1 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 14:06:54.78 SPF704mY0 1/99



たのみます



元スレ
佐々木「キョンと付き合って涼宮さんの出方を見るよ」
http://hibari.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1306300014/

17 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 17:40:58.54 jdg9UroYP 2/99


「なるほど。おもしろいかもしれませんね」

佐々木「そうだろう? じゃあ明日さっそく実行してみるよ」

「うふ。がんばってください」


18 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 17:43:51.84 jdg9UroYP 3/99


キョン「よう」

佐々木「やあ」

キョン「なんだ話って? 電話じゃダメなようなことなのか。何かあったか?」

佐々木「うん…ちょっと、ちょっとね」

キョン「どうした? 俺にできることなら力になるぞ。まぁたいしたことはできんが」

佐々木「そう? じゃあお願いしようかな。キョン、僕と付き合ってくれないか?」

キョン「は?」


22 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 17:47:46.70 jdg9UroYP 4/99


キョン「な…おまえ何言って」

佐々木「ダメかい?」

キョン「いや…ダメって、あまりに突然すぎて…」

キョン「…今のはもしかして、その、こ、告白だったのか?」

佐々木「そうだよ」

キョン「ちょっとあまりにも淡泊すぎないか?」

佐々木「くっくっ。元々こういう性格だから仕方ない。どうだろうキョン、僕は返事を待っているんだがね」

キョン「うーん…ちょ、ちょっと待ってくれ」


23 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 17:53:14.57 jdg9UroYP 5/99


佐々木「いいとも。じっくり考えてくれたまえ」

キョン「……」

キョン(こいつ俺のこと好きだったのか…気付かなかった)

キョン(…佐々木と付き合う? うーんどうもイメージできんな)

キョン(でもよく考えたらこいつ可愛いしな…変なヤツだけどまぁいいヤツだし)

キョン(だいたい高校二年にもなって彼女一人もできたことないってのもあれだしな…うん)

キョン「よし。じゃあ付き合うか佐々木」

佐々木「本当かい? くっくっ、それはよかった。嬉しいよキョン」


25 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 17:58:59.21 jdg9UroYP 6/99


─────

「さすが佐々木さん。彼と付き合うことができたんですね」

佐々木「まぁね」

「これで膠着状態に動きがあるといいんですけど」

佐々木「ふふ…ふ」

「佐々木さん?」

佐々木「あ、ごめん何?」

「いえ、これからの涼宮ハルヒの出方が楽しみですね。どういう反応を示すんでしょう」

佐々木「そうだね」

佐々木(正直そんなのどうでもいいんだけどね)


28 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 18:14:09.10 jdg9UroYP 7/99


谷口「昨日光陽園学院の女の子ナンパしたんだけどよー」

キョン「またか。もしかしておまえの頭の辞書にはナンパの三文字しかないのか?」

谷口「まぁ聞けって。それが結構上手くいってさ。今度合コンやることになったんだよ」

キョン「ほー」

谷口「で、国木田も誘ったんだけどよ。おまえもくるか? キョン」

キョン「いや、俺はいいや」

谷口「んだよ、付き合い悪りぃなー。おまえだっていつまでも灰色の学園生活送りたくないだろ? 一歩踏み出してみようぜ」

キョン「あー、俺彼女できちまったんだ」

ハルヒ「!!」ピクッ


30 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 18:19:44.97 jdg9UroYP 8/99


谷口「な…なんだとぉ!?」

キョン「だから行けないわ。すまんな」

谷口「ちょ…おま、本気か? 嘘だろ? 誰だ? 俺の知ってるヤツか?」

キョン「いや、中学の時の同級生」

谷口「しゃ、写メとかあるか? 見せろ」

キョン「写メ? ああいいぞ。ほら」

谷口「……!! こ、この裏切り野郎…」

キョン「だからまぁ俺は行かないが、合コンがんばってくれ」


ハルヒ「……」


33 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 18:22:01.48 jdg9UroYP 9/99


ハルヒ(……)

ハルヒ(……え?)

ハルヒ(……今、何て言ってたの…キョンに彼女?)

ハルヒ(…まさか。嘘でしょ? 谷口の誘い断るために適当なこと言ったのよね)

ハルヒ(そうよね…キョンに彼女なんてできるわけないもん)


62 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:21:04.56 jdg9UroYP 10/99


─────

長門「……」パタン

ハルヒ「じゃあ今日はこれにて終了! さ、帰るわよ!」


古泉「…それがこんなことがありましてね。ふふ」」

キョン「そりゃ気の毒だったな……あ」

佐々木「やぁ」

キョン「おう」


64 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:28:41.62 jdg9UroYP 11/99


キョン「なんだ、わざわざこんなとこまで向えに来てくれたのか」

佐々木「くっくっ。まあね。せっかく彼女彼氏という肩書を得たんだ。できるだけいっしょの時間を過ごしたいと思うのは当然だろう」

キョン「ん、まぁそうだな。じゃ、俺達先帰るな」

佐々木「失礼しますね」


古泉「……」

みくる「……」

長門「……」

ハルヒ「……」


66 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:35:35.03 jdg9UroYP 12/99


佐々木「ふふふ」

キョン「どうした? 何かおかしいか」

佐々木「いや…別になんでもないさ。ただ嬉しくてね」

佐々木「キョン、手を繋いでもかまわないかな」

キョン「えっ。あ、ああ。別にいいぞ」

佐々木「ふふ、じゃあ失礼して」きゅっ


69 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:39:17.72 jdg9UroYP 13/99


キョン「…なんか不思議な感じがするな」

佐々木「何がだい?」

キョン「いや、中三の時はいつもおまえといっしょにいたけど、まさかこんなことになるとは思わなかったからな」

佐々木「そうかな」

佐々木「…僕はね、実を言うとあの時からずっとこうすることが望みだったのだよ」

キョン「そうだったのか?」

佐々木「そうさ」

佐々木「キョン、君は今幸せかい?」

キョン「え…ああ。もちろん。幸せさ」

佐々木「くっくっ。嬉しいよキョン」


71 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:44:45.73 jdg9UroYP 14/99


─────

キョン「お…よう古泉」

古泉「……」

キョン「ど、どうした?」

古泉「……」

キョン「な、なんだよ…なんで黙ってんだ。ていうかなんかおまえボロボロじゃないか?」

古泉「聞かなくても理由はわかってるんじゃないですか?」


77 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:50:19.84 jdg9UroYP 15/99


