勇者「わらしべ勇者の冒険」安価【1】

281 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 20:09:13 9AzG6CUk 238/671

~勇者の故郷~
王様「大臣よ、勇者が旅立ち日が経つが、何か報告はあったか?」

大臣「はい。隣町のエルフを退治したそうで、禁断症状により発狂する奴隷や公娼が増えています」

大臣「それによる経済的損失は、計り知れません」

王様「なんと! 我が国の勇者がしたと知れたら、隣国と紛争になるではないか!」

大臣「女はすでに国外追放しておりますし、経済支援の用意が出来ています」

王様「……ご苦労。わらしべの貧民め。薬草一つで、とんでもない損害だな」

282 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 20:33:18 9AzG6CUk 239/671

大臣「ところで、王様。国家間協定の勇者特約の利用明細をご覧ください」


―――明細報告―――
・隣町
ラブホテル宿泊
ラブホテル飲食代

計○○G


・巨乳美女の街
シティホテル宿泊
シティホテル飲食代

一般旅行者パック
未使用違約金

計○○G

――――――

283 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 20:47:51 9AzG6CUk 240/671

王様「我が国に損害を出すだけではなく、何をしておるのだ!」

大臣「新婚旅行のつもりかもしれませんな」

王様「女と行かせたのは間違いだったか」

大臣「勇者への処罰は、いかが致しましょうか?」

王様「そうだな――」


>>285
1、一時的に勇者の権利剥奪
2、お咎めなし

285 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 21:23:00 8w1DAKaE 241/671

2 勇者にばれるとまずいのでとりあえず放置

287 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 21:58:31 9AzG6CUk 242/671

王様「そうだな――。今回は不問としておこう」

王様「さすがに放置する訳にはいかんが、勇者には功績もある」

大臣「功績ですか?」

王様「呪いのメイスは、魔王が関与していた疑いが強いではないか」

王様「呪いの仕組みを解析出来たのは、我が国にとって強みとなるだろう」

大臣「左様ですね。勇者の件、今回は不問といたしましょう」

288 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 22:14:25 9AzG6CUk 243/671

~高級ラブホテル~
幼馴染「あんっ、あぁっ、いいよ…勇者ぁ」ハァハァ

勇者「幼馴染、イクっ」ドピュッ

幼馴染「うふふ、いっぱい出たね//」

勇者「幼馴染がエロいからだろ。いやらしい僧侶だな」

幼馴染「だってぇ、勇者が好きなんだもん。こんなにムーディーな部屋が無料だなんて、旅に出て良かった」

勇者「そりゃあ、俺が勇者だからな」

289 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 22:31:16 9AzG6CUk 244/671

勇者(……勇者、か)

勇者(はぁ……。俺は旅に出て、何をしたんだろ)


>>291
1、変態エルフを退治した
2、女性だけの街で子作り
3、幼馴染とセッ○ス三昧

291 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 22:35:27 WHiFVdCw 245/671

3

292 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 22:56:33 9AzG6CUk 246/671

勇者(そうだな。まず幼馴染を誘拐した変態エルフを退治して、初めて俺たちはセッ○スしたんだよな//)

勇者(それから巨乳美女の街で、幼馴染が何度も何度も迫ってきたっけ)


勇者(……んっ?)


勇者「旅に出てから、幼馴染とセッ○ス三昧じゃないか! というか、セッ○スしかしてない!」

幼馴染「わわっ// セッ○ス三昧とか、大きな声で言わないでよっ」テレテレ

293 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 23:14:18 9AzG6CUk 247/671

勇者「なあ、俺たちは勇者らしいこと、何もしてないんじゃないか?」

幼馴染「どういうこと?」

勇者「ほら、俺たちは結局セッ○スしかしてないだろ」

幼馴染「私たち婚約してるし、別に良いじゃない」

勇者「それはそうだけど、ラブホに泊まれるのは王様のおかげだからな」

勇者「そういう訳で、たまには勇者らしいこともした方がいいと思うんだ」

幼馴染「それで何をするの?」

>>295

295 : 以下、名... - 2014/06/18(水) 23:59:38 E0UTvrjY 248/671

魔王をたおす

296 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 01:04:38 5in30wb6 249/671

勇者「もちろん、たまには勇者らしく魔王を倒す!」ビシッ

幼馴染「たまには、なんだ」

勇者「俺にとって魔王は、その程度の相手なんだよ」キリッ

幼馴染「それで、どうやって倒すの?」

勇者「そう慌てるなよ。魔王を倒すには情報が必要だろ」

勇者「まずは>>298に行って、情報を仕入れよう」

298 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 05:17:14 f3Xw1cRk 250/671

魔王が支配している街

299 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 17:38:43 5in30wb6 251/671

勇者「まずは魔王が支配している街に行って、情報を仕入れよう」

幼馴染「いきなり魔王の領地に行くの? しっかりとした情報を仕入れてから、行くべきだと思うんだけどな」

勇者「いや。魔王の生の情報は、魔王が支配する街でしか手に入らないだろ」

幼馴染「……分かった。勇者がそう言うなら、そうする」

300 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 18:39:24 5in30wb6 252/671

勇者「それで魔王の領地なんだけど、海を渡らないと行けないんだよな」

幼馴染「じゃあ、船に乗るのね」

勇者「ああ。勇者特約で、旅客船に乗れると思う」

幼馴染「じゃあ私、豪華客船に乗りた~い♪」

勇者「豪華客船か、もちろん乗せてやるよ」

幼馴染「ありがとう、どんな船かなあ。楽しみ~//」ルンルン

301 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 18:48:33 5in30wb6 253/671

~港町~
勇者「ここが港町か。この匂いが潮の香りってやつかなぁ」クンクン

幼馴染「そうなんだぁ。これが海の匂いなんだ」

勇者「だと思うぞ。それじゃあ、豪華客船に乗りに行こうか」

幼馴染「そうだね。新鮮な魚料理も楽しみだよぉ」

トテトテ..

302 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 19:00:39 5in30wb6 254/671

勇者「すみません、乗りたいんですけど」

船主「勇者特約のご利用ですね。もちろん大丈夫です」

船主「ただ、豪華客船の出発は明日になっております」

幼馴染「明日?」

船主「はい。お急ぎなら、定期便が大変便利ですよ」

勇者「定期便だと嫌だよな?」

幼馴染「もちろん!」

勇者「じゃあ、明日まで何をしようか?」

幼馴染「えっと>>304をしたい」

304 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 21:10:47 4zqlNAkQ 255/671

魚釣り

305 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 21:59:59 5in30wb6 256/671

幼馴染「えっと、魚釣りをしたい」

勇者「道具がないから、魚釣りはちょっと……」

幼馴染「え~っ、魚釣りが出来ると思ったのに」ムスッ

勇者「そうだ! 船主さん、釣り竿と餌を貰えますか?」

船主「いくら勇者でも、特約にないことは無理だ」

幼馴染「はあ……。私たち、勇者特約が使えなかったら貧乏だもんね」プイッ

勇者「幼馴染、ごめんな」

306 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 22:14:39 5in30wb6 257/671

船主「いや、ちょっと待ってください。知り合いの漁師に頼んでみるから」

幼馴染「えっ、お願い出来るんですか?」

船主「可愛い子ちゃんのためだからな」

幼馴染「可愛いだなんて、ありがとうございます//」


PiPoPa...


船主「ちょうど出るところだったみたいです。すぐに来てくれると思いますよ」

307 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 22:24:34 5in30wb6 258/671

~沖合い~
漁師「へぇ、それで旅をしてるのか」

勇者「はい。隣の大陸に渡って、魔王領の境界に向かうつもりです」

漁師「なるほどな。それにしても魔王は、軍隊をも寄せ付けない強さらしいじゃないか」

勇者「そんなにですか?」

漁師「ああ。戦闘への集中力と判断力。それらに秀でているんだと」

勇者「集中力と判断力か……」

漁師「おっと、着いたぜ」

308 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 22:30:40 5in30wb6 259/671

幼馴染「いよいよ、魚釣りね!」

漁師「お嬢ちゃん。まあ、見てな」

幼馴染「はいっ」ワクワク


つ電極
バチッ!!

〆<プカァァ

309 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 22:41:01 5in30wb6 260/671

漁師「いっぱい浮いてきた。ほらっ、網だ」

つ たも網

幼馴染「えいっ…」ジャブジャブ

漁師「おっ、いいねえ。海に落ちるなよ」

幼馴染「えいえいっ、せやあっ……」


〆<グデーン...


幼馴染「はっ!! 私がしたいのは魚すくいじゃなくて、魚釣りなのにっ」

310 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 23:00:29 5in30wb6 261/671

漁師「お嬢ちゃん。この魚を餌にして、大物を狙うから」

幼馴染「そうなんだ。安心しました」


ポイッ
ピチョン


勇者「あの、漁師さん。電気ショック漁法って、禁止ですよね?」

漁師「そっちの国では禁止なのか。お嬢ちゃん、引いてるぞ」

幼馴染「えっ、どうしよ、どうしよう」グイッ

勇者「まっ、幼馴染が楽しそうだから良いか」

311 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 23:32:44 5in30wb6 262/671

~港町~
幼馴染「ありがとうございました」ペコッ

漁師「良いってことよ。じゃあ、魔王退治を頑張んなっ」

勇者「はい」


幼馴染「勇者ぁ、魚釣り楽しかったね」

勇者「ああ。まさか、幼馴染に負けるとは思わなかったよ」

幼馴染「勇者ってば、一匹も釣れなかったもんね」フフッ

勇者「くっ……」

幼馴染「何だか遊び疲れたし、どうしようか?」


>>312
1、もう休む
2、もう少し何かをする(内容)

312 : 以下、名... - 2014/06/19(木) 23:37:05 j.rGz0Kw 263/671

1

313 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 00:20:16 FaVXS12w 264/671

勇者「そうだなあ、もう休めるところを探そうか」

幼馴染「そうだね。私、海が見えるラブホテルに行きたいな~♪」

勇者「じゃあ、砂浜を歩いて行こうか」

幼馴染「うん//」

幼馴染「ところで、漁師さんの話。どこまで本当なのかな?」

勇者「各国が手をこまねいているのは、確かだな」

幼馴染「そんなの相手に、私たち二人だけで勝てるの?」

勇者「勝てるに決まってるだろ。だから、俺に着いてきてくれ」

・・・
・・・・・・

314 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 08:33:46 FaVXS12w 265/671

~豪華客船~
幼馴染「ふわぁ、おしゃれな客室だね」

勇者「姫みたいだぞ」

幼馴染「あら、そうかしら。今夜もダンス、ご一緒よろしくて?」

勇者「それはもちろん。フロントに行って、貰って来るよ」

幼馴染「ふふっ、勇者はそちらのダンスが楽しみなのね//」

315 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 08:46:08 FaVXS12w 266/671

幼馴染「今夜は特別な場所だし、このランジェリーを着てみようかな~//」

つエロい下着

勇者「おっ、ついに着るんだ」

幼馴染「この部屋の気品に負けないのは、このランジェリーだけだから」

勇者「幼馴染のランジェリー姿、楽しみだな//」

幼馴染「ふふっ//」

勇者「じゃあ、そろそろ夕食にしようか」

幼馴染「うんっ。料理はどんなだろうね♪」

316 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 09:34:23 FaVXS12w 267/671

