1 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 09:56:19.19 DJRVxpAw0 1/83


一日目

「やべっ、寝坊した。遅刻、遅刻!」スタスタ

「あ、りっちゃ~ん」

「ん、唯じゃん。お前も急げよ、もう3時だぞ!!」

「あ~、風邪引いちゃったから今日お休みなんだ~」

「そうか。じゃあ、あたし行くな。遊んでないでちゃんと家で寝とけよ」

「うん。じゃ~ね~♪」バタバタ



2 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 09:57:31.96 DJRVxpAw0 2/83


(あいつ風邪なのに元気そうだったな、ズル休みか?)


2年教室

「今日は授業これで終わりだねー」

「う、うん。そうだね」

(憂、一週間振りに学校来たけど、もう立ち直ったんだ。よかった)

(いつもどおり接してあげるのがやさしさだよね)

「ねー憂、これから暇だったら帰りにアイス食べに行かない?」

「ごめん。今朝お姉ちゃんが熱出して家で寝てるからすぐ帰らないと……」

(憂! やっぱりまだ……)ウルッ

「どうしたの?」

「うんうん、なんでもないよ」

(そういえば、梓ちゃん今日休みなのかな?)キョロキョロ


3 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 09:59:41.42 DJRVxpAw0 3/83


音楽室

「みんな遅いぞー」

「なに言ってんだ、授業にもでないで」

「みんな、心配したのよー」

「いやー、寝坊しちゃって。ムギ、それより今日のお菓子は?」

「ごめんね。今日、りっちゃん来ないと思ってもって来てないの」

「私は不登校児かっ?!」

「あーあ、唯が今日休みみたいだからせっかく2つ食べれると思ったのにな~」

「!!!!」


5 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:02:00.02 DJRVxpAw0 4/83


「あ、明日から持ってくるわね」

(律、おまえやっぱりまだ、唯のこと……)

(一番唯ちゃんと仲良くしてたもんね……)

「今日はもう終わりにしよう」

「え、なんで!?」

「律は帰ってもう少し休んだ方がいい。あまり無理するなよ」スタスタ

「じゃあね、りっちゃん」スタスタ


7 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:03:04.11 DJRVxpAw0 5/83


「どうしたんだ?あいつら。梓もこないし」

「もう帰るか」

スーパーマーケット

(お菓子でも買って帰るか。ん、あれは)

「憂ちゃん、ひさしぶりー」

「あ、律さんこんにちは」

「唯の奴、今日休んでたみたいだけど……」

「はい。今朝から急に熱出したみたいで……」

(外出してたことは黙っておこう)


10 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:06:51.15 DJRVxpAw0 6/83


「そういや、梓今日休み?」

「そうみたいですね。授業にもいなかったし」

「珍しいなー」

「そうですね。生命力が高いだけが取柄なのに」

「そうだな。あー今日寄ってもいい?お見舞いに」

「いいですよ。お姉ちゃんも喜びますし」

(それにしても今日スーパー空いてるなー)


11 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:07:27.26 DJRVxpAw0 7/83


平沢家

「ただいまー」

「お邪魔するぞー」

「う~い~おかえり♪。あっ、りっちゃん、いらっしゃ~い。あれ?部活は?」

「今日いきなり中止になってさ、暇だから来たぞ」

「お姉ちゃん、ちゃんと寝てないとだめだよー」

「大丈夫♪ 大分よくなったから」エッヘン

(出歩いてたもんなー)

「じゃあ、律さんとゲームでもしててね。今からお夕飯つくるから」

「はーい」


12 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:10:36.79 DJRVxpAw0 8/83


二日目
三年教室

「おース」

「よかった、今日はちゃんと来たな」

「りっちゃん、おはよう」

「ねぇ律。来たばかりで悪いけど部活の件、ちゃんと手続きお願いね」スタスタ

(ん? 学園祭の奴なら出したと思うけど。まぁあとで澪に聞くか)

「あぁわかったよ。それより澪、昨日唯ん家いったんだけど唯の奴元気そうだったぜ」

(律、おまえそんなに……)

(りっちゃん……)


13 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:13:17.26 DJRVxpAw0 9/83


「今日はまだ休むみたいだけどこれならすぐn――」

「もういい加減にしろ!!」

「へ?」

「律、そんなこと言っても、もう唯は帰って来ないんだぞ!」

「そうよりっちゃん。いつまでもそうしてても唯ちゃん、喜ばないわ」

「おいおい、なに言ってんだよ。唯は明日には来るよ。元気そうだったし」

「唯は……」プルプル

「?」

「律、目ぇ覚ませよ。唯はもう死んじまったんだぞ!」

「!!!!!!!」


14 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:18:29.40 DJRVxpAw0 10/83


「唯ちゃんのお葬式は一週間以上前にやったのよ。りっちゃんもいたじゃない」ポロポロ

(どっきりかな? それにしてもみんな迫真の演技だなー。唯の机にお花もあるや)

さわ子「あなた達、席に着きなさーい。ん? どうしたの?」

「さわ子先生、律がまだ唯のこと……」

さわ子「りっちゃん…… 田井中さん、今日はもう帰っていいから心の整理してから来なさい」



15 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:19:22.70 DJRVxpAw0 11/83


帰り道

(結局むりやり早退させられたけど、いいのかなー? つーか、唯が死んだわけないじゃん)

(一昨日は普通に登校してたし。あれ?あそこにいるの唯かな?)

