2 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 16:59:01.56 IkFpQfxH0 1/107


「(一浪したものの、ようやく志望校に入学できた)」

「(しかし一浪すると同級生が先輩になったり、後輩が同級生になったりするわけか)」

「(ま、どうでもいいか)」

――大学、入学時オリエンテーション

後輩(♀)「あ、先輩!」

「おお」

「(高校のときの部活の後輩。ここに受かったとは聞いていたが……)」

後輩「合格おめでとうございます!」

「そちらこそ」


元スレ
男「中学時代との再開」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1380182289/

3 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 16:59:33.24 IkFpQfxH0 2/107


後輩「先輩、クラスはどちらでしたか?」

「えーっと、10組。ドイツ語クラス」

後輩「え、嘘。一緒だ!」

「マジで? じゃあまたしばらく一緒だな」

後輩「やったー!」

「(この子は高校のときから何故か俺のことを慕ってくれた)」

「(クラスに知り合いがいるなら大学生活も滑り出し良さそうだな)」


4 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:00:05.88 IkFpQfxH0 3/107


――入学後しばらくして、語学の授業後

後輩「先輩、次の講義どこですか?」

「えっと、1号館の……」

後輩「あー、違うか」

「ていうかさ、その『先輩』っての変えていかない?」

後輩「え?」

「もうクラスメートなんだしさ。この教室でここだけ先輩後輩の関係があるのも変だろ」

後輩「えー、でもこの話し方はもう癖になっちゃってるところありますし……」

「まあ、そうか。無理に変えろとは言わないけど」


5 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:00:39.81 IkFpQfxH0 4/107


後輩「ところで、先輩はサークルとかもう決めました?」

「うん。一応」

後輩「どこですか?」

「ピアノサークル」

後輩「え、先輩ピアノやってたんですか?」

「一応ね」

後輩「学校では全然弾いてるの見たことなかったのに。わたしが見たことないって、意図的に隠してましたね!?」

「あー、うん……。あまり人前で弾くの好きじゃなかったから」

後輩「でもサークルでやるってことはピアノ人前で弾く前提じゃないですか!」

「それはまあ……、あ、もう次の講義始まる。じゃあな」

後輩「……?」


6 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:01:12.19 IkFpQfxH0 5/107


――音楽練習室

「……こんにちはー」

「あ、一年生?」

「はい」

「見学?」

「そうです」

「良かったー。今日はもう誰も来てくれないかと思ったよー。担当の人呼んでくるからちょっと待っててね」

「……」

「どうもー。あたし、二年生の……」

「!?」

「あっ」

「……」


7 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:01:48.75 IkFpQfxH0 6/107


「そうかー、今年入ったのかー。合格おめでとう!」

「……ありがとうございます。どうぞお気になさらず続けてください」

「あ、うん。じゃあうちのサークルの活動を簡単に説明するねー」

「はい」

~~

「だいたいこんなところ。入ってくれるかな?」

「ちょっと迷っています」


8 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:02:33.27 IkFpQfxH0 7/107


「ていうかさっきからその話し方何ー? 先輩とか気にしてる感じ?」

「そりゃ、二年生ですから」

「そんなの関係ないって。うちのサークル上下関係とか全然ないし。普通に話してよ」

「でも上級生にタメ口というのは……」

「うーん。じゃあこう言おうか。敬語ってもちろん相手への敬意も表すけど、同時に距離を置くのにも使われるじゃん?」

「はあ、まあ」

「だからここでは敬語だと逆にあたしに失礼だよ。あたしたちの仲で」

「(あたしたちの仲……)」

「――!!」

「え、どうしたの。怖い顔して」

「いや、何でも。じゃあお言葉に甘えて昔と同じように接させてもらうよ」

「それでいいー」


9 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:03:07.47 IkFpQfxH0 8/107


「じゃあ、俺はここらで……」

「あ、ちょっと待って。いや、時間がないならいいんだけど」

「?」

「一応この後新歓演奏会ってことになってるから。お客はきみ一人だけだけど聴いてってよ」

「分かった」

――三人ほどの演奏が終わり……

「(あんまり上手くなかったな……)」

「(プログラムによるとトリは女か)」

(女の演奏)

「……」

「(相変わらず上手いな。別格だ……)」


10 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:03:49.03 IkFpQfxH0 9/107


「じゃあ、今日はこの辺りで。ところであれから引っ越したりした?」

「いや、特に」

「じゃあ帰り一緒だね」

「あ、ああ……」

「演奏会、どうだった」

「きみは相変わらず凄かったよ」

「『あたしは』?」

「……他の人たちもいい演奏だったと思うよ」

「お、珍しいね。きみが褒めるなんて」

「俺ってそんなに辛口なイメージだったか」

「辛口も辛口! 駄目だと思ったものは相手が誰であっても駄目と言う! そんな人だったよ、きみは」

「そうか……。浪人して丸くなったのかもな」


11 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:04:24.92 IkFpQfxH0 10/107


「あはは、何それ。で、入ってくれるかな?」

「だから、考え中」

「それ、あたしがいるから?」

「そうだ」

「正直なのはいいことだよ」

「はっきり言ってめちゃくちゃ気まずいからな」

「あたしは別に、気まずくなんかないけど」

「そりゃ上級生の側はな」

「上級生? それだけ?」

「は? 何言ってんの?」

「え、どうしたの急に。何かごめん」

「いや……」


12 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:05:10.12 IkFpQfxH0 11/107


――男の最寄駅

「そっか、きみは北口か。じゃあまた。いい返事を期待してるよー」

「さようなら」

「(女とこの駅で別れる……。変な感覚だ)」

「(……!)」

「(さっき、我ながらよく耐えたものだと思う)」

「(『あたしたちの仲』……その言葉に、本当にブチ切れそうになった)」

「(あまりに強烈な怒りだったから、抑え込んだときこの世界がぐらっと揺れたような気すらした)」

「(はあ……。あいつは二年生)」

「(ピアノ、上手くなってたな)」

「(マジかよ……)」


13 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:06:16.52 IkFpQfxH0 12/107


「はぁ……」

男’「じゃあなー」

「ばいばーい」

「……」

男’「……」テクテク

「……!?」

男’「……」テクテク

「(今の奴……、とんでもなく俺に似ていた)」

「(いや、ちょっと違うか)」

「(俺をもうちょっと幼くした感じ。そう、中学時代の俺はあんなだったような……。制服も一緒っぽいし)」

「(他人の空似か?)」


14 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:06:51.45 IkFpQfxH0 13/107


――翌日、大学

後輩「ドッペルゲンガー……ですか?」

「ああ」

後輩「うーん、他人の、だったら心当たりなくもないですけど、自分に似た人はなぁ……。って、先輩自分のドッペルゲンガー見たんですか!?」

「何というか、昔の俺にそっくりな奴とすれ違って……」

後輩「自分のドッペルゲンガーに遭うと死んじゃうって言いますよ!」

「え、そうなの。怖いな」

後輩「死なないでくださいねえええ」

「うん、用心する……」


15 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:07:49.18 IkFpQfxH0 14/107


