1 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:03:20.96 2bGwxcea0 1/22


とあるカフェ


「……ふ、なんだい、竜崎。楽しいお茶の時間に……」

L「月くんも分かっているはずです。偽りの友を演じるのはやめましょう」

「……ふん。キラの話か。証拠もないのに僕をキラなんt」

「私は月くんが好きです」

(!?)





元スレ
L「月くん……はっきり言いましょう」月「……」ドキッ
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1340543000/

10 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:07:36.44 2bGwxcea0 2/22


L「前から月くんに好意を寄せていました」

(お……落ち着け。Lのことだ、僕の動揺を誘っているんだろう)

L「月くん。月くんは、私の推理では、99%キラです」

(そら来た。動揺を誘い、自分のペースに乗せ、口を割らせようとする……考えが見え見えだ)

L「しかし」

L「私のこの好意も99%本物だと思うんです」

「月くん。私と付き合ってください」

(!?)



22 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:12:51.84 2bGwxcea0 3/22


L「……」

(なんだこの空気)

L「月くん。返事を」

「えっ?……あ、ああ……」

(……無難な返事を心がけるんだ。いつキラの話になるか分からない)

「……か、考えておくよ」

L「……月くん。疑ってるんですか?」

「え」

L「これは私自身の気持ちです。キラとは関係ない」

L「なので、月くんも月くん自身の答えを出してください」

(……こいつ、本気か?)


29 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:17:52.30 2bGwxcea0 4/22


L「私もずっと迷っていました」

L「キラを捕まえたいという自分の気持ち。それに反して……」

L「一目惚れした人のキラ容疑がどんどん高まっていく」

「……それは僕のことか」

L「そうです。だから……私は」

L「人生で初めて、苦しいと思った。犯罪者を捕まえるだけの人生の中で、初めて、『苦しいと思えた』んです」

「りゅ、竜崎……」

L「だから……気持ちを伝えようと思った。ただ、それだけの話です」

(……嘘をついてるようには思えない)

(しかし……嘘をついてる可能性を捨ててはいけない!)




33 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:23:12.39 2bGwxcea0 5/22


(ここは……いったん逃げる!)

(こいつのペースに合わせたら何が起こるか分からない……!)

「……すまないな、竜崎。信用できない」

L「……!」

「僕はキラじゃない。だからこそ、僕をキラだと疑っているヤツを」

「信用できると思うか?」

L「……そ、それは分かっているんです……その上で……」

「……もういい。ふざけている暇があるなら、一刻も早く本物のキラを見つけるために捜査を進めてくれ」

「僕はこれで失礼するよ」ガタッ

L「……月くん……」








38 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:27:23.80 2bGwxcea0 6/22





夜神宅

ガチャ

「ただいま」

総一郎「……月。遅いぞ。こんな時間までどこに行っていた」

「……父さんも、知ってるんだろう? 例のごとく、竜崎に尋問されてたんだよ」

総一郎「尋問?……おかしいな」

「……父さん?何か知ってるのか?」

総一郎「……月。おまえ、告白されただろう」

「!……なんで父さんがそれを!」


41 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:31:33.64 2bGwxcea0 7/22


総一郎「月……おまえ……」

「父さん!竜崎とグルだったんだな!父さんも僕を疑ってるんだ!」

総一郎「……月!歯をくいしばれ!」バキッ

「ぐはっ!?な、何を……!!」

総一郎「月!おまえは竜崎が……Lが……どんな気持ちで……っ!」

(……なんの話だ?)

総一郎「何が尋問だ……。私は昨日」

総一郎「竜崎に恋の相談を受けたんだ!」

(!?)

