1 : 以下、名... - 2019/09/01 01:46:41.28 sddTNlXY0 1/8

結華(って誰もいない。Pたんもはづきさんも出かけてるのかな)

結華(お仕事の報告どうしよう……電話かけてみよう)ピッピッ

プルルル プルルル

結華(あれ、コールがすぐ近くから聞こえる。ん? あのシャツは……)

結華(Pたんの、だよね。スマホも置いてある。事務所にいるのかな? 探してみよっと)

~~~~~~

結華「Pたーん、いたら返事してー?」

…………。

結華(いない。はづきさんも社長もアイドルも、誰もいないや。鍵は開いてたのにおかしいなぁ)

結華(まあPたんに限ってはスマホここにあるし、そのうち帰ってくるでしょ。大学の課題でもやってようかな)

結華(その前に、鍵をかけとかないとね。たまたま三峰が帰ってきたからよかったものの不用心すぎるよ)

~~~~~~

結華「……」カリカリ

結華(静かだねー、寂しいくらい。課題は捗るけどさ)

結華(……Pたんのシャツ、なんでここにあるんだろ。たぶん、汗かいたから着替えたんだよね? こんなとこに放っておかないでほしいな)

結華「……」

結華(……Pたんのシャツ……)

スッ

結華(そんなに濡れてない。渇いたのかな?)

結華「……」クンクン

結華(汗の匂い……それとPたんの匂いも微かに……)クンクン

元スレ
【シャニマス】結華「お疲れ様でーす」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1567270001/

2 : 以下、名... - 2019/09/01 01:51:58.79 sddTNlXY0 2/8


クンクンクン

結華(って、なにやってんの私!?)バッ

結華(い、今のは気の迷いというか、なんというか! 深い意味はないよ決して!?)

結華(……誰に言ってるんだろ……)

結華(元に戻しておこう。誰にも見られてないのが幸いだよ)

ガチャ

結華「!」

「ふぅ、暑かった……って結華? 帰ってたのか、お疲れ様」

結華「お疲れ様Pたん。この脱ぎ捨てられたシャツ、なんとかしてほしいなー」

「あっ! ご、ごめん! 急いでたものだからつい!」

結華「もしかして、鍵かけてなかったのも急いでたから?」

「え? かかってなかった?」

結華「うん」

「ありがとう結華……そして申し訳ない……」

結華「今度から気をつけてよー。泥棒が入ったら大変だからね」

「細心の注意を払うよ」

結華「なんで急いでたの?」

「社長から電話があって、大至急この荷物を駅まで取りに来てほしいってお願いされたんだ。着替えてる途中に」

結華「それにしたって慌てすぎじゃない? シャツを畳み忘れたり、鍵をかけ忘れたり、スマホも忘れたり」

「スマホ? もしかして……」

結華「置いたままだったよ」

「はは……一度に3つもやらかすとは……」


摩美々「プロデューサーせっかちですねー」

結華「!!」


3 : 以下、名... - 2019/09/01 01:55:11.13 sddTNlXY0 3/8

「摩美々、帰って来てたのか」

摩美々「ええ、まあ。1時間くらい前に」

結華「……」

「いたなら、せめて鍵をかけてくれると……かけ忘れた奴が言えたことじゃないけど……」

摩美々「奥の仮眠室で寝てたので、気づきませんでしたー」

「ならしょうがないな」

摩美々「それより、その荷物なんなんですかー?」

「詳しくは教えてもらってないけど、大事な書類らしい。社長室に置いておくよう頼まれたんだ」

摩美々「じゃあ早く置きに行かないとですねー」

「そうだな。あ、冷凍庫にアイスがあるから、よかったら2人とも食べてくれ」

摩美々「はーい、ありがとうございまーす」

結華「……」

摩美々「三峰ー」

結華「っ!」ビクッ

結華「な、なにかな、まみみん!」

摩美々「アイスあるってー。食べるー?」

結華「あー……あとで食べるよ」

摩美々「そ」

結華「……」

摩美々「わ、ハーゲンダッツじゃん。奮発したんだー」

結華「……ねえまみみん」

摩美々「?」

結華「いつから事務所にいたのかな」

摩美々「さっき言ったじゃん。1時間くらい前ー」

結華「三峰は、30分くらい前なんだよね。帰ってきたの」

摩美々「へー」

4 : 以下、名... - 2019/09/01 01:57:39.99 sddTNlXY0 4/8

摩美々「いただきまーす」パクッ

結華「……」

摩美々「♪」

結華「ねえまみみん」

摩美々「なに?」

結華「まみみんって、ずっと仮眠室で寝てたの?」

摩美々「ううん、30分くらい前に起きたー。三峰が帰ってきた時間と同じくらいかもー」

結華「だよね。誰もいないのかなって探したとき、仮眠室にいなかったもん」

摩美々「三峰ー、ハーゲンダッツ本当に食べないの? 美味しいケド」

結華「あとで食べる」

摩美々「ふーん」

結華「……」

摩美々「……」

結華「ねえまみみん」



結華「見た?」

摩美々「は?」



結華「見たよね」

摩美々「なにを?」

結華「なにって……わかるでしょ」

摩美々「着替えたはずのプロデューサーのシャツが、もう汗まみれだったってことー?」

結華「た、確かにそうだったけど! そうじゃなっ……」

結華(いや待って! もしかしてまみみん、ホントに見てない?)