――男の帰宅時、大学正門前

「おー、今日も遭うとは」

「(しまった……)」

「で、返事は決まった? 入ってくれるよね?」

「……分かった。入るよ」

「あれ、やけに潔いね。心境の変化でも?」

「きみと繋がりを保っておきたくなったから」

「へっ」ササッ

「……ったく、この程度で引くくらいなら勧誘なんかするなっていうか」

「ご、ごめん! 引いたわけじゃないよ」

「いーよ、いーよ。どうせあれだけのことをした俺ですし」

「きみは言うほどあたしに何もしてないって!」

「そう言われるのも傷つくな」

「めんどくせえ……」

「そう、そのくらいの態度の方がいい」


16 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:08:19.98 IkFpQfxH0 15/107


「なあ、自分のドッペルゲンガーに遭ったことってある?」

「あたしに似てる人ってこと?」

「そう」

「ないね」

「断言するね」

「あたしに似てる人なんてこの世にいないよ」

「……?」

「なんか、そんな気がする」


17 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:08:56.93 IkFpQfxH0 16/107


――男の最寄り駅

「じゃあねー」

「また」

「……」スタスタ

「おーいー、やーめーろーよー!」

「……」スタスタ

「いいじゃん、いいじゃん」

「ちょっと貸せって」

「……!?」

「(あいつら……)」

「(中学のときのクラスメートに似てるような……。いや、今はもうちょっと大人びてるはずだが)」

「(自分の次はクラスメートのドッペルゲンガーか? 疲れてんのかな、俺……)」

「(女と再開して中学時代が恋しくなったか?)」


19 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:09:54.75 IkFpQfxH0 17/107


――別の日

「テストまじだりー」

「(あいつ……)」

――また別の日

「大縄絶対優勝しようね!」

「(また……)」

――更に別の日

「えー、それはないわー」

「(あー!!)」

「(もう偶然ってレベルじゃない! 中学のときの知り合いが当時の姿のままこの街をうろついてるとしか思えない!)」

「(何だこれ……。何がどうなって……)」

「!」


20 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:10:34.44 IkFpQfxH0 18/107


男’「……」テクテク

「(あのときの……)」

「(……こんなことをするのは気が進まないが、ちょっと後をつけてみるか?)」

男’「……」テクテク

「……」テクテク

「(何か後をつけるまでもなく、帰り道が一緒な気がする……)」

「(まさかな……)」


22 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:11:11.20 IkFpQfxH0 19/107


男’「……」テクテク

「(え、ここ俺のマンション……)」

男’「……」テクテク

「(一階の廊下はここからでも見えるな……)」

男’「ただいまー」ガチャ

「!?」

「(あいつ、俺の家に入って……!!)」

「くっ!」ダッ


23 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:11:45.40 IkFpQfxH0 20/107


――男の家

「母さん!」ガチャ

「あら、おかえり」

「今、変な奴が家の中に!」

「……? 誰も来てないわよ?」

「え? でも確かに……」

「怖いこと言わないでよー。最近物騒なんだから」

「(どういうことだ……?)」


24 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:12:22.06 IkFpQfxH0 21/107


――翌日、大学

後輩「またその話ですかー?」

「今回はヤバかったんだって! 俺の家に入っていったんだぞ!」

後輩「先輩、大丈夫ですか……? 何か悩み事とか……?」

「悩み事か……。あれとかかな……」

後輩「って、真剣に考え込まんでくださいよ!」

「いや、俺自身俺の頭がどうにかなったって可能性は最近考えてて……」

後輩「わたしは信じますよ! 中学時代の先輩そっくりの人が先輩の家に入っていって、その後を追ったら消えていたんですよね!」

「そうだけど……。何か他人の口から語られるとさらに荒唐無稽な話に思えるな」

後輩「先輩が信じなくてもわたしが信じます! 先輩のこと信じないわたしなんてわたしじゃありません!」

「気持ちは嬉しいけど……」

「(しかしいよいよ深刻だな……。色々真面目に考える必要があるのかもしれない)」

「(これらの現象に何かきっかけがあるとすれば……)」


25 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:13:02.23 IkFpQfxH0 22/107


――その週の日曜日

「ごめん、待ったかな」

「……ありがとう」

「やめてよ、いきなり『ありがとう』なんて。気持ち悪い」

「来てくれないかと思ってた」

「行くって約束しといて来ないわけないでしょ」

「……そうだな。とりあえず、店でも入ろう」

――喫茶店

「それで、いきなり本題なんだけど」

「……」

「身構えてる?」

「いや」

「まあ無理もない。俺に呼び出されたんだ。どんな話が飛んでくるか分かったものじゃない。
  でもきみを困らせるような話ではないから安心してほしい」

「別に何も言ってないでしょ」


26 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:13:41.26 IkFpQfxH0 23/107


「ちょっと前にドッペルゲンガーがどうとかいう話しただろ?」

「うん」

「最近あれで悩んでて」

「悩んでるって……」

「最近、しょっちゅう中学時代の知り合いにそっくりな奴らに遭うんだ。だけど本人じゃない。奴らは見た目中学生くらい。そう、ちょうど当時のあいつらがあの姿のまま今の街を歩いている、そんな感じだ」

「え、何。それってオカルティックな話だったりするの?」

「そうかもしれない。でも、俺は自分が体験したことしか話せない。この前なんか俺そっくりの奴が俺の家に入っていったんだ!」

「ちょっと待って! 話が突拍子もないし、そもそも何でそんな話をあたしに?」


27 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:14:14.62 IkFpQfxH0 24/107


「関係あると思ったからさ」

「……」

「……」

「きみはさ、変わったよね」

「え、どうした。いきなり」

「あたし、あれから中学の友だちとはほとんど連絡とってないんだ。だからあの日、初めてきみがサークルの見学に来たとき、すごく懐かしい感じがした」

「……」

「思い出と化していた中学時代が、突如リアルとして立ち上がったようで」

「(中学時代が……、リアルとして……?)」

「でも最近話してて思う。きみはやっぱり変わったなあって」

「どんなふうに」


29 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:15:26.34 IkFpQfxH0 25/107


「まず背が伸びたよね」

「そりゃな」

「容姿も大人っぽくなった」

「当然だろ」

「それに、あのときも言ったけど、丸くなったよね」

「……そうかもな」

「中学時代のきみってナチュラルに人を見下してるとこあったじゃん?」

「やめてくれ」

「いやー、でもそれが許されるほどの実力がある人だったと思うよー。それに自分が一旦認めた相手には充分な敬意をもって接してたし。あの頃のきみの性格、あたしは結構好きだったんだけどな」

「簡単に好きとか言わないでくれ。傷つく」

「あはは、ごめん」


30 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:16:07.64 IkFpQfxH0 26/107


「……改めて見ると、きみはほとんど変わらないな」

「そう?」

「背は当時のままに見えるし」

「どーせチビですよ」

「外見も、服のセンスとかも、あの頃のまま。まあ、昔から大人びてるとこあったもんな」

「そうかな」

「喋り方も、仕草も。ほら、そうやって目を細める癖とか」

「ちょっとキモいよ」

「すまん。……きみがあんまり変わらないから、君と話していると当時に戻ったような気さえしてくる」

「当時はあたしたちが二人で喫茶店に入るなんてありえなかったけどね」


31 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:16:40.27 IkFpQfxH0 27/107


