1 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:09:27.82 UO3XrULl0 1/33


※コメディ


元スレ
塩見周子「どっちがいーい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1559372967/

2 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:10:19.01 UO3XrULl0 2/33


――事務室

モバP(以下P)「ん?」

周子「や」

「ああ、周子か。お疲れ」

周子「お疲れさま、Pさん。それで、どっちにする?」ガサッ

「ビニール袋? なんだ?」

周子「お差し入れ。コーヒー選んで」

「おー、ありがたい。何があるんだ」

周子「えーとね」

周子「無糖とMAXコーヒー」

「0か100かー」


3 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:11:16.99 UO3XrULl0 3/33


周子「目についたんコレだったからさー」

「そのチョイスは絶対選んだろ」

周子「にゃはは」

「似てない。ごまかすな」

周子「まぁまぁ、いいじゃん。どっち?」

「無糖」

周子「即答かー。苦い方がいいん?」

「甘いのは別に嫌いじゃないけど、限度はあるなぁ」

周子「これはその限度外?」

「飲んだことは無いけど……でも練乳入りってどう考えても甘すぎだろう」

周子「えっ、練乳」

「書いてあるじゃん」

周子「うわ、ほんまや」

「知ってて買ったんじゃないのか」


4 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:11:51.41 UO3XrULl0 4/33


周子「すごく甘いってのだけ噂に聞いてたんだよね。自販機にあったの見てつい」

「やっぱり選んでいたか」

周子「てへぺろ♪」

「それ、甘さもだけどカロリーも結構あったろ」

周子「どれどれ……おー……」

「どんなもん?」

周子「1回」

「1回?」

周子「レッスン1回」

「ベテトレ? マストレ?」

周子「んー……トレーナーさんかな」

「そんなもんか」

周子「一緒にレッスン受けてから言ってみて」

「ははは、断る」


5 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:12:19.01 UO3XrULl0 5/33


周子「こんなん飲んだら血糖値あがるわ」

「周子はむしろ少し上げといた方がいいんじゃ」

周子「そうかもしれないけどさー」

「まあ諦めて飲むんだな」

周子「こっちだけ渡しとけばよかったなぁ」

「その分レッスン増やしておくか?」

周子「うえー」

周子「あ、じゃあさ、途中から交換にしよ」

「はい?」

周子「だからー、Pさんが無糖半分飲んで、あたしがこっち半分飲んで、交換」

「選んだ意味無くなった」

周子「ええやん、アイドルしゅーこちゃんとの間接キッスよ?」

「その条件なら俺が先MAX飲みたい」

周子「だめ、あたしもあとで無糖飲む」

「どんどん選択肢削られていくんだけど」

6 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:12:46.05 UO3XrULl0 6/33


周子「じゃあどうすればいい?」

「……先にMAX半分ずつ飲んで、それから無糖半分ずつでどうだ」

周子「やーん。そんな2回も間接キス狙いだなんて、Pさんもやり手だねー」

「ああそうかい」

カシュッ

周子「あっ、この人勝手に缶開けた!」

「先に飲んじゃえばこっちのもんよ」

周子「いまどきチンピラでも言わんようなセリフを!」

「なんで缶コーヒーふたつでこんなウダウダやらなきゃいけないんだ」

周子「むー、あたしが買ってきたんだよー」

「お前、それ言っちゃおしまいだろ」

周子「ね、せめて一口残しといてーん」

「だから俺が半々を提案したろ」

周子「折れたら負けかなって」

「なにが」

周子「京女のプライド?」

「缶コーヒーで決まったらいくら紗枝でも怒ると思う」

7 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:13:12.80 UO3XrULl0 7/33


「もうわかったから、そっちの半分飲めよ」

周子「はーい」

周子「あ、先に飲む?」

「どうぞご随意に」

周子「反応薄いなぁ」

「間接キスでどうのなんて、いいとこ中学生までだろ」

周子「ま、そんなもんかもね」カシュッ

周子「それじゃあお先に、いただきまーす」

ゴク

周子「あははっ、あまーい。Pさんすごいよこれ」

「そんなにか」

周子「コーヒーじゃなくて、コーヒー風味のなんかだね」

「残さなくていいぞ?」

