1 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:07:47 CZg 1/110

ゴブ男「俺を産んだ女の人、メッチャレイプされとる」

女騎士「………」

元スレ
ゴブ男「ゴブスレの世界のゴブリンに転生した」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1541632067/

2 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:09:40 CZg 2/110

ゴブ男「生まれた時からだからか、臭いのは平気だけど汚いのは嫌だな」

女騎士「………」(汚物塗れ)

ゴブ男「…とりあえず、体拭いてあげるか」

3 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:12:47 CZg 3/110

ゴブ男「母親の介護してたら孕み袋飼育係に任命された」

女騎士「………」(レイプ目)

ゴブ男「…薄めた葡萄酒です。どうぞ」

女騎士「……(口の端からボタボタ垂らす)」

ゴブ男(……死んだ方が彼女の為なんじゃないだろうか)

5 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:14:57 CZg 4/110

ゴブ男「しかし死なれると俺が殺されかねん。あいつら笑いながら仲間ミンチにするし」

ゴブ男「…俺が食ってるこの肉も、仲間のなのか人間のなのか」

ゴブ男「いかん、考えるのはやめよう。やめやめ」

女騎士「………」(汚物塗れ)

ゴブ男「…とりあえず身体拭くか。病気になったら治しようがないし」

6 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:17:41 CZg 5/110

ゴブ男「今のところこの女性以外人間を見たことないけど、俺こんな世界観の小説知ってるわ」ふきふき

女騎士「………」(レイプ目)

ゴブ男「ここゴブリンスレイヤーの世界にメッチャ似てるよね。いずれ俺もゴブスレさんにスレイされちゃったりして」ふきふき

『ギャアアアアアアア』

女騎士「……(ピクリ」

ゴブ男「仲間の悲鳴が…マジか」

9 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:19:52 CZg 6/110

ゴブ男「襲撃者が来たらしい」

『グギャギャギャギャ!!!』

ゴブ男「侵入者は薄汚れた戦士と若い女神官」

『ギャアアアアアアア!!!!』

ゴブ男「アカンこれ死んだかもしれん」

女騎士「………」(レイプ目)

10 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:22:02 CZg 7/110

ゴブ男「とりあえず、この女性が仲間の盾にされて殺されないようにしよう」

女騎士「………」

ゴブ男「ボロ布を掛けて、上からゴミを撒いて…視界に入らなけりゃ盾にしようなんて思わないだろ」

女騎士「………」

ゴブ男「人がいるってわかるように何か…この人の装備品を部屋の入り口に撒いとけばいいか」

12 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:23:31 CZg 8/110

女神官「…あとはここですね」

ゴブスレ「…用心しろ」

ゴブ男「……!」

ゴブ男(ヤバイヤバイ! とりあえず物陰に…!)

14 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:24:36 CZg 9/110

ゴブ男(……うおぉ…しくじったぁ…)

女神官「っ! ここは…!」

ゴブスレ「……」

ゴブ男(あ、これ死んだわ)

16 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:25:32 CZg 10/110

女神官「ゴ、ゴブリンスレイヤーさん!」

ゴブスレ「ああ」

女神官「いま、癒しの奇跡を…!」

女騎士「………」

17 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:26:57 CZg 11/110

ゴブ男「………」

女神官「っ…もう、大丈夫ですからね…!」

女騎士「…ぅ、ぁ…」

女神官「! 気をしっかり、もう大丈夫です! 安心してください!」

ゴブスレ「………」

18 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:29:50 CZg 12/110

女騎士「ぁ、ぁりが、と…ぅ…」

女神官「…ぅ、もう、大丈夫、ですから…」大泣き

ゴブスレ「……おい、ここに、他にゴブリンはいないか」

ゴブ男(!!!!?!?)

20 : 名無しさ... - 2018/11/08 08:42:50 CZg 13/110

ゴブ男「……(ガクガクガクガク)」

女神官「ゴ、ゴブリンスレイヤーさんっ! 何もこんな時に…!」

女騎士「ぁ…」

ゴブスレ「……(キョロキョロ」

21 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:02:30 CZg 14/110

女騎士「……ぃ、や…いな、い…」

ゴブ男「……!」

ゴブスレ「………」

女騎士「ゴホッ! ゴホゴホッ!」

女神官「あぁ! だ、大丈夫ですかっ!? ゴブリンスレイヤーさん、早く引き上げましょうっ」

ゴブスレ「………ああ」

22 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:04:45 CZg 15/110

ゴブ男「……助かった、のか」

ゴブ男「いや、ゴブスレさんが洞窟に火を放つかもしれんし、慌てず素早く迅速にここから出よう」

ゴブ男「…今すぐ出てったら待ち伏せされそうだな。とりあえず装備整えておくか」

24 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:07:22 CZg 16/110

ゴブ男「革鎧と鉄兜、丸盾と短槍があったわ」

ゴブ男「そして装備整えてる最中に洞窟に毒ガス流された…ゴブスレさんマジで容赦ねぇ」

ゴブ男「洞窟の途中で天井に張り付いてやり過ごせたけど、死ぬかと思ったわ」

25 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:09:33 CZg 17/110

ゴブ男「無事に洞窟から出れたけど、これからどうするかな」

ゴブ男「仲間が持ってきたもん食って今まで生きてたけど、絶対略奪品だっただろうし」

ゴブ男「かといって『渡り』としてどっかの巣で世話になる気もなぁ」

ゴブ男「……なんにせよ、ここから離れるか」

26 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:11:04 CZg 18/110

~辺境の街・酒場~

ゴブスレ「………」

女神官「…どうしたんですか、ゴブリン退治から戻ってからずっと黙っちゃってますけど…」

ゴブスレ「…おかしい」

女神官「…? 何が、でしょう…?」

27 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:20:27 CZg 19/110

ゴブスレ「あの巣にはホブがいた、シャーマンがいた…数も多かった」

女神官「そうですね…いつもより大変でした…」

ゴブスレ「あの女騎士も、囚われて半年以上経つのに、生きていた」

女神官「………」

ゴブスレ「寝ずの番の見張りもちゃんと立てていた。ああいう巣には、孕み袋である女を管理するゴブリンがいるはずだ」

女神官「それは…もう倒しちゃってた、とか…?」

ゴブスレ「………」

女神官「ゴブリンスレイヤーさん…?」

ゴブスレ「…確認してくる」

女神官「あっ、ちょっと…!」

29 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:28:36 CZg 20/110

ゴブ男「意外と生きていけるもんだな」

ゴブ男「なんとか野生の獣も獲れてるし、生肉食っても腹を壊さないこの体は結構便利だわ」

ゴブ男「しかしこれからどうすっかなぁ…このまま一人寂しく生きていくのもヤダなぁ…」

ゴブ男「…とりあえず、野犬や狼に殺されない程度に体を鍛えておくか」

30 : 名無しさ... - 2018/11/08 09:31:33 CZg 21/110

~最初の洞窟内~

女神官「ど、どうですか…ゴブリンスレイヤーさん…?」

ゴブスレ「…気に入らんな」

女神官「え…」

ゴブスレ「転がっていた装備が減っている。水袋もだ…やはり生き残りがいた」

女神官「そんな…」

ゴブスレ「…学習したゴブリンは…厄介だ」

35 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:00:29 CZg 22/110

ゴブ男「俺は成長した!」

ゴブ男「ホブみたいにデカくはないけど、普通の人間みたいな背格好になっちまったな…」

ゴブ男「まあ、この世界のゴブリンの生態とか知らないしな。もしかしたらこのままホブやチャンピオンみたいにゴツくなるのかもしれん」

ゴブ男「しかし体が鍛えられたのはいいが…武器がなぁ…」

ゴブ男「革鎧と鉄兜はまあいいけど、盾と短槍はもう使い物にならんな」

ゴブ男「…仕方ない、奪うか…」

36 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:03:04 CZg 23/110

ゴブ男「チィーッス、ア、ドーモドーモ~」

ゴブリンA「グギャ!?」

ゴブリンB「ギャギャ!」

ゴブ男「オッスオッス、『渡り』の用心棒はいらんかね」

ゴブリンA「ギギッ!」

ゴブリンB「ギャッ! ギャッ!」(手招き)

