1 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:19:07.18 oHFt5bdA0 1/49

「お、黒猫だ」

黒猫「…」

「そんなとこにいると、危ないぞ」

黒猫「にゃーん」

「チッチッチ」

黒猫「にゃーん」

「あ、魚肉ソーセージがあったな」ゴソゴソ

黒猫「…」

「ほれ、こっち来いこっち来い」

黒猫「にゃーん」トコトコ

元スレ
男「終末の大通りを黒猫が歩く」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1318677547/

3 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:23:13.31 oHFt5bdA0 2/49


執事「なーんだ??」
http://hamham278.blog76.fc2.com/blog-entry-16.html
http://ayamevip.com/archives/52776457.html

男「30 minutes instant radio」
http://hamham278.blog76.fc2.com/blog-entry-30.html
http://ayamevip.com/archives/53568244.html

の続きですが、読まなくても別に問題ありません。

5 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:26:37.96 oHFt5bdA0 3/49

「ほら、こっちこっち」

黒猫「にゃーん」トコトコ

「ん、ここなら安全」

黒猫「…」モグモグ

「可愛いなあ」

黒猫「…」モグモグ

「お前、野良か??」

黒猫「…」モグモグ

「首輪してないしなあ」

6 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:31:23.53 oHFt5bdA0 4/49

黒猫「にゃ」

「あ、そう、バイバイ」

黒猫「…」トコトコ

「明日も持ってきやるよー」

黒猫「…」トコトコ

「…」

「野良っぽい割には毛並みはよかったなあ」

「…」

「帰るか」

7 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:37:20.64 oHFt5bdA0 5/49

―――

「いよう」

黒猫「にゃーん」

「今日はチーズを持ってきてみたんだけど」

黒猫「…」ハムハム

「うまい??」

黒猫「…」ハムハム

「ははは、腹減ってんだな」

黒猫「…にゃ」

「ん、明日は何がいい??」

黒猫「…」トコトコ

「可愛いなあ」

10 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:42:17.64 oHFt5bdA0 6/49

―――

「いよう」

黒猫「にゃーん」

「今日はオニオンリングを」

黒猫「ふしゃー!!」

「な、なんで怒ってんだよ」

黒猫「ふしゃー!!」

「た、食べませんか」

黒猫「…」フルフル

「そっか、嫌いなのかな…」

13 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:46:31.50 oHFt5bdA0 7/49

―――

「いよう、今日は…」

少女「…」

「ごめんなさい、間違えました」

少女「ううん、間違ってない」

「いや、あの」

少女「今日はソーセージ??チーズ??」

「え…」

少女「それとも違うもの??」

「えっと、スルメ…」

少女「ちょうだい」

「あ、うん」

14 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:50:19.36 oHFt5bdA0 8/49

少女「…」シガシガ

「…」

少女「辛!!味濃すぎ!!」ペッペッ

「あ、ごめん」

少女「猫にこんな味濃いもの食わそうと思うなんて、この悪魔!!」ペッペッ

「君人間じゃん」

少女「ちゃんと黒いでしょ」

「服がね」

少女「耳もあるでしょ」

「それフードだよね」

16 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 20:55:02.61 oHFt5bdA0 9/49

少女「かぎしっぽも」

「それもパーカーから生えてるだけだよね」

少女「…」

「まあ、いいけど」

少女「ご飯ありがとう」

「はいはい」

「で、本当の黒猫は??」

少女「だから、私が…」

「はいはい」

少女「信じてない」

「うん、その通り」

18 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:01:11.84 oHFt5bdA0 10/49

「スルメが微妙だったのなら昨日の残りのチーズも少しあるけど…」ガサガサ

少女「そっちがいい」

「はい」

少女「…」ハムハム

「どう??」

少女「…」ハムハム

少女「うまい」

「そりゃあよかった」

少女「最初からこっちがよかった」

「そりゃあ悪かった」

19 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:07:42.36 oHFt5bdA0 11/49

