関連
サトシ「ママ、はぁはぁ、気持ちいいよママ!」パンパン


1 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 20:15:24.33 Zsm9LQmQ0 1/24


エリカ「ひぎいいいいいいいい! やめてくださいいいい!」

レッド「やめてほしかったらもっと俺を気持ちよくさせろよ。頭使えボケ」

ピカチュウ「主よ。名を捨ててから一層過激になったな」

レッド「ああ、あの女からもらった名前なんていらないからな」

ピカチュウ「それでいい。男児たるものいつまでも母の胸に抱かれているのでは恥というもの」

エリカ「あ、あぁあん! 嫌なのにっ! 無理やりされてるのにぃ!」

レッド「ちっ、今俺と相棒が喋ってんだろうが! 鳴き声あげるんじゃねぇ!」パンパンッ



元スレ
レッド「おいもっと締めつけろよエリカ様よぉ!」パンパンッ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1337858124/

10 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 20:24:13.13 Zsm9LQmQ0 2/24


エリカ「ん、んふぅ! んひいい! 無理ぃ! 声でちゃいましゅううう!!」

レッド「ならせめてもっと動けよ! ぬるい腰振りしてんじゃねぇぞ売女が!」

ピカチュウ「主よ、我は肉を所望する。やはり草では腹は満たされぬ」ペッ

レッド「我慢しろよ相棒。お前の力を増すためにこのポケモンどもを食ってもらなきゃいけないんだからよぉ」

ピカチュウ「エネルギーの摂取と好みは別問題であろう。その牝でも我は良い」

レッド「いや、こいつはもう少し遊びたい。おい売女。肉出せよ。ジューシーなやつをな」パンパンッ

エリカ「あっ! んひっ! だ、だめぇ! あの子はだめなのぉ! お母様からのプレゼントなのぉ!」

レッド「知るかよ出せ。そのお母様を食わせてもいいだぜ?」


14 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 20:32:10.45 Zsm9LQmQ0 3/24


エリカ「それはもっとだめっ! 出すっ、出しましゅっ! おいでラッキーちゃあああん!」

ラッキー「ラッキー!」

ピカチュウ「ほう……卵付きか」バリイイイイイ!

ラッキー「ギイイイイイイイイイイイイイイイイ!!!???」プシュー

ピカチュウ「良い香りだ。頂戴する」モグモグ

レッド「おい見ろよエリカ様よ! てめぇのポケモンが丸焼けにされて喰われてるぜ!」

エリカ「あひぃん! ごめんなさぁい! でもでも仕方ないのぉ! お母様を守るためなのぉ! だからジムのポケモンを皆殺しにした人の言うことでも聞かなきゃいけないのぉ!」

レッド「いいねぇ! 毒がずいぶん回ってきやがったな! しかもまだ壊れねぇ!」パンパンッ

ピカチュウ「ここのポケモンはよい毒をもっていた。我の糧となって我の中に生きている」モグモグ


22 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 20:40:24.08 Zsm9LQmQ0 4/24


レッド「おいそろそろ出すぞ!」パンパンッ

エリカ「らめ、らめぇん! 中はだめぇん! それされたら私が終わっちゃうぅ!」

ピカチュウ「馳走になった」ゲフゥ

レッド「お前はとっくに終わってんだよ! おらっ!」ドプッ

エリカ「んひいいいいいいいいい! 熱いのが中にっ! 私はしたない女になっちゃいましたあああぁん!」

ピカチュウ「何と醜悪な姿よ。しかしこれぞ人の本質、生物の本性也」


29 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 20:53:37.25 Zsm9LQmQ0 5/24


タマムシジム

レッド「ふぅ~、しばらくはここを根城にするか」

ピカチュウ「我はここは好かぬ。肉がない」

レッド「安心しろよ相棒。ここの女は全員俺らの奴隷だ。女を使えばいくらでも方法はある」

ピカチュウ「寄せ餌、というわけか」

レッド「ああそういうことだ。1号もわかったか?」

エリカ「はい。私たちはレッド様の奴隷です。あなたの言うことに全て従いますわ」

レッド「じゃあとりあえず今日来てない門下生を全員明日呼べ」

エリカ「はいっ! 1号了解しましたぁ」

ピカチュウ「名すら奪うとは、主も人が悪い」

レッド「奴隷の名前なんていちいち覚える気もない。それに名前なんて記号に何の意味がある?」

ピカチュウ「ふふっ、然り」


35 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 21:06:04.74 Zsm9LQmQ0 6/24


