風俗嬢と僕【1】
風俗嬢と僕【2】

408 : 以下、名... - 2015/09/02 00:01:05.72 q2DoNl/B0 296/597

サッカー日和というにはあまりに強い日差しだ。八月も終わりだというのに、残暑が猛威をふるっている。

天皇杯初戦、やっとここまで辿りつけた。

会場は予選決勝と同じでも、空気感が違う。

テレビの中継も入っているし、お客さんの数だって少なくは無い。やっぱり、予選と本戦って何か違う。

「何だよ、カズ、緊張してんのか?」

ロッカールームでの円陣を終え整列していた僕に、後ろからヒロさんが声をかけてきた。

「いやいや、武者震いですよ」

「ははっ、頼もしいことで」

ヒロさんとの空気は、あの夜以来元通りになってしまっていた。

大したことは無い会話……っていうか、挨拶くらいしかしてないのにね。不思議だけど、そういうことって結構あるのかもしれない。

勝つぞ、と言ってヒロさんは僕の背中をバシッと叩いた。それに応えるように、僕は手を挙げる。

アンセムが流れ始めて、前方に並んでいた人たちからピッチに向かって足を進め始めた。

高揚感と緊張が良い感じに胸にこみあげてくる。さあ、ゲームを始めよう。  

410 : 以下、名... - 2015/09/03 01:47:36.01 wCP4j9i60 297/597

試合が始まってすぐに、一つの事実に気がついた。 

彼らは、チームとしてはキックスほどのレベルではなく、ワンマンチームだってこと。

所属しているリーグという肩書きだけではなく、実際の選手の能力もキックスには劣っているように思える。一人を除いて、の話ではあるけれど。

油断とか慢心とかじゃなく、勝たないといけない相手だと思う。次に当たるプロと少しでも良い試合をしたいと思うのなら、圧勝とは言わずとも、手こずって良いチームではない。

相手にとってもそれは当てはまることなんだろうけどね。

気がかりは、ディフェンダーなのに僕のマークが厳しいこと。普通だったらディフェンスのオーバーラップなんて、そのタイミングでケアをするだけなのに、今回は逆サイドにボールがあるときでも、中盤のサイドの選手が僕を見てきている。

光栄なことなんだけど、僕より意識すべき人はいるはずなのにね。それこそ、予選決勝でスーパーボレーを決めた選手とか。

僕をケアしている彼は、試合前のミーティングで要注意選手としてあげられていた。高校時代には選手権で全国四強まで進み、大学でもユニバーシアード代表に選ばれるほどの選手だと、ヤマさんは警戒を呼び掛けてきた。

相手チームのなかでは例外とも思えるくらい、技術レベルが高い選手だ。

プロになってもおかしくない世界でやってきた選手と、僕は今日マッチアップをしている。

彼に負けると、僕が穴として狙われてしまうことになる。絶対に負けることはできない。

僕がそんなにVIP待遇でケアをされている一方で、ヒロさんにも当然ながらマンマークが付けられている。

うちのチームの決定機は、ほとんどヒロさんを経由してのものだ。そのヒロさんにボールが渡らないとなれば、必然的にチャンスは減ってしまう。

411 : 以下、名... - 2015/09/06 12:35:30.05 qWMiNwlXO 298/597

ヒロさんも僕も、なかなか厳しい試合になりそうだ。

僕と対面する相手のエース……イヌイというらしい彼は、一対一の局面でボールを持つと必ず個人技で勝負を仕掛けてくる。

ボールを失わないことを第一に考えて、バックパスや横パスを多用しがちな僕とは、言わば真逆の選手だ。

そして、その個人技は当然のことながらレベルが高い。

キックスよりリーグカテゴリは低いはずなのに、前の試合の数倍、僕は圧されている。

決定機を作らせないことに一生懸命で、カットインのコースを消すことに従事すると、今度は深く切り込まれてクロスをあげられる。

相手フォワードの決定力が低いからか、センターバックが頑張っているからか、或いはどちらのおかげでもあるのか、まだ得点は決められていない。しかし、それも今のままだと時間の問題のように思える。

試合自体は防戦一方とは言わずとも、現状では僕のサイドはイヌイに好き勝手されている。

414 : 以下、名... - 2015/09/07 01:20:02.77 YISJ/UDc0 299/597

イヌイにパスが渡る瞬間に近づいて圧を与えようとしても、彼はぴたりと足元にボールを納めて見せた。

中央へのコースを切っているから、縦に仕掛けてくるしかないのは分かっている。

イヌイは一瞬だけ中央へ切り込むように右足アウトサイドでボールを押し出そうとする。それに反応して、僕の重心が移動した瞬間、ボールは予測していたのと逆方向に転がっていた。

かつてのブラジル代表のエースが得意としていた逆エラシコというフェイントだ。練習でやってる選手はいても、実際の試合で使うには相当な技術が必要な技を、イヌイは簡単にやってのけた。

僕をあっさりとかわした彼は、そのままダブルタッチ気味に左足でボールを前に運んで僕に背中を見せつけてゴールに向かって斜めにドリブルを始める。

もちろん、僕だってこのまま独走をさせるわけにはいかない。すぐに体制を立て直して、縋るように彼を追いかける。
 
カバーに入ったセンターバックが引っ張りだされたスペースに、二列目から相手選手が飛び出してくる。そして、イヌイは簡単にそこにパスを出した。

やばい、ボランチが振り切られている。

415 : 以下、名... - 2015/09/08 02:01:00.90 +S2KEddA0 300/597

ボールウォッチャーになっているこっちサイド、右センターバックはイヌイのパスアンドゴーの動きに気づいていない。

くそっ、間に合え!

ボールサイドに関わらず、ドがつくほどフリーになっているイヌイの背中を追いかける。幸いにも、彼はドリブルが巧みであっても俊足というわけではないらしい、間に合えっ。

二列目の選手は、届いたパスをそのままランウィズザボールのように大きく前に蹴りだして走りだした。

センターバック二枚が挟み打ちのようにそこを目指していくと、それをあざ笑うかのように彼はイヌイに向かってリターンのパスを出す。

技術的な問題なのか、そのパスは精度に欠けて少し長いボールとなっている。

いける、間に合う。

夢中で走って、イヌイがボールに触れる直前にスライディングで右足を伸ばす。

どうにかつま先に当たったそれは、そのまま縦に流れてタッチラインを割った。イヌイは、伸ばした僕の足につまずいて倒れてしまったけど、笛は鳴らずに流してくれた。

危ない、今のは僕が簡単に振り切られてしまったせいだ。

「二列目気をつけろ!」

自分の反省は心の中で消化すると、立ちあがりながらボランチに注意を促す。
 
倒れたままのイヌイに手を差し出して立ちあがらせる。

「やるじゃん、間に合うとは思ってなかった」

「そっちこそ、あんなフェイント持ってるとは」

そんな言葉を交わすと、彼はコーナーに向かった。

決定機は免れたとはいえ、まだまだピンチだ。

416 : 以下、名... - 2015/09/08 02:07:46.94 +S2KEddA0 301/597

ボールをセットした彼は、右足でゴールに向かってくるボールを蹴って来た。

幸いにも高さはこちらの方があるようで、先程はウォッチャーになってしまっていたセンターバックがそれを跳ね返す。

そのボールをヒロさんが拾って前を向くと、すぐに相手選手がプレッシャーをかけてくる。

混戦状態から逃げ出すためにクリアしたボールを相手選手が拾うと、コーナーのままサイドに張っていたイヌイに、アタッキングサードで再びパスが渡る。

ゴール前からポジションを戻していた僕と、再びマッチアップ。

今度は何をしてくる?

不思議だよね、上手い選手が相手チームにいるって自分たちにとっては良いことじゃないのに、でもこんなにワクワクしてしまう。

イヌイを止めることができたら、勝つことができたら、僕はまだまだ上手くなれる気がする。

417 : 以下、名... - 2015/09/09 02:40:37.16 E343tD0OO 302/597

今度は縦に突っかかってくる。どうにかダッシュで対応しようとすると、足裏で急にボールを止めて急停止をした。それに反応をして体の動きを無理にブレーキをかけた瞬間、イヌイは再びボールを前に運んだ。

プルプッシュというフェイントだ。ぱっと見では華麗な足技でじゃないけど、あのキレで繰り出されたら足止めするのも楽じゃない。

再び振り切られた僕は、つい手を彼に伸ばしてしまった。

強い笛が鳴って、審判が僕に近づいてくる。

強い口調で注意を促されたけど、カードは貰わずに済んだ。危ない、このやられようだとどこかで一枚はもらう羽目になるかもしれないけど、今はまだ前半だ。それにはあまりに早すぎる。

イヌイは立ち上がり、ボールをセットしようとする。

薄く笑っているように見えるのは、僕を手玉に取ったという勝利感からなのだろうか。

くそっ、見てろ。

そんな悔しさもそこそこに、僕はフリーキックの壁に入る。

中央の選手に向かったボールはやはり弾き返すことができて、こぼれ球がヒロさんの前に落ちた。

そのまま前を向き、マーカーが寄せてくるよりも早く、前線に張っていたフォワードに向かって強いグラウンダーのパスを出した。

420 : 以下、名... - 2015/09/14 01:10:37.75 ooCh5tra0 303/597

久しぶりにこちらが攻撃する番だ。

フォワードは相手のセンターバックを背負ったまま、ヒロさんからのパスをキープしてためを作っている。

フリーキックのキッカーになっていたイヌイに追いつかれる前に、全力で前に向かって走る。とにかく枚数を増やさないと、数的不利ではカウンターのカウンターにされてしまう可能性が高い。

全体が押しあがり始めたところで、キープしていたボールはボランチに一旦落とされた。

「来い!」

そのボールを要求するのは僕の仕事だ。

中央から一気に右サイドに展開されたボール、僕はそれをトラップしてそのままサイドをえぐる。

ドリブルを始めると、どうしても普通に走るよりは遅くなってしまって、後ろからイヌイの足音を感じてしまう。

一か八か、僕の選択はアーリークロスだった。

ゴール前にはフォワード1枚と、縦パスを入れてから走っていたヒロさんの二枚。

高さでは五分……いや、うちのチームの方が低い。

一瞬の判断で、高くて緩い弾道ではなく、低くて早いライナー性のクロスを上げた。

後ろからイヌイがスライディングで足を伸ばしてきたけど、それより一足先にボールはゴール前に向かって飛んでいく。

422 : 以下、名... - 2015/09/15 01:53:40.22 d5zLQOj+0 304/597

その弾道を見届けた直後、僕はイヌイの足に引っ掛かって転倒する。

しかし、クロス自体はゴール前に飛んで行ったからか、審判がプレイオンを宣告してプレーは続いた。

どうなった?

ボールに合わせる音が聞こえて、倒れたままに慌てて首をそちらへ向ける。ゴール前では、後ろから走り込んできたからかヒロさんがフリーでいて、しかしダイレクトボレーをふかしてしまっていた。

珍しいな、あれくらいフリーだったら枠内には飛ばせる技術があると思うんだけど。
                     
審判はゴールキックに移る前にプレーを一度止めて、イヌイに注意をしに来た。

彼はそれに頷きながら、僕の手を引っ張って立たせる。

「大丈夫か?」

「もちろん」

こんなことで怪我なんかしていられない。イヌイとのマッチアップは楽しいし、勝てばもっと楽しくなってくる。こんなところで怪我をするわけにはいかない。

立ちあがって彼の肩を叩いていると、ヒロさんからも確認の声が聞こえてきた。

「カズー! 大丈夫かー!」

それには、僕はサムズアップで返事を帰す。流れのプレーだったし、モロに入ったわけじゃない。

ちょっと大げさだな、なんて思いながら、僕はゴールキックに備えてポジションをとる。

423 : 以下、名... - 2015/09/15 02:05:44.32 d5zLQOj+0 305/597

それからも、僕とイヌイのマッチアップは勝ったり負けたりの繰り返しだった。僕は勝負をしかけるタイプではないから、要するに抜かれたり止めたり、ってことだ。

イヌイの個人技は圧倒的だけど、周りの選手が彼のレベルに追い付けていないから、そこに助けられている感はある。本来なら、都道府県リーグレベルの選手ではないんだ。

彼の活躍で、県リーグでは首位を独走、次は地域リーグに昇格しそうな勢いだってミーティングでは聞いたけど、彼はなぜこのチームでサッカーをしているんだろう。もっと上のチームにも入れたはずなのに。

いや、試合中に余計なことを考えるのはやめておこう。とにかく今は、イヌイをどうやって止めるかに集中しないと。

前半も着々と時間が過ぎ、そろそろ前半終了が近づいて来た。

どちらかといえば押してる相手からすると、前半中に一点を奪いたいだろうし、逆にうちは耐えて後半に希望を繋ぎたい。

ここが正念場だ。

相手センターバックがボランチに預けたパスが、そのままイヌイに渡った。

対峙しないと分からない、何かをしそうな選手ってこういうことなのかな。今までにマッチアップしてきた選手の中ではヒロさんしかもっていなかったような、華やオーラみたいな何かを、彼には感じてしまう。

きっと、僕には持つことができないものだ。

それでも、だからと言って諦めるわけにはいかない。

424 : 以下、名... - 2015/09/18 01:40:41.48 bPnTwyh70 306/597

半身の姿勢になって彼の仕掛けに備える。

さぁ、来い。

右の足裏でボールを転がすように前に進め、そのまま左足のインサイドでカットインを狙ってくる動きを見せてきた。

そうはさせないと中央への切りこみを防ごうと動くと、彼の左足はボールに触ることなくまたいでいき、そのまま更に縦に進まれた。

シンプルなインサイドシザースではあるけど、何度も何度も練習したのか、天性のものなのかその動きにつられてしまった。

そのまま独走されそうになって、つい右手が彼の背中を掴みそうになる。

縋るように伸ばしても、それは届かぬところまで進んで閉まっていた。

まずい、この時間に失点だけは避けないといけない。リードされて前半が終わると、うちのチームには絶望感が、相手チームには楽観的な感情がわいてくるに違いない。

後ろから全力で追いかけつつ、ゴール前の枚数は足りているのを確認する。

技術で負ける僕ができるのは、頭をつかってその分をカバーすること、考えてプレーすることだ。

クロスなら対応できる。問題はシュート。でも、それにはこのままでは角度が無さすぎる。

必ずどこかで中に向かってくるはずだ。そこで追いつく。

425 : 以下、名... - 2015/09/24 00:23:22.54 vxtZq+kh0 307/597

僕の読みとは裏腹に、彼はほとんど中に向かうことなくサイドを縦に切り裂いていく。

読まれている?

だとしても、少しくらい中に向かった方がフェイントの幅も広がるし、クロスだって質が高くなるはずだ。

ドリブルの彼よりは純粋に走っているだけの僕の方が早くて、徐々に彼の背中が近づいて来た。

よし、ここで体を当てる。

その決心で体を当てようとした瞬間、彼はボールを右足のアウトサイドに引っかけて止めた。そのブレーキに、タックルを仕掛けていた僕の体は反応できずに勢い余って倒れそうになってしまう。

そんな僕をあざ笑うかのように、彼は僕の背中を抜けて中央へカットインしていく。もうペナルティエリアの中で、彼から見てゴール前左ななめ45度。巻いてシュートを打つには絶好の角度だ。

視線をゴールに向けてシュートモーションに入った。センターバックが慌てて寄せに行ったところで、彼は冷静にアウトサイドでゴール前のディフェンダーに優しくパスを出した。

そのボールがぴったりとフォワードに渡り、足が振り抜かれそうになった瞬間、そのボールはクリアされ、前半終了を告げるホイッスルが二度鳴らされた。

スライディングで足を伸ばしたのは、他でもないうちのチームの10番、ヒロさんだった。

427 : 以下、名... - 2015/09/27 22:32:51.14 9gMdeDUs0 308/597

「チェッ、ちょっと弱かったか」

イヌイは反省の独り言を漏らすと、僕に近づいて来た。

「お前、やるね」

そう言って肩をぽんぽんと叩くと、彼は自分のベンチに向かって歩いていった。

やるね、だって? こんなにボコボコに崩されて、攻撃のパターンもほとんど作れていなかったというのに?

試合はともかく、少なくとも前半の『勝負』においては、僕は彼に完敗だった。いや、元の実力差を考えたら当然のことかもしれないんだけど。

落ち込んでいるというよりは、能力差を見せつけられて落ち込んだというべきなのかな。あれだけ上手くても、彼はプロにはなれなかったのだろうか。

少し肩を落として俯き気味に歩いていると、ヒロさんに急かされた。小走りで追いついて、並んでベンチに向かう。

「前半を無失点でいけたのは大きい、良い働きだったよ」

励ましなのか慰めなのか、ヒロさんは僕にそう言ってくれる。

「いや、全然……形は作れなかったし、崩されまくってたし……」

429 : 以下、名... - 2015/09/30 22:17:39.12 S515wxf90 309/597

「あのな」

ヒロさんは、強い口調で僕に言い聞かせる。

「イヌイを抑えるっていうのは簡単なことじゃないんだよ。で、どんな形であれお前は前半は無失点に抑えた。それで良いの」

分かったか、と確認するような目つきで僕を見てくるから、分かりましたと答える代わりに頷いた。

本当は、釈然としないんだけどさ。でも、たしかにこれは僕とイヌイの勝負じゃない。僕たちと、イヌイたちの試合なんだ。個人のマッチアップで負けても、チームを勝たせないと意味が無い。

ベンチに戻ると、自分で給水ボトルを拾いに行く。

今まではミユが渡してくれていたけど、彼女は相変わらずうちのチームに顔を出さない。練習だけでなく、試合にまで来ないって言うのはちょっと予想外だった。

ヒロさんとの関係は回復しても、ミユとはその機会もないままだった。何て話して良いかも分からなくて、連絡すらできていない。

チームメイトなんだから、一緒に戦いたかったって言うのは、本心。

気まずいから、来てなくて良かったというのも、本心。

「おい、カズ、聞いてるか?」

そんな声で、頭がミーティングへ戻される。

「えっ」

「バカ、集中しとけ。イヌイとのマッチアップで疲れてるのも分かるけど……後半、お前がキーマンだぞ」

430 : 以下、名... - 2015/09/30 22:25:45.38 S515wxf90 310/597

後半の作戦はこうだ。

イヌイは個人技でガンガン仕掛けてきて、相手チーム全体が彼に信頼感を置いている。当然だ、彼のレベルは明らかに傑出している。

そして、そこに隙がある。

イヌイは攻撃に特化した選手だから、守備に限ってはこのピッチ上で標準程度のレベルでしかない。

ただ攻撃は最大の防御という言葉通り、彼が守勢に回ることは滅多にない。イヌイが勝負を仕掛けると、シュートなりラインを割るなり、何らかの形でプレーが止まり、守備の形を作られてしまうからだ。

しかし、流れの中では彼が仕掛けてきた時にできる、裏の広大なスペースはカバーされることなくぽっかり空いていることが多い。本来カバーに入るべき選手が、イヌイのサポートをしやすいポジションに入ることが多いからだ。

つまり、そのスペースをつくことができれば、必ずチャンスが出来る。

そのために重要なのは、イヌイにやりきらせないこと。流れでボールを奪いきってしまうことだ。

「要するに……」

「まぁ、簡単な話、お前がイヌイに勝てってことだよ。マッチアップで」

431 : 以下、名... - 2015/10/05 01:02:01.05 5ALlwoTv0 311/597

「いやいや……あんなにボコボコにされてたのに……」

実際、攻撃する余裕なんて全くないほど、赤子の手をひねるより簡単に僕は手玉に取られていた。

それなのに、彼を止めてカウンターを狙え? 無茶だ、できるとは思えない。

冷静にそんなネガティブなことを考えているのに、ワクワクしてしまっている自分もそこにはいた。

彼からボールを奪えたら、カウンターを決めることができたら。それはどんなに気持ちが良いことだろうか。どんなに爽快なことだろうか。

「とにかく、チームとしての後半の攻撃プランは右サイドのカウンター。で、カズの負担が大きくなるから、そこのカバーとフォローは忘れずに」

オッケー? とヒロさんが全体に確認をして、それぞれが返事をする。

「最近、ヒロのほうが俺より監督っぽいよな」

そんな愚痴を、ヤマさんはこぼしていたけれど。

432 : 以下、名... - 2015/10/05 01:54:51.60 5ALlwoTv0 312/597

ハーフタイム終了を告げる笛が鳴らされて、僕たちはピッチに戻っていく。

イヌイと視線がぶつかると、彼は僕に笑って見せた。

『後半はお前を抜いてゴールを貰う』

そんなメッセージが込められている気がした。

僕も、やれるもんならやってみなという気持ちを込めて笑い返しておく。自信はないけど、実力で負けているのに気持ちでも負けるわけにはいかない。

視線が外れて、笑顔を止めてはっと気付いた。

数年前のブラジル代表のエースは、プレー中でも笑顔を絶やさなかった。サッカーを純粋に楽しんでいるから、漏れてしまうらしい。

前半の僕はどうだ?

守備に忙殺されて息があがってしまっていたとはいえ、楽しめていたのだろうか。笑えていたのだろうか。

イヌイみたいに凄いプレイヤーとマッチアップできる、この試合。もっと楽しもう。そうしないと、ここまで来た甲斐がない。

さっきの意識的な笑みではなく、今度は心の底から湧いてくる感情で口角が上がって来た。

「よっし、一本いこうぜ!」

一人で笑うのはちょっと恥ずかしいから、それを誤魔化すようにチームに喝を入れた。後半、僕はイヌイに勝ってみせる。勝負でも、試合でも。

434 : 以下、名... - 2015/10/06 01:37:18.34 jSRYqsLZ0 313/597

相手は前半通り、イヌイを起点にゲームを作ってきた。

後手の対応と言われたらそれまでだけど、前半以上にうちのチームも右サイドを固めてそれを迎え撃つ。

イヌイにボールが渡ると、まずディレイさせて人数を増やす。僕が抜かれてもカバーに入った選手が彼を再び足止めして、逃げのパスを流させる。

そのボールをカットできたらチャンスになるんだろうけど、安全なバックパスが多かったり、フォローするポジションが的確なせいだったりで、なかなか上手く攻撃に結び付けられない。

イヌイのドリブルがゴールラインを割って得たボールで、自陣後方からのビルドアップを始める。僕も右サイドいっぱいに張ってポジションを取って、そのボールを受ける準備を始めた。

センターバックが僕に出した緩いパス。それを狙われていた。

少しルーズに僕を見ていたイヌイが、全力でボールに向かって走り始めた。パススピードが速くないうえに、ルーズに見られているという油断から、それを一気にインターセプトされてしまう。

僕とセンターバックの間で奪った勢いそのままに、イヌイは縦に向かって突き進んでいく。

447 : 以下、名... - 2015/11/16 01:21:48.33 yyh9YrbO0 314/597

スピードに乗ってパスカットをした彼と、ボールを待っていた僕。

速さの差は歴然で、僕より後方にいたパスを出してきたセンターバックでさえ、フォローに間に合いそうもない。

少しずつ、中央に向かって角度をつけながらイヌイはボールを運ぶ。

逆サイドのセンターバックもカバーに入っているけど、枚数が足りていない。足りない枚数を埋めに僕もダッシュはしているけど、ポジション取りを高くしていたせいでどうしても間に合いそうにない。

ペナルティエリアに侵入されたあたりで、キーパーが我慢できずに前へ飛び出した。イヌイのシュートコースはかなり限定されたけど、当然ゴールはガラ空きになっている。

前半とは違い、今度はキックモーションを入れるまでもなく、彼はフォワードにパスを出した。

カバーに入っているセンターバックが体を寄せて守ろうとしたけど、無人のゴールに向けてボールを流し込むだけの、簡単な仕事だ。

相手フォワードはそれを完遂してみせた。

誰にも邪魔をされることはなく、そのボールはゴール内側の白線を越えた。

450 : 以下、名... - 2015/11/20 00:04:30.39 ZPJwTbbK0 315/597

ゴールを決めた選手とイヌイが抱き合いながらゴールを喜ぶ。それを横目に、僕は両手を叩いて仲間を鼓舞する。

「切り替え! 次とるぞ、次!」

その言葉は、自分に言い聞かせるためでもある。ここ最近、先制点を取られる試合が多すぎる気がする。予選初戦、決勝、今日。重要な試合で立ち上がりが悪いのはうちのチームの課題でもある。

審判に促されて、イヌイたちは自陣に戻っていく。一瞬、彼と目があった。イヌイは不適な笑みを浮かべて、僕に一本指を立てて見せた。

『まずは一点、お前から奪った』

そんな、挑発じみたサインだろうか。悔しいことに、失点は僕のサイドからだし、何も言い返せやしないんだけど。

449 : 以下、名... - 2015/11/20 00:03:20.43 ZPJwTbbK0 316/597

試合が再開すると、一層激しさは増してきた。

イヌイサイド偏重の攻撃を繰り広げてくる彼らに対抗するように、うちのチームも僕にボールを預ける。

一緒にプレーをしてわかったイヌイのすごいところはプレー自体に限らない。仲間に絶大な信頼を受けているところだ。

イヌイなら組み立てられる、イヌイならマークが厳しくてもどうにかしてくれる。そんな信頼関係がなければ、これほど彼にボールは集まらない。

僕はというと、失点もしたし、得点に繋げられてもいない。信用してくれという方が難しいはずだ。

それなのに、皆は僕にボールを預けてくれる。任せてくれる。

その信用に応えたくて、僕は自分に出来るプレーを最大限に活かせるように頭を回転させる。ベストな選択、ミスのない、迷惑をかけないプレー。それこそが最善だと、僕に求められるものだと信じて。

