1 : 以下、名... - 2015/09/12 22:44:30.29 lzagYNOe0 1/30


※百合です。苦手な方は読まないほうがいいです。
 それでもよい方は、どうぞ。




不良女「だぁーかぁーらぁー! やってねぇよ!」

女教師「言い訳しても無駄よ」

不良女「言い訳じゃねぇって! 何でもかんでも俺のせいにしやがって!」

女教師「いい加減にしなさい。この窓割ったの貴女でしょ」

不良女「証拠あんのかよ!」

女教師「割れたとき、貴女を見たって言う子がいたのよ」

不良女「だったらソイツ呼んでこいよ! はっきりここで言えってよ!」

女教師「暴力でしか解決できない人の前に呼んでこれるわけがないでしょ」

不良女「あぁん!? ソイツが嘘ついてるかもしんねぇだろ!」

女教師「少なくとも、貴女より信用できるけどね」

不良女「てめぇそれでも教師かよ」

女教師「……いいから、本当のこと言いなさい」

元スレ
不良女「おい」女「ひいっ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1442065470/

2 : 以下、名... - 2015/09/12 22:51:08.03 lzagYNOe0 2/30

不良女「言ってんだろ! 割れたっつうその時間は……と、図書室にいたんだよ!」

女教師「図書室? 貴女が?」

不良女「悪いかよ!」

女教師「嘘つくなら、もっとマシな嘘をつくことね」

不良女「あぁん!?」

女教師「貴女が図書室に行くわけないでしょ」

不良女「何でそう言い切るんだよ!」

女教師「言い切れるわよ。だって、貴女だからね」

不良女「……っつ!」

女教師「はぁ……時間の無駄だわ。今から生徒指導室に来なさい。そこで続きしましょう」

不良女「やってねぇのに誰が行くかよ!」

3 : 以下、名... - 2015/09/12 23:00:22.17 lzagYNOe0 3/30

女教師「来ないのなら、やったということでいいのね」

不良女「はぁ!?」

女教師「そろそろ我慢の限界なのよね。私も、他の先生達も……」

不良女「……ちっ、クソ先公が」

女教師「ふん。さ、行くわよ」



「ま、待ってください……!」


不良女「あん?」

女教師「あら、貴女は……女さん」

「えっ……と、その……」

女教師「何か相談なら、後で聞くけど?」

「ち、違います! ふ、不良女さんのことで……」

女教師「え?」

4 : 以下、名... - 2015/09/12 23:10:08.81 lzagYNOe0 4/30

「不良女さんは……その……」

女教師「何かしら?」

「う、嘘は……ついてないです……!」

女教師「え?」

「ご、ごめんなさい……本当なんです」

女教師「貴女、何を言ってるの? もしかして、脅されてる?」

不良女「はぁ!? んな、しょうもねぇことするかよ!」

「ひっ! ほほほ、本当なんです。その時間は、不良女さん図書室にいました……」

女教師「えっと……」

「それに……その、不良女さんと少し、お話もしました……」

6 : 以下、名... - 2015/09/12 23:19:03.42 lzagYNOe0 5/30

不良女「おい! それは関係ねぇだろ!」

「ひぃ! ごごっごごめんなさいぃ」

女教師「……貴女、本当に脅されてないのね?」

「は、はい! ないです! 本当です! 絶対です!」

不良女「ちっ……余計なことを……」

女教師「分かりました。女さんに免じてこの件は私が処理しておきます」

「あ、ありがとうございます!」

不良女「けっ……んじゃあもう帰っていいんだな」

女教師「その言い方はなんなの!? 女さんに感謝の言葉はないの!?」

「い、いいんです! そそ、そんなのいいです!」

7 : 以下、名... - 2015/09/12 23:35:17.46 lzagYNOe0 6/30

女教師「でも、せっかく貴女が勇気を出して言ってくれたのよ?」

「いいんです。本当にいいんです。間違ってることは、間違ってるって言わなきゃなんです」

女教師「……そうですか。わかりました」

不良女「……けっ、胸糞わりぃ」

女教師「最後に言っておくけど、今回は私の間違いだった、でも次に貴女が何かしたときは」

不良女「わーってるよ。クソ先公。誰だってテメェのキンキン声聞きたくねぇしな」

女教師「……ふん」

「う……」

女教師「あら、ごめんなさいね女さん。あ、そうだ少し時間あるかしら?」

