1 : 以下、名... - 2013/01/14(月) 23:52:54.37 HY7SnAPt0 1/15


「あら」

「あっ」

たまたま、出会ってしまった。
大学を卒業してからもHTTとしては集まることはあった。
でも、ムギ先輩と二人きりで会うことは卒業してから一度もなかった。

「久しぶりねぇ」

「はい……です」

私はムギ先輩に弱みがある。
数年前、成人の日のこと。。。



元スレ
紬「飲み過ぎにご注意!!」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358175174/

5 : 以下、名... - 2013/01/14(月) 23:57:44.61 HY7SnAPt0 2/15


成人の日は祝日だ。
あの日はHTTのメンバー(純と憂含む)で集まって、飲んだ。
とは言え、二十歳になっていなかった憂はジュースだけ。
私と純は先輩達にすすめられるままお酒を飲みまくった。
ビールからはじまり、カクテル、焼酎、ワインなど、あらゆるお酒を飲まされた。
もちろん先輩たちも沢山飲んで、最後には憂だけが残った。

死屍累々状態から多少なりとも回復した後、
澪先輩を律先輩が、
純と唯先輩を憂が、
私をムギ先輩が部屋まで運ぶことにきまったらしい。

「らしい」というのも、その時の記憶が全くないからだ。


12 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:11:30.20 6woAtNTF0 3/15


記憶が戻ったのは、次の日の朝のことである。
ベッドの横にはほとんど裸のムギ先輩が寝ていた。
そして私もほぼ裸だった。

何が起こったのか、想像することはできた。

私から求めたのか。
ムギ先輩から求めたのか。
もしくはお互いに求めてしまったのか。

どれかはわからないけど、きっとそういうことなのだろう。
起き上がったムギ先輩は「昨日のことは忘れて欲しい」と言った。

その言葉に私は少なからずショックを受けた。
ムギ先輩に淡い恋心を抱いていたからだ。


15 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:17:44.21 6woAtNTF0 4/15


それ以降、大学構内で会っても、よそよそしく振る舞うようになってしまった。
それを悟られたのか、ムギ先輩のほうから私に近づくことも少なくなった。

そうしているうちに卒業し、今日の再開である。


「あの、ムギ先輩。今日、お暇ですか」

「ええ、暇だけど……」

「ならっ! 私とお酒飲みませんか?」


ムギ先輩は考えるような仕草をした後、ニコリと頷いてくれた。


18 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:22:46.30 6woAtNTF0 5/15


私の部屋で飲むことになった。
あの頃のように下手な飲み方はしない。
私は度の低いチューハイ類を飲み、ムギ先輩には焼酎をすすめた。
最初は嫌がっていたムギ先輩だったが、アルコールが回ってくると、強いお酒を抵抗なく飲んでくれた。


「ムギ先輩、聞かせてくれませんか?」

「にゃにをききたいのー?」

「あの日のことです」

「あにょひってー?」

「成人の日のパーティーのこと」

「……あずしゃしゃんのいじわるー!!」


23 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:30:42.05 6woAtNTF0 6/15


「いじわる……ですか?」

「そうですっ!!!!!」


いじわる……いじわる。
つまり、ムギ先輩にとって話したくないこと。
なら……ムギ先輩から襲ったということ?
それなら!