キョン「え? いや…わからんが。何があったんだ」

古泉「あなたのせいですよ」

キョン「俺? 俺がなんかしたか?」

古泉「本気で言ってるんですか?」

キョン「ああ。皆目見当つかんぞ」

古泉「…一度切開してあなたの頭の中身を覗いてみたいものですね。いったいどうなっていることやら」

キョン「なんか喧嘩腰だな」


81 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 20:58:00.64 jdg9UroYP 16/99


キョン「なんだってんだよいったい」

古泉「もう周りくどいことなしで正直に言いましょう。佐々木さんですよ」

キョン「佐々木がどうした」

古泉「あなたは佐々木さんと付き合っているそうですね」

キョン「あ、ああ。悪い、まだおまえらにはハッキリと言ってなかったな」

古泉「それが原因で涼宮さんの『神人』が大暴れしているんですよ」

キョン「なんで」

古泉「妬いているからに決まってるでしょう」


84 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 21:05:07.94 jdg9UroYP 17/99


キョン「は?」

古泉「涼宮さんはですね、あなたのことが好きなんですよ。だからあなたが他の人と付き合うと悲しいんです。これでわかりましたか?」

キョン「え…い、いや。そうなのか?」

古泉「そうなんです」

キョン「その…しかしそんなこと言われても困るんだが」

古泉「佐々木さんと別れてもらえませんか?」

キョン「は…はぁ? なんだそりゃふざけんなよ」


90 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 21:14:17.76 jdg9UroYP 18/99


古泉「そうしてもらわないと世界が崩壊しちゃうんですよ…」

キョン「あのなぁ。じゃあなんだ、俺は一生誰とも付き合うなと言いたいのかおまえは」

古泉「涼宮さんと付き合えばいいじゃなですか」

キョン「断る。俺が誰と付き合うかなんて俺の勝手だろ」

古泉「もう勝手じゃないんですよ」

キョン「ふざけんな」

古泉「ふざけてるのはあなたの方です」

キョン「…これ以上話しても平行線だな。おまえには悪いが今回は引かんぞ。俺はおまえら機関のための物でも世界のための物でもない」

古泉「……」


96 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 21:27:35.95 jdg9UroYP 19/99


みくる「…お茶です」

キョン「あ、どうも朝比奈さん」

みくる「…キョン君」

キョン「はい?」

みくる「…あの、佐々木さんのことなんですけど…」

キョン「…朝比奈さんもですか? なんです」

みくる「どうしても佐々木さんじゃなきゃダメなんですか?」


98 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 21:30:17.21 jdg9UroYP 20/99


キョン「どうしてもって…ええ、まぁ」

みくる「うぅ…困ります…」

キョン「朝比奈さんには申し訳ありませんが…俺は自分の意思であいつと付き合います」

みくる「キョンくーん…」

キョン「今日は帰ります」ガチャ バタン

みくる「あぅ…」

みくる(こんな話聞いてないよ…どうしよう…)


ハルヒ「……」


101 : 以下、名... - 2011/05/25(水) 21:35:16.14 jdg9UroYP 21/99


「やりましたよ佐々木さん」

佐々木「ん、何がだい?」

「涼宮ハルヒのことです。佐々木さんが彼と付き合ったからもうズタボロのえらいことになってるみたいですよ」

佐々木「そ、そう」

「この調子でドンドン行きましょう。そうすればむこうの機関も彼女の能力を佐々木さんに移すことに納得するでしょう」

佐々木「そ、そうだね」

佐々木(…涼宮さんそんなに落ち込んでるのか…やっぱりキョンのこと好きだったんだな)

佐々木(でも仕方ないよ。僕だってキョンのこと好きだもん)


197 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 06:59:17.20 h0HxfCTkP 22/99


─────

佐々木「やぁ。待たせてしまったかな」

キョン「おう。いや、別にたいして待っちゃいないさ」

佐々木「ふふ。まだ集合時間の10分前だと言うのにね。少々驚いたよ。時間にルーズだった君がこんなに早く着いているなんて」

キョン「習慣でな。どうも約束の15分前には着かなきゃ落ち着かなくなっちまった」

佐々木「習慣?」

キョン「ああ。しかし最初に着いたのは久しぶりだ」

佐々木「?」

キョン「あ、なんでもないんだ。さ、行こうぜ」


199 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:05:19.74 h0HxfCTkP 23/99


キョン「……」ウオワーッ

佐々木「……」キャーッ

キョン「……」ガハハハ!

佐々木「……」ドカーン


201 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:09:06.47 h0HxfCTkP 24/99


佐々木「…ふう」

キョン「結構おもしろかったな」

佐々木「キョンはそう思ったかい? 僕はあまりそうは思えなかったかな」

キョン「そうか? 普通に王道でよかったと思うが」

佐々木「そうだね。じゃあその辺はそこの喫茶店にでも入って話すことにしようか」

キョン「そうするか。ちょうど腹も減ったし」


203 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:14:04.57 h0HxfCTkP 25/99


佐々木「…だからね。あの表現の方法じゃ主人公の感情がうったえかけてこないんだ。だから僕ならこうした方がいいと思う」

キョン「ふーむ。なるほどなー」


キョン「……ふー」

佐々木「どうかしたのかい?」

キョン「いや……なんか、これが普通の遊び方だよなぁと思って」

佐々木「ん?」

キョン「変な意味はないんだけどな。こうやって映画見たりするのが普通なんだよな」


206 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:18:15.72 h0HxfCTkP 26/99


佐々木「くっくっ、おかしなことを言うね君は。そうだね。今の僕たちは客観的に見ても普遍的高校生そのものだろうね」

キョン「そうだよな…」

佐々木「僕はそれで構わないと思っているけどね。キョンは不満かい?」

キョン「いや、そんなことはないぞ」

佐々木「ふふ」


キョン「……」


209 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:43:03.70 h0HxfCTkP 27/99


─────

キョン「……」

ハルヒ「……」


キョン「…最近あいつ元気ないな」

古泉「そうですね」

キョン「やっぱ俺のせいか?」

古泉「そうですね…違うと言うこともできませんしね」


211 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:47:06.63 h0HxfCTkP 28/99


キョン「神人の方はどうだ?」

古泉「相変わらずです。毎日のように暴れまわっていますよ。最近は少しだけ落ち着いてきていますが」

キョン「すまんな」

古泉「いえ、いいんです。この前は僕もムキになって言いすぎました」

古泉「たしかに我々にあなたの自由を束縛する権利はありません。今回の問題は僕たちで解決しようと思っています」

キョン「そうか…」

古泉「……」


212 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 07:50:13.62 h0HxfCTkP 29/99


