627 : 以下、名... - 2018/10/20 21:38:22 kETrs9EE 1/31

………………一ノ瀬学園 グラウンド

滝沢先生 「今日から体育は長距離走だ。初日だから、無理するなよ」

滝沢先生 「身体を慣らす程度でいい。ただししっかり走れよー」

成幸 (ふっふっふっふ……)

成幸 (長距離走はただ走るだけ! 不器用な俺が体育の内申点を上げるチャンスだ!)

成幸 (まぁ、体力はないから良いタイムは望めないが、努力さえすれば多少はなんとかなる)

成幸 (一学期と二学期前半の水泳の分も挽回しなければ……!!)

文乃 「おー。なんか、成幸くん燃えてるね」

成幸 「ん……? ああ、古橋か。そうか、今日の体育はAB組合同か」

文乃 「うん。あと、長距離走だから男女混合だね。男子は外周五周、がんばってね」

成幸 「女子は三周だっけか。うらやましいぞ……」

文乃 「私は走るの嫌いじゃないからいいんだけどね、五周でも」

文乃 「成幸くんより足速い自信あるし」 エッヘン

元スレ
【ぼく勉】小美浪先輩「この前は本当に悪かった」成幸「はい?」
http://jbbs.shitaraba.net/bbs/read.cgi/internet/14562/1536589434/

628 : 以下、名... - 2018/10/20 21:38:59 kETrs9EE 2/31

成幸 「む……言ったな? じゃあ、今日のタイムで勝負しようぜ」

文乃 「ほうほう。つまり、わたしのタイムを3/5倍して勝負だね?」

成幸 「うん。考え方は間違ってないけど5/3倍な」

文乃 「……こっ、細かいことはいいんだよ!」

コソッ

文乃 「ただ勝負するだけじゃつまらないから、何か賭けない?」

成幸 「ほー。俺に勝つ自信があるみたいだな。いいぞ、乗ってやる」

成幸 「負けた方は勝った方に購買のパン一つ奢る……ってのでどうだ?」

文乃 「うん。まぁ成幸くんの経済状況を考えたら妥当なところだと思うよ」

成幸 「冷静に人のサイフの中身を分析しないでくれ、古橋……」

鹿島 (……古橋姫と唯我成幸さん、何か話してますね)

猪森 (古橋姫、楽しそうっスね)

蝶野 (こっちまで幸せになってくるな……)

629 : 以下、名... - 2018/10/20 21:39:54 kETrs9EE 3/31

………………スタート直前

成幸 (ふっふっふ……。古橋、悪いが、手をぬくつもりはない。単純な体力だけなら、さすがに負けないぞ)

成幸 (球技ならわからんが……)

文乃 (ふふふ……。成幸くんったら、私は体育は得意なんだよ?)

文乃 (キャラクター紹介ページでもATHLETICは○なんだよ。そしてきみは×だって知ってるんだから)

文乃 (成幸くんがなぜあんなに自信満々なのかわからないけど、絶対に負けないからね)

滝沢先生 『準備はいいかー? 公道を走るから、車や歩行者に気をつけろよー』

滝沢先生 『では、よーい……スタート!』

成幸&文乃 ((パンは!))

成幸 (俺が!!)  文乃 (わたしが!!)

成幸&文乃 ((いただく!!) んだよ!!)

630 : 以下、名... - 2018/10/20 21:40:34 kETrs9EE 4/31

………………

大森 「はぁ~、長距離走なんてだるいよなー。どっかでサボれないかな」

小林 「うるさいなぁ。喋ってると体力なくなるぞ」

小林 「少しは成ちゃんを見習えよ。ほら、あんなにまじめに走ってる」

成幸 「ゼェ……ゼェ……ゼェ……」

大森 「……まじめに走ってるのに、ダベりながら走ってる俺たちの少し前ってのが悲しいけどな」

成幸 (ふふ……いい、ペースだ……)

成幸 (男子の中でも真ん中の方にいるだろ……ふふ、負けんぞ、古橋……)

631 : 以下、名... - 2018/10/20 21:41:52 kETrs9EE 5/31

………………ゴール後

成幸 「………………」

グタッ

成幸 (し、死ぬ……滝沢先生の言うとおり、慣らし程度で走るべきだった……)

成幸 (肺が痛い……)

