1 : 名無しさ... - 2014/06/10 17:53:50 Syg5WxwaY 1/58

杜王町、カフェ・ドゥ・マゴ―

億泰「なんだァ~~?知らないのかよ仗助ェ?」

仗助「いやァ~~もちろん聞いたことはあるぜェ?ただやったことはねぇなァ~~」

億泰「やってみると超!オモシロいもんだぜ?オレが教えてやっからよォ~~」

仗助「ウ~~~~~~ン・・・ン?あれは・・・」

億泰「おッ!露伴先生じゃねェかーーッ!

3 : 名無しさ... - 2014/06/10 17:54:29 Syg5WxwaY 2/58

露伴「全く・・・キミたちは真昼間からカフェで『ゲーム』をしているのか?暇な奴らめ」

仗助「そういうお前だって同じじゃあねーのかァ?」

露伴「失礼な・・・ボクはここで『ネーム』を描こうと思って来たのさ・・・ン?『それ』、もしかして『ポケモン』かい?」

億泰「そうだぜェー!露伴先生もやってんのか?」

露伴「モチロン・・・『ポケモン』をやることで得られる『経験』はマンガのネタになることがあるからね」

億泰「だったらやろうぜェーーーーーーーッ!『バトル』ッ!」

仗助露伴「「!?」」

5 : 名無しさ... - 2014/06/10 17:57:06 Syg5WxwaY 3/58

億泰「持ってるだろォ?『すれ違い通信』楽しいもんなァー」

仗助「オイオイ億泰ゥ・・・こんなところでかァ?露伴の奴も一応『仕事』しにきたよーだし・・・」

露伴「・・・いいだろう、相手になってやるよ。まぁ『暇つぶし』にはなるだろう」DSパカッ

億泰「ヘヘッ、そう言ったことを後悔するなよォ~~?先生」

仗助「始まっちまった・・・」

6 : 名無しさ... - 2014/06/10 17:58:33 Syg5WxwaY 4/58

露伴「ルールは6350のシングルバトル、それでいいな?」

億泰「いいぜェー!」

仗助「なァ億泰、『6350』って何だ?」

露伴「ププッ、仗助・・・キミ、何にも知らないんだな」

仗助「オレはやったことねェから仕方ないだろーが!」

億泰「『6350』ってのはよォ~自分の手持ちの6体から3体を選ぶってルールだなァ。そんでもって50レベに互いのポケモンを揃えるんだよォ」

露伴「ゴチャゴチャ言っていないでサッサと始めようぜ・・・億泰」

7 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:06:12 Syg5WxwaY 5/58

オクヤス
・ゲッコウガ
・ピジョット
・ルカリオ
・フラージェス
・リザードン
・バタフリー

ロハン
・ガルーラ
・ゲッコウガ
・ゲンガー
・ファイアロー
・ガブリアス
・フシギバナ

露伴(やはり・・・いや・・・この岸部露伴にバトルを挑む奴に限ってそれは無い、と思っていたが・・・これは・・・)

露伴(『旅パ』ッ!!)ドオォーーーーーーーーン

10 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:16:53 Syg5WxwaY 6/58

露伴(コイツ・・・このボクをオチョくっているのかッ!?いや・・・コイツは『アホの億泰』だ・・・)

億泰「トットと始めようぜェーッ!」

露伴(まぁいい・・・遊んでやるか)

15 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:23:33 Syg5WxwaY 7/58

ポケモントレーナーの ロハンが しょうぶを しかけてきた!

仗助「おッ!始まった!」

ゆけっ!ルカリオ!

ロハンはガルーラをくりだした!

億泰「やっちまったなァ~~~露伴先生!格闘ポケモンにノーマルタイプは『不利』だぜ!」

露伴「そうかな・・・?」

ロハンの メガリングと ガルーラナイトが はんのう した!

仗助「!?これはッ!」

あいての ガルーラは メガガルーラに メガシンカした!

