1 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:27:47.65 L5E/hPcGP 1/29


春、桜の咲き始める頃。

長いようであっという間だった高校生活三年間を終えた俺は

翌月より始まる大学生活に胸を躍らせていた。

大学といっても俺の学力ではMAXでも二流大学が限界であったが、

大学入学の暁には一人暮らしを許可されており

俺は来たるワンマンライフ・キャンパスライフを思いワクワクを100倍にし

ちゃっちゃか荷造りして早いとこ新居に活動拠点を移す為

卒業式後の級友達との涙涙の別れを終わらせ、たった今帰宅した所である。




元スレ
長門「あなたは死ぬべき」
http://yutori7.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1277922467/

4 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:29:52.95 L5E/hPcGP 2/29



キョン「卒業式・・・思ったより感動的だったな」

キョン「朝比奈さんを送り出した時もそうだったが、まさか涼宮の奴があんなに泣くとは」

キョン「訳の分からん部活、SOS団なんてのを発足した時はどうなる事かと思ったもんだ」

キョン「・・・思えば古泉も朝比奈さんも何であんな部活にホイホイ入部したんだかな」

キョン「長門は部室を貸した流れで入部させられたんだったっけな」

キョン「しかしまぁ、部室でだらだらと過ごしたり、他の部活の助っ人に行った事も今となっては良い思い出か」

キョン「正直、二流大学も危うかったがハルヒと進学コースの古泉のお陰で何とかなったしな」



9 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:32:17.64 L5E/hPcGP 3/29



キョン「こうして部屋を片して色んな物を見てると、色々思い出すなぁ」

キョン「・・・・・お、何だこの分厚い本は?」

キョン「ハイ・・・ペリオン・・・こんな本持ってたっけ」

キョン「・・・・・・・あっ!」

キョン「そうか、こりゃ一年の頃に長門に借りた奴だ」

キョン「いきなり貸すって言われて持って帰ってそのまま忘れてたぜ」

キョン「ほとんど借りパク状態だな・・・長門覚えてるんだろうか」



13 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:34:22.86 L5E/hPcGP 4/29



パラパラパラパラ・・・

キョン「はは、字ばっかりだな」

・・・ハラリ

キョン「ん?」

キョン「栞か。・・・・・・待て、何か書いてあるぞ」


―――午後7時に光陽園駅前公園にて待つ


キョン「・・・・・・は?」

キョン「こりゃあ、長門が書いたのか?ワープロみたいだが確かに手書きだ」



16 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:36:26.25 L5E/hPcGP 5/29



キョン「待て待て待て、三年前に借りた本に挟まってた栞」

キョン「それに書かれた待ち合わせの文章」

キョン「・・・・・・・・」

ピピポパ

プルルルルルル・・・



ガチャ

「もしもし」



20 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:39:16.76 L5E/hPcGP 6/29



キョン「な、長門か?俺だ」

長門「何」

キョン「あのさ、一年の時に借りた・・・ハードカバーの本覚えてるか?」

キョン「ずっと忘れてて今さっき栞に気がついたんだが・・・その」

長門「・・・・・・」

長門「すぐに来て」

キョン「え?」

長門「今すぐに光陽園駅前公園に来てほしい」



19 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:38:25.36 L5E/hPcGP 7/29



キョン「い、今からか?」

長門「早く、今すぐ」

キョン「わ、分かった!すぐに行く」

バタバタ

キョン妹「はれひョン君、どほいふの?」

キョン「物を食べながらしゃべるんじゃあありません!」


ガシャガシャ



23 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:40:44.07 L5E/hPcGP 8/29



自転車をフルスピードで飛ばしたが、駅前に着く頃には辺りは夕暮れていた。

駅前公園の外灯の下、私服姿だったが確かに長門は待っていた。


キョン「わ、悪い・・・この本なんだが」

長門「遅い」

キョン「目いっぱい飛ばしたんだがこんな時間になっちまった」

長門「そうじゃない、今日の時間ではない」



長門「私は三年近くここで毎日待っていた」

長門「遅い。あまりに遅すぎる」



25 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:42:34.79 L5E/hPcGP 9/29



キョン「は!?冗談だろ・・・どっかで止めるだろ普通」

長門「私はあなたが来ると思っていた」

長門「本来、ここから私のマンションに移動し粗茶を振る舞いながらあなたに話したい事があった」

長門「あなたに言うべき事は、もはや鮮度も必要性もほぼ失われているが」

長門「もうこの場で言う、耳の穴をかっぽじりしっかり聞くがいい」

キョン「おい、長門?」


長門「私と涼宮ハルヒは普通の人間じゃない」



27 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:44:01.35 L5E/hPcGP 10/29