文乃 「やーやー、成幸くん。結果はどうだったかな?」

成幸 「ふ、古橋……ふふ、お前の、その、余裕そうな顔も、そこまでだぜ……」 ゼェゼェ……

文乃 「うん。きみの方にそこまで余裕がないとわたしはどんどん余裕が出てくるんだけどね」

文乃 「ちなみにこれが今日のわたしのタイムだよ? で、5/3倍も計算しておいたよ」

成幸 「………………」

ガクッ

成幸 「う、うそだ……。俺、結構全力で走ったのに……」

文乃 「ふふふ、どうやらわたしの勝ちのようだね。じゃあ、昼休み、パンをよろしく頼むよ、成幸くん?」

成幸 「うぅ……」


―――― 「ほう。なかなか興味深い話をしているな、唯我、古橋」

632 : 以下、名... - 2018/10/20 21:42:34 kETrs9EE 6/31

文乃 「わっ……た、滝沢先生!?」

滝沢先生 「まさかお前たち、体育の授業で賭け事をしていたわけじゃないだろうな?」

文乃 「あ、あはは……」

成幸 「えっと……あの……」

滝沢先生 「………………」

成幸&文乃 「「すみません!!」」

滝沢先生 「素直でよろしい。まぁ、パン程度なら遊びの延長というところで目はつむってやる」

成幸 「本当ですか!? 助かります……」

滝沢先生 「その代わり、といってはなんだが、少し手伝いをしてもらおうか」

滝沢先生 「外周にパイロンが設置してあっただろう? 放課後、あのパイロンの回収を頼みたいんだ」

滝沢先生 「体育の教員の手が空いてなくてな。頼めるか?」

文乃 「それくらいなら、まかせてください」

成幸 「はい、やります!」

滝沢先生 「じゃあ頼んだ。体育用具倉庫にあるカートを使って回収してほしい」

滝沢先生 「回収した後は、体育用具倉庫にしまっておいてくれ」

633 : 以下、名... - 2018/10/20 21:43:15 kETrs9EE 7/31

………………放課後

成幸 (……と、いうわけで、外周を回りながらパイロンを回収しているわけ、だが……)

グイッ……グイッ……

成幸 (重い!!)

成幸 (ひとつひとつのパイロンは軽いが、カートに乗せていくにつれてどんどん増えていく!)

成幸 (重い!!)

文乃 「成幸くん、顔真っ赤だよ? 大丈夫? カート引くの代わろうか?」

成幸 「いや、さすがに……これを、女子にはさせられないだろ……」

成幸 「俺は男子だから、大丈夫……」

文乃 「む……男子とか女子とか、あんまり関係ない気もするけどな」

文乃 「結局、わたしの方が長距離走も速かったわけだし」

成幸 「ど……同一距離だったら、きっと負けてない、はず……」

文乃 「わたし今日結構流してたけど?」

成幸 「……お、俺だって、慣らしだったぞ?」

634 : 以下、名... - 2018/10/20 21:43:48 kETrs9EE 8/31

文乃 「ふーん。そう? じゃ、カート引きがんばってね。パイロン追加するよ」

ゴトッ

成幸 「うぉ……」

成幸 (お、重い……)

グイグイ……

文乃 「ほら。後ろから押してあげるから、がんばって」

成幸 「わ、悪い……助かる……」

文乃 (だから、きみがずっとカート引いてるんだから、悪いなんて思う必要ないんだってば……)

文乃 (本当に損な性格。きみの将来が心配だよ、お姉ちゃんは)

成幸 (あ、あと少し……あと少しで、一周だ……)

成幸 (長距離走より疲れるぞ、これ……)

635 : 以下、名... - 2018/10/20 21:44:29 kETrs9EE 9/31

………………体育用具倉庫

成幸 「うおお、おわった……」

ゴトッ

成幸 「これで全部のパイロンをしまえたか……長かった……」

文乃 「おつかれさま、成幸くん」

成幸 「いや、古橋もおつかれさま。つか、悪いな、変なことに巻き込んで。俺がパンを賭けようなんて言ったから……」

文乃 「いやいや、それはおかしいよ。わたしが何か賭けようかって言い出したのが悪いんだから。ごめんね」

成幸 「ん……いや、まぁ、俺もそれに乗ったわけだし、べつに……」

成幸 「そんなことより、早く戻ろうぜ。今日は図書室で勉強の日だろ」

文乃 「それもそうだね」 クスッ 「いつまでも成幸くんを独り占めしてたら、りっちゃんとうるかちゃんに怒られちゃうね」

成幸 「独り占め? なんだそりゃ。俺はべつに――」


――――ガシャン


成幸 「へ……?」

636 : 以下、名... - 2018/10/20 21:45:24 kETrs9EE 10/31

………………外

真冬 「………………」

真冬 (まったく、なぜ私が体育用具倉庫の施錠をしなければならないのかしら……)

真冬 (体育の先生方も忙しいのはわかるけれど、そのあたりしっかりとしてもらわないと困るわ)

真冬 (……外周にパイロンが残っていないのは確認したし、カートも帰ってきている)

真冬 (滝沢先生は生徒にお願いしたと言っていたけど、その生徒たちはパイロンをしっかり回収したようね)

真冬 (さっさと鍵をかけて仕事に戻りましょう……)

ガシャン

真冬 (これでよし、と。さっさと仕事に戻りましょう)

637 : 以下、名... - 2018/10/20 21:46:18 kETrs9EE 11/31

………………体育用具倉庫

文乃 「い、今の音って……」

成幸 「鍵がしまったような音だったな?」

文乃 「鍵って、ひょっとして……」

バッ……ガチャガチャガチャ……!!!