仗助「すげェェーーーーーッ!ポケモンってこんな事もできるのかよッ!」

億泰「オレも負けちゃいないぜェーッ!」

オクヤスの メガリングと ルカリオナイトが はんのう した!

ルカリオは メガルカリオに メガシンカした!

仗助「おおッ!億泰のポケモンもか!」

18 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:26:02 Syg5WxwaY 8/58

億泰「いくぜッ!必殺インファ・・・」

あいての ガルーラの じしん!

こうかは ばつぐんだ!

ルカリオは たおれた!

億泰「ウッ・・・『ウソ』だろォォォ~~~~~~!?」

露伴(二発目を待たずに沈むか・・・マッ、こんなもんだろう)

20 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:29:13 Syg5WxwaY 9/58

億泰「次はコイツだァ~~~ッ!!」

ゆけっ! ピジョット!

あいての ガルーラの いわなだれ!

こうかは ばつぐんだ!

ピジョットは たおれた!

24 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:31:55 Syg5WxwaY 10/58

億泰「」

仗助「オイオイオイオイ!このままだと負けちまうぜェー!億泰ゥ!」

露伴「どうする?『降参』するなら今のうちだぜ・・・?」

億泰「『降参』はゼッタイにしねェ!コイツがオレの『切り札』だァーッ!」

ゆけっ! ゲッコウガ!

25 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:37:02 Syg5WxwaY 11/58

仗助「カッコイイなァー!このポケモン!」

億泰「くらえッ!」

ゲッコウガの ハイドロポンプ!

仗助「ヨッシャ!先手だ!」

露伴「やれやれ・・・ナメられたもんだな・・・」

億泰「ウ、ウソだろォ!?倒れねえ!」

29 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:40:56 Syg5WxwaY 12/58

露伴「チェックメイトだ!」

あいての ガルーラの おんがえし!

ゲッコウガは たおれた!

ポケモントレーナーの ロハンとの しょうぶに まけた!

