - 2019/11/16 20:13:18.591 Hl49kE9Q0 14/156

302学生「おう、じゃあまた明日なー」

302学生「ふふっ…また友人達と騒ぎすぎちまった…」

302学生「あーダメだ酒飲みすぎた…ん?」

302学生「んあ…あいつカギ忘れてってる…」

302学生「まったく…めんどくせえな…」

302学生「まだ近くにいるはず…」ガチャッ

304親「あ、こんばんは…」

302学生「…」ノソノソ

304親「…」

16 : 以下、?... - 2019/11/16 20:13:48.288 Hl49kE9Q0 15/156

ピンポーン

303夫「あ、お迎えだ」

303妻「はーい」ガチャッ

304親「どうも…うちの子預かってますでしょうか…」

303妻「はい、来てますよ」

304弟「おかえり!」

304兄「おかえり…」

304親「ただいま。今日も遅くなっちゃってごめんね」

17 : 以下、?... - 2019/11/16 20:14:13.671 Hl49kE9Q0 16/156

304親「いつもありがとうございます…」

303妻「大丈夫ですよ、困ったときはお互い様です」

303夫「そちらの家庭の事情も把握してますし。こういうときこそ助け合わないと」

304親「本当に…ありがとうございます…」

304兄「ありがとうございました」

303妻「うん、また来てねー」

18 : 以下、?... - 2019/11/16 20:14:37.789 Hl49kE9Q0 17/156

304親「さ、帰ろうか」

304弟「なにこれー」

304親「ん?部屋のドアに何か貼ってある…」

304兄「…!」

304親「ピンポンダッシュするクソガキの家…」

304親「…何よこれ…」

19 : 以下、?... - 2019/11/16 20:15:35.039 Hl49kE9Q0 18/156

304兄「…という訳なんだ…」

304親「つまりピンポンダッシュの罪を着せられてるってこと?」

304兄「…」

304親「…やってないのよね?」

304弟「やってないよ!」

304親「お母さん信じるからね」

304兄「それで…どうする母さん…」

304親「ほっとけばいいじゃない。こんなのの相手する必要はないわよ」

304親「時間が経てば何事もなくなるわ」

20 : 以下、?... - 2019/11/16 20:16:03.784 Hl49kE9Q0 19/156

ブロロロロロ…キキーッ

201青年「…」

201青年「よいしょ…」カチャン

201青年「うわっ…ヘルメット取るとやっぱり寒いな…」

201青年「早朝だけあってやっぱり冷え込む…早く家に帰ろう…」

201青年「…ん?」

201青年「あぁあぁ誰の自転車だよ…またスペース取る停め方しやがって…」

201青年「ただでさえ狭い駐輪場なのに…これじゃ停められねえよ…」

201青年「仕方ない、邪魔にならない場所に停めておこう…」

21 : 以下、?... - 2019/11/16 20:16:54.213 Hl49kE9Q0 20/156

201青年「ここでいいか…ん?」

201青年「空き缶まで捨ててあるし…こんなとこにポイ捨てすんなよ…」ヒョイッ

201青年「なんだこれ、酒か?」

201青年「…さっき動かした自転車の前カゴにでもいれといてやるか」ポイッ

201青年「迷惑行為した罰だ」

201青年「ふぁーあ…家に行こう…」

201青年「夜勤も楽じゃねえな…早く寝よ…」

22 : 以下、?... - 2019/11/16 20:17:33.395 Hl49kE9Q0 21/156

201青年「…」スタスタ

201青年「…」

204ヒモ「君とずっとそばにいたいんだ…」

204彼女「私もあなたと離れるなんて嫌よ…!」

204ヒモ「大好き!」ヒシッ

204彼女「私も!」チュ

201青年「…」イラ

23 : 以下、?... - 2019/11/16 20:17:58.227 Hl49kE9Q0 22/156

201青年「おえ…」ガチャッ

201青年「朝から何てもん見せてくるんだ…」バタンッ

204彼女「じゃあ行ってくるから留守番よろしく」

204ヒモ「おう」

204彼女「あーもうこの自転車邪魔だな…」

204彼女「昼飯は適当にチンして食べといてね」

204ヒモ「ふぁー…まだ5時だってのに相変わらず早いなー…」

204ヒモ「働いてる奴って大変だな…もう1回寝よ…」

24 : 以下、?... - 2019/11/16 20:18:23.656 Hl49kE9Q0 23/156

201青年「…」スヤァ

ピンポーン

201青年「…ん…」

ピンポーン

201青年「…8時か…」

201青年「…あぁ…誰だよ…」

201青年「寒っ…居留守使おう…」

ピンポーン

201青年「…」

ピンポーン

201青年「眠れねえ!誰だよ!!」ガバッ

25 : 以下、?... - 2019/11/16 20:19:05.206 Hl49kE9Q0 24/156

201青年「誰ですか…!」ガチャッ

103老爺「下の者ですけど」

201青年「あぁ…何か用ですか…」

103老婆「毎朝毎朝あなたのバイクの音がうるさくて目が覚めてしまうんですけど…何とかなりません?」

201青年「…それ本当に俺のバイクからの音ですか…?」

103老婆「このアパートでバイク持ってる人物あんたしかいないじゃない…!」

26 : 以下、?... - 2019/11/16 20:19:45.143 Hl49kE9Q0 25/156

201青年「そんなこと言われましても…今まで他の方からそんなこと言われたこともありませんし…」

103老婆「こちとら駐輪場から1番近い場所に住んでて私達の部屋だけむごいほど音が響くんですよ」

103老爺「とても迷惑してるので今後気をつけるように」バタンッ

201青年「…どうしろと…」

201青年「バイク乗っちゃいけないってことか?それはおかしくないか?」

201青年「誰にだってバイク乗る権利くらいあるはずだ…多少の騒音くらい仕方ないだろう…」

201青年「へっきしっ…寒っ…風邪ひくよお…」

201青年「一旦寝よう…難しいことは後々考えればよし…」

27 : 以下、?... - 2019/11/16 20:20:22.574 Hl49kE9Q0 26/156

103老爺「これでぐっすり眠れるといいが…」

103老婆「とりあえずこれでしばらく様子見ましょ」

103老爺「…あの自転車…邪魔すぎないか…」

103老婆「狭いアパートの廊下にこんなものデデンと…」

103老爺「この奥の住人絶対迷惑してるだろ…」

103老婆「まったく最近の若いもんは…」

28 : 以下、?... - 2019/11/16 20:20:57.351 Hl49kE9Q0 27/156

103老爺「あー…この歳になってくると階段降りるのもたるいわい…」

「あ、こんちゃーす」

「ちわーす」

「っす」

103老婆「こんにちは…」

「でよー、レポートまだ終わってなくてマジやべえんよ…」

103老爺「…ここの住人じゃないよなあの人達…」

103老婆「誰かのツレか何かじゃない?」

29 : 以下、?... - 2019/11/16 20:21:29.737 Hl49kE9Q0 28/156

302学生「お前ら来るの早いっての…」

「やることなさすぎて暇なんだよ」

「さっきのさっきまで大学のレポート書き終わってないって言ってたじゃねえかよお前」

「寝言は寝て言え」

302学生「まあとりあえずあがれや…うっぷ…」

「大丈夫かお前」

302学生「二日酔いが酷くて…」

30 : 以下、?... - 2019/11/16 20:22:00.988 Hl49kE9Q0 29/156

103老婆「やっぱり家の中は暖かいわね」

103老爺「さてと、一服一服…」

103老婆「あんたそろそろタバコ控えないと早死にするわよ」

103老爺「ワシはまだまだ死にゃしないよ」ガララッ

103老爺「うわベランダ寒っ…」

103老爺「中で吸っていい?」

103老婆「いいわけないでしょ息の根止めるわよ」

31 : 以下、?... - 2019/11/16 20:22:36.674 Hl49kE9Q0 30/156

103老爺「けっちぃやっちゃな…」スー

103老爺「…」プハー

103老爺「うんめ」

103老爺「この味はいつまで経っても変わんねえな」

103老爺「…」スー

32 : 以下、?... - 2019/11/16 20:23:52.270 Hl49kE9Q0 31/156

202旦那「おい…斜向かいの奴またタバコ吸い出したぞ…」

202嫁「あらやだ、窓閉めないと…」

202旦那「まったく…赤ん坊がいるってのに…」

202嫁「注意してきた方がいいんじゃない?」

202旦那「めんどうなことになったら嫌だしなー…」

202嫁「何言ってるのよ、この子がタバコの煙吸ったらどうすんのよ」

202旦那「そうだな…控えるように言った方がいいかもな…」

202娘「…」スヤァ

202旦那「すぐ戻ってくるからねー。よしよし」

33 : 以下、?... - 2019/11/16 20:24:34.391 Hl49kE9Q0 32/156