「は、はい。あります……。ここの片付けですか?」

女教師「ううん、ここの片付けは生徒指導の先生にお願いするわ」

「あ、そうですか……では、何をすればいいですか?」

女教師「明日の生徒会で使う書類を整理したいの、一緒にお手伝いお願いできる?」

「は、はい!」




不良女「……アイツ、女っていうのか」

8 : 以下、名... - 2015/09/12 23:43:33.51 lzagYNOe0 7/30


~ 1時間後 ~


 校門前


「ふう……」

不良女「おい」

「ひいっ!」

不良女「ひいって。何でビビってんだよ」

「ふ、不良女さん……こ、こんにちは、です」

不良女「だから、ビビんなよ」

「か、帰ったんじゃなかったんですか?」

不良女「いや、まぁ……なんつうか」

「はい?」

不良女「その……何で、俺を助けたんだよ」

「あ、あー……えっと」

不良女「間違ったことが嫌いってか?」

「そ、それもありますけど……その」

不良女「ああ? さっさ言えよ」

「ひいっ!」

9 : 以下、名... - 2015/09/12 23:51:52.57 lzagYNOe0 8/30

不良女「だからいちいちビビんなよ」

「だって……こ、怖いんです……その、睨みが」

不良女「あぁ、目つき悪いのは生まれつきだ。仕方ねぇだろ」

「生まれつき……なんですか?」

不良女「だから昔から見た目で何でも決められて……って」

「は、はい?」

不良女「んなこたどうでもいいんだよ!」

「ひ、ひいぃぃ!」

不良女「何で俺を助けたか聞いてんだよ!」

「そ、それは……不良女さんが、私と同じ本が好きだったから……で」

不良女「は?」

「不良女さんが探してた本、私も好きなんです。だから、放っておけなくて」

不良女「……それだけ?」

「え? は、はい」

10 : 以下、名... - 2015/09/13 00:00:27.19 n3W4DKn70 9/30

不良女「っ……はははっ……」

「はい?」

不良女「っかはははははは!」

「え、ええ……」

不良女「お前、いいよ。すげえ、いい」

「は、はい……?」

不良女「おい、何か食いたいのねえか?」

「え、いや、今はとくに……」

不良女「そうか、んじゃあ何か適当に奢ってやるよ」

「え、いや、いいです」

不良女「うっせえ、奢れせろ! おら、今から街行くぞ!」

「え、えええ!」

不良女「お前気に入ったよ」

「え、ふえええ?」


11 : 以下、名... - 2015/09/13 00:17:45.63 n3W4DKn70 10/30



~ 1週間後 ~


不良女「女ぁ! おっはよー!」

「おお、おはようございます」

不良女「ひひっ、今日も暗い顔してんなぁ」

「え、えぇ……」



金髪女「……ねぇ、最近アイツとよく絡んでるけど」

不良女「あん? いいじゃねえか。アイツ気に入ってんだよ」

金髪女「いいけど。なんかあったの? アンタと完全に反対の子だよ?」

不良女「んー、なんつうか、今までにないタイプ?」

金髪女「はい?」

不良女「お前も話したら分かるよ」

金髪女「ふーん。んじゃあ呼んでよ、話してみたい」

不良女「おっけー。女ぁ! ちょっと来いよー! 本なんか呼んでねぇでよ!」

「ひいい……! は、はい!」

13 : 以下、名... - 2015/09/13 00:29:03.51 n3W4DKn70 11/30

金髪女「おいすうー」

「ど、どうも……です」

不良女「んだよ、今さらビビんなよ」

金髪女「いや、アンタとウチに絡まれたら仕方ないでしょ」

「あの……なんですか……?」

金髪女「いや、とくにないけど」

「ええ……」

不良女「コイツ、俺のダチの金髪女。化粧臭いけどいい奴だぞ」

金髪女「はあん? アンタは頭ん中空っぽのくせに」

不良女「ああ? ちょっと勉強できからって調子乗ってんじゃねぇよ」

「け、喧嘩はダメですよ! 友達なら、な、仲よくですよ?」

金髪女「いや、これウチん中じゃ日常だから」

「え、ええ……そんな、怖いことが日常……」

不良女「女はビビりだから喧嘩できねえもんな」

14 : 以下、名... - 2015/09/13 00:41:18.85 n3W4DKn70 12/30

金髪女「いや、しょっちゅう喧嘩すんのアンタぐらいでしょ」

不良女「いやいや、俺から喧嘩売るのめったにねえし。ほとんど売られんだよ」

