1 : 以下、?... - 2019/05/23 00:24:04.116 aOz/eXYS0 1/21

「ソーセージいかがっすかー! ぶっとくておいしいよー!」

「アワビはいかがですかー! おいしいですよー!」

「おい、ここは俺の縄張りだぞ! どこか行けよ!」

「いいえ、私の場所よ! あんたこそどこか行きなさいよ!」

「……」バチバチッ

「……」バチバチッ

「ふんっ!」

「ふんっ!」

元スレ
男「ソーセージいかがっすかー!」女「アワビはいかがですかー!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1558538644/

2 : 以下、?... - 2019/05/23 00:27:07.212 aOz/eXYS0 2/21

主婦「一ついただける?」

「さあ、どうぞ! おいしいですよ!」

主婦「いただくわ」モグッ

主婦「!」

主婦「やだ! なにこれ! ぶっとくておいしいわ!」ハムッハムッ

主婦「やめられないッ! 止まらないィィィィィ!」モゴッモゴッ

「……」ニヤッ

3 : 以下、?... - 2019/05/23 00:30:18.271 aOz/eXYS0 3/21

少年「お姉さん、アワビくださいな」

「はーい、おいしいわよ」

少年「いただきまーす!」ジュルッ

少年「!」

少年「うわぁ、濃厚だ~! お姉さんのアワビ、おいしすぎるよ~!」

「でしょ? いっぱい買っていってね!」

4 : 以下、?... - 2019/05/23 00:33:10.267 aOz/eXYS0 4/21

「ふぅ、今日もよく売れたぜ」

「今日もよく売れたわ!」

「……」

「……」

「お前ジャマなんだよ!」

「そっちこそジャマなのよ!」

「なんでここで売るんだ!」

「ここが一番ベストなのよ! そっちこそなんでここで売るの!」

「ここが一番いいからだ!」

5 : 以下、?... - 2019/05/23 00:35:03.143 aOz/eXYS0 5/21

「……」

「……」

「あんたのソーセージ、そんなにうまいの?」

「うまいとも!」

「だったら……食べさせてよ!」

「いいだろう」

10 : 以下、?... - 2019/05/23 00:37:46.148 aOz/eXYS0 6/21

「ほらよ」

「こ、これは……! なんて長くてぶっといの!」

「いただきます!」モグッ

「もご!?」

「ぶっとい上に……すごくジューシィ! おいしい! おいしいわ!」モゴモゴ

「そうだろう、そうだろう」

11 : 以下、?... - 2019/05/23 00:40:22.338 aOz/eXYS0 7/21

「だったら今度は私のアワビを食べて!」

「いただくよ」ジュルッ

「うっ!」

「おおおっ、なんてアワビだ! すさまじい弾力! 栄養が凝縮されてやがる!」

「こんなうまいアワビ、生まれて初めて食った!」

「そうでしょ、そうでしょ」

12 : 以下、?... - 2019/05/23 00:42:43.351 aOz/eXYS0 8/21

「うまかった……」

「おいしかったー……」

「……」

「……」

「なかなかやるじゃねえか」

「そっちこそ」

「よかったら俺のソーセージ作り見る?」

「うん!」

13 : 以下、?... - 2019/05/23 00:44:40.426 aOz/eXYS0 9/21

「へえ~、洒落たキッチンね」

「俺の売ってるソーセージは全部ここで作るんだ」

「まず、こうやって豚肉を味付けして、よくこねる」コネコネ

「んでもって、これを腸に詰めていく」グニグニ

「これをさっと茹でりゃあ……出来上がり!」

「わぁ~、すごい!」

14 : 以下、?... - 2019/05/23 00:46:07.883 aOz/eXYS0 10/21

「豚肉はもちろん、小規模だがいい豚を育ててる養豚場から仕入れてる」

「肉も厳選してるってわけね!」

「ソーセージ作ってるところ見るの初めてだから、楽しかったわ」

「あ、そうだ。よかったら、君がアワビ収穫するところを見せてくれないか?」

「うん、いいよ!」

15 : 以下、?... - 2019/05/23 00:48:25.454 aOz/eXYS0 11/21

ザザーン…

「静かでいい海岸だね」

「私のアワビはここで収穫してるの」

「ただし、獲っていい数は厳密に掟で定められてて……」

「どうして?」

「決められた数以上獲ると、生態系が崩れてしまうからよ」

「なるほどなぁ」

18 : 以下、?... - 2019/05/23 00:51:48.194 aOz/eXYS0 12/21

「じゃあ、獲ってくるね」

ザブンッ

「おおっ、素潜りか!」

シーン…

(もう何分潜ってるんだ? なんて肺活量だ……)

