1 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:28:55.72 Cl+vD4s5o 1/61



陽炎から秋雲まで。

陽炎型姉妹実装17人分。



2 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:34:33.01 Cl+vD4s5o 2/61



【 陽炎 】


『 波浪警報はハローじゃない 』

くるくると傘を回す雪風に、真実を告げられないままでいる。


『 台風一過は一家じゃない 』

いそいそとカッパを着込む時津風に、未だ言えないままでいる。


駄目なお姉ちゃんを、許してほしい。
陽炎はまだまだ未熟です。



黒潮「陽炎」

不知火「陽炎」

陽炎「無理無理無理。とにかく無理」

黒潮「だって言わんと」

不知火「恥をかくのは雪風達です」

陽炎「だから無理!梅雨の時だって、大変な騒ぎになったじゃない!」

黒潮「あー……倍雨前線」トオイメ

不知火「あながち間違いじゃないのがまた……」トオイメ

陽炎「もうちょっと大きくなったら、絶対言うから!ね!ね!」


3 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:36:55.10 Cl+vD4s5o 3/61



【 不知火 】


五月雨「きゃああぁぁーーーっ!」ドンガラガッシャーンッ!

提督「だ、大丈夫かい」

五月雨「ううぅ~、ご、ごめんなさ~い」



陽炎「あいかわらず派手に転んでいるわね」

黒潮「ホンマ、ドジっ子ちゃんやな~」

不知火「転ぶ度にパンツが見えるので、司令も目のやり場に困っています」

陽炎「転ぶといえば、ウチの浦風や磯風もよく躓いてるわよね」

不知火「浜風もですね。しっかり者なのに意外です」

陽炎「五月雨は単なるおっちょこちょいなんだけど……」

不知火「浜風たちの場合は、何かが邪魔で足元がよく見えていないみたいです」

黒潮「何かって?」



浦風「そろそろ演習の時間じゃのぉ」ボイン ボイン

浜風「ええ、急いで行きましょう」バイン バイン

磯風「おおっと、危ない。段差があるな」ボヨン ボヨン

谷風「おいおい、大丈夫かい。気を付けなよぉ」



陽炎「……」

黒潮「……」

不知火「……くっ」


4 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:38:45.33 Cl+vD4s5o 4/61



【 黒潮 】


季節は夏。



黒潮「親潮、親潮!大変や」

親潮「どうしたのですか」

黒潮「大変なんやて!雪見だいふくがな、売ってるんや!」

親潮「はい?」

黒潮「はい?やないで!雪見だいふくや」

親潮「あー……はい」

黒潮「普通はな、冬にしか売ってないねん」

親潮「はあ」

黒潮「それがな、さっきテレビ観てたら夏も売るって!テレビで!」

親潮「そ、そうですか」

黒潮「でな、でな、ウチ行ってきてん。コンビニに、雪見だいふく買いに」

親潮「はあ」

黒潮「そしたらな、売ってないねん!雪見だいふく」

親潮「えっ、そうなんですか」

5 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:40:23.61 Cl+vD4s5o 5/61


黒潮「ウチ、テレビ観てすぐ行ったのにないねん!売り切れて、そんなんおかしいやん」

親潮「はあ」

黒潮「どっかのデブが買い占めしてんねん!絶対そうや」

親潮「また入荷されますよ」

黒潮「待てへん~!もう、ウチむっちゃ走って行ったのに」

親潮「もしかして、まだ入荷してないのでは」

黒潮「えっ」

親潮「田舎ですし、少し遅れているのかもしれません」

黒潮「そう……かも」

親潮「だとしたら、まだチャンスはありますよ」

黒潮「そうや、そうや、絶対そうや」

黒潮「おかしいな思ってん、ウチ走って行ったのに全然残ってないもん、そんな訳ないもん」

親潮「きっとそうですよ、多分これからじゃんじゃん入荷されます」

黒潮「せやな、田舎やし仕方ないな」

黒潮「そうや!入ったらすぐ買えるようウチ待っとこ!お店で待っとこ」

親潮「きっと買えますよ」

黒潮「ウチ、ようさん買ってくるから一緒に食べよな」

親潮「はい、必ず」

黒潮「ウチ行ってくる!待っててな、親潮」

親潮「はい!」

6 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:41:44.48 Cl+vD4s5o 6/61




◇◇◇



初風「黒潮が行方不明?」

天津風「えっ、ウソでしょ?まだ帰ってないの」

舞風「夜の点呼にもいないんだよ」

萩風「もうすぐ門限なのに」

野分「何かあったのでは……」

不知火「どうしましょう、司令に報告に」

陽炎「その必要はないわ」

「陽炎」

陽炎「時が来たのよ」

谷風「えっ」

陽炎「大人の階段を上る時がね」

不知火「!」

天津風「!」

7 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:43:00.08 Cl+vD4s5o 7/61


陽炎「いつまでも子供だと思っていたけど……知らない間にシンデレラになっていたのね」

不知火「黒潮がまさかそんな」

陽炎「ただのデブじゃなかったのよ」

陽炎「きっと今ごろ王子様と……」

「ええぇーー?」

陽炎「おそらく朝帰りになるわ」

萩風「朝帰り!」

秋雲「いやー、しかし黒潮がねー」

初風「先を越されちゃったわね」

磯風「相手は誰だろうか」

谷風「そりゃ提督じゃね」

秋雲「いや、分からないよ」

秋雲「意外と年下とか」

浜風「年下!」

陽炎「ありえるわね。あの子、ああ見えて意外とリードするタイプだし」

雪風「は、はわわ」

舞風「黒潮が大人に、大人に」

8 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:44:18.70 Cl+vD4s5o 8/61


陽炎「これは大々的にお祝いしなきゃね」

野分「まだ分からないじゃないですか」

野分「そっとしておくべきでは」

陽炎「何言ってんのよ、別にやましい事じゃないわ」

萩風「飾り付けしましょう」

「俺、クラッカー買ってくる」

磯風「よし、私はケーキを焼こう」

天津風「彼氏と朝帰りなんて、陽炎型どころか駆逐艦でも初めてじゃない」

秋雲「黒潮やるねぇ~」

浦風「流石は黒潮じゃ」

浜風「黒潮はやっぱりその、大人に」

陽炎「そんなの決まってるじゃない!男と女が二人っきりで一晩中よ」

雪風「はわわ~ ///」

時津風「すごいよ、すごいよ」

親潮「……」

親潮(どうしましょう……)