「あ……不良女さん、目つき悪いから誤解が多いんでしたっけ……」

不良女「ま、まぁ……な。別にいいんだよ慣れてっから」

金髪女「そんなこと言って、次に何か問題起こしたらダメって言ってなかったっけ」

「そ、そうですよ! 不良女さんに何かあったら、その……悲しいですよ」

金髪女「お?」

不良女「っっ! 嬉しいこといってくれんじゃんかよ!」

「っあう……あ、頭ワシワシしないでくださ……あ、あああ」

金髪女「ふーん。なかなか可愛い子じゃん」

不良女「だろ? コイツは俺の気に入りなんだよ」

「お気に入りって……おもちゃか何かですか……」

15 : 以下、名... - 2015/09/13 00:48:34.70 n3W4DKn70 13/30


女教師「おはようございます、予鈴1分前よ、席につきなさい」


「あ、先生来ちゃいましたよ」

不良女「けっ、朝っぱらからクソ真面目だな」

金髪女「ほーんと、いやんなっちゃう」

女教師「こら! そこ! 聞こえてるわよ!」

不良女「ベーっだ」

女教師「っ! なんなのその態度は!」

「あ、あわわ、不良女さん……問題はダメです」

不良女「わーってるよ」

女教師「女さんも、早く席につきなさい」

「あ、はい! すみません!」


女教師「まったく……なんでそんな奴なんかと……」

16 : 以下、名... - 2015/09/13 00:55:04.12 n3W4DKn70 14/30


~ 放課後 ~


女教師「ごめんなさいね、また手伝いお願いしちゃって」

「いえ、大丈夫ですよ。時間空いてましたので」

女教師「……本当に、助かるわ」

「先生?」

女教師「女さんとこうして会話しながら作業をしていると、疲れが飛んじゃうわ」

「あ、あはは。それはどうもです……」

女教師「ねぇ、それはそうと、最近不良女さんと仲がいいみたいだけど」

「あ、えっと……そうですね」

女教師「はっきり言うわ、あんな人と仲良くなるのはやめなさい」

18 : 以下、名... - 2015/09/13 01:06:22.99 n3W4DKn70 15/30

「え?」

女教師「あんな乱暴で頭が悪い人間……貴女にはつりあわない」

「ち、違います! 先生は誤解してます……!」

女教師「あら、なにを誤解しているのかしら?」

「たしかに……喧嘩とかすぐにしちゃう人ですけど、先生が思っているほど乱暴じゃありません」

女教師「優しいわね、あんなクズみないな人間を庇うなんて」

「そ、そんな言い方しなくても!」

女教師「いいえ、貴女は何もわかっちゃいないわ」

「っつ……すみません、先生。今日は帰ります」

女教師「待ちなさい、まだ話は終わっていません」

「し、失礼します!」

女教師「待って! 女さん!」


女教師「っつ……貴女はわかってないの……貴女は……」

19 : 以下、名... - 2015/09/13 01:15:43.57 n3W4DKn70 16/30


~ 学校前の歩道 ~


「はぁっ……はぁっ……」


不良女「あれ? なにやってんだ女」

「っはぁ……不良女さん……」

不良女「ははっ、走って息切れとか体力なさすぎだろ」

「……不良女さんは、嫌じゃないんですか?」

不良女「あん? なんだいきなり」

「いろんな人から、乱暴だって、嫌なやつだって、おまけに喧嘩売られて……」

不良女「……前にも言ったけどよ、慣れてんだよ。そーいうの」

「慣れてても……痛いのは痛いんじゃないんですか……」

不良女「ははっ、なんだそりゃ。お前、やっぱ変なやつだなぁ」

20 : 以下、名... - 2015/09/13 01:24:03.36 n3W4DKn70 17/30

「へ、変じゃないです! 私は真面目に……!」

不良女「お前さ、俺と話す前は、俺ってどんな奴だった?」

「え……?」

不良女「危ない奴って、思ってただろ」

「……それは」

不良女「大丈夫、怒ったりしねぇって。だから慣れてんだよ、そういう目に」

「ごめんなさい……私、私も……貴女を傷つけてしまって……」

不良女「ばーか。いいだよ」

「で、でも……今は……!」

不良女「知ってる。今はそんなこと思ってねえって。まぁ、でもちょっとビビられるけどな。ひひひ」

「そ、その……ビビるのは……違います」

不良女「あん? いまさら気遣いなんていらねえよ。正直でいいんだぜ? 俺がまだ怖いだろ?」

21 : 以下、名... - 2015/09/13 01:32:24.00 n3W4DKn70 18/30

