1 : 以下、?... - 2018/10/24 21:40:07.068 mA6K3wEx0 1/31

ホーホホッホホー…

「!」

(この声は……間違いない!)

(いつも町のどこかで鳴いてる謎の鳥!)

ホーホホッホホー… ホーホホッホホー…

「どこだ!? どこにいる!?」キョロキョロ

「今日こそ正体を突き止めてやる!!!」

ダダダッ!

元スレ
謎の鳥「ホーホホッホホー…ホーホホッホホー…」男「今日こそ正体を突き止めてやる!」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1540384807/

11 : 以下、?... - 2018/10/24 21:43:06.740 mA6K3wEx0 2/31

「くそっ……どこだ!?」

ホーホホッホホー…

「!」ピクッ

「あっちか!」タタタタタッ


ドンッ!

25 : 以下、?... - 2018/10/24 21:45:31.887 mA6K3wEx0 3/31

眼鏡女「いたたた……」

「すみません、大丈夫ですか?」

眼鏡女「こちらこそ、よそ見をしてまして……」

(よそ見?)

「あの……ひょっとして、あなたも鳥を探しているのでは?」

眼鏡女「はい……。あっ、もしかしてあなたも?」

「そうなんです、ホーホホッホホーってやつを」

眼鏡女「同じです!」

「やっぱり! よかったら、一緒に探しませんか?」

眼鏡女「ぜひ! ご一緒しましょう!」

37 : 以下、?... - 2018/10/24 21:48:29.322 mA6K3wEx0 4/31

「見つからない……」

眼鏡女「いつも鳴き声だけで姿は見えないんですよね……」

ホーホホッホホー…

「!」ピクッ

眼鏡女「!」ピクッ

「あっちだ!」タタタタタッ

眼鏡女「間違いありません!」タタタタタッ


ドンッ!