ゴブ男「お、入ってオッケーっすか? あざーっす!」

37 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:05:41 CZg 24/110

ゴブシャーマン「ギギギ…?」

ゴブ男「ア、ドモー(シャーマンがいる巣か…)」

ゴブリンA「ギャギャ! ギャギャ!」

ゴブシャーマン「ゴギャ、グギャギャギャギャ!」

ゴブ男「あ、仲間にしてくれる? あざーっす」

ゴブシャーマン「ギャギャギャギャギャギャ!」

38 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:09:32 CZg 25/110

ゴブ男「いやー、歓迎して貰えて良かったっスよー」

ゴブリンA「グギャ! グギャ!」(手招き)

ゴブ男「え、何? こっち?」

ゴブリンA「ギャギャギャギャ!」しきりに洞窟の奥を指差して笑う

ゴブ男「好きにしていいって? 何が…あっ、女の人…」

ゴブリンA「ギャギャギャギャ!」

ゴブ男「……じゃあ、一人で楽しみたいから、オメーは出てけ」ゴブリンAを思いっきり足蹴り

ゴブリンA「グギャッ!?」そそくさと逃げていく

39 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:12:20 CZg 26/110

ゴブ男「…マジかよ、シャーマンいるからもしかしてとは思ったけど」

女村人「ひっ……」(汚物塗れ)ガクガクブルブル

ゴブ男「まだ連れてこられたばっかりか…」

女村人「う、ぐっ…ひっく…」

ゴブ男(これは今日中に行動起こさねーとヤベーな)

40 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:16:54 CZg 27/110

ゴブ男「とりあえず、この水で体洗って」水袋を出す

女村人「…ひっ!……えっ…?」

ゴブ男「この布、薄汚くてボロいけど、小川で洗ったから多少はマシなはずだ」

女村人「………」

ゴブ男「早く拭いて」

女村人「…っ、は、はい…」

ゴブ男「俺の言葉、わかる、よね?」

女村人「(ビクッ)……え、っと、はい…」(ビクビク)

41 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:19:34 CZg 28/110

ゴブ男「そっか、よかった。なんでか生まれた時から喋れるんだよね、これが転生特典ってヤツかな、ハハハ…」

女村人「は……ぇ…?」

ゴブ男「ああいや、こっちの話。気にしないで、体拭いたら隅で寝てて」

女村人「ぁ……はい…どうも、ぁ、りが、と…」


ゴブ男「……いえ」

42 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:21:51 CZg 29/110

ゴブ男(近くの村から攫ってきたのか? 巣の存在が村人にバレてるのは間違いないな)

ゴブ男「冒険者に朝駆け喰らっても嫌だし、深夜だけどやっちまうか」

43 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:27:09 CZg 30/110

ゴブ男「ア、ドーモドーモ、オヤブンさん」

ゴブシャーマン「グギャ?」

ゴブ男「ちょっと相談があるんだけどさー、ホラ見てこの槍、刃が潰れちゃってもうただの鈍器なのよ。なんか良い武器ない?」

ゴブシャーマン「グギャギャギャ!」剣を差し出す

ゴブ男「お、いい武器じゃん。ちょっと重いけど…ああ、だから他のゴブリンじゃ持てないからくれるのか」

ゴブシャーマン「ギャギャ! ギャギャ!」

ゴブ男「あざーっす、んじゃこれはありがたく使わせてもらいますねー」

ゴブシャーマン「ギャギャギャギャギャギャ!」

ゴブ男「んじゃほい、この槍あげるよ」ブンッ!

ゴブシャーマン「グギッ…!?」(喉を短槍で貫かれる)

45 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:30:46 CZg 31/110

ゴブ男「意外とあっさり片付いたな…」死屍累々

ゴブ男「全部殺せたと思うし、まずは成功だな」

ゴブ男「さて、あとは女の人を…」

女村人「…ひっ!」

ゴブ男「あー、自力で帰れる?」

女村人「…っ、ふ、うぐっ…ヒック…」泣きながら足首を押さえる

ゴブ男「……足の腱が…くそッ」

46 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:34:25 CZg 32/110

ゴブ男「クソッ、もう朝になっちまう…!」

ゴブ男(ここに居ても冒険者が助けに来てくれるかもしれないけど、いつになるかわからないし…他のゴブリンが住み着く可能もある…)

ゴブ男「しゃーない、ちょっと待ってろ」

女村人「えっ…」

ゴブ男「大急ぎで準備するからよ!」

女村人「………」

47 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:39:15 CZg 33/110

ゴブ男「剣以外大したものなかったわ」(女村人を背負ってる)

女村人「………」(ガクガクブルブル)

ゴブ男(メッチャ震えとる。こりゃ何を言っても無駄だな)

ゴブ男「村、こっちでいいのか?」

女村人「………」(ガクガクブルブル)

ゴブ男(めっちゃ疑われてる。仕方ないけど、道わかんねぇよ…)

女神官「えっと…村の人からの話だと、この先ですね」

ゴブスレ「急げ、日の出と同時に仕掛ける」

女神官「はいっ!攫われた娘さんがいるそうですし、急いで助けてあげましょう!」

ゴブ男「…!」

49 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:40:25 CZg 34/110

女村人「っ! こっち! こっちです! 助けてください!」大暴れ

ゴブ男「ガッ!? クッソ…!」

女神官「! 今の声は…!」

ゴブスレ「向こうだ」

50 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:42:23 CZg 35/110

ゴブ男「チッ! まあしゃーないか…じゃあな!」娘を降ろして逃げ出す

女村人「助けてください! 向こうにゴブリンが逃げました!!」

ゴブ男(そこは黙っといてくれよ…!)