451 : 以下、名... - 2015/11/20 00:05:03.00 ZPJwTbbK0 317/597

残り時間が15分ほどになったところで、イヌイがボールを持った。

ドリブルを始めた彼に、予選よりは多く入った観客が歓声をあげる。イヌイが何かをしてくれそうな期待を、観客が抱いている。

彼がヒールリフトを仕掛けてきた。僕はどうにかボールを頭にかすらせて、タッチラインの外に追いやった。観客は溜め息を漏らす。

くそっ、雰囲気までイヌイに持っていかれてる。これが華のあるイヌイと、僕程度の選手の差なんだろうか。

色んなものに押し潰されそうになる。マッチアップする相手とのレベル差に、僕に任せられた仕事の重さに。

それでも、それでも。

452 : 以下、名... - 2015/11/20 00:05:33.25 ZPJwTbbK0 318/597

「カズヤー! ナイスカット!」

そんな声が、スタンドから聞こえてしまった。今までは、聞こえなかったのに。声色だけで、誰か分かってしまう。

「カズ、いいぞ! 次だ、次!」

「これ凌いでカウンターいくぞ!」

ピッチの上からも、声が聞こえてくる。

これだけもて遊ばれると、自分では僕がイヌイに勝てるなんて思えない。期待もできない。

それでも、応援してくれてる人がいる。信じてパスを出してくれる仲間がいる。

応援してくれる人、信じてくれる仲間がいるから、諦めることができない。そんなかっこいいことは、僕には言えない。

ただ僕は、信用されたい。認められたい。

イヌイみたいに、プレーでチームを引っ張れる存在に。ヒロさんみたいに、うちのチームの中心に。

華やかな彼らのようにはなれないと言い聞かせてはある。それでも結局は、その望を捨て去ることなんて出来ていない。



453 : 以下、名... - 2015/11/20 00:06:11.87 ZPJwTbbK0 319/597

どんな形でも良いから、僕は僕で認められたいと強く願う。

泥臭くても、みっともなくても、下手くそでも。イヌイみたいに、僕はなりたい。

でも、そのためにはどうすれば良いんだろう。華麗な足技を持つことが、彼みたいになれるということなのだろうか。それとも、ヒロさんみたいにリーダーシップを伴った存在感を持てば良いのか。

残り時間も短く、徐々に焦りが出てきている。くそっ、こんなところで負けるわけにはいかないのに。

恨めしい、惜しい、悲しい、焦り、そんな感情が顔に出ていたのか、マッチアップをしているイヌイに声をかけられる。

「アンタさぁ、勿体ないよね」

そんな、どういうことなのかも掴めない言葉。

意味がわからないという目で彼を見つめ返すと、言葉を続けた。

「せっかく上手いのにさ、無難なプレーばかりだし。それに、今もそんな顔してる」

「そんな顔って?」

オウム返しのように問い返すと、それには答えず彼は言った。

「もっとやりたいようにやってみろよ。せっかく楽しい試合をしてるんだぜ?」

456 : 以下、名... - 2015/11/21 16:02:18.32 brc2+gEoO 320/597

「楽しい、試合」

一言、僕は呟いた。

後半が始まる頃の胸の高鳴りを、僕は忘れてしまっていたのだろうか。

試合を任された重さに、押し潰されそうになっていた。イヌイにやられ続けて、勝てないとも思った。それでも僕を信じてくれる仲間の信用を失いたくなくて。

そんなことをごちゃごちゃと考えるのが、僕のやりたいサッカーだったんだろうか。

サッカーを始めた頃は、ただただ楽しくて仕方がなかった。失敗してもボールを蹴ることが楽しくて、上手くいくともっと気持ちが良い。

その気持ちを、今の僕はなくしているんじゃないのか。

サッカーは、自分の存在意義を認めさせる道具じゃない。自分の価値を見いだすためのものじゃない。もしそうだったとしても、一番根底にあるべきものはそれじゃない。

僕は、サッカーが好きだ。

ハッと目が覚めた気がした。彼に目を合わせると、彼は満足げに頷いた。

「さぁ、もっと楽しもうぜ」

そんな一言を、言い残して。

457 : 以下、名... - 2015/11/21 16:05:54.01 brc2+gEoO 321/597

「カズ!」

オーバーラップを仕掛けた僕に、ヒロさんがボールを供給する。前にボールを運ぶと、相手ディフェンダーが目の前に立ちふさがった。

……ここで、いつも逃げてたんだな。

今まで通り、フォローに入ったボランチにパスを出す。そんな単純なパスフェイント。

それでも、今までパス一辺倒だった僕のそれは、効果が絶大だ。

完全にそちらへ重心が傾いていたディフェンダーを置き去りにして、相手陣地を抉っていく。

そのままクロスをあげようとしたところで、ヒロさんがやや後方から走り込んできているのが目に入った。

強いゴロでマイナス方向にパスを出し、ヒロさんの足下にそれが届いた。

ワントラップを入れて、シュートを放とうとする。

その瞬間、スライディングにいく相手選手の脚が、後ろからヒロさんの軸足ふくらはぎに入った。

458 : 以下、名... - 2015/11/21 16:06:37.97 brc2+gEoO 322/597

強い笛が鳴って、レフェリーがその選手にレッドカードを提示した。

「おいっ、お前! わざと削りやがったな!」

「うっせぇ! レッド貰ってんだからお互い様だろ!」

「割にあわねぇんだよ!」

相手と仲間がもみくちゃになって争っている中、ヒロさんは踞ったまま立ち上がれない。

「ヒロさん!」

声をかけながら近づいても、ヒロさんは反応がない。

「大丈夫ですか?」

審判が担架をピッチ内に呼び寄せても、ヒロさんに反応がない。

削られたとはいえ、そこまでの痛むほどの強い接触では無かったと思う。それでも、ヒロさんは立ち上がれない。

左足を押さえたまま、彼は声も漏らさない。

何度か、首を左右にふった。

「無理そう、ですか?」

その問い掛けにも、彼は、左右に首を振った。何にせよ、一旦は外に出ないと試合が再開できない。

459 : 以下、名... - 2015/11/21 16:07:25.54 brc2+gEoO 323/597

担架に乗るように審判に指示されると、ヒロさんはそれを拒否して自分で立ち上がった。

その頃には争いも一段落していて、スライディングを仕掛けた相手はピッチを退こうとしている。

ピッチの外に向かう前、ヒロさんは僕を呼び寄せた。小走りに彼に向かうと、一言だけ僕に告げた。

「悪い、昔を思い出しただけだ。すぐに戻る」

そのまま、ヒロさんは歩き始めた。

昔……あぁ、そうか。そうだった。

ヒロさんのかつての悩みに繋がっていた、プロ時代の怪我。

それは確か、後ろから受けたスライディングが原因だったと、彼は言っていた。

だからか。僕は一人で納得する。

前半、イヌイからスライディングを受けたときにオーバー気味に心配していたのは、自身に置き換えていたのかもしれない。

何にせよ、これはチャンスだ。残り時間が少ないとはいえ、数的有利に立った。しかも、相手ゴール前でフリーキック。

460 : 以下、名... - 2015/11/21 16:07:58.97 brc2+gEoO 324/597

いつもは、セットプレーのキッカーはヒロさんの仕事だ。でも彼は、今はいない。

「俺、蹴ります」

無意識に、その言葉が出てきた。

周りにいたチームメイトは驚いた目で僕を見る。当然だよね、今までなら絶対に自分からそんなことは言わなかったから。

「いけるか?」

「大丈夫か?」

問いかけに、僕は頷いて答える。心配はされても、誰も否定はしないでくれた。

各々がポジションに散っていき、僕はボールをセットする。

サッカーを始めたのは、あるサッカー選手に憧れたからだった。

親が見ていた、日本代表の試合。背番号10の左足から繰り出されるフリーキックは、サッカーのことなんて何も知らない僕にさえ、感動を覚えさせた。

それから彼に憧れて、何度も何度もボールを蹴った。今のチームではヒロさんがいるから、フリーキックを蹴る機会なんて無かったけど。それでも、一人で自主練習は続けてきた。

あの頃の気持ちを思い出せ。彼みたいになりたいと、日が暮れてもボールを蹴るのが楽しくて仕方がなかった、あの頃を。

461 : 以下、名... - 2015/11/21 16:09:17.58 brc2+gEoO 325/597

狙うのは、ゴール左上。

相手キーパーとの駆引きは、特にしない。コースを読まれていても、必ず決まるコースに蹴ってやる。

助走を始めても、その自信は無くならない。左足で踏み込んで、右足のインフロントで擦るようにボールを叩いた。

キーパーの動きも、ボールの動きもスローに見える。こぼれ球を狙う選手は、ゴール前に雪崩れていく。

そうだ、そのコースだ。キーパーの動きは適切だった。それでも、止められはしないという確信がある。

僕の右足に打たれたボールは放物線を描いて、キーパーの指先から数センチ先を通りすぎた。

一瞬の静寂が、ネットを揺らす音を伝えてくれた。その次に聞こえたのは、歓声とホイッスル。

465 : 以下、名... - 2015/11/23 12:26:10.33 2l4yraE0O 326/597

左足の痛みは大したことは無かった。ただ、メンタルには強いダメージ。

後ろからスライディングを受けた俺は、立ち上がることもできないままに足を押さえる。

カズが名前を呼びながら近づいて来たのは分かったけど、それに返すこともできない。

大したことはない、はずなのに。どうしても立ち上がってすぐにプレー再開へ向かうことはできなかった。

残り時間わずかで、セットプレーのチャンス。それも、俺の得意な位置だ。それなのに、今すぐそのボールを蹴れるようなメンタルではない。

いくつかの問い掛けに首を振って答えると、落ち込んだ気持ちを震い立たせて、どうにか立ち上がってピッチの外に出ることにした。

足は……うん、大丈夫だ。

カズを呼び寄せて、一言伝える。心の機微に敏感なやつだ、あれできっと分かってくれるだろう。

ピッチの外に座って冷却スプレーを当てながら、プレーが再開されるのを見守る。

キッカーは……カズか。実力的には妥当、だけど意外でもある。

勝負がかかった場面、あいつは逃げがちだったから。普段のプレーもそうだし、こういう場面でもそうだ。プレッシャーがかかる場面で、あいつは無難で妥当、みんなと同じ。そんな選択が多かった。自信がないとか、遠慮してるとか、性格的なものもあったんだとは思う。

近くにいない俺には、その選択がカズ自身のものなのか、それとも任されたものなのかは分からない。

それでも、あいつはそこに立つことを選んだ。逃げ出さないことを、選んだんだ。

このフリーキックの結果を問わず、それは成長であると、俺は信じている。だから今は、成長したカズを信じる。

あいつの蹴るフリーキックは、きっと決まる。

466 : 以下、名... - 2015/11/23 12:26:59.60 2l4yraE0O 327/597

カズが助走に入った時点で、ボールの軌道の予想はついた。

小細工は入れずに、俺のその予想のままにボールが放たれる。

文句のつけようもなかった。プロでも触れそうにない、完璧なコースに完璧な速度でそれは向かった。

「やりやがったな!」

「すげぇ、すげぇよ!」

そんな声に追われながら、カズはピッチの外にいる俺の元に向かってくる。

「カズ!」

「ヒロさん!」

そのまま俺に飛び付いてきて、返すように強く抱き締める。そして、遅れてきたやつらも集まると、みんなでカズをもみくちゃにする。

でっかくなったな、と父親のような気持ちにすらなってしまった。

俺がこのチームに入ったときは、ちょっと上手いだけのガキだったのに。今となっては、みんながこいつに信用をおいている。昔のブラジル代表じゃないけど、『戦術はカズだ』って言いたくなるほど、こいつはうちの真ん中にいる。

本人にその自覚はなかっただろうけど、さっきのフリーキックでそれは一段と強くなった。

審判に促され、ポジションに戻るあいつらと一緒に、俺も許可をもらって再びピッチに入った。

「さっきのフリーキック、カズが蹴るって誰が決めたんだよ」

ジョギングで戻りながら、隣を走るカズに問いかけてみた。

照れ臭そうに笑って、「僕が蹴りたいって言いました」と答えるこいつは、これからきっともっと上手くなる。

でも、それを口に出すのは同じサッカー選手として少し悔しさもあって、言葉の代わりにあいつの背中を強く叩いてやった。

俺も、変わらないとな。

467 : 以下、名... - 2015/11/23 12:27:36.09 2l4yraE0O 328/597

残りわずかな後半はあっという間に終了を迎えた。

うちのチームにとって、予選を含めて延長戦は初めてだ。体力面に不安が残るけど、カズはむしろ後半から動きがキレてきた。この調子なら、初めての延長でも、むしろうちが有利かもしれない。

延長が始まる前に、俺はカズに話しかけた。

「カズさ、何でフリーキック蹴ろうと思ったの? いや、すげぇ良いボールだったよ。でも、そういう主張するの、珍しいじゃん」

その問い掛けに、カズはこんな答えをくれた。

「イヌイに言われたんです。楽しめって。試合は楽しいのに、サッカーって楽しいのに、そんなプレーばかりで楽しいのかって」

イヌイ……あの、カズのマッチアップの相手か。

「俺、サッカー好きです。楽しいし、上手くなりたい。でも、ミスが怖いからチャレンジもできてなくて。イヌイにそれを言われて、サッカーを始めた頃のことを思い出して」

「始めた頃って?」

「その頃って失敗してもボールを蹴るのって楽しかったな、って。上手くいく方がもちろん楽しいけど、失敗しても楽しい。だから、失敗を怖がらずにボールを蹴れたんだって。それを思い出したら、今の僕って本当に楽しめてるのかなって思って……」

「だから、失敗を恐れずにフリーキックを蹴れた?」

その言葉に、カズは頷いた。

「はい。だって、ミスするかもしれないから、成功したら嬉しいんだなって気づいたんです。だから今、めちゃくちゃ嬉しいです!」

「今さらかよ!」

そんな突っ込みが、横のヤマさんから入った。「あの時はびびったぜ、急に俺って一人称になるしさ」「かっこつけやがって!」そんな茶化しを入れられながら、カズは赤面して話をまとめようとする。

「とにかく! 延長はもっと仕掛けていくんで、フォローお願いします!」

468 : 以下、名... - 2015/11/23 12:28:27.37 2l4yraE0O 329/597

サッカーの楽しさ、か。

延長前半が始まったピッチ上で、ポジションを取りながら俺は考えていた。

楽しいとは、いつも思う。好きだなってことも自覚している。ただ、その本質が何なのか、俺は言葉には出来ない。

カズの言っていることもサッカーの本質の一部ではあり、そして全体でもあると思う。

上手くいかなくても楽しいし、上手くいくともっと楽しい。

サッカーに対する感情は、とてもシンプルだ。

今までの俺は、余計なことばかり考えていたのかもしれない。

シンヤに対する嫉妬。カズに対する希望。怪我に対する恐怖。

それら全てを、サッカーに結びつけて考えていた。サッカーをする上で、それは切り離すことが出来ないことだと思っていた。だから、プレーしながら考えてしまう。

「ヒロさん!」

俺の名前を呼んでパスを求める、弟みたいな後輩に教えられた。

「カズ!」

答えて、あいつの求めるパスを出してやった。何とも嬉しそうに、そのパスをトラップしている。

楽しいから、俺はサッカーをする。楽しいから、上手くなりたい。

「カズ、中!」

楽しいからこそ、俺は勝ちたい。もっとこいつらと上にいきたい。

469 : 以下、名... - 2015/11/23 12:29:03.98 2l4yraE0O 330/597

仕掛けるフェイントでイヌイの重心をサイド方向にかけさせると、逆をついて中を向いたカズが、バイタルエリアに強いパスを出した。

そこに走り込んだ俺は、ゴールに向かってボールをコントロールする。

ゴールが……見えた!

後半終了間際と同様に、右足を振り上げてキックモーションに入る。

そうはさせぬとセンターバックがゴールを隠しにきた。振り上げた足をそのまま振り降ろし、キックフェイント変更すると、体を硬直させていたディフェンダーは反応ができずにぽっかりとゴールが開いて見えた。

ここしかないというコースが見えて、今度こそと左足を振り上げた。そこで、俺の危機察知能力みたいなものが警鐘を鳴らし始める。

「後ろ!」

カズの声が聞こえた。何だ、そういうことか。

ボールを左足で軽く浮かせ、俺自身もジャンプする。後ろからスライディングを仕掛けていた相手のボランチは、信じられないという目で俺を見上げているのが視界の端に映った。

悪いけど、もう立ち止まるわけにはいかないんだ。これ以上カズに置いていかれないためにも、俺も進まないといけない。

ジャンプした体を寝かせながら、右足ボレーでボールを叩いた。

「すげぇ! スーパーゴール! さすがヒロさん!」

そんな声をあげながら近づいてくる後輩に、わざとらしく作ったドヤ顔で言ってやった。

「上手くいくと、やっぱり楽しいな」

476 : 以下、名... - 2015/12/22 00:54:16.28 LopFddMV0 331/597

サッカーの醍醐味はドリブルで相手を抜き去ること。

そう信じて疑っていなかった。それは今も変わっていない。

子供のころはひたすら上手くなりたい一心で、周りの誰よりもボールを蹴り続けた。そして、周りの誰よりも上手くなった。 

無名の公立中学で県ベスト4まで勝ち進んだところで、スカウトされたんだ。それがきっかけで、俺の環境は一変した。

専用のグラウンドがあって、サッカー部ってだけで注目をされる、応援もされる。中学までとは大違いの環境だ。

そんな学校でも、俺は一年の頃から試合に出ることが出来た。何となくだけど、プロになるのかなって気もしていた。

大きな勘違いだった。

一年の冬に出た全国高校選手権、一回戦で俺達は大敗を喫して、そこで気づいた。

俺みたいな選手は全国に大勢いる。ちょっと強いチームで、ちょっと上手い選手。俺なんて、そんな程度の評価だ。

そりゃそうだ。一年前まで無名中学にいた俺が、そんなに簡単に全国トップレベルまで駆け上れるほど、サッカーは甘くない。

それでも、諦められなかった。理由なんて無い。俺はサッカーが好きだ。それだけで、負けたくない理由、下手だと認めたくない理由には十分だろう。

昔みたいに誰よりもボールを蹴った。誰よりも上手くなろうともがいた。

足技に磨きをかけて、得意なフェイントが出来て、今までよりもっと色んな方法でディフェンダーをかわせるようになった。

その結果が、最後の冬の全国四強だ。途中では、一年の冬に負けた相手にも勝つことが出来た。成長していることを実感できたし、いよいよ俺もプロの道が見えてきたと思った。

けれども、現実っていうのは甘くない。

477 : 以下、名... - 2015/12/22 00:54:48.70 LopFddMV0 332/597

『軽いプレーが多すぎる』

『ドリブルに偏重しすぎていて、怖さが無い』

こんな評価が積み重なって、俺を獲得しようとするチームは現れなかった。

有名大学からの推薦の話があったのは素直に嬉しかったけれど、そんな評価をされてしまった俺はどこを目指せば良いのだろうか。

だって、軽いと評されてしまったプレーは、俺にとってサッカーの醍醐味だ。楽しい事を我慢しなければいけないものなんだろうか、サッカーって。

そんな哲学的な悩みを抱えながらも、俺はプレースタイルを変えなかった。

俺は好きなサッカーをしたい。好きなプレーで、サッカーを楽しみたい。

けれども、大学でもその評価は変わらなかった。チームでは主力。ユニバ代表にも選ばれた。でも、プロクラブからは扱いが難しいという理由で敬遠される。

プロにはなれないと漠然と気づき始めた時に、進路についてどうすべきか考え始めた。


478 : 以下、名... - 2015/12/22 01:06:43.42 LopFddMV0 333/597

サッカーをやめることは、きっとできない。

でもプロになることもできない。俺は何でサッカーを始めたんだったっけ。

そんな堂々巡りの思考を繰り返すうちに、一つの結論が導き出せた。

高校に入って以降、俺はサッカーでプロを目指すこと、上に昇り詰めていくことばかりを気にしていたんじゃないかなって。

プレースタイルを変えないで、周りに認めさせてやる。

気づかぬうちにそんな意地が出来てしまっていたんじゃないかと、その時に初めて気がついた。

上手くなりたいのはサッカーを楽しむためじゃなくて、周りを認めさせるために変わっていたんだ。

そこで、俺は中学時代までの仲間とサッカーをする道を選んだ。こいつらとサッカーをしていた頃が、一番純粋にサッカーを楽しめていた。そんな気がした。

大学の名前のおかげか、Uターン就職もあまり困らずにできたのは幸いだったね。 

地元の社会人チームに声をかけて集まって、リーグ戦を戦って。昔取った杵柄ってやつかな、気がついたら、天皇杯本戦に出場が決まっていた。

社会人チームも高校もそれほど強いところがない県だったっていうのもあるんだろうけどね。

元々楽しみたくて帰って来たはずなんだけど、勝ってしまうといけるところまでいってやりたいと思うのがサッカー選手ってやつだ。

どうせならプロクラブに勝って、俺を取らなかったことを後悔させてやる。

逆恨みみたいな感情だけど、ドロドロした気持ちでもない。ただ、俺は自分のプレーを、評価してくれなかった人たちに見せてやりたかっただけだ。

ただ、俺以上にその感情を抱いていたのはチームメイトだった。

479 : 以下、名... - 2015/12/22 01:15:47.87 LopFddMV0 334/597


予選の準決勝くらいからかな。ラフプレーだったり、プロフェッショナルファールだったりがちらほら見え始めた。

昔からずっと、俺のことを認めてくれてる。プロのスカウトに、今の俺を見せる機会を与えようとしてくれている。

これを自分で言うのはかなり恥ずかしいんだけど。でもたぶん、俺ってこいつらにとっての希望でもあったんだと思う。

このチームの中で言えば、客観的に見て俺の実力はずば抜けて高いところにいる。実績も、能力も。

だから、俺を陽のあたるところまで連れて行ってやるって気持ちを持ってくれていたんだと思うんだ。

でも、それは間違った方向で現れ始めてしまった。そしてそれを止めることも、俺にはできない。

だってこいつらがラフプレーをしてしまっているのは、俺のためでもある。それを止めることなんて、俺にはできない。

488 : 以下、名... - 2015/12/29 01:25:33.20 3ku3vfCK0 335/597

俺は、正しい道を歩けているのだろうか。

楽しいサッカー、自分がしたいサッカーをするために俺はこのチームに入った。それなのに、仲間は勝つために楽しさを犠牲にしているんじゃないのか。

漠然とそんな不安が脳裏を過るけど、そんな自問の答は出るはずもない。

『つまらないサッカーだけど試合には強い』と評されるチームと、『面白いサッカーをするけど弱い』チーム。どちらが正しいかなんて、それを考える人の主観によるものだ。
 
勝つことに重点を置く人なら前者が魅力的に映るだろうし、そうでなければ後者になる。

もちろん両立できるのが最高なんだろうけれど、それができるチームなんて世界中を探してもほとんど存在していない。ヨーロッパのトップリーグの、更に選ばれたチームくらいのものだろう。

俺だってサッカー選手なんだから、試合には勝ちたい。でも、だからと言って楽しさを捨てるのであれば、このチームに来た意味が無くなってしまう。

やりたいサッカーと、勝つために必要なこと。その取捨選択ができないままに、本戦まで勝ち進んでしまった。

489 : 以下、名... - 2015/12/29 01:27:15.50 3ku3vfCK0 336/597

俺のマッチアップの相手は、実力としては相手にとって不足無し、といった感じだ。

予選決勝のビデオを一度見てはいたんだけど、仮にもユニバ代表やってきた俺からしてみると、ずば抜けて上手いわけじゃない。ただ、たまに魅せるプレーをするタイプだ。

ポジション的にはこういう呼び方をするのは相応しくないのかもしれないけれど、ファンタジスタって感じ。

ただ、そのプレー以外には怖さが全くない。なぜか分からないけど、仕掛ける姿勢がほとんど無いのがその原因だろう。サイドバックってことを考慮しても、あまりに攻撃参加する頻度が低すぎる。

ディフェンスは普通に上手いし、技術だって無いわけじゃない。ただ、怖くない選手であれば、ボールをロストしてもそこまで危険なことにはならない。そういう意味では、やりやすい相手かもしれない。

前半から、俺はいつも通り自分で仕掛けるプレーを中心に選択をしていく。

気持ちよく相手を抜けると、快感だ。相手が上手ければ上手いほどその気持ちよさは強くなる。

494 : 以下、名... - 2016/02/07 02:15:36.34 xR6Pu0Iw0 337/597

今までにこいつより上手いやつとは何人もマッチアぬプをしてきた。

それでも、こいつからはそいつらから感じなかった何かを感じる。

それが何か、言葉にするのは難しいんだけれど。華があるとか、チームのエースとか、そんなんじゃない。もっと抽象的で、でもきっと凄く大切な何か。

だからかな、こいつを抜いた時の快感は今までにないくらい気持ちいい。

俺がノってプレーできているとか、天皇杯本戦という高揚感を抜きにしても、今日の試合は楽しい。気持ちいい。

こいつも楽しんでるのかな。そう思って、つい顔色を窺っちゃったよ。活き活きした顔で、俺を見返してきてやがる。

本当に、楽しそうにサッカーをするやつだな。でも、それこそが一番大切なことだよ、なぁ。

俺たちは好きでサッカーをやってるんだ。楽しまなきゃ嘘だって。

499 : 以下、名... - 2016/02/25 19:01:25.53 aAPZ0TlCO 338/597

天皇杯本戦という緊張感からか、スコアはなかなか動かない。試合自体はうちのペースになってるんだけど、最後のところで決めきれない。

良い位置で貰ったフリーキックも、相手センターバックに跳ね返されてしまった。そしてそのボールは、相手のエース、10番の選手に拾われた。

……やばいっ。

守備が得意じゃない俺でも、あの10番が相手チームでキープレーヤーの一人なのは理解している。今まではうちのマーカーの頑張りで自由にさせていなかったけど、今回はそうもいかなさそうだ。

自陣に向かって走り始めたところで、俺のマーカーだったサイドバックを確認……もうあんなところにいるのか!