回想 クチバジム

サトシ「どうだった。同族の味は」

ピカチュウ「まずいの一言だ。どうやら我にも同族食いを嫌悪する本能が残っているらしい」

サトシ「ちっ、オーキドのじじい中途半端な仕事しやがって」

ピカチュウ「我からすれば主は本能レベルで生物の常識を越えている。母とまぐわうなど自然界では考えられぬからな」

サトシ「ママのほうから誘ってきたんだがな……だが、今考えるとあれもシゲルの命令だったのかもな」

ピカチュウ「憎いか」

サトシ「いや、もうアレに興味はない。ふん、ついでだ。アレからもらったこの名前も捨てるか」

ピカチュウ「ほう、ではなんと名乗る」

サトシ「……『レッド』、だ」


38 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 21:18:38.25 Zsm9LQmQ0 7/24


タマムシシティ 夜

やまおとこ「ふぅー、山登りしてたら帰るのが遅くなっちゃったよ。嫁さん怒ってるだろうなぁ」

エリカ「…………ねぇ~ん、おじさまぁ~ん。助けてほしいのぉ」

やまおとこ「うわっ! な、なんだい!? ちょっと! そんな恰好で外に出たらだめだって君!」

エリカ「そんなこと今はいいじゃないですかぁ~。私の友達が具合が悪くて困ってるのぉ」

やまおとこ(うう、目のやり場に困るなぁ。それにこの子エリカちゃんに似てるし……)

やまおとこ「わ、わかったよ。友達はどこだい?」

エリカ「あはっ、おじさまやさしい~! 大好き!」ギュッ

やまおとこ「わわっ! はは、こ、こまったなぁー」ニヘラ

エリカ「こっちです。おじ様」ニコッ


40 : 以下、名... - 2012/05/24(木) 21:23:10.74 Zsm9LQmQ0 8/24


タマムシジム

やまおとこ「グアアアアアアアアアアアア!!!!???」プシュー

ピカチュウ「愚か也」モグモグ

レッド「相棒、腹は膨れたか?」

ピカチュウ「ああ、これなら充分だ」

レッド「そうか、それじゃあヤマブキに向かうぞ。留守は任せた1号」

エリカ「はいっ! 奴隷一同レッド様の帰りをお待ちしています!」

レッド「ああ、死体の始末もちゃんとやっておけよ」


41 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 21:32:04.89 Zsm9LQmQ0 9/24


ヤマブキジム

ナツメ「あなたたち……何者なの?」

レッド「さすが超能力者様、話が早い。演じる必要はないってさ相棒」

ピカチュウ「好都合だ。我も好きであのようなことをやっているわけでもないのでな」

レッド「ってわけだからさ、とりあえずバッジくれよ。抵抗すりゃどうなるかわかるだろ?」

ナツメ「……ポケモンには手を出さないと約束できる?」

レッド「決定権はあんたにはない。俺の気分しだいだ」

ナツメ「……下種が」

レッド「ありがとう、それなりの褒め言葉だ」


43 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 21:37:41.31 Zsm9LQmQ0 10/24


レッド「これがヤマブキバッジか」

ナツメ「もういいでしょ、帰って」

レッド「ん? 俺は帰ってもいいよ? でもこいつらがなんて言うか。なぁ相棒」

ピカチュウ「さて、な」ドスッ

ナツメ「あぐっ!? かはっ、からだ、が、うご、かな、い……! ちょう、の、うりょ、くも……」

レッド「入ってきていいですよー! かくとうどうじょうのみなさーん!」

カラテおう「うーっす!」


49 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 21:50:27.01 Zsm9LQmQ0 11/24