女神官「だ、大丈夫ですか!?」

ゴブスレ「ゴブリン…どこだ?」

51 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:45:14 CZg 36/110

ゴブ男「ハァッ…ハァッ…! 危ねぇ…なんとか逃げ切れた…か…?」

ゴブ男「いや、気を抜くのはまだ早いな…あの戦士が俺の知るゴブスレさんなら、ずっと追い掛けてきててもおかしくねぇ…」

ゴブ男「あー、クソ、荷物もまとめてほっぽってきちまったし、結局剣しか手に入らなかったな…クソッ」

52 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:47:55 CZg 37/110

ゴブ男「いやでも、ゴブリンの巣を襲うのはありだな…結構すんなり中に入れてくれるし、仲間に殺されるとは思ってないのか、殲滅するのも楽だった」

ゴブ男「それがわかっただけでも良しとするか…水袋までなくなっちまったのは痛かったけどな」

ゴブ男「荷物がなくなっちまったし、早めに次の巣を襲うとするかな」

53 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:52:45 CZg 38/110

~辺境の街・冒険者ギルド~

ゴブスレ「ゴブリンだ」

受付嬢「えぇっと、今日はゴブリン退治の依頼はありませんけど…」

ゴブスレ「違う。危険な『渡り』のゴブリンがいる。頭が良く、人語を解するヤツだ。何か情報はないか」

受付嬢「人語を解する…って、もしかしてロードですか!?」

ゴブスレ「いや、ホブと普通のゴブリンの中間くらいの体付きの…只人のようなゴブリンらしい」

受付嬢「う~ん…そういった目撃事例は、報告されていませんね…」

ゴブスレ「…そうか」

受付嬢「何か新しい情報が入ったら、すぐお伝えしますね」

ゴブスレ「ああ。頼む」

54 : 名無しさ... - 2018/11/08 10:56:58 CZg 39/110

~辺境の街・酒場~

ゴブスレ「………」

妖精弓手「なんか、いつもに増して無口よね」

女神官「あ、はい…ちょっと…その…」

鉱人道士「なんぞ悩みでもあるんかのぉ」

蜥蜴僧侶「拙僧らで良ければ、なんでも相談に乗りますが…」

ゴブスレ「…ゴブリンだ」

妖精弓手「それは知ってるっつーの!」

55 : 名無しさ... - 2018/11/08 11:00:33 CZg 40/110

蜥蜴僧侶「なるほど…人語を解する新種の『渡り』ですか」

ゴブスレ「ああ」

鉱人道士「ふむ…そいつはちと厄介じゃのぅ…」

妖精弓手「なんでよ、そんなの全然大したことないじゃない」

鉱人道士「長生きしとるっちゅーんなら、ちっとは頭を働かせんと、本当に金床以外使い道がなくなっちまうぞ…?」

妖精弓手「な、なによそれ!!」

57 : 名無しさ... - 2018/11/08 11:06:50 CZg 41/110

女神官「人の言葉がわかるということは…本が読める可能性もある、とか?」

妖精弓手「話せても字が書けない人はいっぱいいるし、それはないんじゃない?」

ゴブスレ「いや、それもあり得る」

妖精弓手「……むぅ」

蜥蜴僧侶「それに、背格好が只人に似ていて、人語を自在に操れるならば、フード付きのローブでも被れば街に忍び込むことも容易でしょうな」

鉱人道士「流石に衛士がいるような街は無理じゃろうが、村なら下見は容易じゃろうなぁ」

ゴブスレ「…しかもこいつは、ドンドン成長している」テーブルに水袋を置く

女神官「これは…?」

ゴブスレ「新種の『渡り』が残していった物だ」

妖精弓手「それがどうしたの?」

ゴブスレ「これは元々、先日助けた女騎士の物だ。ここに女騎士の家紋が入っている」

女神官「えっ!?」

58 : 名無しさ... - 2018/11/08 11:11:46 CZg 42/110

ゴブスレ「逃げたゴブリンがいたとわかった後、俺は女騎士に話を聞きに行った」

女神官「っ…そんな! まだ心も体も癒えていないのに…!」

ゴブスレ「必要なことだ」

女神官「………」

妖精弓手「…それで?」

ゴブスレ「やはり女騎士を助けたあの場には、ゴブリンが隠れていたらしい」

蜥蜴僧侶「ほう…つまり、庇った、と?」

ゴブスレ「ああ」

鉱人道士「まあ、子供みたいな背格好で怯えられると、ゴブリンでも見逃す冒険者は結構おるでなぁ」

ゴブスレ「そうだ。あの時あの場にいた『奴』は、普通のゴブリンと同じ体格だったらしい」

女神官「え…でもあれって、まだ一ヶ月も経ってないはずじゃあ…」

ゴブスレ「そうだ」

59 : 名無しさ... - 2018/11/08 11:17:21 CZg 43/110

妖精弓手「なにそれ、今は只人と同じ体格なんでしょ? ゴブリンってそんなに早く成長するの?」

ゴブスレ「それは知らん。聞いたことはない」

女神官「ゴブリンスレイヤーさん…もうちょっと言い方を…」

ゴブスレ「しかもあのゴブリンは、巣穴で女騎士が産んだ奴らしい」

女神官「ちょっ…! そういうのは、もっとこう…!」

蜥蜴僧侶「拙僧も詳しくはありませんが…もしそのペースで成長する新種なら、このまま放置するのは危険ですな」

ゴブスレ「そうだ」

鉱人道士「ふむ…それじゃしばらくは、その新種の情報が無いか目を光らせておこうかの」

ゴブスレ「頼む」

60 : 名無しさ... - 2018/11/08 11:20:00 CZg 44/110

ゴブ男「色々やってわかったことがある」

ゴブ男「まず住み着いたばかりのゴブリンの巣は、何にもない」

ゴブ男「そりゃそうだよな、ゴブリンは略奪種族だし」

ゴブ男「しかし使える道具や武具、食料がある巣は、人里襲いまくって冒険者に目を付けられている可能性が高い」

ゴブ男「…痛し痒しだな」

65 : 名無しさ... - 2018/11/08 12:10:44 CZg 45/110

ゴブ男「人前に出てこないゴブリンだけが、良いゴブリンか…確かにそうだよなぁ」

ゴブ男「しかし一人で山奥に引っ込んで侘しく暮らすのも嫌だし…そうしてる間もゴブリンが村襲ってヘイト高めて、そのヘイトに巻き込めれるとかありそうな未来だし」

68 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:11:45 CZg 46/110

ゴブ男「………なんとか、道を模索してみるか」

ゴブ男「理想としては、人と暮らせればいいんだけどなぁ」

ゴブ男「そこまで行かなくても、せめてゴブスレさんに殺されないだけの地盤固めはしたいな」

ゴブ男「……よし! 俺はゴブリンにとってのゴブリンになる! 目指せゴブリンスレイヤーだ…!」

70 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:19:46 CZg 47/110

~辺境の街・冒険者ギルド~

受付嬢「最近、ゴブリン退治の依頼が目に見えて減ってますね」

ゴブスレ「………」

受付嬢「最近唯一あった依頼も、新米冒険者さんが向かったら、巣のゴブリン達は既にみんな殺されてたそうです」

ゴブスレ「どうやって死んでいたんだ? 斬られていたのか、刺されていたのか、それとも、喰われていたのか」

受付嬢「私もそのあたりを確認したんですけど、『暗くてよく分からなかった』と…」

ゴブスレ「そうか…」

受付嬢「まあ、新人さんですからね…討伐したって嘘つかないで、正直に報告してくれたので、安全を確認したということで報酬の一部だけお支払いしました」

ゴブスレ「…場所はどこだ」

受付嬢「…もしかして、確認に行くんですか?」

ゴブスレ「そうだ」

受付嬢「はぁ…わかりました。場所はこちらです」

71 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:25:58 CZg 48/110

ゴブ男「ゴブリンは村から略奪するために、人里からそう遠くない位置に巣を構えてる場合が多いようだ」

ゴブ男「当然、『渡り』のホブなんかは、そういった仲間の巣穴に厄介になるために、巣を探して徘徊してたりする」

ゴブ男「……だから、こういうこともあるよな」

ホブ「ガアアアアアア!!」

新米戦士♂「うわああっ! ちっくしょぉ!!」

新米僧侶♀「無理だよ! 勝てっこないって!」

ゴブ男「…森の中での遭遇戦か。ありゃ明らかに新人冒険者だな」

72 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:29:42 CZg 49/110

ゴブ男「クッソ…どうすっかな……助けに入って姿を見られるのもな…」

ホブ「グガアアアアア!」ブンッ(棍棒を振り回す)

新米戦士♂「ヒッ…ギイィッ!」ボキンッ!(腕が折られて剣が吹っ飛んでいく)

新米僧侶♀「キャアアアアアアア!!」

ゴブ男「悩んでる場合じゃねえな! 俺の中身は人間だよ、クソッ!」

75 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:34:36 CZg 50/110

ゴブ男(正面から真っ向勝負じゃどうなるかわからねぇ…このまま後ろから、間に合え!)ザシュ!

ホブ「グッ!? ガアアアアアア!!」首にゴブ男の剣が刺さる

ゴブ男「オラアアアアア!!」首に突き刺した剣を滅茶苦茶に動かす

ホブ「ギッ…」グラリ…ドスンッ!