ピンポーン

202旦那「すみませーん」

103老婆「はーい」ガチャッ

202旦那「あ、202の者ですけど…」

103老婆「まあ…どうか…」

202旦那「こちらからタバコの匂いがしてくるので控えてもらっていいですか?下から煙が上がってくるんですよ」

103老婆「そうなの…あなたー!ちょっと来てー!」

103老爺「ああ?今吸ってんだろうが」

103老婆「客よ客!あなたに言いたいことがあるんですって!」

202旦那「あっ…あ…」アタフタ

34 : 以下、?... - 2019/11/16 20:25:15.956 Hl49kE9Q0 33/156

103老爺「何かね?」

202旦那「んー…実は私…娘がいましてね…その…タバコの煙吸っちゃうと体に悪いので…控えていただけないかと…」

103老爺「あぁん?」

202旦那「っ…」

103老爺「人様の至福にケチをつけようと。そういうことですかね?え?」

202旦那「そうじゃなくて…娘にタバコの煙吸わせたくないので…どうかご理解…」

103老爺「窓閉めりゃあいいじゃねえか」

202旦那「いや…いちいちこちら側が窓閉めるのもめんどくさいといいますか…」

103老爺「何でこんなクソ寒い日に窓なんか開けてんだよ」

202旦那「換気とか…そういう…えっとですね…」

35 : 以下、?... - 2019/11/16 20:26:02.328 Hl49kE9Q0 34/156

202旦那「…失礼しました…」

103老爺「まったく。余計な時間とらせるんじゃないよ」バタンッ

202旦那「…」

202旦那「けっ…俺の給料がお前らに使われてると思うと泣けてくるぜ」

202旦那「年金生活なんて良いご身分だなバーカバーカ」

103老爺「何か言った?」ガチャッ

202旦那「…何も言ってません」スタスタ

36 : 以下、?... - 2019/11/16 20:27:05.773 Hl49kE9Q0 35/156

202旦那「…」バタンッ

202嫁「どうだった?」

202旦那「ガツンと言ってやったぜ」

202嫁「そう、良かった」

202娘「…」スヤァ

202旦那「可愛いなー」

202嫁「健康的に育ってねー」

37 : 以下、?... - 2019/11/16 20:27:50.688 Hl49kE9Q0 36/156

「うはっそれはやべえな!」

「ギャハハハ!!」

「お前もゲームやろうぜ!」

学生302「う…吐きそう…マジで無理…頭痛い…」

「ほらほら!」

学生302「待て待て待て!やめろって!」

ドタバタ…ギャハハ…

303夫「また始まったよ…」

303妻「じゃあ買い物行ってくるわね」

303夫「おう」

39 : 以下、?... - 2019/11/16 20:28:47.937 Hl49kE9Q0 37/156

ドタバタ…ギャハハ…

202旦那「また騒ぎ出したぞ…」

202嫁「起きまた厄介ね…」

202娘「…」スヤァ

202旦那「起きませんように…」

ドタンッ

202娘「…ん…」

202嫁「!!」

40 : 以下、?... - 2019/11/16 20:29:51.036 Hl49kE9Q0 38/156

202娘「ふえ…」

202旦那「まずい!」

202娘「うわあああああん!!!」

202旦那「はーいよしよし良い子だねー」

202旦那「ねんねころりよころんりよー」

202娘「うわあああああん!!!」

202嫁「ああもう代わって!子守唄下手すぎ!」

41 : 以下、?... - 2019/11/16 20:30:30.576 Hl49kE9Q0 39/156

201青年「…」スヤァ

201青年「…ん…隣から鳴き声が…」

201青年「あぁ…今度は何だよ…勘弁してくれ…」

ウワァァァ…

203浪人「…」

203浪人「ああ…勉強に集中できねえ…」

203浪人「こんな狭いアパートで…いい加減にしてくれよ…」

42 : 以下、?... - 2019/11/16 20:31:20.902 Hl49kE9Q0 40/156

202嫁「はーいねんねしなー」

ドタバタ…ギャハハ…

202娘「うわあああああん!!!」

202旦那「物音で起きちゃったんだからまず上からの騒音何とかしないと寝るに寝れないだろ」

202嫁「それもそうね」

202旦那「何か長い棒ない?」

202嫁「ホウキならあるけど…」

202旦那「それでいい」

43 : 以下、?... - 2019/11/16 20:32:07.155 Hl49kE9Q0 41/156

ゴンゴンッ

「それで言ってやったんよ!目玉焼きにめんつゆかける奴に言われたくないってな!」

「マジウケるー!」

302学生「…」

ゴンゴンッ

ドタバタ…ギャハハ…

202旦那「ダメだ…聞く耳持たねえ…」

202娘「うわあああああん!!!」

44 : 以下、?... - 2019/11/16 20:33:01.547 Hl49kE9Q0 42/156

201青年「頼むから寝させてくれ!」ドンッ

203浪人「また落ちたらこの家のせいだからな!」ドンドンッ

202嫁「ひえぇ…壁ドンされてる…」

202旦那「誰か助けて…」

202娘「うわあああああん!!!」

202嫁「はいはいよしよし…」

ドタバタ…ギャハハ…

202旦那「頼むから騒ぐな!」ゴンゴンッ

45 : 以下、?... - 2019/11/16 20:33:55.820 Hl49kE9Q0 43/156

ピンポーン

204ヒモ「あ、もうそんな時間か…」

304弟「おじさーん!」

204ヒモ「はいはい…」ガチャッ

101子供「こんにちはー」

204ヒモ「おう、よく来たな」

304弟「一緒にドッヂボールしよ!」

204ヒモ「よしっ今日も本気出すからな!」

204ヒモ「…あれ?あの子は?今日は一緒じゃないの?」

304弟「えー?あんなの誘わなくていいじゃん」

46 : 以下、?... - 2019/11/16 20:35:14.157 Hl49kE9Q0 44/156

204ヒモ「な…何かあった…?」

304弟「別に?早く行こうよ」

204ヒモ「いやいや、あの子も誘おうや…」

101子供「そうだよ。皆で遊んだ方が楽しいよ」

101子供「仲間はずれにするなんてよくないと思うよ」

204ヒモ「お前やっぱり良い奴だな」

101子供「えへへー!」

47 : 以下、?... - 2019/11/16 20:36:21.897 Hl49kE9Q0 45/156

ピンポーン

104息子「…はい」

204ヒモ「よう!一緒にドッヂやろうぜ!」

104息子「…」

104息子「ごめん…ママがこいつと遊ぶなって…」

304弟「…」

204ヒモ「え」

48 : 以下、?... - 2019/11/16 20:37:12.427 Hl49kE9Q0 46/156

204ヒモ「んんーん?何で…?」

104息子「…」バタンッ

204ヒモ「ちょ…」

304弟「もうほっとこうや。3人でドッヂボールしようぜ」

204ヒモ「…」

49 : 以下、?... - 2019/11/16 20:37:54.874 Hl49kE9Q0 47/156

102若者「昼飯の分…作りすぎちゃったかな…」

102若者「隣におすそ分けするか…」ガチャッ

204ヒモ「あ、こんにちは」

102若者「こんにちはー」

304弟(あっ…あいつにピンポンダッシュされた人…)

101子供「仕方ない、3人で遊ぼう」

204ヒモ「そうだな」

50 : 以下、?... - 2019/11/16 20:38:51.404 Hl49kE9Q0 48/156

102若者「小さい子は無邪気で良いなあ…」

ピンポーン

103老婆「あら、また誰か来たわ」

103老爺「しつこいな…どうせさっきの奴が奥さんか何か連れてきたんだろ」

103老婆「ほっとけほっとけ」

102若者「…」

52 : 以下、?... - 2019/11/16 20:40:05.368 Hl49kE9Q0 49/156

102若者「…」

ピンポーン

102若者「…不在か…」

102若者「置き手紙だけ書いておこう…」

102若者「隣の102です…カレー作りすぎたんでよければどうぞ…」カキカキ

102若者「これでよし、鍋ごと袋に入れてドアノブにかけておこう」

54 : 以下、?... - 2019/11/16 20:41:10.027 Hl49kE9Q0 50/156

102若者「俺も用事あるし出かけよう…」ガチャッ

102若者「はー…雲行きが怪しいな…傘持っていった方がいいかな…」

102若者「折り畳み傘あるしまあいいか」

303妻「…」

102若者「…ん?どうしました?」

303妻「見てくださいこれ…」

102若者「空き缶?」

303妻「私の自転車のカゴに入ってて…」

55 : 以下、?... - 2019/11/16 20:42:00.414 Hl49kE9Q0 51/156

102若者「あー…そりゃひどいですねー…」

102若者(すげえ迷惑な駐輪してるなって前々から思ってたけどこの自転車この人のかよ…)

102若者(一見優しそうだなと思ってたけど案外他の人の迷惑考えられない人なのか…人って見かけによるもんじゃねえな…)

