1 : 以下、名... - 2019/07/22 23:27:17.65 lIL3ZnEMO 1/10

「おえっ! おろろろろろろろろろろろろっ!」

「ああ、若様……おいたわしや」


本日は快晴であり、波は穏やか。順調な航海。

しかし、慣れない船旅に竜の子は弱っていた。

船酔いに船酔いを重ね、頭はグルグル、身体はフワフワ、足元はおぼつかずフラフラ、そして込み上げる嘔吐感に堪えきれずに、ゲロゲロ。


「ううっ……お空の魔物が羨ましい」


ゲッソリとした面持ちの竜の子は、虚ろな眼差しで船の周りを気持ち良さそうに舞う魔物達を羨ましがり、その華奢な背中をさすり看病をする生贄娘はじっと海面に目を落とし、呟いた。


「私は海中の魔物が羨ましいです」

「え? どうして?」

「若様の吐瀉物があまりに美味しそうなので」

「な、何を言ってるの……?」


ただでさえ船酔いで頭が回らないこの状況で、生贄娘の妄言の意味が理解出来ない竜の子に。


「若様、どうかお願いがあります」

「ど、どうしたの、生贄娘?」

「僅かでもいいので、私にもおこぼれを」

「お、おこぼれって、なんのこと……?」

「私も若様の吐瀉物を味わってみたいのです」

「おかしい! そんなの絶対おかしいから!」


本日も旅の連れ合いの頭はいつも通りおかしく。

海の向こう側を目指す竜の子と、その父である竜王に捧げられた旅のパートナー兼ナビゲーター兼アドバイザーである生贄娘の船旅は、決して順風満帆とは言えずとも、平和であった。


元スレ
魔女「……大人、勃ち?」竜の子「ほえ?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1563805637/

2 : 以下、名... - 2019/07/22 23:32:23.71 lIL3ZnEMO 2/10

「……だい、じょうぶ?」


生贄娘に気持ち悪いことを言われて再び込み上げてきた嘔吐感に苛まれた可哀想な竜の子のことを不憫に思ったのか、甲板でその様子を見つめていた黒ずくめの少女が小さく声をかけた。

胸元に束ねて垂らした漆黒の黒髪と線の細さが印象的な人間だった。


「え? えっと……その……」


人間に声をかけられることに慣れていない竜の子は思わぬことに狼狽え、とりあえず謝った。


「あ、あの……ご、ごめんなさい」

「……どうして、謝るの?」

「き、汚いものを、見せちゃったから」


そう言って、恥じ入るように肩を竦める竜の子を見て、黒ずくめの少女は好感を持った。

もちろん彼女はフードを被った子供の正体に気づいてはおらず、小さな子供が船に酔った姿があまりに気の毒だったので、声をかけてみたにに過ぎない。

そしてそんな弱り切った子供が周りの船客に気を遣うその健気さに胸を打たれ、話を続けた。


「……船は、初めて?」

「あ、はい……だから、酔っちゃって」

「……少し、じっとしていて」


そう言って、おもむろに白く透き通るような肌をした手のひらを竜の子の背中に伸ばして。


「待ちなさい」


静観していた生贄娘に、細い手首を掴まれた。


「……何?」

「それはこちらの台詞です。若様に今、あなたが何をしようとしたのか、答えてください」

「……あなたはこの子の、何?」

「僭越ながらご両親より道中のお世話を任され、現在保護者を務めさせて頂いております」

「……そう。なら、引っ込んでて」

「??」


生贄娘と黒ずくめの少女の会話は成り立っているようで成り立っておらず、船酔いで頭の回らない竜の子にはさっぱり理解不能だった。

3 : 以下、名... - 2019/07/22 23:37:36.46 lIL3ZnEMO 3/10

「……とりあえず、私が若様の保護者だとご理解頂けてますでしょうか? 話はまずそれからです」

「……若様って、この子のこと?」

「はい。名のある高貴なお方のご子息です」

「……どうでもいい。でも、響きは気に入った」


それっきり興味を失ったように生贄娘から視線を逸らし、竜の子に向き直ると、黒ずくめの少女はその場でしゃがみ込んで目線を合わせてから、小さな声で脈絡なく尋ねた。


「……私も、若って、呼んでいい?」

「ほえ?」


いきなり愛称呼びの許可を求められ、頭がグルグルの竜の子はわけもわからずに、思わず自らの母のような間抜けな声を漏らした。


「若様が困っておられます。お控えなさい」

「……あなたには、聞いてない」


初対面であるにも関わらず無礼な態度に憤り、割って入ろうとする生贄娘になど目もくれず、じっと竜の子だけを見つめ続ける黒ずくめの少女の強い視線を受けて、竜の子はたじろぎ、どうしたらいいのか反応に困って、俯くと。