億泰「ま、負けた・・・」

仗助「強すぎるぜ・・・露伴・・・」

露伴「当然だろう・・・?キミ達とは違うんだからな・・・」

30 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:45:03 Syg5WxwaY 13/58

億泰「な、なァ、露伴先生」

露伴「?なんだ?」

億泰「もしよかったらよォ~~、オレに『ポケモン』がどうやったら強くなるか教えてくれよォ~」

露伴「フゥン・・・」

仗助「オレからも頼むぜ露伴!」

露伴「キミたち・・・」

仗助億泰「?」

露伴「ポケモンをナメるなァァァーーーーーーーーーーーッ!!!!」

仗助億泰「!!?」

33 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:52:04 Syg5WxwaY 14/58

露伴「ボクが日々どれだけタイヘンな思いをして『厳選』をしているかッ!全世界の猛者達とバトルをしているかッ!」

露伴「キミ達にわかるか?ンン?」

仗助「えっと~・・・その~・・・ポケモンってのはもしかしてマンガを描くことよりもタイヘンなのかよ?」

露伴「当然だッ!!!」

仗助億泰「」

35 : 名無しさ... - 2014/06/10 18:55:22 Syg5WxwaY 15/58

露伴「億泰ッ!ボクはキミみたいにポケモンを『遊び』でやっているわけじゃあないんだ・・・」

億泰「うっ・・・うっ・・・」ポロポロ

仗助「オイ露伴・・・そこまで言う必要ねえだろ」

露伴「うるさいッ!キミだってその髪型を馬鹿にされたらハラがたつだろう?ボクは今まさにそんな気分さ!」

仗助「だったら露伴・・・オレと『バトル』しろッ!!」

億泰露伴「!!?」

39 : 名無しさ... - 2014/06/10 19:00:29 Syg5WxwaY 16/58

億泰露伴「!!?」

億泰「で・・・でもよ仗助・・・お前・・・」

露伴「ポケモンを持っていないだろう?」

仗助「ウッ・・・」ドキリ

露伴「まぁいい・・・キミのその気持ちを汲んでやるよ。『一週間』ッ!一週間後だッ!それまでにせいぜいポケモンを育てておくんだな」

仗助「望むところだッ!覚えていやがれッ!」

40 : 名無しさ... - 2014/06/10 19:01:16 Syg5WxwaY 17/58

仗助「・・・とは言っちまったモノの・・・」

億泰「仗助・・・オレのためにやってくれるのはウレシイけどよォ~~、露伴先生は『マジ』で強いぜェ~?」

仗助「う~~~ん・・・そうだッ!」

億泰「なにかアテがあるのかッ!?」

仗助「ああ・・・こんな時こそ『アイツ』の出番だぜ・・・ッ!」

51 : >>1 - 2014/06/11 00:38:47 wckMjCHoa 18/58

その夜ー

プルルルルル・・・

仗助「う~ん・・・なかなか繋がらねぇなァ・・・やっぱ忙しいのかなァ・・・おッ!」

承太郎「もしもし・・・あぁ、仗助か。元気そうだな」

仗助「お久しぶりッス!オレはいつでも元気ですよォー!」

承太郎「わざわざオレに連絡をよこしたってことは何かあるんだな?言ってみろ」

仗助「それがですねェ・・・」

52 : >>1 - 2014/06/11 00:46:26 wckMjCHoa 19/58

承太郎「・・・なるほど。露伴の奴と『バトル』をすることになった、か・・・。お前らしいな」

仗助「それでですねェ~~、ええと・・・」

承太郎「?」

仗助「ジジイの奴・・・ゲームとか得意なんですよね?そのォ~~助けてもらいたいッていうか・・・」

承太郎「・・・わかった。ジジイに代わるぜ・・・今アニメ観てるから呼んでこよう」

仗助「あっ・・・」

55 : >>1 - 2014/06/11 00:53:37 cOEsQZrT4 20/58

ジョセフ「うーん立体機動装置・・・ワシも使ってみたいのォ~」

承太郎「・・・エジプトで似たようなことやってただろ、ジジイ」

ジョセフ「おぉ承太郎、何か用かね?」

承太郎「電話だ・・・息子からな」

ジョセフ「!」

57 : >>1 - 2014/06/11 00:57:56 cOEsQZrT4 21/58