長門「私は情報統合思念体によって作られた対有機生命体コンタクト用ヒューマノイドインターフェース」

長門「長ったらしいので宇宙人で構わない」

長門「私の仕事は涼宮ハルヒを監視する事」

長門「涼宮ハルヒには何も無い所から膨大な情報を生み出す力があり」

長門「すなわち周囲に自分の願望を実現化する事ができた」

長門「それは進化の可能性として統合思念体に中学時分から重要視されていた」

キョン「すまん、さっぱり分からん」

長門「信じてとか言わないから兎に角聞いて」



32 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:45:43.63 L5E/hPcGP 11/29



長門「あなたは涼宮ハルヒの行動のキーとして同時に重要視されていた」

長門「危機が迫るとすればまずあなた」

長門「それを伝えたくて私はあなたをここに呼び出していた」

長門「三、年、前、にね!」

キョン「そ、そうだったのか・・・」

長門「それを伝える事により、あなたはこの事態を知り」

長門「私、朝比奈みくる、古泉一樹らと共に涼宮ハルヒの能力によって引き出されるドタバタを何だかんだ言いながら収束させるはずだった」



35 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:47:28.89 L5E/hPcGP 12/29



長門「だが全部予定が狂った」

長門「まず、私が一番初めにあなたに接触するはずだった」

長門「なのにあなたは来ない、どれだけ待ってもこない予定が進まない」

長門「季節が移り変わるも健気にここで待ち続ける私をどう思う」

長門「近所の子供と親には『ママ、あのおねえちゃん今日もいるよ』『しっ、指差しちゃいけません』的なやりとりを目の前でされ」

長門「巡回中の警察官にはいつしか『いつもご苦労様です』なんて労いの言葉まで掛けられるようになり」

長門「一度クラスメイトに遭遇した時は恥ずかしさで顔からインフェルノ」

長門「三年に渡りとんだ恥をかいたもの」



39 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:49:44.74 L5E/hPcGP 13/29



長門「それだけじゃない」

長門「この人類などとは一線を画すヒューマノイドインターフェースのこの私が朝比奈みくると古泉一樹に不本意にも頭をさげ」

長門「『待って欲しい、私が一番初めに話すから!』と懇願する姿は正に滑稽」

長門「ちなみに朝比奈みくるは未来人で古泉一樹は超能力者ね」

長門「観察対象の変化のなさに痺れを切らした朝倉涼子があなたを殺そうと企てだしたので内密に処分したことも誰も知らない」

長門「本来その後から私はメガネっ娘じゃなくなるはずだったのに三年間掛け続けたこの立派なメガネ痕を見よ」



45 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:51:44.95 L5E/hPcGP 14/29



長門「また涼宮ハルヒも涼宮ハルヒで何故かだんだんマトモになってきおって」

長門「困ってる部活の助っ人をしようだとか率先して学校行事に協力しようだとかトチ狂った事を言い出す始末」

長門「予定通りならば、あなたは涼宮ハルヒと二時間三十分この世界から消えていたり」

長門「皆で終わらない夏休みを15532回もループしたり」

長門「孤島で古泉一樹のグループが企てた名探偵ごっこをしたり」

長門「隣のコンピ件部長が行方不明になったり」

長門「朝比奈みくるが敵対勢力に誘拐されたりするはずだった」



47 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:54:31.31 L5E/hPcGP 15/29



長門「あ、周防九曜とか橘京子とか藤原とか知ってる?知らないよね」

長門「あなたの知り合いの佐々木とかいうボクっ娘のグループが我々と敵対するはずだった」

キョン「佐々木か、懐かしいな」

長門「そんな彼女らも出番ナシ、あなたのせいで見せ場ナシ」

長門「あと3年前の七夕の日に朝比奈みくると時間移動して涼宮ハルヒに会いに行くはずだった」

長門「そこであなたはジョンスミスとかいうダサい名前を名乗らなければならなかった」

長門「仕方がないから私が済ませた感謝しろ」



54 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 03:57:58.22 L5E/hPcGP 16/29



長門「ちなみにクリスマスに私がエラー蓄積で世界を改変とかするはずだった」

長門「しかしそんなチャチなエラーじゃないくらいのストレスを受けた私は」

長門「鉄は打てば強くなる、カノン島の鬼くらい何があろうと揺るがない自我を持った」

長門「おかげでそんなイカれた行動を起こす事もなかった」

長門「ジョンスミスの名はその歳必要だったがそれも無意味に終わった」

長門「世界改変すればあなたのわき腹を朝倉涼子にナイフで一突きさせれたもののそこだけは残念で仕方ない」



56 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 04:00:20.19 L5E/hPcGP 17/29