執事「お食事の準備は終わっております。ごゆっくりお過ごしください」

勇者「どうも」

幼馴染「へぇ~、ビュッフェ形式なんだ」

勇者「パーティーみたいだな。まるで別世界だ」キョロキョロ

幼馴染「巨乳美女さんの服を貰って、本当に良かったよ。場違いになるところだったわ」ルンルン

勇者「でも、俺の服は……なあ」

幼馴染「明日からは、フロントに服を借りましょ」

勇者「……そうするよ」

幼馴染「さっ、食べましょ。この>>319って、美味しいのかな?」

319 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 18:12:45 89MKuBMM 268/671

魔王特製ハンバーグ

320 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 19:42:37 FaVXS12w 269/671

幼馴染「さっ、食べましょ。この魔王特製ハンバーグって、美味しいのかな?」

勇者「魔王特製ハンバーグ?! 幼馴染、食べるな!」

幼馴染「そ、そうだね」

勇者(見たところ、乗客は人間ばかりだ。怪しい者はいない)

執事「いかがなさいましたか?」

勇者「このハンバーグなんだけど、まさか魔王が作ったのか?」

執事「それは魔王が考案したレシピに基づいて作った、特製ハンバーグです」

勇者「魔王の考案レシピ?!」

執事「はい。この客船は魔王領の隣国に寄港するので、特別に提供しております」

321 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 20:11:41 FaVXS12w 270/671

勇者「そんなハンバーグ、食べて大丈夫なのか?」

執事「みなさん、美味しく召し上がってますよ」

勇者(確かに減っているな)

幼馴染「ねえねえ、魔王は料理好きなのかなぁ」

勇者「魔王は世界征服を企んでいるんだぞ。きっと、裏があるに違いない」

幼馴染「例えば?」

勇者「食べると洗脳されたり、呪いをかけられたりとかな」

執事「作っているのは当客船の調理師ですので、そのようなことはございません」

322 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 20:39:04 FaVXS12w 271/671

勇者「勇者として、作っている所を見せて貰わないと信用できないな」

執事「調理場は、関係者以外立ち入り禁止でございます」

勇者「勇者でもか?」

執事「はい。衛生面や食材管理の問題がありますので、申し訳ありません」

幼馴染「ねえ、勇者。カース・マルツゥまであるし、貴族のニッチな要求に応えているだけじゃないかな」

勇者「カース・マルツゥ?」

幼馴染「うじ虫チーズだって」

勇者「貧乏な私たちには、理解出来ない世界ってことか……」ゲンナリ

323 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 20:51:34 FaVXS12w 272/671

訂正
勇者「貧乏な俺たちには、理解出来ない世界ってことか……」ゲンナリ


幼馴染「カース・マルツゥは見なかったことにして、魔王の特製ハンバーグ、食べてみようかなぁ」

勇者「幼馴染は絶対に駄目だから。呪いとか魔術にかかったら、どうするつもりだ」

幼馴染「でも、みんな食べてるじゃない。魔王のレシピって、興味ない?」

勇者「魔王のレシピなんて、俺は食べない」

幼馴染「>>325」
食べる、食べない

325 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 21:29:29 s1DlGEPI 273/671

食べない

326 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 22:07:03 FaVXS12w 274/671

幼馴染「……分かった。私も食べない」

勇者「それが良い。他のを食べよう」

幼馴染「じゃあ、生ハムのカルパッチョと白身魚のトマトパスタに――」

勇者「俺は香草焼きとリゾットにしようかな。これも美味そう」

「いただきます」

327 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 22:34:37 FaVXS12w 275/671

~客室~
幼馴染「すっごく美味しかった~♪ ついつい食べ過ぎちゃった」

勇者「ああ。こんなに食べたの、久し振りだよな」

幼馴染「……うん。ホテルに泊まれないと、野草か木の実しか食べられないもんね」ショボン

勇者「ま、まあな」

幼馴染「港に着くまで一週間あるし、頑張って食い溜めするわよ!」

勇者「食いすぎて太るなよ」アハハ

幼馴染「だ、大丈夫よ」アセアセ

328 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 23:09:04 FaVXS12w 276/671

幼馴染「それじゃあ、お風呂に行ってくる」

勇者「ええっ、部屋風呂じゃなくて?」

幼馴染「せっかくの豪華客船だもん。満喫したいし♪」

勇者「そっか……。なら、俺もそうするかな」

幼馴染「エステも楽しみだよぉ//」

勇者「なんだか、本当に姫みたいだな」

329 : 以下、名... - 2014/06/20(金) 23:33:20 FaVXS12w 277/671

~女湯~
チャポン……
幼馴染「はあぁぁ、気持ち良い//」

幼馴染(巨乳美女さんたち、勇者の子供を妊娠したのかなぁ)

幼馴染(私も魔王を退治して、早く妊娠したいな~)

幼馴染「魔王退治、頑張るぞっ」オーーッ

幼馴染(でもその前に、豪華客船を満喫するわよ!)

>>331「こんばんは。魔王退治って、勇者さまなんですか?」

>>331
人間・女

331 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 04:25:04 QfT0QrpQ 278/671

女賢者

332 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 12:56:49 FXVpu4uE 279/671

女賢者「こんばんは。魔王退治って、勇者さまなんですか?」

幼馴染「勇者は連れですけど、あなたは……」

女賢者「私は女賢者です。あなたは、勇者さまのお仲間なんですね」

幼馴染「仲間というか、婚約者かな。僧侶の幼馴染です」

女賢者「そうなんだぁ//」

333 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 13:10:10 FXVpu4uE 280/671

女賢者「あの、本当に魔王を倒せるんですか?」

幼馴染「勇者は自信があるみたいだし、何とかなるんじゃないかな」

女賢者「へ~、凄いです!!」

幼馴染「女賢者さんは、どうしてこの客船に?」

幼馴染「観光か何かなんですか?」

女賢者「>>335」

335 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 13:34:09 c9GslagE 281/671

実は両腕とも右腕でしかも指が六本ある魔物に姉を殺されたんです。姉の安らぎのために奴は殺さなきゃならないんですだから旅に!

336 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 13:57:05 FXVpu4uE 282/671

女賢者「実は両腕とも右腕で、しかも指が六本ある魔物に姉を殺されたんです」

幼馴染「えっ……」

女賢者「姉の安らぎのために、奴は殺さなければなりません。だから旅に!」

幼馴染(両腕とも右腕だと、どうやって物を掴むんだろ)

幼馴染(というか、そんな辛い事情があるのに、こんな豪華客船に?)

幼馴染(私をからかっているのかなぁ)

幼馴染「その話って、本当なんですか? 豪華客船に乗っているのが不思議で……」

女賢者「――」


>>336->>339
1、本当です
2、冗談です(>>334新婚旅行を採用します)

安価は多数決で決めます

337 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 13:59:26 FtSTYGy6 283/671

2

他所でも同じ様なネタ書いてたよ、右腕の話。
だから2で。

340 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 14:20:16 c9GslagE 284/671

1

安価は絶対じゃないのかよ

341 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 14:25:13 QfT0QrpQ 285/671

2

意味不明だったり脈絡が無かったりしたら再安価だろ。
豪華客船にそんな状態で乗ると、つじつまが合わないからこうなったんじゃないの?

342 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 15:09:14 FXVpu4uE 286/671

おっしゃる通り、安価は絶対です。
なので、幼馴染はリアクションを返しました。
今回はあくまでも、その話の真偽についての安価です。
申し訳ありませんが、お願いします。

343 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 15:31:37 FXVpu4uE 287/671

女賢者「うふふ、冗談です」

幼馴染「もう、びっくりしたじゃないですか~」アハハ

女賢者「本当は新婚旅行なんです」

幼馴染「新婚旅行? 豪華客船でクルーズだなんて、素敵な旦那さんですね//」

女賢者「幼馴染さんこそ」

幼馴染「えへへ、確かに// 勇者特約で乗れるって聞いたから、絶対に乗りたくて」

女賢者「勇者になると、そんなのがあるんですね。いいな~」

幼馴染「でも、魔王退治に行かないと駄目なんですけどね」
女賢者「でも、それが命懸けか――」


チャプチャプ
ワイワイ...

344 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 15:51:20 FXVpu4uE 288/671

幼馴染「そろそろ、上がりませんか?」

女賢者「そうですね」


チャプチャプ
フキフキ


女賢者「あら、幼馴染さん。モルト・キャリーナを着ているんですね」

幼馴染「これ、ご存知なんですか?」

女賢者「女性だけの街でプロデュースされている、高級ブランドですよ//」

幼馴染「ええっ! これって、そんなに高級なんですか?!」

幼馴染(ただのエロい下着だと思ってた。やっぱり、あの街の女性は男性を魅了させることに真剣なんだ……)

345 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 16:09:02 FXVpu4uE 289/671

女賢者「幼馴染さん、今夜は勇者さまにアプローチしないとね//」

幼馴染「そんなアプローチだなんて//」カァッ

女賢者「じゃあ、今日はお話出来て良かったわ」

幼馴染「そうですね。色々と話が出来て楽しかったです」

幼馴染「あの、良ければ、一緒にエステに行きませんか?」

女賢者「今夜は主人が待ってるの。またよろしくね」

幼馴染「……はい。お幸せに♪」

女賢者「幼馴染さんこそ、頑張ってね」

346 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 16:48:10 FXVpu4uE 290/671

~数日後・甲板~
幼馴染「海風が気持ち良いぃ~」

幼馴染「ここに来る度に、世界って丸いんだな~って実感するよ」

勇者「そうだな」

幼馴染「世界って、どうして丸いか知ってる?」

勇者「表面積が最小になるのは、球形だからだろ」

幼馴染「…」

幼馴染「……信仰が足りない!」

勇者「ええっ?!」

347 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 16:55:57 FXVpu4uE 291/671

幼馴染「もし世界に端っこがあると、うっかり落ちちゃうかもしれないでしょ」

勇者「そうかもしれないな」

幼馴染「だから、神様が端っこをなくして、みんなを引っ張ってくれているの」

幼馴染「世界が丸いのは、中心にいる神様の慈愛なんだからね」

勇者「ああ、なるほど……」

勇者(どうでもいい)

348 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 17:14:30 FXVpu4uE 292/671

幼馴染「ねえ、勇者。来て……」

タタタッ

勇者「船首に立つと危ないから、戻って来い」

幼馴染「ねえ、勇者ぁ……」

幼馴染「私がこの世界を受け止めるから、勇者は私を支えてくれる?」

バッ!