102若者「誰がそんなひどいことしたんでしょうかねー…」

303妻「だいたい予想はついてるわ…」

102若者「え?」

303妻「ちょっと行ってくる…」

102若者「…?」

56 : 以下、?... - 2019/11/16 20:43:04.713 Hl49kE9Q0 52/156

102若者「こんな迷惑な駐輪してたらゴミ捨てられても文句言えねえよな…」ガンッ

102若者「痛っ!」

304弟「ごめなさーい!ボール取ってー!」

102若者「気をつけろ!!」ブォンッ

204ヒモ「さーせーん」

102若者「やべっ時間だ、急がないと…」

57 : 以下、?... - 2019/11/16 20:44:01.882 Hl49kE9Q0 53/156

ピンポーン

「んあ?誰か来たぞ」

302学生「ほあぁ…?」

ピンポーン

302学生「まったく誰だよ…」ガチャッ

303妻「隣の303の者ですけど」

302学生「ああ…すみません…友達が騒ぎすぎちゃって…」

303妻「そうじゃなくて!これ!」

58 : 以下、?... - 2019/11/16 20:44:51.747 Hl49kE9Q0 54/156

202娘「うわあああああん!!!」

202旦那「…ん?おさまった…?」

202嫁「みたいね…」

303妻「見覚えあるわよね?」

302学生「酒の缶ですね…」

303妻「私の自転車の前カゴに捨ててあったんだけどどういうこと?」

302学生「え…?」

60 : 以下、?... - 2019/11/16 20:46:00.964 Hl49kE9Q0 55/156

303妻「こんなの飲んでるのあんたぐらいよね」

303妻「少なくとも昨日の夕方まではこんなものなかったはずよ」

302学生「いや…昨日は…飲んでませんよ…うっぷ…」

303妻「あら?具合悪そうね?どうしてかしら?」

302学生「…ご…ごめんなさい…それ昨日飲んでました…それで…駐輪場にポイ捨てしてました…」

302学生「でも…自転車の前カゴになんか…捨てて…な…おえっ…」

63 : 以下、?... - 2019/11/16 20:47:11.547 Hl49kE9Q0 56/156

303妻「…」

302学生「ほんとですって!」

303妻「じゃあなんでこの空き缶が私の自転車のカゴに入ってたのよ!」

302学生「知りませんよそんなの…!」

202娘「…」スヤァ

202嫁「眠ったわ…」

202旦那「良かった…」

201青年「お?静まった…?」

203浪人「これで集中できる…」

64 : 以下、?... - 2019/11/16 20:48:45.101 Hl49kE9Q0 57/156

302学生(空き缶押し付けられちゃった…)

302学生(ポイ捨てした事実に変わりはない…ちゃんと捨てよう…)

「じゃあそろそろ帰るわ」

302学生「え?もう帰るの?」

「体調悪いのにお邪魔して悪かったな」

302学生「ああ…途中まで送ってくよ…」

65 : 以下、?... - 2019/11/16 20:49:26.532 Hl49kE9Q0 58/156

「じゃあこの辺で」

302学生「おう、またな」

「…なあ、ずっと言おうか迷ってたんだけどさ…」

「お前ん家臭くね?」

302学生「は…?」

「いや…気を悪くすると思って黙ってたけど…毎回お前ん家来ると生ゴミみたいな匂いするんだよ…」

67 : 以下、?... - 2019/11/16 20:50:18.148 Hl49kE9Q0 59/156

302学生「…」スタスタ

302学生「…ゴミの匂い…?」

302学生「うーん…」

204弟「あ!おじさん!」

302学生「え?お、おじ…?」

204弟「その空き缶いらないなら僕にちょうだい!」

302学生「え?ああ…」

302学生(何となく持ってきちゃったこれ…)

68 : 以下、?... - 2019/11/16 20:51:05.205 Hl49kE9Q0 60/156

302学生「まあ…欲しいならどうぞ」

304弟「わーい!」

101子供「ありがとう!」

204ヒモ「よーしこれで缶蹴りできるぞー!」

キャッキャッ

302学生(おじさんって…あいつとさほど年齢変わらねえじゃねえかよ…)

304弟「じゃあおじさん鬼ね!」

204ヒモ「よし!」

302学生(あいつもおじさんって呼ばれてんのか)

69 : 以下、?... - 2019/11/16 20:51:47.585 Hl49kE9Q0 61/156

302学生「…」ガチャッ

302学生「…たしかにほんのり臭いかも…」

302学生「鼻が慣れてて気づかなかったけど…何が原因なんだ?」

302学生「別に腐るようなものとか置いてないはず…」

302学生「…」ガララッ

302学生「ベランダ…じゃなさそうだな」

302学生「うーん…ちょっとタバコの匂いがするな…下の奴が吸ってんのか…」

302学生「この匂いとはちょっと違う気がするな…タバコは関係ないか…」ガララピシャン

70 : 以下、?... - 2019/11/16 20:52:33.150 Hl49kE9Q0 62/156

202嫁「あんた今朝ガツンと言ってきたって言ってたじゃない!」

202旦那「あー…うん…」

202嫁「何でまたタバコ吸ってんのよあの人!」

202旦那「おっかしいなー…」

202嫁「もういい!私が行ってくる!」

202旦那「待て!お前が行くとややこしいことになりかねん!俺も行く!」

72 : 以下、?... - 2019/11/16 20:53:21.539 Hl49kE9Q0 63/156

老爺「…」プハー

老爺「元気じゃのお近頃の小童は…」スー

204ヒモ「見っけ!」

101子供「うわっ見つかった!」

304子供「しゃあああ貰った!」カンッ

204ヒモ「しまった!」

パリーン

204ヒモ「あっ…」

73 : 以下、?... - 2019/11/16 20:54:25.093 Hl49kE9Q0 64/156

204ヒモ「やべ…今バイクに当たらなかった…?」

101子供「誰のバイクだろうこれ…」

304子供「ミラー…ヒビ入ってない?」

204ヒモ「ああ…やっちまった…」

101子供「…ごめんなさい…僕のせいで…」ウルッ

204ヒモ「!」

75 : 以下、?... - 2019/11/16 20:55:40.839 Hl49kE9Q0 65/156

101子供「わざとじゃ…グスッ…」

204ヒモ「き、気にすんな、大丈夫だ。もしバレたら俺が責任取ってやるから」

101子供「ほ…本当に…?」

304弟「え?バレたら?」

204ヒモ「いいか、これは男同士の秘密だぞ。誰にもミラー壊したこと言うなよ」

304弟「あ…うん…」

76 : 以下、?... - 2019/11/16 20:56:45.657 Hl49kE9Q0 66/156

101子供「おじさん…ありがとう…」ヒシッ

204ヒモ「良いってことよ。お前を泣かせるわけにはいかないからな」

101子供「…」ニヤ…

ポツポツ…

304弟「あ、雨降ってきた…」

204ヒモ「いけねっ今日はもう皆家に帰ろう。またな」

304弟「またねおじさん」

101子供「またねー」

78 : 以下、?... - 2019/11/16 20:57:46.918 Hl49kE9Q0 67/156

202嫁「…なにこれ」

202旦那「ドアに何かかかってんな」

202嫁「誰かのおすそわけかしら」

202旦那「あんな老人にカレーなんてもったいねえと思わねえか。持って帰ろうぜ」

202嫁「待って。良いこと思いついたわ」

202旦那「?」

202嫁「しばらくタバコ吸えなくなるようにこのカレーに細工しましょ」

80 : 以下、?... - 2019/11/16 20:58:52.977 Hl49kE9Q0 68/156

202旦那「持ってきたぞ。粉唐辛子」

202嫁「サンキュ」

202旦那「なあ…やっぱりやめといた方が…」

202嫁「ああいう人は何度注意しても絶対直らないわ。ならば強制的にやめさせるまでよ…」パサパサパサ…

202嫁「これくらいでいいかな」

202旦那「よし、戻るぞ」

82 : 以下、?... - 2019/11/16 20:59:46.299 Hl49kE9Q0 69/156

302学生「匂いの原因となりそうなものどこにもないな…」ガサゴソ

302学生「…やっぱり外からか?」ガララッ

302学生「またベランダに来てみたけどやっぱり匂いの元となりそうなものはないな…」

302学生「…」チラッ

302学生「あのババアの部屋…からじゃないな」

302学生「となるとこっちからか…?」スタスタ

302学生「…」チラッ

302学生「うわ臭っ!」バッ

83 : 以下、?... - 2019/11/16 21:00:35.349 Hl49kE9Q0 70/156

302学生「何あのゴミ屋敷…」

302学生「匂いの正体あれだったのか…原因がわかってひとまず安心した…」ガララピシャン

302学生「いくらなんでもあれはひどい…文句言ってやる…」スタスタ

302学生「ここまで匂いが漂うってそうとうなもんやぞ…」ガチャッ

302学生「…そういえば隣って誰が住んでるんだ?」

302学生「引越してきたときに挨拶された覚えもないし…今思えば顔すらみたことないな…」

84 : 以下、?... - 2019/11/16 21:01:22.575 Hl49kE9Q0 71/156

301無職「来月中には必ず家賃払いますので…はい…すみません…」

ピッ

301無職「ついに管理会社からも電話が…家賃滞納しすぎたか…」

301無職「最近親が仕送り減らしたせいで満足に食事もできねえ…」

301無職「まあほとんどゲームの課金に使ってる俺が悪いんだろうけど…」

301無職「管理会社から連絡来るってことはかなりまずいぞ…アパート追い出されるのだけは避けないと…」

301無職「1度ハマってしまった悪循環…今更働くなんて無茶言うよな…」

ピンポーン

301無職「お?誰だ…?」

85 : 以下、?... - 2019/11/16 21:02:33.688 Hl49kE9Q0 72/156

301無職「俺に客…?こんな時間に宅配指定した覚えないし…」ガチャッ

302学生「…あ、隣の302です」

302学生(臭っ!)