ジョセフ「もしもし・・・」

仗助「よ、よォ・・・元気にしてたかァ?」

ジョセフ「お前、ワシに頼みたいことがあるそうではないか」クックック

仗助「うッ!承太郎さんめ・・・」

ジョセフ「露伴君と『ポケモンバトル』の約束をしたそうじゃな。なァに、安心せい。ワシはポケモンで昔は結構鳴らしたもんじゃ」

仗助「てことは・・・」

ジョセフ「他ならぬ息子の頼みじゃ。明後日、杜王町に向かうよ」

仗助「あ、ありがとな・・・ジジイ」

59 : >>1 - 2014/06/11 00:59:38 cOEsQZrT4 22/58

承太郎「・・・どうやら決まったようだな。オレも行こう」

仗助「えっ!?承太郎さんもッスか!?」

承太郎「ジジイ一人じゃ流石に心配なんでな・・・それと、オレの知り合いに一人『ゲームオタク』がいる。ソイツも連れて行こう・・・何かの役に立つかもしれん」

仗助「そこまでしてもらうなんて・・・ありがとうございますッ!」

承太郎「フッ・・・じゃあまた明後日だ」

仗助「はい!お休みなさいッ!」

70 : >>1 - 2014/06/11 18:19:04 VChNHZ5hn 23/58

二日後、杜王町・港―

億泰「仗助ェ、一昨日買ったポケモン、もうクリアしたんだってなァ~。オレなんて一か月はかかったってのによォ~」

仗助「ああ・・・そのせいで寝不足だぜ・・・」フラフラ

億泰「ジョースターさんと承太郎さんの他にもう一人来てくれるッて話だけどよォ~、一体『誰』なんだ?」

仗助「承太郎さんの親友らしいんだ・・・スゴイ『ゲームオタク』らしいぜェ」

億泰「ほォ~!ソイツは頼もしいなァ!・・・おッ!来たみたいだぜ!」

仗助「!」

71 : 名無しさ... - 2014/06/11 18:25:32 VChNHZ5hn 24/58

承太郎「久しぶりだな・・・仗助、億泰」

億泰「お久しぶりッス!」

仗助「それと・・・ジジイもな」

ジョセフ「元気そうでなによりじゃのお」

承太郎「それと電話で伝えたとは思うが・・・コイツがオレの知り合いの『花京院典明』だ」

花京院「二人とも初めまして。ボクが花京院です・・・しかし承太郎、『ゲームオタク』とはあんまりじゃあないか」

承太郎「オレは事実を言っただけだぜ・・・」

億泰「なァ、花京院さんはポケモンも強いのか?」

ジョセフ「彼はワシと承太郎よりも強いはずじゃよォ」

花京院「そんなことありませんよ」

仗助「これなら露伴の野郎に負ける気がしないぜェーッ!」

72 : 名無しさ... - 2014/06/11 18:32:44 VChNHZ5hn 25/58

東方家―

ジョセフ「とは言うもののォ・・・仗助・・・億泰君・・・今のままじゃキミ達は露伴君に『100%』勝てんぞ」

仗助億泰「!?」

ジョセフ「コーラを飲んだらゲップが出るってくらい確実じゃ」

億泰「た、確かに手も足も出ずに負けたけどよォ・・・」

承太郎「ポケモンにはな・・・いくつかの隠し要素がある。勝とうとするならそれを知らないと話にならない、ってワケだぜ・・・」

仗助「???」

74 : 名無しさ... - 2014/06/11 18:39:53 VChNHZ5hn 26/58

花京院「仗助くん、同じ種類のポケモンでも色々と違うところがあることには気づいたかい?」

仗助「そうなんすかァ!?オイ億泰、お前のゲッコウガ見せてくれ!」

億泰「うおッ!『マジ』じゃねェかァー!でも・・・どうしてだ?」

ジョセフ「カンタンなことじゃよ。ポケモンも『人間』と同じ・・・つまり一匹一匹違うというわけじゃな」

仗助億泰「!?」

76 : 名無しさ... - 2014/06/11 18:45:58 VChNHZ5hn 27/58


承太郎「そしてそれを構成する3つの要素がある・・・『種族値』『個体値』『努力値』だ」

億泰「な、なんだか難しそうだなァ・・・オレ大丈夫か?」

花京院「難しい話じゃありませんよ。まずは『種族値』・・・これが一番分かりやすいかな」

ジョセフ「うむ。これは分かりやすく言うと『ポケモンの種類によって伸びやすい能力が違う』というわけじゃな」

承太郎「例えばゲッコウガとゴローニャではゲッコウガのほうが『素早さ』が伸びるが・・・逆に『防御』はゴローニャの方が伸びやすい、というわけだぜ」