ゴブ男「うぉっ、あっぶねぇ…!」

76 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:36:50 CZg 51/110

ゴブ男「大丈夫か!? 怪我は!?」

新米僧侶♀「あ、ありがとうございます! 大丈夫で…!? ゴ、ゴブリンッ…!?」

新米戦士♂「クソッ、最悪だ…お前だけでも逃げ、ろッ!」

新米僧侶♀「で、でも…!」

ゴブ男(これはアカン)

77 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:44:32 CZg 52/110

ゴブ男「癒しの奇跡は…あれば使ってるよな」

新米戦士♂「近付くんじゃねぇ…! グッ…お、俺が相手だ…!」

新米僧侶♀「ちょっと! まだ血が…!」

ゴブ男(話は通じそうにないな。ヒールポーションは巣から拾ったのがあるけど、素直に飲んでくれそうもないし…)

ゴブ男「しゃーない、ちょっと我慢しろよ!」戦士に?みかかる

新米戦士♂「ウッ…!? クソッ! 離せぇ…!」ガンガン!

ゴブ男「痛ッ! クソ、素手で革鎧殴ったら指折れんぞ 大人しく飲め!」グイグイ

新米僧侶♀「このッ! このッ! 離れろおおおおお!!」錫杖でゴブ男の頭を殴る

ゴブ男「イダダダ! もう終わったっつーの! クソッ!」素早く離れて逃げる

78 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:47:49 CZg 53/110

新米戦士♂「ウェッ…ゲホゲホ…!」

新米僧侶♀「だ、大丈夫!? 毒飲まされたんじゃないの!? 早く吐き出して!」

新米戦士♂「ゲホッ……あれ…?」

新米僧侶♀「自分で吐けないの!? 指突っ込むから、噛まないでよ…!」

新米戦士♂「うわッ。ちょ、待て…待てって…!」

新米僧侶♀「なに!? 急がないと!」

新米戦士♂「いや、これ…ヒールポーションだ…」

新米僧侶♀「……は?」

79 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:51:51 CZg 54/110

ゴブ男「あーあ、剣も置いてきちまったし、せっかくのヒールポーションもなくなっちまったな」

ゴブ男「クソッ、ちょっとは感謝してくれてもいいだろうによ…って、相手がゴブリンじゃ無理な話か…」

ゴブ男「あとで剣を回収に戻るか…? いや、ゴブスレさんとか普通に待ち伏せしてそうで怖いしな……やめとくか」

ゴブ男「しゃーない、どっかでまた巣を見つけて武器を奪うしかねーな」

80 : 名無しさ... - 2018/11/08 13:58:45 CZg 55/110

~辺境の街・冒険者ギルド~

ゴブスレ「………」

受付嬢「あっ、おかえりなさい! ゴブリンスレイヤーさん!」

ゴブスレ「…ああ」

受付嬢「それで、調査した結果はどうでしたか?」

ゴブスレ「獣ではない、刃物で斬り殺された傷があった」

受付嬢「変ですね…ゴブリンの巣を討伐したという報告は受けていませんが…」

ゴブスレ「…そうか」

受付嬢「…他に、何か気になることでも?」

ゴブスレ「…明らかにゴブリンが拵えたような、石斧や棍棒で死んでいるゴブリンもいた」

受付嬢「それって…」

ゴブスレ「まるで、ゴブリン同士で殺しあったかのような状況だった」

受付嬢「……もしくは、その…」

ゴブスレ「ああ」




ゴブスレ「まるで、俺がもう一人いるかのような跡だった」

81 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:01:53 CZg 56/110

ゴブ男「新しい巣を見つけたけど…」

ゴブリン共「「「グギャギャギャギャギャ!!」」」

ゴブ男「数が多いし…あれは……」

ゴブチャンピオン「ギャギャギャギャ!」

ゴブ男「…勝てる、か?」

82 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:08:13 CZg 57/110

ゴブ男「いやいや、無理だろコレは」

ゴブ男「それにここは…」

村娘「………」汚物塗れ

女戦士「………」汚物塗れ

女狩人「………」汚物塗れ

ゴブ男「攫われた村娘と、救助に失敗した冒険者か…?」

ゴブ男「これはゴブスレさんに話がいくのもそう遠い未来のことじゃないな」

83 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:09:46 CZg 58/110

ゴブ男「チャンピオンには勝てないけど、せめて女の人達の延命くらいはしてあげる、か?」

ゴブ男「正直、死ぬのとどっちが本人達の為なのかはわからんけど…自害してないんだから、少しでも生きる可能性をあげておこう」

84 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:12:11 CZg 59/110

ゴブ男「潜入成功! あざーっす、あざーっす」

ゴブリン共「「「ギャギャギャギャギャギャ!!」」」

ゴブ男「なんかめっちゃ歓迎されとる」

ゴブチャンピオン「グギャギャギャギャギャ!」

ゴブ男「えっ、もうじき村を襲うの?」

ゴブ男(マジかよ…)

85 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:19:20 CZg 60/110

ゴブ男「どうする…どうするよ…」

ゴブ男「巣に残って孕み袋の世話してますって言えば、残れるかもしれないけど…」

ゴブ男「知らない振りしてた生まれた直後ならともかく、村が襲われるのを黙って見てるって気にもならねぇし」

ゴブ男「当然、今更ここから逃げるってのもな…」

ゴブ男「村に危険を伝えることは出来るだろうけど…裏切りがバレたら、全てのゴブリンから指名手配くらいそうだ」

ゴブ男「今までは運良く皆殺しに出来てたけど、この数を上手く殲滅出来るとも…クソッ!」

86 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:22:50 CZg 61/110

ゴブ男「……覚悟を決めるか」

ゴブ男「ゴブリンに生まれちまったんだ。ゴブリンとして生きるしかねぇよ」

ゴブ男「…よし!」




ゴブ男「俺は、ゴブリンの王になる」

ゴブ男「まずはこの群れを支配してやるぜ! ヤケクソじゃあああああああ!!!」

87 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:24:37 CZg 62/110

ゴブ男「おいチャンピオン! この巣の長の座を賭けて、俺と勝負しろ!」

ゴブチャンピオン「グルルルル」ニヤリ

ゴブ男「ハハッ、でっけぇなマジで……いくぞ!」

ゴブチャンピオン「グガアアアアアアアアアア!!!」

89 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:28:22 CZg 63/110

ゴブスレ「この遺跡か」

女神官「そ、そのはずです」

妖精弓手「……ねぇ、なんか中が騒がしくない?」

鉱人道士「ふぉ、確かに…なんぞ小鬼共が騒いどるの」

蜥蜴僧侶「先だって囚われた冒険者が、抵抗しているのですかな?」

ゴブスレ「いや」

女神官「…ゴブリンスレイヤー、さん…?」

ゴブスレ「奴らは…喜んでいる」

90 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:30:16 CZg 64/110

ゴブ男「うらああああああ!」ザシュ!

ゴブチャンピオン「グオオオオオオオ!」ブオンッ!

ゴブ男「グッ! 当たるか、よおおおおおお!!」ヒュッ! ズバッ!

ゴブリン共「「「ギャギャギャギャギャギャギャギャ!!!」」」

ゴブチャンピオン「グガアアアアアアアアアア!!!」

91 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:33:08 CZg 65/110

妖精弓手「これは…?」

蜥蜴僧侶「ゴブリン同士の…ボス争い、ですかな?」

鉱人道士「そう見える…のぉ…」

女神官「そんなことって、あるんですか…?」

ゴブスレ「……奴らは、同族の強者には絶対服従だ。弱いゴブリンが強いゴブリンに立ち向かうなどありえん」

92 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:39:00 CZg 66/110

ゴブ男「クッソ、ガアアアアアアアアア!!」ズバッ!