「……あっ」


竜の子は見てしまった。目に焼き付けた。

しゃがみ込んだ黒ずくめの少女の足元を。

露わとなっている、あられもない下着を。


黒かった。

しかも、透けていた。

黒くてスケスケ、つまり真っ黒クロスケな下着だった、なんてそんなくだらない形容をしている場合ではなかった。


「い、生贄娘に怒られる……!」


即座に目を逸らすも、その不審な挙動を見逃さなかった黒ずくめの少女に、問いただされる。


「……若、私の下着、見た?」

「ご、ごめんなさい!?」

「……若は、えっちだね」

「若様、ちょっとお話しがあります」

「ひぃっ!?」


罪には罰を与えるのもまた生贄の務めであると自負している生贄娘に首根っこを掴まれて、お尻を剥かれた竜の子はお尻ペンペンをされた。

4 : 以下、名... - 2019/07/22 23:39:11.43 lIL3ZnEMO 4/10

「あれほど! 日頃から注意してるのに!」

「ごめんなさい! ごめんなさぁいっ!?」


パチン、パチンと。

晴れやかな陽光の下に晒し出された竜の子の小さくて柔らかくて可愛いお尻を叩く音が響く。


「この物語は全年齢対象の健全なお話です!」

「はい! 肝に銘じますから、だから許して!」

「規制されたら一巻のおしまいなんですよ!」

「わかった! もう充分にわかったからぁっ!」

「どうしても仰るなら、私が見せますので!」

「言ってない! ひとことも言ってないよ!?」

「私の下着が見たくないと仰るのですか!?」

「もう何を言ってるのかわかんないよぉ!?」

「僭越ながら私、なんだか漲ってきました!」

「ひぃいいっ!? 漲らないで! 勘弁して!」


エスカレートし過ぎて狂った生贄娘が愉悦を漏らすその間際、黒ずくめ少女が割って入った。


「……もうやめて。若が、かわいそう」


その要請を受け、生贄娘はお尻を叩くのを一旦やめて、今話初の愉悦を邪魔された激しい怒りを込め、恐ろしく冷たい声音で応対した。


「部外者はお下がりください」

「……若を、いじめないで」

「これは躾です」

「……でも、あんなに赤くなって、痛そう」


生贄娘に盛大にしばかれた竜の子のお尻は熟れたリンゴのように赤々と腫れあがり、とっても美味しそう……もとい、とっても痛そうだった。


「……若。すぐに、治してあげるからね」

「あなた、一体何を……」

「……黙ってて」


そっと腫れたお尻に手を添えて、何やら念じると、温かな光が竜の子の臀部を包み込んだ。

5 : 以下、名... - 2019/07/22 23:40:35.70 lIL3ZnEMO 5/10

「あれ? なんだか、お尻が温かい……」

「……もう、痛くない?」

「うん。もう平気。ありがとうございました」

「……どう、いたしまして」


竜の子のお尻を包み込んだ温かな光は、治癒の光だったらしく、それを察した生贄娘はすぐに黒ずくめの少女の正体に気づいた。


「あなたは、『魔女』、なのですね?」

「……答える義務は、ない」


その問いに、黒ずくめ少女は返答を拒否した。


「よもや、この時代に魔女が生き残っているとは思いませんでした。とっくに絶滅したかと」

「……そんなこと、よりも」


黒ずくめの少女改め魔女は、剥きだしのまま晒された竜の子のお尻を指差して、尋ねた。


「……どうして若には、尻尾が生えてるの?」

「ッ!?」


生贄娘は焦る。完全に失念していた。