「おーい、唯ー」

「あ~りっちゃんだ~。学校さぼったの?」

「ちがうぜ。どっきり企画に付き合ったのだ」

「お~すごいね さすがはりっちゃん隊員。それでどんなの?」

「それがー唯が死んじゃったとかでさー、笑いそうになったよ」

「りっちゃん…… それ本当だよ」

「え?」


18 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:34:40.27 DJRVxpAw0 12/83


「え~とね、私は一週間前に死んじゃったんだよ」

「……どういうことだよ、それ」

平沢家
「――っていうことなんだ~」

「じゃああれか? お前は幽霊ってことか?」

「そうだよ~ 家に来る途中もみんな私にきづかなかったでしょ~?」

「見えるのは憂とりっちゃんだけみたいだね~」

「何でもっと早く言わなかったんだよ。ほかの奴から見たら可哀想な子になってたぞ、わたし」

「えへへ~ 死んだの忘れてた~」

「死んだこと忘れるなよ……」



19 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:36:09.84 DJRVxpAw0 13/83


バタンッ

「お姉ーちゃーん、いるー?」ハアハア

「いるよ~」

「よかったー」ホッ

「皆がお姉ちゃんが死んじゃったって冗談いうから心配になって帰ってきちゃった」

「それがね……」

~~~~~~~十分後~~~~~~~

「そ、そんな……」シクシク

「ま~ま~。これも人生ってことで」

「もう終わっちまったけどな」


23 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:48:35.88 DJRVxpAw0 14/83


支援ありがと
8割ぐらい書き終わってるから今日の深夜には完結するはず


「でも、お姉ちゃんが死んじゃったなんて……」シクシク

「憂~元気出してよ。私はここにいるよ~」

「私はもう元気だぞ。唯が死んだって、実感沸かないからな」

「で、でも~」シクシク

「安心して!成仏する予定はないから」

(それはそれで問題だぞ)


24 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:50:06.46 DJRVxpAw0 15/83


「そうだよね。いつまでも悲しんでてもお姉ちゃん喜ばないよね」

「そうだよ憂。アイスくれたほうが喜ぶよ」

「だーめ。お昼たべてから」メッ

「憂のい~け~ず~」

「律さんも食べていきますよね」

「もちろん! さー唯、昨日のゲームの続きだ!」

「受けてたつよ。りっちゃん!」


27 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:57:39.78 DJRVxpAw0 16/83


**

「唯先輩。二人の様子どうです?」

「まだ厳しいよ~」

「そうですか…… あっそれとここでギター弾いちゃダメですよ」

「え~」

「常識です。周りに迷惑ですよ」

「ギー太、おとなしくしててね」


28 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 10:58:16.74 DJRVxpAw0 17/83


三日目
三年教室

「ういース」

(梓今日も休みか)

「もう放課後だぞ」

「いやー昨日唯に挨拶しにいってな」

(律っ、まだ……)

「いつまでも落ち込んでいても天国の唯は喜ばないよな。つーことでムギ、ケーキ」

「よかった、心配したんだぞ」

「ごめん」


30 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 11:17:27.03 DJRVxpAw0 18/83


「りっちゃんお待たせー」

「一つは唯ん家にもっていくよ。私たちだけで食べてたら呪われそうだし」

(昨日唯に頼まれたしな)

「もちろん唯ちゃんの分も用意してるわよー」

「じゃあ、早速新メンバー見つけないとな。唯のためにも」

「ん、なんで?」パクパク


33 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 11:34:44.04 DJRVxpAw0 19/83


「忘れたの? 唯ちゃんがいなくなったから私たち3人しかいないのよ?」

「部員足らないと廃部だからな。四日後の学園祭にも出れないし」

「私に澪にムギに梓4人いるじゃん」

「梓ってだれだよ。トンちゃんの仲間また増やすのか?」

「!?」

「あずさちゃん? どんな子?」

「いやだからさー、黒くてツインテールで小さくて意外に足が早いk――」

「ゴキブリコワイゴキブリコワイ」


32 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 11:33:13.78 DJRVxpAw0 20/83


(なんだこの反応。まさか梓がいないことになってる? 確かめてみよう)

「なぁムギ、去年後輩入らなかったっけ?」

「入ってないわよ。その代わりにトンちゃんは来たけど」

「だから苦労してるんだろ。どうするんだよ」

(間違いない。後で唯の奴に聞いてみよう。不思議現象はお化けに聞くのが早いハズ)

「んー憂ちゃんあたりに頼んでみるか」

「えっ、憂ちゃんはまずいんじゃ」

「唯ちゃんのこと思い出して悲しむとおもうわよ」

「大丈夫、実は昨日話はつけてあるんだ」

(うそだけどな。まぁ唯に説得してもらえばなんとかなるだろ。死人に口有りだ)



34 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 11:35:50.91 DJRVxpAw0 21/83


「そうだったの。それなら安心ね」

「私は一応憂ちゃんの友達の純ちゃんあたりに聞いてみるな」

「これで安心だな」

(そういえば唯はなんで学校こないんだろう? 動けないわけでもないしなぁ)

廊下

(憂、昨日はいきなり教室出て行っちゃって心配したけど今日はなんともなくてよかった)

(ようやく立ち直ったんだね。親友としてしっかり支えてあげないと)

「あっ純ちゃんちょっといい?」

「澪先輩こんにちは。なんですか?」



36 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 11:47:43.79 DJRVxpAw0 22/83