億泰「なるほどなァ~~それで露伴先生のポケモンの方がオレのポケモンより先に動けたってワケかァ~」

承太郎「いや・・・それだけじゃあないぜ。実際はメガガルーラよりもピジョットの方が『素早さ』種族値は『1』だけ高い」

仗助「エェーッ!?じゃあどういうことッスか!?」

79 : 名無しさ... - 2014/06/11 19:29:27 VChNHZ5hn 28/58

ジョセフ「それにはまず『個体値』が関わってくるのォ」

億泰「???」

花京院「あぁ、これも人間に例えると分かりやすいよ。人によって得意、ニガテってあるだろう?」

花京院「同じように、『同じ種類』のポケモンでも一匹一匹優劣があるのさ」

億泰「う~~~~ん・・・オレがベンキョーニガテなのと同じ理屈かなァ」

承太郎「そういうことになるな・・・露伴やオレ達はその中でも最高の能力を持つヤツを採用するようにしている」

ジョセフ「露伴君のガルーラの方が億泰君のピジョットよりも『個体値』が高かったというわけじゃな」

80 : 名無しさ... - 2014/06/11 20:22:26 VChNHZ5hn 29/58

花京院「最後に『努力値』・・・これは『そのポケモンがどれだけその能力を伸ばすためにガンバッたか』というものかな」

承太郎「人も・・・努力しようとしないヤツは強くなれないだろう?」

仗助「なんか説得力あるなァ・・・」

ジョセフ「ちなみに『努力値』の割り振り方によって、同じ『種族値』『個体値』のポケモンでも最終的なステータスは変わるんじゃよ」

花京院「戦略によって、正に『自分だけ』のポケモンを育てられるワケだね」

仗助「スゲェなァ~~!ポケモンってこんなに『奥』が深いモンだったんスか!」

81 : 名無しさ... - 2014/06/11 20:30:40 VChNHZ5hn 30/58

億泰「でもよォ~~承太郎さん、さっき『最高の能力を持つヤツを採用している』ッて言ってましたよねェ?」

億泰「でもそんなに都合ヨクそんなポケモンが出るんですか?」

仗助「!言われてみれば!なにかコツでもあるんですか!?」

ジョセフ「フッフッフ・・・いい質問じゃ。それにはな・・・」

82 : 名無しさ... - 2014/06/11 20:46:58 VChNHZ5hn 31/58

―こうしてッ!

仗助と億泰はポケモンの更なる深み『厳選』へと足を踏み入れていくこととなったッ!

仗助「出、出たぜジジイ!4Ⅴムックルだ!」

ジョセフ「Aの個体値が3ではないか!これではダメじゃ!」

仗助「そ、そんなァ~~~~!」

ジョセフ「甘いわい!養豚場のブタを見るような目になって逃がすのじゃ!」

83 : 名無しさ... - 2014/06/11 20:56:39 VChNHZ5hn 32/58


―――


仗助「うぅ・・・」フラフラ

康一「ど、どうしたの仗助くん・・・」

仗助「ああ・・・ここ最近『厳選』のせいで寝不足でなァ」

康一「露伴先生とバトルするんだってね。ボク、その日は用事があって行けないケド、応援してるよ」

仗助「おう!ゼッタイ勝つぜッ!」

84 : 名無しさ... - 2014/06/11 21:03:05 VChNHZ5hn 33/58

―そしてッ!遂に約束の日が来たッ!

露伴「逃げずに来るとはな・・・てっきりシッポまいて逃げ出すのかと思ってたぜ」

仗助「オレは逃げねェよ・・・ゼッタイ勝つッ!」

90 : >>1 - 2014/06/12 23:12:41 dvTHtVjF5 34/58

億泰「えェ~、ルールは6350のシングルバトル!両者構わねぇな?」

露伴「いいだろう」

仗助「望むところだぜッ!」

露伴「まぁ君はボクには勝てない・・・思い知らせてやるよ」

仗助「笑ってられるのも今の内だぜ・・・!」

92 : >>1 - 2014/06/12 23:15:48 dvTHtVjF5 35/58

ジョースケ
・ゲッコウガ
・ピカチュウ
・ムクホーク
・ランクルス
・ガチゴラス
・ガメノデス

ロハン
・ラグラージ
・ファイアロー
・ブルンゲル
・ガブリアス
・ガルーラ
・ドンカラス

露伴(コイツも旅パなのかァーーーッ!?)