ナツメ「あなたたち!?」

レッド「この人たちがさーどーしてもあんたをレイプしたいって言うからさー。俺は嫌だって言ったんだよ? でもどうしてもって言われちゃうとさー。俺優しいからなー断りきれないんだよなー」

カラテおう「レッドさんは俺らの救世主っす! うーっす!」

レッド「俺が帰っちゃったらこの人たち何するかわかんないけど、帰っていいの?」

ナツメ「……ちくしょう……ちくしょう……!」

レッド「おやぁ? 「プリーズ」が聞こえないなぁ?」

ナツメ「……っぐ、帰らないで、ください……! お願いじまず……!」


53 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 21:55:54.43 Zsm9LQmQ0 12/24


レッド「だってさ、適当にやっちゃっていいよ」

カラテおう「うーーーーーっす!!」

ナツメ「ひっ!? 話がちが……いやあああああああああああああ!!!!」

ピカチュウ「主よ、少々性癖が変わったか」

レッド「いや、ちょっと見てみたかっただけだ。見下してたやつらに犯される女の顔が。お前も嫌いじゃないだろ?」

ピカチュウ「我は好かぬ。これは弱肉強食の理に反するのでな」

レッド「くくっ、そうか。だがこの後にちゃんとお前にもやってもらうことがあるんだぜ?」

ピカチュウ「承知」


56 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 22:08:38.31 Zsm9LQmQ0 13/24


3時間後

ナツメ「ほらっ! 次のチンポはないの!? 私の勝ちね! 次の挑戦者きなさい!」

カラテおう「うーっす! 口で戦いたいっす!」

ナツメ「いい度胸ね! 私のフェラと戦おうだなんて! じゅるっ! じゅるるるるるっ! んぐっ! んちゅうううう!」

カラテおう「んほー! 最高っす!」

レッド「さいみんじゅつの効果は抜群だな」

ピカチュウ「元々超能力に関しての力があの牝にはあったのでな。そこを突いたまでのこと」

レッド「どんな気分なのかねぇ。ジムリーダーの役目でチンコをしゃぶるってのは」

ピカチュウ「当人は幸せそうだがな」

レッド「ふふっ、なら俺たちはいいことをしたな」


60 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 22:15:59.38 Zsm9LQmQ0 14/24


3時間後

カラテおう「も、もうでないっす……」

ナツメ「はぁはぁ、こ、これで全員ね……うふっ、チンポに精液をためて出直してらっしゃい」

レッド「待って待ってナツメちゃん。まだやることがあるから。ピカチュウ、さいみんじゅつ」

ピカチュウ「承知」

ナツメ「あっ…………」クラッ

レッド「ナツメさん、あなたは牝です。家畜です」

ナツメ「わたしは……牝……家畜……」

レッド「そうです、牝の家畜は子供を孕まなければなりません」

ナツメ「子供……孕む……」

レッド「誰の子供を孕まなければいけませんか?」

ナツメ「子供……わかりません……」


63 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 22:39:50.90 Zsm9LQmQ0 15/24


レッド「それはこのピカチュウの子供です」

ナツメ「ピカチュウ……」

レッド「あなたの旦那様です。ちゃんと気持ちよくさせてあげてください」

ナツメ「旦那様……わかりました」

ピカチュウ「主よ……」

レッド「試してみたいんだろう? 雄として強い牝を孕ませてみたいんだろう? お前なら異種交配もできるはずだからな」

ピカチュウ「ふふ。ふははははははははははは!!!!!!!! 主よ! やはり貴殿と出会ったのは運命であったようだ! 人の牝! 異なる能力をもつもの! 我が子を孕むにふさわしい!」

レッド「存分に楽しんでくれ、相棒」


93 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 23:37:44.59 Zsm9LQmQ0 16/24


一週間後

ナツメ「んひっ! もっとぉ! 旦那様のオチンポで妊娠マンコ突きまくってぇ!」

ピカチュウ「貴様が我に命令するのか?」

ナツメ「あはぁん! 違うのぉ! おなかの赤ちゃんがっ! 赤ちゃんがねっ! パパのミルク飲みたいって言ってるのっ! ママのミルクより先にパパのが飲みたいって言ってるのっ! だからお願いしましゅうううう! 中にいっぱい出してぇええ!」

レッド「まさかこんなに早く腹が膨らむとはねぇ。さすがポケモンと言ったところかい?

