715 : 以下、名... - 2018/11/23 19:21:06.21 2DniCj+/o 1/17

女勇者(以下、勇者)「ワンコが……相談?」

女魔法使い(以下、魔法)「どうしたの、ワンコ」

女僧侶(以下、僧侶)「ワンコちゃん?」


狼男「……確かに、仲間になる時に好きに呼べと言った」

狼男「……」

狼男「いや、その話は今は置いておこう」

元スレ
地の四天王「光の勇者よ、助けてくれ!」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1540900012/

716 : 以下、名... - 2018/11/23 19:24:09.35 2DniCj+/o 2/17

狼男「相談というのは、戦闘中の事だ」


勇者魔法僧侶「戦闘中の事?」

勇者「別に……問題なんてある?」

魔法「無い、いつも安定してると思う」

僧侶「私も、そう思いますけど……」


狼男「君達にとっては問題では無いかも知れない」

狼男「……」

狼男「しかし、私にとっては改善したい事がある」

717 : 以下、名... - 2018/11/23 19:28:02.18 2DniCj+/o 3/17

狼男「手間を取らせてしまって済まないが……」


勇者魔法僧侶「……」

勇者「良いよ! ワンコは、大事な家族だから!」

魔法「私も。家族を大事にするのは、当然」

僧侶「はい!……あっ、家族会議ですね!」


狼男「……仲間で」

狼男「パーティー会議という認識で頼む」

718 : 以下、名... - 2018/11/23 19:30:57.57 2DniCj+/o 4/17

狼男「まず、勇者」

勇者「えっ、僕?」

狼男「ああ、そうだ」

勇者「えっと……何かな?」


狼男「私が、敵に効果的な攻撃を与えた時」

狼男「――その都度、小さな干し肉を放らないで欲しい」


魔法「そんなことを……」

僧侶「……してたんですか?」


勇者「……え、えへへ!」

719 : 以下、名... - 2018/11/23 19:35:35.63 2DniCj+/o 5/17

魔法「でも、そんな素振りは見られなかった」

僧侶「いつの間にそんな事を?」


勇者「こう……ナイス! ってさ」


魔法「親指を立てて……」

僧侶「……よく言ってますね」


勇者「あれ……親指で、干し肉をワンコの方に弾いてたんだよね」


魔法僧侶「……」

721 : 以下、名... - 2018/11/23 19:39:32.51 2DniCj+/o 6/17

勇者「でも、本当に小さい干し肉だよ!?」

魔法「そういう問題じゃない」

僧侶「そうですよ! 危ないです!」


狼男「勇者、二人の言葉をよく聞いてくれ」


魔法「オヤツのあげすぎは、良くない」

僧侶「ちゃんとゴハンが食べられなくなります!」


狼男「勇者、二人の言葉は聞かなくて良い」

722 : 以下、名... - 2018/11/23 19:48:43.50 2DniCj+/o 7/17

狼男「戦いの最中、隙を作るべきではない」

勇者「……うん、そうだね」

狼男「ありがとう、わかって貰えて良かった」


勇者「今度から、一匹倒した毎にするね!」

勇者「だから、今までよりも大きめな干し肉で!」


狼男「勇者、そうではない」

狼男「頻度と、干し肉の大きさは関係ない」

723 : 以下、名... - 2018/11/23 19:53:40.48 2DniCj+/o 8/17

狼男「……次に、魔法使い」

魔法「私も?」

狼男「ああ、そうだ」

魔法「何?」


狼男「敵のモンスターを火の魔法で倒した時」

狼男「――その都度、焼き加減を報告しないで欲しい」


勇者「焼き加減を……」

僧侶「……報告?」


魔法「……」

724 : 以下、名... - 2018/11/23 19:58:34.65 2DniCj+/o 9/17

勇者「確かに……何か、言ってるよね」

僧侶「小さな声で、戦闘中だから……」


魔法「ワンコなら、聞こえるから」


勇者「ワンコ、耳良いもんね!」

僧侶「はい! ピンと立った耳が、可愛いですよね!」


魔法「でも、食べてくれた事はない」