勇者「世界を受け止めるなら、うつ伏せにならないと駄目だろ」

幼馴染「いいから、私を支えてよ。私の力になってほしいの」

勇者「ほらよ」ガシッ

幼馴染「気持ち良いぃ~。この世界は私のものだあっ」

勇者(おいおい……)

349 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 17:30:19 FXVpu4uE 293/671

勇者「ほら、気が済んだか?」

幼馴染「うん♪ このポーズ、一度やってみたかったのよね~」ルンルン

勇者「じゃあ、戻ろうか」

幼馴染「そうだね。お腹が空いたし、ランチにしましょ」ウキウキ

執事「勇者さま、こんな所に!」ゼェゼェ

勇者「そんなに慌てて、どうしたんですか?」

執事「実は、お客様方の様子がおかしいのです」

勇者「様子がおかしい?」

執事「はい。パーティールームで、お客様方が>>351をしているのです」

351 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 17:50:28 c9GslagE 294/671

魔王と側近拝んでいる。

352 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 17:58:35 FXVpu4uE 295/671

執事「はい。パーティールームで、お客様方が魔王と側近を拝んでいるのです」

勇者「何だって?!」

幼馴染「魔王たちが、この客船に攻め込んできたのかな……」

勇者「幼馴染、行ってみよう!」

幼馴染「うんっ!」

353 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 18:07:25 FXVpu4uE 296/671

~パーティールーム~
『魔王さま、側近さま』
『魔王さま、側近さまぁ』

ペコリペコリ...


勇者「何なんだ、この怪しい儀式は……」

執事「ご覧の通りです。あっ、あまり近付かないでください」

『魔王さまに仇なす者めっっ!』

ボコッ、ドスッ
グシャッ...

従業員A「ぐふうっ!」ドサッ

執事「不用意に近付くと、襲われてしまうのです」

執事「我々スタッフでは、この事態を治めることが出来ません。勇者さま、お願いします!」

354 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 18:16:10 FXVpu4uE 297/671

勇者「困っている人を助けるのは、勇者の務め。やってみましょう」

執事「ありがとうございます!」

幼馴染「今朝までは、みんな優雅だったよね。どうして、こんなことに……」


『魔王さま、側近さまぁ』


ガツガツ
ムシャムシャ、バリボリ...


幼馴染「あっ! 私たちのランチがっ!」

勇者「ま、まさか……」

355 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 18:27:06 FXVpu4uE 298/671

勇者「魔王の特製ハンバーグだっ!」

執事「それが何か……」

勇者「魔王のレシピには、やっぱり幻覚作用や呪いの効果があったんだよ」

勇者「だから魔王を崇拝するようになり、魔王のレシピを求めて食べ続けているんだ!」

執事「そんな、まさか……」

幼馴染「私たちは食べてないから、平気だったのね」

勇者「そういうことだ」

356 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 20:43:34 FXVpu4uE 299/671

『魔王さまぁ、側近さまぁ……』

『我々に魔王料理を――』


ゾロゾロ
ペコリペコリ...


勇者(どう考えても、調理師が怪しいな)

勇者(以前は入ることを断られたが、どうする――)


>>358
1、調理場に行く
2、この暴徒を抑え、従業員の治療をする

358 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 21:53:34 0uk95IzQ 300/671

1

359 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 22:42:08 FXVpu4uE 301/671

勇者「執事さん、調理場に案内してください」

執事「ですが、調理場は――」

勇者「どう考えても、食べ物に原因がある。このままだと、もっと大変なことになりますよ!」

執事「……、分かりました」

360 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 22:57:04 FXVpu4uE 302/671

~廊下~
勇者「くそっ、こんな所にも」ドスッ

幼馴染「睡眠魔法っ」

『ぐあぁっ』
『Zzz..』

執事「さすが勇者さまですな」

勇者「急ぎましょう」

361 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 23:19:58 FXVpu4uE 303/671

女賢者「幼馴染さん、これは一体……」

幼馴染「あっ、女賢者さん! 無事だったんですね」

勇者「こちらは?」

幼馴染「女賢者さんと旦那さんです」

旦那「はじめまして。妻がお世話になっております」

幼馴染「そうだ、女賢者さん! 治癒魔法と神経系の魔法は使えますか?」

女賢者「ええ、もちろん……」

幼馴染「だったら、パーティールームの方、鎮圧お願いします!」

女賢者「えっ、ええっ?!」

362 : 以下、名... - 2014/06/21(土) 23:49:59 FXVpu4uE 304/671

~調理場~
『料理、喰わせろぉ』

ムシャムシャ
バリボリ...

勇者「くそっ、調理師まで暴徒に!」ゴスッ

『ぐはあっ……』

執事「何ということだ。調理場がぐちゃぐちゃだ」クラクラ

幼馴染「お気を確かに……」

勇者「ここのチーフは誰だ!」

チーフ「私ですが、何か?」

363 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 00:09:16 AqjcsmcA 305/671

幼馴染「勇者、この調味料を見て。覚醒剤じゃない?」

勇者「覚醒剤!?」

チーフ「小娘、魔王のレシピに触るな!」

幼馴染「きゃっ」


チーフが、フォークを投げつける。
かろうじてかわすと、それは壁に刺さった。


勇者「お前は、乗客達に何て物を食べさせていたんだ!」

チーフ「何て物?」

チーフ「ここの料理は間違っている。だから作ったんだよ」

チーフ「本当の魔王の料理をな!」

364 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 00:23:01 AqjcsmcA 306/671

チーフ「さあ、私の料理を食べろ! 食の安全神話なんて崩壊させてやる」

チーフ「そして、食の千年王国を築くのだっ!」クシカツ

『魔王さま、側近さまぁ』

ムシャムシャ
ガリガリ...

勇者「こいつら、お前の料理というより、食材ばかり食べているような――」

チーフ「黙れっ!」
チーフ「こいつでも喰らえっ!」
>>366

366 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 01:20:38 FtTjzaf2 307/671

絶対に逃げられない処刑方
千本包丁投げ

367 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 01:42:10 AqjcsmcA 308/671

チーフ「こいつでも喰らえっ!」

チーフは戸棚を開けると、巨大なカゴを取り出した。
ずしりと重たい音が鳴る。

チーフ「オラオラオラオラ!!」


ザシュッ
ドスッビシュッ


チーフ「超一流の調理師は、千本もの包丁を使い分ける。お前たちは最高のミンチ肉にしてやるぜ!」

勇者「つっ、避けきれない」ザシュッ

幼馴染「きゃあっ!」

チーフ「オラオラ、どうしたあっ!!」

368 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 01:50:12 AqjcsmcA 309/671

幼馴染「防御魔法っ!」

カン
カンカンコン

チーフ「何っ?!」

幼馴染「避けられないなら、避けなくても大丈夫なようにします♪」

勇者「そして、防御魔法で強化された拳で殴り飛ばす!」


ガシカァン!!

チーフ「ぐはあっ」

勇者「ただの料理人が、勇者に勝てるわけないだろ」

チーフ「ぐふふ…ぐははははっ!」

369 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 01:58:11 AqjcsmcA 310/671

勇者「気でも触れたか?」

チーフ「これらの包丁は、何を切った包丁なんだろうな」

勇者「まさか……」

幼馴染「いやああぁぁっっ!!」

チーフ「魔王レシピが効いてきたか」

チーフ「刃を介して、血管から食べたんだ。その効果は、口から摂取した場合の数倍だ!」

勇者「幼馴染っ!」

チーフ「しかし、さすがに勇者には効かないようだな」

370 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 02:12:17 AqjcsmcA 311/671

『お前の望みはなんだ』

幼馴染(私はランチを食べたい。いっぱい食べたいの!)

幼馴染「あははっ! 美味しいっ、お魚美味しいよぉっ!」ムシャムシャ

幼馴染「ちょっと、このサラダは私が食べるんだから!」

幼馴染「げふっ、おえぇぇっ」

幼馴染「はあはあ……。お腹、空いた」

チーフ「ふははは、暴食に捕らわれ醜い女だなあ」

勇者(俺には効かないのに、幼馴染にはかなり効いている?)

勇者(間違いない。魔王レシピは覚醒剤ではなくて、呪術的なものなんだ!)

371 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 08:30:39 AqjcsmcA 312/671

勇者(チーフは人間だ。今までの経験から、この人が呪いの主体なのは間違いない)

チーフ「さあ、もっと私の料理を食べるのだ!」


ぐつぐつと煮込んだスープの大鍋に、二本のお玉を回し入れる。
そして、すくい飛ばした。


勇者「熱っ!」

チーフ「どうだ、魔王スープの味は」

幼馴染「香りが広がって美味しいよぉ」ペロペロ

勇者「そんなの舐めるな!」ガシッ

幼馴染「やぁん、離して! 食べたいよぉ」

勇者(幼馴染……。どうすれば、呪いを解けるんだ)

勇者(このチーフにも、魔術師に付け込まれる願いがあったはずなんだ――)


>>373

373 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 09:04:51 6WCXqJFU 313/671

自分の血を飲ませる

374 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 09:57:50 AqjcsmcA 314/671

勇者(この人は食に強い執着がある。だから、何かを食べさせれば良いかもしれない)

勇者(しかし、何を――)

勇者(つぅっ。防御魔法が解けて、切られた傷が開いてきたな……)

勇者(そうか、血だ! 女神の加護が呪いを弾くなら、俺の血に解呪の効果があるかもしれない)

375 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 10:07:23 AqjcsmcA 315/671

勇者「でやあぁっ!」

チーフ「ぐっ、何をする」ドンッ


勇者はチーフを押し倒し、血が滴る腕を口元に押し付けた。


チーフ「ぐああぁぁっ……」

シュゥゥッ
ドサッ


幼馴染「けほっけほっ、私は何を――」

『あれ、何をしていたんだろ』

勇者「やった! 呪いが解けたぞ」

376 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 10:32:35 AqjcsmcA 316/671

~調理場~
女賢者「皆さん、大丈夫ですか!」

勇者「えっと、女賢者さんだっけ。もう呪いは解放しましたよ」

女賢者「すごいっ! さすが勇者さまです」

幼馴染「うぅ…はあはぁ……」

女賢者(あれ? 幼馴染さん?)

幼馴染「……治癒魔法!」

勇者「ありがとう。もう大丈夫か?」ギュッ

幼馴染「うん//」

377 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 10:57:42 AqjcsmcA 317/671

勇者「さて、あなたに聞きたいことがあるんだが」

チーフ「な、何をでしょう」オドオド

勇者「この客船に乗る前、魔術師に何か願いを叶えてもらいませんでしたか?」

チーフ「私はただ、食べる人を魅了する料理を作りたかっただけなんです! 許してください」ウゥッ

勇者「食べる人を魅了する料理か――。そのとき、何か交換しましたか?」

チーフ「はい。このネックレスを交換してもらいました」ジャラッ

チーフ「もう怖いですし、呪いのアイテムなら勇者さまに差し上げます」

勇者「もう大丈夫なはずです。自分への戒め、真に人を魅了する料理人になるために大事にしてください」

チーフ「……いえ。失敗は失い敗れると書きます。失うことで、成長への糧としたいのです」

勇者「分かりました」


つネックレス

378 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 11:05:25 AqjcsmcA 318/671

幼馴染「ありがとうございます。勇者ぁ、似合う?」ジャラッ

勇者「え、ああ…」

勇者(やはり呪いは解けているみたいだな)

勇者「ところで、その魔術師はどこに行きましたか?」

チーフ「さあ、そこまでは――」

勇者「そうか。ありがとうございます」

勇者(これは厄介なことになりそうだな)

379 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 11:28:48 AqjcsmcA 319/671

勇者(チーフの願いを利用し、魔術師は魔王のレシピを作らせた……。どう考えても、魔王と無関係とは思えない)

勇者(そして魔術師は、物々交換をしながら呪いを振り撒いている)


??