人間の妻と竜王であるドラゴンの子。

それぞれの特徴を併せ持つ、竜の子。

その可愛いお尻には当然尻尾が生え。

今もフリフリと、右に左に揺れ動く。


その尻尾を誤魔化すべく、生贄娘は咄嗟に。


「これは若様のおちんち……」

「……この物語は、全年齢対象の健全なお話」

「くっ……それを持ち出すのは卑怯ですよ!?」

「……規制されたくないなら、理由を話して」


狡猾な魔女は、規制を盾に自白を求めてきた。

6 : 以下、名... - 2019/07/22 23:42:26.81 lIL3ZnEMO 6/10

「……なるほど。人間と竜の子供、なんだ」


幸いにも周囲には当事者3名の他に誰もおらず、竜の子についての説明はその場でなされた。


「知られてしまったからには仕方ありません」

「生贄娘、魔女さんをどうするつもり……?」


渋々説明をした生贄娘の不穏な空気を感じ取り、お尻ペンペンのこともあって怯えた竜の子が恐る恐る尋ねるとその不安は見事的中した。


「やはり、息の根を止めるしか……」

「早計にもほどがあるよ!?」


物騒なことを口走った生贄娘を慌てて止めて、竜の子は他の方法を考えて考えて、閃いた。


「そうだ! 魔女さん、僕とお友達になろう!」

「……おとも、だち……?」


その単語の意味が咄嗟に理解出来なかった魔女は、反芻するようにもう一度声に出してみた。


「……大人、勃ち?」

「ほえ?」

「この痴れ者が! 若様の前でなんて言葉を!」


規制ギリギリのそのワードに健全な物語を遂行するのが務めである生贄娘は過敏に反応した。


「若様を大人勃ちさせるのはこの私です!!」


自らの務めをすっかり履き違えた生贄娘がそう宣言すると、魔女は威風堂々と張り合った。


「……その勝負、受けて、勃つ」

「字が違ってますよ、痴魔女」

「……ショタコン」

「おっと……これには流石の私もキレそうです」

「……切れ痔?」

「若様ー? 私は切れ痔ではないですよねー?」

「ここで僕にそれを聞くの!?」


バチバチとやり合う生贄娘と魔女の醜い諍いに駆り出された竜の子は、己の不幸を呪った。

7 : 以下、名... - 2019/07/22 23:43:33.64 lIL3ZnEMO 7/10

「とにかく、ふたりともやめて!」

「だって若様、この腹黒魔女が!」

「……このショタコンが全部悪い」


竜の子の教育に悪影響を及ぼさないよう、いつ何時でも丁寧な口調を心がける生贄娘がまるで年相応の村娘のように言葉を乱すその様を見て、案外この2人は相性が良いのかもと思った。


「とりあえず、仲直りして」

「いくら若様の頼みとはいえ、出来ません」

「……舌を噛み切ったほうが、マシ」


ぷいっと互いにそっぽを向く2人に竜の子はなんかもう面倒臭くなりつつも、頑張って諭した。


「生贄娘」

「はい、なんですか?」

「僕の命令が聞けないの?」


竜の子は竜王の子息。

生贄娘は竜王の生贄として捧げられた身。

命令に背くことは生贄の矜持が許さない。


そして何より、僅かでも偉大な父のような威厳を出そうと懸命に眉根を寄せて怖い顔をしようとする竜の子の健気さと可愛らしさに負けて。


「ちぇっ……若様に免じて、許してあげます」


そんな、どこにでもいる村娘のような悪態を吐きながらも、仕方なく生贄娘が嫌々ながらも握手のひとつでもして、それで手打ちにしようとしたのだが、魔女はその手を払い除けた。