46 : 以下、?... - 2018/10/24 21:50:24.447 mA6K3wEx0 5/31

「ごめん、平気か!?」

眼鏡女「ごめんなさい……」

幼女「んもう、気をつけてよね!」

幼女「あんたたちのせいで、どこいるか分からなくなっちゃったじゃない!」

「……ん?」

「ひょっとして、君が探してるのは……」

54 : 以下、?... - 2018/10/24 21:52:26.982 mA6K3wEx0 6/31

幼女「えーっ! あんたたちも鳥を探してるの!? ホーホホッホホーって鳴くやつ!」

「そうなんだよ」

眼鏡女「一度でいいから、あの鳥を見てみたいんです」

幼女「あたしも!」

「だったら一緒に探さないか?」

幼女「オッケー! 一人より二人! 二人より三人の方が見つかるもんね!」

63 : 以下、?... - 2018/10/24 21:55:40.000 mA6K3wEx0 7/31

……

「ダメだ……見つからない」

幼女「もうクタクタ~」

眼鏡女「相手は野鳥ですし、やはり素人では限界があるのかもしれませんね」

「たしかに……専門家に聞いてみた方がいいかもしれない」

幼女「専門家って?」

「このあたりに鳥類を研究する学者さんが住んでたはずだ。相談してみよう」

73 : 以下、?... - 2018/10/24 21:58:18.395 mA6K3wEx0 8/31

学者「ホーホホッホホーと鳴く鳥?」

「はい、ご存じありませんか?」

学者「ああ、それはキジバトっていうんだよ」

眼鏡女「えっ、そんな名前なんですか!」

幼女「あっさり分かっちゃった! なーんだ、ハトの仲間だったんだ!」

「もしかして……とてもありふれた鳥なんですか?」

学者「まさか! ……世にも珍しい幻の鳥さ」

「え……!」

77 : 以下、?... - 2018/10/24 22:02:12.359 mA6K3wEx0 9/31

学者「世界中の研究者が血眼になって探しているが、いつも声は聞こえど姿は見えず……」

学者「もし捕まえでもしたら、億万長者になれるのは間違いない」

「億万長者……」ゴクッ

学者「他にも、ノーベル賞、アカデミー賞、芥川賞、国民栄誉賞受賞は確実だろう」

幼女「すっごーい! お金も名誉も思いのままじゃない!」

学者「それほどのことなんだよ。キジバトを捕まえるというのは」

「まさに“リアル幸せの青い鳥”だな」

眼鏡女「こういう話を聞くと、どうしても欲が出てきちゃいますね」

幼女「あたし、がぜん燃えてきちゃった!」

83 : 以下、?... - 2018/10/24 22:05:31.392 mA6K3wEx0 10/31

学者「むろん、私もキジバト捕獲に燃えていた時期があるのだが、結果はさっぱりでね」

学者「今では諦めてしまったよ」

眼鏡女「学者さんでもダメなんですか……」

「……どこか心当たりのある場所ってないですか? どこでもいいんです!」

学者「う~ん……」

学者「西にある山に、とても珍しい鳥がいるという話を聞いたことがある」

学者「可能性は低いが、もしかしたらキジバトかもしれない……」

「西の山か……」

幼女「行ってみようよ!」

92 : 以下、?... - 2018/10/24 22:08:23.659 mA6K3wEx0 11/31

―西の山―

「ここか……」

眼鏡女「マイナーな山で、ほとんど登山客も訪れないっていってましたね」

「うん、登山道も荒れ果ててるな」

幼女「だけど、だからこそ幻の鳥がいそうな感じするよ!」

「うん……俺もこの山からヒシヒシとオーラを感じる!」

「行こう! キジバトを捕まえに!」

98 : 以下、?... - 2018/10/24 22:11:34.371 mA6K3wEx0 12/31

