1 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 22:37:18.23 6wn6Smg7O 1/22


QB「すごいね、こんな充実した学生生活をおくることが可能になるのか……」パラッ

QB「80点以上キープか…それに付録や貯めたシールでもらえる景品があるのか」

QB「これならモチベーションの低下を減少できる可能性があるね」

QB「値段もそこまで高い訳でもないし…」

QB「よし、マミの為にも契約してみよう」

ピッポッパ
プルルルル…プルルルル…

QB「もしもし、バネッセと契約するから、進研ゼロを送ってよ」



元スレ
QB「へ~こんな教材があるんだね」
http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1332337038/

6 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 22:46:00.43 6wn6Smg7O 2/22


数日後

郵便配達「ありがとうございました~」

マミ「ご苦労様です」

バタン

マミ「……間違いなく私宛よね」

マミ「間違って掛けたことなんてあったかしら……」

QB「おや、それは…?」

マミ「ん? ああ、これ進研ゼロっていう学習教材なの」

マミ「多分間違って届いたんじゃないかと思うんだけど。でも、住所も宛名も合っててちょっと確認しないといけないの」

QB「確認? なんのだい?」

マミ「え? だから……」


7 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 22:50:57.16 6wn6Smg7O 3/22


QB「なるほど、そういえばマミにちゃんと言ってなかったね」

マミ「?」

QB「僕がバネッセに電話して契約したんだ、君の学生生活を支援したくてね」

QB「魔法少女、毎日ご苦労様マミ、これで今日からは大分マシになるんじゃないかな」

マミ「……んっとね、何を言ってるのかわかんないんだけど」

QB「まあまあ、先ずはセット内容を確認しようじゃないか」テトテト


10 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 22:57:28.50 6wn6Smg7O 4/22


QB「うん、広告通りの充実した教材だね」

QB「いいかいマミ? これからはノートを必死にとらなくても、この教材があれば君の成績はうなぎ登りだよ」

QB「80点キープを約束するよ」

マミ「80点以下なんてあんまりとったことないんだけど……」

QB「それは予習復習を徹底したからだろう? 今日からは進研ゼロをやるだけで維持できるのさ」

QB「これで時間が浮くよね? そしたら部活だマミ」

マミ「ぶ、部活?」

QB「そして憧れの先輩に惚れられ、部活で活躍して進学高に行けるってわけさ」

マミ「先輩って何???」


12 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:04:48.95 6wn6Smg7O 5/22


QB「百聞は一見に如かずだよマミ、早速今日の分を消化しよう」

マミ(よくわからないけど、キュゥべえが私の為にやってくれたことだし)

マミ「そうね、どんなものなのかやってみようかしら」

マミ「………」

QB「………」

QB「どう? 手応えの程は」

マミ「……」

QB「おっと、これから少なくなる勉強時間を邪魔しちゃいけないね」

QB「退散退散」テトテト

マミ「……」


14 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:10:56.84 6wn6Smg7O 6/22


マンションの出入り口

さやか(マミさん居るかな)

QB「おや? さやかじゃないか」

さやか「キュゥべえ、丁度よかった!」

QB「僕に用事かい?」

さやか「全然、マミさんって今家に居る?」

QB「うん、居るよ」

さやか「ホント?良かった~」

QB「マミに用事かい?」

さやか「そうだよ、ちょびっと勉強を教えてもらえないかなって思ってさ」

QB「う~ん、それはタイミングが悪かったねさやか」

QB「マミは今、新しい教材を前に夢中でそれどころじゃないのさ」

さやか「教材? 何それ?」


21 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:17:58.45 6wn6Smg7O 7/22


QB「それはね…」

さやか「なになに~?気になるな~」

QB(待てよ、これはあくまで僕が独自に見つけてきたものだ)

QB(毎日頑張ってるマミだからこそ契約したんだ、この遊んでばかりの○○に教えていいものか…?)

QB(ダメだね、それは不公平というものだ、対価は然るべき行いをした者にのみ与えないと不平不満がでてしまうね)

QB「残念だけど、秘密なんだ」

さやか「何それ~いいじゃん教えてよ~」

QB「諦めてよさやか、言えないことなんだから」

さやか「ちぇっ」

さやか「あ!もしかしてこどもチャレンジとか言わないよね?」ニヤニヤ

QB「あのね…こどもってマミは中学生だよ?」


23 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:25:02.89 6wn6Smg7O 8/22


マミ家

マミ「ふぅ、30分ぐらいやれば十分なのかしら?」

ペラッペラッ

マミ「……要点をしっかり抑えているし、解説のおかげで分かり易い」

マミ「確かに優れた教材なんだけど……」

マミ「でも、これだけじゃ不安だわ」

マミ「やっぱりノートの見直しはしておこう」

マミ「……」カキカキ

マミ「部活かぁ……」

マミ「ふふ、まさかね」ニコッ


25 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:30:26.83 6wn6Smg7O 9/22


QB「……さやか」

さやか「何?」

QB「参考までに聞きたいんだけど、君の学習要領どんな風なんだい?」

さやか「……なんだって?」

QB「ごめん、具体的には家に帰ってからの勉強法のことさ」

さやか「えっと……なんでそんなこと聞きくの?」

QB「興味があるからさ、失敗例として押さえおきたいんだ」

さやか「失敗例ってひどいな~」

さやか「まあ、あたしぐらいになると授業で十分っていうか」

QB「もういいや」テトテト


34 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:38:43.92 6wn6Smg7O 10/22