気がつけば、あいつはもうハーフウェーライン手前まで既に辿り着いている。単に切替が早いのか、それともチームメイトがパスをくれると信じているからなのか。

何にせよ、俺も戻らないと枚数が足りない。パスを受けたあいつを全力で追いかけるけど、間に合わない。アーリークロスをあげようとした瞬間、スライディングで足を伸ばす。

ボールにギリギリ間に合わなかった俺の足は、振り抜かれた相手の足を掠めていく。

悪い、怪我はしないでくれよ。久しぶりに楽しいマッチアップなんだ。こんなことで途切れさせたら、色んな意味でモヤモヤしてしまう。

500 : 以下、名... - 2016/02/25 19:02:05.35 aAPZ0TlCO 339/597

倒れていたから見えはしなかったけど、シュートはゴールを外れたみたいだ。

審判からの注意をハイハイと聞き流しつつ、倒してしまった選手も怪我はなかったのが分かって安心した。

相手のエースの心配する声が聞こえてくる。そっか、カズっていうんだね、こいつ。

その後も、スコアは動かないまま時間が進んでいく。前半のうちに一点は欲しい。これだけ攻勢に出ていてノーゴールなのは、後半の士気に関わってくる。

恐らく前半のラストプレー。ボランチからパスを受けた俺は、カズと向かい合う。

さあ、いくぜ。

フットサルよろしく、足裏でボールを運んで仕掛けるタイミングを計る。軽くカットインを仕掛ける仕草を見せて、重心移動の瞬間……ここだ!

イメージ通り、俺のフェイントに引っ掛かってくれた。そのまま勢いをもって相手陣地を切り裂いていく。

501 : 以下、名... - 2016/02/26 02:23:24.40 NWDL864u0 340/597

後ろから追いかけてくる気配を感じる。綺麗に抜き去ったとはいえ、このままカットインを狙うと追い付かれるかもしれない。

敢えてそのまま縦に縦にと切り込んでいく。そして、カズの体が俺に並んだ瞬間、ボールをアウトサイドで引っかけて急ブレーキ。

ここまで全力で追いかけてきたところで、この切り返しには耐えられないだろう。予想通り、もう一度綺麗に抜き去った。しかもそれは、ゴール近くの絶好の位置。

今度こそ、そのままカットインしてゴールを見据える。相手センターバックがつられてコースを消しに来る。そこだっ!

元々そいつがいたところが、ぽっかりとスペースになっていた。そこに走り込むフォワードに、寸分の狂いも無いようにインサイドで優しくパスを出す。

キーパーが飛び出してシュートコースを消そうとする。でも、ペナルティエリアど真ん中では限定すると言ってもたかが知れてる。もらった!

俺のパスを受けたフォワードが慎重にワントラップをして、シュートを打つ……瞬間。ボールは、ゴールとは逆側から伸ばされた足にクリアされた。

まさか。そこはスペースになってたはずなのに。

前半終了を告げる笛と共に見えたのは、相手の10番だった。こいつ、危機察知して戻ってきたのか? ボランチより先に、トップ下が?

ナイスカバーとしか言いようがない。これでダメなら、点が取れるまで攻め続けるまでだ。

こいつらからゴールを奪えたら、どんなに気持ちが良いだろうか。

「お前、やるね」

そんな言葉がつい漏れちゃったよ。ふざけてるわけじゃないんだけどね。

503 : 以下、名... - 2016/02/27 16:17:18.67 sRceBnDvO 341/597

なかなかゴールが奪えないけれど、試合はうちのペースで進められている。ハーフタイムのベンチの空気も悪くない。

「あとは決めるだけなんだよなぁ」

「一点は決めときたかったわ」

「やっぱりオオタは凄いわ、最後のカバーとか」

そんな雑談を挟みながら、後半の戦術を話し合う。

相手のストロングポイントとうちのストロングポイントが、偶然にも被っている。

自分で言っちゃうけど、俺とカズのことだ。となれば、ここは引いてはいけない。

「前半通りだ。イヌイのサイドを起点にして、相手を折る」

いけるな? と、確認するように監督が俺の顔を確認してきた。

自信を込めて頷くと、おおっと盛り上がる。

「良いか、あとはゴールだけだ! さっさと一点取って、勝ちにいくぞ!」

その声に応えて、俺たちは前半通りのメンバーでピッチに向かって行く。

ふと、カズを探してしまった。後半こそ、お前を完全に抜き去って得点を決めてやる。

そのシーンを想像すると、つい笑みがこぼれちゃったよ。

さあ、まだまだ楽しもうぜ。

508 : 以下、名... - 2016/04/21 01:32:30.07 3JoCPVs60 342/597

後半も俺とカズのマッチアップは続く。

絶対抜いて決めてやるって気持ちと、中々そこまでいけないことが嬉しいっていう相反した気持ちが俺の中に湧いてくる。簡単にやらせてくれないからこそ、挑み甲斐がある。

それにしても、一対一強いなコイツ。楽に仕事をさせてくれないのは前半で分かっていたけど、本当に骨が折れる。

……個人技で魅せるっていうのが俺のプレースタイルだけど、それだけで挑んで勝てるほどサッカーは甘くない。それは、挫折と言って良いのか分からないけど、ユニバ代表の時にも学んだことだ。

それなら、違った形の駆け引きをすればいい。

前半からカズのケアを意識してはいたけれど、意識的にマークを緩めた。コイツにパスが渡されるように、絶妙な間合いで。

その餌に、相手センターバックが釣られてくれた。

俺との間合いが広くなっているカズに、緩い横パスを出した。最初からそれを狙っていた俺は、ボールに向かって全力でダッシュを仕掛ける。

それにいち早くカズも気づいたみたいだけれど、もう遅い。

509 : 以下、名... - 2016/04/21 01:40:31.54 3JoCPVs60 343/597

カズを振り切るように、普段の細かいタッチとは違ってランウィズザボールのように大きく蹴り出して前に進む。

センターバックがスライドして対応しにきたところで、俺は中を確認する。g

俺のドリブルコース、パスコース、シュートコース、その全てを消そうと中途半端なポジショニングでプレッシャーをかけてきた相手センターバック。そいつの足がギリギリ届かないコースを狙って、俺はボールをゴール前に転がした。

逆サイドのセンターバックもうちのフォワードを捕まえきれていなくて、そのパスは見事にゴールに繋がった。

予選とは違い、結構な数が入っている観衆が沸いた。

「ナイスパス!」

ゴールを決めたフォワードが勢いそのままに俺に向かって飛びついてきた。後ろからチームメイトも重なってくる。

まず、一点だ。

自陣に戻ろうとしたところで、チラッとカズを見てみると目が合った。良いね、闘志を向けられてる感じがする。

今の勝負は俺の勝ちだ。今度こそは、個人技で勝ってやる。そんな決意を込めた笑みを浮かべてやった。

510 : 以下、名... - 2016/04/21 01:55:50.70 3JoCPVs60 344/597

再開後、先制点を決めて余裕を感じるようになったからかな。今まで以上に俺は個人技で抜くことに固執し始めた。

見る人によってはスタンドプレー、軽いプレーと言われても仕方がないのかもしれない。それでも、うちのチームはそれを認めてくれている。そして、期待してくれている。だからこそ、俺はカズを個人技で抜き去らないといけない。

勝負を仕掛けて止められる。抜けそうで抜けない。綺麗な形は作らせてくれない。その繰り返しだ。

それでも楽しい。俺はやりたいサッカーをやらせてもらえている。他でもないこのチームで、俺は俺のしたいサッカーをできている。

ヒールリフトで頭を超えさせようとすると、カズの頭に掠ったボールはタッチラインを割った。くそ、これも反応するか。

それにしても、こいつ、サッカー好きなのは感じられるのに、本当に窮屈そうなプレーばかりだね。

「アンタさぁ、勿体ないよね」

そんな言葉が、つい口から漏れてしまうくらいには。

必死なのも、勝ちたいのも分かる。でも、何かに怯えているように見えるのは、それが理由じゃないはずだ。

楽しい試合、楽しいサッカー。好きでやってることなのに、何がそんなに怖いんだろう。

俺たちはプロじゃない。負けたらクビになるわけでも無ければ、生活に困ることだってない。そこは、俺たちがアマである所以だけれど。

こんなに俺が楽しんでいるのに、カズがそんなに窮屈そうだったら悲しいよ。お前っていうライバルがいるからこそ、俺はこの試合を楽しめているんだから。

「もっとやりたいようにやってみろよ。せっかく楽しい試合をしてるんだぜ?」

相手チームの選手にしてみたら、余計なお世話かもしれないけど。それでも、俺はカズにも楽しんでいて欲しいんだ。

不思議な気持ちだけど、こんな好ゲームは滅多にできるものじゃない。敵とか味方とか関係なく、俺は単に良い気持ちでこの試合を終えてほしい。勝敗はあるんだろうけど、それを超えた感覚だ。当事者になってみないと、説明するのは難しい。

「楽しい、試合」

そう呟いた後に、俺を見返してきた目は、何だかそれまでの視線とは変わっている気がした。勿論、いい意味で。

そうだよ、その目をしたお前に俺は勝ちたいんだ。

514 : 以下、名... - 2016/04/21 23:39:52.55 3JoCPVs60 345/597

もしかしたら、俺は余計な一言を漏らしたのかもしれない。

そんな後悔をしそうなくらい、こいつのプレーは変わってしまった。今まで以上に積極的にプレーに絡んで、挑戦してくる。

今までは俺の突破を防ぐことに重きを置いていたようなプレーだったのに、今度は攻撃にも顔を出すようになってきた。

ただでさえ手強い相手だったのに、更に強くなっちゃったよ。でも、嫌じゃない。

ワクワクした気持ちはそれまでより高まっていて、コイツとの勝負がますます楽しみになってきた。

一進一退の攻防が続き、試合終了が近づいてきた。勝負で完勝はできなくても、試合は貰ったな。次に戦う時は、個人技でも抜き去ってやる。

そんな油断が災いした。

ギアを上げてオーバーラップを仕掛けたカズに、振り切られてしまった。オオタからのパスが、カズに渡った。

俺には守備に欠けているということは、悲しいことにチームメイトも承知していることだ。だから、うちのディフェンダーもすぐに対応してカバーに入ってきた。

残り時間もあと僅か。ここは大事に行きたい場面のはずだ。

一旦預け返して、裏を狙いに来るか? それなら挟み撃ちにするより、正確なパスを出せるオオタのマークを厚くしたい。

「10! 10のケアしろ!」

オオタの背番号を叫んで、チームメイトに意思を伝える。

そして俺の読み通り、カズは横パスを出した。かと思った。

「えっ」

驚きのあまり、一瞬止まってしまうくらい、それは見事なフェイントだった。たぶん、あの場にいたやつら全員がつられてしまったとしまったと思うくらいには。

気が付いた時には、アイツはうちのディフェンダーを置き去りに、サイドを独走していた。

515 : 以下、名... - 2016/04/21 23:48:38.28 3JoCPVs60 346/597

サイドを独走したカズは、そのままうちのセンターバックを引っぱり出したところでマイナスのクロスを上げた。

そこには誰も……いた。オオタだ。こいつだけ、さっきのキックフェイントを理解して一早く走り出していたんだ。何なんだよ、お前らの信頼関係は。

うちのディフェンダーは振り切られてしまっている。……間に合わない。

オオタがボールを綺麗にコントロールして、シュートモーションに入った瞬間。やられたと思った。

その瞬間、後ろから追いかけていたうちの選手がオオタの足を削った。

……またか。

勝つためには仕方のないプレーかもしれない。それでも、これは果たして正しいのか? 止められない俺は、これで良いのか?

そんな自問とは関係なく、ファールを犯したチームメイトは退場、オオタは負傷で一時離脱。フリーキックはカズが蹴るみたいだ。

嫌な予感がする。とんでもない瞬間に出くわしているような気もする。理由なんて無いけど、ただ何となく。

このフリーキックは決まる。そんな、嫌な確信だ。

さっきのカズのキックフェイントから、そんな嫌な雰囲気があったんだ。今までにも何度か経験したことがある。

そしてその予感は的中してしまった。ビューティフルゴールだ。敵ながら天晴と言いたくなるくらい。

喜びを爆発させているアイツらが何だかまぶしいよ。さっき、俺が言った言葉は何だっけな。

本当に、嫌になるくらい楽しんでやがるぜ。

516 : 以下、名... - 2016/04/22 00:02:33.61 XIUN+/Ro0 347/597

「ラフプレー、やめようぜ」

その一言を言えないまま、延長が始まった。

簡単に言えるんだったら、もっと前から言ってるよ。そんな、勇気が出せなかった言い訳を自分に言い聞かせながら。

オオタへのプレッシャーは相変わらず厳しいし、カズに対するディフェンスも今まで以上に強くなった。

それでも、こいつらの勢いはなかなか止められない。ゴールまでは結び付かなくとも、決定機の数はこれまでとは段違いに増やされてしまっている。

向かい合ったカズは、輝いた目で俺に仕掛けてきた。止めるっ。

同点フリーキックのきっかけとなった、カズの仕掛け。それを意識しすぎたあまり、今度はそれがフェイントとして有効になってしまっていた。

仕掛けるような重心移動はフェイクで中を向かれてしまった。スイッチを入れるパスがカズからオオタに渡る。

……ヤバい。ただでさえ一人少ないうちが、ここで決められてしまえば逆転はかなり難しい。

オオタのシュートコースを潰したセンターバックはあっさりかわされて。そしてうちの選手が、またオオタの足に向かってスライディングしている。

勝つためには仕方のないことだ。ここで止めないと、さすがに厳しい……。

あのフリーキックと同じように、オオタが倒れる光景を思い浮かべた。でも、それは現実のものとは違って。

後ろからのスライディングを察知したオオタは、見事にそれをジャンプでかわした。そして浮かせたボールをそのまま叩き、ゴールネットに吸い込まれていく。

517 : 以下、名... - 2016/04/22 00:10:33.36 XIUN+/Ro0 348/597

目に見えて、うちのチームの士気は落ちてしまった。

一人少なく、残り時間もあと僅か。勢いも相手チームにある。スーパフリーキックに、ビューティフルゴール。あんなゴールを見せられて、意気消沈するなという方が難しい。

……ここまでかな。

諦めているわけじゃない。それでも、厳しい状況であるのは間違いない。

試合は再開したけれど、うちのチームは動きが悪い。それは俺を含めてなんだけど。

防戦一方な展開になって、どうにか得点だけは許していない。そんな状況。

相手チームのシュートが外れて、うちのゴールキック。たぶんこれが途切れたら終わってしまうのかな。

ポジションを取っていると、俺のマークについてきたカズが一言呟いた。

「楽しめてます?」

普通に考えると、煽ってるように聞こえるんだろうだけど。こいつの目は純粋に俺を見てきている。

楽しめよって言った俺の気持ちと一緒だと思う。こいつは今、この試合を楽しんでいる。

それなら、俺も楽しまないといけない。いや、違った。負けそうになって悔しくて、プロフェッショナルファールへのモヤモヤがあって忘れていただけだ。

この試合は、楽しい。そして俺はカズを抜きたい。勝負に勝ちたい。試合にも勝ちたい。まだ試合は終わっていない。

ゴールキックの競り合いのこぼれ球を拾ったボランチに、大声でパスを要求する。

足元に届いたそれを、自分の間合いでコントロールする。

さぁ、最後の勝負だ。いくぜ。

518 : 以下、名... - 2016/04/22 00:19:55.27 XIUN+/Ro0 349/597

最後は俺の一番得意な形で勝負してやる。

縦にじわじわとドリブルを仕掛けていくと、ゆっくりとコースを限定するかのように間合いを詰めてきた。

わざと少しボールタッチを大きくして、餌のようにカズの目の前に差し出す。

そして、一気にプレッシャーを強くしてきた、その瞬間。

ギリギリのところで自分が先にタッチできるところに置いていたボールを、左足裏で引いてクライフターンをきめる。

よし、かわした。

そのまま中を向いてカットイン。斜め45度が俺の一番得意な角度だ。憧れていたイタリア代表の選手が、この角度からのシュートを得意としていたから、俺も真似して練習していたらいつの間にかそうなっていた。

チームメイトいわく、イヌイゾーン。ここで決めて、PK戦までもっていってやる。

右のインフロントで擦るようにインパクト。

その瞬間、抜き去ったはずのカズの足が視界の端からすっと入り込んできた。

俺のキックの直後、カズの足にあたったボールはコロコロと転がり、相手センターバックのもとに向かう。それが強く蹴り返された瞬間、俺の天皇杯本戦は終わりを告げた。

519 : 以下、名... - 2016/04/22 00:25:56.68 XIUN+/Ro0 350/597

チームメイトはピッチの上に倒れて泣いたりしているけど、不思議とそんな悲しさはない。

それより、スライディングで倒れたままのカズに手を伸ばしてやった。俺の手をつかんだこいつは、まっすぐに俺の目を見返してくる。

「何で、最後間に合ったんだ?」

それが一番の疑問だった。完全につり出してやったと思ったのに。

「イヤらしいなって思ったから」

「は?」

どういうことだろう。イヤらしい?

「うちの失点シーン。あれ、わざと自分のマークを弱くしてつってきたじゃないっすか。だから、ああいうイヤらしいプレーがあるかもしれないっていうのは、頭の中にあって」

「それだけで?」

「あと、あれだけ個人技を持ってるのに不自然にボールタッチが大きかったから。たぶん何かやってくるなとは思ってたんで」

……ははっ、大したもんだ。そこまで読まれていたんなら、ぐうの音も出ない。

「完敗だよ。すごいのな、お前。カズって言うんだっけ?」

「どうも。イヌイさんですよね? 高校選手権、テレビで見てて覚えてます。見てて面白い選手だなって、印象的だったから」

そんな風に褒められるとむずがゆいし、でもやっぱり悔しいね。

522 : 以下、名... - 2016/04/22 23:37:54.78 XIUN+/Ro0 351/597

「光栄だな。楽しかったよ、サンキューな。ナイスゲーム!」

そう言って、改めて右手を差し出した。今度は立ち上がらせるためじゃなくて、健闘を称えるために。

「こちらこそ、ありがとうございました」

握り返された手は、熱を感じる。サッカー選手の熱だ。今の今まで、死闘を繰り広げていた熱だ。

それに勝てなくとも、胸を張れる程度には応えることができた自分を誇りに思う。次は、負けない。

手を放し、肩をぽんっと叩いて背中を向けたところで、最後に言い足された。

「『楽しめよ』って言われたの、忘れません! イヌイさんとのマッチアップ、めちゃくちゃ楽しかったです!」

真っ正面から、こんな恥ずかしくなるようなことを言われたのは初めてだ。それでも、嫌じゃない。こいつ、良いやつだな。

「次は負けねぇから」

振り向かずに、そう言い返してやった。今度はカズ以上に俺が楽しんでやる。そして、試合に勝ってやる。

まだ泣いているチームメイトのところに向かって、整列するように促した。

「ほら、行くぞ」

「悪い、悪いな……」

どうした? 何が悪いんだろう。負けたのは俺がカズに勝てなかったからであって、こいつらのせいじゃない。

「お前をプロに勝たせてやりたかった、なのに、なのに……」

漏らした言葉は嗚咽交じり。

間違ってたんだと思うんだ。俺が楽しいサッカーをできていたのは、こいつらのおかげ。それなのに、ラフプレーとか汚いプレーをこいつらにさせてしまっていた。苦しいところを、他人に投げてしまっていた。

悪いのは俺であって、こいつらじゃない。もっと上手くなって、正々堂々としたプレーでチームを勝たせてみせよう。こいつらにも、サッカーを楽しませてやろう。

それが俺なりの贖罪であって、チームメイトの恩返しだ。

だから。

ああ、畜生。今日はいい天気だ。負けたことすら、何だか正しく思えるくらいには。

524 : 以下、名... - 2016/04/25 02:31:15.82 APYXR6N70 352/597

『お疲れさま。一回戦突破おめでとう! カズヤのシュート、すごかった!』

そんな、素人みたいな感想のメールをカズヤに送りながら、家路を辿る。素人みたいっていうか、素人なんだけどね。

一点目のシーンを思い出す。ううん、正確にはその前のカズヤのドリブルのシーンから。

あそこから、何かが変わった気がする。外から見てる、それもサッカーのことを詳しく分からない私じゃ、言葉にするのは難しいんだけど。

でも、あれが何か大切なプレーだったことだけは分かる。

このまま帰ろうかな、とは思ったけど、少しお腹が空いてしまった。15時開始って、微妙な時間だからお昼も軽くしか食べなかったし。

外食して帰ろうかな……そんな考えが頭に浮かぶと、行きたいお店はヤギサワさんのところしか思いつかなかった。あそこのオムライス、本当に美味しかったんだもの。

そうと決まれば私の行動は早い。少し遠回りにはなるけど、散歩で行けない距離でもない。

暑さは気になるけど、ダイエットだと思って歩くことにした。

カズヤたちが勝ったからかな、私も嬉しくて足取りは軽い。

浮かれた気持ちで歩いていたら、携帯から着信音が鳴り始めた。画面を確認すると、カズヤから。

『ありがとう! あのシュートは自分でも会心だったよ! 今日、忙しい?』

『ううん、今日は空いてるよ。お休みだから』

もしかして、お誘いかな? どうしよう、急にドキドキしてきた。

525 : 以下、名... - 2016/04/25 02:39:30.71 APYXR6N70 353/597

その返事はすぐに返ってきた。

『もしよかったら、ご飯行かない?』

何だろう、緊張してくれてるのがその文面だけで伝わってきて、可愛いような、こっちまで照れてしまうような。

私に断る理由なんてもちろんなくて、快諾の返事を送っておいた。

うーん、どうしよう。会場に引き返したほうがいいのかな。

さっきとは違う着信音が鳴り始めた……っと、電話。どうしよう、それはまだ心の準備ができていない。

とはいえ、出ないわけにもいかなくて。どうか可愛い声で出られるようにと思いながら、画面をスライドさせて電話を受ける。

「もしもし……カズヤ?」

「あっ、よかった、ごめんね、急に」

「ううん、誘ってくれて嬉しかった。お疲れさま」

彼の声の後ろは、まだ少しガヤガヤしてる。チームメイトの人とかと一緒なのかな?

「今、大丈夫なの? 後でかけなおそうか?」

「あ、いや、もう外に出てるから。ダウンとシャワーでこんな時間になったけど」

「そっか。えっと、どうすれば良い? どこに行けば良いかな?」

その問いには、会場最寄りの駅を告げられた。うん、それならここからそう遠くはない。

了解の返事をして、電話を切った。

……待って、これってデート?

526 : 以下、名... - 2016/04/25 02:52:25.90 APYXR6N70 354/597

待ち合わせ場所に着いても私のドキドキは収まらなくて、どうしようどうしようって一人で頭の中を騒がせている。

もっと可愛い服を着て来れば良かった。貰ったハットを被ってるのは当然だけど……暑い、あんまり気合を入れた服を着て行ったらああいう競技場で浮くって分かってきたから、結構ラフでカジュアルな服しか着てない。

うわー、一回帰りたい。

どれくらい時間かかるのかな。今から近くのお店で適当に見繕う?