~~~~~~~二分後~~~~~~~~

「私が軽音部に、ですか?」

「いま部員足らなくてピンチなんだ。和や憂ちゃんに頼む訳にもいかないだろ?」

「掛け持ちでもいいからさ。頼む」

「いいですよ」

「本当か!?」

「楽しそうだし、廃部にするのももったいないですし」

「ありがとう。唯も喜ぶよ」


37 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 11:48:35.93 DJRVxpAw0 23/83


平沢家

「おいし~、りっちゃんありがとうね」

「それでさ聞きたいことあるんだけど――」

「お夕飯できたよー」

「わ~おいしそ~♪ それではなしって何?」パクパク

「梓のことなんだけどさ……」

「あっ私も気になってました。みんな梓ちゃんのこと知らないって」

「特徴言うとみんなゴキブリゴキブリって。まぁ似たようなもんですけど」


46 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 12:42:49.20 DJRVxpAw0 24/83


「もしかして梓も死んじまったのか?」

「そんな……」

「あ、あずにゃんはいきてるよ~ 二人が生きてればその内あえるよ」パクパク

「そうか」

「よかった」

「それでなんだけど憂ちゃん軽音部に入ってくんない? 唯が死んだせいで部員足らなくて」

「ごめ~ん」

「んーでも、家事とかありますしー」

「入りなよ~けいおんぶ。一生に一度のお願い♪」

(唯の一生はもう終わったけどな)



47 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 12:44:40.97 DJRVxpAw0 25/83


「わかりました。入ります」

「ありがとー憂ちゃん」



49 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 13:07:25.07 DJRVxpAw0 26/83


4日目
音楽室

「というわけで部員が二人増えました」

「よろしくお願いします」

「憂ちゃんはいいのか?」

「お姉ちゃんはそのほうが喜ぶと思って」

(実際喜んでたしな)

「ちょっと失礼するわよ。講堂の使用届けもってきたわ」

「サンキュー、えーっとベースは澪と純ちゃんでギターは憂ちゃんと」



50 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 13:09:14.85 DJRVxpAw0 27/83


「えっ。憂、軽音部はいるの?」

「うん。お姉ちゃんのためにもね」

「そう。唯きっと喜ぶわね」

「ボーカルは誰にする?」

「唯ちゃんがいないから澪ちゃんしかいないと思うけど」

「憂ちゃんと純ちゃんは?」

「私はボーカルはちょっと」

「私もです」

「決定だな」カキカキ


51 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 13:10:18.95 DJRVxpAw0 28/83


「唯…… 帰ってきてくれ……」シクシクシク

「あっ大変。人数急に増えたから唯ちゃんのお供えのケーキがないわ」

「なんだってー! これは唯の奴化けて出るぞ、まじで」

「ひーー。わっ、私の分あげるから許してー」シクシク

(澪先輩いつもこんな風にからかわれているんだ)



52 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 13:10:58.57 DJRVxpAw0 29/83


平沢家

「りっちゃんいつもありがと♪」パクパク

「はっはっー、感謝したまえ。それよりそのでかい箱はなんだ?」

「あ~これね~一生懸命作ったんだ♪ 明日教室に置いてきてよ」

「だからなんなんだよ、それ」

「も~お供え物BOXだよ。これで甘いものがたくさん沢山食べれるよ♪」

「自分の墓から取って来いよ」


61 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 14:32:16.58 DJRVxpAw0 30/83


**

「あ~、あずにゃん今日も来たんだ。偉いね~」

「そう言う唯先輩こそ毎日いるじゃないですか?」

「私はここで寝泊りしてるからね♪ コンビニもあって便利だし」

「ゴミもこんなに散らかして、まったく。怒られますよ。ついでにゴキブリも来ますよ」

「あずにゃん召喚の儀式だよ」

「いい加減にしてくださいよー、もう」



62 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 14:32:59.33 DJRVxpAw0 31/83


5日目
音楽室

「いよいよ明後日だな学園祭」

「お供え物BOXもたっぷり中身入ったし唯も喜ぶぞ」

「それお前が食いたいだけだろ。もう持ってくるなよ。罰当たるぞ」

「そんなこと言うとなぁ。あっ、秋山さんの後ろに平沢さんの幽霊がいるわー」

「ヒィー」

「やっほ~」



88 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 19:45:36.04 DJRVxpAw0 32/83


「……」

「……」

「おう、お供え物BOX沢山たまってるね~」

(ほんとにいたな)