親潮(大変な事になっています)

9 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:45:36.06 Cl+vD4s5o 9/61


親潮「あの、まだそうと決まった訳では」

陽炎「親潮」

親潮「はい」

陽炎「心配なのは分かるけど、あの子を信じましょ」

陽炎「あの子が選んだ人ならきっと大丈夫よ」

陽炎「もちろん、黒潮を泣かすような事があれば私達が黙っていないわ」

親潮「あ、はい」

陽炎「さあ、派手にお出迎えするわよ~」

雪風「雪風はピアニカを吹きます!」

舞風「舞風はダンスを踊るよ!」

陽炎「うんうん、いいわね。盛大にやりましょう」


親潮(黒潮さん、早く帰ってきて……)


10 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:46:39.28 Cl+vD4s5o 10/61



【 親潮 】


毎日黒潮に付き合って、テレビで野球を観るのが日課。

贔屓のチームは知ってるが、ルールはよく分かってない。




龍驤「よっしゃ、先頭出た!」

黒潮「ここは走らせるやろ」

浦風「いいや、手堅くバントじゃけ」

親潮「これは……チャンスなんですね」

11 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:47:54.78 Cl+vD4s5o 11/61






龍驤「采配が見ものやなー」

黒潮「見とき、絶対走らすから」

親潮「えっと、ベンチにいる人が監督なんですよね」

黒潮「そうや、司令はんや」

浦風「こっから作戦指示しとるんよ」

親潮「この人はクリスチャンなんですか」

龍驤「は?」

浦風「は?」

黒潮「えっ、何で?」

親潮「さっきから何度も胸で十字を切ってますし」

龍驤「は?」

浦風「は?」

親潮「信心深いのも結構ですが、指揮官が神頼みというのは頂けませんね」

浦風「クリスチャンって……」

龍驤「あっはっは、キミおもろいなー」

黒潮「あーもう、可愛いなー親潮はー」ダキッ

親潮「えっ、えっ?!? ///」

龍驤「ええんやで、そのままのキミでいてや」ニカッ


12 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:50:02.80 Cl+vD4s5o 12/61



【 初風 】


明石「出来ました!自動追尾式防雨装置、傘太郎です」

初風「何よそれ」

明石「簡単に言うと、全自動の傘ですね」

初風「傘?」

明石「ドローンを改造して作りました。頭上で展開して雨を防ぎます」

初風「へえ~」

傘太郎「カサタロウ デス」

初風「喋った!」

明石「人工知能搭載です。お利口さんですよ」

明石「自ら考え最適行動を選択する、自律型のロボットなんです」

初風「島風の連装砲みたいなもの?」

明石「そうです!……と、いっても戦ったりは出来ません。あくまで傘代わりですから」

初風「ふ~ん」

13 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:51:12.87 Cl+vD4s5o 13/61




◇◇◇



数日後。


初風「雨ね。早速使ってみるわ」

初風「頼むわよ、傘太郎」

傘太郎「マカセロ」ブーン

初風「すごいわ、全然濡れない」

初風「音も静かだし、これはいいわね」

傘太郎「ドンナモンダイ」ドヤ





初風「さて、用事も済んだし帰りますか」

初風「まだ降ってるわね」

初風「帰りもよろしくね、傘太郎」

傘太郎「……」シーン

初風「あれ?」

傘太郎「ウゴケマセン」

初風「はあ?」

傘太郎「コショウチュウ デス」

初風「何よそれ、さっきまで動いてたじゃない!」

傘太郎「……」シーン

14 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:52:41.53 Cl+vD4s5o 14/61


提督「やあ、初風」

初風「あ……提督」

提督「偶然だね、今帰りかい」

初風「え、ええ」

傘太郎「コショウチュウ!コショウチュウ!」(大声)

初風「ちょ、ちょっと」

提督「ん?傘が壊れたのかな」

提督「じゃあ、入れてあげるから一緒に帰ろう」

初風「は、はあっ?そ、そんな事」

提督「いいからほら、遠慮しないで」スッ

初風「あ…… ///」

提督「そんなに離れてると濡れちゃうよ」グイッ

初風「う、うん」ギュッ

初風「ぬ、濡れるの嫌だから、腕組んであげるわ」

初風「し、仕方なくなんだからね、仕方なくよ ///」

提督「ああ、しっかり捕まっててね」ニコ

提督「さあ、帰ろう」

初風「…… ///」


傘太郎「……」(ガンバレ ゴシュジンサマ)


16 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:56:52.98 Cl+vD4s5o 15/61



【 雪風 】


ポケットの中には、今も

あの森で一緒に拾った、特別などんぐり。




「トトロなんていないわよ」

「見た事ないです」

雪風「トトロさんはいますっ!」

「じゃあ見せてよ」

「会った事あるんでしょ」

雪風「うぅ……」

「あれはお伽話なんだよ」


17 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:58:18.30 Cl+vD4s5o 16/61




子供の頃に一度、トトロに会った事がある。



光溢れる森の中。

藪を掻き分け進んだ先で、開けた広場に突き当たる。


草のベッドでスヤスヤ眠る、小山のような毛むくじゃら。

寝ぼけまなこでこちらを見ると、挨拶代わりの大あくび。


名前を尋ねた訳ではないが、いつしか自然と知っていた。

そのヘンないきものが、トトロなのだと確かに分かる。


18 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 00:59:42.93 Cl+vD4s5o 17/61