そんな現実的じゃない案さえ頭の中に浮かんでくる。ああ、どうしよう。

悩んでいれば悩んでいるだけでカズヤの到着が近づいてくる。

カズヤ、オシャレだし。女の子のファッションにも色々好みがありそう。本当の私はもっと……いやもっととは言えないけど、もうちょっとは可愛いの。いつもの私はもう少しマシなの。分かってくれるかな。

そんな言い訳染みたことを考えていたら、後ろから声をかけられた。

「ごめん、待ったよね」

「ううん、全然……」

心の準備すらできてませんでした、とは言えなくて。

振り向いた先にはカズヤがいた。ジャージ姿で。一瞬驚いて言葉が止まったけど、そっか、試合帰りだもんね、よくよく考えると当然だ。

「? どうかした?」

その私の反応に、不思議そうに問い返してきた。

「いや、ジャージ姿って新鮮だなって。さっきまで悩んでたのがバカみたい」

「悩んでたって?」

「今日、かなりラフな格好で来ちゃったから。カズヤはおしゃれだから、幻滅されないかなって」

そういうと、彼は一瞬止まった。そして、顔を真っ赤にした。

「……僕、着替えて来ようか?」

小声で、そっかジャージ姿じゃんそういえば……ダメじゃん……なんて呟いている。

私が盲目なのかもしれないけど、そんなところすら可愛く思えてくる。そういうことが頭に浮かばないくらい、私に会いたいって思ってくれてた……っていうのは、私の勘違いかしら。

「ううん、全然。そのままが良い。私だってこんな感じだしさ。ほら、行こうよ」

530 : 以下、名... - 2016/04/25 20:33:22.99 APYXR6N70 355/597

決まり悪そうに頷いて、カズヤは歩き始めた。それが何だかおかしくて、つい笑ってしまいそうになる。

アキラといたときには、考えられなかったことだ。見返りを求めず、求められずにご飯に行くだけでこんなに嬉しい気持ちになるなんて。ラフな格好で出かけて、それをお互いに恥ずかしがるなんて。中高生みたいな気持ちかもしれないけど、それでも私は嬉しい。

……手、繋ぎたいな。嫌じゃないかな。図々しいかな。

そんな、甘酸っぱい気持ちを抱いてしまう程度には。

彼の歩幅に合わせて手を伸ばそうとして、でもちょっと遠慮しちゃって。

私の好きと、カズヤの好きが違ったらどうしよう。そんな心配をしてしまうと、どうしてもあとちょっとの指先を触れ合わせることができない。

「ね、どこ行くの?」

信号待ちで止まった時に、ドキドキを抑えるために話しかけてみた。

「あ、ごめん。食べたいものある?」

「ううん、初デート、どこに連れて行ってくれるんだろうって」

私自身の緊張を誤魔化すために、カズヤにもわざと意地悪っぽくデートって言ってみた。良いよね、そう言ってしまっても。少なくとも、私はデートだと思っているし。

「デートって」

冗談っぽく復唱してきたけど、顔が赤くなっているのは誤魔化せていない。こういうところが可愛いんだよね。

「この間、ヒロさんといたレストランあるじゃん。あそこで良い? っていうか、あそこに行きたいなって思って」

「うん、行こ行こ。私もあそこ、また行きたいなって思ってたから」

カズヤと一緒に、とは言い足せなかったのは恥ずかしかったから。それにしても行きたいところが被ってるのって嬉しいね。軽く運命感じちゃった。

信号が変わって、周りの人が歩き出した。そして、私の手にはカズヤの手が触れてきて。

「デート、でしょ?」

さっきの恥ずかしそうな顔とは打って変わって、悪戯っぽい笑みを浮かべている。本当に、彼はズルい。

今度は私が赤面を誤魔化して、俯き気味になってしまう。それでも触れあった指先の力は緩められない。できるだけゆっくり歩きながら、私は幸せを噛みしめ
る。

……好きだなぁ。

533 : 以下、名... - 2016/04/26 02:50:50.62 KnibPy4h0 356/597

「いらっしゃいませ」

お店に着かなきゃいいのに、なんて私の惚気た願い事なんて叶うはずもなく、あっという間にヤギサワさんのお店に着いた。

声をかけてくれたのは女性だった。ヤギサワさんは今日はいないのかな。そういえば、奥様の実家のお店って言ってたっけ。

案内された席に座って、メニューを開いた。

「前、何食べてたんだっけ?」

「オムライス。お勧めらしいよ、ヤギサワさんが言ってた」

水を持ってきた店員さんが、私の話し声に反応した。

「あら、旦那の知り合い? ……君たち、何か見たことあるわね」

そう言って、私たちの顔を交互に見返す。そして視線はカズヤのジャージに向かって。

「あ、わかった。この間試合してたよね、うちの旦那と。ジャージで分かったわ」

ジャージと言われて、またカズヤが恥ずかしそうになってしまう。

「あ、はい。その節はお世話に……。すみません、こんな服装で」

「あはは、良いのよ。そんなにお高いお店でも無いんだし、気軽に来てよ気軽に」

ありがとうございます、と二人でぺこっと頭下げてしまった。

「で、ご注文はお決まりかしら? 仕事もしないとね」

その問いかけには二人でオムライスと答えた。

「かしこまりました。旦那も好きなのよ、オムライス。たぶん、後で来ると思うから」

536 : 以下、名... - 2016/04/27 00:50:51.45 h3TVKyXX0 357/597

その一言を言い残して、彼女は厨房に向かっていった。

ふと、向き合ったカズヤと目が合った。……うわ、何か急に緊張してきた。

この間は私の話を聞いてもらっていたし、お店ではカズヤからの相談を聞いたりしてたけど、今日みたいにゆっくり話せる状況に改めてなってしまうと、何を話そうって頭の中がパニックになる。

「今日、見に来てくれてたんだよね、ありがとう」

「あっ、ううん、楽しかったから。サッカーってカズヤに会うまでちゃんと見たことなかったけど、面白いんだなって最近思うようになってきたの」

実際、凄いパスとかシュート……としか形容できない時点で素人なんだけど、そういうのがビューンっていくのは見ていて面白い。あんな風に思い通りに蹴れたら楽しいだろうなって。

「本当に?」

そう言って目を輝かせる彼は、少年みたいで。同い年のはずなのに、何だかお母さんみたいな気持ちになってしまう。

「本当に。ねぇ、カズヤは何でサッカーを始めたの?」

それは純粋な興味本位だった。サッカーが楽しいからっていうのはわかるんだけど、それは始める理由じゃなくて続ける理由だろうし。

「えっとね、憧れている選手がいるんだ。分かるかな」

そう前置きをして伝えられた名前は、私でも聞いたことのあるサッカー選手だった。数年前までは日本代表だったかな? 海外で活躍していたころ、流し見ていたスポーツニュースとか、父親が読んでいたスポーツ新聞なんかで見たことがある気がする。

「その選手がさ、凄いフリーキックを決めた試合があって。それをテレビで見て、あんな風になりたいなって憧れて」

結局、なれなかったんだけどね。

そう言い足した彼は、少し照れくさそうで、でも寂しそうで。

「なれてるよ」

つい、私は無責任にそんなことを言ってしまった。無神経だったかなとは思ったけど、私の本心は止められない。

537 : 以下、名... - 2016/04/28 02:47:32.59 y3QVFkIH0 358/597

「私はさ、カズヤの試合を見てサッカーって面白いなって思ったの」

私がカズヤに惹かれているからとか、知ってる人たちが試合をしているとか、そんな理由もあったのかもしれない。

それでも、最初は何でサッカーをしているのか理解すらできなかった私にとっては、それは長足の進歩だと思う。

理由があって何かをするわけじゃないって、こういうことなんだって教えられた気がする。

「だからさ、私にとってカズヤは、カズヤにとってのその選手みたいなものなんだよ」

誇張表現なんかじゃなくて、これは本心だ。憧れているといっても、過言ではない。

試合中の彼のまっすぐさに、情熱に、ひたむきさに。それに惹かれて、私は彼から目が離せなくなってしまったのだから。

「本当に?」

「本当だよ。だって私、最初はサッカーのことなんて分からなかったもの。それなのに、今じゃ試合を見に行くのが楽しみで仕方ないの」

不思議だよねって自分で思う。

「うん、ありがとう。そう言ってもらえるなら、次も頑張らないと」

「あ、そっか。次って……ヒロさんが昔いたチームなんだっけ?」

そんなことを、以前このお店に来た時にヤギサワさんが話してた気がする。

「あれ、詳しいね」

そう呟いたカズヤは、少し複雑そうな顔をしていた。

538 : 以下、名... - 2016/04/28 02:58:18.69 y3QVFkIH0 359/597

「どうかした?」

「あっ、いや、何でもないよ」

そうかな。それにしては、ちょっと気になる感じだったけど。

カズヤが何でも無いって言うなら、何でもないんだろう。それならそれでいいや。

「でも、ヒロさんが昔いたチームってことは……プロのチームなんだよね」

「あれっ、そんなことまで知ってるの?」

まただ。少しだけなんだけど、ちょっと不機嫌そうな、複雑そうな表情。

「それも前教えてもらったから。ね、やっぱり、どうかした?」

「うーん……」

今度は思案染みた顔になっていた。言って良いのかな、ダメかなってちょっと躊躇っている表情。

「あ、言いたくないならいいよ。ごめん、何回も聞いちゃって」

カズヤにだって、言いたくないことはあるよね。今まで色々相談してくれたから、つい無神経に踏み込みすぎてしまった。

「いや、そういうわけじゃないんだけど……」

少しうつむいた後、彼は私の目を見つめた。改めて視線が合うと、少しドキッとしてしまう。

「呆れないでほしいんだけどさ、一つ聞いていい?」

541 : 以下、名... - 2016/04/30 02:24:08.11 7wBlEefp0 360/597

「えっと、うん?」

改めてどうしたんだろう。何かあった? 私が何か気に障るようなこと言っちゃった?

ドキドキしながら彼の言葉を待つ。ほんの一瞬のはずなのに、何だか凄く長い時間にも思える。

「あのさ、えっと……」

歯切れが悪いまま、彼は言葉を続けた。

「ヒロさんのこと、好き?」

「はっ?」

それはあまりに予想してなかった質問で、思わず間抜けな声が出た。

好きって、私が? ヒロさんを? どうして?

その『好き』ってどういう意味で? もちろん、人としてはいい人だと思う。でも、それはカズヤの聞いてる『好き』とは、きっと違うニュアンスだと思うし。

「良い人だとは思うよ。でも、そういう意味での好きではない、かな」

「そっか……うん、わかった」

「何で? どうしてそう思ったの?」

そう聞くと、凄く気まずそうに、そして恥ずかしそうに彼は言葉を漏らした。

「いや、だって……結構ヒロさんのことについて詳しいし。一緒に食事もしてたし。僕が女の人だったら、ヒロさんみたいな人を好きになるかなぁ、って……。ごめん、変なこと聞いた。忘れて忘れて」

542 : 以下、名... - 2016/04/30 02:33:04.34 7wBlEefp0 361/597

あれ、もしかして、これって嫉妬? 嫉妬されてる?

嬉しいような、ちょっといじってみたいような。道中ののデート発言じゃないけれど、ちょっとつっついてみたくなる好奇心が沸いてきた。

「ね、嫉妬してる?」

ちょっと煽るみたいにニヤニヤしながらそう言ってみると、彼は俯き気味に頭をかきながら頷いた。

「そうだよ、嫉妬してたよ。だから、ヒロさんが羨ましくて今日ここに誘ったんだよ」

そんなことしなくても、私が好きなのはカズヤなのに。子供みたいな嫉妬心も可愛く思えてしまうっていうのは、さすがにちょっと惚気過ぎなのかな。

嬉しくてつい頬が緩んでしまいそうなのを、どうにかこらえてニヤけ顔をキープする。

「へぇ……そっかそっか、嫉妬してたんだ。そっかそっか。何で?」

どうせまた照れて、彼は言葉を止めてしまうんだろう。

「何でって……いや、好きだからだけど」

545 : 以下、名... - 2016/05/06 02:41:00.03 Xk4gwRi70 362/597

えっと……好き?

いくらネガティブなことを自覚してる私でも、これは浮かれて良いのだろうか。好きって、そういう意味で? そういう意味の好きじゃないと嫉妬はしないよね? ね?

さっきまで意地悪をしてたのは私だったはずなのに、気づけば立場は逆転してしまっていた。手をつなごうってなった時もそうだったけど、こういう不意打ち、本当にズルい。

つい俯いてしまった顔をあげて、チラっとカズヤの顔を様子見してみた。

意地悪で言われたのかな。でも、彼の顔からはそんな嫌らしい表情は読み取れなくて。

きっと、本心で言ってくれてる。照れもせず、変ないやらしさもなく、だからこそ言われた私は顔を真っ赤にしてしまう。

何ていえばいいんだろう。私も好き? でも聞かれてるわけじゃないもんね。でも言わないのもおかしい? ああ、どうしよう。

「えっと……うん」

うん、じゃないよ私! それだけじゃないでしょ! もっと言いたいことはあるはずなのに、あるはずなのに口に出来ない。

でも、今までの、そして今日のカズヤの試合を見て思ったのは、変わらないと思ったなら行動しなければいけないということだったはずだ。

行動するって……そういうことだよね。

546 : 以下、名... - 2016/05/06 02:50:01.73 Xk4gwRi70 363/597

「私も好きだよ」

とうとう言ってしまった。……言ってしまった!

好きって口にするの、いつ以来だろう。何かさ、そういうことを口にするのって恥ずかしくなってしまってた気がする。

アキラに対しても言ったことはなかったし、その前の遊びの人に対してなんかもってのほかだ。

捨てちゃいけないはずの純粋さを捨ててしまって、代わりに間違えた『大人像』を手に入れたつもりになってたのかな。

そんな勘違いを捨てさせてくれたのは、まぎれもなく彼の純粋さだ。

それが私に向けられた純粋さじゃなくて、サッカーに対する純粋さっていうのにすら妬けてしまいそうなほど、私は彼に惹かれている。好きになってしまっている。

気持ちを言葉にするのって、こんなに緊張することだったかな。

彼の反応を見たいような、でもやっぱり怖いような。

550 : 以下、名... - 2016/05/07 00:48:27.73 k7GeINyw0 364/597

恐る恐る、彼の顔を覗くように視線を上げてみる。

視線が合った。逸らしたくても逸らせない。……いや、逸らしたくなんてない。

やっと、彼と本当の意味で向き合っている。自分の気持ちを隠さずに伝えることができた。気恥ずかしいけれど、これは私の本心だ。それを伝えたのだから、もう逃げはしない。

ニコッと微笑んだ彼も、少し照れている。これは、私の言葉を喜んでくれたから……ってことで良いんだよね?

「ありがとう」

その一言で、何だか報われた気持ちになる。

「私こそ、ありがとう」

本当に。

出会ってから半年も無い期間。それに、お店の外で会うようになってからはもっともっと短い期間のはずなのに、彼にはいろんなことを教えられた。救ってもらった。

その彼に、好きだと言われてしまった。こんな幸せが、私に訪れて良いのだろうか。

551 : 以下、名... - 2016/05/07 01:16:28.88 k7GeINyw0 365/597

「お待たせしました」

幸せに浸ろうとしていると、ヤギサワさんの奥さんがオムライスを持ってきてくれた。

そうだった、レストランの中で何を告白し合っているんだろう。思い出すと、少し顔が熱くなってきた。

ご飯を食べる前に、手を合わせて。

「「いただきます」」

と、声が被った。オムライスから視線を上げて、再びカズヤと向き合う。

ふふ、と笑みがついこぼれてしまう。何だろう、どうでもいいことのはずなのに、こんなところまで気が合うと嬉しくなってしまう。

「息の合ったカップルで羨ましいわぁ」

厨房に戻ろうとしていた奥さんにそう声をかけられた。

違います……とは言いたくないし。でもそうなの? 本当にそういうことで良いの?

「あはは、ありがとうございます」

ちょっと恥ずかしそうにそう言って、カズヤはこちらをチラッと見てきた。

少しニヤけた顔で、首だけ上下に動かしちゃった。カズヤも、ちょっとだけ頷き返してくれて。

……うん、そうだ。そういうことだよね。

552 : 以下、名... - 2016/05/07 01:27:57.83 k7GeINyw0 366/597

「ごちそうさま……は私だけか。出来立てのうちに召し上がれ」

奥さんはそう言い残して、今度こそ厨房に入っていった。

良いの? って聞き返したくなるけれど、それはそれで何だか悪い気もして聞き出せない。

「……嫌じゃない?」

スプーンに手を伸ばしたところで、小声で問いかけられた。

その言葉の真意をすぐには読み取れなくて、首をかしげてしまった。嫌じゃない……嫌なことなんて、何もない。

それが『自分が恋人で嫌じゃない?』という問いかけならば、私が聞き返したくなるくらいお門違いだ。

今、私が嫌に感じたことなんて何もない。

「嫌じゃないよ」

そう言って、小さく首を横に振った。それを見て、安心したようにカズヤは息を吐いた。

「じゃ……よろしくお願いします」

小さく頭を下げて。そして照れ隠しのように言葉を重ねた。

「ほら、冷めないうちに食べよ」

ほらほら、と今度はカズヤに急かされた。

さっきまでより幸せで、その気持ちだけで以前のオムライスより美味しく感じてしまう。

ああ、今日は何て素敵な日なんだろう。

553 : 以下、名... - 2016/05/07 03:03:26.60 k7GeINyw0 367/597

ちょうどオムライスを食べ終えた頃、ヤギサワさんがお店のドアを開いた。

「あれ、カズくん……へぇ、上手くいった?」

カズヤと私の顔を見比べながら、楽しそうにそう言った。この間の経緯を知られていると、ちょっと恥ずかしい。

「おかげさまで。その節は色々と……」

「どういたしまして。それにしても、今日はナイスゲームだったね。おめでとう」

「ありがとうございます」

そこまで返事をしたところで、ヤギサワさんは厨房にいる奥さんに名前を呼ばれた。

「おっと、忙しくなる前に着替えないと」

言い残して、彼も厨房に向かっていった。先日も手伝いで入ってたみたいだし、結構忙しいのかな。オムライスしか食べたことは無いけど、味は確かだし。

「美味しかった……」

空っぽになったお皿を目の前に、カズヤがそう漏らした。うん、私も初めて食べたとき、そんな感動を覚えたんだっけ。

ギャルソンスタイルに着替えて出てきたヤギサワさんに、コーヒーの追加オーダーをお願いした。

コーヒーを持ってきてくれたヤギサワさんは、小さいガトーショコラと生クリーム、そしてフルーツが添えられたプレートを二枚、テーブルの上に置いた。

「あれ、頼んでないですけど……」

「初戦突破祝い……と、まあその他色々のお祝い。まだ忙しくなるまでには時間あるから、ゆっくりしていってよ」

ありがとうございます、と頭を下げて、ありがたく頂くことにする。こういう好意には、甘えないほうが失礼ってものだ。

フォークで小さく切って、ガトーショコラを一口。

「……美味しい!」

思わずそう言ってカズヤと目を合わせ、ヤギサワさんを見てしまう。

甘すぎず、ビターすぎず。淹れてもらったコーヒーに絶妙にマッチしている。

「今日はオムライスもだけど、妻が手作りしてるからね。自慢じゃないけど、料理は上手いんだ」

「本当ですか?!」

美味しい市販品を見つけてるのかなぁと思うほど、それはよくできた味だった。

手作りでこんなケーキを作れたら楽しいだろうなぁ。オムライスもあんな風に作れるなんて。

「魔法使いみたい……」

そんな子供じみた感想を、つい漏らしてしまった。

「あはは、魔法使い。良いね、聞かせてみよう」

そう言って、ヤギサワさんは奥さんを呼び寄せた。

554 : 以下、名... - 2016/05/07 03:08:13.84 k7GeINyw0 368/597

「ちょっと、邪魔しちゃ悪いでしょ……」

そんな文句を漏らしながら、でも楽しそうに奥さんはこちらにやって来た。

「彼女がね、お前のことを魔法使いみたいだって。オムライスもケーキも褒めてくれてたよ」

「あら、本当に?」

その問いかけに、カズヤと二人で頷いた。

「嬉しいわ。えっと、お姉さん……料理はお好きなの?」

作るのも、食べるのも、嫌いではない。でも、得意かとか趣味って言えるほど好きかと聞かれたら、それも違う気がして。

「うーん……得意ではないんですけど。でも、美味しいものは好きです。こんな風に作れたらなぁって思います」

「それじゃ、うちでバイトしない?」

「えっ」

あまりに突拍子もない提案に、つい声が漏れてしまった。

「おいおい、この子にも都合があるだろ。ごめん、気にしないで」

「あっ……そうよね、ごめんなさい。うちの店、人手不足だから、つい」

558 : 以下、名... - 2016/05/09 01:16:17.44 5lJkUKRR0 369/597

最初は驚いて声を漏らしてしまったけれど、私はむしろ乗り気になっていた。

いつまでも今の仕事を続けられると思ってもいなかったし。カズヤと付き合う……ってことになるなら、風俗嬢を続けるのは彼も良い気はしないだろう。というか、私が申し訳ない気持ちにもなってしまう。

「バイト……良いんですか?」

そう問い返すと、奥さんは「えっ、良いの?」と驚いた。さっきと立場が逆だと思うと何だかおかしい。「気を使わなくていいんだよ。思い付きで言っただけだから、本当に」とは、旦那さんの方のヤギサワさんからのフォロー。

「いえ、あの……やってみたいです。ご迷惑じゃなければ、お願いします」

幸い、貯金は少なくはない。アキラに貢いでいたとはいえ、将来の不安を感じ始めた時期から、ある程度のお金は貯金するのが癖になっていた。

今までふらふらしていた私がすぐに正雇用の職に就くのは難しいだろうし、何よりこのお店で働けるというのは魅力的だ。幸せな気持ちにしてくれる場所だなって、二回しか来たことはないけど思っていた。

「嬉しいわ。えっと……名前と電話番号と住所……」

それらを書くのに適切な紙が見つからなくて、奥さんは申し訳なさそうに紙ナプキンを渡してきた。「ごめんね、後でちゃんと他の紙に書き写しておくから」と。

アンケート用に備え付けられていたボールペンで記入していると、カズヤがぽつりと「……みたいだ」と漏らした。それを聞いたヤギサワさんも、プッと笑いをこぼす。

きょとんとして顔を上げると、カズヤは海外の有名選手のエピソードを話し始める。

「今、世界一じゃないかって言われてる選手なんだけど。子供のころの彼をスカウトしようとした人が、プレーを一目見て、今すぐにでも契約しようって紙ナプキンで契約書を作らせたって話があるんだ。だから、それっぽいな、って」

説明をした後、またおかしくなってきたのか彼は笑い始めた。

559 : 以下、名... - 2016/05/09 01:41:40.84 5lJkUKRR0 370/597

「まぁ、うちの店からしたらそんな感じだよ。これで俺も手伝いに来なくて済む」

そう言い足して、ヤギサワさんもまた笑った。

「私からしてみたらそんなもんじゃないわ。待ち望んでいたんだから……今日はいい日だわ」

口々にそんな風に言われると、むずがゆい用な照れくさいような。実際、まだ働けているわけじゃないんだけど。

私は誰にも求められることもないと落ち込んだこともあったっけ。あの頃からしてみると、信じられないくらい進歩している。

記入し終えて奥さんに渡すと、彼女はそれをまじまじと見て、そして私に視線を移した。

「それじゃ、改めてよろしくね。えーっと……エリカちゃん?」

「はい、よろしくお願いします」

席を立ってぺこりと頭を下げると「礼儀正しいわね、良いわ」と一言。それだけでちょっと嬉しい。

「エリカちゃんって言うんだ? それで、あだ名はゆうちゃん? 珍しいね」

ヤギサワさんが当然の疑問を漏らした。そっか、この間ヒロさんと話してる時も源氏名を名乗っちゃったから、当然の疑問だ。

「そう呼ばれることが多くて」

そう返すと、ヤギサワさんはそれ以上深く問いかけてくることは無かった。こういうところが大人だなぁって思う。

ドアの開く音がして、新しいお客さんが入って来た。

「いらっしゃいませ」と声をかけ、ヤギサワさんが接客に向かう。

「……それじゃ、いこっか。忙しくなりそうだし」

カズヤにそう声をかけられて、私も頷いた。

「それじゃ、出勤日とかについては電話するから」そう言って、携帯番号の書かれた紙ナプキンを私に渡し、奥さんも厨房に戻っていった。

お会計を済ませて、ヤギサワさんに「ごちそうさまでした」と声をかける。「次も楽しみにしてるよ」って言われちゃった。二人でお礼を返して、扉を開けた。

夏の終わりを告げるような、ちょっとノスタルジーを感じる夕焼け空。それでも、寂しさとか切なさより、私は幸せな気持ちで満たされていた。

「行こう、エリカ」

そう言って、私に手を伸ばしてきた。……初めて名前で呼ばれちゃった。

返事をするのも恥ずかしくて、私は頷いて手を繋いだ。暖かい手だ。幸せをくれる手だ。いつか私も、彼に少しでも返したい。

これからのことなんて、何も不安はないと思っていた。

まだ、やるべきことはたくさんあるのに。

561 : 以下、名... - 2016/05/09 02:28:53.16 5lJkUKRR0 371/597

カズヤに拒絶された私は、何もする気がわかなかった。

ヒロくんからの連絡も、返しはするけど適当になってしまってる。もう、返さなくても良いはずなのにね。

私は結局何を求めているんだろう。何をしたいんだろう。

カズヤと別れたのは社会的な地位とかお金とか、そういうのが欲しかったから。そのはずなのに、その理由すら揺らいでしまっている。

何をもってカズヤを好きになったんだろう。何でヒロくんに惹かれつつあったんだろう。

そんなことばかりを考えていると、日が昇ってもすぐに沈む。答なんて見つかるのかな。というか、あるのかな。

気づけばあっという間に夏の終わりが近づいていて、ヒロくんから久しぶりに試合があるんだって内容のメッセージがきた。

もう見に行く必要もない。そのはずなんだけど、一方で期待もあった。

ヒロくんとカズヤをそういう気持ちで見比べて見れば、私の悩みを解消する種が見つかるかもしれない。

表向きは、応援に行くとは返事をしなかった。できなかった。罪悪感とかじゃなくて、単に面倒なことになるかと思って。カズヤにはヒロくんに乱暴されてるって言っちゃってるし。