妖精弓手「そんなこと言っても、現にそんな感じのことになってるじゃないの!」

ゴブスレ「………」

女神官「ど、どうしますか…?」

ゴブスレ「どちらかが死ぬまで待つ。決着が着いたらドランクだ。幸いゴブリンが集まってる、一網打尽にするぞ」

鉱人道士「ほいよ」

蜥蜴僧侶「確かに、あの手練れ二体と無理に争う必要はないでしょうな…」

ゴブ男「ダリャアアアアアアア!!!」

93 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:40:55 CZg 67/110

ゴブチャンピオン「グッ…!」ズシンッ…

ゴブ男「おっ…っしゃあ! どんなもんじゃい!」ガッツポーズ

ゴブスレ「いまだ」

鉱人道士「よしきた」ドランク発動

ゴブ男「これで俺が…ッ!?」

94 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:43:47 CZg 68/110

ゴブ男(酒の匂い…? ドランクか!? クッソ、なんてタイミングの悪い)

ゴブスレ「おい、あのゴブリンを射ろ」

妖精弓手「えっ? まだドランクが効いてないけど…」

ゴブスレ「術に気付かれた。早くしろ」

女神官「えっ…!?」

蜥蜴僧侶「なんと…」

妖精弓手「わかったわよ…!」ギッ…ヒュンッ!

96 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:47:54 CZg 69/110

ゴブ男「オラッ!」シュバッ!(飛んで来た矢を斬り払う)

妖精弓手「なっ…!」

ゴブスレ「次だ。撃て」

妖精弓手「い、言われなくても…! あっ」

ゴブ男(矢を斬り落とせたのは偶然だっての…! 逃げるしかねぇ…!)

ゴブスレ「追うぞ」

女神官「え、あの、他のゴブリンは…!?」

ゴブスレ「任せた」

蜥蜴僧侶「かしこまった!」

妖精弓手「私も追うわ!」

97 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:51:17 CZg 70/110

ゴブ男(逃げ足だけなら…負けねぇ!)