お腹のトランポリンで弾んだり、カラフルな傘で空を飛んだり。

一緒に拾ったどんぐりに、落ち葉で作った髪飾り。

歌って遊んで日が暮れて、猫バスが迎えにやって来る。


フカフカのシートに身を沈め、窓から外を覗き見る。

空には まんまるお月様。

出発進行の声を聞き、夜へと進んだその瞬間────



「ウチの子をォオ!どこに連れてこうってのよッ!!」



鬼の形相の陽炎が、闇を切り裂き飛んで来た。


19 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:01:14.14 Cl+vD4s5o 18/61



消える世界。 変わる景色。

光の森は砕け散り、土砂降りの雨が海を打つ。


「雪風!しっかりして下さい!雪風!」


朦朧とした意識の中で、微かに不知火の声を聞く。

千切れる程に掴んだ腕を、陽炎は決して離さない。


「龍田が道を作るから、怪我人を抱えて今すぐ逃げろ!」


空を裂く衝撃音。 海を割る爆裂音。

叩きつける雨の中、怒号と悲鳴が入り混じる。


「心配すんな、後から必ず追いかける」


「でも……っ!でも……!」


「いいから行けっ!命令だ!行けっ!!」



殺意と硝煙に空は汚れ、鮮血と絶望に海は濁り。


軽巡二人の最期の声を、無様に逃げる背中で聞いた。



「────全速、撤退! 撤退!!」




雨が、強く降っていた。



20 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:02:54.68 Cl+vD4s5o 19/61




◇◇◇



空の泣くこんな日は、あの光の森を思い出す。


あのヘンないきものは、今もそこにいるのだろうか。

いつかまた会えるだろうか

もう会う事はないのだろうか


それは雪風には分からない。



あれは、遠い日の夢であるのだろうか。

お伽の国の、作り話であるのだろうか。


雪風は空を見る。 降りしきる雨を見る。

手のひらに転がる、一粒の堅果を見る。


そうではない。 そうではない。


嘘つきではないのだと、あの日のどんぐりが教えてくれる。


21 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:03:56.31 Cl+vD4s5o 20/61



遠い過日

幼い記憶



海で生まれ、港で暮らす雪風は


森を見た事など一度もない。




22 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:06:50.14 Cl+vD4s5o 21/61



【 天津風 】


スターバックスコーヒー。通称スタバ。

複雑な注文システムで利用者を悩ませる現代のファイアウォール。

田舎者は近付いただけで死ぬ。



天津風「はい、買ってきたわよ」

陽炎「悪いわね」

不知火「流石は天津風です」

天津風「何で自分で買わないのよ」

親潮「絶対無理です」

黒潮「ウチらにはハードル高いわ」

長波「やれやれ、陽炎型はだらしねぇな」

不知火「む、長波」

長波「そんなにいて注文出来るのは天津風だけか」

陽炎「馬鹿にしないでよ、他にもいるわよ」







谷風「姉ちゃん、アイスコーヒー五つ」

谷風「あのソフトクリーム乗ったやつな」

谷風「ふらぺちーの?おう、適当に頼まぁ」

谷風「こまけぇこたぁいいんだよ」ニカー



陽炎「どうよ」

長波「うわ、谷風つよい」


23 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:08:55.87 Cl+vD4s5o 22/61



【 時津風 】


時津風「あー、お腹空いたなぁ」グー

時津風「お菓子買うお金もないや」

時津風「無駄遣いしなきゃよかったよ……」

時津風「ご飯まだかなぁ……」トボトボ

吹雪「あ、時津風ちゃん、お芋食べる?」

時津風「お芋っ!?」

吹雪「うん、ふかし芋。沢山あるよ」

時津風「食べる食べる!やったー!」

24 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:10:03.58 Cl+vD4s5o 23/61






時津風「美味しい、美味しい」モシャモシャ

吹雪「バターを溶かしても美味しいよ」

時津風「そうなの?やってみる!」

吹雪「ホントは焼き芋が最高なんだけどね」

吹雪「今日は雨降っちゃったからさー」

時津風「ふかし芋、美味しいよ」

吹雪「ふふ、まだまだあるからいっぱい食べてね」

時津風「うんっ!」ニコー

25 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:11:33.09 Cl+vD4s5o 24/61


時津風「美味しい、美味しい」プフー

吹雪「あ…… ///」プッ

時津風「あっ、おならしちゃった」

吹雪「えっ、あっ」

時津風「てへへ、ごめんなさーい」

吹雪「も、もうっ、仕方ないなー、時津風ちゃんは ///」

時津風「あっ、また」ポフッ

吹雪「お芋を食べると出ちゃうよね」

時津風「あはは、おならマンだよー」ププー

時津風「うわ、くしゃーい。おならくしゃいよー」キャッキャッ

吹雪「あははっ」ププッ

提督「あー、ちょっといいかな」ドアガチャバタン

提督「雨漏りしてるみたいだから点検に……」スタスタ

吹雪「きゃあああぁああーーーっ!?!」

吹雪「は、入ってきちゃダメ!!」ドガァッ!

提督「ごふぅッ!?」ズサーッ

吹雪「司令官のバカバカ!エッチ!」

吹雪「あっちに行って下さい!」バタン!