301無職「…何ですか?」

302学生「あの…そちらの部屋から異臭がするんですけど…」

301無職「ああ?どこが臭いって言うんだよ」

302学生「あの…奥に群がってるゴミ袋じゃないですか…?」

86 : 以下、?... - 2019/11/16 21:03:20.328 Hl49kE9Q0 73/156

302学生(こいつもなかなかの体臭だぞ…)

302学生(まともに風呂入ってないだろ…おえっ…)

301無職「ああ、そっすか。じゃ」ギィ

302学生「待て待て待て!!」ガシッ

301無職「何ですかやめてくださいよ」

302学生「まだ話終わってねえから!そのゴミの山どうにかしてくれ!」

301無職「今更どうにかできる量じゃねえだろうが見てわからんのか」

302学生「どうにかできる前に何もしなかったのあんただろ!」

87 : 以下、?... - 2019/11/16 21:04:22.306 Hl49kE9Q0 74/156

301無職「まぶしい…」

301無職「はぁ…家から出るの何ヶ月ぶりだ…?」

301無職「見せしめにひとつだけゴミ出しに外に来てみたけど…ゴミの日なんて全然知らねーし…」

301無職「まあゴミ捨て場に置いておけばそのうち回収しに来るだろう…」ドサッ

301無職「あーあ…外にいるだけでストレス感じる…」

88 : 以下、?... - 2019/11/16 21:05:03.421 Hl49kE9Q0 75/156

102若者「やっべえ…やっちまった…」

102若者「これ大家にバレたら間違いなく追い出されるよな…どうしよう…」

301無職「…」

102若者「おわあああ!!」

301無職「うわあああ!!」

102若者「あーびっくりした…」

301無職「こっちのセリフですよ…」

89 : 以下、?... - 2019/11/16 21:05:52.043 Hl49kE9Q0 76/156

102若者「何ですか…あなた誰ですか…」

301無職「いやここの住人だよ失礼だな」

102若者「こんな奴いたっけ…」

301無職「そっちこそこんなとこで何してんですか」

102若者「今から家に帰るところですよ。まったく…」スタスタ

ニャー

301無職「ん?」

102若者「!!」

90 : 以下、?... - 2019/11/16 21:06:45.491 Hl49kE9Q0 77/156

301無職「え?今のって…」

102若者「…にゃーっはっは…」

301無職「…」

102若者「はー…はは…」

102若者「…」ダッ

301無職「ちょい待て!」ガシッ

102若者「なんだよ放せよ!」

301無職「そのリュックの中身見せろ!」バッ

102若者「ああっ!」

91 : 以下、?... - 2019/11/16 21:08:18.346 Hl49kE9Q0 78/156

ニャー

102若者「…」

301無職「…この猫はどういう…?」

102若者「…ぬいぐるみ」

301無職「嘘つけ」

102若者「だって仕方ないじゃん!雨の中ダンボールで1匹プルプルプルプル凍えてたんだよ!」

301無職「いやこのアパートペット禁止…」

102若者「頼む!大家には黙っておいてくれ!」

301無職「…ふん、いいだろう」

102若者「本当か!?」

301無職「ただし条件がある」

92 : 以下、?... - 2019/11/16 21:09:20.453 Hl49kE9Q0 79/156

301無職「口止め料払え」

102若者「えっ…」

301無職「タダで黙ってる訳ねえだろうがよ」

102若者「…」

301無職「いいんだぞ?無理して払わなくても。チクっちゃうだけだしー」

102若者「わ、わかった!払うから!いくらだ!」

301無職「今日は…そうだな…」

102若者「今日は!?」

301無職「なに言ってんだ、お前にはこれからも払ってもらうぞ」

93 : 以下、?... - 2019/11/16 21:10:16.497 Hl49kE9Q0 80/156

301無職「俺金なくてさー家賃払えねえんだわー」

301無職「という訳でお前には毎月家賃5000円俺に納めてもらう」

102若者「…5000円ぽっち…?」

301無職「俺の部屋だけなぜか知らないけど特別に家賃安いんだよねー」

301無職「俺が家賃安い所に住んでて良かったな。感謝しろよ?」

301無職「今手元に樋口あるならここで渡してもらってもいいが」

102若者「くっ…俺の少ないバイト代が…!」

301無職「お前も職に就いてねえのかよ」

94 : 以下、?... - 2019/11/16 21:11:10.204 Hl49kE9Q0 81/156

204彼女「雨だあああああ!!」タタタタタ

102若者「やべっ誰か来た!」

301無職「早く隠せ早く隠せ!」

204彼女「はぁ…はぁ…なんとかアパートについた…」

204彼女「うわー…びしょびしょやんけ…」

204彼女「へっきしっ…ズズー…早く家に行こう…」スタスタ

204彼女「ちゃんと傘持ってくるべきだった…」コツッ

204彼女「危っ!!」ヨロ…

ガシャァァァン…

204彼女「痛っ…!」

95 : 以下、?... - 2019/11/16 21:11:57.370 Hl49kE9Q0 82/156

204ヒモ「おかえり…あれ?どうしたのその傷」

204彼女「通路の自転車につまずいた…」

204ヒモ「え!?」

204彼女「痛…」

204ヒモ「とりあえず応急手当てしとこう」

204彼女「あの自転車何とかならないの?すっごい邪魔なんだけど」

204ヒモ「後で苦情言いに行こうか」

97 : 以下、?... - 2019/11/16 21:12:54.724 Hl49kE9Q0 83/156

ピンポーン

203浪人「はい」ガチャッ

204ヒモ「あの隣の204ですけど」

203浪人「…何か?」

204彼女「通路の自転車邪魔なのでどけてくれませんかね。さっきつまずいてケガしたんですけど」

203浪人「避けて通ればいいじゃないですか…ちょっと擦っただけじゃん…大袈裟に絆創膏なんか貼っちゃって…」

98 : 以下、?... - 2019/11/16 21:13:38.519 Hl49kE9Q0 84/156

204彼女「通りにくいんですよ!この廊下はあなただけのものじゃないんですよ!?」

204ヒモ「何で駐輪場に止めないんですか!」

203浪人「あのねえ駐輪場に止められたらわざわざ2階まで自転車運びませんから!」

204彼女「それはどういう…」

203浪人「駐輪場に停めるスペースがないんですよ!」

204彼女「だ…だからってこんなとこに停めたら邪魔でしょ」

203浪人「じゃあどうしろって言うんですか…」

204彼女「家の中にいれなさいよ」

203浪人「いれたくないですよこんなタイヤに泥がついた自転車なんて!」

204ヒモ「じゃあもう捨てろよ」

203浪人「予備校行くときに使いますから!!」

99 : 以下、?... - 2019/11/16 21:14:47.657 Hl49kE9Q0 85/156

204ヒモ「もう手の施しようがない…」バタンッ

204彼女「はぁ…ダメね…何を言っても無駄かしら…」

204ヒモ「こんなの納得いかねえ…ベランダにこれでも投げつけてやろうかあの野郎…」

204彼女「あれ?あんた酒なんて飲んでたっけ?」

204ヒモ「昼間子供と缶蹴りしてて、そんときのやつ」

204彼女「ああそう…」

100 : 以下、?... - 2019/11/16 21:15:43.600 Hl49kE9Q0 86/156

103老爺「あっ…身を乗り出してタバコ吸ってたら雨で火消えちゃった…」

204ヒモ「…」ガララッ

204ヒモ「このやろっ」ポイッ

カン…コロコロ…ポトッ

204ヒモ「あっ落ちちゃった…」

103老爺「1本無駄にしちゃったよ…」コツッ

103老爺「痛っ!!」

204ヒモ「!!」

101 : 以下、?... - 2019/11/16 21:16:34.747 Hl49kE9Q0 87/156

103老爺「誰だ!」バッ

204ヒモ「やべっ…」サッ

303妻「雨で濡れちゃう前に布団取り込まないと…」

103老爺「お前か!おいテメェ!!」

303妻「え?」

103老爺「空き缶落としたのお前か!?ええ!?」

303妻「え?え?」

103老爺「待ってろ!すぐそっち行くからな!」

102 : 以下、?... - 2019/11/16 21:17:26.057 Hl49kE9Q0 88/156

103老爺「上からゴミ落とすなんて!」ガチャッ

103老婆「タバコなんて吸ってるからよ」

103老爺「けしからん!まったく!」バタンッ

303妻「あなた…どうしましょ…」

303夫「どうした?」

303妻「なぜか下の階の人に怒鳴られて…今からこっち来るって…」

303夫「え!?」

103 : 以下、?... - 2019/11/16 21:18:20.625 Hl49kE9Q0 89/156

103老爺「やーい出てこいこの野郎!」ドンドン

ピンポーンピンポーン

303妻「ひえぇ…」

303夫「怖っ…」

103老爺「調子こいてんじゃねえぞワレェ!」

304兄「ちょっと何やってんですか!」

104 : 以下、?... - 2019/11/16 21:19:21.752 Hl49kE9Q0 90/156

304弟「兄ちゃん?」

304兄「お前は来るな!」

304弟「借金取り?」

304兄「どこで覚えたんだそんな言葉…」

103老爺「この部屋の住人がベランダからゴミ落としやがったんだよ!オラよく見ろこれ!」

304弟「ハンプティダンプティみたいな頭ですね」

103老爺「そこじゃねえよ!ここにたんこぶあるだろたんこぶ!!俺の頭にあたったんだよ!」

304兄「いや…この部屋の人はそんなことするような人じゃありません」

304兄「こちらの住人はとても良い人なんです!ゴミなんか落としたりするはずありませんよ!」