ザッザッザッ…

「……ところでみんなは金が手に入ったら、どうする?」

幼女「そういうのはまず言いだしっぺのあんたが言うべきじゃない?」

「おっと失礼。俺は……ふるさとの活性化にあてたいんだ」

眼鏡女「ふるさとの?」

「俺の故郷はド田舎で、ろくな産業もなく、すっかり活気がなくなってしまった」

「色々と事業にチャレンジしてみたけど、観光客は増えず、増えたのは借金ばかり……」

「だけどキジバトさえ手に入れればきっと……!」

幼女「それだけで観光客を見込めるね!」

110 : 以下、?... - 2018/10/24 22:15:30.594 mA6K3wEx0 13/31

幼女「お姉さんは?」

眼鏡女「私は……漫画家になりたくてしょっちゅう出版社に持ち込んでるんですけど」

幼女「へぇ~」

眼鏡女「まったく相手にされず、いつも1ページも読んでもらえなくて……」

「ひどいなそりゃ」

眼鏡女「絶望してた時、あのホーホホッホホーっていう鳴き声を聴いて元気をもらって……」

眼鏡女「鳴き声の主を見つければ、幸せになれるかもって思ったんです」

「キジバトの力があれば、どんな出版社だって君のことを相手してくれるよ!」

114 : 以下、?... - 2018/10/24 22:17:33.932 mA6K3wEx0 14/31

「幼女ちゃんは?」

幼女「あたしは……もし儲けたらパパとママの治療費にあてたいの」

「え……」

眼鏡女「ご病気なの?」

幼女「うん、二人とも……。お金さえあればもっといい治療を受けられるのに……」

「……」

「こうなったら意地でもキジバトを見つけよう! 捕まえて三人とも幸せになるんだ!」

眼鏡女「ええ!」

幼女「うん!」

119 : 以下、?... - 2018/10/24 22:21:08.858 mA6K3wEx0 15/31

「あそこが頂上だけど……」


ゴゴゴゴゴ…


「あの感じ……間違いない!」

眼鏡女「ものすごいオーラを感じます……!」

幼女「これはいるよ! 絶対キジバトがいるよ!」

「行こう!」ダッ

122 : 以下、?... - 2018/10/24 22:24:13.628 mA6K3wEx0 16/31

不死鳥「永遠の命を持つ我に、なにか用か?」ゴゴゴゴゴ…

「……」

眼鏡女「……」

幼女「……」

「あの……あなたは?」

不死鳥「不死鳥です」

130 : 以下、?... - 2018/10/24 22:28:25.486 mA6K3wEx0 17/31

「なーんだ」

不死鳥「え!?」

眼鏡女「ガッカリしました……」

幼女「キジバトじゃないのかよ!」

不死鳥「え、なに!? なんなの!? 俺に用じゃないの!?」

「キジバトじゃないなら用はありません。お騒がせしました。みんな、帰ろう」

眼鏡女「はい」

幼女「うん」

不死鳥「ちょちょちょ、ちょっと待って!」

135 : 以下、?... - 2018/10/24 22:30:30.709 mA6K3wEx0 18/31

不死鳥「俺、世にも珍しい不死鳥よ? この世に一羽しかいないのよ? 激レアよ? いやマジで!」

「でも、キジバトじゃないんでしょ?」

不死鳥「違うけどさぁ……」

「じゃあ興味ないよ」

眼鏡女「さようなら」

幼女「死んでいいよ」

不死鳥「死にませーん!」

141 : 以下、?... - 2018/10/24 22:33:28.649 mA6K3wEx0 19/31

不死鳥「よーし決めた! こうなったらお前らについてってやる! 同行してやるぅ!」

「いや……ついてくんなよ」

眼鏡女「邪魔です」

幼女「頼むから死んで」

不死鳥「死にませーん!」

不死鳥「ついてってやる! 絶対ついてってやるもんねー! 断っても無限ループだもんねー!」

(うっぜえ……)