「あ、君が本当に黒猫だったら、の話なんだけど」

少女「なに??」

「これ、首輪でもあげようと思ったんだけど」チリン

少女「…」

「さすがに女の子の首に巻くのは…倫理的にどうかな」

少女「ほしい」

「あ、そう」

少女「手首に巻く」

「ああ、そうね、それがいい」

少女「…」

「ん」

少女「巻いて」

「はいはい」

21 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:12:22.75 oHFt5bdA0 12/49

少女「似合う??」

「ん、ありだね」

少女「なんで『K』って書いてあるの??」

「黒猫と言えば『K』だからだよ」

少女「よくわからん」

「そういうものなんだよ」

少女「そ」

「君、名前あるの」

少女「ないの」

「じゃあちょうどいい」

少女「なにがちょうどいいって??」

23 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:19:14.78 oHFt5bdA0 13/49

「だから名前」

少女「なんであんたに名前つけてもらわなきゃいけないのよ」

「…そうね」

少女「名前なんかいらないの」

「そうかい」

少女「でもこの『K』は外さないでいてあげる」

「はっは」

少女「なによ」

「このツンデレめ、と思ってね」

少女「馬鹿じゃないの」

「…」

25 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:23:26.67 oHFt5bdA0 14/49

少女「あんた、こんな時間に出歩いていて家族は心配しないの」

「君には言われたくないけど…」

少女「気にするな」

「うちの親はこの時間、まだ家にいないから」

少女「共働き??」

「仲良くパチンコ」

少女「…」

「どうしようもない親さ」

少女「…」

26 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:27:31.89 oHFt5bdA0 15/49

「あ、別に同情してほしいなんて思ってないからね」

少女「ど、同情なんてしてないし」

「あー惜しいな」

少女「は??」

「『ど、同情なんてしてないんだからね!!』なら完璧だったのに」

少女「馬鹿じゃないの」

「…」

27 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:32:07.47 oHFt5bdA0 16/49

少女「で、毎晩ご飯買って帰るわけ」

「妹がいるからね」

少女「いくつ??」

「今4歳…かな」

少女「離れてるわね」

「ああ」

少女「4歳の子を家に残して親はパチンコ??」

「そういうこと」

少女「じゃああんたも早く帰ってあげなきゃ」

「もう寝かしてきたから、大丈夫だよ」

少女「そう」

28 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:36:59.81 oHFt5bdA0 17/49

少女「ねえ」

「ん??」

少女「なにか、願い事をかなえてあげる」

「はあ??」

少女「願い事、ないの」

「…」

「馬鹿じゃないの」

少女「…」ゲシゲシ

「痛い!!痛いごめん痛い!!」

少女「ふしゃー」ゲシゲシ

「言ってみたかっただけですごめんなさい!!」

少女「ふしゃー」ゲシゲシ

29 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:41:27.72 oHFt5bdA0 18/49

「願い事って…そんなおとぎ話みたいな」

少女「ご飯のお礼」

「はあ」

少女「恵んでくれたご飯3回分の願いをかなえてしんぜよう」

「ははー」

「って言うと思ったか」

「大人をからかうのはやめなさい」

少女「大人ってね、私あんたよりも長く生きてるんですけど」

「嘘吐け」

31 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:46:05.31 oHFt5bdA0 19/49

少女「ほらほら、すごいお願いでも、しょうもないお願いでもいいんだよ」

「…」

少女「ないのか」シュン

「あーあれだな」

少女「??」

「流星群が見たい」

少女「は??」

「流星群だよ」

「空一面の星の流れが見たい」

少女「はあ…そんなんでいいの」

33 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:54:45.41 oHFt5bdA0 20/49

少女「じゃあ…」

「??」

少女「…」ブツブツ

「呪文かなんかか」

少女「さ、空見てみて」

「ん??」

「うおっすげえ」

キラキラ

少女「きれいでしょう」

「はは、すっげえ」

34 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 21:59:58.04 oHFt5bdA0 21/49