ザバッ

「獲れた!」

「おおー……! かっこいい!」

19 : 以下、?... - 2019/05/23 00:53:33.929 aOz/eXYS0 13/21

「今日は楽しかったよ」

「うん、私も楽しかった!」

「これからも二人で、あの場所でソーセージとアワビを売り続けよう!」

「うん!」

「じゃあねー」

「またねー」

20 : 以下、?... - 2019/05/23 00:56:22.178 aOz/eXYS0 14/21

ある日――

「ソーセージいかがっすかー! ぶっとくておいしいよ~!」

「……ん?」

「……」

「あれ? 今日はアワビ売らないの?」

「うん、ちょっと不漁で……」

「そっか……」

22 : 以下、?... - 2019/05/23 00:58:25.519 aOz/eXYS0 15/21

次の日――

「あれ? 今日も売らないの?」

「うん……今日はもう帰るね」

「そっか……」

「……」



(気になるな……なにかあったのかな?)

(ちょっとあの海岸に行ってみるか)

24 : 以下、?... - 2019/05/23 01:02:27.059 aOz/eXYS0 16/21

DQN「ヒャッハー! みんな、獲って獲って獲りまくれぇぇぇ!」

仲間A「おう!」

仲間B「こりゃ最高の穴場だぜ!」

「やめてよ! そんなメチャクチャな獲り方されたら、この一帯のアワビが全滅しちゃう!」

DQN「うるせえよ! 獲りたいもんを好きなだけ獲って何が悪い!」ドンッ

「あうっ!」ドサッ

DQN「ここは海だ……人を殺しちまっても沈めちまえば問題ねえ。なんならお前も沈めちまうか!」

「ひ、ひいいっ……!」

26 : 以下、?... - 2019/05/23 01:04:45.952 aOz/eXYS0 17/21

「やめろ!」ザッ

「あっ!」

DQN「だ、誰だてめえは!?」

「通りすがりのソーセージ売りさ」

「アワビを乱獲する密漁者ども、俺が相手になってやる!」

DQN「ハァ? ソーセージ売りが俺らと戦うってか? ……やっちまえ!」

ウオオオオオオオ…!!!

27 : 以下、?... - 2019/05/23 01:07:02.652 aOz/eXYS0 18/21

「ほわたぁ~……」ヒュンヒュンヒュンッ

「アチョッ!」ブオンッ

バキッ!

「アチャーッ!」ブオンッ

ボゴッ!

ギャアアアア… グエエエエ…

DQN「な、なにい……!? 繋がってるソーセージをヌンチャクのように操って……!」

29 : 以下、?... - 2019/05/23 01:12:16.603 aOz/eXYS0 19/21

「さて、残るはお前だけだな」ヒュヒュンッ

DQN「ち、ちくしょう!」ダッ

「あっ!」

「待ちなさい! 必殺……アワビ投げ!」ビュオオオンッ

ガツンッ!

DQN「ぐはっ……! なんて硬いアワビだ……」ドサッ

30 : 以下、?... - 2019/05/23 01:15:02.418 aOz/eXYS0 20/21

「大丈夫かい?」

「うん、助けに来てくれて……ありがとう」

「奴らは警察に突き出したし、もう密漁されることもないだろう」

「これでまた、アワビを売ることができるわ!」

「本当に……ありがとう」ギュッ

「むひょっ!」

「俺……前から君のことが好きだったんだ!」

「私も……!」

「じゃあ、さっそく……今夜は……」

31 : 以下、?... - 2019/05/23 01:17:13.432 aOz/eXYS0 21/21

「……」

「……」

「大したソーセージじゃなくてごめん……」

「こっちこそ……ごめんなさい」





おわり

記事をツイートする 記事をはてブする