145 : 以下、?... - 2018/10/24 22:37:38.239 mA6K3wEx0 20/31

「なんでついてくるんですか?」

不死鳥「いやー、長生きしてるとヒマなもんでね。あそこに人間が来ること自体、何十年ぶりだし」ペチャクチャ

不死鳥「よかったら俺の面白エピソード聞かない? 歴史の裏話とかさー」ペチャクチャ

「聞きたくない」

眼鏡女「結構です」

幼女「死ね」

不死鳥「死にませーん!」



ホーホホッホホー…

151 : 以下、?... - 2018/10/24 22:40:14.268 mA6K3wEx0 21/31

ホーホホッホホー… ホーホホッホホー…


「この鳴き声は!」

眼鏡女「間違いありません!」

幼女「キジバトだよ!」

「! ……あそこにそれらしき鳥が!」ビシッ

眼鏡女「本当です!」

幼女「絶対逃がすもんか! 捕まえて大金持ちになってやる!」

153 : 以下、?... - 2018/10/24 22:43:10.686 mA6K3wEx0 22/31

不死鳥「だったら俺に任せろ!」バサバサッ

「不死鳥!?」

眼鏡女「そうか! 同じ鳥である彼なら捕まえられるかも! しかも不死ですし!」

幼女「やるじゃん!」



不死鳥「キジバト、覚悟ォォォォォ!!!」バサバサバサッ

159 : 以下、?... - 2018/10/24 22:45:09.083 mA6K3wEx0 23/31

不死鳥「ダメだったよ……」ボロッ…

「弱っ!」

眼鏡女「なんて根性無しなの!?」

幼女「そのまま死ね!」

不死鳥「死にませーん!」

162 : 以下、?... - 2018/10/24 22:49:17.159 mA6K3wEx0 24/31

バサバサ…


「いや、だけど……ちょっと疲れたのか、キジバトも地上に降りてきたぞ!」

眼鏡女「今なら捕まえられます!」

幼女「これであたしたち億万長者だね!」

不死鳥「俺の! 俺のおかげ! 俺のおかげだよな! お前ら俺を褒めろ! 褒め称えろ!」

幼女「うっさい死ね!」

不死鳥「死にませーん!」

「俺のふるさとのために捕まってくれ! キジバトォォォ!」ダダダッ


ホーホホッホホー…

165 : 以下、?... - 2018/10/24 22:52:23.059 mA6K3wEx0 25/31

「こ、これは……!」


キジバト「ホーホホッホホー…ホーホホッホホー…」

ひな鳥「ピーピー…」


「キジバトがひな鳥を育ててる……!」

眼鏡女「ここが巣だったんですね……」

不死鳥「俺との激闘のせいで、地上に降りたんじゃなかったのか……」

幼女「激闘ってほど戦ってないでしょ。瞬殺だったじゃん」

不死鳥「てへっ」

眼鏡女「どうします?」

「……」

169 : 以下、?... - 2018/10/24 22:55:32.591 mA6K3wEx0 26/31

「捕まえるのは……やめよう」

「こんなに一生懸命子育てしてるキジバトを……捕まえる気にはなれないよ」

眼鏡女「ふふっ、私もです!」

幼女「あたしもー!」

不死鳥「お前ら……いい奴らじゃねえかよ……」ジーン…



キジバト「ホーホホッホホー…ホーホホッホホー…」

170 : 以下、?... - 2018/10/24 22:58:18.236 mA6K3wEx0 27/31

キジバト「ホーホホッホホー…」バサバサッ

パァァァァ…


「な、なんだ!? キジバトが飛び立ったら――」

眼鏡女「不思議な光が……」

幼女「あたしたちを包んでいく!」

不死鳥「俺も! 俺も包んで!」


パァァァァァァ…

174 : 以下、?... - 2018/10/24 23:02:35.213 mA6K3wEx0 28/31

プルルルル…

「ん、電話だ……なんだろう」

「え、俺が興してた事業が今頃になって大成功して、観光客がいっぱい来た!?」


眼鏡女「私にも電話が……出版社からだわ」

眼鏡女「え、この前持ち込んだ漫画、ちゃんと読んでみたら面白かったから連載決定!?」


幼女「あたしにも……」

幼女「えっ、パパとママの病気が奇跡的に治った!?」


「よっしゃーっ!」

眼鏡女「嬉しい……!」

幼女「パパ……ママ……うぇぇぇぇぇん!」

178 : 以下、?... - 2018/10/24 23:05:46.452 mA6K3wEx0 29/31

不死鳥「へっ、よかったなお前ら」

「不死鳥……お前はなにか願い事がなかったのか?」

不死鳥「あるけど……俺のは叶いっこないからいいんだ」

幼女「なによ、いってみなよ!」

不死鳥「俺は……友達が欲しかったんだ。だけど俺は世界に一羽だし……友達なんてできるわけねえ」

「……」

「なにいってんだ……俺たちもう、友達だろ?」

不死鳥「えっ……」

182 : 以下、?... - 2018/10/24 23:08:45.462 mA6K3wEx0 30/31

不死鳥「いいのか!? 俺なんかが友達でいいのか!?」

「もちろん! 一緒にキジバト探した仲じゃないか!」

眼鏡女「これからよろしくお願いします」

幼女「ただし、あんまりうざかったら怒るからね」

不死鳥「分かってますって! ではさっそく不死鳥ギャグ百連発を……」

幼女「やっぱりうざい! 死ね!」

不死鳥「死にませーん!」

アハハハハ…

185 : 以下、?... - 2018/10/24 23:12:30.569 mA6K3wEx0 31/31

「じゃあそろそろ帰るか!」

眼鏡女「そうだ! なにか食べて行きませんか?」

幼女「だったらあたし、フライドチキン食べたーい!」

不死鳥「おいお~い、俺が鳥ってこと忘れてない?」

アハハハハ… ワハハハハ…


キジバト「……」ニコッ

キジバト「ホーホホッホホー…ホーホホッホホー…」







おわり

記事をツイートする 記事をはてブする