公園

QB(進研ゼロの効力を疑うわけじゃないけど、まどか達の学習法を見ておくべきかもしれないね)

QB(あり得ないとは思うけど、進研ゼロより優れた方法がないとは言い切れないし)

杏子「散歩かい?」

QB「……佐倉杏子」

杏子「ん? アタシの顔に何かついてるかい?」

QB「君は……いや、なんでもないよ」テトテト

杏子「?? なんだあいつ」

杏子「まあいいか、早くマミにたかりに行かないと」


38 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:46:59.19 6wn6Smg7O 11/22


ほむら宅

QB(まどかはおそらく無難だろうからスルーするけど、暁美ほむら)

QB(彼女は油断ならない、成績はトップクラス、それに二年生でマミと戦える学力を有している)

QB(一体どんな教材を使っているんだ?)

シーン

QB「……残念なことに留守みたいだ」

QB「………」

QB「進研ゼロの痕跡はないようだ、もしかしたらと思っていたけど杞憂だったね」

ほむら「……」

QB「……」

ほむら「…」

QB「……どうも」ペコッ


40 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:54:42.26 6wn6Smg7O 12/22


QB「勝手に上がったのは謝るよ暁美ほむら」

ほむら「……用は?」

QB「あれ? 許してもらえるのかい?」

ほむら「早く消えてもらいたいの、要件を言って速やかに失せなさい」

QB「そうかい、じゃあ聞かせて欲しいんだけど」

QB「君の学習法を教えてもらえないかな?おっと理由は僕自身が興味あるからだよ」

ほむら「特殊なことはしていないわ……」

QB「嘘はつかないでもらいたいな、予習復習でそこまで行けるなんておかしいじゃないか」

QB「君の学力は間違いなく三年生の水準だ、頼むよ暁美ほむら」

QB「隠さないで教えて欲しいんだ」


43 : 以下、名... - 2012/03/21(水) 23:59:53.78 6wn6Smg7O 13/22


ほむら「……塾に通ってるぐらいよ、他には別に」

QB「塾だって? なんだいそれは?」

ほむら「いやに食いつくのね……」

QB「うん、とても興味あるんだ」

ほむら「大したものではないわ……」

………

……

QB「なるほど、そんな機関が存在していたなんて」

ほむら「……大げさね」

QB「Z改か………」


48 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 00:07:33.74 eBZOYUv2O 14/22


マミ宅

杏子「これ知ってるぞ! 漫画が付いてたから読んだことあるんだ」

マミ「うふふ、あれ、ちょっとでき過ぎてるわよね」

杏子「そんなこと言っちゃってさ、マジに受け止めちゃたんじゃないのか~?」ニヤニヤ

マミ「ふふ。実はキュゥべえがね」

マミ「私の勉強に取ってる時間を気にしてくれてね、頼んじゃったみたいなの」

杏子「へぇ、あれがね~」



QB「もしもし」

QB「…うん…うん。そうだよ」

QB「……それでいいよ、だから巴マミをZ改と契約しておくれよ」


53 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 00:13:47.74 eBZOYUv2O 15/22


QB「ただいま」

マミ「お帰りなさい、随分遅かったのね」

QB「マミ、今時間あるかな? ちょっとついて来て欲しい所があるんだ」

マミ「え? 今から」

QB「マミ、Z改って知ってるかな?」

マミ「う、うん。知ってるわよ」

QB「そうなのかい? それは話が早くて助かるよ」

QB「実はさっき、入る為の手続きを済ませてきたところなんだ」

マミ「??」

QB「それでね、試しに今日一時限だけやってみないかって言われてね」

マミ「??????」


55 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 00:23:57.53 eBZOYUv2O 16/22


マミ「Z改って塾よね? あれ?」

QB「どうしたんだいマミ? 何か不都合でもあるのかい?」

マミ「えっ……だ、だってゼロで勉強時間を減らして部活がって……」

QB「ああ、進研ゼロのことだね」

QB「確かに部活も大事だけどねマミ、それ以上にいい大学に行ってから、サークルで楽しむ方が有意義に感じないかい?」

マミ「それも悪いとは思わないけど、いきなり大学って……」

QB「いやいや、受験に備えるのに早くて悪い事はないさ、今からならZ改なら東大も不可能ではないんだって」

QB「暁美ほむらの異常な学力は知っているよね? 何とその秘密はZ改にあったみたいなんだ」




ほむら(殆ど持ち越しだけどね)