ゴブスレ「………」

妖精弓手「ちょっと、オルグボルグ遅いわよ! 先に行くわ!」

ゴブスレ「…待て、危険だ」

妖精弓手「ハァ!? 逃げられちゃうじゃない!」

ゴブスレ「俺なら、罠を張る。待ち伏せされている可能性もある」

妖精弓手「クッ…」

98 : 名無しさ... - 2018/11/08 14:52:38 CZg 71/110

妖精弓手「……罠、無いじゃない」

ゴブスレ「そういうことも、ある」

妖精弓手「逃げられちゃったじゃない!」

ゴブスレ「大丈夫だ。顔は覚えた…必ず殺す」

妖精弓手「……もぅ!」

99 : 名無しさ... - 2018/11/08 15:00:35 CZg 72/110

ゴブ男「ブッハァ~…! ハァッ! ハァッ…! な、なんとか…逃げ切った…か」

ゴブ男「あー、せっかくチャンピオンに勝ったってのによぉ…」

ゴブ男「…まあ、村も女の人達も助かったし、面倒事に巻き込まれなくて済んだか…」

ゴブ男「………いや」

『ゴブリンの王になる』

ゴブ男「村の被害を減らすにも、俺がゴブリン引き連れて山奥に隠れ住んだ方が、ずっとマシだよな」

ゴブ男「しかし繁殖ができねぇしな…まったりスローライフ生活して死に絶えましょうって言って納得するかねゴブリンが」

ゴブ男「ま、何にせよまずはいくつかの群れを従えてから考えるか…」

ゴブ男「ゴブリンチャンピオンに真っ向勝負して勝てたんだ、そう無理筋な話でもねぇだろ…!」

ゴブ男「俺はやるぞぉ!」

100 : 名無しさ... - 2018/11/08 15:06:46 CZg 73/110

~辺境の街・冒険者ギルド~

ゴブスレ「…ゴブリンだ」

受付嬢「あ、いらっしゃいゴブリンスレイヤーさん! …実は、そのぅ…今日も……」

ゴブスレ「………」

受付嬢「ゴブリン退治の依頼は、無いんです…」

ゴブスレ「…そうか」踵を返す

受付嬢「あっ! その代わりですね!」

ゴブスレ「?」くるり

受付嬢「流石にギルドの方でもおかしいと思ってですね、各村に調査の依頼を出してたんですよ」

ゴブスレ「そうか…それで?」

受付嬢「そしたら、なんか変な報告ばっかり集まっちゃってですね…」

ゴブスレ「………」

受付嬢「一応、高位ランクの冒険者さんに再調査を依頼しているんで、確定報告ってわけではないんですが…」

ゴブスレ「………」

102 : 名無しさ... - 2018/11/08 15:11:35 CZg 74/110

~辺境の街・酒場~

蜥蜴僧侶「ふむ…ゴブリンに攫われた娘が、ゴブリンに助けられたと?」

ゴブスレ「ああ。そういう報告が、複数上がっているらしい」

女神官「そんなことって…」

妖精弓手「いやいやいや、そんなことあるわけないじゃないの。夢とごっちゃになってるか、ゴブリンの被り物でもしてたんじゃないの?」

鉱人道士「ふむ…」

ゴブスレ「今、ギルドが高ランク冒険者に再調査を依頼している。これはそれまでの暫定報告に過ぎない」

妖精弓手「ほら、やっぱり眉唾モノなんじゃない」

鉱人道士「いや、そうとも限らんぞい」

蜥蜴僧侶「…恐らく、ギルドも思い当たる節があるから、高い報酬を支払って情報の確度を高めたい、のでしょうな…」

104 : 名無しさ... - 2018/11/08 15:19:59 CZg 75/110

受付嬢「実はそうなんですよ!」

女神官「あっ、受付嬢さん」

受付嬢「これは公にされてない報告なんですけど…」

ゴブスレ「…話して大丈夫なのか」

受付嬢「まぁ、本来はダメなんですけどね…だから内緒ですよ? ゴブリンスレイヤーさんだけ特別です」

ゴブスレ「むっ…」

妖精弓手「で、どんな話があるの?」

受付嬢「あー、はい、実はですね…結構前から、『ゴブリンに助けられた』って報告する冒険者さんが、何人かいたんですよ」

鉱人道士「ほう…それはなんとも…」

蜥蜴僧侶「寡聞にして知りませんでしたな…」

受付嬢「そりゃそうですよ、そんな噂が広まっちゃったら…」

ゴブスレ「ゴブリンを前にして、判断が鈍る冒険者が出るかもしれない」

受付嬢「…そうなんですよ…ね」

受付嬢「辺境周辺ではゴブリン退治の依頼は激減していますが、全てが無くなったわけではありません」

女神官「まあ、そうですよね…」

受付嬢「それに、辺境の街からちょっと離れた支部では、まだまだ普段通りにゴブリン退治の依頼があるのも確認されています」

ゴブスレ「…気に入らんな」

105 : 名無しさ... - 2018/11/08 15:27:25 CZg 76/110

蜥蜴僧侶「なんらかの罠でありましょうか」

女神官「でも、襲わないだけならまだしも、助けるだなんて…」

受付嬢「助けられた時に、わざわざヒールポーションまで飲ませてもらった人もいるらしいですよ」

鉱人道士「そりゃまた謎じゃの…」

妖精弓手「ゴブリンが冒険者を助けるなんて、そんなことってあるの?」

ゴブスレ「いや……」

女神官「…ゴブリンスレイヤーさん…」

受付嬢「とりあえず、今の話は全て御内密にお願いいたしますね。私が処罰されちゃうってのもそうですけど、多分、冒険者さん達の為にならないでしょうし…」

妖精弓手「そうね…誰かを助けてくれた恩人かもしれないって思ったら、一瞬躊躇しちゃうわよね…」

蜥蜴僧侶「しかし、その一瞬が戦場では命取りですぞ」

鉱人道士「そうさのぅ…」

ゴブスレ「…だが、ギルドは調査を冒険者に依頼した。何故だ」

106 : 名無しさ... - 2018/11/08 15:37:49 CZg 77/110

受付嬢「………」

ゴブスレ「噂にならないよう、冒険者に対して厳に口止めしていたのに、これではその全てが無駄になってしまう筈だ」

受付嬢「……これはまだ、確定事項ではないのですが…」

受付嬢「ギルドは今回の一連の件について、ゴブリンによる欺瞞工作であると発表する予定なんです」

妖精弓手「はぁ?」

鉱人道士「ほぅ…」

女神官「え、それって…そんな…」

108 : 名無しさ... - 2018/11/08 16:03:50 CZg 78/110

受付嬢「最初の調査の段階で、複数のゴブリンの巣であったと思われる場所が、もぬけの殻になっていることが確認されました」

ゴブスレ「………」

受付嬢「ゴブリンがロード…ないしそれに準ずる存在に統率され、群れを成していることは疑いようのない事実です」

鉱人道士「なるほどのぅ…」

受付嬢「そこに今回の人助けの件を『欺瞞工作』として報告することで、恐らく魔神の一派か混沌に与する者が首魁として存在するものとして、勇者様か、あるいは軍の派遣を受けて大規模な掃討作戦を行う算段となっています」

女神官「そんな…本当に、親切心で人助けをしてくれてるかもしれないのに…!」

受付嬢「…現状のギルドの見解では、そうなってます」

蜥蜴僧侶「聞いたところ、よほどの重要機密とお見受けしましたが…それを我々に漏らした意図は?」

受付嬢「……恐らく、敵の主力はゴブリンです。それも、今までに見たことも無いような数の」

妖精弓手「なるほどね…オルグボルグがゴブリン求めてどっかに行っちゃわないよう、ってわけだ」

受付嬢「あはは…」

女神官「………」

鉱人道士「で、どうする、かみきり丸よ」

ゴブスレ「………」

109 : 名無しさ... - 2018/11/08 16:04:31 CZg 79/110




ゴブスレ「ゴブリンならば、問題無い…皆殺しだ」




113 : 名無しさ... - 2018/11/08 17:41:41 CZg 80/110

~辺境の山奥~

ゴブ男「よーしよーし、いい感じだな!」

ゴブリン共「「「ギャギャー!」」」

ゴブ男「狼を飼う場合があるんだから、酪農だって仕込めば出来る筈なんだよ。ゴブリンが潰した村の近くで、彷徨ってた牛やら豚やらを確保出来て良かったわ」

アホゴブリン「ジュルリ…グギャグギャ!」牛に噛み付く

「モー!」

ゴブ男「あ、コラ!」ズバンッ!(剣でアホゴブリンの首を飛ばす)

「モー…」

ゴブ男「てめぇら! 牛さんや豚さんはお前らよりずっと価値があるんだからな! 勝手に手ぇ出した奴はぶっ殺すぞ!!」

ゴブリン共「「「ギャギャー!!」」」

ゴブ男(恐怖政治なんかしたくねぇけど、暴力でしかこいつら支配できねーしな…)

ゴブシャーマン「ギャギャ!」

ゴブ男「お、畑はどんな感じよ」

ゴブシャーマン「ギャギャ! ギャギャ!」

ゴブ男「ほー、まあまあ見れた棚田になってるな。よしよし」

ゴブシャーマン「グギャギャギャ!」

ゴブ男「平らな土地はねぇけど、ホブとチャンピオンが入れば開墾もそう難しくないな」

ゴブリン共「「「ギャギャ! ギャギャ!」」」

ゴブ男「……農具もまあ、沢山あるしな」

115 : 名無しさ... - 2018/11/08 18:53:56 CZg 81/110

ゴブ男「しかし扱い方が雑だから、農具もすぐにダメになりそうだな」

ゴブリン共「「「ギャギャー!」」」

ゴブ男「石とか木でなんとか作れるように教育してみるか」

ゴブリン共「「「ギャギャ! ギャギャ!」」」

ゴブ男「オラッ! テメェら! サボってっとぶち殺すぞ!!」

ゴブリン共「「「ギャ…ギャギャー!」」」せっせと働く

ゴブ男「……耕し終わったら、芋でも植えてみるかね…さーって、忙しくなるぞー」

118 : 名無しさ... - 2018/11/08 19:35:13 CZg 82/110

~辺境の山中~

女神官「結局、勇者様も軍も無理でしたね…」

ゴブスレ「ゴブリン如きに軍は動かせない。いつものことだ」

妖精弓手「混沌の一派も『辺境にはもう居ない』って賢者様にバッサリ言われちゃったらしいしねー」

鉱人道士「まあ、混沌の眷属なぞおらんに越したことはないの」

蜥蜴僧侶「しかしギルドの働きかけのお陰で、またこうして大勢の冒険者が集たのですから、よしとしましょうや」

119 : 名無しさ... - 2018/11/08 19:39:57 CZg 83/110

ゴブスレ「…足跡だ」

蜥蜴僧侶「これは…」

妖精弓手「なにこれ…凄い数…」

女神官「…大きな足跡も…ありますね…」

ゴブスレ「ホブやチャンピオンだろう」

鉱人道士「こいつぁ、気を引き締めてかからんといかんな」

妖精弓手「鉱人はついでに、お腹も引き締めなさいよ」

鉱人道士「言いおるわい。お前さんは引き締めすぎて、真っ平らになっとるぞ」

妖精弓手「なっ…!」

蜥蜴僧侶「双方、今はそれくらいに」

ゴブスレ「…近いぞ」

女神官「はいっ…」

120 : 名無しさ... - 2018/11/08 19:44:05 CZg 84/110

新米戦士♂「こりゃあ…砦か…?」

重戦士「…こんな所に砦があったなんざ聞いたことねぇぞ」

鉱人道士「…堀も丸太壁も真新しいの」

蜥蜴僧侶「まさか…小鬼共がこれを…?」

女神官「ゴ、ゴブリンスレイヤーさん…」

ゴブスレ「……一度斥候を出して偵察だ。囚われている者もいない。じっくりやるぞ」

122 : 名無しさ... - 2018/11/08 19:48:19 CZg 85/110

ゴブ男「この芋、めっちゃジャガイモっぽいけど、ジャガイモってことでいいんかね」

ゴブシャーマン「グギャギャギャ!」

ゴブ男「…まあ、お前らは知らないよな……ジャガイモだったら、丸ごと種芋として植えないで、切って水栽培して、芽が出てから植えるって手もあるよな」

ゴブリン共「「「ギャ! ギャ! ギャギャー!」」」

ゴブ男「さーて、そろそろ日が昇るな。お前ら! 今日の仕事は終わりだ! 飯にするぞー!」

ゴブリン共「「「ギャギャー!!」」」

ゴブ男「チャンピオンがイノシシ仕留めてきてくれたからな。今日はご馳走だ!」

123 : 名無しさ... - 2018/11/08 19:53:00 CZg 86/110

ゴブスレ「全員持ち場についたな」

女神官「あの…ゴブリンスレイヤーさん…」

ゴブスレ「なんだ」

女神官「えっと…私には、山奥を開拓して普通に暮らそうとしているように見えるんですけど…」

ゴブスレ「食料を自給されたら、ゴブリンが増えるのを察知出来なくなる。今潰さなければ危険だ」

女神官「で、でもっ! 前に言ってたじゃないですか!『人前に出てこないゴブリンだけが、良いゴブリンだ』って……あのゴブリン達は、人里を離れて山奥で暮らそうとしているんですよ!?」