キョン「…なぁハルヒ」

ハルヒ「…何よ」

キョン「もうすぐ夏休みだ。今年はどこか合宿に行く計画は立てないのか」

ハルヒ「……」

ハルヒ「あんたは行きたいの?」

キョン「え? あ、ああ…そうだな。そりゃ行きたいさ。去年の合宿は楽しかったからな」

ハルヒ「……」

ハルヒ「…そう。行きたいんだ」


217 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:32:36.30 h0HxfCTkP 30/99


ハルヒ「あんた行きたくないのかと思ってたわ。いつもめんどうそうにしてるから」

キョン「いや、そんなことはないぞ。俺はいつだって楽しかった」

ハルヒ「そ。じゃあ考えよっか」

キョン「そうしようぜ」

ハルヒ「ふふ。キョンはどこ行きたい?」

キョン「うーんそうだなぁ…」


ハルヒ「…ねぇキョン」

キョン「ん? どうした」

ハルヒ「あんた彼女できたんだってね」


218 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:36:20.64 h0HxfCTkP 31/99


キョン「え…ああ。まあな」

ハルヒ「あの佐々木さんって人?」

キョン「ああ」

ハルヒ「付き合ってて楽しい?」

キョン「…ああ」

ハルヒ「そっか……じゃあ、土日とかあんまりこっちには来れなくなっちゃうわけね」

キョン「え? あ、いや…別にそれは…」

ハルヒ「いいわよ無理しなくて。そこまで強制する気はないから、自由にしなさい」

キョン「……」


219 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:42:06.51 h0HxfCTkP 32/99


─────

古泉「最近涼宮さん、部室の方に顔を出しませんね」

キョン「勉強してるんだってよ。もうすぐ夏休み前のテストだからな」

古泉「ほう…なんだか普通の学生のようなことを言うようになりましたねぇ」

キョン「そうだな……ところでそっちはどうだ?」

古泉「ああ、神人のことなら大丈夫です。どういう心境の変化があったのかわかりませんが、ここ最近は出現する数もめっきりと減ったんですよ」

古泉「とりあえず一安心と言ったところですかね」

キョン「そうか」

キョン「…そりゃ、よかったな」


222 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:45:10.87 h0HxfCTkP 33/99


みくる「お茶です」

キョン「あ、どうも」

キョン「……」ズズッ


キョン「…退屈だな」

古泉「そうですか?」

キョン「ああ。もしかして…ずっとこのままなのかな」

古泉「そうかもしれんませんね。涼宮さんがこのまま落ち着いてくれればの話ですが」

古泉「しかし、この平穏こそあなたが望んでいたものなのでしょう?」

キョン「……」

キョン「そんなこと…ねぇよ」


223 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:48:15.07 h0HxfCTkP 34/99


─────

佐々木「ふぅ。キョン、ありがとう。ここまででいいよ」

キョン「そうか」

佐々木「今日は楽しかったよ。またね」


キョン「…待ってくれ佐々木」

佐々木「ん? どうかした?」

キョン「…その…ちょっと話が…あるんだ」

佐々木「なんだいあらたまって」


224 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:50:18.35 h0HxfCTkP 35/99


キョン「……」

佐々木「…どうかした? そんな辛そうな顔して…」

キョン「……」

佐々木「何でも話してよ。僕は君の彼女なんだから」


キョン「…別れよう」

佐々木「……」


佐々木「え」


226 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:52:06.47 h0HxfCTkP 36/99


佐々木「え…今、何て言ったんだい? すまない、よく聞き取れなかったんだが」

キョン「別れよう。俺と別れてくれ」

佐々木「……」

佐々木「え」


佐々木「……え……え……」

佐々木「ど、どうして……?」

キョン「……」


229 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:56:48.51 h0HxfCTkP 37/99


佐々木「どうして…ぼ、僕が何か悪いことしたのかな。だとしたら謝るよ。ごめん」

キョン「いや…おまえは何も悪くない。俺が悪いんだ」

佐々木「どういうこと? どうしてそんなことを言うんだ? 理由を教えてほしいよ」

佐々木「僕は…絶対君と別れたくないよ」

キョン「……」


キョン「すまん…俺、やっぱりおまえのこと友達としてしか見れない」

キョン「何の覚悟もなしに付き合った俺が悪いんだ…すまん」

佐々木「……」


231 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 09:59:54.37 h0HxfCTkP 38/99



 ピンポーン

「あら佐々木さん。どうかしたんですか急に?」

佐々木「……」

「佐々木さん?」

佐々木「……」


「…ど、どうしたんです? 何かあったんですか?」

佐々木「…うっ」

佐々木「うわああああああああああああああああああん!!」

「えっ、えっ? さ、佐々木さん?」

佐々木「あああああああああああああああああああああああ」


232 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 10:05:06.03 h0HxfCTkP 39/99


─────

ハルヒ「今日でテストは終了ね! 明日から夏休みだけど、みんなたるんだ生活を送らないように! 以上、解散!」

キョン「なぁハルヒ、せっかくテスト終わったんだ、みんなでどこか打ち上げでも行かないか?」

ハルヒ「え? うーん、そうね…でも、あんただってせっかくだし彼女と遊びたいでしょ? 無理しなくてもいいわよ」

キョン「ああ、もう別れたんだ」

古泉「!!」

みくる「!!」


ハルヒ「え…わ、別れたの?」

キョン「ああ。一週間前にな」

ハルヒ「ど、どうして…もしかして振られたわけ?」

キョン「あ、ああ…まぁ、な」


238 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 10:08:00.97 h0HxfCTkP 40/99


ハルヒ「……」

キョン「どうした?」

ハルヒ「いや、別に…そっか、振られちゃったんだ」

ハルヒ「そりゃそうよね。あんなに可愛い子があんたの相手なんか本気でするわけないもんね、あはは」

キョン「なんだよ、そんなにおかしいか」

ハルヒ「別にっ。じゃ、そういうわけなら皆でカラオケでも行きましょう! キョンの失恋慰めパーティーよ!」


239 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 10:11:00.13 h0HxfCTkP 41/99


みくる「私も行きますぅ~」

古泉「お供しましょう」

キョン「おい、パーティーはいいけどあんまりデカイ声で言いふらさないでくれ。悲しくなるだろ」

ハルヒ「何言ってんの! 失恋した時はね、思いっきりテンション上げた方がいいのよ! そして次の恋へ進みだすパワーにするの! わかる!?」

ハルヒ「さ、行くわよキョン!! 着いてきなさい!!」

キョン「やれやれ」



長門「……」

長門「…空気」





240 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 10:11:53.56 H6KDYDfl0 42/99


なめてんのか


241 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 10:13:14.65 h0HxfCTkP 43/99


実は俺、ハルヒ萌えなんだ


243 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 10:14:03.00 ZKFgNBQR0 44/99


どうしてこうなった・・・


250 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:00:51.23 zH+PXKea0 45/99