59 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 00:34:35.43 eBZOYUv2O 17/22


QB「今の君には安定の進研ゼロに推進のZ改という、最高の予習と復習を得たんだ」

QB「ならば目指すは高見だよマミ」

QB「確かに、マミの幸せは日常の優先だと思っていたんだ」

マミ「キュゥべえ……」

QB「でもそれは浅はかだってわかったんだ、Z改の資料を見て確信したんだ」

QB「この2つがあればマミなら東大に行けるってね、将来性を無視して現状なんて……マミ、本当にごめんよ。あと少しで君の人生を棒に振るところだったよ」

マミ「……キュゥべえ、私は今を楽しめれば十分よ?だから」

QB「馬鹿野郎!」


63 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 00:43:41.50 eBZOYUv2O 18/22


マミ「ば、馬鹿……?」

QB「あのねマミ、見滝原中は確かに上の方ではあるけど、上の下なんだよ」

QB「そんなとこで普通に勉強したってね?行けるとこなんてたかがしれてるんだ」

QB「たかがしれてる高校じゃあ頑張ったって行けて早稲田とかの私立だよ(Z改電話担当W談)」

マミ「十分じゃないの? 名門じゃない……」

QB「馬鹿か君は!?学費を考えなよ」

マミ(また馬鹿って言われた……」

QB「今頑張らなきゃ遅いんだよ?」
W『今頑張らきゃ遅いんですよ!』


69 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 00:55:20.41 eBZOYUv2O 19/22


それからというもの私は、学校から帰っては魔女を狩り、塾へ行き、家に帰っては進研ゼロをやる毎日です。

部活なんてもっての他、委員会だってまともこなせないんです。

おかげで成績の方はみるみる成果をあげて、今はテストで満点も珍しくありません。

でも…キュゥべえが魔女狩りよりも勉強を優先して!っと強く言われ、佐倉さんや暁美さんに迷惑を掛けています。

止めたいとよく思います……けど、キュゥべえの善意がとても嬉しく、複雑です……。


まどか「マミさ~ん♪ 今日遊びに行ってもいいですか?」

さやか「最近全然構ってくれなくて寂しいよマミさ~ん♪」

マミ「……ごめんね、塾があるから」

さやか「たまにはサボってもいいじゃないですか~♪」

QB「ちょっとちょっと、平均のまどかに下位のさやか」

QB「マミを困らせないでおくれよ」シッシッ


75 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 01:08:34.97 eBZOYUv2O 20/22


杏子「勉強…成績…学歴…どこから来て どこへ行くんだい?」

杏子「アタシは 佐倉杏子
すべての成績 すべての学歴 進学を消し
そして アタシも消えよう 永遠に!!」

マミ「佐倉…さん……」

QB「馬鹿なことを言わないでくれ佐倉杏子」

QB「皆、学歴を証明に 成績を勲章に歩いて行くんだ」

QB「それを捨てるなんてもったいない」

杏子「うるさぁい!! お前がマミをたぶらかすからこちとら腹ぺこなんだ!!」

杏子「マミを解き放て! マミはまだ中学生なんだぞ!」


79 : 以下、名... - 2012/03/22(木) 01:19:18.02 eBZOYUv2O 21/22


まどか「……」

さやか「……」

さやか「そ、そうだそうだ! まだ根を詰めるなんて早い!」

まどか「! そ、そうだよ! マミさんだってきっと遊びたいはずだよ!」

QB「二人とも、流されちゃいけないよ」

QB「彼女をみてごらん?中学生ですでにフリーターだ」

QB「ってことは将来もフリーター、つまり……袋小路……」

まどか「フリーターも立派なお仕事だよ」

さやか「そうだそうだ!家の従兄だって28でバリバリのフリーターだけど、毎日楽しそうなんだぞ~」

杏子「三対一だ、観念してマミをこっちによこせ」

杏子「力ずくなんてごめんだろう?」


83 : お疲れ様~ - 2012/03/22(木) 01:30:37.52 eBZOYUv2O 22/22


QB「……やっぱりバカだね、君たちは」

QB「いいよ、ならマミに聞いてごらん?」

QB「君たちみたいな低能と一緒にいたいか、僕についてきて栄光への道に行きたいか」

QB「ねぇマミ? 賢い君ならわかるよね」

1.「あ、じゃあ戻っていい?」
2.「正直疲れたから、ごめんね、バイバイ」
3.「私、そこまで真面目じゃないから、さよなら」
4.「続かないわ…でも進研ゼロは続けるから、漫画が面白いの!」
5.「どういう思考してたら、私が好き好んで付いて行くと思うのよ……」

欠番.「待っててよ東大!絶対合格してみせるわ!」



>>終わり


記事をツイートする 記事をはてブする