「……ひとつ訊いていいか」

「うん」

「今、歳いくつだ?」

「何それ。知ってるでしょ」

「とりあえず答えてくれ」

「   」

「……。何て?」

「えー、そんなに滑舌悪いつもりないんだけど」

「頼む、もう一回」

「   」

「(……どうしても聞き取れない)」

「(滑舌がどうとかじゃなくて、なんか音にモザイクがかかってるみたいな……)」

「……きみはいつのきみなんだ?」


32 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:17:21.67 IkFpQfxH0 28/107


「……」

「そうか。何となく分かった気がする」

「……」

「やっぱり、ここ最近の出来事の原因、というか中心はきみだ」

「……」

「全く科学的な話ではないが、俺自身がもうだいぶオカルトなものを見てしまってるからしょうがない」

「……」

「今日は来てくれてありがとう。せっかくの日曜を潰して悪かったな。お代は置いてくからきみはもうちょっとゆっくりしていってくれ」

「またね」

「それじゃ」


33 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:17:54.95 IkFpQfxH0 29/107


「(原因はあいつだ。間違いない)」

「(何が『それ』を引き起こしたのか?)」

「(多分それは俺自身の感情)」

「(馬鹿げたことを考えてるのは自覚してるよ)」

「(でも、こうして歩いてるときにも、周りには当時の知り合いがうろついてるんだ!)」

「(当時……)」

「(中三か)」


34 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:18:30.08 IkFpQfxH0 30/107


「(俺は小さい頃からピアノを習っていた)」

「(ピアニストを目指していたわけではないが、一流の先生に習い、プロレベルの演奏を目指していた)」

「(学校でピアノを弾く機会といえば合唱コンクール)」

「(よく歌われる曲の中に、非常にピアノ伴奏が難しくて格好良い曲があった)」

「(ふつう三年生が歌う曲だったから、俺は一年生の頃からその曲の伴奏をするのに憧れていた)」

「(そして……)」


35 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:19:10.18 IkFpQfxH0 31/107


――中学時代

「……」テクテク

「やあ」

「あ、うん」

「(誰だこいつ……)」

「え、もしかしてあたしのこと分からない?」

「(どうやら知り合いらしい……。ああ、あいつか! この前転校してきた……。同じクラスなのに顔憶えてないとか、どれだけ影薄いんだこいつ)」

「いやー、クラスメートの顔を知らないわけないだろ」

「一瞬考えたようだったけど」

「そんなことはない」


37 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:19:43.31 IkFpQfxH0 32/107


「家こっちなの?」

「ああ」

「あたしもこっちだよ。越してきたばかりだからこのあたりのことよく分からなくて」

「(何というか……。意外と気さくな奴だな)」

「(俺も一応年頃の少年だから女子と並んで歩くのとか抵抗あったりするけど)」

「(こいつにはそういうのを感じない)」


38 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:20:44.89 IkFpQfxH0 33/107


「男くんってすごく成績いいんでしょー」

「えっ」

「友だちから聞いたー」

「まあ、勉強は頑張ってるよ」

「あたしも頑張らなきゃなー」

「……」


39 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:21:17.26 IkFpQfxH0 34/107


――別の日、ホームルーム

「合唱コンクールで歌う曲が決まったので、指揮者と伴奏者を決めます。指揮者やりたい人ー」

シーン

「じゃあ指揮者は飛ばして、伴奏者やりたい人」

「はい」

「(まあ立候補するのは俺だけだろ。皆俺の実力は知ってるし、この曲に関しては俺が伴奏するってことで文句ないはず)」

「えーっと、男くんと、女さん」

「(えっ)」

「じゃあどうしようか」

「(女……。あいつが? ピアノ弾けたのか?)」

「どうしよ。話し合いにする?」

「……いや、実際に皆の前で弾いてみて、投票で決めてもらおう」

「あー、それがいいな」

「(実力勝負に持ち込めば俺が負けることはない)」


40 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:22:29.85 IkFpQfxH0 35/107


(男の演奏)

「(ふう、上手く弾けた)」

「(これであいつがどんなでも……)」

「じゃあ次、女さんに弾いてもらいます)」

「はい」

「(さて、どんなもんか)」

♪~

「……」

「(……!)」

「(何だこれ、上手いってレベルじゃないぞ……)」

「(ひょっとしたら俺よりも……、いや、確実に俺よりも上手い!)」

「(あいつが? ピアノやってるなんて話聞いたことなかったのに!)」


42 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:23:34.04 IkFpQfxH0 36/107


「えーと……。じゃあ多数決で、この曲の伴奏者は女さんに決まりました」

パチパチパチパチ

「(投票の結果は俺たちには明かされない)」

「(でも多分大差をつけられたのだろう)」

「何かごめんねー。伴奏したかった?」

「いや、俺もこの曲はクラスで一番上手い人にやってほしかったし」

「そっか。ありがとう。あたし、頑張るね」

「(悔しくないわけがない)」

「(しかし何より悔しいのは投票で負けたこと自体ではなく……)」

「(女のピアノの腕を一番認めているのは俺だろう、ということだ)」

「(……くそっ)」


44 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:24:51.67 IkFpQfxH0 37/107


――現在

「(そして俺は屈辱の中その曲を歌った)」

「(……あいつへのコンプレックスはいつしか歪んだ恋心に変わり)」

「(卒業間際にあいつに告白した。そして振られた)」

「(俺はそのまま地域で一番の高校に進学。あいつも成績は良かったらしく、俺とは別の進学校に進んだ)」

「……」

「それがまさか、あの大学に現役で、俺より一足先に入ってたなんてな」

「しかもあの頃よりずっとピアノの腕を上げて」

「俺なんかこの二年間は受験に必死でピアノの練習は休止していたというのに」

「あの日、サークル見学であいつと会ったときの俺の感情は」

「きっと、奇怪な現象を起こすほどに強かったのだと思う」


45 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:25:54.33 IkFpQfxH0 38/107


「たぶん、今この街では二つの時代が重ね合わさっている」

「現在と、俺の中学時代」

「当時の人物と現在の人物が併存している」

「ことの中心は女」

「あいつは中学時代から何も変わっていなかった」

「俺にとって現在の知り合いであり、中学時代のクラスメートでもある」

「彼女は二十歳であり、同時に十五歳でもある」

「おそらくそれが、今起きていることの全貌」


46 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:26:39.74 IkFpQfxH0 39/107


「はは……自分でも何言ってるか分かんねーよ」

「でもよく見たらそこ、数年前に解体されたビルが建ってるし」

「あそこを歩いてるのも中学のときの知り合いだし」

「そう考えるしかない」

「しかし、この状況は奇妙ではあるが」

「別段困るわけではないな」

「気になったから女を呼び出して色々訊いてみたが」

「特に何かしなきゃならないわけでもない」

「……しばらくは普通に過ごすか」


47 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:27:41.21 IkFpQfxH0 40/107