返事は案外あっさりと「そっか、残念」くらいのもので、私も少し安心してしまう。

気づかれないように普段とは少し違ったラフな格好をして、好きじゃないけど眼鏡もかけた。こういう地味な格好の方が会場に溶け込みやすいっていうのは、以前見に行った時に気づいて良かった。

暑すぎる日差しの中、試合をする彼らをスタンドの後ろの方から眺める。カズヤもヒロくんも、今日も二人とも試合に出てるみたいだ。

563 : 以下、名... - 2016/05/12 03:04:00.94 ux7yyn/S0 372/597

 サッカーのことなんて全然分からない私は、ただ二人の走る姿を目で追うだけ。ピンチとかチャンスとか、何となくしか分からないし。

 ……来たの、間違いだったかな。

 これを見続けて、私は何かを得られるとは到底思えなかった。やっぱり私はダメな人間で、カズヤに惹かれてしまってたのも単に悔しかったからなのかな。

 考えるのも億劫になってしまった。前半が終わった笛が鳴ったところで、私はグラウンドに背中を向けて歩き始める。

 出口に向かって歩いていると、視界の端に見覚えのある麦わら帽の女の子が入って来た。……うん、可愛いけど、私ほどじゃないよね。きっとカズヤはああいう子を新しく好きになっただけで、私が彼女に劣っているというわけではない。

 そんな言い訳なのか、負け惜しみなのか。自分でも分かっているんだけど、言い聞かせてそのまま外へつながる階段へさしかかった。

 そこで、またもや見覚えのある顔の子が目に入る。それも、ここにいるのはふさわしくない気がする。俯き気味に歩く彼女に、私はつい声をかけてしまった。

「ミユちゃん?」

 私の問いかけに、彼女は驚いたように顔をあげた。しまった、今から帰ろうとしてるのに、何で声かけちゃったんだろう。ベンチじゃなくて客席にいることが驚きで、つい呼び止めちゃった。

564 : 以下、名... - 2016/05/12 03:04:31.84 ux7yyn/S0 373/597

 ぺこりと頭を下げた彼女は、戸惑った感じで私を見つめ返してきた。うん、私もどうしようか困ってる。

「えーっと……」

 どうしよう。「一緒に試合見る?」っていうのは違うよね、そもそも私帰ろうとしてたんだし。「ベンチにいなくていいの?」っていうのも、何か問題があってこっちにいるんだったら、気分を害してしまうかもしれない。

 何も考えずに名前を呼んだ自分を責めながら言葉を探していると、彼女が口を開いた。

「今日も来てくれてたんですね。兄も喜ぶと思います」

 そう言って笑顔を作る彼女は、何だか以前の印象とはかなり違う気がする。

 以前会った時はもっと明るくて、愛嬌があって、自然と笑顔が零れている印象だった。その彼女が、今は無理して笑っているような。

 それに気づいたのは、私が男に対してキャラを作っているからかもしれない。自分でやっていると、自然な笑顔とそうでないものの見分けは案外簡単にできるようになる。

「……何かあった?」

 無神経にも、私はそこに踏み込んでしまった。というよりも、彼女の話を聞きたかったというのが本音かもしれない。

 自分が悩んでる時って、他人の悩みを聞きたくなるんだ。そうすると、悩んでいるのは自分だけじゃないって思える気がして。

 彼女に解決策をあげることはできないだろうし、そんな親切心で私が踏み込んだわけじゃない。単に、私の悩み、今のこのモヤモヤを、ミユちゃんの話で上書きしようとしているだけだ。

 とはいえ、それを私みたいな、ちょっと会ったことがあるだけの女に話してくれるかどうかは、また別問題なんだけど。

 戸惑った表情を見せた彼女は、どうしようと思案しながらこちらを窺ってくる。

 私は彼女に対しても表情を作って見せる。男を騙してきたように、親切心で声をかけているように見えるような表情。

「聞いてもらえますか?」

 彼女の確認には首肯で返事をすると、「立ち話も何なので」とスタンドの日陰になっている座席向かって行った。さっきとは逆方向だから、ヒロくんたちのチームの応援団からは離れてしまっている。良いのかな、こっちに来ちゃって。

 適当な席を見つけて腰かけた彼女に、一席分のスペースを空けて私も座る。近いような、遠いような。試合はまだ再開してないから、応援団の声も無いし話し声は聞こえるんだけどね。

「すみません、ありがとうございます」

 恐縮したように一言だけ残すと、彼女は語り始めた。

565 : 以下、名... - 2016/05/12 03:05:14.43 ux7yyn/S0 374/597

 えーっと。私、こんなのなんですけど、一応彼氏……なのかな。まあ、そんな感じだと思ってた人がいたんですよ。

 で、その人、本当にダメな人なんです。女遊びの悪い噂もあれば、同じ大学なんですけど授業にも中々出てこなかったりで。

 少なくとも良い人ではないっていうのは分かってたんですけど、それでもたまに優しかったりかっこよかったりで、好きになっちゃって。

 すみません、こんな話で。惚気じゃないんですけど。

 それでですね、まあその、女遊びが激しいってところなんですけど。友達の彼女……彼女なのかな。好きな人? と一緒にホテルに入ろうとしてるところ、見ちゃって。

 噂では聞いてたけど実際に目の当たりにすると、凄いカッとなっちゃって。

 先日、友達とその女の子がいるときに、女の子につい手をあげちゃったんですよ。……最低ですよね。そういう人だって分かってて彼のことを好きになったのに。

566 : 以下、名... - 2016/05/13 00:59:57.60 b0QbD1g00 375/597

「手をあげたっていうのは……」

一息ついたところで、私は問いかけた。

「平手打ちです。悪いのは彼女だけじゃないって、一番悪いのは私の彼氏だってわかってるんですけど、幸せそうなところを見てると、つい」

「そっか……」

何だろう、ドロドロしてるなぁっていうのが正直な感想だ。

この子に比べたら、私なんて悩むこともないのかもしれない。ヒロくんもまだ私の彼氏だったわけじゃないし、カズヤだってもう昔の男だ。

私がそう割り切ることさえできれば、それで終わってしまう。

「今日、ベンチに入ってないのもそれが理由なんです。友達……、うちのチームにいるから」

「えっ」

どういうこと? ということは、ヒロ君のチームメイトの彼女が、ミユちゃんの彼氏の浮気相手? 何それ、世間って狭いなぁ。

「カズくん……分かります? えっと、この間お会いした時に私が探してた、兄が可愛がってる子がいるんですけど」

570 : 以下、名... - 2016/06/12 10:38:56.70 z56s8hv10 376/597

出てきたのは、私にも覚えのある彼の名前。

「カズくんに罪が無いのは分かってるんですよ。……カズくんの彼女にも。だって、私が怒ってるのは二人に対してじゃなくて、彼氏に対してだし」

ミユちゃんの言葉を、私は黙って聞き続ける。言葉を挟む余裕なんて、私にはなくて。

「それでも、そういう人だって知ってて好きになった手前、彼を叱責することもできなくて。たまったモヤモヤが、その時爆発しちゃって。それ以来、気まずくて練習にも行けないし、カズくんにも会えないし」

辛さを誤魔化すような曖昧な笑みで「すみません、変な話をしちゃって」と彼女は言い足した。

頭の中をフル回転させて、何と言えばいいのかを考える。

「……大変だったんだね」

結局出てきたのは、そんなありきたりな言葉でしかなかったんだけど。

彼氏に対して、そこまで傾倒することが私にはできない。だって、私にとっては彼らは道具でしかなかったから。自分の価値を証明してくれる道具。

ダメになったら買い替えるし、不満ができればより良いスペックのものを求める。それは誰もが持つ欲求だと思う。不満を持ちながら、それでも相手を好きでいることが、私には理解ができない。

『じゃあ彼氏と別れて、他に好きな人を作れば良いじゃん』と、私なら考えてしまう。それでもこの言葉は、きっと彼女が求めているものとも違う気がして。

573 : 以下、名... - 2016/06/13 01:04:04.92 KMM7Kpnj0 377/597

「本当はちょっと、羨ましかったんです。カズくん、良い人だから。誰か他の人のものになっちゃうの、悔しくて」

「そうなの?」

昔は私の男だったのよ。

そんな自慢は虚しいからやめておこう。カズヤは今、あの麦わら帽の子に捕まえられてるんだから。

「良い人ですよ。私の愚痴にも付き合ってくれたし、サッカーも上手いし。……友達として、大好きです」

「友達として、で良いの?」

意識して付け足されたような言葉を、私は確認するかのように繰り返した。

「はい。だって恋してるのは、結局カズくんじゃなくて、彼なんです。カズくんみたいな彼氏を持てる子は幸せだろうなって羨ましいけど、カズくんと付き合いたいわけじゃないから」

「……そっか。大人だね」

私なんかより、よっぽど。

少しでもいいなと思ったら、そっちに移り気してしまう私なんかとは大違いだ。こういうのを誠実さって呼ぶのかな。少し違う?

「でも、彼とは別れようかなとは思うんです」

「えっ?」

575 : 以下、名... - 2016/06/14 02:44:06.45 FaKZ2dt10 378/597

思いがけない言葉に、私はつい声を漏らしてしまった。

「やっぱり、結構辛いんですよ。分かってたはずなんですけどね。好きだけど、それ以上にきつくなっちゃって」

そう言って淡く笑う彼女は強そうで、でも儚くも見える。

彼女の気持ちがいまいち分からない私は、どこか欠けてしまっているのだろうか。

好きなのに辛いっていう二項対立。辛いことからは逃げ出せば良いって思うのは間違いなんだろうか。

言葉を返すことができないままでいると、応援団から歓声があがった。どうやら選手たちが出てきたみたいだ。

「あ、ヒロ兄出てますよ」

どうやら彼女の気持ちもひとまず落ち着いたみたいで、目線はグラウンドに向かっていた。

うーん、帰りづらくなっちゃった。まぁ、あと一時間もないんなら見てあげてもいいか。どうせ今日で最後になると思うし。

576 : 以下、名... - 2016/06/19 14:08:55.60 +PBUR+yMO 379/597

試合が始まると、彼女は黙ってしまった。

この暑さの中、座ってるだけでも項垂れてしまいそうなのに、彼女は一生懸命応援している。

そんな彼女がここにいるのは何だか不思議な気がしてしまう。やっぱりベンチに行くべきだったんじゃないのかな。

途中で「帰るね」って声をかけたくなったんだけど、横を向く度にその真剣さにつられてしまって、ついつい目線を戻してしまう。

もうそろそろ終わりかな、負けちゃうのかな。

カズヤが相手を抜いてヒロくんにパスを出した瞬間、隣でミユちゃんが小さく呟いた。

「危ない」

えっ? という声は、言葉に出来なかった。

強い笛が鳴ったかと思えば、ヒロくんは綺麗な芝生の上に寝転んだまま起き上がれない。

「ヒロ兄……!」

声にならない声で、彼女は名前を呼んだ。

グラウンドの上では選手同士が揉めていて、カズヤはその中ヒロくんに駆け寄っている。

大丈夫かなぁ、心配だなぁ。

私としては、それくらいの他人事にしか思えなくて。

結局、私は当事者にはなれていなかったんだと思う。ただヒロくんからの好意を得ようというためだけに、ここに来ていたから。

577 : 以下、名... - 2016/06/19 14:20:36.36 +PBUR+yMO 380/597

担架に乗せられて、ヒロくんは外に運ばれていった。

ミユちゃんは心配そうな目線を彼に向けて、拳を握り締めていた。

何でそこまで、他人に感情を向けられるんだろう。家族だから、チームメイトだから、さっきの話で言えば恋人だから。

言葉に出来る繋がりだけで、人は他人をそんなに大切に思えるのかな。

哲学みたいなことを考えながらもグラウンドを眺めていると、ヒロくんが倒れた場所にボールを置いたのはカズヤだった。

「あの子、カズくんです」

言われなくても知ってるんだけど、私は黙って相槌をうった。

「たぶん、決まりますよ」

その直後、彼女は言い直した。

「決めます。必ず決めてくれます」

その言葉には、熱がこもっていた。不思議に思った私は、つい聞き返す。

「その違い、大事なんだ。彼、そんなに上手いの?」

「上手いですよ。でも上手いからっていうより……」

「いうより?」

「何て言うんでしょうね。信じてるというか、決めてほしいっていうか。あれだけサッカーに正面から向き合ってるカズくんが決めないと、他に誰が決めるんだっていう」

少し恥ずかしそうに「見てないと分からないですよね、すみません」と言い足されて。

フリーキックの準備ができて、笛が鳴った。

助走を始めたカズヤはボールを右足で蹴って、それは綺麗な弾道でゴールに向かって進んでいく。

579 : 以下、名... - 2016/07/07 13:18:50.14 fdSNJ6FZO 381/597

ゴールに突き刺さったそれは、強い歓声を呼び起こした。隣にいたミユちゃんも、立ち上がって拍手をしてる。

それでも、私の心は何も動かされることはなくて。

すごいなぁ、良かったね。

それで感想は止まってしまう。私は何でもないから。カズヤのチームメイトでも、ヒロくんの恋人でもない。

映画とか本とかでもそうなんだけど、結局私とは違う世界での出来事だから。

私が関わることは、私のいる世界の出来事で、だから感情を揺さぶられる。今回のは、私に関係のない世界の出来事だ。だから、何とも思えない。

581 : 以下、名... - 2016/07/11 02:22:21.45 YpkBFOpf0 382/597

同点……ってことは、延長になっちゃうのかな。そうなったら、もう帰ろう。時間が無いからって言ってしまおう。

喜んでいるミユちゃんには悪いけど、カズヤが活躍してもそこまで興味を持てなかったし。

私の予想は的中して、同点のまま後半が終了した。

「ごめんね、この後外せない予定があって」

当然のように嘘を吐いて、私はスタンド席を立った。「それなら仕方ないですね」と残念そうに呟くミユちゃんにごめんねと伝えて、そのままグラウンドに背を向ける。

もう彼女にも、ヒロくんにも、きっとカズヤにも会うことは無いだろう。狭い世界だということは改めて思い知ったけど、やっぱり私には向いていない。

綺麗な恋愛をするには、私は汚れ過ぎているのかもしれない。もしくは、今までの罰が当たってしまったのかもしれない。

きっと彼らは世間一般で見るにはキラキラしている、純粋な人たちで。私はそれを食い散らかそうとする悪女。

悪女には、彼らを利用することはできても向き合うことはできない。眩しくて、目を背けてしまって、だから理解ができなくて。

583 : 以下、名... - 2016/08/06 18:55:05.16 rAg8Q7QEO 383/597

さようなら。

心の中で、ぽつりと呟いた。私には分からない価値観を持った彼らに、別れを告げる機会はきっともうないだろう。

否定するつもりはない。それでも、私は彼らと一緒にいることはきっとできない。

ヒロくんには悪いことしちゃったかな。それだけは少し申し訳なく思う。それでも、今までの行いを考えるとヒロくんだけに罪悪感を感じるのも変な感じだ。

私はただ、自分のためだけに動いてきたのだから。今までも、そしてこれからも、きっと。

さ、新しい男を探さなきゃ。私を満たしてくれる、新しい男を。

いつも通りのこと。今まで通りのこと。

それなのに、今はなぜか心が晴れない。

584 : 以下、名... - 2016/08/06 19:03:32.33 rAg8Q7QEO 384/597

初戦を終えて家に帰ると、玄関の外でミユが気まずそうな顔で待ち構えていた。

「お疲れさま。勝てて良かったね」

「……おう」

「ごめんね、今日。行かなくて」

行けなくて、と言わないあたりが正直者だと思う。ミユは言葉を続けた。

「もう大丈夫だから。もう問題ないから。次から、ちゃんと行くよ」

何があったのか聞くのは、きっと野暮なんだろう。だから俺はただ信用する。妹のことを、ただ信じてやろうと思う。

きっとこいつも何かと戦っていて、それが辛くて休んでいただけなんだと。

「分かった。お前が来てくれると、みんな喜ぶよ」

「……本当に?」

「当然だろ。仲間なんだから」

妹に対してそんな言葉をかける自分に、少し気恥ずかしさも感じてしまうけど、それでも事実だ。

587 : 以下、名... - 2016/08/13 11:51:32.59 Vn+NJ4RTO 385/597

「ありがとう」

改めて言われたその言葉に返事をするのは、何だかとても恥ずかしくて。返事をせずに、俺はそのまま玄関のドアを開けた。

「そういえば、今日来てたよ」

「誰が?」

もっと言うなら、どこに?

「サキさん……? だよね、名前。スタンドにいたよ」

と言ったところで、ミユはしまったという顔になった。ベンチには入らなかったのに、スタンドから見てたっていうのが気まずいんだろうな。その辺はもう触れずにいてやろう。変につついて、また気まずくなる方が嫌だしね。

「あ、いや、ほら、たまたま隣に座ることになってさ、うん。忙しいからって、延長入る前に帰っちゃったけど」

「いいよ、もうそれは。そっか、来てたんだ」

嬉しいような、複雑なような。

スマホを取り出すと、サキちゃんからメッセージが入っていた。

『今日の試合、途中までしか見られなかったんだ。ごめんね。妹さんによろしくね。』

それだけ。

『ありがとう、伝えとくよ。今日も何とか勝てました』と返したら、すぐに返事がきた。

『これからしばらく忙しくなりそうだから、遊んだり試合見に行ったりできなくなりそうかも。ごめんね』

って。まあ何となく避けられてるなとは思ってたし。理由は分からないけど、まあ人間関係ってそういうものだろうし。

『そっか、了解です。またそのうちね。無理はせず』

既読表示はついても返事は来なかった。

きっともう、連絡をとることもなくなるんだろうな。なぜか分からないけど、それは確信めいていた。

寂しいけれど、でも俺にはサッカーがある。次は古巣との試合だ。

気持ちを切り替えるためにも、俺はシャワーを浴びるべく服を脱ぎ始めた。

588 : 以下、名... - 2016/08/13 12:06:51.19 Vn+NJ4RTO 386/597

夕飯のカレーを食べながらローカルニュースを見ていると、天皇杯の放送が始まった。

「さすが本大会。ちゃんとカメラ入ってるんだね」

と、ミユがニヤけながら言った。うん、もう普段のこいつだ。ちょっと安心するよ。

うちの失点シーンが流れたあと、アナウンサーがすぐに「しかしここから逆襲が始まります」と言葉を続けた。

カズがボールをセットし、フリーキックを決めたシーンが流れると、ミユが言葉を漏らした。

「これ、本当にすごかったよね。カズくん憧れの選手みたい」

Jリーグで歴代最多FKゴールの記録を持つ選手の名前を、ミユは呟いた。

そっか、あの選手のことが好きなんだったっけ。天皇杯で勝ち進めば、その選手とも試合する可能性があるもんな。

そのまま流れで俺の逆転ゴールが流れると、「よっ、ヒーロー!」とバカみたいな煽りがミユから聞こえてきた。

「まあ、次からだよ。次からが本番」

「勝たなきゃね」

「もちろん」

プロだからといって尻込みしてはいられない。元々、知ってるやつらがまだ多いチームだしね。恩返し、しないとな。

590 : 以下、名... - 2016/09/03 15:14:15.65 NPdRmtosO 387/597

そのままテレビを眺めていたら、全国版のスポーツニュースにテーマが移った。

野球と比べると、サッカーの扱いは微々たるものだ。今日開かれたJリーグの試合が、ダイジェストで流れ始める。

「あっ、シンヤさん」

ミユがポツリと呟いた。画面の中では、シンヤが相手のディフェンダーをチンチンにしてやっている。ボールがまるでダンスパートナーのように、あいつは踊る。

『ディフェンダー二人の間を割って、シュート! これが決勝点となり……』

アナウンサーの言葉も途中で、テレビを消した。

昔のあいつより、段違いに上手くなってやがる。日本代表で揉まれてるからなのかな。

「……勝たなきゃね」

さっきの言葉とは違うニュアンスに聞こえるのは、俺だけだろうか。

そうだ、シンヤと試合するのは俺も待ち遠しい。勝たなければ、そこまで辿りつけられない。

カズのために、チームのために、自分のために。俺は勝たなければいけない。

「任せろよ」

根拠のない自信だ。アマチュアがプロに勝つなんて、年に1,2チーム出てくるくらいだ。その中に、俺たちは入る。

592 : 以下、名... - 2016/09/14 22:22:23.25 Te9Pta6xO 388/597

そんな決心をするのは簡単だけど、現実にするには高い壁がある。とにかく、まずは目の前の一戦だ。

「ごちそうさま」

食器を下げようと椅子から立ち上がると、テレビから更に気になる言葉が続いてきた。

『今日の試合、大活躍だった彼ですが、気になるのは今日、スクープされた噂ですね。モデルから女優まで、幅広く活動をしているエミさんとの交際は事実なのでしょうか。プレーからもプライベートからも、目が話せない彼に今後も注目です』

あらら、いっちょ前にスキャンダルなんか撮られちゃって。もうすっかりスターだな、なんて。

「あれ、それってあれじゃん。ほら、サキさんに似てる……」

「あー、そうそう。似てるよな、本当に」

「どこかで見たことあるなー、って思ったもん。今日も私、見とれちゃった」

そんな軽いやり取りをしつつ、手に持ったままだった皿を運んでいく。

「洗い物、私がやるから置いといて。ゆっくり休んでよ」

「お、サンキュー」

気を使ってくれたのかな、試合後だし。何にせよ、今日は疲れた。お言葉に甘えてゆっくり休んで、次の試合に備えさせてもらおう。

595 : 以下、名... - 2016/10/15 12:23:57.84 nP2E820EO 389/597

一週間なんてあっという間に過ぎてしまい、とうとう初めてのJチームとの対戦を迎えた。

幸い、隣の県のチームだということもあり大がかりな移動はなかったが、それでもアウェーゲームという雰囲気を肌で感じ取ってしまう。緊張感は初戦の比ではない。

更に言えば、J2チームとはいえ、相手はプロ。胸を借りるつもりはさらさらないが、未体験のレベルになるのは間違いない。

そんな中、落ち着いてるヒロさんはさすがだ。昔所属していたチームということもあってか、リラックスした様子でアップをすすめる。

綺麗な芝の上でパス回しをしていると、相手チームのサポーターによるチャントが始まった。大声で選手の名前を叫んで鼓舞をする。スタンドでプロの試合を観戦したときに耳にするそれとは全く違う。圧倒される。

「おい、びびんなよ」

そんな僕の様子を見てか、ヒロさんが声をかけてくれる。頷いて、パスを返す。

「お前の対面、負けんなよ。タメだぜ、あいつ」

そう言って、ヒロさんはフォルツァの8番を指差した。

名前はよく聞く、ユース史上最高傑作。U17ワールドカップの試合をテレビで見たこともある、左サイドのスペシャリスト。タカギという名前を、僕たちの世代で知らないやつはほとんどいないだろう。

「任せてくださいよ」

「……カズ、変わったね、やっぱり」

驚いたように、ヒロさんは漏らした。

「変わった?」

「前はそんなかっこいいこと言えるやつじゃなかったから。自信ついた?」

ゆうちゃんのおかげ? とからかうようにヒロさんは笑った。軽く背中を叩いて突っ込みを入れてやる。

「悪いって。今日もかっこいいところ見せてやれよ」

597 : 以下、名... - 2016/10/19 22:01:53.18 KPrggDHNO 390/597

その言葉を残した直後、フォルツァ側のゴール裏スタンドからヒロさんの名前がコールされた。

凱旋試合とは言えないかもしれないけど、相手選手として帰ってきたヒロさんに対する彼らからのエール。

ヤマさんに確認をとって、ヒロさんは小走りでバックスタンドに向かって行った。

最前列に陣取るサポーターと大声で何かを話しているのが遠目に見える。やっぱりすごいな、あの人。

数分のやり取りを終えたヒロさんは、そのままフォルツァのピッチ脇を通りながら戻ってくる。途中、顔見知りらしい選手やコーチにも声をかけられ、ハイタッチを交わしている。

戻ってきたヒロさんは、僕の隣に並ぶようにジョッグ。かけられた言葉は、熱が込められていた。

「今日、絶対勝つぞ。絶対に」

599 : 以下、名... - 2016/11/03 14:54:58.52 7bU8ODSP0 391/597

円陣から放たれて、僕たちは各ポジションに着く。対面のタカギを見据えると、一瞬目が合った気がした。ぞくっと寒気がするような、一流プレイヤーの目つきだ。

少し怯えて視線をそらすと、今度はヒロさんと目が合った。タカギのそれとは真逆に心強い。

試合前、ヒロさんは『良い試合をしような』『頑張れよ』と、声をかけられたらしい。

「自分たちが勝つと信じて疑ってない。なめてんだよ、あいつら。俺たちのこと」

『たち』に力を込めて、悔しそうにヒロさんはそう言った。

僕たちがヒロさんの足を引っ張っているから、ヒロさんまでなめられてしまう。そう思うと、何だかいてもたってもいられなくなって。

「よっし、最初集中して入りましょう!」

大きな声で、チームメイトに声をかけた。驚いた目でみんなが僕を見つめて、すぐに「任せろ!」「最初な!」「落ち着いていこうぜ!」と返事が返ってきた。

そうだ、スタンドの雰囲気とか、相手の肩書なんかに負けるわけにはいかない。僕たちは僕たちなりの、できるプレーをやるしかない。

決意を胸にしまったところで、試合開始の笛が響いた。

600 : 以下、名... - 2016/11/04 00:21:09.59 OANjHfL10 392/597

4-2-3-1の両サイドがフォルツァの強みだ。タカギがいる左サイドに、元日本代表がいる右サイド。

そのサイドアタックを中心に、1トップの長身の外国人フォワードにクロスを当てる。シンプルだけど、それだけに力強い。

190cmを超えるような相手FWに対抗できるようなセンターバックはうちのチームにはいない。どうにか自由にさせないように体を当てるのがいっぱいいっぱいだ。

「できるだけクロス上げさせるなよ。上げさせたら失点につながると思え」と、口酸っぱく言われていた。

タカギはイヌイみたいなドリブラータイプではなく、クロスの精度が高い、クラシックなタイプのウイングだ。整った顔立ちも相まって、元イングランド代表のイケメン選手を彷彿とさせる。

彼にボールが入った瞬間、前を向かせないようにプレスをかける。特別足元の技術が高いわけではないから、フリーで前を向かせなければイヌイ程は怖くない。

ガツガツしたプレスに仕掛けることを諦めたのか、受けたボールをバックパスで返した。

「あんた、やるじゃん」

それに合わせてポジションを取り直していると、タカギはニヤニヤしながら声かけてきた。

『アマチュアの割には』みたいなニュアンスがこもっているように思えるのは、僕が卑屈だからなのだろうけど。

「オオタさん、どう? そっち行ってから」

601 : 以下、名... - 2016/11/06 15:33:54.89 EQyTWh/vO 393/597

「どう、って……見ての通りだけど」

初のプロチームとの試合に浮き足立ってる僕たちを、引っ張ってくれている。実力だけじゃなくて、精神的にも。

「頼もしい先輩、かな」

「ふーん」

興味無さそうに、タカギは相槌をうった。何だよ、自分から質問したくせに。

「それじゃ、期待はずれかな」

そう言い残して、彼は僕から離れていこうとする。

期待はずれ? どういうことだ?