105 : 以下、?... - 2019/11/16 21:20:31.210 Hl49kE9Q0 91/156

103老爺「現に上から物落とされてんだよ!」

103老爺「上を見上げたらこの部屋の人間がベランダにいたんだ!他に考えられねえ!」

304兄「…俺がやりました…」

304弟「兄ちゃん?」

304兄「その缶…落としたの俺です…この部屋の住人は全く関係ありません…」

103老爺「え…?」

106 : 以下、?... - 2019/11/16 21:21:11.876 Hl49kE9Q0 92/156

103老爺「ああそう…ならいいけどよ…」

304兄「すみませんでした…」

103老爺「次からするんじゃねえぞ」スタスタ

304兄「はい…」

103老爺「…」スタスタ

103老爺「あの夫婦と子供達の関係はよく知っておる…」

103老爺「ワシ相手に恩人を庇うなんてかっこいい兄貴じゃねえか」

103老爺「大目に見といてやるか…」

107 : 以下、?... - 2019/11/16 21:22:00.953 Hl49kE9Q0 93/156

103老婆「おかえり。気は済んだ?」

103老爺「ああ…」

103老婆「あら、何それ」

103老爺「ドアノブにかかってた」

103老婆「隣の102です…カレー作りすぎたんでよければどうぞ…ですって」

103老爺「おすそわけだな」

103老婆「まあ、助かるわねえ。早速食べましょ」

108 : 以下、?... - 2019/11/16 21:23:06.606 Hl49kE9Q0 94/156

201青年「そろそろ仕事行かなくちゃ…」ガチャッ

201青年「ああ…すげー雨降ってる…」

201青年「ふぁーあ…結局全然寝れなかったな…」スタスタ

201青年「…」

201青年「はぁ…また非常識な自転車の停め方してるし…」

201青年「これじゃあ自転車停めたくても停められない人とかいるだろうに…どこの誰だか知らねえけどやめてくれないかな…」

201青年「…そもそも自転車多すぎないか…?このアパートで自転車持ってる人なんて数人くらいしか…ん?」

201青年「なにこれ…ミラー割れてる…」

110 : 以下、?... - 2019/11/16 21:24:04.384 Hl49kE9Q0 95/156

ピンポーン

204彼女「あら誰かしらこんな時間に」ガチャッ

201青年「すみません201の者ですけど…あの…もう一方の方呼んで頂けますか…」

204彼女「ねー何か呼んでるわよー」

204ヒモ「誰だよ風呂入ろうとしてたのに…」

201青年「…」

204ヒモ「!!」

111 : 以下、?... - 2019/11/16 21:25:12.820 Hl49kE9Q0 96/156

201青年「バイクのミラーが割れてたんですけど…昼間子供達と遊んでましたよね…!」

204ヒモ「ああ…すぁっせん…」

201青年「何てことしてくれたんですか!」

204ヒモ「いや…でも…ちゃんと駐輪場に停めてないのも悪いっていうか…」

201青年「いやいやいやおかしいおかしいおかしい」

204彼女「何?あんた人様の車両に傷つけたの?」

204ヒモ「まあ…つけたみたいな感じだな…」

201青年「つけたよ!!」

112 : 以下、?... - 2019/11/16 21:26:25.883 Hl49kE9Q0 97/156

204ヒモ「子供の遊び場が他になくて…やむを得ないというか…」

201青年「もう二度とこのようなことがないように!頼みますよ!」

204ヒモ「すみませんでした…」

201青年「まったく…」コツッ

201青年「おわっ!!」ヨロ…

ガシャァァァン

201青年「痛っ…!」

201青年「こんなとこに自転車置いてんじゃねえよ…!」スタスタ

202旦那「…」ガチャッ

201青年「痛っ!!」ガンッ

202旦那「あっ…すみません…」

201青年「痛えな!気をつけろ!」

204ヒモ「…」

114 : 以下、?... - 2019/11/16 21:28:05.604 Hl49kE9Q0 98/156

201青年「いてて…」

201青年「まったく…どうなってんだこのアパートはよお…」

201青年「出勤前にイライラさせてくれるな…」

201青年「バイクの鍵バイクの鍵…」

ビャァァァァァ…

201青年「ん?アパートから断末魔が…」

115 : 以下、?... - 2019/11/16 21:28:55.641 Hl49kE9Q0 99/156

103老爺「大丈夫か!おい!大丈夫か!!」

103老婆「あああああ!!」

103老爺「まさか…」ペロッ

103老爺「うおえっ…辛っ…なにこれ…」

103老婆「水あああああ!!死ぬあああああ!!!」

103老爺「しっかりしてくれ!おい!!」

117 : 以下、?... - 2019/11/16 21:29:51.879 Hl49kE9Q0 100/156

103老婆「死ぬかと思った…」

103老爺「何このカレー…いくらなんでも辛すぎだろ…」

103老婆「近頃の若いもんでもさすがにこんな辛いの食べないでしょ…」

103老爺「仕込んだか隣人の野郎…」

103老婆「ああ…ヒリヒリする…」

103老爺「子供じみた悪たれみたいなことしやがって…」

103老婆「ちょっとやり返してくる」

103老爺「おいおいやめとけって…」

103老爺「大丈夫大丈夫、過度なやり方はしないわよ」

118 : 以下、?... - 2019/11/16 21:30:45.311 Hl49kE9Q0 101/156

ニャー

102若者「可愛い子だねー、よしよし」

103老婆「…」カチッ

ピンポーン

102若者「あ、ちょっと待っててね。誰か来た」

103老婆「…」ダッ

103老婆「…」ガチャバタンッ

102若者「はーい」ガチャッ

102若者「…あれ…?」

120 : 以下、?... - 2019/11/16 21:31:48.893 Hl49kE9Q0 102/156

102若者「…またかあのクソガキ…」スタスタ

ピンポーン

102若者「出てこいオラァ!」ドンドン

104父「な…何だ何だ…」ガチャッ

104母「何ですかこんな時間に…」

102若者「またピンポンダッシュしたな!!」

104父「はい?」

121 : 以下、?... - 2019/11/16 21:32:40.298 Hl49kE9Q0 103/156

102若者「やめろって言ってるだろうが!日本語わからねえのか!!」

104母「だから私達ずっとここでテレビ見てましたから…」

102若者「嘘つくんじゃねえ!足音とドアを閉める音はっきり聞こえたからな!!」

104父「いいがかりやめてくださいって」

102若者「うちに何の恨みがあるんだよ!」

104父「落ち着いてください…」

104息子「…」

104母「…」

122 : 以下、?... - 2019/11/16 21:33:37.310 Hl49kE9Q0 104/156

102若者「これ以上しつこいと警察と学校に通報するからな!」バタンッ

104母「…」

104息子「…うえーん…」

104父「泣くな、お前は悪くない」

104母「…もう許さない…」

104母「これ以上うちの子に罪を擦り付けさせる訳には行かないわ…」ガチャッ

104父「お、おい!」

123 : 以下、?... - 2019/11/16 21:34:25.708 Hl49kE9Q0 105/156

ピンポーン

104母「…」

104母「いない…きっと303号室にお邪魔してるのね…」

104母「毎晩隣人の夕飯たかりに行くなんてとんだ育て方されてるわね…!」カチッ

ピンポーン

303夫「どちら様…?」ガチャッ

104母「ちょっと子供達と話をさせてちょうだい」

303夫「…へ?」

104母「いるんでしょ!早く差し出しなさい!」

124 : 以下、?... - 2019/11/16 21:35:10.888 Hl49kE9Q0 106/156

303夫「ですからずっとここでご飯食べてましたって!」

104母「嘘こくんじゃないわよ!じゃあ誰がやったって言うの!?」

303妻「目を逸らした隙にお宅の子がやったんじゃないんですか!?」

104母「そんな訳ないでしょ!」

304弟「うわーん!」

304兄「もう帰れババア!!」

125 : 以下、?... - 2019/11/16 21:36:05.336 Hl49kE9Q0 107/156

104母「ババアってあんた…!大人に何て口聞くのよ!」ドンッ

304兄「痛っ…何すんだテメェ!」ドンッ

104母「やったわね!」ジタバタ

304兄「やんのかこのっ!」ジタバタ

304弟「うわあああああん!!」

302学生「うるっせえなテメェら!!」ガチャッ

302学生「やめろって!何か知らんがケンカすんな!」ヅカヅカ

104母「何よ!関係のない人はひっこんでてちょうだい!」

302学生「やかましいんだよ!よそでやれやボケェ!!」

126 : 以下、?... - 2019/11/16 21:37:10.847 Hl49kE9Q0 108/156

近隣住民A「ねえ、知ってる?」

近隣住民B「あのアパートの住人、ヤバイ奴しか住んでないそうよ」

近隣住民C「なんでも隣人トラブルが絶えないらしくて住人同士の仲が悪いとか…」

近隣住民D「一部屋一部屋が何かしらの問題を持っててモンスター隣人の宝庫らしいわ…」

近隣住民E「隣人トラブルのサンプルが豊富だとかで…決して良い事じゃないけど…」

近隣住民F「よくばりセットだな…」

近隣住民G「モンスター隣人よくばりセットね…」

───────────────
─────

127 : 以下、?... - 2019/11/16 21:38:17.063 Hl49kE9Q0 109/156

プrrrrrガチャッ

大家「もしもし?」

管理人「あ、どうもどうも」