「あれ、男じゃん」

「お前……友か?」

「ひっさしぶりだな! 卒業してから会ったことあったか?」

「いや、中学卒業以来だ」

「(容姿がだいぶ変わってる……。これは『今』の友で間違いないな)」

「そういや、合格おめでとう?」

「え? 知ってんのか。地元ネットワークすごいな」

「いやーお前昔から頭良かったもんな」

「ありがとう」


48 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:28:22.10 IkFpQfxH0 41/107


「てか、お前あれじゃん。女と同じ大学だろ? もう会った?」

「会ったも何も、同じサークルだよ」

「おお、意外とやるな。このストーカーめ!」

「失敬な。別にそういうんじゃないよ。もともと入るつもりだったところに、たまたまあいつがいただけだ」

「分かった、分かった」

「ムカつくなー」

「でもよ、正直まだ気になってるだろ?」

「……まだどころか、あの頃より女のこと好きになってるよ」

「(そうじゃなきゃあそこまでの怒りは生じない)」

「これはワンチャンあるで」

「ねーよ。ノーチャンだって」


49 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:29:07.14 IkFpQfxH0 42/107


「そういえばよ」

「!」

友’「それでさー」

「(あれは……。中学時代の友! 同一人物の今と中学時代とを一緒に見るのは初めてだな)」

友’「ん……、あいつ……?」

「?」

友’「あいつ、『未来の俺』だ」

「(中学時代の方から気付くパターンも初めて……。っていうかよく『未来の俺』なんて言葉がすぐにでてきたな)」

友’「うわあああああああああああああああ!!」

「!?」

「ぐふ」


51 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:29:59.68 IkFpQfxH0 43/107


「……は?」

「え、なに」

「(中学時代の友の手が、現在の友の身体を貫いて……)」

「えええっ!?」

「いたい」

「おい、友! しっかりしろ!」

友’「ふー。で、さっきの話の続きだけど」スタスタ

「お前! 待て!」

「(何で中学時代の友は何事もなかったように歩いている……?)」

「(しかし今はあいつをとっちめることより、こっちの手当てが先だ!)」

「今救急車を……!」

「あ」


52 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:30:31.55 IkFpQfxH0 44/107


「え……」

「ない」

「友の身体が……、どこにも」

「……」

「どういう……、ことなんだよ……」

「友……」


53 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:31:13.87 IkFpQfxH0 45/107


――翌日、電車の中

「(夜が明けてもあの街で殺人が起きたなんて話は聞かない)」

「(やはりこう考えるのが自然か)」

「(『中学時代の自分に気付かれると殺される』)」

「(『その場合死体は消滅する』)」

「(そういえば初めて会ったドッペルゲンガーは俺自身だったが)」

「(あのときはかなり危なかったのかもしれない)」

「(ちょっと待て、これかなりシャレにならない状況なんじゃ……)」

「……」キョロキョロ

「(いや、中学時代はこの路線を使うことはなかった。ましてや今は通学時間帯。いるわけがない)」


54 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:32:01.35 IkFpQfxH0 46/107


――大学

「はぁ……」

後輩「先輩、いつになく元気ないですね」

「そんなことはない。はぁ……」

後輩「……。先輩、今日講義終わった後って空いてますか?」

「ん? ああ」

後輩「ちょっとお話ししたいことがあるので、テニスコート裏に来てもらっても」

「今話せばいいだろ」

後輩「今はダメです」

「? ……分かった。五限後にテニスコート裏に行くよ」

後輩「ありがとうございます!」


55 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:33:04.98 IkFpQfxH0 47/107


――講義中

「(今、あの街をうろついている奴らは、容貌から判断して中三の頃の俺らだと思う)」

「(奴らの行動が中三当時の俺らの行動と同じだとするなら、とりあえずここは安全だ)」

「(俺がどの時間帯にどのあたりを歩いていたかはだいたい分かる。だから上手く中学時代の俺に会わないようにすることも……)」

「(って、何悠長なこと考えてんだ! 命がかかってんだぞ! 本来なら真っ先に引っ越すべきだ!)」

「(……でも、なぜかそんな気にならないんだよな)」

「(そりゃ、こんなこと言ったって親が引っ越してくれるはずはないってのもあるけど)」

「(一人暮らししたいって言いだせばあるいは?)」

「(ってか、あいつらの行動が本当に中学時そのままなのだとしたら、俺の家の中で何故中学時代の俺を見かけない?)」

「(マンションの廊下とかでも頻繁にすれ違うはずだ)」

「(……考えれば考えるほど分からなくなってくるな)」


56 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:34:04.12 IkFpQfxH0 48/107


「(駄目だ。全然講義に集中できなかった)」

「(この後は後輩に呼び出されてたんだっけ。何の用だ?)」

――テニスコート裏

後輩「あ、来てくれた! ありがとうございます」

「話って? ここで立ち話でいいのか?」

後輩「はい。あ、あの……」

「?」

後輩「単刀直入に言って、これ、愛の告白なんです」

「え」


57 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:34:38.30 IkFpQfxH0 49/107


後輩「わたし、そうですね……高校、二年生の頃から先輩のこと好きでした」

「……」

後輩「だけど先輩は受験学年だったから邪魔しちゃいけないなって思って何もできなくて」

後輩「その次の年はわたしが受験だし、先輩は浪人しちゃったしで何もできず」

後輩「それで今、ようやく言うことができました」

後輩「実はこの大学目指してたのも先輩と同じ大学行きたかったからというか……。ドイツ語選んだのも、先輩が第二外国語はドイツ語にするって言ってたから、そうしたらクラス同じになれるかなって……。ごめんなさい、引きますよね」

「そ、そんなことはない! すごく嬉しい!」

後輩「先輩、わたしと付き合ってください。お願いします!」

「……っ!」


59 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:35:21.01 IkFpQfxH0 50/107


「……ごめん」

後輩「……」

「俺、お前とは付き合えない。他に好きな人がいるから」

後輩「……そうですか」

後輩「……じゃあ」

後輩「じゃあ、何で今『すごく嬉しい』なんて言ったんですか」

「それは……」

「俺もその人のことすごく好きだから、お前の気持ちは分かるっていうか」

後輩「何それ!」

「他の人への気持ちを引き合いに出して『お前の気持ちは分かる』なんて言ってほしくない、ってのも知ってる」

後輩「……」

「ごめん」

後輩「……う……」


60 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:36:13.61 IkFpQfxH0 51/107


後輩「分かりました。……これはわたしの方から言うべきことですね」

後輩「これからもいちクラスメートとして、仲良くしてくださいっ!」

「それはこっちがお願いしたいくらいだよ」

後輩「そうだと思ってわたしから言ってあげたんです」

「……ありがとう」

後輩「やめてください。それと、最後にひとつ言わせてください」

「おう」

後輩「先輩のことを一番よく見ているのはわたしです。先輩が好きなその人じゃなくて私です」

「……」

後輩「先輩の悩みを聞いてあげられるのはわたしです。いざというとき先輩を助けに行けるのはわたしです」

後輩「ちゃんと振られたんだから、もうしつこいことは言いません」

後輩「でも、何かあったら、今日のことなんか忘れてわたしを頼ってください。わたしにしかできないことはきっとあるから」

「ありがとう。……ごめんな」

後輩「もうそういうテンションはなしです! 切り替えていきましょう」

「……そうだな」


61 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:36:59.75 IkFpQfxH0 52/107