ゴブスレ「ダメだ」

女神官「っ…どうして!?」

ゴブスレ「こうして今、ゴブリン共は俺たちの前にいる」

女神官「なっ…」

124 : 名無しさ... - 2018/11/08 19:57:24 CZg 87/110

ゴブ男「うぉ!? 火!? なんでいきなり棚田が燃えるんだよ!」

ゴブシャーマン「ギャギャ! ギャ!」

ゴブ男「なっ…冒険者が…!?」

ゴブチャンピオン「グオオオオオオオ!」

ゴブ男「チッ…クッショォ! 逃げるぞ! お前ら!」

ゴブリン共「「「ギャギャ!?」」」

ゴブ男「先手取られたんだ! 向こうは俺らを皆殺しにする準備が整ってる! 逃げるしかねぇぞ!」

ゴブリン共「「「ギャギャー!!!」」」

ゴブ男「戦おうとするな! 山の奥…炎を突っ切れ! そこにいる奴らは弱い筈だ!」

128 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:23:22 CZg 88/110

槍使い「なんだぁ? ゴブリン共が全員尻尾巻いて逃げやがったぞ」

重戦士「ホブやチャンピオンまで火に向かって走っていっちまったな」

魔女「まぁ、大丈夫、でしょ…あそこ、には…彼、がいる、もの…」

129 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:26:44 CZg 89/110

ゴブ男「耕した土だ! ほじくり返しながら走れ! 油の火なんざ弱まる!」

ホブ「グガアアアアア!」ブォン!

ゴブチャンピオン「ゴアアアアアア!」ブン! ブォン!

ゴブ男「いいぞ! 棍棒で土ごと油を掘り飛ばせ!」

ゴブ男(バラバラに逃げた方が生き残れる可能性は高いが…ダメだ。俺から離れた奴らはまた人を襲っちまう…!)

ゴブ男「はぐれんなよ! 固まって走らねぇと殺されるぞ!」

130 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:36:53 CZg 90/110

ゴブスレ「いまだ。やれ」

女神官「っ…プロテクション!」

ホブ「グギャ!?」

ゴブ男「チッ…回り込め! ここは洞窟じゃねぇ! 横に行きゃ大丈夫だ!」

鉱人道士「ほっほ、団子になって足が止まればこっちのもんよ…スネア!」

ゴブチャンピオン「ガアアアアアアアアアア!」

ゴブリン共「「「グギャギャギャ!?」」」

ゴブ男「泥が…クソッ!」バッ!(泥に足を取られたチャンピオンの背中を駆け上る)

蜥蜴僧侶「一匹抜けましたぞ!」

妖精弓手「任せて!」ビュッ!

ゴブ男「うおおおおおおお!」顔を覆った腕に矢が刺さる

女神官「と、止まりません!」

ゴブスレ「来るぞ」

131 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:42:51 CZg 91/110

ゴブ男「オッ…ラァ!」ゴブリンスレイヤーに殴りかかる

ゴブスレ「……」ドガッ!(躱しざまにゴブ男の腹を蹴り上げる)

ゴブ男「グッ…!」バッ…ゴロゴロゴロ(蹴られた勢いのまま前に飛んで転がる)

ゴブスレ「むっ…」

鉱人道士「こやつ逃げよるぞ!」

妖精弓手「そうはさせないわ!」

蜥蜴僧侶「足止めしてる小鬼共の始末はお任せを!」

ゴブ男「ついてこれるもんならついてこ…イッテェ!?」宙空で突然、全身に細い糸が食い込む

132 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:45:44 CZg 92/110

ゴブスレ「…どうせ逃げるだろうと思って、『網』そ張っておいた」

妖精弓手「鋼線…って、あるなら言いなさいよ! 私が先回りしようとしてたらどうするつもりよ!」

ゴブスレ「その時は自分で気付いたはずだ」

妖精弓手「そりゃそうだけど…そうじゃなくて!」

ゴブ男(あー、これもうアカンな…)

134 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:54:52 CZg 93/110

ゴブスレ「射ろ」

妖精弓手「はぁ? もうオルグボルグでも十分仕留められるでしょ?」

ゴブスレ「何をしてくるかわからん。このまま死ぬまで撃ち続けろ」

妖精弓手「くっ…まあ、わからなくもないわ…仕方ないわね」ギッ…

ゴブ男(死ぬまでって…一発で終わらせてくれよ…)ぐったり

妖精弓手「一撃で仕留めてあげ…なっ!?」

ゴブ男「うぉ!?」ゴブ男周辺に煙幕が立ち込める

女神官「ケホッ…え、煙幕…!?」

ゴブスレ「射ろ!」

妖精弓手「わかってる、わよ!」ビュッ! カキンッ

ゴブスレ「追うぞ」

女神官「は、はいっ…って、え、壁…?」

鉱人道士「馬鹿な…プロテクションじゃと!?」

妖精弓手「なんで私たちがプロテクションを通れないのよ!?」

女神官「わ、私じゃないですよ…!」

ゴブスレ「………」コツン(プロテクションを丸盾で叩く)

135 : 名無しさ... - 2018/11/08 20:59:34 CZg 94/110

ゴブ男「……なんで、助けてくれたんだ」

女騎士「………なんだ、母親の顔も忘れたのか?」

ゴブ男「っ、ああ、お前なんて知らねぇな! 俺には親なんかいねぇ!」

女騎士「……そうか」

ゴブ男「…だから、早くこの首持って帰れよ。いい金になるんじゃねぇか?」トントン(自分の首を主籐で叩く)

女騎士「………」スッ…(ゴブ男に近付く)

ゴブ男「っ…!」ビクッ

137 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:03:00 CZg 95/110

女騎士「お前が忘れても、私は忘れない…自分の子供だからな…」ぎゅ…(ゴブ男を抱き締める)

ゴブ男「…やめろ」

女騎士「お前は、何も間違ったことはしていない…そうだろう?」

ゴブ男「…やめろ!」

女騎士「………」ぎゅ…

ゴブ男「…俺は…ゴブリンだぞ…」

女騎士「そうだな…」

ゴブ男「何やっても、全部裏目に出ちまう…」

女騎士「………」

ゴブ男「……殺してくれ」

女騎士「…ダメだ」

ゴブ男「なんでだ!」

138 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:07:32 CZg 96/110

女騎士「自分の子供を、殺せる母親なんかいない」

ゴブ男「ハッ! 邪魔になれば我が子だろうと売るし殺すのが人間だろうが!」

女騎士「確かにそうだな…じゃあ言い直そう」

女騎士「私はお前を、殺さない」ぎゅうぅ

ゴブ男「……」

女騎士「私はずっと、お前の味方だ」

ゴブ男「無理だ…厄介なのに目をつけられちまってる…」

女騎士「なら、どこまででも逃げ続けて、私はお前を守ろう」

ゴブ男「いいのかよ…もう二度と、人として生きられねぇんだぞ」

女騎士「ハハッ、愛しい我が子と暮らせるんだ。それに勝る喜びはないさ」

141 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:12:40 CZg 97/110

女騎士「それにしても、随分いい男に育ったな」

ゴブ男「ハァ? どっからどう見てもゴブリンだろうがよ。目ん玉腐ってんのか」

女騎士「ふふ…なんなら、お前の子供を産んでやってもいいぞ?」

ゴブ男「なっ…! ふざけんなクソババア!」///

女騎士「その気になったらいつでも声を掛けてくれよ…いや、なんなら私が夜這いしてもいいな」

ゴブ男「ふっざけんな! そんなことしたらぶっ飛ばすぞ!」

女騎士「じゃあ、お前からのお誘いを待つしかないな…楽しみにしてるぞ?」

ゴブ男「うるせー! …とにかく、今は逃げるぞ。話はそれからだ」

女騎士「そうだな…子作りするにも、まずは落ち着いた場所がないとな」

ゴブ男「だあああああ! 黙ってついてこい!」

142 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:12:48 CZg 98/110

終わりです

147 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:14:47 CZg 99/110

ゴブ男は新天地で女騎士さんと幸せな家庭を築きましたとさ!