メイス
↓(幼馴染)
祖母の形見の手鏡
↓(巨乳美女さん)
ネックレス
↓(豪華客船のチーフ)
??


勇者(幼馴染はその魔術師を、ものすごい魔力の持ち主と言っていた)

勇者(つまり、魔王の重要ポストの者だろう)

勇者(魔王は人々の願いにつけ込み、呪いを振り撒いて何かを企んでいるんだ――)

380 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 11:40:42 AqjcsmcA 320/671

執事「勇者さま。船内は平穏を取り戻し、従業員は持ち場に戻りました」

執事「本当にありがとうございます!」

勇者「それは良かったです」

女賢者「あのぉ……。それは船内の秩序が一時的に回復しただけで、問題は現在進行形で悪化していますよね」

旦那「そうだな。ここの惨状を見れば明らかだ」

執事「その件は、どうかまだ他のお客様には内密でお願いします」

女賢者「分かっています」

381 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 11:49:09 AqjcsmcA 321/671

勇者「一体、何が問題なんだ」

執事「食糧が食い荒らされ、足りないのです」

「ええっ?!」

執事「幸いにして対処が早かったので、被害は深刻ではありません」

執事「ですが、今のままでは、節約しても足りないのです」

幼馴染「そんな……」

382 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 11:59:46 AqjcsmcA 322/671

勇者「近くの港で補給すれば良いんじゃないか?」

執事「いえ、この近海に港はありません」

調理師A「ウミガメのスープしかないのでしょうか」

チーフ「それは駄目だ!」

執事「しかし、このままでは……」

勇者「ウミガメのスープを作れば助かるのか?」

女賢者「待ってください。ウミガメのスープというパズルがあって――」


>>384
作る、作らない

383 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 12:22:26 6WCXqJFU 323/671

ウミガメのスープとはなんぞや?

384 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 12:24:41 mJakZ/bs 324/671

作らない

>>383
ググればすぐ出てくるよ

386 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 12:53:00 AqjcsmcA 325/671

※今回のバッドエンドを回避しました


勇者「それで助かるなら、作った方が……」

女賢者「勇者さま、私の話を聞いてください!」

女賢者「私たちの国には、レストランでウミガメのスープを食べた男が自殺した、という謎を探るパズルがあるんです」

勇者「パズル?」

女賢者「はい。その答えは、『過去に船旅で遭難した経験があり、死んだ同船者を食べていたことに気付いたから』というものです」

勇者「えっ?! それって……」

女賢者「ウミガメのスープとは、人の肉です」

387 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 13:11:57 AqjcsmcA 326/671

勇者「さすがに、それは認められないな」

幼馴染「そうだね」

執事「では、どうすれば……」

旦那「足りないのは何食分なんですか?」

執事「およそ4食分です」

幼馴染「あっ、思い付きました。私、魚釣りが上手ですよ!」ブイッ

勇者「この前はたくさん釣ってたけど、さすがに乗客分は無理だろ」

幼馴染「それは……」

388 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 13:34:03 AqjcsmcA 327/671

勇者「そういえば、同じ港から定期便が出ていますよね」

執事「はい」

勇者「救難信号を出して、助けてもらえば良いんじゃないかな?」

女賢者「そっちに避難するんですか?」

旦那「いや、定期便から食糧を分けてもらうんだろ」

勇者「そういうことです」

執事「ありがとうございました。では、航海士と打ち合わせをして来ます」

執事「勇者さま方は、ごゆっくりお過ごしください」

389 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 13:54:10 AqjcsmcA 328/671

~パーティールーム~
旦那「さすが勇者さまだな。この事態を収束させてしまうとは……」

勇者「いえ、お二人の協力があったからですよ」

旦那「そう言っていただけるとは、とても光栄です」

女賢者「うふふ、勇者さまの力になれてうれしいです」

幼馴染「でも、私の釣りテクニックを披露出来なくて残念だよぉ」ショボン

勇者「少し釣れても、仕方ないだろ」

390 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 14:04:13 AqjcsmcA 329/671

幼馴染「そんなことないもん。女賢者さん、精霊魔法を使えますよね?」

女賢者「ええ……」

幼馴染「光属性、電撃の魔法も使えますよねえ?」

女賢者「使えますけど……」

幼馴染「私、考えていたのよ。女賢者さんがいれば、電気ショック漁が出来るって!」

勇者「それなら、たくさん魚を取れそうだな」

幼馴染「でしょ♪」

勇者「だけど漁船じゃないのに、どうやって魚群を探すんだよ」

幼馴染「勇者のイジワルっ。お二人は名案だと思いますよね」ウルウル

女賢者「……えっ、私たちですか」

>>391->>392

391 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 14:10:48 spZ2Vhbw 330/671

危険がないならやってもいいと思います

392 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 14:16:35 .7sjnuzM 331/671

確かにいいアイディアかも知れませんが……。海の中にも魔王の部下がいるかも知れません。無闇に攻撃するのは…

393 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 14:59:43 AqjcsmcA 332/671

女賢者「危険がないならやっても良いと思いますよ」

旦那「確かに、いいアイディアかも知れないな」

旦那「だけど、ここは魔王領も近い。海の中にも魔王の部下がいるかも知れないから、無闇に攻撃するのはどうだろうな」

女賢者「あー、そっか。許可されてるのも、一部の海域だけだしね」

幼馴染「ほらっ、二人とも良いアイデアだと言ってくれてるじゃない」フフッ

勇者「いや、俺にはそう聞こえないけどな」

女賢者「あはは――」

394 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 16:21:26 AqjcsmcA 333/671

幼馴染「女賢者さん、私の部屋で話しませんか?」

女賢者「えっと……」

旦那「行ってきなよ」

女賢者「じゃあ、お邪魔します」


トテトテ...

395 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 16:33:24 AqjcsmcA 334/671

~客室~
幼馴染「今日はありがとうございました。大変でしたね~」

女賢者「こちらこそ、勇者さまと一緒に戦えて感激です//」

幼馴染「それでそのお礼に、このランジェリーを差し上げようかと思いまして♪」

女賢者「ええっ?! いただけませんよ」アセアセ

幼馴染「ちゃんと洗ってあるし、まだ新しいから綺麗ですよ」

女賢者「だって、それはそういう下着だし、幼馴染さんも必要でしょ」ムリムリッ

幼馴染「だから、なんです」

396 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 16:53:16 AqjcsmcA 335/671

幼馴染「私たちは今まで、物々交換をしながら旅をしてきました」

女賢者「物々交換?」

幼馴染「はい。つらいことが多かったけど、そうして人の絆も繋がっていると思うんです」

幼馴染「このランジェリーが女賢者さんを彩って、女賢者さんは旦那さんの愛情を受け止めて妊娠しますよね」

女賢者「……」

幼馴染「そうすると、生まれてくる子供に私たちの想いが繋がるんです」

幼馴染「それって、素敵なことだと思いませんか?」

女賢者「幼馴染さんにそんな言い方をされたら、断れないじゃないですか」

女賢者「生まれてくる赤ちゃんに、お二人の想いが繋がる……か//」

397 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 17:19:05 AqjcsmcA 336/671

女賢者「でも、良いんですか? そのランジェリーは、モルト・キャリーナですよ」アセアセ

幼馴染「大丈夫です。それを着て、旦那さんをヘロヘロにしちゃってください//」

女賢者「…// もしかして幼馴染さん、そんなに激しいんですか?」

幼馴染「えへへ// 早く魔王を退治して、子供が欲しいです//」

女賢者「勇者さま、どっちも頑張らないといけないわね」テレッ//

幼馴染「ホント、そうだよね~」アハハ

女賢者「じゃあ、物々交換ですよね。部屋から>>399を持ってきます」


>>399
単品

399 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 18:49:00 .7sjnuzM 337/671

謎の赤石(せきせき)
(誰が何のために作ったかわからない紅い宝石。その実態は魔法増幅装置である)

400 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 20:59:42 AqjcsmcA 338/671

女賢者「じゃあ、物々交換ですよね。部屋から赤石を持ってきます」

・・・
・・・・・・

幼馴染「きれい// ルビーの指輪ですか?」


つ謎の赤石


女賢者「幼馴染さんは僧侶だし、賢者の石があれば良かったんだけど新婚旅行中で……」

女賢者「それは魔力を補い、増幅することが出来るんですよ」

幼馴染「魔力を…おぎな……う?」ガクガク

女賢者「はい――」

幼馴染「ああぁっ、いやあああぁぁっっ!!!」

401 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 21:04:31 AqjcsmcA 339/671

指輪を嵌めた瞬間、赤石から猛烈な勢いで魔力が吹き出してきた。
それは赤い渦となり、幼馴染を包み込んでいく。


女賢者「えっ……。な、何なの?!」

幼馴染「うぐぅぅぅっ……」


身体が許容出来る魔力の限界を超え、呻きながら崩れ落ちる。
そして、すべての魔力を放出した赤石は砕け散った。


幼馴染「――っ」ゼェゼェ

女賢者「幼馴染さんっ!!」

402 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 22:06:46 AqjcsmcA 340/671

・・・
・・・・・・
幼馴染「――」スゥスゥ

勇者「これは、どういうことなんですか?」

女賢者「幼馴染さんと交換しようって話になって、魔力を増幅する魔道具を渡したんです」

女賢者「そうしたら、突然暴走を始めて……。こんなことになるなんて思わなくて――」

勇者「……分かりました。それで、石の無い指輪を」

女賢者「本当にすみません!」

勇者「幼馴染は魔道具を使えないんです。どうやら、魔力をすべて引き出してしまうらしくて」

女賢者「そうだったのですね……」

403 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 22:39:40 AqjcsmcA 341/671

女賢者「幼馴染さんは、本当に魔王と戦えるのですか?」

勇者「それは、どういう……」

女賢者「魔道具の魔力をすべて引き出してしまうなら、同じく呪術も引き出してしまうことになりますよね」

女賢者「調理場で幼馴染さんの様子が優れないように見えたけど、それは呪術だったのではないですか?」

勇者「……そうです」

女賢者「だったら、すごく危険じゃないですか」

勇者「分かっています。だけどそれは、長所でもあるんです」

女賢者「まさか、幼馴染さんが僧侶なのは――」

404 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 22:56:04 AqjcsmcA 342/671

幼馴染「ちが…います!」

勇者「幼馴染、大丈夫か?!」

幼馴染「……うん。少しびっくりしただけだから」

勇者「そっか、良かったよ」

女賢者「あの、さっきはごめんなさい!」ペコリ

幼馴染「そんな…、私は大丈夫ですから。こちらこそ、魔道具を壊してしまってごめんなさい」

女賢者「ううん、良いんです。無事で良かったです」

405 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 23:06:09 AqjcsmcA 343/671

