1 : 以下、?... - 2019/02/24 00:48:34.009 1pJBvjZo0 1/12

ヴィーネ「続けなよ」

元スレ
ガヴリール「あっ、あっ♡、ヴィーネっ、ヴィーネっ」クチュクチュ ヴィーネ「ガヴ―、入るわよっ……、って、あ……ふーん」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1550936914/

9 : 以下、?... - 2019/02/24 00:59:43.727 1pJBvjZo0 2/12

ヴィーネ「フーン……♡」

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネ、ち、違っ……、これは……っ」

ヴィーネ「違うって何が違うの?ごめんね、ガヴが一人で愉しんでることにはいってきて、けど、そのまま続けていいわよ?」

ガヴ「は、はああ!?な、なにいって、そ、そんなことできるわけ……!」

ヴィーネ「ガヴが愉しんでるとこ、私にもみせて……、ね、お願いガヴ……♡」

15 : 以下、?... - 2019/02/24 01:04:19.267 1pJBvjZo0 3/12

ヴィーネに言われて一人Hを続ける羽目になったガヴ

ガヴ「はあ……はあ……」クチュクチュ

ヴィーネ「ふうん、ガヴって普段こういうふうになってんだあ…♡チクビ触りながらするのがいいんだ♡」

ガヴ「はあ…、ち、違っ……、そんな、普段からなんて…してない……からあ…」

ヴィーネ「うそばっかり、すごく慣れた手つきで弄ってるくせに何いってんの?ふふ」

ガヴ「……っ////、そ、そんなことな……あっ♡、ちょ……違うってばあ……、そ、そんなまじまじとみるなよ…はあ…はあ…」クチュクチュ

19 : 以下、?... - 2019/02/24 01:12:15.234 1pJBvjZo0 4/12

ガヴ「はあ…あっ、あんっ♡ヴィーネっ、もうみないで……っ♡」クチュクチュ

ヴィーネ「顔だらしなくなってるわよガヴさん……♡すっごいエッチな顔してる、サターニャやラフィに見せられないわね……」

ヴィーネ「天使がそんなんじゃ駄目じゃない……ふふ」

ガヴ「あっ、あっ、ヴィーネっ、や、やめて、い、いじわる言わないで……っ、あっあっ♡」

ヴィーネ「あれ?さっきより息粗くなってるよ…?喘ぎ声も大きくなってるし……ガヴってすごいエッチなのね、いつも一人でこんなふうに自分の身体のいろんなとこ弄ってエッチな気分になってたんだ?」

ガヴ「あっ、あっ、だから違うからっ、違うってばあ……っ♡ん、ああ…♡」クチュクチュクチュ

24 : 以下、?... - 2019/02/24 01:21:07.844 1pJBvjZo0 5/12

ヴィーネ「さっきから違う違うって…、ガヴさんの嘘つきぃ……、んもう…、じゃあこの質問にはちゃんと答えてね?」すっ

ガヴ「はあ…はあ……ヴィー、え?」

ヴィーネ「ねえガヴ、さっきから誰の事考えて、弄ってるの?」ぼそっ

耳元すれすれのとこで甘く優しい声で囁くヴィーネ

ガヴ「……っ////.、はあ……はあ…!!…ん…っ、ああっ……ああんっ…」グチュグチュ

ヴィーネ「ん…?あれ、ガヴさん……なんか手の動きはやくなってるよ……?音も大きくなって……、臭いも強くなってきてるわよ?急にどうしちゃってのかしら?」

ヴィーネ「それに私のほうをそんなチラチラみて、なんでそんな切なそうにしてるのかなあ?ふふ……♪」

29 : 以下、?... - 2019/02/24 01:31:18.796 1pJBvjZo0 6/12

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネのばか…わかってるくせに…、いじわるっ!…はあ…はあ…!、あんっ♡あんっ♡」グチュグチュ

ヴィーネ「ん?なに言ってるのガヴ?それより早く質問に答えなよ、ねえ、誰のこと考えてシてるの?ねえ、言ってはやく、ねえ…ガヴさん」

ガヴ「ああんっ!もう、ばか!だからっ、ヴィーネのこと考えてシてたの!! お前のことオカズにして一人Hしてるのぉ!ああ…ああ…!!」グチュグチュグチュ

ガヴ「ヴィーネのこと好きすぎて…♡ヴィーネのこと考えながら身体のいろんなとこ弄ってると……すごいキモチいいのぉ!!あっ、あああんっ♡もう、ヴィーネのいじわるっ、ああんっ♡」グチュグチュグチュっ

ヴィーネ「……はあ…はあ……、ふーん…そうなんだあ…♡♡」ゾクゾクゾク

35 : 以下、?... - 2019/02/24 01:47:23.075 1pJBvjZo0 7/12

ヴィーネ「はあ…はあ…、ふふ…ガヴさーん……、私のことオカズにして普段からそんなことしてたんだあ……、友達とおもってたのに、知らなかったなあ……♡」

ガヴ「ああ、ああんっ♡、ヴィーネっ、ヴィーネっ!!、ああんっ♡ごめんなさいごめんなさいヴィーネっ、!好きっ…ああんっ…これ以上、こんなとこみないでえっ!♡」グチュグチュグチュっ