――帰りの電車

「(後輩がそんな風に思っていたとは……)」

「(いや、本当に後輩の気持ちは痛いほど分かるんだよ)」

「(女を見ている俺そのものだから)」

「(でもな……)」

「やあ」

「うわっ、女」

「同じ電車だったんだね」

「……」


62 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:37:47.37 IkFpQfxH0 53/107


――男の最寄り駅

「正直さ、俺のことどう思ってる?」

「どうって?」

「中学の頃の話とはいえ、かつて自分が振った男なわけだろ。気味悪かったりしないのか?」

「それはないよ」

「そうか?」

「きみ、結構昔のことを根に持つタイプでしょ」

「そうかもな」

「あたしは逆。すぐに忘れちゃう。だからきみにどんなアタックをかけられたのかなんて、もう忘れたよ」

「……そう」

「(後輩は……)」

「……」

「俺がまだきみのこと好きだと言ってもそう言える?」


63 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:38:30.97 IkFpQfxH0 54/107


「余裕」

「おお……」

「なぜならきみが無害なヤツだって知っているから」

「……」

「叶わない恋に耐えきれないほど苦しんだとして、それであたしを傷つけるくらいなら自分を傷つける。そんな人だ。きみは」

「よく分からないな」

「きみはストーカーみたいになったり、片思いをこじらせてあたしを殺しに来たりはしない。そんなことするくらいなら自殺するだろうってこと」

「ああ、正しいよ」

「あたしに害が及ばないなら、好意を向けられることは嫌いじゃない」

「ひでえ発言だな」

「きみなら許してくれるかと」

「まあな」

「ちなみにさっきの『好き』は仮の話じゃなくて本音だよね」

「そうだ」


64 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:39:36.34 IkFpQfxH0 55/107


「まあせいぜい自分の感情と現実の折り合いをつけるのに励んでくれたまえ」

「本当にひどいやつだ、きみは。まあ、そういう傲慢なところも好きなんだけど」

「キモい」

「ごめん」

「じゃ、また」

「ああ」

「……」スタスタ

「(結局この街に戻ってきてしまった)」

「(駅前なんて中学時代の自分が通る確率は高い。気付かれたら死ぬかもしれないってのに……)」

「(なんでだ?)」


65 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:40:39.08 IkFpQfxH0 56/107


「!」

「女ーっ!」ダッダッダッ

「どうしたの。言い忘れたことでも?」

「いや、ちょっと一緒に歩いてほしくて」

「警察呼ぶよ」

「すみませんでした」

「あはは。あたしがきみに言うんじゃシャレになんないかー」

「で?」

「いいよ。一緒に散歩しよう。中学校の周りでも」

「(こいつ……)」


66 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:41:21.75 IkFpQfxH0 57/107


「何で戻ってきたのかというとさ」

「うん」

「中学時代について、色々と思うところがあって」

「へえ?」

「まずさ、学校の奴らが皆同じ街に住んでるってこと、今思えばすごくないか?」

「遊びの約束とかには便利だよねえ」

「街を歩けばクラスメートとすれ違うこと、当時は当たり前だと思ってた。だけどこれからの人生でそんな時間はきっともうないわけだよ」

「確かにね。そういう意味では特別な時間だった」


68 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:42:11.81 IkFpQfxH0 58/107


「加えて、中学生って図体ばかりでかくて知識はほとんどないだろ? 例えば中学校の社会科なんてほとんど一般常識だ」

「そうだね」

「身体はでかいから物理的には色んなことができるし、色んなところへ行ける。でも、この世界に対する知識は圧倒的に少ない。だから中学時代って、世界が最も広大に見えた時代なんじゃないかって思うんだ」

「きみにとってはそうだったんだね」

「そしてその時代の恋も、強烈なものだったのだと思う」

「強烈だったよ。確か」

「要するに、俺はきみがいた中学時代を、その他諸々の性質とともに理想化している節があるんだ」

「なかなか光栄なことで」

「あんな不思議な世界が確かにリアルとして存在したっていうことが驚異なんだ。だから、今この街に立ち現れている中学時代、俺は無くしたいと思っていないのかもしれない」

「?」


69 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:42:57.31 IkFpQfxH0 59/107


「この街の奇妙な現状、俺の感情が引き起こしたものだと思っている。だとしたら事態の収束には俺の気持ちの整理が必要なんだろうけど」

「当の俺自身はこれでいいんじゃないかと思っているというか」

「ごめん、後半きみが何を言っているか分からなかったよ」

「今、この街では現在と俺の中学時代が重ね合わさって併存しているんだ」

「???」

「きみには関係のない話かもな」

「(その中心点であるだけに)」

「まあ、何はともあれ、ここ、あたしの家。きみは知っているだろうけど」

「ああ、もう着いたのか」

「見送りご苦労。じゃあ、また明日」

「それじゃ」


71 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:44:18.95 IkFpQfxH0 60/107


――しばらく後の日

「(あ。あいつ……)」

「『未来のわたし』だ!」

「うぐ」

「(……これで何回目だろう。『未来の自分殺し』見るの)」

「(しかしあれって人が死んでるって言えるのか?)」

「(だって中学時代のそいつは生きてるわけで、そいつが成長したら大学生になって……)」

「(それと、このペースで現在の人間が死に続けたとして、全員が死んだらどうなるんだろう)」

「(俺の確認している限り、このような現象はこの街限定、中学時代俺の同級生だった奴ら限定だ)」

「(それでは例えば中学時代が『現在』になり変わることなんて……ないか)」

「(どうだろう)」


72 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:45:06.08 IkFpQfxH0 61/107


――大学

後輩「……先輩、やっぱり最近変ですよ。元気ないっていうか」

「ん、ああ……」

後輩「わたしが原因じゃないなら話してほしいです」

「(確か後輩は頼ってほしいと……)」

「(しかし後輩に話したところでどうなる? 何が言えるわけでもあるまい)」

「(でもこの状況を共有する相手がいないってのもなかなか辛い)」

「(話してみるか?)」

(事情説明)


73 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:45:54.45 IkFpQfxH0 62/107


後輩「し、信じますよ。わたしは」

「信じてくれるか?」

後輩「先輩がわたしに語ったことですから、信じないわけにはいきません」

「ありがとう……」

後輩「で、その話を信じた上でひとつ言いたいんですけど」

「……」

後輩「もう家には戻らないでください」

「そういうわけにも……」

後輩「何言ってんですか! 命掛ってるんですよ!」

「そうだけど……」


78 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:52:21.79 IkFpQfxH0 63/107