「これ、いつまで見れるんだ??」

少女「今晩中は流れてるよ」

「はは、寝るのがもったいなくなるな」

少女「こんなお願い事したのはあんたくらいだよ」

「正直信じてなかったからな」

少女「でしょうね」

「他にも、こんな風に願いをかなえてあげた人がいるのか」

少女「うん、何人かね」

少女「色んなお願いを聞いてきたけど、流星群ってのは初めてよ」

「でも、これはすげえわ」

少女「信じた??」

「ああ、信じた」

35 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:07:10.08 oHFt5bdA0 22/49

少女「あと二つあるよ」

「んー」

少女「どうする??」

「それ、明日でもいいか」

少女「??」

「一気に使っちゃうともったいない気がするからさ」

少女「まあ、いいけど」

少女「そのかわり、明日もチーズちょうだい」

「はいはい」

36 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:11:33.10 oHFt5bdA0 23/49

―――

「いよう、今日は高級チーズ買ってきたよ」

少女「わお」

「おれも半分食べるからね」

少女「ありがと」

少女「…うん、おいしい」モチャモチャ

「チーズ専門店ってのがあるんだな。知らなかった」モチャモチャ

少女「高かったの??」

「うん、普通に生活してたら買わないレベル」

少女「いいの??」

「昨日いいもの見せてくれたお礼だから」

37 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:16:10.90 oHFt5bdA0 24/49

「君は神様??」

少女「さあ、どうだろうね」

「おれが食べ物をあげなかったら、どうなってたの??」

少女「路地裏をうろうろして、食べ物を漁ってたよ」

「猫みたいに??」

少女「猫みたいに」

少女「あ、でもこの姿じゃやらないよ」

「そりゃそうか」

少女「さ、願い事、どうするの」

「そうだなー」

39 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:21:00.16 oHFt5bdA0 25/49

少女「お金持ちにもしてあげられるよ」

「でも、そういう願い事をした人って、たいてい不幸になるよね」

少女「あー、うん、まあね」

「高校出たらすぐ働いて、妹を食わしていくつもりなんだけど」

少女「へえ」

「一気に金持ちになったって、どうせ使い道がわからず散財するか金銭感覚が狂うだけだよ」

少女「そうね、そういう人、多いわね」

「だからお金はいいや」

少女「そう」

40 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:27:22.44 oHFt5bdA0 26/49

少女「働くあてはあるの??」

「今バイトしてるとこがさ、雇ってくれそうなんだ」

少女「大変じゃない??」

「そりゃあ大変だろうね」

「でも、こんな世の中だし、就職先が一応あるってだけでも感謝しなきゃ」

少女「そういうもんかしら」

「どの道大学に行く余裕なんてないし」

少女「…」

「だから、願い事は」

少女「??」

41 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:34:03.38 oHFt5bdA0 27/49

「オーロラが見たい」

少女「あんた、マジで言ってるの」

「うん」

少女「呆れた…」

少女「昨日の今日で今度はオーロラねえ」

「はは、変かな」

少女「大金持ちになれば、いくらでも見に行けるじゃない」

「そりゃそうかも知れないけど」

少女「はあ」

「死ぬまでに一回見てみたかったんだ」

少女「はは」

44 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:42:29.16 oHFt5bdA0 28/49

「ダメかな」

少女「いいよ」

少女「…」ブツブツ

少女「そんな願いじゃ私も消化不良だから、ちょっとサービス」

「うん??」

少女「ほら、できたよ」

ふわぁー

ブゥン…プツンプツン…

「うおお、きれい!!」

少女「こんな街中で見たって、きれいに見えないからね」

少女「街中停電のおまけつき」

「それ、いいのか」

46 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:46:36.65 oHFt5bdA0 29/49