幼馴染「さっきの話だけど、私が僧侶になったのは慈愛の魔法を届けたかったからです」

幼馴染「精霊魔法は関係ありません」

女賢者「そっか……。魔王、そんな体質で怖くないんですか?」

幼馴染「きっと、勇者が助けてくれるから」

女賢者「うん、分かった。勇者さま、幼馴染さんをしっかり守ってあげてくださいね」

勇者「当然です!」

幼馴染「勇者、ありがと//」

406 : 以下、名... - 2014/06/22(日) 23:18:33 AqjcsmcA 344/671

女賢者「ところで、赤石が壊れてしまったから交換になりませんよね」

幼馴染「そんなことないですよ。気持ちだけでうれしいです」

女賢者「いえ……。お詫びの意味も込めて、部屋から>>408を持ってきます」


>>408
単品。
お詫びなので、魔法関係の物だった場合は再安価とします。

408 : 以下、名... - 2014/06/23(月) 00:41:14 j7e9Bml6 345/671

メタルスライムを溶かして作った
メタル防弾チョッキ。

409 : 以下、名... - 2014/06/23(月) 19:48:46 Gk4CyXVU 346/671

女賢者「いえ……。お詫びの意味も込めて、部屋からベストを持ってきます」

・・・
・・・・・・

幼馴染「シンプルなベストですね。どの服にも合いそうです♪」

女賢者「このベスト、溶かしたメタルスライムを精錬して、裏生地と中綿に編み込まれているんですよ」

女賢者「防弾チョッキになるくらいの衝撃吸収力があるし、天然素材だから大丈夫かなと思って」


つメタル防弾チョッキ


幼馴染「女賢者さん、ありがとうございます。さっそく、着てみます」

幼馴染「ねえ、勇者。似合ってる?」

勇者「可愛いよ」

幼馴染「ふふっ、ありがと//」

410 : 以下、名... - 2014/06/23(月) 20:21:49 Gk4CyXVU 347/671

~大陸の港・船内~
『到着しました。お忘れ物に気をつけて――』

幼馴染「もう着いちゃった。優雅な日々はあっという間だね」

勇者「また帰りも乗ろうな」

幼馴染「うんっ//」
トテトテ...

411 : 以下、名... - 2014/06/23(月) 21:05:57 Gk4CyXVU 348/671

女賢者「幼馴染さ~ん、勇者さま~」

幼馴染「女賢者さん、こんにちは」ニコッ

女賢者「こんにちは。間に合って良かったです」

幼馴染「何かあったのですか?」

女賢者「幼馴染さんに、これを渡したくて」


>>413
女性が身に着けるもの
(気を使わずに貰える範囲)

ネックレスと魔道具以外でお願いします

412 : 以下、名... - 2014/06/23(月) 22:13:32 VroHC.x6 349/671

ストール(首にまくやつ)
やはりもらった服と同じ製法で作られたやつ。

413 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 00:20:34 D15q9U1o 350/671

もらったベストと同じ素材のスカート。

駄目なら↑のか、ベストと同じ素材の帽子。

414 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 19:18:23 zTg1rGBE 351/671

>>413さま
ベストと同じ素材だと、高級品になると思います。
気軽に貰えないので、普通のスカートにさせていただきます。

415 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 19:24:45 zTg1rGBE 352/671

幼馴染「これって、スカートですか?」

女賢者「はい。そのベスト、きっとまた交換するんですよね」

女賢者「そうすると、私からの気持ちが幼馴染さんに残らないんじゃないかと思ったから」

女賢者「よろしければ、着てみてください」

幼馴染「ありがとうございます。着替えが少なくて、ちょうど困っていたんです♪」


つスカート


幼馴染「あっ、すごくかわいい// 大切にしますね」

417 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 19:40:28 zTg1rGBE 353/671

女賢者「ところで、幼馴染さん。あの下着、すっごく好評でしたよ//」ヒソヒソ

幼馴染「わぁ…、どうだったんですか//」

女賢者「すごく褒めてくれて、一緒に興奮しちゃって――//」ヒソヒソ

幼馴染「ふふっ。これからも、思いっきり愛し合ってくださいね//」

女賢者「幼馴染さんこそ勇者さまと、ね//」

幼馴染「うんっ。私も女賢者さんみたいに、幸せになりますから!」


女賢者「それでは幼馴染さん、勇者さま。魔王退治、頑張ってくださいね!」

旦那「勇者さまに会えたこと、とても光栄だと思う。二人のご武運を祈っています」

勇者「ありがとう、全力で頑張ってくるよ。二人ともお幸せにっ!」

幼馴染「お幸せに♪」

418 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 19:56:09 zTg1rGBE 354/671

エロい下着→メタル防弾チョッキ

頂き物
謎の赤石(砕けて消滅)
かわいいスカート

大切なもの
ネックレス(巨乳美女さんの物)

419 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 21:39:17 zTg1rGBE 355/671

~勇者の故郷~
大臣「王様! 勇者の国家間協定の新たな明細書が届きました!」

王様「そうか。見せてみよ」


―――明細報告―――
・旅人の街
高級ラブホテル宿泊
高級ラブホテル飲食代
計○○G

・港町
ラブホテル宿泊
ラブホテル飲食代

豪華客船7泊8日の旅
特別割引60%
計○○G

・大陸の港町
ラブホテル宿泊
ラブホテル飲食代
計○○G
――――――

420 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 22:03:29 zTg1rGBE 356/671

王様「何だ、これはあっ! ふざけておるのか!!」

大臣「王様の温情があったことも知らず、欲望のままに豪遊を続けておりますね」

王様「わらしべの貧民め! さすがに、もう許せんぞ!」

大臣「しかし王様。一応は、魔王城に向かっているようです」

王様「……、確かに向かっているようだな」

大臣「はい。豪華客船のクルーズ中に事故があり、それを解決したとの報告もあります」

王様「たまには、勇者らしいこともしておるのか」

王様「しかし、貧民に特権を持たせると、ろくな使い方をせんな」


>>422
1、豪遊した分だけ勇者の権利剥奪
2、温情を示す

422 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 22:47:09 Kmt65Xr2 357/671



423 : 以下、名... - 2014/06/24(火) 23:17:19 zTg1rGBE 358/671

王様「よし決めた。勇者の権利を剥奪するぞ!」

大臣「そうですね。魔王の領地では、勇者の肩書きがないほうが動きやすいでしょう」

王様「ああ、そうだ。わらしべの貧民と国外追放した女のために、我が国が費用負担をする必要はない」

大臣「ですが、王様。もし魔王を倒せた場合、勇者の所属が問題となります」

王様「むむ、そうだな。仕方がない、魔王城に向かっておるなら目をつむってやろう」

424 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 00:02:43 mp4RPR/s 359/671

大臣「では、今回も勇者特約を継続します」

王様「うむ。そうしてくれ」

大臣「ところで、王様。神官がメイスの件で話があったとか……」

王様「ああ。魔王の配下が、呪いのメイスを手鏡と交換した理由について話をしていた」

大臣「それで、神官は何と……」

王様「まだ仮説の域を出ないが、魔王は世界を呪いで繋ごうとしているようだ」

大臣「世界を呪いで繋ぐ?」

王様「信じられんが、この世界そのものを巨大な呪具とするつもりなのかもしれんな」

425 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 19:14:10 mp4RPR/s 360/671

~フィールド~
勇者「そろそろ、魔王の領地だな」

幼馴染「うん、いよいよ……だね」

勇者「ああ、まずは魔王の情報を仕入れよう」

幼馴染「それなんだけど、本当にこれで良いの?」

勇者「何が?」

幼馴染「だって、魔王が支配する街に行くんでしょ」>>298

幼馴染「あのときは納得したけど、やっぱり考え直した方が良いんじゃないかと思って」

426 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 19:35:15 mp4RPR/s 361/671

勇者「考え直すって、どうして?」

幼馴染「魔王が支配しているってことは、その街には魔物が住んでいるはずでしょ」

幼馴染「勇者一行の私たちが、どうやって魔物から情報を集めるの?」

勇者「……!」

勇者(誰だよ、魔王の支配している街で情報を仕入れようなんて言った奴は!)

勇者(……って、俺か)

427 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 19:51:15 mp4RPR/s 362/671

幼馴染「もしかして、何も考えてなかったとか?」

勇者「いや、一応作戦はある。だけどその作戦は、幼馴染にも頑張ってもらう必要があるんだ」

幼馴染「私、勇者と一緒なら、どんなことでも頑張るから!」

勇者「そう言ってくれると、心強いよ。幼馴染、一緒に頑張ろうな」


勇者「!! 隠れろっ!」ズサッ

幼馴染「――うきゃんっ…」ガサッ

勇者「大丈夫か……。何かいるようだ」


>>429
人影、その他

429 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 20:46:35 mpHTiUsA 363/671

銭湯態勢の王様

430 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 21:29:31 mp4RPR/s 364/671

ガサガサ
チラッ

勇者「どうやら、ただの親父連れのようだな」

幼馴染「待って、勇者。あの人、この国の王様じゃない?」

勇者「王様?! 言われてみれば、確かに……」

勇者「そうなると、一緒にいる親父はSPか」

幼馴染「ねえ、王様から情報を仕入れましょうよ!」

勇者「いや、待て。何か様子がおかしくないか?」

勇者(なぜ、風呂桶とタオルを抱えた銭湯態勢なんだ)

勇者(しかも、ここは魔王の領地が近いというのに――)

431 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 21:44:59 mp4RPR/s 365/671

幼馴染「この近くに露天風呂があるのかな?」

勇者「どうやら、そういう訳ではないみたいだぞ」


魔王領の方から、同じく銭湯態勢の男が歩いてくる。
そして、王様に近付いた。


勇者(!! 風呂桶を交換したぞ!)