露伴(まぁいい・・・どんな相手だろうと叩き潰すまでさ)

93 : >>1 - 2014/06/12 23:25:08 dvTHtVjF5 36/58

億泰「よォ~し!!『バトルスタート 』ォ!!!」

※ここから露伴先生視点となります

ポケモントレーナーの ジョースケが しょうぶを しかけてきた!

ポケモントレーナーの ジョースケは ピカチュウを くりだした!

ゆけっ!ガブリアス!

露伴(『ビンゴ』だ・・・ガブ一体でこのまま押し切るッ!)

ガブリアスの じしん こうげき!

こうかは バツグンだ!

露伴(・・・勝負あったな)

仗助「なァ~んて、思ってんだろ?」ニヤニヤ

94 : >>1 - 2014/06/12 23:27:52 dvTHtVjF5 37/58

シュッ ポワーン

あいての ピカチュウは きあいのタスキで もちこたえた!

露伴「!!『タスキ』かッ!」

露伴(ということはマズイ・・・『あれ』がくるッ!)

あいての ピカチュウの カウンター!

ガブリアスは たおれた!

95 : >>1 - 2014/06/12 23:34:47 9uJ2VAodX 38/58

露伴「ピカチュウの『カウンター』は『タマゴ技』だ・・・なるほど・・・つまりこれは・・・『偽造旅パ』ッ!」

仗助「ウゲッ!バレたッ!」

露伴「バレないとでも思ったのかァーーーッ!!」

億泰「でもよォ~一体倒したぜェーッ!」ウケケッ

露伴「確かにガブが落とされたのは痛いが・・・やることは変わらん!」

ゆけっ!ファイアロー!

97 : >>1 - 2014/06/12 23:40:23 9uJ2VAodX 39/58

※再び仗助視点

仗助(『ファイアロー』・・・パワーなそれほどでもねぇが・・・確かチートな特性の持ち主・・・ここは一旦引くッ!)

もどれ!ピカチュウ!

ゆけっ!ガチゴラス!

あいての ファイアローの おにび!

仗助「ッ!?」

露伴「まだまだ甘いぜ仗助・・・これが『読み』ッ!これが『ポケモン』だッ!」

仗助「チクショオ~~~~!」

98 : >>1 - 2014/06/12 23:43:42 9uJ2VAodX 40/58

仗助(だけど相手にも不利な状況だよなァ・・・なら・・・)

ロハンは ファイアローを ひっこめた!

ポケモントレーナーの ロハンは ガルーラを くりだした!

仗助(やっぱきたかァ~~~~!でもッ!)

ガチゴラスの ステルスロック!

あいての まわりに とがったいわが ただよいはじめた!

露伴「ほォ・・・」

仗助(来い・・・露伴!)

99 : 名無しさ... - 2014/06/12 23:48:35 9uJ2VAodX 41/58

ロハンの メガリングと あいての ガルーラの ガルーラナイトが はんのうした!キィィィィィィン

あいてのガルーラは メガガルーラに メガシンカした!

あいての ガルーラの ねこだまし!

2かい あたった!

露伴「地震じゃあ耐えられることもありそうだからな・・・一旦動きを止めさせてもらうぜ」

仗助「ーかかったなッ!露伴ッ!」

ガチゴラスは レッドカードを あいての ガルーラに たたきつけた!

露伴「!!しまったッ!」

100 : 名無しさ... - 2014/06/12 23:54:46 9uJ2VAodX 42/58

ポケモントレーナーのロハンは ファイアローを くりだした!

あいての ファイアローに とがったいわが くいこんだ!

仗助「ファイアローはほのお・ひこうタイプ・・・一気に体力は半分だぜッ!」

億泰「仗助スゲェーッ!」

露伴(マズイな・・・ボクのファイアローはHPの『調整』をしていない・・・つまり『死に出し』になるッ!」

露伴(東方仗助・・・やはり厄介なヤツだ・・・)

101 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:05:40 OOm82R83g 43/58

あいての ファイアローの ブレイブバード!