ヴィーネ「ふふ…、だーめ、これは、普段から私のこと考えて一人Hしてた罰なんだから……、けど、ちょっと意地悪しすぎちゃったから…、ちょっとお詫びに…、んん♡♡」

ガヴに激しい口づけをするヴィーネ

ヴィーネ「ん…んふ……んっ……んっ…♡」チュウウ…クチュ…クチュ…

ガヴ「~~~~~~~っ/////////」

ヴィーネ「ふふ……、はあ…はあ…一人エッチ中にガヴにエッチなチューしちゃった…♡けど、これでもっと頭の中私のことでいっぱいになったでしょ?えへへ♡」

ガヴ「はあ!はあ!もう…ばか!ああっ、ヴィーネっ、ヴィーネっ、あん、あああん、ああああん!!」グチュグチュ

ガヴ「あああああああんっ!!!」ビクンビクン!!

41 : 以下、?... - 2019/02/24 02:02:19.400 1pJBvjZo0 8/12

ガヴ「はあ…はあ……、ヴィーネ…ヴィーネぇ……」ビクンビクン……

ヴィーネ「ふふ……、ガヴったら、友達の目の前でイッちゃうなんて……天使がそんなことでいいのかしら…?ねーえ…♡」

ガヴ「はあ…はあ…♡、ヴぃ、ヴィーネ…、この悪魔……、…わ、わたしこんな……ああ……///」

ヴィーネ「ふーん、自分がエッチな天使なのを私のせいにするんだあ…はあ…はあ…、これはもっとお仕置きが必要だよね……、ねえ、ガヴ……♡」

ガヴ「え…、ヴィーネ…!?」

42 : 以下、?... - 2019/02/24 02:03:19.290 1pJBvjZo0 9/12

制服のスカートをまくりあげ、ガヴに見せつけるヴィーネ

ヴィーネ「はあ…はあ…、ねえ、みて、ガヴ……?わたしもね……?大好きなガヴのこんなことみちゃって、もうこんななんだぁ……♡」クチュクチュ

ガヴ「んな……、ヴィ、ヴィーネ……!」

ヴィーネ「ねえ……ガヴ……、ねえ、いいでしょ…?ねえ…、今度はもういじわるしないから…♡」

ヴィーネ「今度は二人で、シよ……?♡」

ガヴ「はあ…はあ…!ヴィーネ、ヴィーネぇっ!」

47 : 以下、?... - 2019/02/24 02:07:26.269 1pJBvjZo0 10/12

学校では

サターニャ「ガヴリールにヴィネット?今日は学校に来てないわよ、携帯で連絡しても返事ないし、二人とも休みかしらね」

ラフィ「ネトゲ三昧で普段から学校休みまくりのガヴちゃんはともかく、ヴィーネさんもお休みですか…心配ですね」

ラフィ「まあ一応、千里眼で様子をみてみますかね」

ラフィ「千里眼っ」

52 : 以下、?... - 2019/02/24 02:19:39.891 1pJBvjZo0 11/12

薄暗いガヴリールの部屋 ……床には散乱する衣類とティッシュの山

ベットで全裸で絡み合うガヴとヴィーネ

ガヴ「ああん、ヴィーネ…ヴィーネぇ、好きぃ…、もっと、もっとぉ……♡」レロレロ

ヴィーネ「はあ…ああん…♡ガヴったら…、もう昨日の夜から休まずに何回したかわかんないのに…、学校もサボっちゃったし……ほんとエッチな駄天使なんだから……はあむ…♡」

ガヴ「はあ…はあ…、ち、違うよ…、ヴィーネが……、ヴィーネが誘ってきたんだから…、悪いのは全部、ヴィーネだもん……、この悪魔……、、あっ…ああんっ!♡」

ヴィーネ「ふーん、人のせいにするエッチな天使にはまだまだお仕置きが必要みたいね……♡」クチュクチュ

ガヴ「……っ♡、……っ♡、ああっ、あああっ!!」


………

ラフィ「」

57 : 以下、?... - 2019/02/24 02:31:39.116 1pJBvjZo0 12/12

ラフィ「……」

サターニャ「しかし、この私が心配して携帯で連絡したのに2人とも無視とか無礼なやつらだわ……ラフィエルもそう思うでしょ?」

サターニャ「ラフィエル?」

ラフィ「え!?あっ、ふぁ!?ふぁい!?」

サターニャ「どうしたのよ、アンタそんな慌てて?ていうか顔真っ赤だけど大丈夫?アンタも具合悪いんじゃないの?」

ラフィ「え!?い、いや、ち、ち、違っ、……これは、ち、違うんですっ!!」

サターニャ「あ、そう?まあそれならいいけど。けどまあ、ガヴリールはいつものサボりだろうけど、あの真面目なヴィネットが無断欠席だなんてちょっと心配だわ。学校帰りにちょっと見舞いにでも見に行こうかしらね」

サターニャ「そのついで、一応ガヴリールのやつも様子をみに、家によって」

ラフィ「そ、それはやめましょう!サターニャさんっっ/////!!!」

サターニャ「え!?なんでアンタ顔真っ赤にして急にどうしたのよ!?」


2人は一週間くらいダラダラヤリつづけたとさ

おわり

記事をツイートする 記事をはてブする