「ふと考えたんだけどさあ」

「思い出が現在を殺しにかかってるんだよな」

「あれは厳密な過去じゃない。俺の記憶の中でだけの過去だ」

「『未来の自分殺し』が全部完了したらどうなるんだろうって」

「少なくとも俺にとっての『今』は」

「『中学時代』にとって代わられるんじゃないか」

「過去の逆襲とでも言うべきか」

「何かそういう状況、切ないなあって」

後輩「……何言ってるのか分かんないですよ」


80 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 17:57:16.97 IkFpQfxH0 64/107


「俺が中学時代の俺に見つかって殺されたとしても、それはそれでいいかなって」

後輩「ほんとに、やめてください」

「俺という存在がこの世からなくなるわけじゃない。中学時代の俺は残るんだ」

後輩「わたしが好きなのは今の先輩ですよ。中学時代の先輩じゃない」

「……」


81 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 18:01:34.77 IkFpQfxH0 65/107


――帰りの電車

「ついてくるのね」

後輩「先輩、わたしが怖いですか? ストーカーとか思ってます?」

「いや、全然。好きな人の命が懸かってるんだもんな」

後輩「……正直、今ほど先輩に対してイラッとしたことはないです」

「分かる。俺もこんなこと言われたらムカつくわ」

後輩「分かりませんよ」

「そうだな」


82 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 18:05:34.40 IkFpQfxH0 66/107


――男の最寄り駅

「言っとくが、流石に家にまでは上げられないぞ。うち実家だし」

後輩「それは大丈夫です。話を聞く限り、家の中は安全らしいですから」

「そうか。……ん?」

「女ちゃん今日のピアノすごかったね!」

「あんなに弾けるなんて知らなかったよ」

「(あれは……)」

後輩「先輩?」

「たいしたことないよー」

「(女! ……いつの?)」


83 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 18:10:42.75 IkFpQfxH0 67/107


「! ……やあ」

「え、俺?」

「きみ以外いないでしょ」

「しかし、きみは……」

「誰? なんか男くんに似てない?」

「男くんのお兄さんとか?」

「今、伴奏者決めのオーディションできみを負かした帰りだよ」

「……!」

「それじゃ、あたしはこの子たちと帰ってる途中だから。ばいばい」

「(そういえば、あれはこのくらいの時期だったか……)」

後輩「先輩、今の人ってもしかして……」


93 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 18:36:31.56 IkFpQfxH0 68/107


「(そうか、あれはちょうどこの時期……)」

「(あの日のことはよく憶えている)」

「(オーディションに落ちてヘコんでた俺は帰りに寄り道しまくって……)」

「まずい! 隠れるぞ後輩!」

後輩「え、何いきなり」

「ふー」

後輩「何なんですか、こんな物陰に」

「俺の記憶が正しければ、もうじき中学時代の俺がそこを通る」

後輩「え」


94 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 18:41:20.56 IkFpQfxH0 69/107


「見つからないように」

後輩「それなら隠れるよりここ離れる方が先でしょ!」

「いや、もう遅い」

後輩「……!」

男’「はあ……」トボトボ

後輩「(ほんとに中学時代の先輩だ……! かわいー……)」

「……よし、行ったな」

後輩「いやー……。そりゃ先輩のこと信じてましたけど、実際にこうして見るとやっぱりびっくりしますね」


95 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 18:47:42.06 IkFpQfxH0 70/107


「ふう、今日はもう帰るよ。何だか疲れた」

後輩「じゃあ家までお送りします」

「悪いな」

後輩「……」

――男の家

「それじゃ。何か付き合わせたみたいで悪かったな」

後輩「いえ、わたしが勝手にやってることですし……。むしろ先輩の方こそ迷惑なんじゃ」

「いや……」

後輩「迷惑と言われても続けますけどね」

「……じゃあ、また明日」

後輩「はい!」


101 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:06:48.66 IkFpQfxH0 71/107


――翌日

後輩「おはよーございます!」

「え……。もしかして昨日からずっと?」

後輩「さすがにそれはないです。ちゃんと帰りましたよ。今朝はちょっと早起きしただけ」

「そうか。これ付きまとい事案として通報できるな」

後輩「通報するんですか?」

「しないけど」

後輩「なるべくしないでいただけると助かりますー」

「ちなみにこれ、これからも続けるの?」

後輩「はい!」

「……」


102 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:11:44.77 IkFpQfxH0 72/107


――

「(それからしばらく、後輩が俺の送り迎えをする生活が続いた)」

「(また、外で女と遭う機会も増えた)」

「(奇妙なのは、やはり女は中学時代の人間であると同時に現在の人間でもあるという点だ)」

「(中学時代の側の人間と一緒に歩いているのに現在の俺に話しかけてきたり)」

「(まあ、それについてはこの現象の中心たる特異点があいつであるから、としか言いようがない)」


103 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:16:22.76 IkFpQfxH0 73/107


――ある夏の日

「(女と道端で遭って立ち話することになった)」

「(向こうの電柱の陰には後輩がいる)」

「(もはや後輩はまごうことなきストーカーと言っていいレベルに達しているが、まあいい)」

「あたしも君も、夏休みだ」

「受験生の夏休みは忙しいだろう」

「まあ、大学生の夏休みは暇だから」

「……頭がこんがらがってくる」


105 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:23:05.41 IkFpQfxH0 74/107


「きみもだいぶ受験勉強に必死みたいだね」

「確か、中三の夏休みはほとんど夏期講習で埋まってたな」

「あたしも似たようなものだけど」

「ピアノは? 続けていたのか?」

「うん。続けているよ。それくらいしか楽しみないし」

「大学受験時は?」

「続けてた」

「……はぁ、すごいなきみは」

「どやあ」

「オーディションで負けたときはすごく悔しかったけど、最近はきみの前で負け犬が板についてきた気がする」

「……そういえば、今の時期のきみはもうあたしのこと好きになってたのかな?」


108 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:28:44.16 IkFpQfxH0 75/107


「どうだったかな。俺としては、人が人を好きになるのに明確なきっかけなんかないというか、このときから好きになった、なんてはっきりとは言えないと思うんだけど」

「確かに。それも正しそうだ。きみが告白してくるのは三月のことだっけ?」

「入試が終わった直後だな」

「何だか、ちょっと怖いな」

「怖い?」

「告白されるのなんて初めてなもんで」

「(……そうだったのか)」


109 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:32:19.41 IkFpQfxH0 76/107


「この街に中学時代が立ち上がってからだいぶ経った。もうかなりの『現在』が殺されているんだろうな」

「……??」

「相変わらずこの話はきみに通じないのか。後輩は分かってくれるというのに」

「ごめん、よく分からない」

「このままだと現在が中学時代にとって代わられる日も近いかもな」

「受験が終わって、君が告白してくるのが三月。今は八月だからまだ半年も後のこと。それでも遠いようで近い未来だと感じる」

「まあ、時間が経つのなんて意外とあっという間……」

「!」

「(今まで考えたことがなかったが……)」


111 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:33:52.72 IkFpQfxH0 77/107


「(今この街に立ちあがっている中学時代もいつか終わるわけだよな)」

「(つまり、三月のいつだったか、卒業式の日を超えれば)」

「(そのとき、この現象はどうなるんだ……?)」


112 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:39:15.18 IkFpQfxH0 78/107