5 : 以下、名... - 2019/09/01 02:00:16.47 sddTNlXY0 5/8

摩美々「プロデューサー、汗かきだよねー。まあこんな暑さじゃ誰だって汗かくかー」

結華「ねえまみみん。起きてから今までなにをしてたの?」

摩美々「起きてから?」

結華「うん。仮眠室から出て、どこ行ってたの?」

摩美々「トイレ行って、また仮眠室ー。エアコンつけて涼みながらスマホ見てたー」

結華「つまり、三峰とすれ違いになったんだ。プロデューサーと三峰と顔合わせるまで、ずっと仮眠室にいたの?」

摩美々「そうだけど?」

結華(よし!! セーフ!!)グッ

摩美々「なんなのさっきから」

結華「なんでもないよ! ハーゲンダッツ食べようかな!」

ガチャ

「ふー、これで1時間くらい休憩できるな」

結華「あっ、Pたんアイス食べる? スプーン用意するよ」

「ん? ああ、ありがとう」

結華「ふんふんふーん♪」

「なんだ、ご機嫌だな」

結華「そうかな! 三峰はいつも通りですよ! はいどうぞっ」

「ハーゲンダッツか。はづきさん奮発したな」

摩美々「美味しいですよー」

「摩美々はもう食べたのか?」

摩美々「ちょっとだけ食べて放置中ー。溶かしてるんですよー」

「なるほど」

6 : 以下、名... - 2019/09/01 02:04:22.46 sddTNlXY0 6/8

結華「三峰も少し溶かそうかなー」

「じゃあ俺も、冷凍庫の外に出しとこう」

摩美々「そういえば三峰ー、匂いどうだったのー?」

結華「匂い? 一体なんのこと……」ピクッ



結華「……匂い?」

摩美々「匂い」



結華「……ぁ……」

結華「ああ、あ……っ……!!」プルプル

「結華!? どうした、顔真っ赤だぞ!」

摩美々「どうだったのー? シャツの……」

結華「わあーーー!! 待って待って待ってぇーーー!!」

「な、なんだ? シャツがどうした?」

摩美々「ふふー、なんでもないですよー」

結華「ううっ……! まみみん、やっぱり……!」

摩美々「偶然通りかかったらー、三峰がこう、くんくんやっててー」クンクン

結華「うわあーーー!! やめて!! それ以上言わないで!!」

「???」

結華「摩美々様、どうかお願いです!! わたくしのハーゲンダッツを献上するのでどうか秘密に!!」

摩美々「別に集ろうなんて思ってないケド」クスクス

結華「じゃあなにが目的!?」

摩美々「三峰の珍しい行動が見られただけで満足ー」

結華「絶対誰にも言わないでね! お願いだよ!」

摩美々「いいよー。コンビニでアイス買ってくれたらねー」

結華「やっぱり集る気なんじゃんっ!」

7 : 以下、名... - 2019/09/01 02:07:17.58 sddTNlXY0 7/8

摩美々「これは取り引きだからー。ハーゲンダッツは可哀想なんで、もっと安いのでいいよー」

結華「オッケー約束ね! 絶対だよ!」

摩美々「私、意外と口堅いから安心してー」

「なあ、なんの話をしてるんだ」

結華「こっちの話っ!」

「お、おう……」

結華(くう、あんなことするんじゃなかった……! 三峰一生の不覚だよぉ……!)カァァ

摩美々「そろそろいいかなー、ハーゲンダッツー♪」


(一方その頃、曲がり角の陰)

恋鐘「結華……! 強敵ばい……!」ゴゴゴゴ


(同時刻、ドアの隙間)

千雪「……」ゴゴゴゴ


(時を同じくして、Pのデスクの下)

凛世「……新たな……恋の“らいばる”でございます……」ゴゴゴゴ



この後、三者によるPのシャツをかけた熾烈な戦いが繰り広げられるのだが、それはまた別の話。


おわり

8 : 以下、名... - 2019/09/01 02:08:02.19 sddTNlXY0 8/8

読んでいただきありがとうございます

限定三峰欲しさに書きました

爆死しそうになったらまた書きます

記事をツイートする 記事をはてブする