ピカチュウ「我も意外だったがな。しかし我が子の胎動を感じながらの交尾は悪くない。この牝も我に尽くしてくれる。この出会いを与えてくれた主には感謝の言葉しか出ぬ」

レッド「せっかくだから出産を奴隷どもに見せてやるか。交尾しながらで構わないからタマムシに戻るぞ」

ピカチュウ「承知。聞こえたか我がつがいよ、主の命だ。歩け」

ナツメ「んひいいいい! 見られちゃうっ! みんなに見られちゃううううう!! ポケモンの旦那様とおセッ○スしてもらってるところ見られちゃううううう!! とってもとってもとっても興奮しましゅううううううううぅ!」


101 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 23:47:41.75 Zsm9LQmQ0 17/24


タマムシジム

レッド「…………妙だな」

ピカチュウ「ああ、奴隷が出てこない」

ナツメ「あれぇ、旦那様ぁ……抜いちゃいやですぅ……」

レッド「ナツメ、中に人はいるか?」

ナツメ「えっ、はいご主人様……えっと、はい、いますぅ」

レッド「何をしている?」

ナツメ「なにってぇ……んふっ、もう、決まってるじゃないですかぁ、セッ○スしてますぅ」

レッド「!! ピカチュウ、じしんでジムを潰せ!!」

ピカチュウ「承知!」グラララララララ!

ナツメ「えっ!? えっ!? ここでセッ○スしちゃいけなかったんですか!?」



103 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/24(木) 23:53:15.95 Zsm9LQmQ0 18/24


レッド「奴隷どもは俺の許可なしに性行為をするなと命じてある」

ピカチュウ「侵略者が来たということか……!」



シゲル「その通りだぜサアアアアアアアアアアアアアアアアトシくうううううううううううううううん!!!!!」

エリカ「んひいいいいいいいいいいいいいい! シゲル様のザーメンが子宮に来るううううううううううううううう!!!!」

レッド「シィゲェルウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ!!!!!!!!!!!」

サファイザー「またあったなドブ鼠ども」

ピカチュウ「ふん……空き巣とは品がしれるな、低俗な鶏が」


112 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/25(金) 00:06:37.05 oc3QBugi0 19/24


シゲル「サアアアアアトシ君よぉ、駄目だぜぇ、女ほっといて旅に出ちゃあよぉ。てめぇのママで学ばなかったか? あーん?」

レッド「奴隷どもの調教は完璧だと思ってたんだがな。どうやった」

シゲル「教えてほしいか? 頭下げりゃ教えてやってもいいぜぇ!?」

レッド「どうせ何と言おうとお前は勝手にしゃべるだろう、とっとと言え」

シゲル「おいおいおいおい! ノリわりぃなぁ! くかか、その通りだけどよ! こうやったんだよ! サファイザー、この女を壊せ!」

サファイザー「了解だ。マスター」シュルルルルッ

エリカ「んひっ! あだま、あだまのながっ! まだいじられっ! ぎひっ! おひいいいいいいいいいい! シゲルしゃまばんじゃい! シゲルしゃまばんじゃい! シゲルしゃまばんじゃあああああい!!」

レッド「……なるほど脳を直接いじったか」

シゲル「これが一番手っとり早いだろ? てめぇみたいにわざわざ無駄な手間かけるほど暇じゃねぇんだよ俺は。もう殺していいぞ」

エリカ「あぎっ! があああああああああがががが! ぎべえええええええええええええええ!!!! がっ…………………」ダラーン

サファイザー「美味……人の脳と言うのは私に至高の一時を与えてくれる……」


124 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/25(金) 00:18:38.90 oc3QBugi0 20/24


シゲル「この女から聞いたぜぇ? 今はレッドって名乗ってるんだってなぁ。くかかかかかか! そんなにママを取られたことが悔しかったか!? ざまぁねぇぜ!」

レッド「はっ、あんな女にもう用はない。で? お前の自慢の鳥が成長したのは女の脳をすするだけか?」

シゲル「んなわけねぇだろ……っとぉ!」ガシッ!