大家「あのアパートの大家だけど、301号室の住人どう?」

管理人「家賃なら順調に返すようになりましたよ」

大家「本当ですか?」

管理人「5000円…滞納するような額じゃないと思いますけどねえ…」

大家「あんな安い部屋を理由も聞かず選ぶような人よ?よほど生活が苦しいに違いないわ」

管理人「え?もしかしてあの部屋の家賃が安い理由言ってないんですか?」

大家「別に報告義務ないし。余計なこと口走ったらせっかくのカモが逃げちゃうじゃないの」

管理人「えぇ…後々厄介なことになっても知りませんよ…」

129 : 以下、?... - 2019/11/16 21:39:22.113 Hl49kE9Q0 110/156

管理人「話変わりますけど住人から何通かクレーム入ってたましたよ」

大家「あぁ…またですか…」

管理人「獣臭がするとか何とか。誰かが犬とか猫とか持ち込んでるんじゃありません?」

大家「もう嫌…あのアパートから何通クレーム受け取ればいいのよ…」

管理人「そんなにクレーム来てるんですか?ちゃんと運営してくださいよ」

大家「私の問題じゃないわよ!ほとんど住人間のトラブルよ!」

大家「私のアパート周りから何て呼ばれてるか知ってる!?」

管理人「モンスター隣人よくばりセットですか?」クッチャクッチャ

131 : 以下、?... - 2019/11/16 21:40:29.860 Hl49kE9Q0 111/156

大家「何で知ってんのよあんた!」

管理人「口コミに書かれてました」

大家「何よモンスター隣人よくばりセットって!動物園みたいじゃない!」

管理人「長く管理会社に務めてますけどこんな異名を持つアパート聞いたのあなたが初めてですよ。なははは」クッチャクッチャ

大家「笑い事じゃないわよ!」

管理人「地域間の繋がりが薄れるこの時代にこんなに大量のトラブルが起きるなんて珍しいですよ。にぎやかなアパートですね」

大家「嬉しくないわよ!!他人事みたいに!!!」

管理人「大変ですねー」クッチャクッチャ

大家「ていうかあんた何か食ってない!?」

管理人「かき氷うま」

134 : 以下、?... - 2019/11/16 21:42:46.244 Hl49kE9Q0 112/156

304兄「オラァァァァァ!!」ブォンッ

ビチャッ

104母「ちょっと!またあんた達ね!」ガララッ

304兄「鍵穴にボンド仕込みやがって!こんなクソ暑い時期に何てことしやがる!」

304弟「家に入れずに熱中症で倒れそうだったぞ!」

104母「何よ!元はと言えばあんたらのせいじゃない!」

304兄「俺達が何をしたって言うんだ!喰らえ!」ブォンッ

104母「やめないよ!人の家の窓に生卵投げつけていいと思ってんの!?」

135 : 以下、?... - 2019/11/16 21:43:27.756 Hl49kE9Q0 113/156

ギャーギャー

近隣住民H「またやってるよあの人達…」

近隣住民I「半年前からずっとよ…嫌ねえ…」

-----

大家「ペットか…部屋の物傷つけられたら修理費払うはめになるわね…」

大家「それだけは何としてでも避けたいところ…私の老後のためにも…」

136 : 以下、?... - 2019/11/16 21:44:25.400 Hl49kE9Q0 114/156

新聞勧誘「洗剤サービスしますから…」

203浪人「いいですって」

新聞勧誘「お願いしますよお」

203浪人「…あ、隣新聞取ってないっすよ」

新聞勧誘「え?本当ですか?」

203浪人「おん。204号室」

新聞勧誘「ありがとうございますー」

137 : 以下、?... - 2019/11/16 21:45:10.210 Hl49kE9Q0 115/156

203浪人「じゃあ俺勉強しないといけないんで。それじゃ」バタンッ

新聞勧誘「ラッキー。情報ゲット」スタスタ

新聞勧誘「住人を売るってなかなかだな…噂に聞いた通りこのアパートは仲良しの欠片もないのか…」コツッ

新聞勧誘「危っ!!」ヨロ…

ガシャァァァン

新聞勧誘「いって!!」

138 : 以下、?... - 2019/11/16 21:46:01.163 Hl49kE9Q0 116/156

新聞勧誘「ああ…ひどい目にあった…」トテトテ

大家(あら?大丈夫かしらあの人…)チラッ

大家「…」

大家「うーん…獣臭ねえ…」

大家「久しぶりにこのアパートに来たけど…特に目立つような匂いはないわね…」

大家「まずこの部屋からチェックしていこうかしら」ピンポーン

101子供「はーい!」ガチャッ

139 : 以下、?... - 2019/11/16 21:47:09.949 Hl49kE9Q0 117/156

301無職「さーてと、口止め料たかってくるか…ん?」

大家「この辺にペット飼ってる人知らない?」

101子供「知らなーい」

大家「そう。念のためこの部屋確認してってもいい?」

101子供「今お母さんとお父さんいないけど…」

大家「ちょっと見たらすぐ出て行くから」

101子供「わかった。じゃああがって」

大家「お邪魔しますね」バタンッ

301無職「…!!」

140 : 以下、?... - 2019/11/16 21:48:06.881 Hl49kE9Q0 118/156

ピンポーン

102若者「はい」ガチャッ

301無職「俺だ!」

102若者「ああお前か。樋口ならもう用意してあるから…」

301無職「そんな場合じゃないって!大家がアパートに来てるんだよ!」

102若者「は!?」

301無職「誰かが大家か管理会社に連絡したに違いねえ!ペット飼ってる人がいないか嗅ぎ回ってる!」

102若者「な、なんだって!?」

141 : 以下、?... - 2019/11/16 21:48:57.238 Hl49kE9Q0 119/156

301無職「一件一件部屋に上がり込んで調べるつもりだ!」

ニャー

102若者「まずい…早くどこかに隠さないと…」

301無職「急げ!適当な場所でいいから隠せ!」

102若者「適当な場所でいい訳ないだろ!この子の人生かかってんだぞ!」

301無職「時間がないんだよ!早く何とかしないと…」

ピンポーン

301無職「うわあああああ!!」

102若者「ひゃあああああ!!!」

143 : 以下、?... - 2019/11/16 21:50:07.054 Hl49kE9Q0 120/156

301無職「お前その子隠しとけ!俺が対応する!」

102若者「おう!」

大家「すみませーん」ピンポーン

102若者「くっ…」ダッ

301無職「はーい!今出ますから!」ガチャッ

大家「こんにちは…あれ?あんた滞納の人じゃない」

301無職「滞納の人って何!?」

大家「何でこの部屋にいるのよ」

301無職「あっ…いや…」

145 : 以下、?... - 2019/11/16 21:50:50.214 Hl49kE9Q0 121/156

大家「何でもいいわ。この部屋の住人は?」

301無職「あー…今ちょっと取り込んでまして…」

大家「あっそ。じゃああんたでいいわ。この辺にペット飼ってる住人知らない?」

301無職「さあ?知りませんねそんな人物?はっはっは」

大家「ちょっと中見させてもらっていい?」

301無職「ちょちょちょ!」

大家「何よ」

301無職「さっきも言いましたけど今取り込んでるんですよ!」

大家「大丈夫大丈夫ちょっと中見るだけだから」

301無職「待って待って待って!」

146 : 以下、?... - 2019/11/16 21:51:53.447 Hl49kE9Q0 122/156

大家「NHKの集金みたいな扱いしないでくれる?ちょっと見るだけって言ってるじゃない」

301無職「あああ!ここでクイーズ!パンはパンでも食べられないパンはなーんだ!」

大家「キャベツ。入るわよ」

301無職「待って!この靴を使った心理テストをしましょう!」

301無職「あなたはこの靴を見てまず初めにどう思…」

大家「しつこい!」ヅカヅカ

301無職「うわあああやめろーーー!!」

149 : 以下、?... - 2019/11/16 21:53:03.362 Hl49kE9Q0 123/156

102若者「暗いだろうけど我慢してくれ!」バタンッ

ニャア"ア"ア"ッ

102若者「早くカーペット敷かないと…」サーッ

大家「失礼するわよ」スタスタ

301無職「あああああ!!」

102若者「!!」

大家「何よ、何もないじゃない」

150 : 以下、?... - 2019/11/16 21:53:52.735 Hl49kE9Q0 124/156

102若者「どうもどうも大家さん…」

301無職「…」

大家「…何か獣臭するわね…」

102若者「何言ってんすか大家さーん!鼻イカれたんですか!?そんな訳ないじゃないですかあっはっは!」

ャ…

大家「ん?」

102若者「はあああああ!!!」

301無職「うわあああああ!!!」

ニャ…

大家「今の…鳴き声…」

301無職「聞こえなあああああい!!何も聞こえなあああいいいいい!!!」

151 : 以下、?... - 2019/11/16 21:54:34.087 Hl49kE9Q0 125/156

大家「こっちの方かしら」

301無職「させるかあああああ!!」

102若者「ここを通りたければ俺を倒していくんだな!!」

大家「邪魔」ゲシッ

102若者「おうっふっ」

大家「間違いないわね…ここら辺にいる…」

ニャー…

大家「…下…?」

301無職「あああああ!!きっとアパートの下とかに猫とか潜んでるんだ!きっとそうだそうに違いない!」

大家「このカーペットの下って…たしか床下収納があったはず…」ペラッ

102若者「うわあああああやめてくれえええええ!!!」

153 : 以下、?... - 2019/11/16 21:55:32.280 Hl49kE9Q0 126/156

大家「…」ガチャッ

ピョンッ

大家「きゃあ!!」

ニャー!