総一郎「竜崎がどんな気持ちだったか、お前には分かるか!?」


50 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:36:48.67 2bGwxcea0 8/22


『夜神さん……明日、上手くいくでしょうか?』

『それは分からん。だが……告白すると、決めたんだろう』

『はい……』

『なら、そうすればいい。人の好意に向き合えないほど、月は情けない息子じゃないはずだ』

『ありがとうございます……夜神さん』

『礼には及ばない。キラ事件のことは、今は忘れよう。頑張るんだぞ』

『はい』



総一郎「あの時の竜崎の目は本気だった」

「……」

総一郎「お前はそれを踏みにじったんだ」

「そ……そんなの知るか! 普段からキラだキラだと言われて、突然告白なんて……!」


54 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:41:23.80 2bGwxcea0 9/22


総一郎「……失望したぞ、月」

「と、父さん!僕は悪くない!」

総一郎「……。竜崎の目を、ちゃんと見てやったか!?ちゃんと、話を聞いてやったのか!?」

「あ、ああ!もちろんさ!」

総一郎「その上でお前は!!」

総一郎「竜崎がふざけていると!!竜崎がお前を混乱させようとしてると!!」

総一郎「そう思ったんだな!?」

「……っ」

(ぼ、僕は……)

(常に、疑っていた……)

(薄々、本気だと気づいていながら……っ!)

総一郎「月!!どうなんだ!?」


57 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:47:26.10 2bGwxcea0 10/22


「……父さんの言う通りだ。僕は、竜崎の気持ちに向き合おうとしなかった」

総一郎「……」

「でも……どうすればいいんだ。あいつと僕は……」

「……敵なんだよ……」

総一郎「……月。お前の悪いクセだ」

「!」

総一郎「頭が良い故に、状況を整理し、客観的に見て判断を下そうとする傾向にある」

総一郎「もちろん、それは悪いことではない。しかし……」

総一郎「時として、人は……立場や状況を無視する行動をするべきなんだ」

「っ……」


62 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 22:51:32.58 2bGwxcea0 11/22


総一郎「あとは、お前に任せる」

総一郎「……あまり夜遅くまで起きるんじゃないぞ」ガタッ

ガチャ…バタン

「……」

(……僕はキラだ)

(そして……告白してきたのはL)

(……くそ……)

(……そもそも、どうなんだ?僕はあいつのことを、どう思っているんだ?)

(……)

(……そうだ……)

(……あの時……僕が感じたことを思い出せばいい……)




65 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:00:10.11 2bGwxcea0 12/22


(告白された時……)

(僕は何を考えた)

(『気持ち悪い』?……普通は、こう考えるはずだ)

(しかし、僕は……あくまで、『キラ』としての自分。『L』としてのあいつ……そこばかり考えていた)

(……あいつの好意と、『キラ』と『L』の関係。そこの狭間で戸惑っていた)

(でも……それは間違ってる! 僕が考えるべきなのは……!)

(あいつの好意に対して、僕の気持ちがどうなったのか、だ!)

(そして、僕は……)

「……リューク」

リューク「うほっ……うほっ……」

「リューク!」


71 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:05:02.88 2bGwxcea0 13/22


リューク「うほっ!?なんだイキナリ!?」

「気持ち悪い顔しやがって……お前は人間の恋に興味があるのか」

リューク「へへ……いいだろ、静かに眺めてる分にはよぉ」

「……明日、竜崎と話をつけてくる」

リューク「うほっ、マジかよ。そりゃ楽しみ……」

「お前は僕の見えない距離まで、そして、僕らの会話が聞こえない距離まで離れろ。いいな?」

リューク「ああ? それじゃ意味ねぇだろ」

「リューク。これは僕たち二人の問題だ」

リューク「ちっ……報告だけ頼んだぜ? じゃねーと禁断症状が出ちまう」

「どういう体してるんだお前は」


76 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:11:38.12 2bGwxcea0 14/22


リューク「人間の恋の味ってのは、リンゴよりうまいってことに気づいたからな」

「……気持ち悪い死神だ」

リューク「うほっ。そう言うな。俺もお前らの恋が実ることを祈ってるぜ」

「死神に祈られたら、悪いことが起きそうだ」

リューク「くく……とりあえず約束は守ってやるよ。離れてりゃいいんだろ」

「……ああ。明日で」

「キラとLの戦いは終わりだ」










78 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:16:39.80 2bGwxcea0 15/22