「こ、怖くないです!」

不良女「いや、でも今日だってビビッて……」

「は、初めてなんです……!」

不良女「は?」

「こ、こんなに話しかけてくれて……すごく近くで笑いかけてくれて……」

不良女「お、おう?」

「その……と、友達っていう存在が……初めてなんです!」

不良女「っつ!」

「だから……緊張してしまって……うう」

不良女「んじゃ、この1週間おどおどしてたのって……」

「恥ずかしくて……その……はうう……」

不良女「ば、ばか! そんな話やめろ! こっちまで恥ずかしくなんだろ!」

22 : 以下、名... - 2015/09/13 01:37:37.58 n3W4DKn70 19/30

「ううう……」

不良女「っはは……ははははは!」

「ひ、ひどいです! 笑うだなんて!」

不良女「やっぱお前……いいよ、最高だよ」

「え、えへへ……そうですか? えへへ……」

不良女「おい、今から遊びに行くぞ」

「え、今からですか?」

不良女「いいから、行くぞ!」

「……はい!」

不良女「へへっ」





女教師「……っ」

23 : 以下、名... - 2015/09/13 01:44:23.85 n3W4DKn70 20/30


~ 1週間後 ~

 
「え……書類が足りない?」

女教師「そうなのよ、今から1人じゃ間に合わなくて……」

「わかりました、お手伝いします」

女教師「ごめんなさいね、いつもいつも」

「いえ、困ったときはお互い様ですよ」

女教師「ふふ、優しいのね」

「いえ……そんなことないです」

女教師「ううん……優しいわ、独り占めしたくなるほどに……ね」

「え?」

女教師「なんでもないわ。さ、行きましょ」

24 : 以下、名... - 2015/09/13 01:53:05.57 n3W4DKn70 21/30


~ 空き教室 ~


「あれ? 先生、この教室って何も無いとこじゃ……」

女教師「いるわよ。貴女が、いるじゃない」

「あの……先生?」

女教師「はぁ……この空間に貴女がいる。それだけで他に何もいらない」

「い、言っている意味がわかりません! しょ……書類はどうしたんですか!?」

女教師「書類なんてないわよ。ごめんなさいね、先生嘘ついちゃった」

「え……なんで……」

女教師「貴女があのゴミと縁を切らないからよ」

「ゴミって……不良女さんのことですか!? まだそんなことを言ってるんですか!」

女教師「そうよ」

「なんで分からないんですか! 不良女さんは……!」

女教師「まだ分からないのは貴女よ。貴女は分かってない」

「え……?」

25 : 以下、名... - 2015/09/13 02:03:40.69 n3W4DKn70 22/30

女教師「貴女は……完璧なの」

「なに……何を言いたいんですか」

女教師「完璧で清楚で美しいの」

「……ひっ!」

女教師「そんな貴女にベタベタとあのゴミは!!」

女教師「汚い手でベタベタ! 汚れた声で、目で、息で!!」

「酷い……そんな酷いこと言わないで……!」

女教師「酷い……? 酷いのは貴女よ……」

「え……」

女教師「せっかく、窓ガラスの事件をゴミに擦り付けれたのに」

「まさか! あれ……!」

女教師「そうよ。もともとあのゴミは気に入らなくてね。ガラスを割って暴れる暴力生徒に仕立て上げようとしたのに」

「そんな……あれは、先生の自作自演……?」

女教師「ふふっ、そうよ。そもそも目撃者の生徒なんかいないし」

26 : 以下、名... - 2015/09/13 02:10:40.20 n3W4DKn70 23/30

「そんな……」

女教師「その結果……貴女と仲良くなるなんて……」

「……謝って……」

女教師「え?」

「不良女さんに謝って!」

女教師「……ふふ、優しいのね貴女」

「間違ってる! 謝って!」

女教師「いや、よ」

「え……っきゃあ!!」

女教師「ほーら、おねんねしましょうね」

「や……離して!」

女教師「ふふ、こうしてしまえば、抵抗できないもんね」

「や、やだ! 体触らないで!」

27 : 以下、名... - 2015/09/13 02:16:52.47 n3W4DKn70 24/30

女教師「あぁ……可愛らしい体……いい匂い」

「う……うぅぅ……」

女教師「大丈夫。あんなゴミなんか忘れるくらい、先生でいっぱいにしてあげる」

「ぁっつ……やっ……」