ナツメ「!? ぐっ……離しなさい……!」

シゲル「成長しねぇなぁ、サアアアアアアアアアアトシくうううううううん!! またてめぇに注意引かせて女にやらせようってか!? 同じ手が俺に通用するかよ!」

ピカチュウ「我が主を舐めすぎだ、下郎」ドスッ

シゲル「…………なるほど、さっきまでのは「みがわり」か」

レッド「成長しないのはお前だけだったな、そのまま死ね」


129 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/25(金) 00:24:33.36 oc3QBugi0 21/24


シゲル「いや、死ぬのはお前だよ」ドスッ

レッド「!? ……なんでお前が後ろに……ごふっ」

シゲル「奇しくもお前と同じだよ。俺のはかげぶんしんにテクスチャを張って動くようにしてあったけどな?」グリグリ

レッド「ぎっ!! ぐああああああああ!!!!」

ピカチュウ「主!」

サファイザー「止まれドブネズミ、私がマスターの元へ行かせると思うか?」

ピカチュウ「……押し通るまで!!」

サファイザー「女ども、このネズミを殺せ」


133 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/25(金) 00:32:09.39 oc3QBugi0 22/24


ガールスカウト「あああああっははああひいいいいいい、さささああふぁいざあああさまあああ」

ミニスカート「こころろっろおろっろ殺殺殺ころおおおおすううすう殺すす殺殺こおお殺」

おとなのおねえさん「あがっがぎいいいひいいいいいいいいいいいいいいいいいい!!!!」

ピカチュウ「どけええええええええええ!!!」バリイイイイイイイイイイイ!!

サファイザー「ふははははは! いいぞドブネズミ! ゴミに邪魔されるほど不快なことはあるまい!」

ガールスカウト「いだいよおおおおおおおおおおおお!うばあああああああああああああああああああ!!!」

ミニスカート「こごおおおおおおおおおおおおおおおおおおろろごろおおおおおずううっずうううううううううおおお!!!」

おとなのおねえさん「たすけでええええええええええだずげええええええええええええええええええ!!!!」

サファイザー「哀れだな女ども! これも奴らに関わった報いだ! 恨むなら奴らを恨むがいい! ふはははははははははは!!」


137 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/25(金) 00:44:45.72 oc3QBugi0 23/24


ナツメ「おい、私の旦那様になにしてくれてんのよ」ガシッ

サファイザー「……ほう、テレポートか。それで? どうするつもりだ人の子よ。私が体温を調節するだけで背中に乗っている貴様は丸焼けか氷漬けだぞ?」

ピカチュウ「……ナツメ……貴様……やめろ!」

ナツメ「お腹の子がね、言ってるのよ。パパを守りたいって……」

サファイザー「ふん、貴様はさいみんじゅつにかけられているだけだ。今解いてやろう、ドブネズミどもを恨みはすれど助ける理由などなくなる」キィイイン!

ナツメ「……解いてくれてありがとう、でもね。そんなの関係ないの。あいつらも死ぬほど殺したいけど……女を簡単に殺すあんたのほうが私は気に入らない……!」

サファイザー「!! 馬鹿が!!」



ナツメ「『だいばくはつ』……!!」カッ!


138 : ◆kEMk0bi.zw - 2012/05/25(金) 00:51:20.72 oc3QBugi0 24/24


シゲル「何っ!?」

ピカチュウ「おあああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!」バリイイイイイイイイイ!

シゲル「ちっ! あの馬鹿何やってんだ!」ヒュッ

ピカチュウ「逃がしたか……!! 主、しっかりしろ!」

レッド「……また、女を失ったか」

ピカチュウ「ここから撤退するぞ! そらをとぶ! 落ちるなよ主!」

レッド「…………くそったれ……この恨み忘れねぇぞ……どんなことをしても殺してやる……!」




レッド「どんなことをしてもな!!」



第二部 完



続き
レッド「おらぁ!中出しするぞカンナぁ!」パンパン

記事をツイートする 記事をはてブする