とあるカフェ


L「……話、ですか」

「ああ……はっきりさせようじゃないか」

L「……昨日はすみません。私にはコミュニケーション能力がないもので」

「ふっ……いや、竜崎の気持ちは伝わってきたよ」

L「……?」

「竜崎。まず……ひとつ言っておく」

L「なんでしょう」


82 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:21:58.19 2bGwxcea0 16/22


「僕は、捕まってもいい。そう思った上での言葉だ」

L「!……まさか」

「僕はキラ(ホモ)だ」

L「!……認めるんですね?」

「竜崎の推理通りだ。僕は大量殺人犯キラ(ホモ)」

L「……」

「しかし……同時に」

「夜神月という一人の人間だ」

「僕は、キラという立場より、自分の気持ちを優先させようと思った」

「だから……僕は、全てをさらけ出して竜崎と向き合う」

L「……うれしいです」


89 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:27:42.55 2bGwxcea0 17/22


「僕は竜崎を信用しているし、だまされていてもかまわない」

「自分の気持ちを伝えるだけだ。昨日の竜崎と同じように」

L「……」

「僕は竜崎が好きだ」

L「……!」

「掴みどころがなくて、マイペースで……でも、竜崎とたわいもない話をしている時を、僕は無意識に楽しんでいた」

L「月くん……私も……月くんとの会話を、楽しんでいました」

「竜崎。今はLもキラも関係ない」

「僕と付き合おう」


93 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:34:32.18 2bGwxcea0 18/22


L「もちろん、です……」

「……ありがとう……竜崎……僕は一度、君の気持ちを無視したのに……」

L「いえ……私が悪いんです。それに、最終的には私と向き合ってくれた」

L「それだけで十分です」

「……竜崎。もう殺人はやめるよ。そして……二人で歩もう」

「二人の愛の新世界へ」

L「……」コクン








リューク「うほっ!!!!うほほっ!!!!!!」







99 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:41:57.02 2bGwxcea0 19/22


こうして、月(ホモ)とL(ホモ)はカップルになった。

L(ホモ)は無断で捜査を打ち切り、極秘裏に月(ホモ)を保護し、家に帰った。

もちろん納得できないキラ捜査本部のメンバー。しかし、総一郎は全てを察したような目でメンバーをなだめ、事なきを得た。

家族、優秀な学生の立場……全てを捨て、L(ホモ)に向き合った月(ホモ)を総一郎は誇りに思った。

そしてキラ事件はどんどん風化し……テレビで扱われなくなり……人々の注目を浴びることはなくなった。


108 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:51:13.45 2bGwxcea0 20/22


月(ホモ)の母と妹は突然の兄の失踪に涙した。

しかし、総一郎は全てを察したような目で二人をなだめた。

こうして……月(ホモ)とL(ホモ)は

今までの戦いを忘れ、新世界へと歩みだした。

二人(ホモ)+死神一匹の暮らし。

リュークは当然退屈せず……

月(ホモ)とL(ホモ)は平和な暮らしを送った。

デスノートは埋めた。

これが、警察や世間を騒がせたキラ事件の真実である。








114 : 以下、名... - 2012/06/24(日) 23:56:29.55 2bGwxcea0 21/22







(ホモ)「……L」

L(ホモ)「なんですか?」

(ホモ)「僕たち……幸せだよな」

L(ホモ)「……99%幸せですね」

(ホモ)「ん?あとの1%はなんだよ?」

L(ホモ)「それは……私が月くんにふさわしい人物なのか、という不安です」

L(ホモ)「本当に私で良かったんですか?こんな、社交性のない男……」

(ホモ)「ふっ……そんなことか」




118 : 以下、名... - 2012/06/25(月) 00:00:59.27 1kDVVpEH0 22/22


(ホモ)「僕たちの歩む新世界にそんな不安はいらないよ」

L(ホモ)「……ありがとう。うれしいです」

(ホモ)「……散歩でも行くか」

L(ホモ)「そうですね」


リューク「うほっ」


おわり


記事をツイートする 記事をはてブする