周子「絶妙に半分以上残しとく」

「文句つけづらいくらいの微妙な量のやつな」

周子「あはは、わかってるねー」

8 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:13:49.76 UO3XrULl0 8/33


「頭すっきりさせたくもあったし、糖分も欲しかったし、ちょうどいいといえばちょうどいいか」

周子「お、そんな頭脳労働してたん」

「むしろメインなんだけど……まあ、いつにも増して頭脳労働してるな」

周子「どんな?」

「聞きたいか」

周子「あたしに関係ある?」

「ある」

周子「ほほう。売れててありがたいわぁ。羽衣小町?」

「いや」

周子「じゃあLiPPS?」

「違う」

周子「どのユニットなのー」

「ユニットじゃないんだなー」

9 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:14:23.94 UO3XrULl0 9/33


周子「お、あたしひとりかぁ。いいけど話し相手とかいないとちょっと退屈なんだよね」

「そんなこと言ってる暇はないと思うぞ」

周子「はーい。グラビア? どっかのステージ?」

「はずれ。まだまだ企画から少し進んだくらいだけど……まあいいか」

周子「なんなん、早く教えてよ」

「2曲目」

周子「えっ」

「塩見周子ソロ2曲目だ」

周子「えーっ、ほんと!?」

「ほんともほんと。メロの打ち込みがあがってきただけだけど」

周子「えっ、気になる。聞かせて聞かせてー」

「まだダメ。いずれ口出ししてもらうから、それまで待ってくれ」

周子「いけずー」

「曲にもなってないんだよ。断片的なフレーズなんだから」

周子「うー」

10 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:14:54.04 UO3XrULl0 10/33


「しかしなんだな。普段から適当だのちゃらんぽらんだの自分で言ってるけど」

周子「そこまでゆーてないわ」

「ソロ曲はやっぱり気になるか」

周子「そりゃね。新曲はソロじゃなくても嬉しいけど……やっぱり、特別感あるよ」

「まあ、自分のための歌だもんな」

周子「ね、ね。聴くのは無理にしても、どんなイメージかくらいは聞きたいな~、なんて」

「イメージ? あー、うん、イメージな」

周子「んー、どうしたん。歯切れ悪いよ」

「なんていうかな」

周子「歌う本人にすら言えないイメージってどうなのかなー」

「いや、そういうわけじゃない。そうじゃないんだけど……」

周子「……このコーヒー、まだふた口なんだけど渡していい?」

「自分の差し入れ脅迫材料にしたぞこいつ」

11 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:15:25.66 UO3XrULl0 11/33


「言えない、わけじゃない」

周子「それなら」

「うん、教える……えーと、企画書は……」ガサガサ

周子「そんなのいる?」

「……コンセプト読み上げるだけにさせてくれ」

周子「やっぱり恥ずかしいやつなんね」

「あー、こほん」

「1曲目よりさらに塩見周子の内面にクローズアップし、同年代女性をメインターゲットとした」

周子「おお」

「初恋のような甘さではないが大人という程の恋愛でもない、恋心と少しの我がままとを織り交ぜ」

周子「は」

「気付いてほしいという気持ちと、自由に振る舞いたい気持ちを歌ったラブソング」

周子「あ」

周子「……」

「……」

周子「あはは、なんか恥ずい」

「聞き出しておいてこの反応だよ」

12 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:15:56.63 UO3XrULl0 12/33


「言い淀んだの解るだろ。本人目の前にして言うとか」

周子「ごめんごめん。でも、ふーん、そうかぁ。あたしがラブソングかぁ」

「会議の時に伝えたかったが……あ、紙面見せりゃよかったな」

周子「そういうの、プロデューサーさんが考えるの?」

「そう。別に企画さんがいなければ、俺がいろいろ考えるんだよ」

周子「企画書ってそんななんだね、あはは」

「言っちゃなんだが、こういうのはおっさんたちが真面目に考えて作ってるんだよ。流行とかもそうやって決めてるの」

周子「あー、今年の色はコレ、とか」

「そう。自然発生する流行もあるけど、こう言う業界は流行らせたいものを流行らせてるんだ」

周子「わお、芸能界の闇だね」

「そこまで言ったつもりはないけど!?」

周子「じゃあ、なに?」

「……エンターテイメントの供給の一環、とか」

周子「物は言いようだねー」

13 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:16:25.01 UO3XrULl0 13/33