幼馴染「ね…ねえ、これって――」

勇者「ああ。風呂桶の中に隠していた何かを交換したんだ」

434 : 以下、名... - 2014/06/25(水) 23:24:47 mp4RPR/s 366/671

幼馴染「もしかして、この国の王様は魔王と繋がってるの?」

勇者「それは分からないけど、魔王領側の人間と繋がっているのは確かだな」

幼馴染「ふぅん……って、わわっ。王様が脱ぎ始めた!」アセアセ

勇者「ちゃんと露天風呂もあるのか。そうでないと、銭湯態勢は不自然だしな」

幼馴染「ねえ。どう考えても、見てはいけない現場を見ちゃったよね……」

勇者「そうだな。見つかる前に、ここを離れよう」

435 : 以下、名... - 2014/06/26(木) 18:56:40 Rr4X0va2 367/671

幼馴染「で、これからどうする?」

勇者「魔王の情報も仕入れておきたいけど、取引相手も気になるし……」

幼馴染「何だか怪しかったし、知らないほうが良いこともあるんじゃないかな?」

幼馴染「私、また捕まったり、牢屋に閉じ込められるのは嫌だよ……」ドヨーン

勇者「確かに、真っ当な取引ではなさそうだったよな」

勇者(知りすぎると、社会的に殺されるかもしれない)


>>437
1、魔王が支配する街に向かう
2、取引相手の尾行をする

437 : 以下、名... - 2014/06/26(木) 19:16:25 doYs6ZEM 368/671

1

438 : 以下、名... - 2014/06/26(木) 19:57:31 Rr4X0va2 369/671

勇者「やっぱり、魔王の情報を仕入れに行こう」

勇者「俺たちの使命は王様の裏取引を暴くことではなくて、魔王を倒すことだしな」

幼馴染「うん、そうだね。でも魔王が支配する街に行くのは良いけど、どうやって情報を仕入れるつもりなの?」

勇者「どんな街か分からないんだ。着いてから考えよう」

幼馴染「えーっ、やっぱり何も考えてないんじゃない。もし何も聞き出せなかったらどうするの?」

勇者「そのときは、聞き出せる情報はない、という情報が手に入るだろ」

幼馴染(うわぁ、すごく不安になってきた)

幼馴染「一応、作戦があるんだよね。頑張るから、勇者も頑張ってね!」

勇者「ああ!」

439 : 以下、名... - 2014/06/26(木) 20:17:07 Rr4X0va2 370/671

~魔王が支配している街~
勇者「さて、街に着いたのは良いけど、どうしたものか……」

勇者(どの入り口も、一体ずつ魔物が門兵をしていた)

勇者(中に入るには、必ずどこかの魔物を倒さなければならないようだ)

勇者(そして俺たちは、気付かれずに侵入しないといけない)


勇者「よしっ、睡眠魔法を使って突破しよう!」

幼馴染「睡眠魔法?!」

幼馴染「別に良いけど、魔物には効かないかもしれないわよ」

勇者「ええっ、そうなのか?!」

幼馴染「うん。神経系の魔法は、脳の構造を理解しないと使えないの」

幼馴染「人と構造が近ければ、効くかもしれないけど……」

440 : 以下、名... - 2014/06/26(木) 20:27:56 Rr4X0va2 371/671

勇者「睡眠魔法だけに頼るのはリスキーだな」

幼馴染「私もそう思う」

勇者「とりあえず、使えそうな物を確認しよう」


武器
グレネードランチャー:擲弾3発
※中距離専用

防具
メタル防弾チョッキ:E幼馴染

道具
エルフの飲み薬(怠惰):怠惰になる効果
祖母の形見の手鏡

441 : 以下、名... - 2014/06/26(木) 20:56:43 Rr4X0va2 372/671

幼馴染「改めて考えると、無謀だよね……」

幼馴染「だって、私たちナイフすら持ってないんだよ!」

幼馴染「おかげで、野草と木の実しか食べられないし……」グチグチ

幼馴染「正直、女賢者さんが仲間になってくれれば、温かい物やお肉も食べられるようになるぞと――」クドクド

勇者(かなり鬱憤が溜まっているようだ)

勇者「それは俺も分かる。だから今は、街に入る方法を考えよう」


>>444
1、グレネードランチャーを撃って陽動
2、エルフの飲み薬を少し使う(参考>>117)
3、あえて睡眠魔法(秒が偶数なら効果あり)
4、その他

444 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 06:01:12 Pcv2Q.M. 373/671

1

445 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 06:28:03 GN33lwhc 374/671

勇者「よしっ、グレネードランチャーを撃ち込もう」

幼馴染「逆に魔物が集まらないかなあ」

勇者「集まるから、別の場所から入れるようになるんだ」

幼馴染「なるほど! それじゃあ、やってみましょ!」

勇者「行っけえぇっ!!」カチッ


ドゴオォォーーン

擲弾3→2

446 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 06:53:15 GN33lwhc 375/671

勇者「うっわあ、すごい破壊力だな……」

幼馴染「ねえ、他の門兵が持ち場を離れる様子がないんだけど」

勇者「じゃあ、吹き飛ばした場所から入るぞ! 魔物が集まってくる前に、さっさと行こう」

幼馴染「分かった!」

ダダダッ
ササッ


『爆発があったのはこっちか』
『そうだ。行ってみよう!』

ワイワイガヤガヤ

447 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 18:36:51 GN33lwhc 376/671

勇者「さて、魔物たちが爆発現場を野次馬しているうちに、手早く情報を仕入れようか」

幼馴染「でも、魔物からは聞き出せないよね。私たちは勇者一行だし」

勇者「そうだなぁ。人を探すか書物を調べるくらいしか、情報は入手出来ないだろうな」

幼馴染「それじゃあ、どうするの?」

どうする
>>449

449 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 20:05:59 lWyyTTUU 377/671

この街の首領を見に行く

450 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 20:44:10 GN33lwhc 378/671

勇者「まずは、ここの首領を見に行こう」

幼馴染「ちょっ、ちょっと待ってよ! 私たちの装備で、どうやって倒すの?!」

勇者「倒すんじゃなくて、見るだけだ。将来的にこの街を奪還するなら、必要な情報だろ」

幼馴染「それはそうだけど、どこにいるか分かってるの?」

勇者「恐らく、あの立派そうな屋敷が根城だと思う」

勇者「今は魔物がいないんだ。いつ行くか、今だろ?」

幼馴染「……分かった」

勇者「よしっ、急ぐぞ」

451 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 20:57:43 GN33lwhc 379/671

~首領の根城~
幼馴染「ね、ねえ。街と比べて魔物が多くない?」

勇者「そうだな。これだと近付けないな……」

勇者(くそっ、想定外だ!)

勇者(街の入り口を爆撃したことで、魔物たちの陽動には成功した)

勇者(だけど同時に、要人警護は厳しくしてしまったんだ)

勇者(気付かれない方法で侵入するべきだと考えていたのに、結果を焦ったか――)

452 : 以下、名... - 2014/06/27(金) 23:15:29 GN33lwhc 380/671

勇者(…! 誰か出て来たぞ)

首領「どうだ、不審者は見つかったか?」

魔物A「いえ、まだです。ただの爆発事故だったのではないでしょうか」

首領「魔法弾が炸裂する事故など、ゲートで起きるものか。侵入者は必ず……」ニヤッ

魔物A「首領さま?」

首領「……女神の加護。侵入者は、勇者か」

勇者(!? 見つかった!)

>>454
首領の能力
四大精霊のどれか

453 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 04:13:16 5E6yW1Ss 381/671



454 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 06:22:41 APFvYoUQ 382/671

これって首領の能力は四大精霊のどれかなんだろうか?

取り敢えず精霊なら↑
他に能力なら、魔法探知。魔法がきかない。
その分直接攻撃に弱い、で。
精霊だけなら後のは無視してください。

455 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 19:10:20 R0W.aE7U 383/671

>>454
そのつもりだったのですが、分かりにくくてすみません。

456 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 19:12:26 R0W.aE7U 384/671

首領「大地の弾丸(テラ・ブリット)!」


距離にして20メートル。
首領の足元から、無数の小石が飛んできた。
そのうちの数発が勇者と幼馴染に被弾し、勇者を貫く。


勇者「ぐあぁぁっ!!」

幼馴染「勇者ぁ! 治癒魔法っ」

勇者「――ありがとう。大丈夫か?」ゼエゼェ

幼馴染「うん、ベストが防いでくれたから」

勇者「幼馴染、にげるぞっ!」

457 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 19:29:29 R0W.aE7U 385/671

道具
祖母の形見の手鏡:E勇者


勇者は幼馴染の手鏡を装備すると、胸元で構えた。
そして太陽の光を反射し、首領の顔を照らしつける。


首領「くそっ……」ピカァー

勇者「よしっ、今だ!」

幼馴染「うんっ、逃げましょ!」

ダダダッ...


首領「くっ……、勇者を逃がすな!」

458 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 19:56:50 R0W.aE7U 386/671

幼馴染「はぁはぁ、危なかったね――」

勇者「ああ、首領は土精霊の使い手みたいだな」

勇者「あれは防具や防御魔法がないと、間違いなく瞬殺されそうだ。小石がない所で戦わないといけないな」

幼馴染「そうだね。女賢者さんとベストを交換してて、本当に良かったよぉ」

勇者「それにしても、街に魔物が戻って来たか……」

幼馴染「これじゃあ、逃げられないね」

勇者「…!!」

>>460「あなたが勇者ですか?」

人間、男

460 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 21:05:30 KCNFMFQ. 387/671

ガンマン

461 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 21:15:55 R0W.aE7U 388/671

ガンマン「あなたが勇者ですか?」

勇者「お前は何者だっ」

ガンマン「俺はガンマン。首領の屋敷に勇者が現れたと聞いて、探していたんだ」

ガンマン「ここにいては危ない。ついてきてくれ」

幼馴染「ねえ、胡散臭くない?」

勇者「このまま残っていても見付かるだけだ。行ってみよう」

462 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 21:25:13 R0W.aE7U 389/671

~首領の根城~
魔物A「首領さま、勇者を取り逃がしました」ビクビク

首領「逃がしただと!!」

魔物A「申し訳ありませんっ」

首領「仕方がない、ワシが探そう。勇者をそのままにしておく訳にはいかんからな」

首領「女神の加護。この街では臭すぎるぞ!」

首領「魔法探知!」

ブウゥン...

463 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 21:36:22 R0W.aE7U 390/671

首領「――」

魔物A「首領さま?」

首領「勇者は地下通路だ。人間どもめ、いつの間にそんな抜け道を……」ククッ

魔物A「では、その地下通路を崩落させれば!」

首領「いや、行かせよう。人間どもの根城をあぶり出し、襲撃するぞ!」

魔物A「はっ、了解しました」

464 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 22:38:45 R0W.aE7U 391/671

~フィールド~
勇者「あの地下通路は、お前が作ったのか?」

ガンマン「掘ったのは、俺たちの仲間です」

勇者「仲間?」

ガンマン「ああ。俺たちは魔王が支配している街を奪還すべく、準備を進めてきた」

ガンマン「今も多くの人々が、奴隷として労働を強いられている。一日も早く、彼らを助けたいんだ!」

ガンマン「勇者、協力してほしい!」

勇者「分かった。協力しよう」

勇者(レジスタンスに手を貸すと、武器が手に入る可能性も高いしな)

465 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 23:02:28 R0W.aE7U 392/671

~レジスタンス~
ガンマン「勇者を連れてきました」

リーダー「ご苦労さま。何か変わった様子はありましたか?」

ガンマン「この二人が、街で暴れたくらいです」

リーダー「そうですか。ようこそ、勇者さま。私はリーダーです」

勇者「リーダー?」

幼馴染「ねえっ、銭湯態勢の男の人だよっ!」

リーダー「取引を見ていたのですか」

幼馴染「わわっ、しまった!」

466 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 23:37:19 R0W.aE7U 393/671

勇者「そうだな。国王との取引を、偶然見てしまった」

リーダー「なるほど、そうでしたか。魔王領の西半は、本来は我々の国の領土なんです」

リーダー「だから、街を奪還して奴隷を解放するために、国王に援助をしてもらっているのです」

幼馴染「じゃあ、裏取引じゃなかったんだ。銭湯姿が怪しくて……」

リーダー「…裏取引? 銭湯姿は、魔物の目を欺くためですよ」アハハ

リーダー「それでは、仲間を紹介しましょう」


>>467->>468

467 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 23:39:45 pM3fk.pA 394/671