キョン「……これで本当に大丈夫なんだろうな?」

古泉「ええ。涼宮さんはカンが鋭いですから、騙されてくれるかは心配でしたが」

古泉「あなたの言葉を疑うようなことはありませんでしたね。恋は盲目ってやつですか」

古泉「健気な恋心じゃないですか。……どうです? この際、本当に涼宮さんと……」

キョン「おい、古泉。何度も言うがな、俺はハルヒと付き合うつもりは無いんだ」

キョン「それに、万が一、俺がハルヒと付き合うことになってもだ、お前らの都合で付き合うのはゴメンだ」

古泉「んっふ、冗談ですよ。冗談」

キョン「……やれやれ……『世界の平和の為に佐々木と別れたフリをしろ』……か……」



254 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:03:29.56 zH+PXKea0 46/99


キョン「ところで、俺が佐々木に事情を説明しちゃいけなかったのはどうしてなんだ?」

古泉「それは、演技にリアリティを求めるためです。……と言うのは表向きの理由で」

古泉「あの部室には、長門さんや朝比奈さんも居ましたからね。誤魔化す為ですよ」

キョン「……あの後、佐々木に謝るのに、俺がどれだけ苦労したのか分かってるのか」

古泉「ええ。その代わりと言っては何ですが、これを」

キョン「ん? ……ペア旅行のチケットじゃないか!」

古泉「これは僕個人からのささやかなお礼です」

キョン「こ、古泉……」


256 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:11:40.51 zH+PXKea0 47/99


古泉「……ただ、あなたと佐々木さんが交際を続けることに、僕個人としては反対はしませんが」

古泉「ほかの勢力や、そもそも、涼宮さんが認めるかどうかは……」

長門「……情報統合思念体としては、そのようなことは認められない……」

キョン「な、長門!!お前、何時からここに……」

長門「……最初から。正確に言うと、あなたが恋人にニヤニヤしながらメールを打っているときから」

キョン「……」

長門「……涼宮ハルヒに対して、必要以上の精神的ストレスを与えるべきではない……」

キョン「そ、それはそうだが」

長門「……ただし、あなたがわたしと図書館に一緒に行くと言うのなら、考え直すと言っている……」

キョン「……」

長門「考え直すと言っている」

キョン「……」


258 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:28:03.79 zH+PXKea0 48/99


キョン「と、図書館ぐらいなら」

長門「……」 ニヤ

古泉「……さて。未来人としては、今回のことについて、どうお考えなのですか?」

長門「……朝比奈みくる。盗み聞きをするのはよくない……」

ロッカー「ガタッ、ガタガタ……バターン!!」

みくる「ひぃぃ!!どうしてわかったんですかぁぁ!?」

みくる「よ、よくわからないですけどぉ、規定事項からは外れてないみたいですから」

みくる「【禁則事項】が【禁則事項】にならなければ【禁則事項】なので大丈夫だと思います」

キョン「朝比奈さん。説明が【禁則事項】だらけですけど、テキトーなこと言ってませんよね?」

みくる「そ、そんなことありましぇん!!」


259 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:30:47.99 zH+PXKea0 49/99


古泉「……残るは、涼宮さんだけですが……」

キョン「分かった分かった。ハルヒの前では、佐々木の話題は口にしない。俺と佐々木は別れたまま」

キョン「万が一、バレそうになった場合には、親友のフリをする……だったな?」

古泉「Exactly(その通りでございます)」

キョン「やれやれ、せっかくのペア旅行も、これじゃ行けるかどうかは分かったもんじゃないな」

長門「行かなければいい。旅行は中止して、わたしと一緒に図書館に行くべき」

長門「遠くに行きたいのなら、わたしと全国のココイチ巡りをするといい」

みくる「あ、あの、長門さん」

長門「なに」

みくる「ココイチって、みんな同じ味なんじゃ……」

長門「!?」


264 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:40:05.98 zH+PXKea0 50/99


バーン!!

ハルヒ「みんなー!!」

キョン「!!」

古泉「!!」

長門「……」

みくる「」

ハルヒ「あれ、みくるちゃんどうしたの? 顔がボコボコにぶん殴られたみたいになってるわよ」

みくる「……な、なが……」

長門「……ココイチを馬鹿にしてはいけない……」


265 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 11:50:27.28 zH+PXKea0 51/99


ハルヒ「有希、アンタ、両手が真っ赤じゃない!!怪我でもしたの!?」

長門「トマトケチャップ」

古泉「返り血ですよね」

長門「なに」

古泉「いえ、僕の見間違いでした」

みくる「」 チーン

ハルヒ「まぁいいわ!!」

ハルヒ「みんな!!今日の団活は……」


267 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:00:29.89 zH+PXKea0 52/99


キョン(……佐々木とペア旅行……佐々木とペア旅行……二泊三日……)

ハルヒ「ちょっと、キョン!!失恋したからってボンヤリしてるんじゃないわよ!!真面目に聞きなさい!!」

キョン「はいはい。俺の心の傷口に塩を刷り込むんじゃない」

キョン(……二泊三日か……あんなこともこんなこともできるな……)

ハルヒ「……? キョン、首筋のここのところが赤くなってるわよ?」

キョン「!!」

キョン「蚊!!蚊だよ!!蚊に刺されたんだよ!!」

ハルヒ「ふうん」


268 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:01:56.48 zH+PXKea0 53/99


ハルヒ「……ねえ、キョン。アンタ、何かアタシに隠してない?」

キョン「恐れ多くもSOS団の団長様に、隠すようなことがあるわけ無いだろ」

長門「……彼の首筋は虫刺されなどではない……」

キョン「!?」

ハルヒ「!?」

長門「……キスマー……」

古泉「な、長門さん!!」

キョン「ぱりぱりチキン+チキン煮込み+野菜+ソーセージ 400g 辛さ普通」

長門「!!」

長門「……了解した……」

キョン「やれやれ」

みくる「えっ? えっ? な、なんですか?」


270 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:10:51.50 zH+PXKea0 54/99


ハルヒ(……怪しい……キョンの首筋のアレ……)

ハルヒ(……蚊に刺されたように見えるけど、でも、やっぱり……)

ハルヒ(……それに、いま、有希が『キスマーク』って言い掛けたような……)

ハルヒ「……キョン、正直に答えて欲しいんだけど、アンタ、本当は佐々木と別れて……」

「その質問には僕が答えよう」

ハルヒ「!!」

キョン「!!」

古泉「!!」

長門「……」

みくる「えっ」


274 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:16:41.87 zH+PXKea0 55/99