「言った通りだよ。今のプレーがオオタさんの今の実力なら、がっかりしたってこと」

気づかぬうちに声にしてしまっていたらしい。タカギは言葉を続ける。

「あの人、シンヤさんとポジション争ってたんだぜ? 正直、尊敬してたよ。それが今、都道府県リーグの王様気取ってるようじゃ、期待はずれだってこと」

試合するの楽しみにしてたのに、と最後に愚痴のように呟いた。

だったら。

「それなら、俺が楽しませてやるよ」

自信はなくても、不敵に笑って見せよう。僕がタカギを押さえる。チームを勝たせる。そしてヒロさんを認めさせる。

それしか、僕にはできないから。

「やってみな」

タカギも笑い返してきた。今度も馬鹿にはしてそうだけど、少しは楽しそうに。

602 : 以下、名... - 2016/11/06 15:52:41.61 EQyTWh/vO 394/597

どうにか前半の15分をスコアレスで乗り越えて、試合は膠着状態に入った。

一方的なサンドバッグ状態は避けられたけど、今度は攻め手に欠ける。

相手センターバックはしっかりとゴール前に蓋をしているし、ヒロさんにも相手のダブルボランチのうちの一人が常にケアをしている。

試しにアーリークロスを何度か上げてみたけれど、相手センターバックは冷静にそれを跳ね返す。高さ勝負じゃフィジカルで負けるうちには分が悪そうだ。

タカギにボールが入る、プレスをかける、ボールを下げさせる。

パスを受ける、出しどころがない、横パスを出すかアーリークロスをクリアされる。

ダメだな、じり貧だ。このままじゃ実力差が徐々に出て、どこかで一本取られてしまう。

格上相手には、ラッキーパンチでも先制点がほしい。

「来い!」

右サイドいっぱいに張って、ボールを要求する。トラップする前にルックアップすると、タカギが寄せてきているのが目にはいる。

「もっかい!」

トラップをせずにパスの出し手にリターン。そのまま前方に向かって全力でダッシュをかける。

こちらに全力で寄せに来てたタカギはストップはできても折り返せず、僕に向かって手を伸ばすも届かない。

よし、抜けた!

リターンボールをランウィズザボールの様に大きく前にトラップし、スピードに乗って相手陣地を割っていく。

604 : 以下、名... - 2016/12/19 00:23:54.12 kUzttzMK0 395/597

ゴール前にボールを放り込んでも通用しないことは分かっている。できるだけ切り込んで、球足の速いクロスで混戦を狙うしかない。

相手サイドバックがこちらにプレスをかけに来たところで、ヒロさんとワンツーでそれをかわす。

よし、このままいける!

センターバックがスライドしてこちらにずれてきた。その穴を埋めるかのように、ボランチが一枚ポジションを下げる。そこだ!

ファジーな守備陣形をつくように、そこの間に低いクロスを蹴りこんだ。

逆サイドのセンターバック、そしてボランチの間にうまく通ったボールに、二人とも一瞬動きが止まる。

そこに走りこんだのはうちのフォワード。ワンタッチで上手くコースを変えたシュートは、キーパーが反応するよりも早くにネットを揺らした。

スタジアムの大半は静寂。そしてほんの一部の歓声。

「ナイッシューっす!」

「ナイスクロスだよ、バカ!」

異様な空気の中、僕たちは歓喜の輪を作る。プロ相手に、こんなにあっさり先制できるとは思ってもいなかった。

ジャイアントキリングを起こす時って、意外とこんなものなのかな。いや、油断するにはまだ早すぎるけど。

やれる、いける、勝てる! 根拠のない自信が、少し現実味を帯びてきた。

審判に促されて、自陣に戻っていくとヒロさんに声をかけられた。

「今の、続けろよ。まだ狙えるぜ、あのパターン」

「了解っす」

嬉しそうな笑みで頭を叩かれた。よし、もう一本だ。

「集中していきましょう!」

自分に言い聞かせるように大声を出す。そうだ、まだまだ始まったばかり。

606 : 以下、名... - 2016/12/22 02:38:52.07 Zsd7dE1o0 396/597

試合が再開すると、タカギとのマッチアップは激しさを増してきた。

「粘るねぇ、アマチュア」

「リードされてるのはどっちだよ?」

そんな煽りあいが始まるくらいには、彼も僕もヒートアップしている。最初にヒロさんのことを馬鹿にされたからかな、ダメだ、落ち着け。

前半35分を回ったところで、タカギにボールが渡った。認めたくないけど、イヌイの時にも感じたような雰囲気を持っている。一流の雰囲気だ。

タカギの視線が一瞬中に向いた。ワンツー?

そう思った時には、半身で構えていた僕の両足の間をボールが通過していた。

油断していたわけではない。それなのに、フェイントもなく、意識をずらしてタイミングだけでここまで綺麗に股を抜かれるとは思ってなかった。

屈辱的なプレーに、つい手が出てしまう。横を通り抜けようとしたタカギのシャツを、つい掴んでしまう。

笛が鳴って、審判がダッシュで近づいてきた。やばい、カード貰う?

「落ち着いて! もう一回やったら出すから」

強い口調ではあったが、どうにか注意だけで済んだ。ほっと安心してるところに、タカギは不満そうに「カードでしょ、今の」と漏らしている。

あまり認めたくはないけど、確かに今のは出されても文句は言えないプレーだった。

「カズ、切り替えろ!」

ヒロさんの叫び声が聞こえて、手を上げて返す。そうだ、カードは出てない。結果オーライだ。

610 : 以下、名... - 2017/02/26 17:36:47.08 F7FuLVqZO 397/597

ヒロさんに手を上げて返事をし、壁としてポジションを取ろうとした時だった。

タカギはボールをゴール前に放り込んだ。あれ、プレー止まってない?

ゴール前に走り込んだ相手フォワードはドフリー。キーパーは慌てて飛び出す。

間一髪、パンチングでボールは弾かれた。直後に衝突して倒れ混むキーパーと相手フォワード。

笛が二回鳴って、プレーが止まる。

「おい! プレー止まってただろ!」

「カードでしょう!」

うちの選手が主審に対して抗議に向かうが、審判はそれを拒絶する。

「うっせぇなぁ。一回しか笛鳴ってなかったでしょうが。ちゃんと聞いとけっつーの、アマチュア」

挑発するような言葉遣いに、うちの選手は激昂してタカギに詰め寄っていく。バカ、手を出すな。

タカギとうちのディフェンダー陣の間に立って、両者を引き離そうとする。

611 : 以下、名... - 2017/02/26 18:34:37.91 F7FuLVqZO 398/597

「ヤマさん!」

ゴール前から大きな声が聞こえてきたかと思うと、負傷したキーパーの負傷状況を確認していたディフェンダーが手で大きな丸を作っていた。

本大会は監督に徹しているヤマさんが、サムズアップで応える。

うん、よかった。相手フォワードもどうにか立ち上がっている。

「これ以上不要な発言したらお互いに警告だから!」

審判のその一言で、うちの選手もタカギもしぶしぶながらもバラけていく。

「アイツ、あんなやつだったか?」

争いを落ち着けに来てたヒロさんが、呆れたように呟いた。

「とにかく、カズも挑発にのるなよ。試合荒れてきてるから」

「分かってますよ」

荒れ試合になると不利なのは間違いなく僕たちだ。フィジカル面で、あまりにディスアドバンテージがありすぎる。

先程の衝突でキーパーチャージの判定が下され、ゴール前からロングボールが飛んだところで時計をちらっと見る。

まだ前半30分……長い試合になりそうだ。

613 : 以下、名... - 2017/03/12 16:24:46.51 NACMq5V4O 399/597

試合は熱を加えつつも、膠着状態に入ってきた。相手サポーターのブーイングが耳に入ってくるのは、僕たちに対してなのか、それとも不甲斐ない自チームを奮い立たせるためなのか。

「出せ!」

タカギがボールを要求するも、相手の外国人ボランチはそれを飲まずに逆サイドに展開した。

「何だよ、出せよ下手くそ」

自チームの選手に毒づくタカギに目をやると、それは自分に回ってきた。

「金魚の糞みたいについてきやがってよ。邪魔なんだよ」

「僕程度が邪魔になるんなら、プロはもっと邪魔なんじゃない?」

挑発に挑発をもって返すと、一言「調子に乗るなよ」とだけ呟いて、彼は中にスライドして絞っていく。

悪くない、むしろ良い。イヌイのような超絶個人技持ちの選手よりは、僕としてはやりやすい相手だ。

再びタカギが外に開き、僕もそれに合わせて移動する。

要求された通り、タカギの足下にボールが入る、そこだ!

一気に間合いを詰めて、プレッシャーをかける。トラップミスでこぼれたボールをかっさらい、そのまま縦に向かってランウィズザボール。

614 : 以下、名... - 2017/03/12 16:34:24.95 NACMq5V4O 400/597

瞬間、後ろから足が伸びてきた。トップスピードに乗った勢いが、刹那でゼロになる。

何が起きたかも理解できないまま芝の上を転がって、空を見上げると強い笛が鳴った。

審判が早足に駆け寄ってきて、僕を見下ろすタカギにイエローカードを示した。

スタンドからはブーイング、うちの選手は「後ろからだろ?!赤でしょう!」と主張しに審判に詰め寄る。

「おい、カズいけるか?」

「……っす、たぶん」

争いには相変わらず我関せずなヒロさんは、心配そうに近づいてきた。

ちょっと右足首に違和感を覚えるけど、プレーできないレベルではない。打撲になりそこねた程度に、足を捻ったかな。

立ち上がって、右足を軽く左右に振る。……うん、いける。

「おっけーです、やれます」

「おう、無理すんなよ。厳しかったら外出とけ」

審判に詰め寄っている両チームの選手の熱も落ち着いてきたみたいだ。うん、残り時間はあとちょっと。このまま前半は締めて終わりたい。

「前半!集中していきましょう!」

声を出してチームメイトを鼓舞する。まずは前半、リードして折り返すために。

617 : 以下、名... - 2017/03/20 17:19:34.89 tqKYbcyBO 401/597

前半終了を告げる笛が鳴ると、スタジアムからため息が聞こえてきた。

プロチームのサポーターである彼らが期待していたのは、アマチュアチームに上の世界の厳しさを見せつけることだったのだろう。

その期待も虚しく、拮抗したゲームで、スコア上ではビハインドでの折り返し。とても、彼らが満足できる試合ではないはずだ。

しばらくして、チャントが叫ばれ始めた。こういうの、ちょっと羨ましいけどね。うちのチームの応援団は、大して人数もいないし……っと。

そんな風に思ってたら、ゴール裏から名前を叫ばれた気がする。……あ、いた。

リーグ戦ほどの観客じゃないとはいえ、一人の声に気がつくことってそうそうない。……うん、でもあの帽子。あの声。

彼女がいるゴール裏に、煽るように両手を上げて見せた。

あと半分だ。乗り越えて、勝って、まだまだ僕たちは上にいく。

618 : 以下、名... - 2017/03/20 17:29:33.70 tqKYbcyBO 402/597

カズヤたちの次の試合相手がプロチーム相手だとは聞いていたけど、いざスタジアムに到着すると雰囲気に圧倒されてしまった。

会場付近を歩いている人も今までより全然多いし、相手チームのユニホームを着ている人たちも大勢いる。スポーツニュースで見る、日本代表のサポーターの人たちみたい。

こんなところで試合するんだ。すごいなぁ。

でも、相手がプロってことはめちゃくちゃ強い? ぼろぼろに負けたりしない?

そんな、期待と不安とが入り交じってる。

あんまりサッカーのことを知らないのも何だか恥ずかしくて、あの日から少しずつサッカーの勉強も始めたんだ。

相手チームのフォルツァはプロ二部リーグで、四位。一部リーグに上がれるかどうかの狭間の順位らしい。

天皇杯はそういう昇格とかに関係ないみたいだから、それなら少しくらい手加減してくれないかな。失礼かな。

タカギって選手は私たちと同年代で、世代別日本代表にもずっと選ばれてる。……っていうのはカズヤに教えてもらったんだけど。

階段を上ってスタンドに着くと、逆側のスタンドは今までの人たちの数十倍ってくらいお客さんが入っていた。

621 : 以下、名... - 2017/03/22 00:32:04.69 edCU5veR0 403/597

「うわぁ……」

今までとの光景の違いに小さく歓声をあげながら、私は適当な席を探す。

後ろの方が見やすいんだけど、近くで応援したい気持ちもある。

どこがいいかな。悩んじゃうな。

うろうろしている私を、「あ、ゆうちゃん」と呼びかけてきたのは、聞きなれた声だった。

「こんにちは」

Tシャツにデニム、足元にはスニーカーというカジュアルな服装を身にまとったヤギサワさんが、私を手招きしている。隣には、奥さんの姿も見える。

「良かったら一緒に見ない?」

「はい、ぜひ!」

誰かと一緒に見たこと、今までになかったし。サッカーをよく知ってるヤギサワさんと一緒に見た方が、色々教えてくれそうかなってちゃっかり考えてしまったり。

「こんな暑い中応援に来るなんて、健気ねぇ。」

「お前なんて、この間の試合も見に来てくれてなかったもんな」

「あら何、私の応援が無いから負けたっていうの?」

そんな仲睦まじいやり取り。良いなあ、こういうの。なんかちょっと羨ましい。

「あ、出てきた」

やや劣勢になっていたヤギサワさんが、話を逸らすようにピッチを指さした。

622 : 以下、名... - 2017/03/22 00:37:51.22 edCU5veR0 404/597

「カズくん、今日もスタメンだね。良かったね」

そう言って私の肩をたたく奥さんに、ヤギサワさんが言葉を返す。

「あの子は外せないよ、チームの柱だから。あとオオタくん」

「分かってても、ドキドキするもんなの。ね?」

そう言って私に同意を求めてくるものだから、あいまいに頷いてしまった。

スタメンじゃない……というか、試合に出てないことは今までにあまり考えたことがなかった。けど、そうだよね。途中交代だってあるし、作戦とかによって選手って変わったりするみたいだし。

「お、タカギも出てるじゃん。同級生でマッチアップだ」

ヤギサワさんが呟いた一言に、つい反応してしまう。

「あの人……うまいんですよね? 大丈夫かな」

「うーん。上手いは上手いよね、プロだし。でも、期待されてたほど伸びられてないのかな」

世代別日本代表って、結構曖昧なものらしい。そこで選ばれてても、実際のワールドカップに出たりする日本代表までいけるのって更に一部。それに、世代別代表経験が無くて代表選手になる人も結構いるらしい。

「そういうもの……なんですね」

「ま、遅咲きの選手だっているしね。だからまぁ、カズくんのことだから、上手くやれると思うよ」

623 : 以下、名... - 2017/03/22 01:37:49.49 edCU5veR0 405/597

試合が始まると、ヤギサワさんの言う通りの試合展開になった。

ボッコボコに負けるんじゃないかって不安はどこへやら、互角の試合を繰り広げている。

相手チームのサポーターが大声で応援しているんだけど、それに負けじと私も心の中でカズヤの名前を叫ぶ。

時折「あっ」とか「危ないっ」みたいな言葉になってしまって、ヤギサワさん夫妻はそれを見て笑っている。

オオタさんがゴール前でパスを受けると、相手チームからブーイングが聞こえることが多い気がする。不思議そうに見ていたのか、「昔の仲間だから。それだけ、怖がってるのさ」と教えてくれた。

そっか、そうだった。オオタさん、このチームにいたんだ。

「タカギとも負けてないね、カズくん。やるじゃん」

「は、はいっ」

何だろ、私のことじゃないんだけど、私のことみたいに嬉しい。

その返事をしたところで、少し客席がどよめいた。

カズヤがタカギを振り切って、相手陣地を切り裂くようにドリブルをしている。

625 : 以下、名... - 2017/03/22 22:20:10.52 ZIvsMT/AO 406/597

カズヤが蹴ったボールはゴールに繋がって、喜びの輪ができていく。

「すごい! すごいすごい!」

プロ相手に、リードを奪った!

技術的なことなんて何一つ知らない私だけど、スコアでは今、カズヤたちはプロより上にいる。それって、素人の私からしてもすごいことのように思える。

声を上げてはしゃぐ私に、奥さんが両手を上げてハイタッチを求めてきた。それに応えて、女二人できゃっきゃと騒ぐ。

「カズくん、やるわね! 堂々としてる!」

「また化けたな……何かあったのかな」

「何かって?」

旦那さんのヤギサワさんが漏らした言葉が気になって、私は問いかける。

「俺たちと試合したときよりさ。……さっき、こいつが言ってたけど、堂々としてるっていうか、自信を持ってるというか」

626 : 以下、名... - 2017/03/22 22:20:59.08 ZIvsMT/AO 407/597

何て言っていいか分からないけど、何か良くなってる。言い足して、ヤギサワさんもカズヤ……というか選手たちに向かって称賛の拍手を贈った。

「楽しむようになった、って言ってました」

先日、ヤギサワさんのお店……今は私のバイト先だけど、あそこから帰ってるときにカズヤに聞いたんだ。

フリーキックでゴールを決めたときから、何でか変わって見えた気がして。

そしたら、言ってた。

「相手選手に言われたらしいです。もっと楽しめって。『失敗するかもしれなくても、挑戦しないと喜べる成功がないことに気がついて。だから、成功とか失敗とか抜きに、挑戦すること自体を楽しむようになった』って」

一息で言いきって、少し恥ずかしくなって顔が赤くなった。でも、もう少し言い足すべき言葉が、私にはある気がする。

「でも、カズヤの言う通りだなって、私も思うんです」

それを言葉にするのは、さっきより恥ずかしいけれど。

「私も変わりたいって思ってて。あの時、お店で働いてみないか誘われたとき、挑戦することを選んで良かったなって思うんです」

風俗は、やっと最後の出勤を終えたところだった。盛大に、とは言わないけれど、最後の日にはお客さんがプレゼントを持ってきてくれたり、別れを惜しんでくれた。

あそこではナンバーワンって立場になれてたけど、今の仕事はそれとは全然違う難しさがあって。

上手くいかないことも多くて、落ち込んじゃうこともあるし、収入も微々たるものになったけど、私は今の道を選んだことは間違ったとは思っていない。

あのお店で働くようになって、自分が料理を好きだって気がつけたし。自宅作るのは自分が食べるだけだから好きで当然だと思っていたけど、お店でもたまに調理を手伝わせて貰って、自分のためだけじゃなく、料理自体が好きだって気がついた。

「だから、あの時、誘ってくれて本当に嬉しかったです。……ありがとうございます」

最後に声が小さくなってしまったのは、こんなところで改めて話してることが、改めて恥ずかしくなったから。

628 : 以下、名... - 2017/04/02 01:11:29.25 W50VAAH60 408/597

試合はその後も五分五分の展開が続く。がんばれ、がんばれ。

熱を込めて試合を見つめると、ピッチのカズヤとタカギもヒートアップしてやり合ってる。

でも、それだけプロの選手を、世代別? とはいえ、日本代表になれるような選手を本気にさせてるってことだ。それがすごいことだってことは、いくら私が素人でもわかる。

タカギにでたパスを、カズヤがかっさらった……その瞬間だった。

「危ないっ!」

背もたれのないベンチから立ち上がって、私は叫ぶ。

カズヤの後ろから、タカギの足がスライディングで伸びてきた。笛が鳴って、審判、続いて選手たちが一斉にその場に走り寄ってくる。

「うわ、黄色か。後ろからだし赤でもよかったと思うけど」

ヤギサワさんがそんな感想を漏らすと、奥さんがそれを窘めた。

「ばかね、そうじゃなくて、カズくん大丈夫かしら」

「うーん、ここであの子が抜けるときつくなるよなぁ。大丈夫だと信じたいけど……」

だからそうじゃないって、と奥さんは呆れたように呟いた。二人のやり取りを笑えないほど、私は動揺してしまって。

630 : 以下、名... - 2017/04/03 21:48:43.58 eNQIYDr40 409/597

私がタックルされたわけじゃないのに、自分の足まで傷ついてしまったように感じている。痛い。

駆け寄ったヒロさんに少し返事をして、カズヤは立ち上がった。

「良かった……」

脱力して、私は腰を下ろした。奥さんも「良かったわね、大丈夫そう」と声をかけてくれたので、うんうんと頷く。

そのまま試合が再開して、走り出したカズヤを見てほっと息を吐いた。

サッカー選手がどれくらい怪我をするのかとか、どれくらいそれが辛いのかとか、私には分からない。

分からないけれど、彼からサッカーを取り上げてほしくないって気持ちは本物だ。

彼が私の希望であって、その希望から光がなくなるようなことは、あってほしくない。

ううん、そんな分かりづらいものじゃなくて、単純にカズヤがサッカーをしているところをもっと見たいんだ。それが楽しくて、刺激を受けて、だから私もがんばりたいって思わせてくれるからだ。

だから私は祈る。この試合も勝って、彼がもっと楽しめる試合が続くことを。私に光を見せてくれることを。

631 : 以下、名... - 2017/04/03 22:02:54.46 eNQIYDr40 410/597

前半終了を告げる笛が鳴ると、横にいる二人はお手洗いに去っていった。

その隙に、スマホのスポーツサイトで他会場の結果をちらっと見てみた。今日勝ったら、次にカズヤたちとあたるチームは……この試合の勝者だ。

気になって詳細を開いてみる。あ、前半で三点差もついてる……ってことは、次の相手はこのチームなのかな。

スタメンの選手……知らない人が多いけど、名前を聞いたことがある人も何人かいる。サッカーに関して素人の私が聞いたことがある時点で、たぶん日本代表クラスなんだろうけど。

その下に書かれてたベンチメンバーを見ていると、つい「あれ、この人……」と声が漏れてしまった。

「お茶とコーヒーと炭酸、どれがいい?」

ヤギサワさんが缶を差し出しながら戻って来た。私は立ち上がって「あ、お茶……いただきます。ありがとうございます」と受け取る。

「あの、ちょっと教えてほしいんですけど……」

「ん、何?」

「この選手って……日本代表の人ですよね?」

スマホの画面で気になった人のプロフィール画像を見せながら、私は問いかける。

「ああ、シンヤ。うん、そうだよ。今ブレイク中。どうしたの?」

「いや、今日勝ったら次にあたるチームどんなところだろう、って思ってたら、私でも知ってるような人がベンチにいたから……」

怪我なのかな? って。

「ああ、ターンオーバーってやつだよ。日本代表の試合があって、リーグがあって、天皇杯があって、他にもカップ戦があって。休憩しながら出てるのさ」

「へぇ……そういうもの、なんですね」

「天皇杯でアマチュア相手とかだと、若手の練習にもなるしね。だからって手を抜いてるとかではないんだけど」

そう言って、ヤギサワさんは冗談ぶって、でも目は本気で言い足した。

「今は目先の試合を応援しないとね。今日勝たないと、次はないんだから」

それは自分に言い聞かせてるような、私に向かって言ってるような、分かるのは本気で言ってるんだなってことだけで。

はいっ、なんて、大きな声で返事をしちゃった。

633 : 以下、名... - 2017/04/16 13:30:31.79 E9eMoFC00 411/597

後半に向けて、選手たちがピッチに戻って来た。選手交代は、どうやら無さそうだ。とは言っても、私が分かるのはカズヤにオオタさん、タカギに外国人選手くらいのものだけど。