提督「……」チーン


26 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:13:05.25 Cl+vD4s5o 25/61



【 浦風 】


雪風「でーんでーん、むーしむーし♪」

時津風「かーたつむりー♪」


浦風「懐かしい歌じゃのぉ」

浜風「かたつむりって、雨になると出てきますね」

浦風「普段はどこにおるんかのぉ」

浜風「謎ですね」






雪風「見て見てー」

時津風「たくさん捕れたよー」

浦風「随分よーけおるな」

浜風「こんなに集めてどうするんですかね」

浦風「戦わせるとか?」

浜風「戦わないでしょう」

浦風「じゃあ、レースかな」

浜風「日が暮れますね」

27 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:14:27.46 Cl+vD4s5o 26/61






浜風「こんなに沢山、どうするんですか」

雪風「磯風にね、あげるの」

浦風「磯風?」

時津風「たくさん集めてくれってね、頼まれたんだよ」

浜風「磯風にですか?」

浦風「アイツ、こういうの苦手な筈じゃろ……」

浜風「何に使うつもりでしょう」

浦風「う~ん……? あ、テストさんじゃ」

浜風「リシュリューさんもいますね」

浦風「フランス艦はおしゃれさんじゃのぅ」

浜風「磯風と何か話してますね」



コマンダン・テスト「ボンジュール エスカルゴ オイシイ」

リシュリュー「フレンチ エスカルゴ サイコー」

磯風「メルシー エスカルゴ トレビヤ-ン」



浦風「何だか猛烈に嫌な予感がしてきたのぅ」

浜風「奇遇ですね、私もです」


28 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:18:59.86 Cl+vD4s5o 27/61



【 磯風 】


磯風「どいてくれ、厨房に入れない」

初風「駄目よ。今は浦風と浜風が使ってるんだから」

磯風「私も手伝いたい」

初風「パーティー用の料理なんだから大変なの」

初風「慣れてないアンタがいちゃ邪魔になるわ」

磯風「むう……」

初風「あの二人に任せておけば大丈夫だから」

初風「アンタは別の事で頑張りなさい」

初風「掃除とか、部屋の飾り付けとかあるでしょ」

磯風「くっ……」

29 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:19:48.56 Cl+vD4s5o 28/61






舞風「磯風かわいそう」

野分「仕方ありません」

野分「お祝いの席で死傷者を出す訳には」

舞風「そうだけどさ~」

野分「初風が憎まれ役をかってくれているのです」

野分「無駄にしてはいけません」

舞風「うん……そうだね」


30 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:21:02.45 Cl+vD4s5o 29/61




  ◇◇◇ 陽炎 改二 おめでとうパーティー ◇◇◇



秋雲「それじゃあ乾杯ー!」パンパカパーン!

野分「おめでとう陽炎」

舞風「陽炎おめでとう~」

陽炎「みんなありがとう」

不知火「流石は陽炎です」

陽炎「ありがとう。アンタもすぐよ」

「いや~、立派になったなぁ」

萩風「ねえねえ、改二ってどんな感じ?」

陽炎「すごいわよ、力がどんどん溢れ出る感じ」

陽炎「これなら誰にも負けないわ」

舞風「へぇ~、すごーい」

浦風「さあさあ、美味しいの作ったけえね」

浜風「みんなたくさん食べてください」

時津風「わあ~、すごいごちそう」

雪風「すっごく、すっごく美味しいです」

谷風「あれ?そういえば磯風は」

初風「姿が見えないわね」

秋雲「どこに行ったんだろ」

31 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:22:25.71 Cl+vD4s5o 30/61






磯風「みんな、待たせたな」ドアガチャバターン!

磯風「お祝いのケーキを焼いてきたぞ」

初風「」

親潮「」

天津風「」

浦風「お前……どしたんや、これ」

磯風「さっき厨房で作ってきた」

磯風「急いで作ったから形は変だが、味はバッチリだ」

浦風「どう思う」ヒソヒソ

浜風「絶対ウソです」ボソボソ

32 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:23:38.50 Cl+vD4s5o 31/61






磯風「綺麗に切り分けて……さあ、陽炎食べてくれ」

陽炎「ありがとう磯風、いただくわ」

不知火「えっ?ちょっ、陽炎」

黒潮「アカンて、これ絶対死ぬやつやん」ヒソヒソ

陽炎「大丈夫、改二だから。心配しないで」ボソボソ

不知火「陽炎……」

陽炎「ケーキ大好きなの、嬉しいわ」

磯風「ちょっと形が崩れてしまったんだが」

陽炎「全然平気よ。いただきます」

浦風「……」ハラハラ

浜風「……」ドキドキ

陽炎「……」モグモグ

陽炎「……美味しい」

初風「えっ」

親潮「えっ」

天津風「嘘!?」

陽炎「とっても美味しいわ」

磯風「ほ、本当か」

33 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:25:35.31 Cl+vD4s5o 32/61


陽炎「これならいくらでも食べられそう」パクパク

磯風「そ、そうか!そうか!良かった」

磯風「よし、それじゃあみんなにも……」

陽炎「磯風、これ全部食べていいかしら」

磯風「え?全部」

磯風「いや、しかしみんなの分が……」

陽炎「いいでしょう?今日は私が主役なんだから」

磯風「う、う~ん……」

黒潮「ええやん磯風」

親潮「私達は今度でいいですよ 」

不知火「今日は陽炎に譲りましょう」

磯風「ま、まあ、みんながそういうなら」

陽炎「ありがと☆」

陽炎「あー美味し、あー美味し」パクパク

「すごい勢いで食べてるな」

萩風「本当に全部食べる勢いだよ」

34 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:26:54.63 Cl+vD4s5o 33/61






満潮「ちょっと?厨房使ったの誰よ!」ドアガチャバターン!

満潮「メチャクチャ散らかってるじゃない」ギャース!

磯風「ああ、すまない、私だ。すぐ戻る」

磯風「すまない、ちょっと片付けをするからパーティーは抜けさせてもらう」

谷風「えー?後でいいじゃん」

磯風「そういう訳にもいくまい」

浜風「私も手伝います」

磯風「いや、一人で大丈夫だ。散らかしたのは私だからな」

磯風「みんなはこのまま楽しんでくれ」

磯風「じゃあ、また」

陽炎「ありがとう磯風。おかげでいい記念になったわ」

磯風「あ、ああ、おめでとう陽炎 ///」

35 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:28:31.82 Cl+vD4s5o 34/61






陽炎「……行った?」

不知火「行きました」

陽炎「戻って来てないわね?」

不知火「大丈夫です」

陽炎「そう……」フラッ

不知火「えっ」

陽炎「……」バターン!