「しかしすっげえ…」

少女「さ、行くよ」

「行くってどこに」

少女「しっぽに掴まって」

「こう??」ギュ

少女「よっ」

ビュン

「うおおい!!」

少女「しっかり掴まってなよー」

「高い!!怖い!!空怖い!!」

48 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:53:34.38 oHFt5bdA0 30/49

スタン

少女「ほら、ここならもっときれい」

「ここ、どこ??」ゼエゼエ

少女「この街で一番高いビルの上」

「あーあー」

少女「どう、きれいでしょ」

「ああ、この景色一生忘れないよ」

少女「高いところ、苦手だった??」

「まあね」

「でも、上だけ眺めてる分には平気」

少女「そっか」

49 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 22:57:14.62 oHFt5bdA0 31/49

「これも、明日までしか見れないのか」

少女「ううん」

少女「せっかくだから、いつでも見れるようにしておいた」

「マジで」

少女「まあ、毎日は無理だけど、それなりに条件がそろえば見るのは難しくないよ」

「条件って??」

少女「気温とか、湿度とか、天候とか」

「でも寒くないぜ」

少女「寒くなくても見えるようにしておいたの」

50 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:01:30.51 oHFt5bdA0 32/49

「よくわからんが、そういうふうに変えたってことか、オーロラを」

少女「そういうこと」

「難しくないのか」

「ちょっと呪文呟いただけじゃん」

少女「そんなの、簡単に変えれるよ」

「そうなのか…」

少女「そのかわり、ちょっと日本の天候が狂っちゃったけどね」

「どれくらい??」

少女「雲の上に雨が降るくらい」

52 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:08:21.90 oHFt5bdA0 33/49

「それ変じゃない??」

「ていうかヤバいんじゃない??」

少女「まあ、気にすんな」

「農家の人困るじゃん」

「ダム干からびるじゃん」

少女「難しいんだよ、戻すの」

「変えるのは簡単なのに??」

少女「変えたくて変えたわけじゃないもん」

「ううむ」

53 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:12:22.92 oHFt5bdA0 34/49

「他には??」

少女「四季がちょっと…」

「変になったんか」

少女「うん」

「…」

少女「ああ、気にしなくていいよ」

少女「ゆっくり直しておくからさ、しばらくの我慢」

「はあ」

少女「最後の願い事は、また考えといて」

「…うん」

58 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:16:25.44 oHFt5bdA0 35/49

―――

「…おう」

少女「あら久しぶり…って、どうしたの、その顔!!」

「親父に殴られた」

少女「どうして」

「稼ぎが少ない、だの、飯がまずい、だの」

少女「ひどい」

「はっは、最低な親父だよ」

少女「待って、治してあげる」

シュウウウウン

「…そんなこともできるのか」

少女「これは特別にノーカウントにしてあげよう」

60 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:21:06.52 oHFt5bdA0 36/49

「ごめんな、来れなくて」

少女「いいのいいの、適当にゴミ箱とか漁ってたしね」

「ここ数日、あいつらの虫の居所が悪くてさ」

少女「ふうん」

「妹が、危なかったんだ」

少女「虐待??」

「まあ、そんな感じ」

少女「通報したら??」

「いや、そんなことしても、無駄だよ」

少女「無駄ってこと、ないでしょうに」

62 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:27:47.52 oHFt5bdA0 37/49

「アル中でギャンブル依存症で最低なやつらだけどさ、頭が悪いわけじゃないんだ」

少女「でも…」

「余所にはわからないようにしてるし、何より妹になにかあったら…」

少女「妹さんを連れて逃げたり」

「そのつもりだったけど、でも無理だよ」

「少なくとも、金は向こうが握ってる」

「それを手に入れなければ、どうにもなんないよ」

少女「そっか」

「もう、嫌になっちまったよ」

63 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:31:04.95 oHFt5bdA0 38/49