102若者「うわあああああ!」

大家「こ…この子…」

102若者「幻だ!こ、この子って!?え!!?何のことですかな!?」

301無職「幻覚でも見えてるんですか!?それはいけない!早く病院に行かないと!ささ早く早く!」

大家「いい加減にしなさい!!!」

301無職「ひっ…」

102若者「あわわわわ…」

154 : 以下、?... - 2019/11/16 21:57:00.506 Hl49kE9Q0 127/156

大家「あんたね!アパートにペット持ち込んでる張本人は…!」

102若者「…」

102若者「ふん…バレてしまっては仕方がない…」

102若者「そうだ…ペットを持ち込んだのは俺さ…」

大家「ペット禁止って伝えたわよね!?」

102若者「…」

大家「柱から網戸までボロボロじゃない…!」

大家「どうしてくれるのよ!強制退去よ!出てってちょうだい!」

102若者「ああわかりましたよ言われなくても出ていきますともこんなアパート!!」

102若者「ペットすら飼わせてくれない大家のアパートなんてこっちからお断りだ!!俺は何としてでもこの子と一緒に生きていくらな!!!」

155 : 以下、?... - 2019/11/16 21:57:56.207 Hl49kE9Q0 128/156

301無職「何てことだ…俺の収入源が…」ガチャッ

301無職「家賃払えなくなるんじゃ仕方がねえ…俺も引っ越そうかな…」バタンッ

「…」

301無職「うおお!びっくりした!」

「…」

301無職「え?誰?いつの間に俺の部屋に…てか何で勝手に入ってんの!?」

「…」ヨロ…

301無職「え…ちょ…なに…」

301無職「ちょっ…怖いって…やめろ…!」

301無職「うわあああああ来るなあああああ!!!」

157 : 以下、?... - 2019/11/16 21:58:51.089 Hl49kE9Q0 129/156

104母「生卵の汚れが全然落ちない…!」ゴシゴシ

104父「もうこんなアパート引っ越そうや…」

104母「はあ!?逃げたと思われるじゃない!」

104父「逃げで結構だよ!このままじゃ頭がおかしくなりそうだ!」

104母「で、でも…」

104父「いい加減にしろ!変なプライドなんか捨てろ!」

104父「引越すったら引越す!もうこのアパートとは無縁だ!」

160 : 以下、?... - 2019/11/16 21:59:48.741 Hl49kE9Q0 130/156

警察「署までご同行願いますかね」

304弟「兄ちゃん!!」

304兄「…」

警察「詳しい話は後日伺いますが度重なる嫌がらせにあの住人は重度の精神的ストレスを抱えるまで追い詰められています」

警察「しばらく少年院から出られないことは覚悟しておいてください」

304親「そんな…嘘…」

304兄「…ごめん…母さん…」

警察「行きましょう」

304兄「…」

161 : 以下、?... - 2019/11/16 22:00:28.014 Hl49kE9Q0 131/156

304親「…」

304親「…私のせいよね…」

304親「私が…私がちゃんと育てなかったばかりに…」

304親「…」

304親「あなたも…怒ってるわよね…」

304親「…もう…私も疲れたわ…」

304親「私もあなたの所に行こうかしら…」

164 : 以下、?... - 2019/11/16 22:01:10.038 Hl49kE9Q0 132/156

304弟「…」スヤァ

304親「…あなただけは立派に育ってね…」バタン…

304親「…」

304親「…」ガララッ

304親「…」スタスタ

304親「…」

ヒュォォォォォ…

304親「…」

304親「…」スッ

………
……


バタッ

165 : 以下、?... - 2019/11/16 22:01:55.753 Hl49kE9Q0 133/156

101子供「そっか…親戚に引き取られることになったんだ…」

304弟「…」

204ヒモ「元気出せよ」

101子供「またどこかで会おうぜ」

304弟「うん…」

204ヒモ「じゃあ俺達もそろそろ帰るか」

101子供「うん。またねおじさん」

166 : 以下、?... - 2019/11/16 22:03:06.411 Hl49kE9Q0 134/156

204ヒモ「…ん?」スタスタ

203浪人「何てことしてくれたんだ!」

204彼女「もううんざりなのよ!」

204ヒモ「おいおいどうしたんだよ」

203浪人「こいつが俺の自転車捨てやがった!」

204ヒモ「!?」

204彼女「自業自得よ!恥を知りなさい!!」

167 : 以下、?... - 2019/11/16 22:04:17.068 Hl49kE9Q0 135/156

203浪人「俺の大切な自転車を…!」

203浪人「出ていけ!このアパートからすぐに!!」

204彼女「わかったわ!!」

204ヒモ「え!?」

204彼女「もうあんたの顔なんか見たくもないわ!こんなアパート出ていくわよ!」

203浪人「待て!自転車代払えよ!自転車がないと予備校行けねえだろうが!!」

204彼女「歩いていけばいいじゃない!予備校予備校ってあんた去年も落ちたじゃない!」

203浪人「うがあああああやめろーーー!!」

204彼女「3浪してるあんたにあの大学なんて無理よ!今年も落ちるがいいわ!!」

168 : 以下、?... - 2019/11/16 22:05:09.573 Hl49kE9Q0 136/156

203浪人「…」カリカリ

ウワァァァ…

203浪人「うがあああ!!鳴き声で勉強に集中できねえ!」

203浪人「4浪だけはしたくねえ!引越してやるこんなアパート!」

203浪人「自転車捨てられるし散々だ!予備校に近い賃貸探さないと…!」

201青年「きぇぇぇぇぇ!!うるせえええええ!!」

201青年「壁薄すぎだろ!安い家賃に釣られるんじゃなかった…!」

201青年「このままじゃ睡眠不足でぶっ倒れそうだ!夜勤の配慮は微塵もないのかこの世の中は!!」

171 : 以下、?... - 2019/11/16 22:06:19.587 Hl49kE9Q0 137/156

ドタバタ…ギャハハ…

202娘「うわあああああん!!!」

202嫁「よしよし…良い子だからね…」

202旦那「あったま来た!もう一軒家に住もうぜ!」

202嫁「こんな狭いアパート私達には合わないわね…」

202旦那「上はうるさいし下はタバコ臭い!この子が病気になっちまう前に退去しよう!」

174 : 以下、?... - 2019/11/16 22:07:15.615 Hl49kE9Q0 138/156

「お前ん家日に日に臭くなってきてない?」

302学生「隣がゴミ屋敷でさ…暑さのせいか特に最近どんどん臭くなってきてるんだ…」

「やべぇな」

「俺もう帰るわ。またな」

302学生「…」

175 : 以下、?... - 2019/11/16 22:08:02.458 Hl49kE9Q0 139/156

ピンポーン

302学生「出てきてください!いるのはわかってるんですよ!」

302学生「ゴミ屋敷なんとかなりませんか!?最近すごく臭くなってきてるんですよ!!」

302学生「すみません!すみませーん!」ドンドンドン

302学生「うっ…臭っ…もう臭っ…」

302学生「ダメだ…このままここに住んでたら鼻が腐りそうだ…」

302学生「早いとこ退去しよう…」

176 : 以下、?... - 2019/11/16 22:08:43.054 Hl49kE9Q0 140/156

201青年「まったく邪魔な自転車だな…」

201青年「まあいい、もうすぐ退去する俺には関係ないか…」

201青年「退去さえすればバイクを壊されることもないし…それに…ぐっすり眠れる…」

201青年「まったく…人の眠りを邪魔する奴の気が知れねえぜ…」

ブォンブォンブロロロロロ…

103老婆「…ん…」

103老爺「あー…またあのバイクか…」

103老婆「もういいじゃない。引越すって決めたんだから」

103老爺「そうだな…引越しさえすればもうバイクの音で起きる必要はないんだ…あとちょっとの辛抱…」

177 : 以下、?... - 2019/11/16 22:09:38.794 Hl49kE9Q0 141/156