こうかは いまひとつの ようだ・・・

あいての ファイアローは こうげきの はんどうを うけた!

ガチゴラスの がんせきふうじ!

こうかは バツグンだ!

あいての ファイアローは たおれた!

仗助「よしッ!!!」

億泰「うォォォォーーッ!!あと一体だぜーッ!」

露伴「ここまで追い詰められたのいつ以来かな・・・だが負けん!」

ポケモントレーナーの ロハンは ガルーラを くりだした!

あいての ガルーラに とがったいわが くいこんだ!

102 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:13:47 i3Are3Rj7 44/58

露伴「起点にさせてもらうぜ・・・ッ!」

あいての ガルーラの グロウパンチ!

こうかは バツグンだ!

あいての ガルーラの こうげきが あがった!

ガチゴラスは たおれた!

仗助「ガチゴラスーッ!」

露伴「チッ・・・二段階アップじゃないのか・・・」

仗助「次はコイツだッ!」

ゆけっ!ランクルス!

103 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:22:21 DxRf2YYx1 45/58

露伴「フンッ!何ができるッ!」

あいての ガルーラの おんがえし!

2かい あたった!

仗助「よ、よかった・・・ギリギリ耐えた・・・」

ランクルスの トリックルーム!

露伴「!!!」

仗助「次はオレから攻撃できる・・・いけッ!」

ランクルスの サイコキネシス!

104 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:23:49 DxRf2YYx1 46/58

億泰「た・・・倒れねェーッ!!」

露伴「これで終わりだッ!」

あいての ガルーラの おんがえし!

ランクルスは たおれた!

露伴「これでキミの残りのポケモンは死にかけの電気ネズミ一匹ッ!ボクの勝ちだ!」

仗助「まだだ・・・『トリックルーム』がある・・・ッ!」

露伴「確かにそうだな・・・だが『素』のピカチュウの攻撃でメガガルーラが倒せるか!?」

仗助「オレは信じるぜ・・・いけ!ピカチュウッ!」

105 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:29:04 V0GEAue8h 47/58

ゆけっ!ピカチュウ!

┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨┣¨

仗助「・・・いくぜッ!」

ピカチュウの ボルテッカー!

露伴「バカめッ!自滅する気かッ!」

億泰「」ゴクリ












きゅうしょに あたった!

あいての ガルーラは たおれた!

ピカチュウは こうげきの はんどうを うけた!

ピカチュウは たおれた!

ポケモントレーナーの ロハンとの しょうぶに かった!

106 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:35:22 V0GEAue8h 48/58

仗助「ヨォッシャァァォォァァ!!!!」

億泰「ホントに勝ったァーッ!」

露伴「まさかこのボクが・・・負けるなんてな・・・やるじゃないか、仗助」

仗助「いろんな人に手伝ってもらったからなァ~」

億泰「そうそう!ガラにもなくジョースターさんに助けを求めたりよ!」

仗助「バッ・・・言うんじゃねーッ!」

露伴「あぁ・・・なるほどね」

108 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:41:04 V0GEAue8h 49/58

億泰「花京院さんも凄かったよなァーッ!」

露伴「花京院・・・?」ピクッ

億泰「どうしたんだ?」

露伴「いや・・・なんでもない」

露伴(まさかレーティング上位常連の『カキョウイン』のことか・・・?まさかな)