(お姉ちゃんヨダレ垂れてるよ……)

「あらあら」

(練習しないのかな。ケーキおいしいから別にいいけど)モグモグ



89 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 19:46:30.99 DJRVxpAw0 33/83


平沢家

「今日はびっくりしたぞ。いきなり来るから」

「いや~、澪ちゃんやムギちゃんに会いたくなって~」

「お供え物の様子も気になったし♪」

「お前の食い意地は死んでも直らなかったな」

「ごはんできたよー」

「わ~ステーキだ~♪」

「まぁこんな生活が続くのも悪くないかもな」ボソッ

「!!」

(大変だよ。早く何とかしないと)



93 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 19:56:58.78 DJRVxpAw0 34/83


6日目
音楽室

「今のいい感じだったな」

「はい」

「ギリギリ間に合ったわねー」

「唯も喜んでいるだろうよ」

「ねぇ、りっちゃん?」

「うわぁっ!」

(お、お姉ちゃん?)


94 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 19:57:35.31 DJRVxpAw0 35/83


「どうしたの? りっちゃん」

「な、なんでもないぞ」

「ちょっと外で話したいんだけど」

「あっ、私ちょっとトイレいってくるな」スタスタ バタンッ

「律先輩様子が変でしたね」

「律はいつもへんだよ」

(お姉ちゃん…… どうしたんだろう?)



95 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:00:23.38 DJRVxpAw0 36/83


女子トイレの四番目の個室

「なんだよ! いきなり。びっくりしたぞ」

「あのね……」

「どうしたんだ?」

「あのねりっちゃん。明日の12時13分に私ね。成仏するの」

「なっ!!!」

「どっ、どういうことだよ! 成仏しないんじゃなかったのか?」

「ごめんね。あれは嘘なんだ~。憂に心配かけたくなかったから」

「そんな…… いやだぞ私。唯がいなくなっちゃうの」ウエーン


96 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:13:09.24 DJRVxpAw0 37/83


「え~っとね。別にもう会えないとかじゃなくてちょっと出張みたいな感じだから」

「でっでも、暫くは会えないんだろ?」シクシク

「大丈夫だよ~ りっちゃんが生きてさえいればまた会えるよ」

「わかった。100歳になっても200歳になっても私は生き残ってみせるぞ」グスッ

「いや、そんなに長いこと会えない訳じゃないよ」

「それより、憂にはこのことをね。私が成仏するまで伝えないでほしいんだ」

「え、なんで?」

「憂には学園祭を楽しんでほしいからね」

「唯…… おまえは……」


97 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:13:46.30 DJRVxpAw0 38/83


音楽室

「じゃあ明日の11時30分から30分間が私たちの持ち時間だからな」

(よかった。唯の成仏には間に合うな)

「それじゃあ、私いくわね。お菓子おいしかったわ」

「和ちゃん…… さようなら」

(唯の奴さびしそうだな。もう会えないかもしれないんだし、仕方ないか)

「ご苦労さまー」

(お姉ちゃん元気ないなー。どうしたんだろう?……)


100 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:31:15.31 DJRVxpAw0 39/83


唯の部屋

「お姉ちゃん、今日一緒に寝てもいい?」

「い~よ~」

「あのね、お姉ちゃん。私怖いの。お姉ちゃんがいなくなっちゃいそうで」

「憂…… 大丈夫♪ 憂が生きてさえいればいつまでも一緒だよ」

「お姉ちゃん……」

「だから、だから憂は生きてね。死んじゃだめだよ」

「うん」


101 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:35:02.65 DJRVxpAw0 40/83


**

X月X日12時13分。XX県の私立桜ヶ丘高校の校舎に大型の旅客機三機続けざまに墜落した。
本校は当時学園祭を行っており、かつてのアメリカ世界同時多発テロに匹敵するの大惨事となった。
これにより同校の生徒と教職員、見物に来ていた周辺地域の住人合わせて2000人以上が死亡した模様。
また同校の生徒の生存者はわずか4名で内二名が意識不明の重症を負っている。
警察と消防は協力して墜落の原因を突き止めるとともにテロの疑いも視野に入れ調査を行っている。                                        
                                         XX新聞



103 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:36:19.36 DJRVxpAw0 41/83


7日目
唯の部屋

「ハァハァ。もう時間がないよ~ハァハァ」

「私の霊力も尽きかけてる…… 予想よりもたなかったなぁ……」

「このままじゃぁ……」

「体が透けてきた……」

「生きるんだよ。憂、りっちゃん……」

「そしてみんな…… さようならr――」スッ



104 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:37:10.35 DJRVxpAw0 42/83