不知火「ちょっ!?陽炎!」

黒潮「アカン!ぶっ倒れた!」

舞風「我慢してたんだ!やっぱり我慢してたんだ!」

「ヤバい!心臓が止まってる」

初風「舞風、明石さん呼んできて!野分はAEDを、大至急!」

天津風「不知火は人工呼吸をお願いっ!」

不知火「ぬいっ!? ///」

天津風「恥ずかしがってる場合じゃないでしょ、早く!」

不知火「ぬ、ぬいぃ…… ///」モジモジ

谷風「ヤバい!窓に死神来てる!カラスも、群れで!」

天津風「雪風!撃ちなさい!追っ払うのよ!!」



  ワーワー キャーキャー オルゥアーッ! ドガーン! ガシャーン!


36 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:30:24.01 Cl+vD4s5o 35/61



◇◇◇


満潮「何、ニヤニヤしてんのよ」

磯風「ん?いや別に」

満潮「いいからさっさと片付けなさい」

磯風「満潮は別に手伝わなくていいんだぞ」

満潮「いいわよ、あんた一人じゃ大変でしょ」

満潮「まったく、どうやったらこんなに散らかるのよ」

磯風「ははは、スマンスマン」

満潮「……で、何かいい事あったの」

磯風「む?分かるか」

満潮「そんだけニヤニヤしてたらね」

磯風「ニヤニヤなどしてないが……」

磯風「満潮、私は決めたぞ」

満潮「決めた?何を」

磯風「私は将来、料理人になる!」

満潮「はぁ?」

磯風「美味しい料理をたくさんふるまい、みんなを笑顔にするんだ」

磯風「どうだ、素敵な事だろう」

満潮「アンタねぇ……」

満潮「夢見てないでさっさと片付けなさいよ!」

磯風「よーし、やるぞー!」


37 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:32:11.42 Cl+vD4s5o 36/61



【 浜風 】


リベッチオ「秋雲ってさ、夕雲型なの」

秋雲「え?違うよ。陽炎型だよ」

リベッチオ「でも、制服とか名前とか」

秋雲「あー、そうだね。よく間違われるよ」

秋雲「まあ、半分夕雲型みたいなものだしね」

リベッチオ「ハーフなの」

秋雲「んー、ハーフじゃなくて」

リベッチオ「ハーフじゃなくて?」

秋雲「ダブルだよ」

リベッチオ「ダブルなの!」

秋雲「陽炎型も夕雲型も、両方姉妹なんだよ」

リベッチオ「へー、すっごーい」

秋雲「ふふん、特別なのだよ」

38 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:35:35.16 Cl+vD4s5o 37/61


リベッチオ「じゃあ夕雲型でも末っ子なの」

秋雲「いや、夕雲型だとお姉ちゃんになるね」

リベッチオ「お姉ちゃんなんだー」

秋雲「そうそう、偉いんだよ」ヒョイパク

長波「あ、こら!それアタシの」

秋雲「お姉ちゃんは偉いのだよ」モグモグ

長波「何言ってんだよ、アタシの方がお姉ちゃんだよ」

秋雲「だって秋雲の方が胸おっきいし」

長波「はあ?アタシの方がデカいだろ」

リベッチオ「え?おっぱいで決まるの」

秋雲「そうだよ」

長波「当たり前じゃん」

リベッチオ「ふえぇ~、そうなんだー」

風雲「何バカな事言ってんのよ」

長波「よう、妹」

秋雲「末っ子ちゃんかな?」

風雲「はああぁぁあ?」

浜風「秋雲、お風呂空きましたよ」ドアガチャバタン

長波「長女キター!」

秋雲「大姉さまキター!」

リベッチオ「おっきいお姉ちゃんキター!」

風雲「わたしは!着やせするタイプ、だから!」


39 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:38:05.26 Cl+vD4s5o 38/61



【 谷風 】


出掛ける支度をしていると、めざとく谷風がやって来た。
清霜から話を聞き付けて、慌ててここに来たようだ。


谷風「ちゃんこ屋に行くんだって?谷風も連れてっておくれよぅ」


生粋の江戸っ子である谷風にとって、ちゃんこ鍋は欠かせぬソウルフードなのだと言う。


那智(お前のソウルフードは、ちゃんこ鍋ではなくてお菓子だろう)

那智は心の中でそう思ったが、口に出すのは止めておいた。


那智「別に構わんが、退屈だぞ」

谷風「がってんだー!」パアアァ!


”生粋の江戸っ子”という言葉の意味を、那智は百回くらい教えたが。
大阪生まれ広島育ちの谷風は、大きく「うん!」と答えるだけで、最後まで理解を示さなかった。


武蔵「フッ、随分待たせたようだな」


果たして約束の時間になると、のそり、と武蔵がやって来た。
足元にはいつものように、清霜が纏わりついて離れない。


那智「いや、時間通りだ」

清霜「それじゃあ、しゅっぱーつ!」


40 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:39:09.78 Cl+vD4s5o 39/61



◇◇◇


那智「ちゃんこ鍋を四人前、塩で頼む」

武蔵「あと、ビールを瓶で。グラスはふたつ」

店主「あいよ」

清霜「お鍋、楽しみだね」

谷風「どすこーい、どすこーい」

店主「鍋が煮えるまで小鉢をどうぞ」コトッ

那智「おお、ありがたい」

店主「鶏皮と胡瓜の酢の物に、岩国蓮根のキンピラです」

武蔵「これはビールに合うな」

清霜「わーい、キンピラ大好き」

41 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:39:50.86 Cl+vD4s5o 40/61


那智「この岩国蓮根というのは少し変わっていてな」

那智「他の蓮根より穴が一つ多いんだ」

谷風「へー」

清霜「穴が多いと何か違うの?」

那智「穴が多い分、普通のより向こう側が良く見えるだろう?」

谷風「うん」

那智「先を良く見通せる、つまり見通しが良いという縁起物なんだ」

清霜「なるほどー」

谷風「岩国すげー」

42 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:40:54.18 Cl+vD4s5o 41/61