めでたしめでたし!

読んでいただきありがとうございました!

149 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:16:41 CZg 100/110

ちなみに過去作はこんなのやってました

男「スライムを拾ったのでペットにした」
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1516706493/
http://ayamevip.com/archives/51612234.html

他にも色々です

151 : 名無しさ... - 2018/11/08 21:18:22 CZg 101/110

ちなみにゴブ男のジョブというか種族名は小鬼英雄(ゴブリンヒーロー)です

部下たちは冒険者の皆さんがキッチリ全滅させました

165 : 名無しさ... - 2018/11/10 04:56:27 utp 102/110

思いの外反響があって凄く嬉しいです。

特にラストについて、賛否あるのがとても嬉しいです。

ハッピーエンド?が好きな人間なので、思い付いていた終わり方を強引に変えてしまった部分があり、自分でも違和感を感じておりました。

既に終わった話で物凄く蛇足な上に、お気に召さない方もいると思いますが、もうひとつのIFルートも書いておきます

166 : 名無しさ... - 2018/11/10 04:56:58 utp 103/110

ゴブスレ「射ろ」

妖精弓手「はぁ? もうオルグボルグでも十分仕留められるでしょ?」

ゴブスレ「何をしてくるかわからん。このまま死ぬまで撃ち続けろ」

妖精弓手「くっ…まあ、わからなくもないわ…仕方ないわね」ギッ…

ゴブ男(死ぬまでって…一発で終わらせてくれよ…)ぐったり

妖精弓手「一撃で仕留めてあげ…なっ!?」

ゴブ男「うぉ!?」ゴブ男周辺に煙幕が立ち込める

女神官「ケホッ…え、煙幕…!?」

ゴブスレ「射ろ!」

妖精弓手「わかってる、わよ!」ビュッ! カキンッ

ゴブスレ「追うぞ」

女神官「は、はいっ…って、え、壁…?」

鉱人道士「馬鹿な…プロテクションじゃと!?」

妖精弓手「なんで私たちがプロテクションを通れないのよ!?」

女神官「わ、私じゃないですよ…!」

ゴブスレ「………」コツン(プロテクションを丸盾で叩く)

167 : 名無しさ... - 2018/11/10 05:07:55 utp 104/110

ゴブ男「……なんで…」

女騎士「っ……いいから…走れ…!」

ゴブ男「…もう……やめてくれ…」

女騎士「! ……くっ、私は…! 担いででも、逃げるぞ…!」

ゴブスレ「そうはさせん」

女騎士「!?」

ゴブスレ「もう逃がさん。絶対にだ」

ゴブ男「………」ドサリ(脱力して地面に倒れる)

女騎士「なっ…! おい! …クソッ、な、なぁ、頼む! コイツのことは見逃してやってくれ!」

ゴブスレ「そうはいかん。どけ」

女騎士「コイツは何も悪いことなんかしていないんだ! これからも絶対にさせない! 私が責任を持つ! だから頼む!」

ゴブスレ「どけ」

女騎士「クッ…! や、やるなら、私を殺してからにしろッ…!」剣と盾を構える

ゴブスレ「お前はゴブリンではない…どけ」

女騎士「断る!!」

ゴブスレ「………」

ゴブ男「……どけよ」ザクッ!(女騎士の足を後ろからナイフで刺す)

女騎士「ガッ…!? ぐぅ…っ、お、お前…何を…!?」

ゴブスレ「………」

ゴブ男「あんたの狙いは俺だけだ。そうだろ?」

ゴブスレ「ああ」

168 : 名無しさ... - 2018/11/10 05:26:31 utp 105/110

ゴブ男「俺はゴブリンだ」

ゴブスレ「…そうだ」

女騎士「ッ!? やめろ…やめてくれ!!」

ゴブ男「うおおおおおおおお!!」ゴブスレに飛びかかる

ゴブスレ「………」ザクッ!(ゴブ男を躱して、ゴブ男の胸に剣を突き立てる)

ゴブ男「あ…ガッ…」ドサリ

女騎士「あああああああああああああッ!!!」

ゴブスレ「………」

女騎士「なんで…どうして……」這いながら、倒れたゴブ男に縋り付く

妖精弓手「ちょっとオルグボルグ! 何一人で居なくなってるのよ!?」

女神官「ハァ…ハァ…ゴ、ゴブリンスレイヤー、さん……?」

ゴブスレ「…終わった」

女騎士「あぁ…ああ……」泣きながらゴブ男に縋りつく

女神官「これ、は…」

女騎士「ゴブリン、スレイヤー…っ!」立ち上がってゴブスレに飛び掛かろうとする

ゴブ男「…ま、て…」ギュ…(女騎士の足を掴む)

女騎士「!? 生きて…っ!? 頼む! 癒しの奇跡をコイツに…!」ゴブ男を抱き締める

女神官「えっ…えっ……!?」

妖精弓手「どういうこと…?」

ゴブスレ「………」

女騎士「クッ……『いと慈悲深き地母神よ…』ングッ!?」

ゴブ男「やめ、ろ…」女騎士の口を手で塞ぐ

169 : 名無しさ... - 2018/11/10 05:39:17 utp 106/110

ゴブ男「いい、ん…だ…」

女騎士「ッ…いいわけあるか! だって! お前は…何も…!」

ゴブ男「…つぎ、うまれたら、さ…」ゴブ男の全身から力が抜ける

女騎士「!? おいッ! しっかりしろ…!」

ゴブ男「に、人間…に……」

女騎士「!!」

女神官「っ! 『いと 慈悲深き地母神よ、どうかこの者の傷に、御手をお触れください』…ヒール!!」

妖精弓手「…もう、死んでるわね…」

女騎士「あ…あぁ……ああああああああああ…」

170 : 名無しさ... - 2018/11/10 05:52:59 utp 107/110

~辺境の街・酒場~

妖精弓手「ゴブリン・ハザードを食い止めたのに、あの後の方がゴブリンの被害が増えるって、なんか釈然としないわねー」

鉱人道士「まあ増えたっちゅーても、今まで通りじゃがのぉ」

蜥蜴僧侶「あの時にしても、小鬼が兵を集め、軍を為すための空白期間に過ぎなかった…だけかもしれませんしな」

女神官「そう、ですね…」

ゴブスレ「………」

171 : 名無しさ... - 2018/11/10 05:58:46 utp 108/110

女神官「ゴブリンスレイヤーさん…」

ゴブスレ「なんだ」

女神官「えっと…その…」

ゴブスレ「………」

女神官「…良いゴブリンって、いるんですか、ね…?」

ゴブスレ「…『探せば』いるかもしれん」

女神官「………」

172 : 名無しさ... - 2018/11/10 05:59:51 utp 109/110






ゴブスレ「だが…人前に出てこないゴブリンだけが、良いゴブリンだ」

173 : 名無しさ... - 2018/11/10 06:03:34 utp 110/110

終わりです

本当に蛇足でしたすみません

『善良なゴブリン。探せばいるかもしれん』
『だが』
『人前に出てこないゴブリンだけが良いゴブリンだ』

ゴブスレさんのこの台詞が「そんなものはいない」って意味じゃんと思ってやりたかったオチでした

記事をツイートする 記事をはてブする