講堂

「この歌は二週間前に死んだ私たちのもう一人の仲間に捧げます」

「「「「「ふわふわタイム!!」」」」」

~~~~~~演奏中~~~~~~~~

パチパチパチパチパチパチ

(唯見てるか? お前が帰ってくるまで私は生きて待ってるぞ)

(お姉ちゃん、これからもずっと、一緒だよね)



106 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:38:34.39 DJRVxpAw0 43/83


下駄箱

(やっぱり憂ちゃんには唯の成仏のこと伝えよう)

(一人でさよならなんてさびしいよな)

「あと5分か……」

「憂ちゃん、ちょっと唯のことで話があるんだけど外いいかな」

「? いいですけど」

「じゃあ私たちは中回ってるぞ」

「あとで合流しましょうね」

「ばいばい」



110 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:49:53.68 DJRVxpAw0 44/83


校門付近

「それで話ってなんですか?」キョトン

「実はだな……」

生徒A「なんかこっち落ちてくるわ!!」

生徒B「逃げないと!」 

ガヤガヤキャーキャーウエーン

「飛行機が落ちてくる? まだみんな中にいるのに!」

「伝えにいかないと!!」

「だめだっ」ガシッ

「唯と約束したんだ。生きて唯が帰ってくるのを待つって」

「律さん?……」


111 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:50:25.37 DJRVxpAw0 45/83


「校門の外に逃げるぞ!!」パタパタ

「あ、あの?」パタパタ

「唯はもうすぐ成仏しちゃうんだよ。すぐ帰ってくるっていってたけどな」パタパタ

「そんな…… 嘘でしょ…… お姉ちゃん……」パタパタ

「唯が帰ってきたときまた唯を一人にしないためにも」

「だから、だから私たちは生きないといけないんだっっーーーーーー」

「うん。待ってるよ、おねえちゃんっ」

ドーーーーーーーーーーーーーーーーーン


114 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 20:55:49.89 DJRVxpAw0 46/83


一週間前
学園祭 12時5分

「ね~ね~りっちゃん、コンビニでアイス買おうよ~」

「仕方ないなー。じゃあ澪、私たちはいったん外に出てるから」

「私もついていくね。お姉ちゃんと律さんだけじゃ心配だから」

(ばかにされた!?)

「学園祭でコンビニのアイスかよ、まったく。じゃあ私たちは校内を回ってみるな」

「じゃああとで合流しましょうね」

「唯先輩、律先輩。周りにめいわくかけちゃだめですよ」

「じゃああとでね。憂」

「アイスーあいすー♪」


115 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:02:28.36 DJRVxpAw0 47/83


病室

「う、うぅぅ」

「あっ、りっちゃんが目を覚ましたよ。あずにゃ~ん」

「大きい声出しちゃだめですよ。律先輩大丈夫ですか?」

「あ、ずさ?唯? ここは天国なのか」

「お姉ちゃん……」

「憂も目を覚ました! よかった~」

「憂! よかった、目覚まして」


120 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:11:10.02 DJRVxpAw0 48/83


「それよりここは…… あれ、なんで学園祭を2度?」

「お姉ちゃんは死んで、梓ちゃんはいないことになったハズじゃ…… あれ、でも」

「混乱してると思うから順番に話すよ」

「唯先輩の言ってたことホントだったんですね」

「どういうこと?」

「さっきまでりっちゃんと憂が過ごした一週間はこの世とあの世の狭間の世界なんだよ」

「えっ?」

「あそこはね、死んだ人が天国に行くまでに過ごす場所なんだ」



121 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:13:58.07 DJRVxpAw0 49/83


「あの世界はね。死んだ人が死んだときまでの一週間をもう一度あそこで過ごすんだ」

「そして自分達が本来死んだ時間になると一斉に成仏するんだ」

「憂とりっちゃんは生死の境をさまよってたからね。私は力を使ってうまく存在を割り込ましたんだよ」

「死人としてね。あずにゃんは生きてたからいないことになったけど」 

「二人はこの世とあの世の両方にいたからこの世の唯先輩が見えたんですね」

「ちょっとまてよ…… じゃああの世界にいた人は?」

「もしかして全員……」

「そう。死んじゃってたんだよ。私が見えた二人意外はね……」

「……」


123 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:17:17.83 DJRVxpAw0 50/83


「そんな…… 澪、ムギ、トンちゃん……」

「純ちゃん…… 和ちゃん……」

(さわ子先生可哀想だな)

「なんでもっと早く本当のこと伝えてくれなかったんだよっ」

「そうすればもっと、あいつらと仲良くしてやれたのに。お別れの挨拶もしていないっ!!」

「律先輩……」

「ごめんね。二人に自分たちが死にかけていることを自覚されると二人が死んじゃうから」

「強く生きたいと願わないとあのまま成仏してたんだよ」

「お医者さんも後は本人たちしだいだって言ってました」

「だからお姉ちゃんは生きろって言ってたんだ……」


130 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:25:39.09 DJRVxpAw0 51/83


「制限時間は飛行機が衝突する12時13分だったんだ」

「その時間にみんな亡くなりましたから」