清霜「岩国ってどこにあるの?」

武蔵「何だ、知らんのか。長門が泣くぞ」

清霜「長門さん……?あーっ!山口だ!」

谷風「ばっか、お前そんな事も知らねぇのかよ」

清霜「むー!何だよ、なら谷風は知ってるの?」

谷風「あったぼうよ、岩国が山口だなんて子供でも知ってらあ!」

清霜「むむむー!じゃあ山口ってどこにあるの!?」 つ 地図

谷風「……」

清霜「どこさ」

谷風「……ココカナ?」

那智「そこは淡路島だ」

武蔵「淡路島だな」

店主「淡路島ですね」

谷風「お、おう…… ///」

清霜「淡路島じゃんかよー!」

谷風「ば、ばっかおめえ、昔はここが山口だったんだよ!」

武蔵「やれやれ……長門が泣くぞ」


43 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:41:52.79 Cl+vD4s5o 42/61






谷風「肉団子うめー」

清霜「巾着も美味しい!お餅が入ってるよ」

那智「うむ、やはり冬は鍋だな」

武蔵「お前ら野菜も食べろ」

那智「谷風、ポン酢を取ってくれ」

谷風「あいよっ!」サッ

清霜「ねぇ、ポン酢のポンって何?」

谷風「あぁ?そりゃおめぇ、ポンだよ」

清霜「だからポンって何」

谷風「……」

清霜「何さ」

谷風「ポンポコポンだよ」

清霜「ポンポコポンなの!?」

谷風「あと、ポンポコリンもあるよ」

清霜「ポンポコリンまで!?何だか楽しそう」

谷風「料理ってのは楽しいもんさぁ。みんなを笑顔にするんだからな」

清霜「なるほどー」

那智「うむ。すごくいい事を言ってるが、全然違うからな」


44 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:43:10.19 Cl+vD4s5o 43/61






清霜「お肉美味しいね」

谷風「すげー柔らかいよな」

那智「ちゃんこ鍋には大抵鶏肉が使ってあるだろう。これには理由がある」

武蔵「ほう」

那智「ちゃんこが元々、力士の料理というのは知ってるな」

清霜「うん」

那智「相撲では手をつく事を嫌うんだ。負けに繋がるからな」

谷風「うんうん」

那智「だから牛や豚など四つん這いの動物は避けて、二本足の鳥を食べるんだ」

武蔵「ほう、なるほど」

清霜「谷風知ってた」

谷風「あったぼうよ!こちとら江戸っ子でい」

谷風「ウチで作る時には肉なんか使わねえぜ!マグロやサンマが入ってらあ!」

那智「ちなみに『 手も足も出ない 』に繋がるから、本来は魚貝類も使わない」

清霜「使わないじゃんかー!」

谷風「お、おう…… ///」


45 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:44:16.27 Cl+vD4s5o 44/61






那智「寝たか」

武蔵「ああ」

那智「まだ〆が残っているんだがな」

武蔵「まあ、よく食べたほうさ」

那智「しかしすごい恰好だな」

那智「服は脱ぐわ腹は出すわ、やりたい放題だ」

武蔵「鍋は暑いからな、仕方あるまい」

那智「知ってるか?こういうのをヘソ天と呼ぶらしい」

武蔵「ヘソテン?」

那智「腹を出して、仰向けに熟睡する事だ」

武蔵「ほう」

那智「究極にリラックスしてる状態だからな、呼んだくらいでは全く起きん」

武蔵「そんなのよく知っているな」

那智「……足柄がよくやっているんだ。泥酔で」

武蔵「お前の妹は本当にフリーダムだな」


46 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:45:08.50 Cl+vD4s5o 45/61






武蔵「さて、そろそろ〆だが」

那智「うどんにするか雑炊にするか」

武蔵「それなんだが……チャンポン麺はどうだろう」

那智「チャンポン?鍋にか」

武蔵「九州では一般的なんだ」

那智「お前のウチだけだろう」

武蔵「いやいや、旨いから。騙されたと思って」

那智「ふむ……」







那智「……旨いな」モグモグ

武蔵「だろう?」ニヤリ


47 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:51:10.49 Cl+vD4s5o 46/61



【 野分 】


野分「輪姦学校っ!?」ガタッ!

陽炎「そう、林間学校」

野分「いっ、いきなり何を言い出すんですか」

陽炎「いきなりじゃないわよ、恒例よ」

野分「恒例?!?」

陽炎「アンタ今回が初めてよね」

陽炎「週末だから準備しといて」

野分「ちょっ、ちょっと待って下さい!輪姦学校ですよね」

陽炎「林間学校よ」

野分「何でそんなに落ち着いてるんですか」

陽炎「だって慣れてるもの」

野分「慣れてるっ!?」

陽炎「何回も行ってるし」

野分「何回もっ!?」

48 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:52:16.70 Cl+vD4s5o 47/61


野分「そ、そんなの、まるで痴女じゃないですか……」ハッ!

野分(そういえば風の噂で聞いた事があります)

野分(艦隊には毎日毎日いやらしい事ばかり考えている、変態みたいな艦娘がいると……!)

野分(てっきり時雨か春雨あたりだと思っていたらまさか)

陽炎「あー、楽しみね林間学校」

野分(まさか、ウチの長女だったなんて!!)ガーン!