勇者僧侶「……」

725 : 以下、名... - 2018/11/23 20:03:09.17 2DniCj+/o 10/17

魔法「どれだけ上手に焼けても、食べてくれない」

勇者「上手に焼けたは関係ないって!」

僧侶「そうです! 魔物を食べるなんて、駄目ですよ!」


狼男「魔法使い、二人の言葉をよく聞いてくれ」


勇者「オヤツじゃなくて、ゴハンじゃん!」

僧侶「ワンコちゃんには、ちゃんとゴハン買ってるんですから!」


狼男「魔法使い、二人の言葉は聞かなくて良い」

726 : 以下、名... - 2018/11/23 20:07:01.07 2DniCj+/o 11/17

狼男「魔物には、体内に毒を持つものも居る」

魔法「……確かに」

狼男「ありがとう、わかって貰えて良かった」


魔法「今度から、しっかり中まで火を通す」

魔法「ベリーウェルダンなら、大丈夫」


狼男「魔法使い、そうではない」

狼男「よく焼けば良い、という話ではない」

727 : 以下、名... - 2018/11/23 20:11:30.59 2DniCj+/o 12/17

狼男「……最後に、僧侶」

僧侶「わ、私もですか!?」

狼男「ああ、そうだ」

僧侶「な、何ですか……?」


狼男「回復魔法を詠唱中、私がカバーに入っている時」

狼男「――その都度、撫で回さないで欲しい」


勇者「魔法を唱えてる間……」

魔法「……撫で回してる?」


僧侶「……あ……あははは……!」

728 : 以下、名... - 2018/11/23 20:18:11.50 2DniCj+/o 13/17

勇者「えっ? 何? ズルくない!?」

魔法「ズルい、卑怯千万」


僧侶「ま、マイナスイオン! マイナスイオンです!」


勇者「わかるけど! 僕だって撫でたい!」

魔法「私も、詠唱中は撫でる権利がある」


僧侶「じゃあ――今度から皆で撫でましょう!」


狼男「駄目に決まっているだろう」

729 : 以下、名... - 2018/11/23 20:21:18.41 2DniCj+/o 14/17

勇者「ワンコ、すっごく毛並みが良いもんね!」

魔法「毎日のシャンプーの甲斐があった」

僧侶「はい! 栄養にも、気を使ってますもんね!」


狼男「三人共、私の言葉を聞いてくれ」


勇者「尻尾もさ、フワッフワだし!」

魔法「ブラッシングも完璧」

僧侶「癒やされますよねぇ~」


狼男「三人共、頼むから聞いてくれ」

730 : 以下、名... - 2018/11/23 20:25:21.36 2DniCj+/o 15/17

狼男「僧侶の撫で方は、最近本格的になりすぎている」

僧侶「……そう、ですね」

狼男「ありがとう、わかって貰えて良かった」


僧侶「……詠唱中、無防備な私」

僧侶「撫でられて、お腹を上に向けてゴロンとなったワンコちゃん」

僧侶「――こうなれば、仲良しですね!」


狼男「僧侶、そうではない」

狼男「仲良くあの世行きになりはするが、そうではない」

731 : 以下、名... - 2018/11/23 20:33:23.63 2DniCj+/o 16/17

狼男「勇者、魔法使い、僧侶」

狼男「君達の行動は、とても危険だ」

狼男「戦闘中は――戦闘に、集中するべきだろう」


勇者魔法僧侶「……」


勇者「――うん、わかったよ」

魔法「――ワンコが、そこまで言うなら」

僧侶「――今度から、気をつけますね!」


狼男「ありがとう、わかって貰えて良かった」

732 : 以下、名... - 2018/11/23 20:47:40.58 2DniCj+/o 17/17

  ・  ・  ・

勇者「ほ~ら、干し肉だよ! 頑張ったねー!」

魔法「ホネは残した、好きに噛んで良い」

僧侶「ワンコちゃ~ん! モフモフさせて~!」


狼男「三人共、そうではない」

狼男「戦闘が終わったら良いと言う話では無い」


勇者魔法僧侶「……えっ?」

勇者魔法僧侶「言われた通りに我慢して……」

勇者魔法僧侶「……勝ったのに?」


狼男「……わかった」


狼男「今回は、私の負けだ」



おわり

記事をツイートする 記事をはてブする