――ある秋の日

「(後輩が付きまとうようになってから数ヶ月……)」

「(別にこいつ嫌いじゃないからいいんだけど)」

「心配だからというのは口実で、本当は付きまといたいだけなんじゃないか」

「(とも思ってしまうな)」

後輩「先輩、声に出てます」

「あ、すまん」

後輩「まー、もちろん先輩と一緒にいたいという気持ちはありますが、面倒なときもありますよ。流石に。それでも続けるのは先輩の命が心配なればこそです」

「そうですか……」


113 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 19:41:56.69 IkFpQfxH0 79/107


「『未来の僕』だ!!」

「(おっ)」

後輩「えっ」

「うぐあ」

後輩「えっ、えっ……」

「(自分殺し見るのも久しぶりだなー)」

後輩「先輩、ちょっと、あれ」

「ああ、お前はあの場面見るの初めてだっけ。大丈夫、死体はすぐ消えるから」

後輩「え、ちょっと、まっ、……ええ?」

「もうかなりの人数がいなくなってるんだろうなー」

後輩「……」ガクガク

「後輩?」

後輩「……駄目だ。急がなきゃ」

「……?」


118 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:10:10.73 IkFpQfxH0 80/107


――秋の終わり頃、大学

「(あれから色々考えたが)」

「(調べたところによると俺らの中学卒業は三月七日のこと)」

「(仮にその日を中学時代の終わりの日だとしよう)」

「(その日までに『現在』が全て殺されていたら、中学時代は何の問題もなく高校時代へと移行できるだろう)」

「(だが一人でも生き残っている奴がいたら……)」

「(どうなるのかはちょっと分からないが、すんなり高校時代が現れるとは考えづらい)」

「……」

「(相変わらず後輩は付きまとってくるが)」

「(最近大学で会うことが少ないな。この講義だってあいつはとってるはず……)」

「(サボりか?)」


122 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:14:10.34 IkFpQfxH0 81/107


――その頃、大学、某所

後輩「(最近危機感が薄れていたけど……)」

後輩「(この前のアレ……。自分殺しを見てしまっては……)」

後輩「(先輩もいつかあんな目に……)」

後輩「(駄目だ。一刻も早くあの現象を終わらせないと!)」

後輩「(でもどうすれば……)」


125 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:19:37.19 IkFpQfxH0 82/107


――男の住む街

後輩「ブツブツ……」

「(こいつ、やけに静かだな……)」

「(今生き残っている『現在』はどれくらいいるのだろう?)」

「(ひょっとしたら既に俺だけだったり……)」

「何というか、変な話だけど、最近どんどんこの街が居心地良くなっている気がするんだよな)」

後輩「えっ……」

「着実にこの街の『現在』の数は減っている。中学時代の濃度は増している」

「そのせいか、やけに懐かしい感じがする」

後輩「先輩、今が中学時代にとって代わってほしいなんて本気で思って……」

「そうなのかもしれないな」

後輩「……」ギリッ


127 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:26:42.02 IkFpQfxH0 83/107


「俺も、中学時代の俺に殺されるべきなのかもしれない」

後輩「あほーっ!」グイッ

「ちょ、何だよ、苦し……」

後輩「何でそんなこと言うんですか! 先輩にとっての中学時代ってそんなに大事なんですか!」

「うぐ……」

後輩「そんなにあの人がいいんですか!」

「そう……だよ」

後輩「っ!」パッ

「ゲホゲホ、あー死ぬかと思った」

後輩「中学時代の自分に殺されようなんて、絶対許しません」

「……」

後輩「早く……」


131 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:44:13.77 IkFpQfxH0 84/107


「お」

「女……」

「何だか取り込み中みたいだね。失礼」

「いや、別に」

「最近、きみからの視線が変わってきた気がするよ。三月一日が楽しみだ」

「楽しみ、ねえ……。当時そんなこと思われてたとしたら泣くなー」

後輩「(この女……)」


132 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:49:48.49 IkFpQfxH0 85/107


「じゃあねー」

「後輩、当面俺が死ぬことはないから大丈夫」

後輩「えっ」

「とりあえず、今この街に立ち現われている中学時代の成り行きは、最後まで見届けたい」

後輩「……そうですか」

「だから、自分から過去の俺の前に出たりはまだしないよ」

後輩「(まだ……)」


133 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 20:55:10.99 IkFpQfxH0 86/107


後輩「(先輩の卒業式は三月七日……)」

後輩「(でも女さんは三月一日と)」

後輩「(たぶん、それは先輩が女さんに告白した日のこと)」

後輩「(……)」

後輩「(わたしにそんなことができるのか?)」


134 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:00:11.16 IkFpQfxH0 87/107


後輩「(問題なのは、三月七日を超えて先輩が生き残っていた場合、先輩の中学時代はどうなるのかということ)」

後輩「(生き残っている『現在』がいるんだから、高校時代への移行はないはず)」

後輩「(でも既に多くの『現在』が死んでるわけで、何事もなかったかのようにはいかない)」

後輩「(それを確認してからでも遅くはないか)」

後輩「(本当に先輩の中学時代を終わらせるためには……)」


135 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:06:13.71 IkFpQfxH0 88/107


――三月七日

「おはよう」

「……」

「……あれ」

「(後輩がいない)」

「(まあこの時間外出するってあいつは知らないし、当然か?)」

「……」

「……行こう」


136 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:08:39.56 IkFpQfxH0 89/107


「(忘れるはずがない)」

「(五年前の三月七日、午後三時ごろ、人気のない空き地で)」

「(俺は女に告白した)」

「(あれで俺の中学時代は終わったんだ)」

「(だからそれまでは見届ける)」

「(その後は……)」


139 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:16:36.24 IkFpQfxH0 90/107


――空き地

「(この辺りでいいか)」

「さむっ」

「……雪か」

「あの日も雪が降っていたな」

「いや、あの日も何も、今日がその日か」

「!」

「あれ、そこにいるのは」

「(しまった!)」


143 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:22:19.74 IkFpQfxH0 91/107


「……何だ、きみか」

「……」

「ということは、あたしの方が先に着いてしまったということだね。きみは何のつもりでここに?」

「じきに俺の中学時代は終わる。最後は、見届けようと」

「その後は」

「彼に見つかって、死のうかなと」

「死ぬ? きみ、そんなこと考えていたのか」

「いや、死ぬわけじゃないな。あの頃の俺は生き続けるから」

「……」

「……」


147 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:30:56.96 IkFpQfxH0 92/107


「これでも結構緊張しているんだよ」

「へえ。意外だな」

「意外じゃないよ。これでもまだ中学生なんだから」

「そうか。そうだな……」

「そろそろ隠れてくれる? きみが来るよ」

「ああ」

――

男’「……」

「(来た)」


151 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:34:47.72 IkFpQfxH0 93/107


男'「悪い、いきなり呼び出したりして」

「大丈夫だよー」

男’「と、とりあえず高校合格おめでとう」

「へへ、ありがとう。そっちこそ」

男’「……ああ」

「……」

男’「……」

「……話って」

「(……)」

「!」

「……!?」

「(あそこにいるのは……後輩?)」

「(手に何か持って……)」


154 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:38:24.21 IkFpQfxH0 94/107


