1 : 以下、?... - 2019/10/30 01:27:15.806 aS24FEby0 1/20

JK「……」スタスタ



(お、あの子可愛いな)

(よし、目立たないようにスマホを向けて……)スッ…

(撮影!)パシャッ

(よしよし、上手く撮れた)

(変態チックな行為だけど、あの子に直接危害加えるわけじゃないし、別にいいだろ)

元スレ
JK「お兄さん、さっきアタシのこと盗撮してたっしょw」男「!?」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1572366435/

6 : 以下、?... - 2019/10/30 01:30:17.596 aS24FEby0 2/20

「……」スタスタ

JK「おにーさんっ!」

「!」

「なんだよ、俺は君なんか知らないぞ」

JK「お兄さん、さっきアタシのこと盗撮してたっしょ」

「!?」

7 : 以下、?... - 2019/10/30 01:33:08.623 aS24FEby0 3/20

「な、なんのことだか……」

JK「あれー? とぼけるんだ」

「いや、だからなんの話だって……」

JK「スマホ見ちゃお」サッ

「あっ!」

JK「やっぱりロックもなにもかかってない。えーと写真のフォルダは……」

「おい、やめろ!」

JK「やーめーなーいー」

10 : 以下、?... - 2019/10/30 01:36:13.703 aS24FEby0 4/20

JK「ほらー、これアタシだよね?」

「……!」

JK「お粗末な盗撮だったねえ。バレバレだったよ」

(終わった……)

「何が望みだ……金か? それとも警察に行けってことか?」

JK「いやー、別に。ただアタシの方が上だってことをドヤりたかったんだよね」

「? どういう意味……」

11 : 以下、?... - 2019/10/30 01:39:15.351 aS24FEby0 5/20

JK「これ、アタシが撮った写真」

「!」

(これは……!)

(道を歩いてる俺!)

(犬のフンを踏んじゃった俺!)

(ビデオ屋でAV借りてる俺!)

JK「深淵を覗く者はなんとやらってやつ?」クスクス

JK「ま、これぐらいできてないと盗撮とはいえないよねえ」フフンッ

「……!」

JK「じゃーねー!」

(負けた……)

(だが、これで終わってたまるかよ!)

15 : 以下、?... - 2019/10/30 01:42:30.170 aS24FEby0 6/20

JK「たっだいま~」



「……」

(尾行したら……ようやくあの子の家を突き止めることができた)

(盗撮……開始!)

17 : 以下、?... - 2019/10/30 01:45:28.301 aS24FEby0 7/20

JK「~♪」

「よう、待ってたぜ」

JK「あっ、お兄さん!」

「君にぜひ見せたいもんがあってな……」

JK「なによ?」

「これだ」

JK「!」

19 : 以下、?... - 2019/10/30 01:48:23.547 aS24FEby0 8/20

JK(テレビ見てるアタシ!)

JK(風呂入ってるアタシ!)

JK(爆睡してるアタシ!)

「どうだ? 俺もやるもんだろ?」

JK「うぐぐ……いつの間に」

「じゃあな、もちろんこれは全部消しといてやるから安心しな」

(あー、スカッとした!)

JK(このままで終われるもんか! 絶対に!)

22 : 以下、?... - 2019/10/30 01:51:13.709 aS24FEby0 9/20

JK「ヤッホー、お兄さん」

「なんだ?」

JK「アタシ、お兄さんのこと盗撮しちゃった」

「盗撮? 俺はこの一週間、周囲に気を配ってた。できるわけがない」

「道歩いてる姿がせいぜいってとこだろ」

JK「じゃー、見してあげる」

24 : 以下、?... - 2019/10/30 01:54:31.272 aS24FEby0 10/20

「こ、これは……!」

(用を足してる俺の写真じゃねえか……!)