「途中でりっちゃんが現状に満足しちゃってあせったけどね」

「あ~あのときか~」

「私は途中で霊力尽きて消えちゃったけどね~」

「もしかして…… 私たちのために無理してたの?」

「うんうん、ちがうよ~。お供え物BOX作るのに大分力つかったからなんだ~」

「おい!」

「えへへ~」


131 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:26:36.98 DJRVxpAw0 52/83


「なぁじゃあ、唯の力であの世にはいけないのか?澪やムギ、和、純ちゃんにまた会いたいんだよ」

「せめて話だけでもさっ」

「私からもお願いっ!お姉ちゃん」

「ごめんね、無理だよ。私はどんなに力があってもただのこの世の人間」

「神様にはなれないんだよ……」

「そんな……」

「うぅ、うぅ」

「ごめんね……」

「唯先輩……」



140 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:36:00.40 DJRVxpAw0 53/83


三時間後

(そういや、お姉ちゃんの話なんかひっかかるなー、何だろう?)

「そにしてもここ散らかってるな~」

「ひどい有様ですよ」

「ここで寝泊りしてたからね」

「りっちゃんにアイスこぼしたりしたし」

「うぅおい!」

「梓ちゃんはこういうところ好きそうだよね」

「いや、好きじゃないし」


147 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 21:53:02.26 DJRVxpAw0 54/83


二日後
病室

医者「じゃああと一週間で退院だよ」

「ありがとうございました」

「あの事故でよく私たち生き残ったな」

「テレビで見たけど跡形もなく吹き飛んでたよね」

「それは比較的校庭の外側にいたのと唯先輩が守ってくれたからみたいですよ」

医者「医者としては言いたくないけど、彼女が霊的力で衝撃を弱めてくれたみたいだね」

医者「事実、運ばれたときは一番重傷だったのに次の日にはピンピンしてあいすあいすっていってたよ」

医者「脅威の回復力だよ。唯さんは」

「……」スヤスヤ


155 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:01:39.63 DJRVxpAw0 55/83


「お姉ちゃん霊感あったもんねー」

「唯は命の恩人だな。あっ私にヨダレたらすなっ」ゴンッ

「痛いよ~」

(命の恩人をなぐった……)



162 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:12:00.35 DJRVxpAw0 56/83


一週間後

「よし、退院だ」

「はしゃいじゃダメですよ。腕の骨は完治していないんですから」

「わかってるって!」

医者「じゃあ、お大事に」

「また来るねー」

医者「いや、貴女は来ないで欲しいな。病院がゴミ屋敷になったよ。まったく」



163 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:12:38.63 DJRVxpAw0 57/83


「お世話になりました」

「これから大変ですよ」

「あぁ新しい学校決めないとな」

「違いますよ。テレビの取材ですよ。二人が寝ている間大変だったんですから」

「9、11テロ以来の世界的ニュースだもんね~」

「死者2621人、飛行機が3台も同時期、同じ場所に墜落したんですから」

「VIPでもスレが立ちまくりです」



167 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:19:33.03 DJRVxpAw0 58/83


「そういえばテレビでそればっかだよねー」

「私が運ばれる様子がモザイクかけて何度も流されるのはきつかったな」

「りっちゃんは猥褻物だからね~」

「なに!」

「まぁまぁ、落ち着いてくださいよ。それよりも報道陣がむこうから来ましたよ。めんどいのでn――」

「よし、唯。取材受けて来ようぜ。私はじめてだよ。本出そうかなー」

「私もー、なんか緊張するな」

(憂までっ!?)


169 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:21:24.12 DJRVxpAw0 59/83


「私はオカルト番組ばっか出されてるよ」

「前からたまーに出てただろ」

「最近有名になっちゃってさ~、知らない間に私を崇める宗教が何個かできてたよ」

「しかも宗派で対立しだしたし」

(お姉ちゃん、凄い事になってたんだね)

「取材もいいですけど、それ終わったら明日あそこに行きますよ」

「ん? どこにだよ」

「先輩方のお墓と今回の事件の慰霊碑ですよ」



178 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:30:45.60 DJRVxpAw0 60/83


次の日
とある墓地

「お姉ーちゃん、つまみ食いしちゃだめだよー」

「りっちゃ~ん、つまみ食いしちゃだめだよ~」

「もう、澪の分は頂いたぜ」

「律先輩、恥ずかしいですよ。ちゃんとお参りしましょうよ」


(澪、ムギ、和、天国から見守ってくれよ)

(純、まだそっちにはいかないよ)

(皆さん私たちは今日も元気です)

(抹茶にするかイチゴにするか迷っちゃうよ~)


183 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:36:49.31 DJRVxpAw0 61/83


また次の日

慰霊碑

「学校があった場所に簡単な慰霊碑ができたんですよ」

「こりゃ、テレビで見るよりひでーな」

「まわりの建物まで壊れてる……」

「私たちの音楽室はもうないんだよな」