周子「それにしてもあたしがラブソングかぁ。はは」

「ん、苦手か?」

周子「苦手っていうわけじゃ……あー、別に、女の子同士だったら気にしないんだけど」

「まぁ、俺と話してても面白いもんじゃないだろうが」

周子「そういうことでも……いや、そうしとこか」

「そうしとけ」

周子(ん……PCにささってるUSBメモリ……)

周子(普段はないから、あれが多分楽曲のデータやね)

周子「……ねえ、やっぱりフレーズだけでも聴かせてほしいなー」

「聴かせてやりたいのはやまやまだけど、俺と周子だけの間だけでやることじゃないんだよ」

周子「どゆこと?」

「作曲さんにとっては、考え抜いて作ったフレーズが飯の種だから」

周子「あー……Pさんは向こうに筋を通さなきゃいけないわけだ」

「そう、俺が聴かせたなんてことで信用失ってみろ。この曲自体ポシャるぞ」

周子「わかった、うん、仕方ないね」

14 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:17:01.12 UO3XrULl0 14/33


「……やけにあっさり退いたな」

周子「素直に聴かせてもらうのは諦めたよ」

「ほう」

周子「だからこのコーヒーを」

「また脅迫に使う気か」

周子「まだそこそこあるよー?」チャポンチャポン

「もう飲み干してやるからよこせ」

周子「げっ、効いてない」

「脅迫への一番の対処は脅迫に従わないことだ」

周子「な、なら……」

「どうするんだよ」

周子「舐める」

「は?」

周子「この缶コーヒーの飲み口を、エロく舐める」

「……」

周子「舐めるのをPさんの目の前で見せつけて、その缶を渡す」

「悪かった。俺は悪くないが悪かった」

15 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:17:32.70 UO3XrULl0 15/33


周子「じゃあ聴かせてくれる?」

「それは駄目」

周子「やっぱり舐めるしか」

「わかんねえ! 因果関係がわかんねえ!」

周子「いいからそのUSB、もらってくね!」バッ

「うわ、目ざといなこいつ!」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

――事務所前

城ヶ崎美嘉「でさー★」

「ふふ、それで?」

『おいこら、やめろって!』

美嘉「ん?」

周子『へへ、この中でしょ』

『手を離せ、それはさすがにダメだ!』

美嘉「なんか騒がしいね」

「込み入ってたら悪いし……ちょっと様子見ましょうか」

16 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:17:59.99 UO3XrULl0 16/33


『あっ、こんにゃろ本気でもってくつもりだな』

周子『いやほんと、言うこと聞いてくれたらそれで』

『させるかよ、ほら離せっ』

周子『うわっ、この人容赦ない』

『やめろっての、抜こうとするなこら』

美嘉(何? コンセント?)ヒソヒソ

(さぁ……?)

『あー、やっぱり話すんじゃなかった!』

周子『いや、これはPさんの責任にならへんから! あたしが無理やりやったってことで!』

『口裏合わせなくてもそうだよ!』

(周子、何してるのかしら)ヒソヒソ

美嘉(険悪って感じじゃないけど……)ボソボソ

17 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:18:26.43 UO3XrULl0 17/33


周子『わかった、じゃああたしがコレ飲み干すから!』

『交渉材料になってない』

周子『あ、でもちゃんと後で、Pさんのも飲ませて』

『なんだよ、そんなに苦いの欲しいのか』

周子『Pさんイケズやわー、そーんなにしゅーこちゃんにコレ、舐めさせたいんやね』

『まて、落ち着けって』

周子『あたしやるときはやるよー? ここんとこに舌つけて、べろんべろん舐めるから』

『それは困……りはしないけどいろいろ問題だから、おい、やめろって』

美嘉「「……」」

美嘉((えっ))

美嘉(ちょっ、えっ、か、かなぁ!?)