「カズくん、良かったね。」

それがどういうことか分からなくて首を傾げていると、奥さんが言葉を足してくれた。

「交代してなくて、というか、怪我がなくて? 前半、痛がってたから」

「あ、ああ。はい、本当に」

「前半で様子見して、ハーフタイムで交代とかもたまにあるからね。でも、本当に何ともなさそうね」

頷いたと同時に、後半開始の笛が鳴った。

ここにいる私が出来ることなんて何もないけど、だからこそエールを贈ろう。

「がんばれ」

呟いて、ピッチを見つめる。がんばれ、がんばれ。

634 : 以下、名... - 2017/04/16 13:38:55.73 gwDi4sSeO 412/597

試合は膠着状態で進んでいった。

大きなピンチは無いんだけど、カズヤとタカギがマッチアップするところはどうしてもハラハラしてしまう。

「あっ」とか、「いけっ」とか、つい声に出ちゃう。

カズヤが仕掛けることより、タカギに仕掛けられることの方が圧倒的に多いしね。ポジションのせいなのか、試合展開が押されてるからなのかは、私には分からないけど。

後半も20分を過ぎたところ、カズヤがボールを受けようと縦に走り出した。

スタンドまで聞こえてくるような大声で、カズヤはボールを要求した。

そこにボールが届きそうな、瞬間だった。

前半の光景がフラッシュバックしてくるような、そんな光景。それなのに、嫌な予感はその時以上だった。

ボールに触れた瞬間、後ろから伸びて来た足がカズヤを刈り取った。

「いやっ……」

立ち上がって、ピッチを、カズヤを、呆然と見つめる。ああ、神様。

635 : 以下、名... - 2017/04/18 22:15:34.94 1bppDGmwO 413/597

いつもそうだった。

子供の頃からサッカーエリートだった俺は、大した挫折もなくプロになった。小学生の頃からうちのユースに所属していて、県トレ、ナショナルトレセン、アンダー代表。そうやってステップアップしていくことにも、自分がプロになるってことにも、一度も疑問を持ったことがなかった。

アンダー12から代表にいたおかげで、同年代でそこそこやるなって奴らとは少なからず交流もあった。各地の上手い奴らがその時々で召集されて、次第に呼ばれなくなったり、いつの間にか常連になっていたり。

でも結局中心にいるのはガキの頃から一緒だったやつらで、俺もそこから外れることはない。

ずっと続いていくと思っていた。思い違いだった。

俺の所属しているチームは二部リーグだっていうのに、他の奴らは一部リーグ、それどころか海外で活躍し始めたやつだっている。

636 : 以下、名... - 2017/04/18 22:27:07.30 1bppDGmwO 414/597

それは俺にとって耐え難い屈辱だった。

この世代のトップを走り続けて来た自負もあったし、プライドもあった。他の奴らに、俺が劣っているわけではない。

ただこのチームに、二部チームにいる限り、この劣等感が薄れることがないということも、何となく分かっていた。

俺が一部にあげてみせる。それが、俺の評価を上げる要因になるのなら。

言い聞かせながら、やっとの思いでスタメンを確保した時だった。

ついこの間まで同じチームにいたシンヤさんが、フル代表に選ばれたと耳にした。

これが一部と二部の差なのかな。注目度も違えば、評価も変わってくる。決心が強くなると同時に、焦りが出て来たことも、はっきりと俺は分かっていた。

サッカー選手の旬は短い。攻撃的なポジションの選手は、守備的な選手のそれより顕著に。

アンダーの世界大会で戦ったブラジル代表の選手は、スペインのビッグクラブでエース級の活躍をしている。あの試合、後半ロスタイムで勝ち越された雪辱も果たせていないというのに、俺はいつまでここで燻っているのか。

早く一部に上がりたい、もっと上の世界で戦いたい。

気持ちと裏腹に、チームは昇格圏内を確保しきれない程度に勝ったり負けたりを繰り返す。

くそ、こんなはずじゃなかったのに。

637 : 以下、名... - 2017/04/18 22:34:32.01 1bppDGmwO 415/597

リーグ戦もままならぬまま、アマチュア相手の試合が始まる時期に突入した。

カップ戦を舐めてるわけじゃないけど、俺は出ないかなって思ってた。リーグ戦に力を入れるために、ターンオーバーでベンチ要員かな、くらいに。

その予想は大きく外れて、うちは完全なベストメンバーで臨むと監督から指令が下った。曰く、「勝ち癖をつけるためにアマ相手にも全力で」ってこと。

悪いけど、俺はこいつらを相手にしてる場合じゃないんだけど。そんな不満を監督に言えるはずもなく、試合に向けてのミーティングで、興味深いことに気がついた。

シンヤさんとポジションを争ってたヒロさんが、相手チームにいる。

「オオタ以外はサイドバックのこいつ。ポリバレントな選手で、色んなポジションをこなしてる。バランスのいい選手だ」

コーチの解説を聞き流しながら、俺はヒロさんのプレーを見ていた。そう言えばこの人、元々はシンヤさんよりレギュラーに近かったんだよな。

639 : 以下、名... - 2017/04/23 18:11:35.05 SUSH66j8O 416/597

俺には理解できない感覚だ。

プロになって、日本代表になって、海外にいって、世界最優秀選手賞を取る。

子供の頃からブレたことのない目標を持ち続けてきたからかな。今更アマになってサッカーを続けるということは、俺にとっては屈辱的なことに思える。

それでもヒロさんはサッカーを続けている。ビデオで見る限り、お世辞にも強いチームとも思えない。

都道府県リーグなんて、想像もつかない。ユース出身の俺は、学生時代のリーグ戦ですら日本を二分割したリーグだった。

今のヒロさんと試合をして、得られるものなんてある気がしない。

とはいえ、試合に出ろというのが監督命令なのであれば、それを拒否することだって当然できなくて。

あまり乗り気でないまま、俺は試合当日を迎えた。

640 : 以下、名... - 2017/04/23 18:31:52.28 SUSH66j8O 417/597

マッチアップの相手は、俺とタメのやつだった。もちろん聞いたこともない名前。

しょっぱいやつと当たってしまったな。ま、ポジション的にヒロさんとは被らないって分かってたし、せいぜい可愛がってやるか。

途中、うちのサポーターに挨拶するヒロさんにも頭を下げといたら、「負けないからな」だってさ。試合前は何とでも言えるしね。

試合が始まると、思いの外やるなってことは分かった。たかが都道府県リーグと思っていたけど、これならここまで勝ち残っていたのも分からなくはない。

とは言え、所詮その程度だ。アマにしてはやる、ってだけ。そして、そこで埋もれてしまっているヒロさんも、結局落ちぶれてしまっているんだなって。

彼の背中の10番は、アマチームだから与えられたものだ。うちのチームでは、つけることができなかった。

がっかりしたな、っていう気持ちが半分。やっぱりな、って安心感が半分。

ここまで勝ち進んできたことについて、驚きがなかったわけじゃなかったんだ。もしかしたらビデオで気がつかなかっただけで、誰かすごい選手がいるんじゃないかって。何かすごい戦術があるんじゃないかって。

でも違った。結局、ここまで来たのはただの実力で、そしてそれ以上ではない。

つまり、ヒロさん達の挑戦はここまで。俺達がプロの壁を見せつけて、それで終わりだ。ここから先は、上に行くやつらの世界だ。

641 : 以下、名... - 2017/04/30 13:05:09.52 ezHQFlEQO 418/597

俺が、上の厳しさを教えてやる。

それは過信だった。

一瞬の隙を疲れて、先制点を奪われる。喜ぶヒロさんたちを見ながら、苛立ちは募っていく。

あんなマグレでここまで喜べるなんて、幸せなやつらだ。喜べば喜ぶだけ、負けた後で辛くなるだけなのに。

そう思っていたのに、試合が再開しても俺たちは点を奪うことができない。たかがアマチュア、格下だと思っていたやつらに。

目の前に立つこいつも、イライラさせてくれる。

同世代なのに、今まで一度も名前も聞いたことがないような。今日試合をしなければ、一生会うこともなかったようなレベルのやつに、スコア上では負けている。

耐えられない。

俺は上に行くんだ。下のやつらを見ている余裕はない。俺は勝つ。勝って勝って、「タカギは落ちたな」なんて言ってる奴らを見返してやる。

642 : 以下、名... - 2017/04/30 13:13:19.51 ezHQFlEQO 419/597

こんなアマチュア相手にしてられない。

勝つ。

勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ勝つ。

苛立ちと焦りと、いろんな感情がごちゃ混ぜになる。こんなことをしてる場合じゃない。こんなところで負ける場合じゃないんだ!

それなのに、点は取れない。目の前に立つアマチュアを相手に、満足に崩すことも出来ない。油断した隙にフリーキックを放り込んだくらいだ。

俺の横をすり抜けて、スペースに駆け出そうとするこいつを、俺は後ろから刈り取った。

フラストレーションから出たプレーだ。これでいい、大人しくしろ。お前らなんて、すぐに俺たちに蹂躙されるんだから。

イエローカードが提示されて、それがより一層苛立ちを際立たせる。

まるで、警告をもらわないと俺がこいつを止められないと。俺がこいつに劣っているという証明のような気がしてしまう。

そうじゃない。そうじゃないんだ。

俺はプロだ。俺は上手い。このピッチにいる誰よりも、俺が一番上手い。

643 : 以下、名... - 2017/04/30 13:21:41.91 ezHQFlEQO 420/597

その後、ろくなチャンスを得られないまま、前半終了の笛が響いた。

ロッカールームに向かっていると、ピッチを出る間際にヒロさんが話しかけてきた。

「お前、そんなやつだったかよ。ラフプレー、気をつけろよな」

何を甘えたことを言ってるんだろう。自由契約になって、気持ちまでアマチュアになってしまったのか?

「何言ってるんすか、あんなの、こっちじゃ当たり前ですよ。アイツこそ、痛がりすぎじゃないっすか?」

「お前……」

何か言葉を言いかけて、それを飲み込んだヒロさんは相手のロッカーに足早に向かった。

何だよ、言いたいことがあれば言い返せよ。

ロッカールームに戻ると、監督の怒声が響き始めた。

「何という体たらくだ! お前ら、相手は都道府県リーグだぞ?! あんなのに苦戦してるから、昇格争いだって泥沼にはまってるんだよ!」

ぎゃーぎゃー感情を叫んで、改善の策を与えられない無知さを棚にあげた監督の怒りが爆発している。

「タカギィ! お前、あんなところでカードを貰う必要あったか?! 考えてプレーしろ!」

その言葉が、俺にどう響くと思ってるんだろうか。少なくとも、プラスになると思ってるならこいつは本気で無能だ。

「っす、気を付けます」

適当に返して、この場を切り抜ける。

監督の怒りはゴールを決められないFW、そして失点をしてしまったDFとどんどん矛先を変えていく。

「……とにかく! 後半はさっさと一点返して、落ち着きを取り戻せ! いいな!」

落ち着きを取り戻すのはどっちだよ、と心の中で苦笑しつつ、円陣を組んで声を出した。

646 : 以下、名... - 2017/05/03 17:52:34.80 A6YdLulvO 421/597

後半が始まっても、試合は思ったように進まない。J2のリーグ戦と変わらないような、五分の試合展開だ。

勝って当然と思っていた試合で、この時間帯までビハインドだということが、俺だけじゃない、チーム全体の焦りになっている。

雑なロングボール、パスミス、シュートミス。ミスさえなければまだやりようはあるのに。

「出せ!」

サイドからピンポイントのクロスをあげて、さっさと追い付いてやる。

その要求に対して馬鹿正直なボランチがパスを出した。そのボールだった。

俺の鼻っ面を掠めるように、トラップする直前のボールをかっさらわれた。

邪魔なんだよ。ここで勝ったところで、お前たちに何が残る? お前たちとは、やってるサッカーが違うんだよ!

後ろから伸ばした足に、引っ掛かってカズは倒れ混んだ。

笛が鳴って、主審が近づいてくる。

「退場だろ!」

「赤出せよ、赤!」

相手チームの選手が怒鳴り続け、うちの選手は主審の行く手を阻むように取り囲む。

647 : 以下、名... - 2017/05/03 17:58:59.28 A6YdLulvO 422/597

「次やったらもう一枚出すからね? 落ち着いて!」

主審から告げられたのは、警告の言葉だった。

「甘いでしょう?! 何で?!」

「何回目だと思ってるんですか?!」

口々に抗議の声が聞こえてくるけど、主審のジャッジは覆らない。そうだよな、ここで俺に赤を出してジャイアントキリングの一因を作る、そんな判定を下す勇気がないから、前半から判定が甘かったんだもんな。

目の前で倒れたままうずくまるカズに、主審とヒロさんが声をかけている。

ヒロさんはベンチに向かって大きく×マークを出した。これでやっと、こいつが消える。

「大丈夫っす、ただの打撲……」

「バカ、次があるんだよ。休んどけ。任せろ」

次がある? 次ってなんだ? 俺たちに勝つってことか?

おかしくなってきて、つい苦笑。まだあと20分もあるのに、一点のリードだけで俺たちに、プロに勝てると思ってんのかよ。

「本気っすか?」

安い挑発だと分かっていても、それを口にせずにはいられなかった。苛立ちを隠せない。

「お前みたいなヘタクソ相手に、カズを重症にするわけにはいかないんでな」

648 : 以下、名... - 2017/05/03 18:07:38.67 A6YdLulvO 423/597

カズと交代で出てきた16番は、いかにもアマチュア選手って感じだ。

こいつならいつでも抜ける。……いや、あいつを抜けなかったと認めている訳じゃないけど。

プレッシャーをかけようとしてるんだろうけど、全然甘い。どうぞ抜いてくださいと言われているようなもんだ。

16番の横をするっと抜けて、ゴール前にセンタリングを上げる。うちのFWが競り勝っても、シュートは枠を外れてしまった。

うん、リズムはできた。この調子ならいつでも追い付ける。

時計をちらっとみると、後半30分を経過したところだった。ロスタイムをいれると20分近く残っている。これなら、延長までいくこともなく逆転できるな。

ゴール前の人員を増やすべく、センターバックの一枚が同点になるまで相手ゴール前に張り付いている。ターゲットが増えた分、俺もクロスをあげやすくて助かる。

両サイドからどんどんクロスをあげて、波状攻撃を繰り返す。それなのに、なかなかゴールを決めることができない。

まだか、まだか、そろそろ決めてくれ。

649 : 以下、名... - 2017/05/03 18:14:13.40 A6YdLulvO 424/597

ゴール前、最後のところで跳ね返される。ブロックされる。枠を外れる。

運がない。少しでもこっちに運があれば、もう大差をつけていてもおかしくないのに。

「ヨアン!」

シュートを外し続ける、頼りにならない外国人フォワードの名前を苛立ちと共に叫びながらクロスをあげた。いい加減決めやがれ。

頭一つ、相手ディフェンダーより高く飛んだヨアンが放ったヘディングは、クロスバーを叩く。

「クリア!」

相手チームの誰かが叫んだその声と共に、ボールが再び跳ね返された。

……まずいっ!

守備にほぼ全員を割いていた相手チームのうち、数少ない前線に残っていた選手。そのうちの一人のヒロさんの足下に、それは渡ってしまった。

前を向いてドリブルを始めるヒロさんに、もう一人残っていた相手の9番が連動して動き出す。

うちのセンターバックは一人少ない状況だ。数的にはまだ一人勝っているとはいえ、これはヤバイ。

651 : 以下、名... - 2017/05/14 19:23:59.99 EikfOrmf0 425/597

「ディレイ!」

遅らせろと声を張って叫ぶけど、半端な間合いで止まってしまったうちのボランチを、ヒロさんはパスフェイク一本であっさりと抜け出す。これで数的同数。

全力でヒロさんの背中を追いかけながら、どうにか遅らせてくれとチームメイトに祈る。

実力の上では、どう考えてもうちが上なんだ。枚数さえ負けてなければ、失点はない。

残る2人のうち、サイドバックがパスコースを切りながらヒロさんにプレスをかけていく。そうだ、それで良い。

少しず減速をして、速攻から遅行へ切り替えようと、ヒロさんは一旦ボールを右足裏で転がす。その隙に、サイドバックが更に近づいて圧をかけようとした、その時。

アウトサイドでちょこんと触ると、股を抜いて抜け出された。くそっ、遅行はフェイクか。あんな初歩的なもんに引っ掛かんなよ!

心の中で呪詛を吐きつつも、少しずつヒロさんの背中は近づいている。まだ間に合う。

センターバックがシュートコースを消すべく、9番のマークを緩めて、少しずつ近づいて行く。それで良い。ボカしておいてくれ。

652 : 以下、名... - 2017/05/14 19:30:23.61 EikfOrmf0 426/597

しかし、そんなものを気にしないといった風に、ヒロさんはドリブルを続ける。もうすぐ、ペナルティーエリアにまで入られてしまう。

さすがにまずいと、ボカしていたセンターバックが寄せに行った時、また一度減速。9番のポジショニングを確認するようにルックアップ。

シュートモーションに入った、その軌道に体を投げ出すうちのディフェンダーを嘲笑うように、右足アウトでパスを出そうとした、その時だった。

止める!

近づいたヒロさんに向かって投げ出すように、俺は滑り込む。ボールを目がける余裕はなかった。どんな形であれ、ここは止めないとダメだっていうのは分かる。プロフェッショナルファールってやつだ。

あーあ、やっちまった。

強い笛がなって、主審が近づいてくる。さすがにこれは、退場だろ。自分で分かる。

イエロー二枚目、ではなくて、一発でのレッドカードが掲示された。

怒号とともに詰め寄ってくる相手選手を無視して、倒れ込んでいるヒロさんに近づく。

653 : 以下、名... - 2017/05/15 20:35:49.02 43HE3CxqO 427/597

「大丈夫っすか?」

この人が後ろからのタックルに恐怖心があるのは覚えていた。悪いことをしたかなと思う一方で、これで精彩を欠いてくれればと思う自分もいる。

いつの間に、こんな風になってしまったんだろう。

焦ったり、勝つために手段を選ばなかったり。勝つことでしか、自分の存在意義を示せないと。

でも、それがプロってことだ。タックルにビビる、臆病者のあんたとは違う。プロとして戦うっていうのは、こういうことなんだ。

「……お前さ」

立ち上がりながら、ヒロさんは口を開いた。

「楽しいか? サッカーやってて」

654 : 以下、名... - 2017/05/15 20:40:30.25 43HE3CxqO 428/597

真っ直ぐな目で、見つめられた。どこかで見たことのある目だ。

ハーフタイムに言おうとしたのはこのことだったのかな。

「楽しいか、って……」

俺にとって、サッカーは。

「……」

あれ、俺にとって、サッカーって何なんだっけ。仕事。上に上るための手段? 上ってなんだ? 何で俺は、上を目指してるんだ? 稼ぐため?

いや、そんなことじゃなかったはずだ。

「ほら、早く出ていって!」

答えを見つける前に、主審が笛を吹いてタッチラインに向けて背を押してきた。

そうだ、何で俺は、上を目刺し続けてきたんだろう。

655 : 以下、名... - 2017/05/15 20:45:04.29 43HE3CxqO 429/597

ペナルティーエリア少し手前。距離は大体、20mくらいかな。

ボールをセットして、先程の出来事を振り返る。

タカギ、上手かったのに。何であんな風になっちまったんだろうな。焦って、苦しみの中プレーしているみたいで。

「いや、俺も同類だったのかな」

少なくとも、クビになった直後は。カズと出会ってなければ、俺もあんな風になっていたのかもしれない。

右足の爪先で軽くピッチを叩くと、少しだけ違和感。でも打撲ではなさそうだし、これならいける。

意識をゴールに向けて、審判の笛を待つ。残り時間はあとわずか。このチャンスを外すわけにはいかない。

656 : 以下、名... - 2017/05/15 20:51:37.23 43HE3CxqO 430/597

壁に入っているのは、かつてのチームメイト。何人か初顔合わせもいるけど、何だかあの頃の練習を思い出すようで懐かしい。

俺の癖……なんてものがあるのか分からないけれど、少なくとも得意なコース、苦手なコースは知られている相手だ。

やりづらさはあるけれど、だからこそ破り甲斐があるってものだ。

あの頃の自分から、成長しているところを見せるために。自分を獲得していたことは間違えてなかった、そして自由契約にしてしまったことは間違っていたと、試合後に思わせられるように。

狙うコースは決めている。成功するかどうかは五分ってところ。けれど、不思議と失敗する気はしない。

強い笛がなって、助走を始める。キーパーはギリギリまで動かない。

狙いは変えず、右足インステップで強くインパクト。壁に入った選手たちはそれを遮るように懸命に飛ぶ。

657 : 以下、名... - 2017/05/15 21:03:32.70 43HE3CxqO 431/597

その下を、ボールは通りすぎていく。

あの頃いつも狙っていた、壁を越えるカーブ気味のシュート。

その面影すら感じさせないような、速い弾道のグラウンダーのボール。コースをギリギリまで見極めようとしたキーパーは最後まで動けずに、ネットを揺らすそれを視線で追いかけることしか出来なかった。

「っしゃぁ!」

叫んで、ベンチに向かって一直線に走る。それを後ろから追いかけてくるのは、今のチームメイトだ。かつてのチームメイトは、下を向いて繊維を喪失している。

「ヒロさん!」

氷嚢で足を冷やしていたカズが、タッチライン際まで出てきて名前を叫ぶ。

そこに飛び込んだ俺、そして他の選手たちで、大きな輪が完成した。

「ヒロ! お前やっぱすげぇよ!」

「いくぞ、勝つぞ!」

頭はグシャグシャに撫でられて、背中はバシバシ叩かれて、でもそれが気持ちいい。

主審にポジションにつくように指示を受けて、自陣に戻っているとカズの大きい声が聞こえた。

「一本集中! ゼロでいきましょう! ゼロで!」

二部相手とはいえ、プロを相手にこんな声を出せるやつじゃなかったのにな。

頼もしい後輩の成長に負けたくなくて、俺も大きな声でそれに応える。

「もう一本! とりにいきましょう!」

658 : 以下、名... - 2017/05/15 21:13:33.47 43HE3CxqO 432/597

試合終了を告げる笛は、それから10分ほど経って鳴り響いた。

スタジアムからは、何とも言えない声が盛れている。決して歓声ではなく、かといって落胆でもない。

整列をして、審判、次いでフォルツァの選手と握手を交わす。

「やられたよ、次もがんばれよ」

「あんなコースに撃たれるとは思ってなかったよ。やられたわ」

「オオタ、お前、上手くなったな」

そんな声。

上手くなったな、っていうのはやっぱり嬉しいね 。クビになったけど、それから成長できているってことなら、そうなったのにも意味があったと思えるから。

握手を終えると、ベンチメンバーと一緒にゴール裏のサポーター席に向かった。

大勢いる訳じゃないけど、お金を払ってまで応援に来てくれている、心強い仲間だ。

一礼して頭を上げれば、前の方にヤギサワさん、奥さん、それにゆうちゃんがいる。

「ほら、行ってやれよ」

カズにそう言うと「もう、やめてくださいよ!」と恥ずかしがるフリをしつつも、嬉しそうに近づいていった。

それをニヤニヤしながら眺めていると、今度は逆のゴール裏からうちのチーム名のコールが聞こえてきた。エールを送ってくれてるのかな。

みんなでそっちに向かって頭を下げると、今度は「オオタ」コールが響き始める。

ヤマさんに「行ってこいよ」と声をかけられ、試合前と同様に小走りでそちらに向かった。

659 : 以下、名... - 2017/05/15 21:18:55.88 43HE3CxqO 433/597

「ありがとうございました! 次も頑張ります!」

辿り着いて、大きな声を張って叫んだ。

「オオター! お前、嫌なくらい、良い選手になったな! 今更上手くなりやがって!」

コールリーダーの中年のおじさんが、拡声器で叫ぶと他のサポーターが笑い声をあげた。

「次も勝てよ! ジャイアントキリングに期待してるからな!」

そう言って、再び大きな声でチャントを叫び始めた。クビになったとき、もう聞くことはないと思った声援だ。

熱くなるものを感じながら、俺は頭を下げた。この気持ちは、次も勝つことでしか返すことができない。

「ありがとうございました!」

もう一度叫んで、小走りでロッカールームに向かう。同じくロッカールームに戻ろうとしてたカズと、俺しかもういない。

660 : 以下、名... - 2017/05/15 21:23:42.04 43HE3CxqO 434/597

「ナイッシューです」

プレイヤーズトンネルの手前でちょうど合流したカズに、そう声をかけられた。

「俺も決めとかないと、プレースキッカーをカズにとられるからな。あれから焦って練習したのさ」

「またまたー、そんなの、ありえないっすから」

こういうところは昔と変わらないんだな。プレーしてるときは、あんなに雰囲気が変わったっていうのに。

トンネルの中に入ると、一人、待ち構えてるやつがいた。

「……すみません、大丈夫でしたか?」

カズと俺にラフなタックルをかましてきたそいつは、まず最初にそう言った。

「大したことないよ。なぁ、カズ?」

「冷やしてたらもう大分良くなったんで」

「……よかった」

何と言って良いのか分からず、言葉を探すように、そいつは口を開く。

661 : 以下、名... - 2017/05/15 21:31:57.94 43HE3CxqO 435/597

「……サッカー、楽しくなかったです」

それがどういうことかは、すぐに分かった。

「苦しかったんだな」

その場にいなかったカズは何がなんだか分からない、といった顔で、俺の表情を窺うように視線を寄越してきた。

「僕、戻っときますね」

気を使ってそう言ったんだろうけど、敢えて「いや、いてくれ」と返す。カズがいてくれた方が、たぶん分かりやすい。

「勝たなきゃ意味がないと思ってました。代表に入れなきゃ、やってても仕方ない。俺、プロだし。勝つことが仕事だし」

自分に言い聞かせるように、言葉を続けていく。

「ヒロさんのことも、最初はバカにしてた。クビになったくせに必死こいて勝ち進んで、バカみたいだなって。勝ったところで何にもならないじゃないですか。なのに何で? って」