長門「そして私は放課後も休日も制服で過ごす神秘的無口無表情キャラだったのに」

長門「マトモになった涼宮ハルヒに団活もといお出かけする度服を選らばされ何このおしゃれさん」

長門「おかげで部屋は服がいっぱい物いっぱいあなたなんて家にあげてやるもんか」

長門「それによりクラスでも友人が出来て充実した毎日まさにリア充」

長門「それでも毎日午後7時30分前後はここであなたを待ち続けた」

長門「ハチ公にも匹敵する健気なこの私を崇めろ称えろ敬い尽くせ」



58 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 04:03:25.63 L5E/hPcGP 18/29



長門「今日だって友人に夕方6時から卒業パーティに誘われていたのに」

長門「見てこの今日の為に用意したおろしたての服似合ってるでしょそうでしょ」

長門「これでクラスの皆に『ゆっきー何でも似合うから可愛いね』なんてチヤホヤされるはずが」

長門「何故今日になって栞を見つけて連絡してきたこのスットコドッコイ」

長門「もう涼宮ハルヒの能力も消えたし卒業と同時にお役ご免で普通の人間として生活できる事になってたのに」

長門「なんで三年も待ったせた挙句卒業式の今日にしたええおい」



61 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 04:09:07.70 L5E/hPcGP 19/29



長門「す、少しは考えて行動してほしい・・・」

長門「ぜぃぜぃ・・・」

キョン「・・・・・・あー、えっと」

キョン「よ、よく噛まずに喋れるなお前」

長門「返してほしい」

キョン「あ、本・・・?」

長門「私の三年間」

長門「あなたは私に多大な感謝を寄せるはずだった、私が宇宙人的パワーであなたを何度も助けたから」



64 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 04:12:50.31 L5E/hPcGP 20/29



長門「それであなたに何かと気にかけてもらったりするはずだった私の三年を返してほしい」

キョン「・・・・・いやしかしそう言われても」

長門「三年間待ち続けたせいで憎しみ通り越して好きになってしまった私をどうしてくれる」

キョン「な、長門?」

長門「この気持ち一体全体どうしてくれる」



長門「あなたは私と付き合って私を幸せにするべき」




66 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 04:14:54.63 L5E/hPcGP 21/29



キョン「長門・・・」





キョン「ごめん俺ハルヒと付き合ってるから」

長門「あなたは死ぬべき」









85 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 07:16:44.05 7BH3CXEh0 23/29


長門「あなたは死ぬべき」

キョン「……」

キョン「……え?」

長門「あなたの人間性は正直肯定しがたい。死ぬべき」

キョン「ちょ、ちょっと待った!なんだいきなり!俺何か怒らせるしたか?」

長門「否。正確には『してきた』」

キョン「な、なんのことだ?お前に何かした心当たりなんかないぞ?」

長門「私だけじゃない。あなたはあなたの周囲に対し、あまりに配慮が足りない」


88 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 07:32:36.79 7BH3CXEh0 24/29


長門「まず例を挙げるとしたら、ナンパ好きなあなたの友人」

キョン「谷口か?谷口なんかに気を使っても仕方ないだろ」

長門「あなたは気を使ってもらっているのに?」

キョン「は?俺がいつ……」

長門「あなたはクラスで話す友人はいる?」

キョン「そりゃまぁ国木田とか谷口とか……」

長門「他には?」

キョン「えーっと……」

長門「……」

キョン「いやまているぞ⁉ただパッとでてこないだけでクラスの奴らと話すことだってあるし!」

長門「……」

キョン「そりゃまぁ自分から率先して話しかける訳じゃないけど……」

長門「朝倉涼子の報告では、あなたは二人と話す以外は机に突っ伏しているかボンヤリしているのが大半」

キョン「……騒ぐのとか、苦手でね」


89 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 07:52:01.61 7BH3CXEh0 25/29