キョン「佐々木!!」 ハルヒ「……」

佐々木「くつくつ。……驚かせてしまったかな?」

ハルヒ「……キョンと別れたはずのアンタが、ここに何の用事?」

ハルヒ「……悪いけど、この部室はSOS団専用なの。部外者は立ち入り禁止」

ハルヒ「分かった? 分かったなら、さっさと出て行って欲しいんだけど?」

佐々木「すまないね、キョン。約束を破ってしまって……」

キョン「佐々木、お前……」

ハルヒ「約束? ちょっと、キョン!約束ってどういうこと!?」

佐々木「その質問には僕が答えるよ。それはね……」

ハルヒ「アンタには訊いてないわよ!!」

キョン「ハ、ハルヒ、落ち着け、これは、その、なんというか……」

古泉「バイトの時間でーす」

キョン「……すまん……」

古泉「……悪いと思うのなら、あなたの責任で事態を収拾してください。では……」


279 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:31:08.48 zH+PXKea0 56/99


佐々木「涼宮さん。あなたは何か誤解をしているようだから、説明をさせて欲しいの」

ハルヒ「誤解ですって? 冗談じゃないわよ!!」

佐々木「最初に、涼宮さん、あなたに謝らなければならないわね。ごめんなさい」

佐々木「僕とキョン、いいえ、私とキョンは、別れたフリをしていただけなの」

ハルヒ「……」 キッ

キョン「……ハルヒ、すまん……」

佐々木「言い訳に聞こえるかも知れないけど、あえて説明をするとしたら」

佐々木「これは私が言い出したことなの。……涼宮さんの気持ちも知っていたから……」

ハルヒ「表向きには別れたフリをして、アタシがキョンのことを諦めるまで、二人で仲良く待とうってことでしょ」

ハルヒ「……同情ってわけ? それとも憐れみかしら? ……いい加減にしなさいよ、アタシを何だと思ってるの?」

佐々木「ごめんなさい。でも、私もキョンが好きなの」

ハルヒ「アタシだって!!……アタシ……だって……」

ハルヒ「……どうして、アタシじゃないのよ……キョン……」


284 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:48:24.49 zH+PXKea0 57/99


ハルヒ「……キョン、正直に告白するわ……」

ハルヒ「アタシはアンタのことが好きよ。好きで好きでたまらない。ずっと好きだった……」

ハルヒ「……でも、それをアンタに伝えたら、それで断られたらどうしようって思って……」

ハルヒ「……ウジウジ悩むなんて、アタシらしくないわよね。……でも、怖かったのよ……」

キョン「……ハルヒ、俺は……」

ハルヒ「うるさいわね!!慰めの言葉なんて聞きたくないわよ!!」

キョン「……」

ハルヒ「……ゴメン。……いいのよ、キョン。……ぐすっ……もういいの……」

キョン「……」

ハルヒ「……アタシが、もっと素直になれていたら……こんなことにはならなかったのかしら……」

佐々木「ねえ、涼宮さん」

佐々木「……告白をするのが早いか遅いかで、勝ち負けが決まるのはフェアじゃない。そうは思わない?」


285 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 12:50:07.73 zH+PXKea0 58/99


ハルヒ「……? どういう意味よ」

佐々木「キョン。僕は、君のことが好きだ。君は鈍いから気付いていないかも知れないけど、ずっと好きだったんだ」

佐々木「キョンを好きな気持ちは誰にも負けないつもりだよ。……涼宮さんよりも、ほかの誰よりもね……」

佐々木「僕はね、キョン。……たまたま、君に告白をするタイミングが早かったお陰で、君と恋仲になれた……」

佐々木「……そんな風には思いたくないんだ……」

キョン「ば、馬鹿を言うんじゃない!!俺は告白の早い遅いで、お前と付き合うかを決めたわけじゃ……」

佐々木「それなら、いまの涼宮さんの告白を聞いてどう思ったんだい? そして、その告白を僕よりも前に聞いていたとしたら?」

キョン「……それは!!……それは……」

佐々木「くつくつ。正直だね、キョン。僕は、そんな君が好きなんだ。……だから、君とは別れることにするよ」

キョン「!?」

ハルヒ「!?」

長門「!!」 ガタッ

みくる「!?」


296 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 13:16:42.07 zH+PXKea0 59/99


キョン「ま、待て!!どういうことなんだそりゃ!!」

佐々木「どういうこともこういうことも、そういうことさ。僕は君と恋人関係を解消させてもらう」

佐々木「その理由は……そうだな、お互いの価値観の不一致ってところが無難だろう」

佐々木「……そして、ここで、僕は『改めて』君に告白する……」

佐々木「キョン、君が好きだ。付き合って欲しい。僕の恋人になってくれないか」

キョン「? お前が何を言ってるのか分からない、何が言いたいんだ?」

佐々木「鈍いなあ、そんなことじゃ、僕の恋人としてはやっていけないよ」

ハルヒ「……!!」 ハッ

ハルヒ「……ああ、そういうこと、そういうことね……」

佐々木「……涼宮さんは気付いたようだね……」

ハルヒ「アンタ、いい度胸してるじゃないの。このアタシと正面からやり合おうなんて……」

キョン「さっぱりわからん」

ハルヒ「……しょうがないわね、キョン、ボンクラのアンタにも分かるように、このアタシが説明してあげるわ」

ハルヒ「アンタは佐々木に振られたの。だから、いまのアンタはフリーなの、いいわね? フリーってのは、恋人が居ないってことよ?」

キョン「なんだか分からんが、そうらしいな」


302 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 13:32:45.73 zH+PXKea0 60/99


ハルヒ「そして、アタシと佐々木の両方から、同時に告白されてるの」

ハルヒ「アンタはフリー。恋人が居ないんだから、何者にも縛られずに、自分の本当の気持ちに従えるわよね」

ハルヒ「いい? 必要なのはアンタの気持ちよ。アタシと佐々木、どっちが好きなのか。どっちと付き合いたいのか」

ハルヒ「キョン。アタシも『改めて』アンタに告白するわ。……命令よ!!アタシの恋人になって、一生アタシの傍に居なさい!!」

キョン「……これはアレか、改めて、同時に告白をすることで……」

ハルヒ「アタシに、アンタを恋人にできるチャンスができたってわけ。……余裕を見せ付けられてるみたいで癪に障るけど……」

佐々木「くつくつ。僕にもメリットはあるんだ。こうしないと、トンビが横から『から揚げ』を攫っていくようで、スッキリしないからね」

佐々木「僕としては、キョンが本当に僕を好きだからこそ、僕を選んでくれたということが分かる。それだけで賭けてみる価値はあるよ」

ハルヒ「いい度胸ね。でも、調子に乗ってると痛い目を見るわよ」

佐々木「僕はキョンのことを信頼しているからね。僕とキョンは長い付き合いだから」

ハルヒ「!! ア、アタシとキョンだって……」


303 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 13:35:31.86 zH+PXKea0 61/99