「なっ!?」

「……ショタコンが移る」

「じょ、上等です! 切れ痔にしてやります!」


再び勃発した第二次女同士の醜い諍いに今度こそ仲裁を諦めた竜の子は、静かにその場から離れて、独り船室へと戻ったのだった。

8 : 以下、名... - 2019/07/22 23:45:29.80 lIL3ZnEMO 8/10

「んんっ……」


船酔いで体調が優れない竜の子は船室に戻った後、すぐに眠り、気がついたらもう夜だった。


「んっ……若しゃまぁ」


傍らから生贄娘の声がして見やると、彼女は自分ベッドではなく竜の子の隣で寝ていた。

いつもは綺麗に整えられた亜麻色のサラサラの髪の毛がところどころ飛び跳ねており、魔女との戦いの凄まじさを物語っている。


「私は……切れ痔では、ありまひぇん」


そんなあられもない寝言を口にする生贄娘の頭を同じく寝ぼけた竜の子がポンポン撫でると、大人しくスヤスヤ静かに寝息を立て始めた。


「……おトイレ」


何度も失敗している竜の子は学習した。

まだ平気は要注意。まずおねしょする。

だからふらふらと独りで甲板へ向かう。


「……若?」


深夜の甲板には魔女が独り、佇んでいた。

しかし、寝ぼけている竜の子は気づかない。

そのままよちよちと、船べりに向かって。


「……若、危ないよ?」


落っこちる寸前で、魔女に抱きとめられた。


「ううっ……おしっこ」

「……おしっこが、したいの?」

「うん……おねしょすると、嗤われるから」


まだまだ幼い子供の寝ぼけた言動に頬を緩めた魔女は、竜の子のトイレを手伝うことにした。

9 : 以下、名... - 2019/07/22 23:48:03.06 lIL3ZnEMO 9/10

「……若、もう出して、いいよ」

「んんっ……出ない」

「……頑張って」


すぐに出そうでなかなか出ない。

そんなもどかしさに歯がゆい気持ちを覚えた魔女は今、懸命に竜の子の排尿を応援していた。


「ん、んんっ……」

「……頑張れ、頑張れ」

「もう、ちょっと……」

「……若のいいとこ、見てみたい」

「んっ……」

「……そーれ、おしっこ、おしっこ、おしっこ」


ついつい、そうした流れで実は流されやすい魔女が手拍子をしながら放尿を促すと、不意に。


「……何を、してらっしゃるのですか?」

「……っ!?」


竜の子が部屋に居ないことに気づいて甲板まで探しにきた生贄娘に突然背後から声をかけられ、魔女は心臓が止まりかけた。びびった。

すぐに平静を装って、実は不器用な魔女は吹けもしない口笛を吹きつつ、誤魔化そうとした。


「……別に、何も。夜風に当たっていた、だけ」

「ひとつ、お聞きしてもよろしいですか?」

「……何?」

「もしや、あなたは頭がおかしいのですか?」

「……ち、ちち、違う。私は、正常。たぶん」

「まずは、この私が手本をお見せしましょう」


そう言って、生贄娘は魔女から竜の子を取り戻して、そしておもむろに尖った耳をかじった。


「はむっ!」

「んあっ!」


ちょろろろろろろろろろろろろろろろろろん!


「フハッ!」

「……すごい。鮮やかな手際。正直、感服した」

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」


憎っくき魔女を感服せしめた生贄娘は今度こそ溜めに溜め込んでいた愉悦をぶちまけ、夜空に届けと言わんばかり高らかに哄笑を響かせた。

10 : 以下、名... - 2019/07/22 23:49:41.76 lIL3ZnEMO 10/10

「……これからは、師匠と、呼ばせて貰う」

「良い師に巡り会えた幸福を噛み締めなさい」

「……はい。光栄の至り。感謝感激雨あられ」


用を足した後、すぐに眠りについてしまった竜の子を抱きかかえた生贄娘は、さも偉そうに踏ん反りかえって、魔女を自らの直弟子とした。


「では、我が弟子よ。あなたに命じます」

「……なんなりと、ご命令を」

「若様のお友達になってあげてください」


予想だにしない命令に、魔女は目を見開いた。


「若様はずっと孤独でした」


生贄娘は語る。

人間とドラゴンの間に生まれた子供の境遇を。

生贄娘がドラゴンの巣に連れて来られた際、竜の子は初めて、両親以外の他人と知り合った。

初めはどう接すればいいのかわからず、近寄って来なかったが、じっとこちらの様子を伺っていたので、手招きをするとすぐに寄ってきた。


もう孤独な寂しさを我慢しなくていいのかと、こちら伺う臆病な竜の子の視線は、今でも生贄娘の目に焼き付き、思い出す度に切なくなる。


「若様は、とても寂しがり屋です」

「……そう、なんだ」


魔女は、竜の子は自分と同じだと思った。

穴蔵に引きこもることに飽きて、外へ出た。

けれど、世界に魔女の居場所はなく、国によっては火あぶりに処される地域すらあった。


ずっと、独りぽっちだった。

それが当たり前でそれが普通だと思っていた。

だけど、それでも、いや、だからこそ。


「だからこそ、お友達が必要なのです」

「……わかった」


意を決して師の言葉に従い、しっかりと頷いて了承してから、ふと疑問を抱いた。


「……師匠は若の、お友達では、ないの?」


そう魔女が尋ねると、生贄娘はドヤ顔をして。


「私はご両親公認の、パートナーですので」


そう言われると、なんだかムカムカしたので。


「……ショタコン、キモい」

「あっ! 今、絶対に言っていけないことを!」

「……キモいショタコンから、若を取り戻す」

「弟子の分際で何を! 破門にしますよ!?」

「……ショタコンの弟子なんて、願い下げ」


第三次女同士の醜い諍いが勃発したことなど夢にも思わず、竜の子はスヤスヤと眠る。


【竜の子と、大人勃ちになった魔女】


FIN

記事をツイートする 記事をはてブする