長門「それ」

キョン「……なんだよ」

長門「あなたがクラスで話す友人が少ないのは正にそういった態度が大きい」

キョン「は?」

長門「友人同士の会話で重視されるのはテンション。多少興味を引かない話題でも、楽しそうに話してくれたり此方に合わせた相槌をうってくれればこちらも楽しい」

長門「あなたは逆」

長門「常に低いテンション。批評家気取りで上から目線で相槌をうつ。話しているとテンションが下がる」

キョン「……つまらない話なら仕方ないだろ」

長門「あなたの話は聞いてもらっているのに?」

キョン「誰もそんなこと頼んじゃいない。つまらなければ俺みたいにすりゃいいだろう」

長門「それはあなたの都合。それを良しとするのはあなただけ。共同体に属しているならば周りに合わせることも必要」

キョン「好きでいる訳じゃねぇよ」

長門「ならば辞めればいい」

キョン「そんな訳にいくか!」

長門「ならば合わせるしかない。周りはあなたの肉親ではないのだから」


91 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 08:09:27.02 7BH3CXEh0 26/29


長門「話がそれた」

長門「あなたの友人はそれでもあなたに話しかけてくれている。それは感謝するべき事」

キョン「なんで俺が……」

長門「あなたの友人は交友が広い」

キョン「……は?」

長門「自分から率先して人と話そうとしないあなたが、クラスメートとの関係を持っているのは彼の影響が大きい」

長門「あなたの友人の知り合いだから。それが取っ掛かりとなって関係を持てた」

長門「無論、それが無くても関わりはあったかもしれない。しかし今あなたがクラスメートとの交友があるのはあなたの友人のおかげ」

長門「あなたの友人は意図してやった訳ではないかもしれない。しかし、彼がいなければあなたのクラスでの位置はきっと今と同じではない」

キョン「……ただの女好きのナンパ野郎だよあいつは」

長門「それはいけない事?」

キョン「は?」


93 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 08:53:52.48 7BH3CXEh0 27/29


長門「男性が女性に惹かれるのは自然な事。私はおかしいとは思わない」

キョン「いや、あいつのはおかしいだろ。女子のランク付けとかしてるんだぜ?」

長門「……それは確かに褒められた行為ではないかもしれない」

キョン「だろ?」

長門「しかし彼が女性にアプローチをかけている事は悪い事ではないと思う」

キョン「なんでだよ。軽いだろそんなの。なんか誠意みたいなものが感じられん」

長門「大切なのは出会い方だけではない。それからどうするか。彼は自分の求めているものを得ようと邁進している。それが悪い事とは思えない」

長門「人に好かれたいからまず自分の好意を伝える。合理的であるし、誠意もあるのでは?」

長門「少なくとも、ただ愚痴を言うだけより建設的」

キョン「あーもう面倒くせーな」


94 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 09:22:31.84 7BH3CXEh0 28/29


長門「あなたは基本的に人を見下す癖がある」

キョン「あぁ?」

長門「古泉一樹についてもそう。あなたの彼に対する態度は横柄すぎると感じる」

キョン「別にそんなつもりはないけどな。あいつは機関の人間で俺は巻き込まれた一般人だ。なんで下手にでなきゃならん」

キョン「そーだよ俺は巻き込まれただけなんだ。気がついたらハルヒの奴に……」

長門「それはあなただけじゃない」

長門「私達や古泉一樹も一緒。特に古泉一樹はあなたと同じ境遇で今の状況に置かれている。文句も言わずに」

キョン「それは……。でもあいつにゃ超能力とかいうデタラメな力があるじゃないか」

長門「そして閉鎖空間で神人と闘うことになった。命をかけて」

キョン「……」

長門「彼も望んで今の位置にいる訳じゃない。ただ受け入れただけ。あなたと違うのは、そこだけ」

長門「閉鎖空間外での彼は普通の男子高校生。それがあなたを気遣い、涼宮ハルヒを気遣い、衝突を調整し、その後始末をしている」

長門「あなたはそれに、自分は巻き込まれただけだ、お前らの責任だろうと愚痴や文句を言うだけ」


95 : 以下、名... - 2010/07/01(木) 09:46:52.34 7BH3CXEh0 29/29


キョン「俺に何ができるってんだよ」

長門「なにも」

キョン「……」

長門「あなたは何もできない。特別学力に秀でている訳でも、運動能力が優れている訳でもない。コミュニケーション能力が高い訳でもなければ意欲がある訳でもない。それなのに何故人を見下せる?」

キョン「……」

長門「あなたが人を上から評価できる要素などないのに、何故あなたは偉そうなの?」

長門「人には求めておいて自分が求められると怒り狂う」

キョン「……」

長門「私があなたに言いたいのは一つ。私はあなたを死ぬ程軽蔑している」

キョン「……」

長門「それじゃ」パタン

キョン「……」


キョン「……ちくしょう」


おわり。
荒らしすら来なくてワロタ


記事をツイートする 記事をはてブする