「えぇ…… でもバンドは組めますよ。私と唯先輩がギターで律先輩はドラム、憂はキーボードで」

「そうだな……」


185 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:42:45.33 DJRVxpAw0 62/83


「あいす買ってきたよ~」

「唯は変わらないな」

「う~、私だって成長しているんだよ」プンプン

(怒ってるお姉ちゃんもかわいいなー)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


5年後
慰霊碑

「ここも綺麗になったな」


188 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:49:46.05 DJRVxpAw0 63/83


(澪、ムギ、和、純ちゃん、みんな天国で仲良くしてるか?)

(もっとも澪は死んだ自分達のこと怖がってるかもしれないけど……)

(あの事件の後、私達はみんなとの思い出が多すぎるこの町に住むのがつらくなって別の場所に引っ越したから、ここに来たのはひさしぶりだな)

(明日私達”新生HTT”のファーストアルバムが販売するんだ)

(あれからみんな大分変わったんだぜ。私達の目標だった武道館ライブもやったしな)

(一番変わったのは唯なんだ、意外だろう?)

(昔はただの池沼だったのにいまや世界四大宗教のひとつ、ユイ教の教祖様だ)



194 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:52:52.80 DJRVxpAw0 64/83


(もっとも、その宗教も抹茶派とバニラ派とチョコ派とイチゴ派で分かれちまったらしい)

(唯の一番好きなアイスの味の解釈の違いだけで紛争までおきてやがる。笑っちゃうだろ)

(それでも彼らには重要なことなのかもしれないけどな。毎回違うこと言う唯がいけないんだ)

(そんでアルバムは信者の人も買うから日本だけで初週500万枚は売れそうらしい。デタラメだろ?)

(純粋なファンはその数パーセントだろうけど)

(今でも時々おもうんだ。澪やムギが生きていて後ろから声かけてくるんじゃないかって)

「律――」

(え……?もしかして、澪?)


198 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 22:57:08.79 DJRVxpAw0 65/83


「――先輩、ここにいたんですか?」

「梓か…」

「なんですかその残念そうな態度」

(梓はあれから背が伸びてゴキブリヘアーもやめたから昔の澪にそっくりなんだ。胸は小さいけど)

(おかげで私がメンバーで一番のチビになっちまった)



204 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:02:28.52 DJRVxpAw0 66/83


「律さん、遅れました。お姉ちゃんは宗教の仕事の関係で夜、合流するそうです」

「あぁそうか。また信者達に適当なこと言いいそうだな。唯の奴。かわいそうに」

「信者の方それ聞いたら怒りますよ」

(憂は結構大人びて髪が長くなったから唯との差が大きくなったぞ)

(唯の奴は見た目はあまり変わらん。背は少し伸びたのかな?)

(けど23にもなっても10代半ばにしかみえないからなー)

(信者達には不老不死の体現者と言われているらしいが、ただの若作りだと思う)



205 : ◆dZBfzrwuSY - 2010/07/25(日) 23:08:24.01 DJRVxpAw0 67/83


「何してたんですか?」

「澪たちに明日の報告をな」

(私達は明日ここで新生HTTのライブを行うんだ)

(天国で聞いててくれよ)

「それじゃぁ憂ちゃんの実家で明日の打ち合わせしようぜ!」

「はいっ」

(私達はお前たちの死を乗り越えて今日も前をみて生きてくよ)

「じゃあな。また来るよ……」


210 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:13:33.76 DJRVxpAw0 68/83


天国

「唯ちゃんたちのアルバム明日販売ですって」

「本当か! あいつらがんばってるんだな」

「そのCDもってきてあげたよ~」

「おそいですよ。待ちきれました」

「ごめ~ん。いろいろ忙しくて~」エヘヘ

「来たわね」





「唯……」

「フフッ」


215 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:20:16.56 DJRVxpAw0 69/83


「すごーい。本物だ、あっ生のサイン入り! 地上じゃ数千万の価値があるんじゃない?」

「最初は驚いたぞ。まさか私達のほうが死んでて、しかも唯はこの世とあの世を行き来できるんだもんな」

ムギ「おまけに不老不死だし」

さわ子「うらやましいわ」

「不死じゃないし、ゆっくりだけど年はとってるから不老でもないよ♪ 背も少し伸びたしね」

ムギ「まぁそうでもないと教祖さまなんて務まらないわよ」

「私はそんな宗教作った覚えはないけどね~ 気がついたら出来てたんだよ♪」



223 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:28:59.94 DJRVxpAw0 70/83


「私はそんな宗教作った覚えはないよ~ 気がついたら出来てたんだよ♪」

「ねぇ唯、どうして律たちに唯がこの世とあの世を行き来できること教えないの?」

「きっとものすごく喜ぶと思うわよ」

「今のお前の力なら三人ぐらい行き来させるなんて楽勝だろ」

「実際、ユイ教の最高幹部は前に連れてきたじゃないか」

ムギ「そうよ。ここにいる神様のだれよりも唯ちゃんは強いじゃない」

ムギ「最高神だって怖くて文句言えないわよ」

「そんなことしたら、あの子達は前に進めなくなっちゃうよ」