キョン「ま、待ってくれ!!それじゃ、選ばれなかったほうはどうなるんだ?」

ハルヒ「……正面からキョンを取り合って、それでキョンに選ばれなかったのなら、それはそれでいいわ……」

ハルヒ「でもね、何もしないまま、何もできないまま、キョンに自分の気持ちを伝えられないまま負けるのは絶対にイヤ!!」

佐々木「……僕は……正直に言って、あとあと、後悔することになるのかも知れない。あんなこと言わなければ良かったって」

佐々木「それでもね、キョン。僕は、自分自身が、告白のタイミングなんてものだけが理由で選ばれたとは思いたくないんだ」

佐々木「涼宮さんと、僕と、お互いの気持ちを同時に告白したうえで、どちらが本当にキョンに好かれているのか、キョンに選んで欲しいんだ」

佐々木「そうすれば、キョンが本当に好きなのは僕だって、胸を張って言えるだろう?」

キョン「……ハルヒ……佐々木……」

ハルヒ「お互い、恨みっこ無しよ」

佐々木「ええ、分かってるわ」

ハルヒ「キョン!!」 佐々木「キョン……」



「「どっちを選ぶの!!」」



おわり


312 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 13:40:49.18 zH+PXKea0 62/99


エピローグ

長門「もぐもぐ」

長門「もぐもぐ」

キョン「美味いか?」

長門「……」 コクリ

長門「……」 スッ

キョン「お代わりか? ……もう、5回目なんだが……」

長門「……」 ジー

キョン「分かった分かった!!」

長門「ナスカレーにチーズとトマト」

キョン「はいはい……」

ハルヒ「キョン!!見付けたわよ!!」

ハルヒ「佐々木、こっちよ!!ココイチにキョンが居たわ!!」

佐々木「逃げるなんて卑怯だろう。さぁ!!僕か、涼宮さんか、どちらを恋人にするか選ぶんだ!!」

キョン「か、勘弁してくれ……」


313 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 13:42:00.69 zH+PXKea0 63/99


実は俺、長門萌えなんだ

でもセッ○スしたいのは朝倉なんだ


316 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 13:46:43.26 KQESb+YV0 64/99


これはこれでありかなw


318 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:08:44.78 HY9gy+TQO 65/99



キョン「はぁ…」スタスタ

キョン(三年から必死に勉強してなんとか国立大大に合格したものの…)

キョン(学生寮に入れず、いきなり知らない土地でアパートを探すはめになるとはな…)

キョン「やれやれだ…」


320 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:14:13.49 HY9gy+TQO 66/99



キョン「…」スタスタスタ

佐々木「やぁ、キョンじゃないか」

キョン「佐々木!? お前こんなとこで何してるんだ?」

佐々木「僕はこの近くの国立大に合格してね。アパートを探しているのさ。キョン、君は?」




323 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:18:46.76 HY9gy+TQO 67/99



佐々木「くっくっ、まさか僕とキョンが同じ大学とはね。驚いたよ」

キョン「俺だってそうさ。しかし佐々木、なんでお前がこんな偏狭の国立大に進学したんだ?お前ならもっと上にいけただろうに」

佐々木「僕は医学部だからね」

キョン「ああ…」



326 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:25:16.18 HY9gy+TQO 68/99



佐々木「それはそうと、キョン、君はもう住むアパートは決まったのかい?」

キョン「いや、俺もいま探しているところだ」

佐々木「それなら僕と一緒に探そうじゃないか。1人で知らない土地を歩くのは何かと不安だからね」

キョン「いいのか?」

佐々木「もちろんさ。キョン、僕たちは親友だろう?」

キョン「ああ、そうだな」

佐々木「くっくっ」


328 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:35:47.48 HY9gy+TQO 69/99



佐々木「このアパートなんてどうだい?」

キョン「立地条件は悪くないな。あとは家賃だな」





キョン「まさか6万もするとは。田舎なのに随分と高額だよな」

佐々木「そうかい?部屋も2人で住んでも問題ないくらいに広かったじゃないか。むしろ6万は安いと感じるね」

キョン「俺は出せても3万までなんだよ。……あ、そうだ」

佐々木「なにか思いついたようだね」

キョン「佐々木、俺と一緒に住まないか?それなら家賃は3万ですむ」

佐々木「くっくっ、いわゆるルームシェアというやつだね」

キョン「何がおかしいんだ?」

佐々木「いや、まさかキョンからそんなことを提案してくるとは思わなかったからね」

キョン「で、どうなんだ?」

佐々木「もちろん、了承させてもらうよ」


332 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:44:50.96 HY9gy+TQO 70/99



キョン「佐々木、俺は荷物の整理終わったぞ」

佐々木「僕も終わったよ」

キョン「そうか。…なぁ、佐々木」

佐々木「なんだい?」

キョン「俺たち、もう長い付き合いだよな。大学生になったことだし、そろそろ下の名前で呼び合ってもいいとは思わないか?」

佐々木「くっくっ、キョン、急ぎすぎてはいけないよ。僕たちの共同生活は始まったばかりさ」

キョン「…だな」



336 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 14:51:57.89 HY9gy+TQO 71/99


―― スーパー

佐々木「そこにコアラのマーチがあるね。ひとつ買ってもいいかな?」

キョン「ああ。でもチョコにしろよ?いちごは邪道だ」

佐々木「くっくっ、わかっているよ」




キョン「結構買ったな」

佐々木「そうだね…」フラフラ

キョン「大丈夫か?俺が持ってやるよ」

佐々木「助かるよ。男である君が手ぶらなのは腑に落ちないからね」




337 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 15:00:24.54 HY9gy+TQO 72/99


―― アパート

キョン「お、今日はカレーか」

佐々木「くっくっ、カレーはキョンの好物だからね。頑張ってみたよ」




キョン「あ~、美味かった」

佐々木「まさか全部食べてしまうとはね。これでまた明日買い物にいかなくてはならなくなったよ」

キョン「…悪かった。俺も突き合うから勘弁してくれ」

佐々木「くっくっ、キョンも一緒にくるのなら話は別さ。これほど嬉しいことはないね」



341 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 15:06:45.28 HY9gy+TQO 73/99