(ま、まっ、みか、おちついて!)

18 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:18:54.62 UO3XrULl0 18/33


『周子、やっぱりそれはダメだ』

周子『むっ』

美嘉(そうっ、Pさん、きちんと言ってあげて!)

(流されちゃだめよ!)

『アイドルがしていい絵面じゃない』

美嘉(問題そこ!?)

(もっと根本的な問題が!)

周子『たしかにあたしもどうかなーとは思うよ? でも、それはPさんが悪いんだから』

『確かに俺が迂闊だったよ。だけどな……こら、どさくさに紛れて手を動かすな!』

周子『もうちょっとで抜けると思うから!』

『だからダメなんだよ!』

美嘉(ぬ、抜け……)

(手!? 手でなにしてるの!?)

19 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:19:21.89 UO3XrULl0 19/33


周子『だいたい、あたしが飲まなかったらPさんが処理することになるよ?』

(飲むの!?)

美嘉(ダイタン!)

周子『それでもいいのー?』

『片付けぐらいするっての』

『いざとなったら、事務室来た子に飲ませるし』

美嘉((飲まされるの!?))

美嘉(あ……が、がんばる……!)

(美嘉!?)

周子『どうかなー、実態を知っている子が飲んでくれるとは限らないよ?』

周子『砂糖の塊みたいなん入ってるんよ? 練乳だよ?』

美嘉(練乳……?)

(あ……白くてどろっとした?)

美嘉(も、もー何言ってるの奏!)

(実態なんて知らないわよ、私!)

美嘉(アタシだって知らないよ!)

20 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:19:48.14 UO3XrULl0 20/33


『いい加減、いつまでも掴んでいるな。疲れてきた』

周子『ふーん、思ったより体力ないんだねー。あたしはまだよゆーあるよ』

『額に汗かいて何を言ってる』

(汗だくになるまで……そういうのが好きなの?)

美嘉(あ、アタシもこれくらいの積極的になった方が……?)

周子『ふっ、確かにちょっと疲れてきたかな』

『だろ。ここは素直に』

周子『と見せかけてぇ!』シュコッ

『あっ、てめこら!』

周子『抜いたぁ!』

美嘉((抜いちゃったーー!?))

21 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:20:31.26 UO3XrULl0 21/33


グラッ

周子『おっと?』

『あぶなっ』

グイッ

周子『きゃっ…… あ、ありがと』

『零すところだったな』

周子『こんなんかかったらシャワー浴びなきゃいけなくなっちゃうね』

『まあ、そうだな』

周子『あ、ちょっと机に零れてる』

美嘉(シャワーとかのんきな話!?)

(机に零れる位の……)ドキドキ

『こっちは拭いておくから……ほら、もう残り飲んじゃえよ』

周子『ほーい』

美嘉(軽くない!?)

(普通に飲んでるってこと!?)

周子『わー、手にもかかってる』

『拭くか?』

周子『ん、いい……ぺろ……』

周子『うわー、やっぱりめっちゃ甘い』

美嘉((甘いの!?))

22 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:21:03.89 UO3XrULl0 22/33


周子『ちょっと手洗ってくるね。それじゃ』

『待て。どさくさで持っていこうとするな』ガシッ

周子『ちぇっ、上手くはいかないかー。あはは、Pさん、力強いね』

『ほら、まあゆっくりしていけよ。周子、お前まだ苦いの飲んでないだろ』

周子『い、いやぁ、別にそっちはもういいかなぁって』

美嘉(ややや、やっぱり苦いの?)

(と、聞きはするけど……)

美嘉(えっ、じゃあさっきの甘いのって?)

(知らないわよ!)

『付き合ってられん。さあ、拡げるんだ』

周子『や、ちょっと……無理矢理はだめだって』

(なにを!? どこを無理矢理!?)

美嘉(ね、ねえこれ、踏み込んだ方がいいんじゃ……)

(でも、初めは周子がリードしていたし……)

周子『ぐぐっ……あ、あたしは負けない……!』

美嘉(えっ、そう言うプレイなの!?)