「せんぱいのちたいの話をするなんて、あずしゃちゃんはいじわるなの!」

「痴態?」

「……」グーグー


ムギ先輩は突然眠ってしまった。


25 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:36:33.29 6woAtNTF0 7/15


「寝たふりしたって駄目です。教えてくださいよー」

「……」グーグー

すっかり眠ってしまったようで、起きてくれませんでした。
ひとり残された私は、お酒を飲みました。
ただ、ひたすらに……





「あずさちゃん?」

「どーひました」

「またっ……梓ちゃん」

「わームギ先輩だ―ーーーーーーーうぇっぷ」

「梓ちゃん。お便所に行きましょう」ダキッ

「おそらでーす」


28 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:43:44.15 6woAtNTF0 8/15


【自主規制】


「大丈夫?」

「……」

「梓ちゃん?」

「……」

「飲み過ぎたのね。もっと吐いて楽になりなさい」

「……いやですっ」

「なにが嫌なの?」

「……っ」


私は手を振りほどこうとしたんだと思います。
でも、そんな力はなくて、ムギ先輩に任されるまま、吐きました。
そして、朝。

私の横には、洋服を着たムギ先輩が寝ていました。
そして、あの日のことを思い出しました。


29 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:47:59.97 6woAtNTF0 9/15


……
……
……

「梓ちゃん?」

「ごめんなさい」

「昨日のことは忘れてもいいから、土下座はやめて、ね」

「そういうわけにはいきません。だってあの日も」

「あの日?」

「はい、私が二十歳だった成人の日のことです」

「あの日はお互い様じゃない」

「えっ」

「だってあの日は……ね」


30 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:50:08.72 6woAtNTF0 10/15


「あの日、何があったんですか?」

「あの日はね、部屋に戻った梓ちゃんが突然吐きそうになっちゃって」

「やっぱり私が……」

「それはね、大丈夫だったの。おトイレでやってもらったから」

「……?」

「でもね。私がもらってしまって」

「えっ」

「私と梓ちゃんの服をね……その……ごめんなさいっ!」


ムギ先輩は五体投地でベッドに突っ伏した。
ネタなのか、本気なのか、判断に迷うけど、おそらく本気だと思う。
ムギ先輩だから。


33 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:54:31.94 6woAtNTF0 11/15


「そのせいだよね。梓ちゃんが急によそよそしくなったの」

「とっても寂しかったけど、ずっと我慢してたの」

「だって、私のせいだから」

「梓ちゃんに嫌な思いさせちゃったし……」

「臭かったよね……」

「でも、昨日誘ってくれたってことは、許してくれたってことなのかなって」

「だから……とっても嬉しかった……」

「だからっ……これからも私の友達で……」


「馬鹿です」


「えっ」

「私もムギ先輩も馬鹿ヤローです」


34 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 00:58:31.89 6woAtNTF0 12/15


「私はずっと思ってました。あの日、お酒のせいで過ちが起きたんだと」

「ええ、起きたの」

「違います。そうじゃなくて……ええと……あっちのことです」

「あっち?」

「そうです、あっちのことです!!」

「ごめんなさい。ぜんぜん意味がわからないわ」

「だから……朝起きたら裸だったから……です」

「……」

「……」

「……//」


「だからムギ先輩に『忘れて欲しい』って言われて悲しかったんです」


「あっ……」


37 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 01:03:50.02 6woAtNTF0 13/15


「ムギ先輩から離れていったのはそれが理由です」

「考えれば考える程、無駄なことをしたと思います……」

「……ねぇ」

「?」

「『悲しかった』って言ったよね」

「……はい」

「それって……梓ちゃんも私のことを好きだったってこと?」

「『も』?」

「……うん」

「それって……」

そして二人は見つめ合った。
私も思っていたことを、ムギ先輩が口にする。

「もう遅いかな……」


39 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 01:10:51.51 6woAtNTF0 14/15


「遅かったら、お酒になんて誘いません」

「それじゃあ……」

「……でもその前にちょっとだけ飲みませんか」

「どうして?」

「恥ずかしくてムギ先輩の顔が見れないので」

「真っ赤な梓ちゃん、かわいいのに」ギュッ

「わっ、抱きつかれたら……私……」

「どうなっちゃうの?」

「こうなっちゃいます」ムギュムギュ

「ひゃん//」

「このっ、このおっ!」ムギュムギュ

「仕返ししちゃうんだからっ!」ムギュムギュ

「そ、そこは駄目です//」


41 : 以下、名... - 2013/01/15(火) 01:12:35.57 6woAtNTF0 15/15


……
……
……


お酒は時として悲劇をうむ。
でも、昨日ムギ先輩をお酒に誘わなければ、
こうして関係を修復することも、新たな一歩を踏み出すこともできなかったはずだ。

裸になって横で寝ているムギ先輩に、そう伝えてみた。
するとムギ先輩はこう言った。

「きれいにまとめようとしてるけど、あの日飲み過ぎなければ、もっと早く一緒になれたよね?」

まったくその通りだと思う。
でも、

「こうやってムギ先輩に抱きつける日がきたのだから、関係ないです」ギュー

「もうっ」ギュー

ムギ先輩はいい匂いがした。


おしまいっ!


記事をツイートする 記事をはてブする