仗助「じゃ、オレ達はこれで帰るぜ。露伴、またバトルしよーなァ~!」

露伴「フン!次は負けん!」

109 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:45:34 V0GEAue8h 50/58

東方家ー

仗助「ただいま~」

承太郎「おう仗助・・・勝ったか?」

仗助「ハイッ!!勿論ッス!」

ジョセフ「ワシらも来た甲斐があったのォ~」

仗助「あれ?花京院さんは?」

承太郎「アイツなら先に帰ったぜ・・・用事があるんだとよ」

仗助「そうッスか~・・・バトルしたかったんだけどなァ」

承太郎「それなら心配はいらん・・・Wi-Fiに繋げばいつでも対戦できるぜ」

仗助「ホントッスか!?」

ジョセフ「それだけじゃないぞォ・・・世界中の人とランダムに対戦もできるのじゃ」

仗助「おおっ!早速やってみよう!」

110 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:51:23 V0GEAue8h 51/58

仗助「おっ、キタキタ!早速外国の人とじゃねェかァ~ッ!えーと・・・エジプトの・・・D、I、O・・・ディオ?」

承太郎ジョセフ「なにィィィィィィィ!!!!??」

112 : 名無しさ... - 2014/06/13 00:56:08 08sMIfr2o 52/58

仗助「ど、どうしたんスか、2人とも・・・」

ジョセフ「いや・・・ちと知り合いでなァ・・・」

承太郎「そいつはどんな手を使っても勝ちにくる・・・気をつけろよ」

仗助(ポケモンだってのに大げさだなァ・・・)

エジプトー

DIO「フフフ・・・ダービーのオススメのこの『ポケモン』、なかなか面白いじゃあないか・・・」

DIO「相手が見つかったようだな・・・このDIOの生贄となるのはどこのどいつだ?」

113 : 名無しさ... - 2014/06/13 01:00:14 08sMIfr2o 53/58

仗助「こッ・・・このパーティ・・・ッ!」

DIO
・カイリュー
・バンギラス
・メタグロス
・ガブリアス
・サザンドラ
・ヌメルゴン

ジョセフ「ろ・・・全部『600族』じゃあないかッ!」

承太郎「・・・・・・」

114 : 名無しさ... - 2014/06/13 01:01:01 08sMIfr2o 54/58

10分後ー

仗助「・・・なんだァ~ッ!?見掛け倒しじゃねェかァ~ッ!」

DIOー残り1匹ッ!赤ッ!

ジョセフ「600族だけで組むと氷の一貫性がヤバイからのォ」

仗助「これでトドメ・・・ってあれ?」

承太郎「どうした?」

仗助「いや・・・なぜか画面が急にフリーズして・・・ってあぁッ!」

相手との 通信が 切断されました

承太郎「ーDIOッ!!!」

115 : 名無しさ... - 2014/06/13 01:02:03 08sMIfr2o 55/58

DIO「フフン・・・負ける前に切ってやったわ!これで私が負けることは無い・・・」

テレンス「」

ヴァニラ「DIO様・・・お電話でございます」

DIO「ムッ!?電話だとッ!?」

承太郎『久しぶりだな・・・DIO・・・』

116 : 名無しさ... - 2014/06/13 01:02:54 08sMIfr2o 56/58

DIO「承太郎かッ!何の用だ貴様ッ!」

承太郎『正直に答えな・・・テメェ今・・・「切断」をしたな・・・?』

DIO「なぜそれを知っているッ!?」

承太郎『やはりな・・・』

DIO「フン・・・この私は負けるわけにはいかんのだよォ・・・いつか必ずレーティングの頂点に立つ為になァ!」

承太郎『やれやれ・・・』

DIO「?」

承太郎『オレの中の「良心」がどうしても、と言うから教えといてやろう・・・「切断」したら「負け」だぜ』

117 : 名無しさ... - 2014/06/13 01:04:04 08sMIfr2o 57/58

DIO「!?」

DIO「オ、オイ、テレンスよ!今の話は本当かッ!?」

テレンス「Exactly(その通りでございます)」

DIO「WRYYYYYYYYYYY!!!!!」





承太郎「まったく・・・やれやれだぜ・・・」



118 : >>1 - 2014/06/13 01:05:31 08sMIfr2o 58/58

おしまい。

駄文に付き合ってくれた方、ありがとうございました

記事をツイートする 記事をはてブする