そうだ。俺も最初はそうだった。

フォルツァをクビになって、県リーグなんかでサッカーを始めたのは、ただの惰性だって。

「でも、何か違ったんです。何か分からないけど……何か……何か……」

その感情を表現するのが難しかったのか、言葉を詰まらせながら俯いて、少し間を開ける。俺たちは、ただ黙って言葉を待つ。

「……羨ましかった」

そう言ったタカギの目からは、雫が伝っていて。

662 : 以下、名... - 2017/05/15 21:40:05.85 43HE3CxqO 436/597

「楽しそうだな……羨ましいなって。俺、ずっと、そんな風に、おも、思えなくて」

ずっとエリートコースを歩んできてたこいつが、そういう風に感じるのも分からなくはない。

フォルツァはプロリーグ発足当時は名門で、ユースも力を入れられていた。だけど、一度二部に降格してからは、メインスポンサーも離れてしまったせいか大した補強はできなくなってしまった。少なくとも、強豪というイメージはなくなってしまいつつある。

「代表のやつらに置いていかれてしまうって。悔しくて! でもどうにもできなくて……何で? 何で俺はこんなところにいるんだ? って……」

「分かるよ」

その同意は、俺の本心だった。

「俺も最初はそうだった。クビになったあと、うちに参加したのだって、ただ『サッカーをしない自分』がイメージできなかったから。ただそれだけだったから」

横で黙って話を聞いてたカズが、視線だけこちらに向けてくる。

668 : 以下、名... - 2017/05/16 22:00:21.51 bECh8MqdO 437/597

「レベルだって、今までにいたどのチームより低かったよ。周りを駒扱いして、王様プレーして自己満足するつもりだった」

「そうなんすか? 全然」

全然気づいてなかった、とカズは漏らした。そんなカズに視線を送って、俺は言葉を続ける。

「こいつ、カズとマッチアップして、タカギはどう感じた?」

「どうだった……って」

考え込むように言葉を止めて、タカギはカズを見つめる。

「ウザかったっす。マッチアップしてて、あんなに楽しそうにプレーされると」

「だろ、そういう奴なんだよ、こいつはさ」

呆れ声をわざと作って、肩を竦めて見せる。

「こいつがさ、今よりもっと下手くそだったくせに、『サッカー教えてください!』ってさ。うぜぇくらいグイグイ来るんだよ。でもさ、そういうの、今、お前はあるか?」

好きだから上手くなりたい。好きだから高い世界を見てみたい。その順番であるべきなんだ。

少なくとも、俺にとってのサッカーは。

669 : 以下、名... - 2017/05/16 22:01:43.07 bECh8MqdO 438/597

返事をできずに俯くタカギから、今度はカズに向かって言葉を渡す。

「なあ、カズ。お前は何でサッカーしてんの? 高校でも大した実績も残せなくて、それでも今までサッカーをしている理由は?」

本当は、今となっては大した選手になっているんだけど。言っても謙遜するだろうし、黙っておこう。

「何でって……好きだから? としか……理由……ないっすね」

その言葉に満足した俺は頷いて、並んで立つカズの背中を叩いた。

「そういうことだよ。こいつも、お前も、俺も。最初は好きで始めたサッカーだろ。それはさ、プロだろうがアマチュアだろうが、変わらないんだ」

俯いていた顔をあげて、タカギは俺の言葉に耳を傾ける。

「勝つから楽しいサッカー、っていうのもあるさ。プロなら尚更だ。でもさ、『負けても楽しいサッカー』があるっていうのも、真理じゃないか?」

今となってはアマチュアになった俺の遠吠えに聞こえるかもしれない。それでも、俺のこの言葉が少しでもタカギに届けば良いと願う。

「こいつな、最初は本当に下手くそだったんだよ。選抜も県トレ止まりだし、個人戦術もろくなもんじゃない。二年前のタカギと比べたらお話にならないよ」

それでも、カズは上手くなった。上手くなるまでやめなかったから。上手くなるまで諦めなかったから。

その根元にあるのは、『サッカーを好きだからやめられない』という気持ちだ。

670 : 以下、名... - 2017/05/16 22:02:40.87 bECh8MqdO 439/597

「タカギはさ、上手いよ。技術もある。でもさ、カズは技術がお前程は無くても、すげぇ才能を持ってたんだよ。分かるか?」

サッカーの世界には才能は二つある、っていうのが俺の最近の持論だ。

先天的にサッカーが上手いという才能。ボールタッチだったり、キックセンスだったり。世間一般が言う天才っていうのは、はこっちなんだと思う。

でも、もう一つの才能こそが、簡単なようで難しい、真の才能なんだと思うんだ。

「勝ちたい気持ちが悪いわけじゃないさ。でもさ、そのために苦しいサッカーを続けるのって、嫌だろ?」

頷くタカギを見て、言葉を重ねた。

「カズはさ、いつ見ても楽しそうなんだよ。勝ちたい気持ちを持った上で、サッカーを楽しんでる。それってすげぇ才能だと思うんだ」

サッカーに限った話じゃない。全て、そういうことなんだと思う。

何かを本気で取り組むと、そこに辛さや苦しさは現れてくる。

問題は、その辛さや苦しさをひっくるめて楽しめるかどうかだ。その壁を見ても、そいつを好きになれるかどうかだ。

671 : 以下、名... - 2017/05/16 22:03:11.92 bECh8MqdO 440/597

「わりぃ、説教臭くなっちまったな。要は、もっと楽しめってことだよ。偉そうに言えた義理じゃないけどな」

纏まりなく話してしまったことを反省しつつ、数歩歩み寄った俺はタカギの肩をポンと叩いた。

「ちょっと忘れてしまってただけで、お前もサッカー、好きだっただろ?」

キザだったかな、なんてこんなシーンで思うことじゃないんだろうけど。

「……はいっ。ありがとうございます!」

そう言って、タカギは頭を下げた。

居心地悪げにカズも俺の隣まで出てきた。そりゃそうだよな、悪い悪い。

「じゃ、お前もリーグ戦頑張れよ。俺たちも次頑張るわ」

言い残し、立ち去ろうとしたところで、タカギは「あ、ちょっと待って」と言い足した。

「ユニホーム交換……」

ゲームシャツを脱いでアンダーシャツ姿になったタカギは、緑色のそれを右手にカズに差し出した。

「えーっと……」

困ったようにカズは頬をかく。

すぐに代わりのユニホームが準備できるプロとは違って、うちは自前でユニホームを用意している。同じ番号の予備なんて、あるはずもない。

不思議そうに首をかしげるタカギに何と伝えるべきか。

……まぁ、良いか。次の試合までにもし間に合わなくても、空き番号にガムテープを貼ったり、やりようはある。

「いいよ、カズ、交換しなよ」

責任は俺がとるから、と心のなかで付け足して、カズに促す。

大丈夫かな、という表情は隠せないまま、お互いの手にはさっきまで相手が着ていたユニホームが渡った。

「カズ、次は負けないから。またやろうぜ」

タカギの目は、それまでの色とは違う気がした。ガキの頃、どうしても勝ちたいライバルを見つけたような、まっすぐな瞳だ。

「こっちこそ。もっと上手くなってやるから」

試合中の口八丁なやりとりとは違う、認めあった相手に対するやり取り。こいつら、良い関係になるかもな。

672 : 以下、名... - 2017/05/16 22:04:18.98 bECh8MqdO 441/597

お姉ちゃんが日本代表のサッカー選手と噂されていることを、情報番組で見かけた。

私の相手は元プロのヒロくんだった。

そんな、比べる必要がないようなところまで比べてしまう私が自分で嫌になる。嫌になるけど、やめられない。

私の幸せの基準はいつまでたってもお姉ちゃんだ。そこを目に見えて越えられない限り、私は幸福になることはできない。

「……歪んでるよね」

分かってるんだけど。

分かっているからやめられるんだったら、とっくに私は幸せになれていた。

人と比べることって、明らかな優越感を得ることもできれば、代わりに劣等感も容易く与えられてしまう。

675 : 以下、名... - 2017/05/18 01:51:04.01 gxCNuq3V0 442/597

あの日から、色んな男と遊んだ。

イケメンもいれば、お金持ちもいた。私の虚栄心を満たしてくれそうな人が、外見目当てで私にすり寄ってくる。

バカばっかりだ。みんなバカ。

私みたいな女のどこが良いんだろう。顔がよくて、愛想を振り撒いて。結局表面上しか見られないから、付き合いも表面上だけになってしまう。

本当はもっと踏み込んでほしい。もっと私のことを知ってほしい。

お姉ちゃんに対する妬みも劣等感も、それを男で解決しようとしているところも。汚いところを見た上で、私を選んでほしい。

でもそんな汚いところを晒すこともできなくて。

綺麗な私、愛想よく振る舞う私しか見せてないのに、汚い私に気がついてっていうのは、少女漫画とかファンタジーの世界だ。

全部分かってるのに、それでも私はその願いを諦められなくて、そして沼にはまっていく。

676 : 以下、名... - 2017/05/18 02:03:18.96 gxCNuq3V0 443/597

日本代表の選手と付き合う姉への劣等感を、そこんじょそこらの男で拭うことはきっとできないだろう。

こうなったら質より量?

そんなことを考える自分に嫌気がさして、テレビの電源を切る。

幸せを誰かと比べることは、間違ってる。

小学生が道徳の授業で習うようなことを頭の中で呟くけど、それでもどうしても、と思ってしまう自分は打ち消せない。

私が幸せになれない最大の理由は、幸せなはずなのに「でもお姉ちゃんはもっと幸せだ」って思い込んじゃう自分自身。

「……幸せになりたいなぁ」

その幸せが、どういうものなのか自分自身では分からないけど。

いっそ、お姉ちゃんがいなければ良かったのに。それなら、私と比べる相手もいなかったのに。

それが八つ当たりだってことが分かってはいるんだけど。

678 : 以下、名... - 2017/06/06 02:02:43.57 7qp53+Df0 444/597

何となくいいな。でもやっぱり違う。この人かな? うーん、だめだ。

ちょっとした小金持ち、ちょっとしたイケメン、そんなんじゃ、お姉ちゃんに勝てない。

そう言い聞かせては、この男でもない。あの男でもない。

そんなことを繰り返していては、堕ちるところまで堕ちてしまうということも、分かってはいる。

色んな事を分かったうえで、それでも私は止められない。病気みたいなもので、意地みたいなものでもある。

ああ、誰か私を肯定してほしい。お姉ちゃんと私が並んで、私を選んでくれる人がいてほしい。

それが『身の丈にあっているから』とか、『女優にまでなったお姉ちゃんは遠い人だから』とかいう理由ではなくて、私を私だから選んでほしい。

でも、そんな王子様がいたとしても、今の私はきっと選ばれないだろう。

欲にまみれた、悪女の私を。

外見だけでなく、きっと内面もお姉ちゃんに遠く及ばない。それなのに、お姉ちゃんより幸せになりたいと願うのは、それこそ身の丈に合わない願いだ。

681 : 以下、名... - 2017/06/11 17:36:11.55 iwI8FSy90 445/597

身の丈に合わない幸せを求めた先に待つ破滅へ、私はただ進んでいっている。

その日の合コンは、読モをやってる同級生がセッティングしてくれたメンバーだった。相手は同じく読モ、売れかけの俳優、ローカルアイドル。

顔はそこそこ。うーん、将来性を考えたら俳優くんが良いのかな。

品定めをしながら可愛い子ぶってお酒をちびちび飲んでたら、俳優の子……タイシくんが隣に座って来た。

「サキちゃんって大学生なんでしょ? サークルとかやってないの?」

「私? ううん、何も。バイトと勉強で……。タイシくんは?」

いや、勉強なんて全然なんだけどね。男漁りをしてるなんて、間違っても言えないから。

彼は大学に通いながら仕事をやっていると聞いた。正直そんなに興味があるわけじゃないけど、社交辞令として問い返した。

「うん、サッカーのサークルに」

「へぇ、サッカー」

何だろう、今はサッカー少年期間なのかな。サッカーをやってる人との出会いが多すぎる。

682 : 以下、名... - 2017/06/11 17:51:00.37 iwI8FSy90 446/597

「あれ、その反応。サッカー好きなの?」

その問いかけには、首を傾けて「少し?」と返すだけにしておいた。

その返答に苦笑する彼に、私は問い返す。

「サッカー、好きなんだ。プロになりたいとか思わなかったの?」

「思ったよ!」

力強く返された。一瞬場が止まってしまうほどに。

ごめんごめんと周りに謝って、言葉を続けた。

「ごめんね、力はいちゃったよ。プロにね、なりたかった。なれなかった」

曰く、高校生の時に試合で戦った相手に敵わないと思った。曰く、そこまでの才能が無いと気が付いた。

「でもね、好きなんだ。だから、やめられなくて」

「そっか。でも、良いね。そういう好きなものがあるって」

私には、無いから。

悲しくなるからそれは言葉にしないけど、できないけど、それをきっと彼も察したみたいで。

683 : 以下、名... - 2017/06/11 18:15:16.86 iwI8FSy90 447/597

「嫌いとかじゃなければ、サッカー、見に行かない? 今度の試合のチケット、二枚持ってて」

会場は、ちょっと遠いけど行けなくはない、コンサート会場にもなるような場所らしい。

もうサッカーは見ないと思っていたんだけど。キープ候補からのせっかくのお誘いだし。断るのも悪いかな。

「いつなの?」

返って来た日程は、たまたま予定が空いていた。こういうの、運命っていうのかな。なんちゃって。

「うん、大丈夫。楽しみ!」

その返事に、彼は嬉しそうに携帯を差し出してきた。連絡先を交換しよう、ってことらしい。

頷いて、私は携帯電話を操作する。こうやって、私はどんどん罪深くなっていく。どんどん深くはまっていく。

これで良い。これで良いの。

これが私の生き方だから。

684 : 以下、名... - 2017/06/12 21:18:49.43 h/s2X/Tw0 448/597

フォルツァとの試合を終えた私たちは、ヤギサワさんのお店にお邪魔していた。祝勝会の準備をしてくれていたらしい。

もし負けたら残念会で……ってことで、気を利かせて店休日にしてくれてたんだって。すごいよね。

ヒロ兄、カズくん、ヤマさん、他にも都合がついたチームメイトに、そしてゆうちゃん。

ゆうちゃんは最初は「私は部外者だし……」って遠慮してたんだけどね。ヤギサワさんたちが半ば無理やり。

謝らなきゃ。この間のこと。急に叩いちゃって。酷いこと言っちゃって。

そう思ってはいるんだけど、カズくんも微妙に気を使ってるし、彼女は彼女で色んなところでカズくんとのことを冷やかされててたり、お手伝いをしてたりでタイミングをつかめない。

「ね、ミユちゃん? よね? 悪いんだけど、ちょっと手伝ってくれないかしら」

ヤギサワさんの奥さんからそう言われて、私は厨房の中に入る。大皿に盛られた料理を見て、「うわぁ」と声を漏らす。

「すごい、美味しそう」

「すごいでしょ? それ、あの子が作ったのよ」

「えっ、そうなんですか?」

可愛いだけじゃなくて、料理も得意なんだ。すごいなぁ。

685 : 以下、名... - 2017/06/12 21:23:48.12 h/s2X/Tw0 449/597

「それ、運んでくれる? それが終わったらこっちも」

奥さんからの指示を受けて、いい匂いがするお皿を運び始めた。

ホールに出ると、男たちはただお酒を飲んで、料理を食べて、大騒ぎしてる。

うん、貸し切りにしてくれてなかったら、こんなテンションの男を受け入れてくれるお店はきっとない。

「いやほんとさぁ! 勝てるとは思ってなかったぜ、マジで!」

「ヒロのフリーキックよ!」

「ていうかカズ、お前ちゃっかりタカギと交換してんじゃねぇよ! 羨ましいわ!」

とにかく声がでかい。そして料理を持っていくとそれに群がっていく。とても、数時間前に死闘を繰り広げていたのと同じ選手には思えない。

それでもまぁ、今日くらいは特別だ。プロに勝ったんだしね。ヒロ兄も、普段よりお酒が進むのが早いみたい。

今日くらい、大騒ぎしていてもきっと罰は当たらない。

686 : 以下、名... - 2017/06/12 21:30:43.76 h/s2X/Tw0 450/597

料理の提供も落ち着いて、みんな酔っ払い始めた頃、やっとゆうちゃんが解放されたみたいでキッチンに戻って来た。

「二人ともお疲れ様。もう大丈夫だから、ゆっくりして。何か飲みたいなら、ご自由にどうぞ」

そう言われて、二人で顔を見合わせちゃった。奥さんはそのままホールに向かって行って、ヤギサワさんと何か話している。

何となく気まずい空気が流れて、無言になってしまった。

口を開かなきゃ、と思えば思うほど、それができなくて。どうしよう、何て言えばいいんだろう、って。

「あの、ちょっと、外で話せないですか?」

私が言いたくてたまらなかったその言葉を、彼女から口にしてくれた。

頷いて返事をして、裏口から外に出る。

どうしよう、何を話されるんだろう。仕返しされちゃう? 怯えながら、それでも仕方ないと私は彼女の言葉を待つ。

687 : 以下、名... - 2017/06/12 21:47:47.30 h/s2X/Tw0 451/597

涼しげな風が吹いて、彼女の長い髪を揺らした。それを視線で追っていると、目が合って。

「あの……」

言いづらそうに、彼女が漏らして、続いた言葉は。

「ごめんなさい」

その言葉がどういう意味なのか、なぜ彼女から言われたのか、つい考えてしまった。私が言おうとしてた言葉なのに。

きょとんとした顔を見て、彼女が言いづらそうにしながらも口を開く。

「あの、えっと……アキラ……っていうか、あの、うん……」

「アキラ?」

「あっ、そっか源氏名……えっと、彼氏……さん?」

ああ、そういうことかと納得しつつ、何か釈然としない。アキラって何だ? 誰?

「えっと……ううん、私こそ、すみませんでした。急にぶっちゃって。酷いこと言っちゃって。ごめんなさい」

謎を感じているうちに、言いたかった言葉はするっと出てきてくれた。

彼女が首を横に振って、「ううん、私こそ。ごめんなさい」と。

埒が明かなくなるので、「謝り合いはここまでにしましょ」と提案して、ゆうちゃんもそれに頷いた。

「あの、アキラって?」

もしかして、私が勘違いでぶっちゃたのかな。そうなら、謝っても謝りきれないことをしてしまった。どうしよう、どうしよう。

「あの、私、彼のお客さんだったの」

「お客さん?」

690 : 以下、名... - 2017/06/24 14:46:43.43 O7h0x+ZiO 452/597

彼女の話す事実は、まるでフィクションの物語みたいで。そんなことが本当にあるのだろうかと思ってしまう。

でも、納得してしまうところもあって。

ホストしてたから、朝の授業落としちゃったんだ、とか。女遊び激しいって噂があったんだ、とか。

そもそも彼のバイトが何なのかをはっきりしらなかった私もダメだったんだろうけど。

「ゆう」が源氏名で、「エリカ」が本名だとか。ホストの私の彼氏? なのかな、に、貢いでいたとか。

彼女の言葉が、私の耳にすらすら流れてくる。

カズくんに会って、このままじゃダメだと思ったこと。ホストに貢ぐのをやめたこと。

そこまで話して、彼女は意を決したような視線を私に向けた。

「でも、そんなの言い訳にしか聞こえない……ですよね」

691 : 以下、名... - 2017/06/25 15:42:49.25 5vA409IiO 453/597

許してほしくて話しているのではないと、彼女は続けた。

「じゃあ、何で……?」


「あなたにしてみれば、私の秘密を知ったからといって辛かったことがなくなるわけじゃないだろうし。私の事情なんて、知ったことじゃないだろうし」

自虐めいた口調で、彼女は口を開いた。

「私は弱いから、だから、あなたにこの話をしないわけにはいかないなって」

自己満足に付き合わせちゃってごめんね、って。

「過去の私を無くすことはできないから、あなたの辛かったことを無くすことはできないし。それでも、聞いては欲しかったの。言い訳にしか聞こえないのも分かってる。分かってるけど……」

ごめんなさい、って言葉が、聞こえた気がした。

692 : 以下、名... - 2017/06/25 15:50:55.43 5vA409IiO 454/597

「……もういいです」

だって、私が辛かった事実は無くならないから。そんな言い訳を泣きながら言われても何になるわけでもない。

私の彼氏と寝た事実は、無くなるわけではない。

それでも、彼女はその事実に向き合っている。

辛いこと、苦しいこと、嫌なことから逃げ出さない道を選んで、私の目の前にいる。

カズくんだったりヒロ兄だったり、私の尊敬する人たちと同じ道を、彼女は選んだ。

「……もう昔のことです。気にしないでください」

そもそも、私が被害者ぶるのも変な話なんだから。

女癖が悪いことも知っていて、そういう現場を目撃することを覚悟した上で付き合って、なのにいざ直面すると悲劇のヒロインを気取って。

喜劇でも、もうちょっとまともな台本があるんじゃないかな。

693 : 以下、名... - 2017/06/25 16:07:37.26 5vA409IiO 455/597

私は可愛そうな子だって思ってた。

だって、浮気されちゃったから。彼がホテルから女と出てくるのを見ちゃったから。

でも、それって私が最初から覚悟してたことだった。覚悟した上で、私はその道を選んだんだった。

それなら、その痛みを受け入れこそすれど、彼女に向けるのは間違ってた。

「……私の方こそ、ごめんなさい。ぶっちゃって」

言いたかったそれは、すんなり滑り出てくれた。

「ごめんなさい。私、羨ましかったんです。カズくんと幸せそうで。いいなって。妬ましかった」

私は辛いのに。私は大事にされてないのに。

「だから、嫉妬しちゃって。……ごめんなさい」

「ううん、私がきっかけだから……」

「いえ、私の彼氏が……」

言い合ってると、つい笑いそうになっちゃった。そんな状況じゃないのにね。

「……やめましょ、謝り合いは。……よし! おわり!」

二度手を叩いて、赤くなった目で彼女は私に微笑みかけた。

「こんなこと言うと、虫がいい話と思われるかもしれないけど……」

躊躇うように言葉をためて、問いかけられた。

「私と友達になってくれない?」

695 : 以下、名... - 2017/06/25 20:05:35.86 5vA409IiO 456/597

「友達……」

聞き慣れた言葉のはずなのに、彼女から聞こえたそれは不思議な響きがした。

私の彼氏と寝た女。私がビンタした女。

でも、カズくんの彼女。私の大切な友達の、とても大切な彼女。

「……私でよければ」

悩むことなんてなかった。カズくんからの話を聞いても、ヒロ兄からの話を聞いても、彼女が悪い人とは思えないから。

ううん、むしろあの二人と似ているのかもしれない。人間らしくて、でも眩しくて。

「えっと……お名前……」

彼女から問われて、私はつい笑っちゃった。名前も知らないまま、何を話していたんだろう。

「ミユ、です。えっと……」

「エリカ、でお願いします。あっちの名前は、もう捨てちゃったから」

はい、と返事をすると、エリカさんはそれを嗜めた。

「友達なんだから、敬語もさんもい要らないから。……良いよね?」

上目使いで見られて、つい女の私でもドキッとしてしまった。やっぱりカズくんは面食いだ。

「う、うん、分かった」

「やった、嬉しい。私、そういう仕事してたから友達少なくて。仲良くしてくれたら嬉しいな」

きゃっきゃとはしゃぐ彼女を見て、ふと疑問が頭に浮かんできた。

「でも、どうやってカズくんと知り合ったの? 友達の紹介とかなのかな、って思ったんだけど……」

さっきの言い分だと、そんなわけでも無さそう?

「うーん……えっとね」

他の人たちには内緒だよ、ってお決まりの台詞を枕詞に、彼女は口を開いた。

彼と彼女の話もやっぱり不思議な、それでも素敵な物語。幸せな物語を聞きながら、彼女と私の微妙な距離感も近づいていく。

夜風に吹かれながら、綺麗な月の下で過ごす時間は、とても良い夜だった。


続き
風俗嬢と僕【4】

記事をツイートする 記事をはてブする