49 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:53:29.28 Cl+vD4s5o 48/61



野分「嫌です、野分は行きたくありません」

陽炎「何でよ」

野分「何でって、そんなの当たり前じゃないですか」

陽炎「まあアンタはインドア派だし、あんまりこういう所には行かないわよね」

野分「そうです!その通りです!」

陽炎「楽しいのに」

野分「楽しくありません!」

陽炎「意外と野分みたいな大人しい子がハマったりするんだけどね」

野分「ハマりません!ハメさせません!」

陽炎「嵐と萩風も行くのよ」

野分「えっ!?」

陽炎「二人とも乗り気だったわ」

野分「そんなバカな!絶対嘘です」

陽炎「こんなので嘘ついてどーすんのよ」

野分「う……た、確かに」

50 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:54:37.85 Cl+vD4s5o 49/61


野分「ほ、ホントに本当ですか」

野分「萩風はともかく、あの嵐が?」

陽炎「嵐の方がノリノリだったわよ」

野分「ファッ?」

陽炎「待ちきれねぇぜ!とか言ってたわ」

陽炎「むしろ萩風の方が最初は渋ってたわね」

野分「えっ」

陽炎「まあ、色々と汚れるしね」

野分「やっぱり!汚されるんじゃないですか!」

陽炎「そりゃ林間なんだから、ちょっとは汚れるわよ」

野分「ちょっとじゃないですよね!?ちょっと違いますよね!?」

陽炎「でもまあ、結局二人とも行く事になったし」

野分「ええぇー……?」

陽炎「以前から興味はあったみたいよ」

野分「そ、そりゃ興味なら野分も……」ゴニョゴニョ

51 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:55:48.97 Cl+vD4s5o 50/61



野分「分かりました、野分も行きます」

陽炎「そう、良かった」

野分「あの二人だけを悲しい目に遭わす訳にはいきません」

野分「辛い時も苦しい時も、これからはずっと一緒だと約束したのです」

野分「けど、舞風だけは」

野分「野分はどうなっても構いません、しかし舞風だけは汚さないでほしいのです」

陽炎「舞風なら、もう行ったわよ」

野分「ファッ!?」

陽炎「アンタが着任する前に何回も」

野分「ふおおおおーーッ!?」

野分「そ、そんな……既に舞風を泣かせたと言うのですか」

陽炎「いやあの子、メチャメチャ喜んでたけど?」

野分「」

陽炎「あー楽しかった!次も絶対連れて行ってね!とか言ってたし」

野分「」(気絶)

52 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:57:19.22 Cl+vD4s5o 51/61



陽炎「まあ不安なのは分かるけど」

野分「むしろ不安しかないのですが」

陽炎「初めての時はみんなそうよ」

野分「分かりました。野分も覚悟を決めましょう」

野分「で、どこのホテルなんですか」

陽炎「ホテル?」

野分「泊まる場所です」

陽炎「何言ってんのよ、外よ外」

野分「外っ!?野外なのですか」

陽炎「アンタ、林間学校を何だと思ってんのよ」

野分「そ、そういうものなのですか」

陽炎「当たり前じゃない」

野分「ちょっと待って下さい」

野分「初体験が野外で露出で輪姦とか、ハード過ぎます」

陽炎「だから、みんなそうなんだってば」

野分「シャワーはどうするんですか?お風呂は」

陽炎「一日くらい別にいいでしょ」

野分「だって汗とか」

陽炎「そういう、普段出来ない体験をする為に行くのよ」

野分「ちょっと上級者向けすぎませんか……」

53 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:58:17.75 Cl+vD4s5o 52/61



野分「それで……その、お相手は」

陽炎「相手?」

野分「男の人です」

陽炎「男? ああ、司令よ」

野分「司令ですか!」

陽炎「決まってるじゃない」

野分「そ、そうですか……」

野分「し、司令なら、まあ…… ///」モジモジ

野分「ほ、他の人は」

陽炎「いないわよ、そんなの」

野分「えっ」

陽炎「男の人は司令だけよ」

野分「え……?一人でどうやって……」ハッ!

54 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 01:59:38.44 Cl+vD4s5o 53/61


野分(もしかして輪姦学校というのは)

野分(男の人が野分をくるくるするのではなく、野分たちが、司令を、くるくる……?)

野分(そうか!そうだったんですね!)

野分(それならみんなが乗り気なのも納得がいきます!)

野分(よかった!怖くて野蛮な男の人達はいないんですね!)

野分(……けれど)

野分「男の人は司令だけなんですよね」

野分「一人で大丈夫でしょうか。体力的にも厳しいのでは」

陽炎「アンタねぇ……司令を何だと思ってんのよ」

陽炎「優しくても、男で大人な現役の軍人よ」

陽炎「私たちなんて何人いたって平気に決まってるじゃない」

野分「そ、そうなんですか」

陽炎「経験も豊富だし、頼りになるんだから」

野分「では、心配はいりませんね」

陽炎「大丈夫よ。しっかり楽しんできなさい」

野分「はい!輪姦学校、楽しみです!」ニコー


55 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:01:19.66 Cl+vD4s5o 54/61



【 嵐 】


提督「紫陽花(アジサイ)が雨に映えるね」

「あれは白露型の花壇だな」

提督「へえ」

「村雨や海風が手入れしてるよ」

提督「そうなんだ」

「こっちのアサガオは朝潮型」

「チューリップは夕雲型だな」

提督「陽炎型は?」

「ウチは向日葵だよ」

提督「ひまわりかー」

「雪風がどうしてもって聞かなくてさ」

提督「なるほどー……ん?」

提督「あそこの花壇は花が咲いてないね。葉っぱばかりだ」

「あー……あそこはアレだ、秋月型」

提督「あー……」

「その奥の、蔓ばっかりのが吹雪型」

提督「花壇って何だろう(哲学)」

「あいつらはガチだ」


56 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:08:07.50 Cl+vD4s5o 55/61



【 萩風 】


提督「二人とも、おつかれ」

萩風「あっ、司令。お疲れ様です」

提督「今からお昼ごはんかな」

萩風「はい、モスバーガーです」

提督「萩風がジャンクフードなんて珍しいね」

萩風「えへへ、たまにはいいですよね」

「でも、ちょっと高いんだよなぁ」

提督「モスは美味しいよね」

萩風「今日のは菜摘みバーガーです」

「こっちはきんぴらライスバーガー」

提督「へー、変わったハンバーガーだね」

萩風「普通のより、ずっとヘルシーなんですよ」

「味も結構イケるしな」

萩風「ドリンクはもちろん爽健美茶」

「俺は新発売のほうじ茶ラテ」


アイオワ「……」ピキピキ

57 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:09:32.32 Cl+vD4s5o 56/61


アイオワ「NOOOOォォーーー!!」ドガーン!ガシャーン!