「(……ナイフ?)」

「(まさかあいつ)」

「(女を!?)」

「っ!!」ダッ

後輩「――!!」グッ

「……!」グッ

後輩「せ、せんぱ!? むぐ……」バタッ

男’「何だ今の音」

「さあ? それより、言いたいことがあるんだよね?」

男’「あ、ああ」

「(……)」


156 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:43:34.71 IkFpQfxH0 95/107


後輩「離して……ください。今あの女を殺さないと……!」ググッ

「なぜそんな……」

後輩「先輩はこの告白が終わったら、中学時代の自分の前に立って死ぬ気だったんでしょう?」

「……そうだ」

後輩「それに、仮に今日先輩が生き延びたとしても、先輩の中学時代への憧れが消えない限り、きっと中学時代は何度でも立ち上がります。繰り返します」

「……」

後輩「これからずっと先輩が命の危険に晒されてるなんて耐えられない。全ての中心は女さんなんでしょう? だから彼女を殺せば!」

「後輩……」

後輩「いつまで過去に囚われてるんですか! あんたが生きてるのは今なんだ! それはもう、どうしようもない。だから、今を生きろよ!」

「……お前の気持ち、とても嬉しく思う」


158 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:50:34.61 IkFpQfxH0 96/107


「これからお前にとっては一番腹立たしい、けれど一番分かりやすい説明をするよ」

後輩「……」

「俺はきっと、お前が俺のことを好きなのと同じくらい、女のことが好きなんだ」

後輩「っ……!」

後輩「よく……分かります。分かりますよ。でも!」

「だから彼女を殺そうなんてことは許さない。どうしてもお前が女を殺そうというのなら、俺がお前を殺す」グッ

後輩「うぐっ……!? せんぱい……」

「俺は女にだったら殺されてもいい。お前も、俺に殺されるのなら文句はないよな」グググ

後輩「か……は……」

――

男’「好きだ」

「……」


161 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 21:56:42.63 IkFpQfxH0 97/107


後輩「せん……ぱ……」ガクッ

「……」

「(脈は……)」

「(……まだ生きてる)」

「(他人に暴力振るったことなんてなかったから加減できてるか心配だったけど)」

「(良かった)」

「さて」


163 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:01:16.69 IkFpQfxH0 98/107


「残念だったな。昔の俺。まあ気を落とすな」

男’「! ……!?」

「……やっぱりきみは出てきちゃうのか」

「ああ」

「そこの裏で何やら揉め事があったみたいだけど」

「気付いてた? ……大丈夫。たぶん、あいつは無事だよ」

「それは良かった」

「……ねえ。今になってようやく、これがどういう状況か分かったんだ」

「あたしには分からない」

「どうして自らすすんで、未来を投げ打つことができるのか」


164 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:06:08.95 IkFpQfxH0 99/107


「それでも、ってところなんだよね」

「……」

「未来を見ることが素晴らしいと、今を生きることが大事だと、どれだけ言われても」

「それでも」

「しょうがないんだよ。俺にはきみしかないんだから」

「どうしたものかな。ここにきて、きみにはやっぱり死んでほしくないなんて思ってしまっているあたしもいる」

「きみまでそんなことを」

「まあ、そう言ってもらえると多少は晴れやかな気持ちでいられるな」

「同じ日に二度も告白を受けるのはきついだろうけど」

「大好きだったよ」

「男」

男’「うわああああああああっ!!」


166 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:09:59.44 IkFpQfxH0 100/107


――

後輩「ん……」

「風邪ひくよ」

後輩「う……ん……。せんぱい……?」

「良かった。たいした怪我じゃないみたいだね」

後輩「先輩! 先輩はっ!?」

「……」

後輩「そんな……」

後輩「間に合わなかった……」

「……」

後輩「あんたの! あんたのせいでっ!!」グッ

「……」

後輩「いや……、違う……。……ごめんなさい」

後輩「うう……」

後輩「う……」


170 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:15:06.14 IkFpQfxH0 101/107


――数週間が経って

後輩「(あれから、ある地域のローカル紙の片隅に、一人の大学生の自殺が報じられた)」

後輩「(場所は自宅。首を吊って)」

後輩「(納得が行かなかった。だってあのとき先輩はあそこに……)」

――大学内の喫茶店

「あれから何人か、中学時代の知り合いと話す機会があったんだ」

後輩「中学の……」

「友くんとか。って言っても分かるわけないか」

後輩「それって……」

「うん」


172 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:21:14.80 IkFpQfxH0 102/107


「あたしの中学時代の知り合いは、誰も死んだりなんかしていないよ」

後輩「じゃあ、あれは一体……」

後輩「あの、女さん。今おいくつですか?」

「二十歳。あと数ヶ月で二十一になるけど」

後輩「……」

「この一年、男くんと話していて何度か男くんの言ってることが分からなくなるときがあった」

「でも、今考えてみると何となく分かる気がする」

「あたしも確かにあのとき、あの空き地に男くんといた。男くんが自宅で自殺したなんて信じられない」


173 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:26:30.92 IkFpQfxH0 103/107


「……まあ、もうこの話はよそう。今となっては、分かるはずもない」

「確かなことといえば、あたしの中学時代の同級生は皆今でも元気にやっているということ。……男くん以外は」

「あたしたちだけが何だか妙な記憶をもっているようだけど、きっと忘れた方がいい」

「変わったことなど何もなかったのだから」

後輩「……そうですね」

「ずいぶん、寂しくなったけどね」


175 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:34:37.98 IkFpQfxH0 104/107


――

後輩「結局自分殺しだの、中学時代が立ち上がるだの、全部先輩の妄想だったのかなぁ……」

後輩「でもわたしも見てきたしなー……」

後輩「あれから一度先輩の街に行ったけど、何だか街並みが変わってるし……」

後輩「全部夢だったのか」

後輩「残ったのは先輩の死だけ」

後輩「……分かんないよ、先輩」


177 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:43:02.47 IkFpQfxH0 105/107


――空き地

後輩「……ここか」

後輩「あの日、確かにここで」

男’「でさー」

後輩「先輩っ!?」

後輩「……気のせいか」

後輩「先輩だけあっちにいっちゃったのかなあ」

後輩「はあ」

後輩「……わたしは、これからも生きてゆこう」

後輩「うん」


178 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 22:46:52.42 IkFpQfxH0 106/107


――

(’)「……」テクテク

「やあ」

(’)「お、おう」

「あれ、もしかしてあたしのこと分からない?」

(’)「クラスメートの顔を忘れるわけないだろ」

「ちょっと考えたようだけど」

(’)「そんなことはない」

「家こっちなんだ?」

(’)「ああ」

「あたしも。越してきたばかりだからこの辺りのことよく分からなくて」

(’)「ふーん」


終わり


182 : 以下、名... - 2013/09/26(木) 23:02:34.61 IkFpQfxH0 107/107


今さらスレタイ誤字気付いたしにたい
でもなんかダブルミーニングっぽくなってるしいいか


記事をツイートする 記事をはてブする