少女「願い事、使う??」

「うん…」

少女「どんな願いにする??」

「最初は、さ」

少女「ん??」

「あいつらを殺してくれって、願おうとしたんだ」

少女「最初って??」

「君が『願いをかなえてあげる』とか言い出したとき」

少女「ふうん」

64 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:35:26.93 oHFt5bdA0 39/49

「そしてそれが叶うと思えば、なんだか優越感に浸れて、さ」

少女「いつでもお前らなんて殺せるんだぞ、って??」

「そうそう、まさにそんな感じ」

少女「そっか」

「妹を連れて逃げることだって、叶うと思った」

少女「じゃあどうして最初にそれを願わなかったの??」

「…」

少女「??」

「わからない」

「でもなぜか、最初にそれを考えたとき、最後の願いにしようと思ったんだ」

65 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:39:49.76 oHFt5bdA0 40/49

少女「一応忠告しておきますけど」

「…うん」

「やっぱり人を殺す願いは、無理だったかな」

少女「ううん、叶えることができるよ」

「…」

「…」

「そっか」

少女「叶えられない、っていうのを、どこかで期待してたでしょう」

「…はは、なんでもお見通しなんだな」

66 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:43:40.91 oHFt5bdA0 41/49

少女「叶えられるよ」

少女「だけど、他人の死を願うと、業を背負うよ」

「業、ね」

「ていうか他人じゃなく、肉親だけど」

少女「自分以外の人間っていう意味よ」

少女「今後のあなたの人生が幸せになるとは限らないわ」

「まあ、そりゃそうか」

少女「どうする??」

「…」

少女「怖気づくなら人の死は願わない方が」

「いや、待って」

少女「ん」

67 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:47:35.12 oHFt5bdA0 42/49

「心の汚れている人間を、この世から消し去ってくれ」

少女「…」

少女「それが願い??」

「うん」

少女「本当にそれでいいわけ??」

「うん」

少女「…」

「それなら、他人の死を願うわけじゃなく、世の中のためを願うってことになるだろ」

「で、それが自分の利益にもなる」

少女「…わかった」

少女「確かにこの世は、少し汚れ過ぎたわね」

68 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:53:23.13 oHFt5bdA0 43/49

「じゃあ、よろしく」

少女「ん」



「…」

少女「今晩は、またオーロラが見えるわね」

「…」

少女「大人しそうな子だったのに、最後にとんでもない願いを言ってくれちゃって」

「…」

少女「一晩かけて、ゆっくり消えるから、最後の夜空を楽しんでね」

「…」

少女「にゃーん」

★おしまい★

69 : 以下、名... - 2011/10/15(土) 23:54:41.51 sxye4KZc0 44/49


執事は結局なにものなんだ?
前の妹とこの妹は別人?


71 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/15(土) 23:57:17.96 oHFt5bdA0 45/49


ありがとうございました
よろしければこちらも色々どうぞ
http://hamham278.blog76.fc2.com/


妹って誰だ
時系列で言うと 黒猫 → なーんだ → 30 minutes ということです


73 : 以下、名... - 2011/10/15(土) 23:59:13.18 sxye4KZc0 46/49


前作の少女と男の妹

年が同じだけで別人か


74 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/16(日) 00:02:18.62 dEDBnTjw0 47/49


おお、その妹か ちなみに今回は4歳だよ
それは単なる登場人物で話には特に関係ありませんでしたww

なーんだ の少女 = 30 minutes の少女

これ以外、同一人物はいません


76 : 以下、名... - 2011/10/16(日) 00:03:13.11 FjkLYgUB0 48/49


心の汚れていない人なんていないってこと?


77 : HAM ◆HAM/FeZ/c2 - 2011/10/16(日) 00:06:43.99 dEDBnTjw0 49/49


>>76
ほとんどいない、ということです
男も、理由がどうあれ親の死を願う人間でしたからね


記事をツイートする 記事をはてブする