「あの子達は過去じゃなくて未来を生きるんだからね。後ろばかり振り向いても人は何も変われないんだよ」

「だから神様は人の前に姿を現すのをやめたんだ」


225 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:33:25.26 DJRVxpAw0 71/83


憂の実家(旧平沢家)

「あの辺も前はあんなに散らかってたのにきれいになってたなー」

「慰霊碑も昔はグリコのおもちゃみたいだったのに、無駄に立派になりましたね」

「校舎も粉々になったのに今じゃそのかけらも落ちてないし」

(そうだ、思い出した。おかしいよ。だって梓ちゃんはあの時……)


231 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:38:16.29 DJRVxpAw0 72/83


「ねぇ梓ちゃん? なんで梓ちゃんは校舎にいたのに無事だったの?」

「そういえば変だな…… まさか、梓お前……」

「幽霊?……」

「違いますよっ。 『人類滅亡後は中野梓が地球を支配する』って言われてますからね」

「核撃たれても私は死にませんよ」カサッカサッ

「……」

「みんなおまたせ~ってあれどしたの?」



242 : 以下、名... - 2010/07/25(日) 23:44:21.88 DJRVxpAw0 73/83


ちょい前
天国

「なあ、前から思ってたんだが」

「なに?」

(そういえば、よく来るわよね、この子……)

「梓はあの日、私達と一緒に校内回ってただろ?」

「たしかにそうよねー」

「ゴキブリで思い出した。梓に100円返してもらってない」

「なんであいつは生きているんだよ。しかも無傷で砕け散った校舎の中から這いでてきたんだろ?」

「不思議よね。梓は唯みたいに人間から神様にはなってないんでしょ?」

「うんそうだよ。あ~あれはね、たぶん……」


246 : unntann♪ - 2010/07/25(日) 23:47:57.54 DJRVxpAw0 74/83


「毎日、あずにゃんに抱きついてたら私の力の一部があずにゃんに移ってたみたい」

「だからGじゃないんだよ。今は澪ちゃんみたいな髪型だしね」

「生命力だけなら私よりあるよ~。そのうちあずにゃんもここにくるかもね~」
  
「うっかりしてたよ」エヘヘー

「唯、あんたって子は……」

「唯は神様になってもかわらないな」

「梓がきたら100円返してもらおう」

ムギ「変わらないものもあるわよねー」



                 FIN



256 : 以下、名無しにかわりまして梓がお送りします ◆X5XE8QMuSo - 2010/07/25(日) 23:50:07.48 DJRVxpAw0 75/83


あとがき

あずにゃんは俺の嫁
お前らには一年のモブ二人(生徒AB)をやろう


267 : 以下、名無しにかわりまして梓がお送りします ◆X5XE8QMuSo - 2010/07/25(日) 23:55:31.61 DJRVxpAw0 76/83


質問受け付けます
わかりにくいようなのでまとめ

飛行機事故で唯と梓以外みんな死ぬ、律と憂は意識不明
憂と律は死人と一緒に狭間に。唯は死者として割り込む
ぎりぎり二人は助かる
5年後唯たちはアルバムデビュー
あずにゃんはゴキブリではなく神様になりかけているだけ←重要


276 : 以下、名無しにかわりまして梓がお送りします ◆X5XE8QMuSo - 2010/07/26(月) 00:06:27.53 QRY+2yw60 77/83


ちなみに原案は核戦争の中あずにゃん以外が次々と死んでいって
最後は最高神になった唯を殺して地球上であずにゃんしか生き残らないって言う鬱SSだった

それを新人賞への応募用の小説の設定と混ぜたら前半と後半で違う作風になってしまった


だれもきいてないか……


279 : 以下、名... - 2010/07/26(月) 00:09:09.23 1BhGfemc0 78/83


>>276
正直、どこを混ぜてあるのかわからない


283 : 以下、名無しにかわりまして梓がお送りします ◆X5XE8QMuSo - 2010/07/26(月) 00:20:26.77 QRY+2yw60 79/83


>>279
PtipeSS 神様の唯VS超耐久力のあずにゃん
小説  少年はいつの間にか死者の世界に迷い込んでた
    幽霊だと思ってた少女が実は霊媒師で助けてもらう
VIP 悪ふざけ大好き
俺   あずにゃんLIVE
結果  唯「最後の一週間」

できるかぎり鬱展開は避けようとおもってね
ちなみに旅客機が落ちたのは唯を恐れた他の神々のせい  


282 : 以下、名... - 2010/07/26(月) 00:19:19.71 C6qD0CYvO 80/83


>>1乙
スゲー面白かった
もう少し一週間を4人の視点で別々に
書いてたら面白くなりそうな気がする


285 : 以下、名無しにかわりまして梓がお送りします ◆X5XE8QMuSo - 2010/07/26(月) 00:25:26.69 QRY+2yw60 81/83


>>282
なるほど
あんまりたらたらつづけるのもあれなんで短くしちまった
次から参考にする


286 : 以下、名... - 2010/07/26(月) 00:25:49.40 1McfG2Ov0 82/83


> ちなみに旅客機が落ちたのは唯を恐れた他の神々のせい
ギリシャ神話みたいなずいぶんと俗物的な神さんだなおい。


289 : 以下、名無しにかわりまして梓がお送りします ◆X5XE8QMuSo - 2010/07/26(月) 00:32:28.62 QRY+2yw60 83/83


>>286
それは原案のSSの設定が生きている数少ないところです
原案では憂が殺されて怒った唯が神々を粛清して最高神に君臨する
北欧神話が原案のモデルだった

糞つまらない廚二SSになるところでした


記事をツイートする 記事をはてブする