(私に言われても困る!)

23 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:21:40.49 UO3XrULl0 23/33


『往生際の悪い……』

周子『ねぇ、見逃してよー』

『そうはいかないって、分かってるだろ』

周子『いつなら聞かせてくれるん』

『本番までには用意してやるよ』

周子『適当言い始めたわぁ。さっきのだってあたしが処理したんよ?』

美嘉(本番!? 処理!? えっ、なに、事務的なソレなの!?)

『関係ないだろ。もともと周子が言いだしたことだし』

(あっ……)

美嘉(何か分かったの、奏!?)

24 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:22:18.37 UO3XrULl0 24/33


(最初は周子から……その、言いだしたことで、しょ、処理をしてて……)

美嘉(うんうん)

(なのに、ほ、本番はその、さ、させてくれないから……)

美嘉(そっか、さすが奏! それでPさんが我慢できなくなって!)

美嘉「「……」」

美嘉(最悪の事態じゃん!!)

(こ、これはマズいわ!)

周子『きゃっ』

美嘉「「!?」」

ガシ

『手ぇとった!』

周子『あ、ちょっとあかんよ!』

『おっと!』

周子『わっ』

ガタタッ ボフッ

周子『ちょっともー……ソファ壊れてないよね』

25 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:22:55.12 UO3XrULl0 25/33


『アクシデントはあったが……ようやく両手封じたぞ』

周子『あらー、押し倒されちゃった♪』

(えっ、つ、ついに!?)

『まだ余裕なようだな』

周子『いやぁそんなことないよ、Pさんが抑えつけてるんだから』

『いいからこの手の中のモノ、入れ直させろ!』

(挿入れ!?)

周子『あかんって、いたいいたいってば!』

美嘉(やっぱり痛いんだ!)

『おとなしくしろ、諦めた方が身のためだぞ!』

(もう看過できないわ!!)

美嘉(う、うん!!)

バターン!

美嘉「「ストーップ!!」」

周子・P「「!?」」

美嘉「ぷ、プププププロデューサー!」

「周子も悪いかもしれないけど、見損なったわPさん!」

26 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:23:24.70 UO3XrULl0 26/33


「えっ……えっと?」

美嘉「周子大丈夫!? 怪我してない?」

周子「はれー、奏に美嘉、どうしたん慌てて」

「そりゃ慌てもするわよ!」

美嘉「ね、年齢はクリアしてるにしても、ここここう言うことは、時と場所をさー!」

「そもそも、事務所で何てことしようとしているのよ!」

「……」

周子「……」

周子・P「「えっ」」

「まて」

「まて、違う、違う」

「担当アイドルを組み伏せて何が違うの!」

周子「やーん、Pさんにあんなことこんなことされるー♪」

「話をややこしくするな!」

27 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:24:03.81 UO3XrULl0 27/33


周子「とりあえず、離れとこか」

「え、あ、ああ」

周子「あと、Pさん正座しとき」

「なんで」

周子「ひとまず、ふたりが考えている状況じゃないことを伝えておかないと」

「?」

「えーと……」

「なにか言い分があるのかしら」

「いや、これは……」

「……これは?」

周子「んー、カロリー消費?」

美嘉「カロリーって! いや、確かに運動量有るらしいケド? そうじゃなくってね!?」

「周子、本当に状況伝える気ある?」

28 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:24:33.73 UO3XrULl0 28/33


「……落ち着きなさい美嘉、なんか変よ」

美嘉「えっ、奏?」

「いい、緊急と思える時ほどクールに、よ」

美嘉「で、でも!」

「あっ、あなたパッションじゃない。じゃあ情熱的に……情熱的に冷静になりなさい」

周子「奏ちゃんが一番混乱してはるわ」

「とりあえずいろいろ弁解させてくれ」

美嘉「……自分より混乱してる人見ると冷静になれるって本当なんだ」

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

「……というわけで」

「……」

美嘉「……」

「分かっていただけたでしょうか」

「……」ムッスー

美嘉「……あはは」

周子「美嘉ちゃん顔まっかー」

「茶化すな元凶」

29 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:25:08.60 UO3XrULl0 29/33