大家「あんた達まで引越すのかい…」

303夫「異臭か何か知りませんけど最近変な匂いが漂うんですよ…」

303妻「もうこんな所にいたくないわ…」

大家「待ってくださいよ…あなた達まで引越したら私の老後が…」

303妻「知りませんよ!前々からクレーム入れてたのに何も対処しなかったの大家さんじゃないですか!」

303夫「今までお世話になりました」スタスタ

303妻「行きましょ」スタスタ

大家「…」

178 : 以下、?... - 2019/11/16 22:10:26.918 Hl49kE9Q0 142/156

大家「…」

大家「異臭…」

大家「…」

大家「この部屋からかしら…」

大家「最近また家賃滞納しだしたここの住人…いったいどうしたんだか…」

大家「合鍵合鍵…」ガチャッ

大家「うわっ臭っ!!」

大家「何よこれ…うっ…」

180 : 以下、?... - 2019/11/16 22:11:29.973 Hl49kE9Q0 143/156

大家「…」スタスタ

大家「大家ですけどー…いないんですかー…」

大家「返事がない…まさか家賃払えなくなって夜逃げしたんじゃ…」コツッ

大家「…ん?」

301無職「」

大家「キャアアアアアアアアアアアアアアアアアアアア!!!!!」

181 : 以下、?... - 2019/11/16 22:12:18.070 Hl49kE9Q0 144/156

101子供「え?僕達引越すの?」

101子供「ここにいたら危険?何で?」

101子供「事故物件?2人も死んでる?」

101子供「ふーん、よくわからないけどまあいいや」

182 : 以下、?... - 2019/11/16 22:13:08.737 Hl49kE9Q0 145/156

管理人「そして誰もいなくなった…」

大家「言ってる場合!?あんた今の状況わかってんの!?どうすんのよこれから!」

管理人「知りませんよそんなの」

大家「満員だった住人が全員出ていくなんてある!?」

管理人「ないんじゃないですかねー」

大家「実際起きてるじゃないの!前代未聞よこんなの!!」

管理人「新しい入居者募集したらどうです?」

大家「しまくってるわよ!でも全然希望者が現れなくて…」

183 : 以下、?... - 2019/11/16 22:14:29.081 Hl49kE9Q0 146/156

管理人「でしょうね。前からあのアパートは評判最悪ですし」

大家「どうせ私は少ない年金に飢えて死ぬのよ!どれもこれも全部住人のせいよ!」

管理人「…それは違うんじゃありません?」

大家「え?」

管理人「あなた…全部住人のせいにしてますけど何か手を施したんですか?」

大家「そ、そりゃ…できる限りのことは…」

184 : 以下、?... - 2019/11/16 22:15:46.369 Hl49kE9Q0 147/156

管理人「この際言っておきますけどあなた無責任にも程がありません?」

大家「な…何よ…」

管理人「騒音…異臭…物置…敷地内での遊び…激しい隣人バトル…」

管理人「ずっと前から入ってたクレーム。初発のうちに対応していれば充分に対策はできたはずですが?」

大家「いや…でも…そんなの全部住人同士の問題じゃない…別に私は関係…」

管理人「それを解決するのも大家の仕事だろうが!!」

大家「っ…」

186 : 以下、?... - 2019/11/16 22:16:24.578 Hl49kE9Q0 148/156

管理人「散々クレームを放置しといて自分に支障が出るようなクレームだけそそくさと駆けつける…あんた本当に大家か?」

管理人「維持費から改修費までケチって…あんたトラブル解決させる気あるのか?あ?」

大家「あっ…」

管理人「あーそうだったな自分には関係ないんだったな」

大家「ご…ごめんなさい…」

管理人「私じゃなくて他に謝らないといけない人物がいるんじゃないでしょうか?ねえ?」

大家「助けてください…このままじゃ私の老後が…」

管理人「もう私は知りませんよ。手を貸す気はありませんから」

大家「そ、そんな…」

管理人「こうなることは予想できたはずなのにあなたは何もしなかった。身から出た錆ですよね」

187 : 以下、?... - 2019/11/16 22:17:17.048 Hl49kE9Q0 149/156

管理人「反省するには良い機会じゃないですか?」

ガチャップーップーップーッ

大家「…」

大家「…」ピッ

大家「…」

大家「…っ」

大家「ああああああああああああああああああああああああああああああ!!!!!」

189 : 以下、?... - 2019/11/16 22:18:05.353 Hl49kE9Q0 150/156

作業員A「ここが取り壊す予定のアパートだな」

作業員B「なあ、このアパートの噂知ってるか?」

作業員A「ん?何それ」

作業員B「一時期は満員になるくらい人気だったんだが住人同士のトラブルが絶えなくなったらしくてもぬけの殻になったんだ」

作業員B「事故物件っていう噂も付け上がってきて誰も近づこうとしない始末」

作業員B「大家も家賃収入がなくなり消息が途絶えたとかで廃墟になったんだとか」

191 : 以下、?... - 2019/11/16 22:19:14.049 Hl49kE9Q0 151/156

作業員A「随分詳しいな」

作業員B「ここに住んでたからな」

作業員A「え?マジで?俺も俺も」

作業員B「え!?」

作業員A「偶然だな。ただの同姓同名かと思ってたけどお前もしかして101号室の…」

作業員B「そうそう!あ、もしかしてお前苗字変わってる?」

作業員A「変わってるよ。たしか前の苗字は…」

192 : 以下、?... - 2019/11/16 22:19:57.338 Hl49kE9Q0 152/156

作業員B「おお!久しぶりだな!」

作業員A「まさかこんな所で一緒に働いてたとはな!」

作業員B「あのおじさんとよくここら辺で遊んでたよな!」

作業員A「そうそう!ガキの頃よく隣人にお世話になってたなぁ…懐かしいぜ」

作業員B「俺も子供の頃よく隣人にピンポンダッシュして遊んでたわ。はははははは!」

作業員A「はははははは!」

作業員A「は?」





-おわり-

193 : 以下、?... - 2019/11/16 22:20:39.892 Hl49kE9Q0 153/156

すまんこれ面白がって読むような奴じゃなくて風刺が目的で書いたんだ

201 : 以下、?... - 2019/11/16 22:26:50.495 Hl49kE9Q0 154/156

書き溜めですがまとめるのが下手で長編になってしまいました。最後まで読んでくれた方ありがとうございます。

要約すると

101家族  イタズラ
     →主に102若者
102若者  ペット持ち込み

103老夫婦 タバコの煙
     →202家族
104家族  嫌がらせバトル
     →304家族
201青年  車両音
     →103老夫婦
202家族  夜泣き昼泣き
     →201青年、203浪人
203浪人  共有通路への物置
     →204同棲
204同棲  敷地内での遊び
     →主に201青年
301無職  異臭
     →302学生
302学生 騒音
     →202家族
303夫婦  駐車(駐輪)マナー
     →201青年、203浪人
304家族 嫌がらせバトル
     →104家族

影響を受けている人物のうち被害が出ている住人のみ対象にしています



大家   クレームの放置
     放置自転車の放置
     老朽化度外視
     事故物件の未報告
     掃除サボり

200 : 以下、?... - 2019/11/16 22:24:02.270 7Ug/z7Y+0 155/156

書ききってるし群像劇になってたし
オチもまあなくはないけど
管理会社を挟んでいるなら基本大家さんはノータッチなんじゃないか?

202 : 以下、?... - 2019/11/16 22:28:08.481 Hl49kE9Q0 156/156

>>200
私がエアプでした

記事をツイートする 記事をはてブする