磯風「アイオワがキレたぞー」

アイオワ「ふざけんじゃないデース!」

谷風「ヤバい!テーブルひっくり返してる」

提督「だ、誰かビッグマック持ってきて」

アイオワ「オラオラーッ!」ガシャーン!バキャーン!

浜風「買ってきました」サッ

提督「よし、これで」

提督「ほらアイオワ、ビッグマックだぞ、お前の大好きなマックだぞ」

提督「おっきいポテトも付いてるぞ!」

アイオワ「!!」

提督「よしよし、コーラもあるぞ。Lサイズだ」

アイオワ「…………」

アイオワ「ビッグじゃなーいッ!!」ガシャアーンッ!

アイオワ「Lサイズじゃなーいッ!!」ガシャーンッ!

アイオワ「なめんなゴルァアアアーーッ!!」ドカーン!ドガーン!

提督「長門ー!助けて!アイオワ止めてー!!」


58 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:11:08.91 Cl+vD4s5o 57/61



【 舞風 】


雪風「わーい、麻婆ー!麻婆ー!」キャッキャッ

春雨「麻婆春雨じゃないよ」

時津風「天津飯!天津飯!」ワーイワーイ

天津風「はいはい、チャオズチャオズ」

黒潮「名前をからかっちゃアカンで」

時津風「えへへー」

舞風「名前が食べ物と同じなんて珍しいよね」

陽炎「そうでもないわよ」

陽炎「萩風はおはぎだし、不知火なんてそのままよ」

舞風「え?不知火って食べ物あるの」

陽炎「あら、知らないかしら。ポンカンっていう柑橘類よ」

舞風「へー」

黒潮「あとはハヤシライスとか。艦娘やないけど」

59 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:12:32.96 Cl+vD4s5o 58/61


提督「ハヤシライスってのはね、林さんが考えた料理なんだ」

提督「林さんのライスで、ハヤシライス」

舞風「えー?」

雪風「嘘だー」

時津風「じゃあ、森さんが作ってたらモリライスなの」

提督「そうなるね」

時津風「嘘だー」

黒潮「ちなみにオムライスを作ったのは小村さんやで」

雪風「えっ」

黒潮「小村さんのライスで、オムライス」

雪風「嘘だー」

時津風「料理に人の名前なんかつく訳ないよ。変だよ」

提督「いや、珍しくないんだって」

提督「竜田揚げなんか考えたの龍田だよ」

舞風「えー?」

春雨「竜田って、あの龍田さん!?」

提督「今のじゃないよ。艦船時代のね」

雪風「そんなの嘘だー」

時津風「絶対嘘だよー」

提督「いやいやホントだって」


60 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:13:58.84 Cl+vD4s5o 59/61



【 秋雲 】


好奇心は猫を殺し、退屈は人を殺す。


散々続いた長雨のせいで狭い部屋に軟禁状態の姉達が、やさぐれて死んでいた。

談話室や資料室から適当に見繕った雑誌を差し出すと動き出した。

軒下に築かれたスズメバチの巣に思いっきり硬球を叩き込み、怒れる蜂の軍勢に総攻撃を受けた嵐の気持ちを、少しだけ理解する。


   オイテケー オイテケー ミシュランオイテケー

   オイテケー ワタシセブンティーン ズルイワタシモー


こんな状況でも、コンプティークは人気がない。


61 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:16:15.61 Cl+vD4s5o 60/61



◇◇◇


陽炎「しかしすごい天気ね」 神通ファースト写真集

不知火「雨も風も尋常じゃないです」 ねこのきもち

黒潮「こんなに大型な台風も珍しいなぁ」 ミシュランガイド大阪

親潮「かなり危険ですね、気を付けないと」 ことりっぷマガジン

初風「雷もメチャクチャに鳴ってるわね」 Seventeen

雪風「うぅ~、外に出たいです」 どうぶつ図鑑

天津風「何言ってんの、死んじゃうわよ」 CanCam

時津風「だって身体が鈍っちゃうよ~」 のりもの図鑑

神通「では演習をしましょう」

浦風「えっ」 広島アスリートマガジン

神通「悪天候下での対応訓練です」

磯風「えっ」 きょうの料理ビギナーズ

神通「この天候ですし、確かに若干危険ではありますが」

浜風「えっ?若干?」 オレンジページCooking

神通「それだけやる気があれば大丈夫ですね」

谷風「えっ?やる気?」 ディアゴスティーニ 週刊 江戸

神通「いい緊張感を持って臨めそうです」

野分「ちょっ、ちょっと待ってください」 BE-PAL

神通「こういった状況に直面する機会も、今後数多くあるでしょうし」

「し、死んじゃうぜ?絶対、マジで」 園芸ガイド

神通「同じ事です。訓練で生き抜けなければ、実戦で死ぬだけです」

萩風「神通さん、冷静に。落ち着きましょう」 Veggy

神通「それでは演習場に……いえ、どうせなら近海まで出てみましょうか」

舞風「むむむ、無理だよぉ。こんなの本当に死んじゃうよー」 DANCE STYLE

神通「さあ、参りましょう」

秋雲「いやいやいや、マズいって、マジヤバイって!」 コンプティーク




神通「……聞こえました、か」


全員「イエッサアァアアーーーッッ!!」(恐慌)


62 : ◆36RVFTz/1g - 2019/01/28 02:17:31.41 Cl+vD4s5o 61/61


以上です。
読んでくれた人ありがとう。

記事をツイートする 記事をはてブする