「それで、俺はとりあえず無罪放免だよな?」

美嘉「そ、そーだねー。え、えーと……周子2曲目おめでと★」

周子「ありがとー」

「そんで」

「美嘉は立ち直ったけど、そっちはなんでまだ不機嫌なんだ」

周子「あー、たぶん……事態は把握したけど、醜態晒したのに落ち込んでるのと」

美嘉「状況は分かったけど納得はしてないカンジ」

「めんどくせぇ」

「うるさいわよっ、美嘉までっ!」

周子「あはは、耳だけ赤いわ」

美嘉「いやー、で、でも何事もなくてよかったぁ」

周子「まー、何事もなくてもいいけど……あっても別によかったよ?」

美嘉「えっ」

「大問題発言」

30 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:25:52.90 UO3XrULl0 30/33


「もうっ、もともと私達、周子を呼びに来ただけよ。そろそろレッスンだから!」

周子「あ、もうそんな?」

「先いってるわ」

周子「んふふ」

「ほら美嘉、あなたも!」

美嘉「あ、うん、いくいく」

美嘉「ごめーんPさん、アタシたちで機嫌取っとくから」

「よろしくー」

バタン

周子「あたしも着替えなきゃ」

「早くいけよ。まったく、大騒ぎだった……」

周子「ま、大丈夫だよPさん。奏ちゃんも少ししたら冷静になるって」

「別に俺に非はないしな。こっちからは話題に触れないようにする」

周子「それがいいねー」

「ふぅ」

周子「……」

「……ん、なんだ?」

周子「ああ、いや。お詫びしておかないといけないかなってね」

31 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:26:31.90 UO3XrULl0 31/33


「お詫び? べつにいいよ」

周子「まあ、そう固いこと言わずに」

周子「そういやさ、苦いのと甘いの持ってきたけど、結局どっちが好きなん?」

「甘い方は結局飲んでなかったろ」

周子「あ、そっか」

周子「えーと……これね」

「残りおいてっていいぞ。無糖も持ってけ」

周子「あら、いいの」

「淹れようと思えばブラックはあるし」

周子「そっか。でも最後に一口飲んでこー」

「なんだ、甘いのも結構好きなんじゃないか」

周子「和菓子屋の娘だよ、甘いもので出来てるようなもんよ」

「はは、変な理論だな」

周子「んで。Pさんは甘いのと苦いの、どっちがいーい?」

「起き抜けとか食後とかで変わるだろ。……まあ今は、無糖を飲んだ後だから、甘いのかな」

周子「甘いのね」

32 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:27:01.73 UO3XrULl0 32/33


周子「どれくらい甘いの?」

「どれくらいって……また難しいな。程よく甘いのでいいよ」

周子「……じゃあ、例えばね」

「ん」

スッ

「……!?」

周子「……ぷは」

「……」

周子「んふっ」ペロ

周子「こんくらい?」

「……えっ、お、しゅ、周子?」

周子「あ、これお詫びの先払いね。さーて、レッスンレッスン」

バタン

「……」

「ん、先払い?」

「あっ、USB!」

「はー……」

ペロ

「……甘っ」





おわり

33 : ◆WO7BVrJPw2 - 2019/06/01 16:27:35.46 UO3XrULl0 33/33


お読みいただき、ありがとうございました。
ちがうんだ、こんなネタになるはずじゃなかったんだ。

次は関ちゃんか楓さんあたりでなんか書こうかと思います。
あ、でも奏の誕生日もそろそろ考えないといけないな。

よければこちらもどうぞ。

速水奏「はー……」モバP「はー……」
http://ayamevip.com/archives/53893754.html

渋谷凛「連れていってほしい」
http://ayamevip.com/archives/53895390.html

一ノ瀬志希「失踪しちゃおうか」
http://ayamevip.com/archives/53907062.html

速水奏「とびきりの、キスをあげる」
http://ayamevip.com/archives/53910133.html


記事をツイートする 記事をはてブする