聖騎士

468 : 以下、名... - 2014/06/28(土) 23:41:06 APFvYoUQ 395/671

ドラゴンライダー

469 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 00:06:46 5X1GEQ86 396/671

リーダー「こちらが聖騎士で、彼がドラゴンライダーのDRだ」

聖騎士「はじめまして、勇者殿」

DR「どうも」
ドラゴン「グルルッ……」

勇者「何だか、ものすごく偏ったパーティーだな……。回復役や魔法使いはいないのか?」

リーダー「街の偵察に出ていて、もうすぐ帰ってくるはずです」

勇者「そうなんだ」

幼馴染「ね、ねえっ。この人たちがいれば、私たちがいなくても魔王を倒せるんじゃない?」

勇者「>>470」

470 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 00:37:02 5hygFeOg 397/671

魔王の配下は倒せても、
魔王は勇者しかとどめをさせないから、
俺たちがいないと無理だぞ。

471 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 01:17:40 5X1GEQ86 398/671

勇者「魔王の配下は倒せても、魔王は勇者しかとどめをさせないからな」

勇者「だから、俺たちがいないと無理だぞ」

幼馴染「そうなの?」

勇者「ああ」

バタン

??「リーダー、大変です! 土の首領が――」


ドゴオォォーン


リーダー「魔導師ぃっ!!」

勇者(どういうことだ……。人が突然、爆発したぞっ)

首領「人間ども、見つけたぞ! 勇者よ、案内ご苦労だったな」ククッ

472 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 09:48:56 5X1GEQ86 399/671

リーダー「どうしてここが……。迷彩で見えないはずなのに」

雑兵「わざわざ首領の方から来るとはな。死ねえっ!」ダッ

魔物A「火炎魔法っ」

雑兵「ぐあぁぁっ」ドサッ

首領「ここでは戦いにくいだろう、表に出ろ」

リーダー「いいだろう。お前たち、やるぞっ!」

473 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 10:13:27 5X1GEQ86 400/671

幼馴染「私、二人を蘇生してから行くから」

勇者「ああ」

幼馴染「勇者、首領を倒してね。防御魔法、適応魔法っ!」チュッ

勇者(首領は土精霊の魔法を使っていた。それが最も得意とする属性なのだろう)

勇者(そして、火炎魔法を操る魔物。翼竜のドラゴンがいる時点で、俺たちに負けはない)


※参考>>113

474 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 10:28:48 5X1GEQ86 401/671

リーダー「首領! お前たち魔王軍は人々を苦しめ、世界を支配しようとしている」

リーダー「まずはお前を倒し、街を奪還して人々を解放する!」

首領「ふははは、何を言う! ワシらを闇に閉じ込め迫害してきたのは、お前たち人間と神々ではないか!」

首領「権利を取り戻すことの何が悪い!」

リーダー「そこに至る歴史、お前たち魔王軍に正義はない!」

リーダー「首領の石つぶては、すべてガンマンが撃ち落とす。安心してかかれっ!」

475 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 10:47:34 5X1GEQ86 402/671

首領(ガンマンとは、あの魔法銃を構える男か)

首領(そして、飼い慣らされた翼竜。くくっ、面白いではないか)

DR「はいやあっ!」ビシィ
ドラゴン「グリュウッ!」

首領「人間どもよ。ここの土地は地下水が豊富にある」

首領「だから人々は井戸を掘り、温泉を楽しむことが出来るのだ」

勇者(確かに、国境付近には露天風呂があった。しかし、それがどうしたんだ?!)

首領「土を操るとは、こういうことだ!」

476 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 11:11:51 5X1GEQ86 403/671

ゴボオッ!

DR「ぐはあっ」
ドラゴン「プギャァッ」
ガンマン「う、動けんっ!」


二人と一匹が地面の中に沈んだ。
もがくこともせず、ただ絶叫するばかりだ。


首領「ダイラタンシー現象。精霊魔法を極めることは、現象を支配することでもあるのだ」

首領「それが分からずにガンマンとは、片腹痛いな」ガハハハ

リーダー「DR、ガンマンっ!」


>>478
1、助ける
2、見捨てる

478 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 12:06:42 Ya4xr3Ls 404/671

1

479 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 12:30:31 5X1GEQ86 405/671

リーダー「今、助けるぞ!」

DR「リーダー、無理だ! もう肩まで浸かって、動くことすら出来ないんだ」ズブズブ

ガンマン「早く首領を倒してくれ」

リーダー「仲間を見捨てるなんて、出来るわけないだろ!」

リーダー(近付けば沈んでしまう。縄をかける場所も首しかない)

リーダー(どうすれば良いんだ)

480 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 12:33:39 5X1GEQ86 406/671

首領「大地の弾丸!」


無数に放たれる弾丸。
それらがリーダーに被弾し、そしてDRたちの頭を吹き飛ばす。


リーダー「ぐはあっ!」

DR「」ブシュウッ
ガンマン「」ボスッ

首領「ふははは。使えぬ仲間を助けるより、自分の命を心配しろ」

首領「愚かだぞ、人間よ!」

雑兵たち「DRさんとガンマンの仇を!」ウオォォッ

481 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 12:45:47 5X1GEQ86 407/671

雑兵A「ぐはあっ」

首領「ははっ、楽しい射的大会の始まりだ!」

雑兵B「……?!」ドプンッ


雑兵Aが撃たれたことに危機を感じ、雑兵たちの多くが立ち止まる。
その瞬間、立ち止まった雑兵たちが地面に沈んだ。


首領「ダイラタンシーの沼だ。立ち止まると沈むぞ」

首領「さあ、的たちよ。走れ走れ!」


聖騎士「治癒魔法っ!」

リーダー「ぐっ、すまない」

482 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 12:56:59 5X1GEQ86 408/671

幼馴染「ね、ねえ。あの人たち、何で走り回ってるの?」

聖騎士「……沼に入ってしまい、沈まないように走るしかないんです」

幼馴染「!! 惨い……」

魔導師「水精霊、召喚! 沼を取り除けっ!」

リーダー「雑兵たちよ、冷静になれ! 一時、撤退しろ!」

首領「……水精霊か。ならば、次を仕掛けよう」

483 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 13:16:57 5X1GEQ86 409/671

聖騎士「沼がなければ、何も出来まい! 参るっ!」

首領「大地の弾丸!」

聖騎士「そんなもの、叩き落としてくれるわっ!」


ザシュ
ザシュッ


魔物A「首領さま!」

聖騎士「ホーリーブレイドっ!」

484 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 13:26:26 5X1GEQ86 410/671

ガコンッ!

聖騎士「何っ?」

首領「鉱物は万物に転じる。最強の盾もまた、土から生まれる」

首領「そして、剣もしかりっ!」ザシュッ

幼馴染「防御魔法っ!」

聖騎士「ぐっ!」スタッ

聖騎士「せいやあっ!」ザシュッ

首領「……ちっ」

雑兵たち「行ける、聖騎士さまに続くぞ!」

485 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 13:44:48 5X1GEQ86 411/671

首領「魔物A、一気に吹き飛ばすぞ!」

魔物A「了解しました。爆発魔法!!」

ドゴォォンッ

雑兵たち「ぐふああっっ!」ドサッ

魔導師「な、何て威力なの……」

首領「地殻表層部の元素の存在割合は、酸素とケイ素が多数を占めている」

首領「従って、火精霊の能力を数倍にも増幅する」

首領「さあ、人間どもよ。もっとワシを楽しませてくれ」

488 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 17:16:32 5X1GEQ86 412/671

リーダー「くそっ、雑兵たちが全滅した。レベルが違いすぎたんだ――」

勇者(最悪の状況だな……)

勇者(確かに首領は強い。だけど、幼馴染に精霊魔法を使わせれば一撃で勝負が着くはずだ)

勇者(幼馴染は魔道具と同じように、使役する精霊の魔力もすべて引き出してしまうからな)

勇者(しかしそれをすると、幼馴染の魔力が空っぽになってしまう)

勇者(その状況だけは絶対に避けたい。ならば、考えるんだ――)

489 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 17:39:07 5X1GEQ86 413/671

勇者(実際のところ、首領はほぼ無力化している)


底無し沼は魔導師が水精霊で無力化し、
弾丸と爆発魔法は幼馴染の防御魔法で無力化出来る。
問題は、首領の剣と盾だ。


勇者「魔導師さん、土精霊に弱点はないのか?」

魔導師「えっと、風属性です。風化現象を利用すれば、岩盤さえ脆くなります」

勇者「岩盤が風で脆くなる?」

魔導師「…はい」

勇者「この一帯の剣に魔力を宿し、すべて魔法剣にする事は出来るか? いや、して欲しいんだけど」

魔導師「すべてですか?! やってみます!」

聖騎士「勇者殿、それで首領を倒せるでしょうか?」

勇者「まだ、いくつか仕掛けを討つ。誰かアイデアがあるなら、言ってみてくれないか」


>>491

491 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 19:46:38 Ya4xr3Ls 414/671

露天風呂の水を使って溶かす

492 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 20:16:50 5X1GEQ86 415/671

幼馴染「ねえ、露天風呂のお湯を使って、盾を泥みたいに溶かしてしまえば良いんじゃない?」

勇者「水で溶けるなら、石壁作りの家を建てられないだろ」

幼馴染「うぅ……」シュン

聖騎士「いや、ここの泉質は酸性泉なんだ。鉱物なら腐食させられる可能性がある」

幼馴染「ですよね!」

勇者「でも、魔導師さんにはしてもらいたい事があるんだ。風と土と水を操るのは、大変だと思う」

魔導師「私、やります! 死んだみんなの分も頑張りたいです!」

493 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 20:30:05 5X1GEQ86 416/671

幼馴染「皆さん、頑張ってくださいね。防御魔法、適応魔法!!」

聖騎士「幼馴染殿、魔導師さん。援護を頼みますよ」

魔導師「任せてください。まずは風の魔法剣、作ります!」


勇者「よしっ、行くぞっ!」

首領「ついに勇者が動いたか。精々、あがいて見せよ!」

494 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 21:38:29 5X1GEQ86 417/671

首領「大地の弾丸!」

聖騎士「その技はすでに見切ったわあっ!」

カンッ
ズシャッ

前衛で駆け出した聖騎士が、飛び交う弾丸をたたき払う。
そして首領に一気に詰め寄り、斬りかかった。


聖騎士「ホーリーブレイドっ!」ザンッ

首領「その程度で、この盾は破れんぞ」

495 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 22:25:04 5X1GEQ86 418/671

勇者「はあっ!」ブンッ

首領「ちいっ!」カキンッ


首領は聖騎士を振り払い、勇者の剣を受け止めた。
振り払われた聖騎士は、聖剣を手放してしまい手近な剣を構える。


聖騎士「くらえっ、聖なる衝撃っ!!」

聖騎士「でやあっ!」ブンッッ


振り下ろした剣の直線上に、光の柱が立ち上っていく。
その光が首領と勇者を包み込み、魔族である首領を蝕む。


首領「うぐああぁぁっ!!」

勇者「やったか?!」

496 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 22:50:35 5X1GEQ86 419/671