女教師「ゴミから救うには、これしかないの……わかって」

「……けて……たすけて……」

女教師「……ふふ、可愛らしい下着ね」

「……み、見ないで……」

女教師「……はぁ……いいわ……さぁ、全てを見せて」

「……たすけて……不良女……さん」

女教師「ほーら、もう裸になっちゃたわね……それでは……」





不良女「おんなああああああああああああああああ!!!!」

28 : 以下、名... - 2015/09/13 02:24:37.30 n3W4DKn70 25/30

女教師「なっ!?」

不良女「なぁにしてんだあああああああ!!」

女教師「……っぐぶえ!!」

不良女「おらあ!! 死ね! ごらああ!」

「や、やめ! もう先生気絶しちゃってるよ!」

不良女「ああん!? 気絶ですむかよおお!」

「いいの! いいから! お願い!」

不良女「う……おう……ってか、服着ろ!」

「あ……う、うん」

不良女「ったく……心配させんなよ」

「う……っうえ……うえぇぇえぇ」

不良女「あー……おうおう、怖かったな」

「っひく……ぇぇええううええ」

不良女「大丈夫、大丈夫だ。俺が側にいるから」

「うん……うん……っひく……」

29 : 以下、名... - 2015/09/13 02:31:08.64 n3W4DKn70 26/30

金髪女「せーんせー、ここだよここ」

生徒指導「お、おお! って、んじゃこりゃ」

不良女「おう、ババア遅かったな」

生徒指導「ったぁー、派手にやったな」

不良女「うっせ。こっちとらダチが危なかったんだ」

「……っつ」

生徒指導「分かってるよ……はぁ、これから大変だな」

不良女「ちゃんと、このクソ先公を警察つきだせよ」

生徒指導「わかってるよ。とりあえずその子、保健室連れて行きな」

不良女「おう。ほら、行くぞ」

「……うん」

30 : 以下、名... - 2015/09/13 02:39:20.03 n3W4DKn70 27/30


 ~ 保健室 ~


不良女「少しは落ち着いたか?」

「はい……ありがとうございます……」

不良女「そか」

「……かっこよかった、です……不良女さん」

不良女「え?」

「喧嘩してる不良女さんって、あんな感じなんですか?」

不良女「あ……いや、あんなに怒ったことねぇっつーか……」

「そうなんですか……」

不良女「……」

「……」

不良女「なんつーか、その」

「はい?」

不良女「決めた。俺、決めたよ」

「何を……ですか?」

不良女「俺、お前の泣き顔とか落ち込んでるの見たくねえ。だから、守る」

「へ?」

32 : 以下、名... - 2015/09/13 02:47:39.76 n3W4DKn70 28/30

不良女「俺、バカだからよ。どうやってお前を守るとか考えれねえけど」

「不良女さん……」

不良女「ずっと、ずっと守ってやる……だから、ずっと俺とダチでいてくれ」

「ふふっ……当たり前じゃないですか。何があっても、友達です」

不良女「女……っ」

金髪女「あるえ? 泣いてんのアンタ?」

不良女「な、泣いてねえ! ってかいつの間にいんだよ!」

金髪女「少しは落ち着いた、あたり?」

不良女「最初からかよ!」

「き、気づきませんでした……」

金髪女「いやーあんなにイチャイチャしてたら、入る隙が」

「い、イチャイチャなんて……!」

33 : 以下、名... - 2015/09/13 02:59:24.99 n3W4DKn70 29/30

不良女「俺と女は仲いいからイチャイチャくらいするっつーの、な?」

「うええええ!?」

金髪女「ふふふ、そうだね。これからもっとイチャイチャしてね」

「う、ううう……恥ずかしい」

不良女「へへへ」

金髪女「そーいやさ、不良女が探してた本て何? アンタが図書室行くの珍しかったし」

不良女「なんで今さらその話で、なんでこのタイミングなんだよ」

「あー、あの本ですね。えへへ、あの本が好きって不良女さんも、やっぱり女の子なんですね」

不良女「あ! やめろ! 言うなって!」

金髪女「えー気になるなぁ」

「じつは、絵本で、タイトルが―……」


不良女「やめろおおおおおおおおおお!!!」



~END~

34 : 以下、名... - 2015/09/13 03:01:34.38 n3W4DKn70 30/30

おしまいです。
SS書くのって難しいですね。
短いですが、ありがとうございましたー。

記事をツイートする 記事をはてブする