1 : 以下、?... - 2019/02/24 19:39:37.033 /qnJpk110 1/10

ある日の真夜中――

一人の老人がベッドの上で静かに息を引き取ろうとしていた。


老人「おやすみ……ワシの古時計……」


彼が目をつぶると同時に、彼を百年間見守ってきた古時計も動かなくなった。

元スレ
老人「おやすみ……ワシの古時計……」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1551004777/

3 : 以下、?... - 2019/02/24 19:41:06.946 /qnJpk110 2/10

翌朝――

近所に住んでいた息子たちが、老人の亡骸を発見する。



「昨晩、胸騒ぎがしたから駆けつけてみたら……親父……」

「お義父さん……」

青年「おじいちゃん……」

「おじい様……」

赤子「ばぶぅ、ばぶぅ」

6 : 以下、?... - 2019/02/24 19:43:39.946 /qnJpk110 3/10

「残念だけど……大往生だったよ」

「ちょうど百歳……だったかしら?」

「ああ……今日が誕生日だった。親父らしい、いい最期だ」

「同居の誘いも断って、最後までこの家で一人で暮らしてさ……本当に立派だった」

10 : 以下、?... - 2019/02/24 19:45:13.394 /qnJpk110 4/10

青年「だけど、せっかく産まれたひ孫をもう少し抱かせてあげたかったな」

「そうね……」

赤子「だー、だー」

「だけど、おじい様の強い意志は、きっとこの子にも伝わってるわよ」

青年「うん……きっとそうだ!」

11 : 以下、?... - 2019/02/24 19:47:17.257 /qnJpk110 5/10

「ところで、あの古時計も止まってるな」

「あらホント、百年いつも動いてたらしいのに……」

青年「たしかおじいちゃんが産まれた日に買ってもらったんだっけ?」

「ああ、親父はいつもあの時計と一緒だった。嬉しい時も悲しい時も……」

「俺が子供の頃、あの時計にふざけて蹴り入れたらメチャクチャに怒ったもんさ」

青年「そりゃ怒るって」

「フフフ……」

12 : 以下、?... - 2019/02/24 19:49:01.843 /qnJpk110 6/10

青年「今、こうして止まっちゃったのは……きっと……」

「おじい様が亡くなられたから自分の役目も終わった、と悟ったからかも……」

「ああ、きっとそうだ」

「ロマンチックな話ねえ……」

「今頃、親父は古時計を抱えて天国に旅立って、お袋に再会してるに違いないさ……」

16 : 以下、?... - 2019/02/24 19:52:15.581 /qnJpk110 7/10

青年「――ん?」

青年「この古時計、よく見ると電池式なんだね」

「え、そうなのか?」

青年「単三電池四本で動くみたい」

「それだけの電池で百年動くってすごいわねえ。よほど設計が優れてたのね」

青年「今、俺ちょうど電池持ってるし、入れ替えてみようか」

「……でもなんだか無粋じゃない?」

青年「なあに、おじいちゃんだってもっと時計に動いて欲しいに決まってるさ」

「親父の性格なら、そういうだろうな。動かしてみろよ」

青年「オッケー」

17 : 以下、?... - 2019/02/24 19:53:48.976 /qnJpk110 8/10

青年「入れ替えて、と」カチッ


ボーン…… ボーン……

チクタクチクタク


青年「お、動き始めた!」

20 : 以下、?... - 2019/02/24 19:55:35.215 /qnJpk110 9/10

老人「フォーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!」


「親父!?」

「お義父さん!?」

青年「おじいちゃん!?」

「おじい様!?」

赤子「キャッキャッ」


老人「おおっ、みんな!!! ひっさしぶりじゃなあ!!!!!」

23 : 以下、?... - 2019/02/24 19:57:42.259 /qnJpk110 10/10

老人「うおおおおおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

老人「みなぎるッ! みなぎるぞおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!」

老人「天国で婆さんとも再会してきたし、まだまだ生きてやるぞおおおおおおおおおおお!!!!!」


どうやらこの爺さん、あと百年は生きそうである。







おわり

記事をツイートする 記事をはてブする