魔物A「首領さまっ! 爆発魔法っ!」

ドォォンッ

しかし、勇者たちには効かない。


魔物A「バカなっ!」

リーダー「遅れてすまないっ!」ザシュッ

魔物A「ぐうっ……。凍結魔法っ!!」

パキィィン

勇者「なにっ?!」
聖騎士「しまった!」


勇者たちは凍りついた。
氷に包まれ、動くことが出来ない。


首領「惜しかったな。今、楽にしてやるぞ」

497 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:06:55 5X1GEQ86 420/671

魔導師「みんなっ!」

幼馴染「あなたは、あなたの役目を!」

魔導師「……はいっ。シルフ、ウンディーネ、全力で頑張って!」


精霊たちを召喚した瞬間、雑兵たちの剣が舞い上がった。
風に乗って舞い、次々と首領たちに降り注ぐ。
さらに首領の武具を腐食すべく、魔法剣を避けて酸性泉の雨が降る。

要求される、精密な精霊たちのコントロール。
それは膨大な魔力と精神力を消耗していく。


幼馴染「勇者たちに当たっても、絶対に大丈夫だから。私の魔法を信じて!」

魔導師「はいっ!」

498 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:25:04 5X1GEQ86 421/671

首領「舐めるなっ!」

土の鎧をまとい、降り注ぐ剣をかわし続ける。
しかし、全てはよけきれない。
風の魔法剣と酸性泉は、首領が使役する土精霊を確実に疲弊させている。

それが第1の策だ。
そして、第2の策が発動する。

499 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:26:26 5X1GEQ86 422/671

魔物A「うぎゃああぁぁっ」ドサッ

リーダー「よしっ!!」

勇者「まだだ、油断するな!」チャキッ


魔物Aが息絶えたことで、凍結魔法が解除された。
それを見計らって、幼馴染が首領の顔を手鏡で照らしつける。

首領「くっ…、小賢しい真似をするな!」

ブスリッ

首領「がはあっ……?!」

500 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:30:00 5X1GEQ86 423/671

首領の返り血を、何もないはずの空間が受け止める。

レジスタンスの隠れ家は、迷彩の魔道具で見えなくなっていた。
それを幼馴染が生き返らせた雑兵に、装備させたのだ。


首領「ぐっ!」

魔導師「ノームさんっ、地中の剣を!!」


想定外の存在。
見えない雑兵が振るう剣は、風に舞う魔法剣とは違う軌跡を描く。
その軌跡をくらますため、魔導師が地中に沈んでいた剣を射出させる。


首領「人間どもがふざけおって!」グッ


そして、最後の策を――。

501 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:33:04 5X1GEQ86 424/671

首領「大地よ、崩落せよぉっ!」

ドンッ
ゴゴゴゴ・・・

魔導師「きゃあっ!」
幼馴染「わわっ!」

首領「言ったはずだ。ここは地下水が豊富だと!」

首領「容器を壊せば、大地は崩落する!」

勇者「くそっ!」


勇者たちは崩落する岩石を飛び移り、地上へと飛び移る。
しかし、幼馴染と魔導師、雑兵は地の底へと落ちていった。


勇者「幼馴染ぃぃっ!!」

502 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:35:59 5X1GEQ86 425/671

幼馴染「勇者ぁ! 私と魔導師さんは無事だからぁっ!」

勇者「…!! お前、生きていたのか!」

ドラゴン「グルッ、グルルゥッ!」バサァバサァ

魔導師「勇者さま! シルフ行きますっ!」

勇者「分かった!」

503 : 以下、名... - 2014/06/29(日) 23:37:50 5X1GEQ86 426/671

飛び交う魔法剣。
その中の一本は、聖騎士が装備していた聖剣だ。

勇者は持っていた剣を捨てる。
そして、向かってくる聖剣を掴み取った。
聖剣が女神の加護に包まれ、光を帯びる。


勇者「首領、食らえぇっ!」

首領「ぐはあぁぁっ!!」


そして振り下ろした聖剣は、首領の身体を両断した――。

505 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 19:21:58 ClzfLWa. 427/671

勇者「やった…、首領を倒したぞっ!!」

聖騎士「勇者殿。まさか、この策で本当に倒してしまうとは――」

幼馴染「勇者ぁ、格好良かったよ//」抱きっ

勇者「でも、多くの犠牲を出してしまったな――」

幼馴染「そう……だね」

リーダー「幼馴染さん、仲間たちを生き返らせてくれないだろうか?」

506 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 20:06:13 ClzfLWa. 428/671

幼馴染「それは無理です」

リーダー「無理って、どうして!」

幼馴染「皆さんの遺体は地の底に落ち、どこにもないからです」

リーダー「俺は、みんなを守ることが出来なかった。だから――」

幼馴染「つまり、保身のために蘇生魔法を?」

リーダー「それは……」

507 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 20:09:41 ClzfLWa. 429/671

幼馴染「私だって、出来ることなら蘇生させてあげたいです」

幼馴染「でも、人が死ぬのは摂理なんです。消えた命を無価値なものにしないために、未来に繋げていく努力をするべきだと思います」

聖騎士「未来に繋げる……か」

幼馴染「はい。死んでも、魔法で生き返るから大丈夫。そんな考えは、命の価値を希薄にするだけなんです」

リーダー「うぅっ……。DR、ガンマン、みんなすまない――」

508 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 20:36:41 ClzfLWa. 430/671

・・・
・・・・・・
聖騎士「勇者殿、これから魔王を倒しに行かれるのですか?」

勇者「ここまで来たのは、そのためだしな」

聖騎士「ならば、この聖剣を使ってください。これは私ではなく、勇者殿が持つべき剣だ」

勇者「分かった。この剣で魔王を倒してみせるよ」


つ聖剣


幼馴染「その聖剣を受け取るなら、このベストを渡さないとね」脱ぎぬぎ

聖騎士「…?! 幼馴染殿は、聖職者であろう!」アセアセ

幼馴染「街を奪回するなら、戦いはまだ続きますよね。女性用ですが、ぜひ役立ててください」

509 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 21:00:22 ClzfLWa. 431/671

リーダー「聖騎士、魔導師。首領を倒した今が、西半を奪回する好機だ」

リーダー「王様に協力を要請し、一気に攻め込もう!」

聖騎士「そうだな。態勢を整え、攻め込もう」

魔導師「あの……。私は勇者さまと共に、魔王と戦いたく思っています」

リーダー「…! どうして」

魔導師「勇者さまのパーティーは、僧侶の幼馴染さんだけです。力になりたいんです!」

勇者(彼女の精霊魔法は魅力的だ。しかし首領に一度殺されているし、魔王と戦うのは危険かもしれない)

魔導師「勇者さま――」


>>511
仲間にする、断る

511 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 22:09:39 wqWqMGWI 432/671

仲間にする

512 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 22:29:53 ClzfLWa. 433/671

幼馴染「彼女もそう言ってるし、連れて行きましょうよ♪」

勇者「俺は、あまり乗り気じゃないんだけどなあ」

幼馴染「だってほら、その剣でお肉を切れるし、彼女がいれば温かいものを食べられるようになるのよ!」ジュルル

幼馴染「もう、野草と木の実だけの生活から解放されるじゃない!」

勇者(幼馴染の不満も尤もだしな)

勇者「分かった。魔導師さんを連れて行こう」

魔導師「えっ…?! 私、コンロ代わりなの?!」

勇者「そういう訳じゃないけど、魔王を倒すまでよろしくね」

513 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 22:58:43 ClzfLWa. 434/671

リーダー「それじゃあ、魔導師。勇者さんと頑張ってくれ」

リーダー「その間に、こっちも襲撃をかける」

魔導師「はい、頑張ります!」

勇者「じゃあ、行こうか。魔王を倒しに――」

幼馴染「そうね、行きましょう!」

魔導師「は、はいっ!」

514 : 以下、名... - 2014/06/30(月) 23:01:36 ClzfLWa. 435/671

メタル防弾チョッキ→聖剣

仲間
魔導師(魔女さん)

515 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:13:52 doo/5fqs 436/671

~フィールド~
魔導師「あの…。それでは改めまして、私は魔女と言います」

勇者「魔導師じゃなくて、魔女さん?」

魔女「それが真名なんです。レジスタンスで本当の名前は使いたくなくて――」

勇者「そっか、よろしくね」

魔女「はいっ//」

516 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:29:02 doo/5fqs 437/671

勇者「ところで、魔王退治に役立ちそうな物は持ってますか?」

幼馴染「見たところ、何も持ってないよね」

魔女「首領が地盤を割ったときに、アジトも一緒に崩落しちゃったから何も――」

勇者「そうか……」

魔女「でも、この>>507は、>>509の効果があるんです」

>>507
アクセサリー

>>509
魔法効果

517 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:32:02 57hWbO8M 438/671

髪飾り


安価間違ってます(-_-;)
>>517 >>519ですよね?

518 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:39:55 doo/5fqs 439/671

>>517
そうです。
うっかり、申し訳ありません。

519 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:41:23 doo/5fqs 440/671

>>520
再安価
髪飾りの魔法効果

520 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:41:31 57hWbO8M 441/671

効果も入れちゃってよいのかな?

味方以外の魔法を跳ね返す効果

521 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 18:47:29 doo/5fqs 442/671

重ね重ね申し訳ありません。
同一IDの方のため、再安価とします。

>>523
1、>>520の効果
2、その他

522 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 19:06:05 TQwuQ9sA 443/671

魔力回復

523 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 19:08:59 5QBQdz6Q 444/671

上で絶対に上手くいくとは限らず壊れる時もある

524 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 19:10:19 5QBQdz6Q 445/671

ドラクエ2の祈りの指輪みたいな感じです

525 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 19:41:40 doo/5fqs 446/671

魔女「この髪飾りは、魔力回復の効果があるんです」

勇者「魔力回復?」

魔女「はい。髪飾りに祈りを捧げると、魔力を補ってくれるんです」

勇者「じゃあ、魔力の心配はいらないんだ」

魔女「でも祈りを検知するときに、それが負担になって壊れるときがあるんですよね……」

勇者「回復したいときに壊れるって、微妙な魔道具だなぁ」

魔女「まあ、半分はおしゃれですしね//」

526 : 以下、名... - 2014/07/01(火) 19:53:36 doo/5fqs 447/671

魔女「その壊れるって性質上、予備をもっているんですけど幼馴染さんも使いますか?」

幼馴染「べ、別に大丈夫です。魔女さんが使ってください」アセアセ

魔女「遠慮なさらなくても結構ですよ」

幼馴染「私、魔道具を使えないんです。だから――」

魔女「魔道具を使えない? そんな人、聞いたことないけど」

幼馴染「とにかく、ごめんなさい。気持ちだけ、ありがとうね」



続き
勇者「わらしべ勇者の冒険」安価【3】


記事をツイートする 記事をはてブする