――― 翌朝

キョン「どうした、目が真っ赤だぞ?」

佐々木「くっくっ、緊張して眠れなかったのさ。男性と同じ布団で寝るのは初めての体験だったからね」

キョン「俺だってそうさ」

佐々木「そうなのかい?てっきり涼宮さんとそういった体験は一通り経験済みだと思っていたよ」

キョン「んなわけないだろ。初めての相手は好きな人って決めてんだ」

佐々木「そうかい」


349 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 15:21:02.13 HY9gy+TQO 74/99


――― 商店街

キョン「お、福引きやってるぞ」

佐々木「スーパーのレシートがあれば引けるみたいだね」

キョン「やってみようぜ」






キョン「まさか電動自転車が当たるとはな」

佐々木「さっそく乗ってみるあたり、キョンらしいよ」

キョン「いいじゃねえか、楽だし」

佐々木「しかし、こうしていると嫌でも中学時代の思い出が蘇るね」ギュッ

キョン「あのころは俺の肩に手を置くのも恥ずかしがってたよな。どういう心境の変化だ?」

佐々木「くっくっ、三年もたてば人は変わるものさ」ギュッ

キョン「心も身体もな。いまはDカップってとこか」

佐々木「その通りだよ。キョン、君は相変わらず鋭いね」

キョン「まぁな」


352 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 15:31:04.35 HY9gy+TQO 75/99


――― アパート

佐々木「キョン」

キョン「なんだ?」

佐々木「涼宮さんたちも僕たちと同じ大学なのかい?」

キョン「いや、ハルヒは古泉と一緒に東京の名門私大にいったよ。朝比奈さんは未来に帰ってた。長門は…知ってるだろ?」

佐々木「もちろんさ。長門さんが中日ドラゴンズから一位指名を受けたときは少なからず衝撃をうけたよ」

キョン「指名されたのも驚いたけど、長門が入団するっていったときは腰が抜けたぜ」




361 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 15:58:40.63 HY9gy+TQO 76/99


――― 入学式の帰り

キョン「はぁ、疲れた」

佐々木「…」ムスッ

キョン「…なんで怒ってんだ?」

佐々木「いや、キョンがさっそく女性に声をかけられていたからね。嫉妬しているのさ」

キョン「佐々木、そういうときはだな、“別に怒ってないもん!”とか言うと可愛いんだぞ」

佐々木「そうなのかい?練習しておくよ」


362 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 16:05:08.11 HY9gy+TQO 77/99



「あの~、すみません」

キョン「はい、なんです?」

「○○○ってお店の場所を知りませんか?」

キョン「すいません、わかんないです。俺ら地元の人間じゃないもんで…」

「そうですか…失礼しました」

キョン「いえいえ」




キョン「なぁ、佐々木…」

佐々木「別に怒ってないもん!」

キョン「なっ!?」

佐々木「どうだい?可愛かったかな?」

キョン「…あの程度で嫉妬すんのかよ」



366 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 16:16:47.38 HY9gy+TQO 78/99


――― アパート

佐々木「キョン、テレビを観てごらんよ」

キョン「プロ野球中継だな。これがなんだ?」

佐々木「長門さんがでているよ」

キョン「本当だ。あいつ一年目からスタメンかよ。さすがだな」ピッ

佐々木「みないのかい?」

キョン「テレビ観ながら食事するのは禁止です」

佐々木「くっくっ、まるで僕の母親になったかのような口振りだね」

キョン「お前の母親なんてごめんだね。どうせなら夫にしてくれよ」

佐々木「…」モジモジ

キョン「冗談だよ冗談」

佐々木「からかうのはよしてほしいな」



368 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 16:22:23.79 HY9gy+TQO 79/99


――― ナゴヤドーム

長門「!」

tanishige「どうした?」

長門(…彼は観てくれないみたい)

長門「…別に」

ブランコ「おいおい、しっかりしろよルーキー!」

グスマン「投手がそんなんじゃ勝てないぜ?」

長門「…打率一割台にいわれたくない」

グスマン「……グスン」

ブランコ「泣くなよグスマン」



370 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 16:34:15.49 HY9gy+TQO 80/99


――― 夜

佐々木「キョン」

キョン「なんだ?」スリスリ

佐々木「股関を擦り付けるのをやめてほしい」

キョン「嫌か?」

佐々木「嫌ではないさ。ただ、君のが大きくなっていくのが伝わってくるから恥ずかしくてね」

キョン「そうか」スッ

佐々木「キョン、こういうことは僕らにはまだ早いよ。僕はそのての知識をまったく持ち合わせていないんだ」

キョン「人体を扱う医学部の人間がそんなんでいいのか?」

佐々木「…よくないね」

キョン「じゃあ一緒に勉強しようじゃないか」モミモミ

佐々木「ひゃっ!?」ビクッ



373 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 16:44:46.46 HY9gy+TQO 81/99



佐々木「くっくっ、いきなり胸を揉むとは大胆だね」

キョン「佐々木の胸はお椀型なんだな」モミモミ

佐々木「服の上からでもわかるのかい?」

キョン「俺は乳職人だからな」モミッ

佐々木「あっ…ん…」ピクッ

キョン「乳首が弱いみたいだな」

佐々木「よくわからないな。なんせ初めてだからね」




375 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 16:49:49.15 HY9gy+TQO 82/99



キョン「……ふぅ」スッ

佐々木「もう揉まないのかい?」

キョン「ああ。もう果ててしまった」

佐々木「くっくっ、そんなに僕の胸は良かったかい?」

キョン「最高だね。Dカップのお椀型こそ俺の理想だ」

佐々木「僕はキョンの理想の胸だというわけだね。嬉しいよ」



399 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 19:25:17.89 HY9gy+TQO 83/99


――― 休日

佐々木「キョン」

キョン「なんだ?」

佐々木「せっかくの休日だというのに僕をどこにも連れていってくれないのかい?」

キョン「……」

佐々木「寝たふりはよしてくれないか」

キョン「……」

佐々木「ねぇ、キョン」

キョン「……」

佐々木「キョン…」

キョン「……」

佐々木「……グスン」

キョン「わかった、連れてく!だから泣かないでくれ」

佐々木「くっくっ、本当かい?」ケロッ

キョン「てめぇ…」



402 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 19:32:47.78 HY9gy+TQO 84/99


――― 漫画喫茶

佐々木「キョン…」

キョン「俺は寝る。漫画に飽きたら起こしてくれ」ゴロン

佐々木「…」

キョン「……」

佐々木「……グスン」

キョン「……」

佐々木「くっくっ、もう引っかからないみたいだね」




キョン「ふわぁぁぁ…」ムクッ

佐々木「起きたみたいだね」

キョン「うわ、もうこんな時間か。面白い漫画あったのか?」

佐々木「これさ」スッ

キョン「ふたりエッチだ…と…?」

佐々木「くっくっ、とても勉強になったよ。試してみるかい?」


404 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 19:42:24.90 HY9gy+TQO 85/99