「しかも明らかに便器の中からのアングルのもあるぞ! どうなってんだ!」

JK「いやー、中に入るの苦労したよ」

「そこまでするか……!?」

JK「アタシって負けず嫌いなんだよねー。ま、これでアタシの勝ちなわけだけど」

「ぐっ!」

JK「じゃね、お兄さん!」

「ちくしょう……ちくしょおおおおおお……!!!」

26 : 以下、?... - 2019/10/30 01:57:52.579 aS24FEby0 11/20

ピンポーン

「はじめまして」

「あら、なんのご用でしょう?」

「娘さんを盗撮したいので、いいポジションを教えてくれませんか」

「あらま、ご苦労さまです。さ、家の中にどうぞ」

「いいんですか?」

「あの子にはたまにはお灸をすえてやらなくちゃ」

28 : 以下、?... - 2019/10/30 02:00:32.471 aS24FEby0 12/20

「どんぶり飯を三杯おかわりする瞬間を撮ってやったぞ。よく食うなー」

JK「キャーッ!」

JK「これ家に入らなきゃ撮れないでしょ……どうやって家の中に!?」

「君のお母さんに許可を頂いてな。キッチンに潜んでたのさ」

JK「……」

「その目……まだ諦めてないって目だな」

JK「当然でしょ。アタシは負けず嫌いなんだから!」

30 : 以下、?... - 2019/10/30 02:03:16.352 aS24FEby0 13/20

「よーし、どっちがよりお互いの決定的瞬間を撮れるか勝負だ!」

JK「絶対いいの撮ってやる!」



パシャッ

パシャッ

パシャッ

パシャッ



「やるな……」

JK「そっちこそ……やるじゃん」

31 : 以下、?... - 2019/10/30 02:06:56.480 aS24FEby0 14/20

「ただ、お互い盗撮されることをある程度覚悟するようになったから、緊張感なくなっちゃったな」

JK「うん、アタシなんかこないだポーズ取っちゃったし」

「もっとこう……刺激が欲しいんだよなぁ」

JK「あーっ!」

「どうした?」

JK「お兄さん、あそこ……」

34 : 以下、?... - 2019/10/30 02:10:28.032 aS24FEby0 15/20

社長「これをお納め下さい」パカッ

政治家「約束通り、今度のイベントでは御社の製品を採用しましょう」



「うおお、大金を渡してやがる。どっちもテレビで見たことある顔だ」

JK「これ絶対ワイロだよ! スキャンダルだよ!」

「よし、撮っちまおう!」

JK「うん!」

パシャッ パシャ パシャッ

35 : 以下、?... - 2019/10/30 02:13:19.996 aS24FEby0 16/20

JK「例の件、やっぱり大スキャンダルだったね」

「ああ、俺達が撮らなきゃ、あの汚職が暴かれることはなかった」

JK「アタシ、結構ドキドキしちゃった」

「俺もだよ。はじめて君を盗撮した時ぐらいのドキドキだった」

JK「お兄さん、もしかしたらこれがアタシたちの天職なんじゃない?」

「かもしれないな」

37 : 以下、?... - 2019/10/30 02:17:32.521 aS24FEby0 17/20

男とJKはこの世の真実を暴き続け――

「あの人気俳優が家じゃとんだDV野郎だったとはな」

JK「有名監督のパワハラの瞬間、いっただきぃ!」

「俺たちから逃げられる真実は存在しない!」



時には――

JK「あの子の両親が、犯罪者だったなんて……!」

「このことは俺達の胸の中に収めておこう。時には明らかにしない方がいい真実もあるんだ」

JK「そうだね……」

38 : 以下、?... - 2019/10/30 02:20:17.538 aS24FEby0 18/20

やがて――

ヒュルルルルルル…


外国人カメラマン「あれはロケット弾!?」


チュドォォォォォォォン!!!


外国人カメラマン「ぐわああああああっ……!」

39 : 以下、?... - 2019/10/30 02:23:49.462 aS24FEby0 19/20

モクモク…

外国人カメラマン「……あれ、ワタシ……まだ生きてる?」

「大丈夫か?」

JK「あなたのカメラも確保してあるよ」

外国人カメラマン「サ、サンクス……」

「写真を撮って生きて帰るまでがカメラマンの使命だ。気をつけろよ」

外国人カメラマン「ソ、ソーリー……」

41 : 以下、?... - 2019/10/30 02:27:08.922 aS24FEby0 20/20

「さ、行くぞっ! 俺たち二人で戦場の真実を写すんだ!」

JK「うんっ!」



外国人カメラマン「Oh……なんというミラクル。銃弾の嵐をくぐり抜けてゆく……」

外国人カメラマン「あれが今話題の世界各地の真実を暴くサムライマンとサムライガール、か……」






おわり

記事をツイートする 記事をはてブする