キョン「何を学んだんだ?」

佐々木「パイズリさ。キョンは乳職人だから喜ぶと思ってね」

キョン「ほう、わかってるじゃないか。だがな佐々木、パイズリをするなら俺のをある程度大きくしてからじゃないと…」

佐々木「くっくっ、すでに大きくなっているじゃないか」

キョン「朝勃ちならぬ夕勃ちだな」

佐々木「では始めようか」ヌギヌギ

キョン「おい、待て。ブラは俺が外す。いや、外さしてくれ」

佐々木「くっくっ、必死だね。ではお願いするよ」

キョン「おう」パチッ

キョン「ぐっ…」

佐々木「どうかしたかい?」

キョン「すまん、果ててしまった」

佐々木「どうやら今回はお預けみたいだね」


406 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 19:52:36.38 HY9gy+TQO 86/99


俺のエロ知識ではこれが限界だ。誰か頼む


442 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 22:15:20.93 HY9gy+TQO 87/99


――― 朝

キョン「おはよう」

佐々木「おはよう」

キョン「なにしてるんだ?」

佐々木「お弁当を作っているのさ」

キョン「へぇ、美味そうだな」

佐々木「キョンのぶんもあるから今日のお昼に一緒に食べよう」

キョン「楽しみだな」



445 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 22:18:43.68 HY9gy+TQO 88/99


エロは無かったことにしてほしい


447 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 22:27:52.04 HY9gy+TQO 89/99


――― 昼

「…」シュン スタスタスタ

キョン「……ふぅ」

佐々木「キョン!」スタスタスタ

キョン「お、来たか。早速食べようぜ」

佐々木「くっくっ、さっきの女の子は友達かい?お弁当をもっていたようだけど」

キョン「なんだ、みてたのか」

佐々木「受け取らなくて良かったのかい?」

キョン「ああ。お前の作ってくれた弁当があるからな」

佐々木「よく引き下がってくれたね」

キョン「別の女友達が作ってくれてるっていったら納得してくれたぞ」

佐々木「そうか、キョンにとって僕はまだ女友達という認識なんだね」




450 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 22:41:29.94 HY9gy+TQO 90/99



キョン「なんだ、彼女っていっても良かったのか?」

佐々木「くっくっ、いってくれていたらどれだけ嬉しかっただろうね」

キョン「でもなぁ、ちゃんと告白してないし」

佐々木「ではここでしてみてはどうかな?多少人目があるけど僕は気にしないよ」

キョン「ここではできねぇな。もっといいシチュエーションがあるはずだ」

佐々木「それは残念だな」

キョン「とりあえず弁当食べようぜ。腹減ったよ」


452 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 22:44:35.07 HY9gy+TQO 91/99


――― 休日

キョン「告白する相手と一緒に告白する場所を探すってなんとも奇妙だな」

佐々木「僕たちらしいと思うよ」

キョン「確かにそうだな」




454 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 22:55:17.79 HY9gy+TQO 92/99



キョン「佐々木はどんなシチュエーションがいいんだ?」

佐々木「そうだな…やはり時間帯は夜がいい」

キョン「それは俺もだ」

佐々木「場所は…定番だが観覧車の中がいいな」

キョン「てことは遊園地か。ちょっと遠いな」

佐々木「別に遊園地でなくても構わないよ。僕にとってはキョンの彼女になることが何よりも重要なんだ」

キョン「いや、遊園地に行こう。お前の希望は叶えてやりたいからな」ニッ

佐々木「キョンは優しいな」

キョン「だから告白は今度の連休まで持ち越しな」

佐々木「くっくっ、僕を焦らすのは楽しいかい?」

キョン「楽しいぜ。俺はSだからな」

佐々木「僕はMだ。どうやら相性は良さそうだね」

キョン「だな」



457 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:02:50.69 HY9gy+TQO 93/99


――― アパート

佐々木「…」カキカキ

キョン「勉強か?」

佐々木「キョンに告白されたときにどう反応するのがベストなのか考えているのさ。とりあえず思いついたものを書いている」

キョン「どれどれ…」

キョン「この“感動して涙を流す”なんていいんじゃないか?」

佐々木「そう思うかい?ではこれにしよう」



458 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:06:26.27 HY9gy+TQO 94/99


――― 遊園地

キョン「はやく着いちまったな」

佐々木「夜になるまで遊ぶとしよう」

キョン「だな」


464 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:17:25.06 HY9gy+TQO 95/99


――― 夜

キョン「夜になったな」

佐々木「そうだね。柄にもなく緊張してきたよ」

キョン「俺だってそうさ」

佐々木「キョン、告白しないのは無しだからね」

キョン「お前だって、俺を振ったりするなよ?」

佐々木「くっくっ、そんなことすりわけないだろう? 僕はキョンのことが大好きなんだ」

キョン「お前が告白してどうすんだよ」

佐々木「これは失礼」



469 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:27:39.51 HY9gy+TQO 96/99


――― 観覧車

キョン「だいぶ上まできたな」

佐々木「そうだね」

キョン「よし、そろそろ始めようぜ」

佐々木「う、うん」モジモジ

キョン「あれ?佐々木が女の子になってる」ニヤニヤ

佐々木「くっくっ、どうやら僕の思考回路はショートしてしまっているようだ。緊張して何も考えられないよ」



471 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:34:04.10 HY9gy+TQO 97/99



キョン「じゃ、いうぞ…」

佐々木「うん」ドキドキ

キョン「佐々木、中3のころからずっと好きだった。俺と付き合ってくれ」

佐々木「うん。よろしく頼む」

キョン「あれ?なんか素っ気ないな」

佐々木「まさかキョンが中3のころから僕のことを好いてくれているとは思わなかったからね。あまりの驚きに涙もでないよ」



474 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:39:37.78 HY9gy+TQO 98/99


キョン「そりゃマズいな。プラン通りに進まないじゃないか」

佐々木「こればっかりはどうしようもないよ。感情の問題だからね」

キョン「う~ん、じゃあこれでどうだ?」グイッ

佐々木「え?」

チュッ

佐々木「あ…」

キョン「どうだ」

佐々木「…くっくっ、不思議だね。自然と涙がでてきたよ」

キョン「俺は恥ずかしくて仕方ねえよ。似合わないことしたからな」

佐々木「キョン、もう一度してもらえるかい?この日を僕たちにとって一緒忘れられない最高の1日にするために」

キョン「ああ」グイッ


end


483 : 以下、名... - 2011/05/26(木) 23:45:43.09 HY9gy+TQO 99/99


佐々木いいよね


記事をツイートする 記事をはてブする