成幸 「開かねえ!! これは、ひょっとしてひょっとすると……」

成幸&文乃 「「閉じ込められた!?」」

成幸 「誰かー! 誰かいませんかー!」

ドンドンドン……!!!

成幸 「……ダメだ。鍵をかけた人はもうどこかに行っちゃったみたいだ」

文乃 「……うーむ」

成幸 「古橋? なんだ、考え込むような顔をして」

文乃 「いや、大したことじゃないんだけどさ、一言だけ言わせてほしくて」

文乃 「なんてベタな……」

638 : 以下、名... - 2018/10/20 21:47:03 kETrs9EE 12/31

………………

文乃 「成幸くん、携帯電話持ってる?」

成幸 「あいにく、荷物は全部教室だ。古橋は?」

文乃 「同じく、だよ……」

成幸 「助けを呼んでも聞こえるような場所じゃないしなぁ……」

成幸 「仕方ない。このまま、気づいた誰かが助けに来てくれるのを待とう」

成幸 「図書室に俺たちが現れなけりゃ、緒方が心配して先生に相談してくれるだろ」

文乃 「カバンも教室に置きっぱなしだから、きっと滝沢先生が気づいてくれるよね」

成幸 「ゆっくり待とう。ちょっとした休憩だな」

文乃 「……うん」

639 : 以下、名... - 2018/10/20 21:47:38 kETrs9EE 13/31

成幸 「………………」

文乃 「………………」

成幸 (……気まずい)

成幸 (と、いうよりは、どういう顔をしていたらいいのか分からない)

成幸 (今さらな話ではあるが、古橋はそれはもうとてつもない美少女だ)

成幸 (間違っても、薄暗い密室で一緒にいて心安らぐような相手じゃない)

成幸 (そして何より、向こうは恐らく、もっとそう思っているだろうということだ)

文乃 「………………」

成幸 (古橋のアンニュイな顔がそれを物語っている)


―――― 『実はわたし…… 威圧してくる男の人が怖くて……』


成幸 (俺はそういうタイプの男じゃない……とは思いたいが、)

成幸 (もしも万が一、古橋が今のこの状況を山岡に迫られたときのように感じているとしたら、)

成幸 (俺は今、絶対、古橋に近づいちゃいけない……!!)

640 : 以下、名... - 2018/10/20 21:48:14 kETrs9EE 14/31

文乃 「………………」

文乃 (ど、どどど、どうしよう……)

ズーン

文乃 (わたしがそもそも賭け事なんてイケナイことを提案しなければ、こんなことには……)

文乃 (当たり前だけどなんの勉強道具も持ってきてないし、わたしはともかく、成幸くんは……)

成幸 「………………」

文乃 (めちゃくちゃ険しい顔してるー!! そりゃそうだよ。だって、わたしのせいで勉強が……)

文乃 (わたしの勉強が進まないのは自業自得として、それに成幸くんを付き合わせてるのはまずいんだよ)

文乃 (な、なんとしても早くここから脱出しないと……!!)

文乃 (出られるとすれば……)

チラッ

文乃 (あの、天井近くの採光用の窓。薄べったいけど、届きさえすれば、わたしなら通れる!)

文乃 (そのためには……)

641 : 以下、名... - 2018/10/20 21:49:06 kETrs9EE 15/31

文乃 「あ、あのあの、成幸くん」

成幸 「!? お、おう、なんだ、古橋」

文乃 「ひとつ提案があるんだけど、あの採光窓から外に出てみない?」

文乃 「成幸くんが踏み台になってくれれば、わたしひとりなら出られると思うんだ」

文乃 「そうしたら、職員室に助けを呼べるし、すぐにここから出られるよ」

成幸 「……ん、まぁ、たしかにお前なら出られそうだな、あの窓」

成幸 「………………」

フルフル

成幸 「……でも、ダメだ。さすがに危なすぎる。こちら側は俺が肩車でもすればいいかもしれないが、」

成幸 「外に踏み台になるものがあるとも限らない。あの高さから変な飛び降り方をしたら、お前がケガをする」

成幸 「危険すぎる。だからダメだ」

文乃 「そ、そっか。そうだよね……。ごめん」

成幸 「おとなしく先生を待とうぜ。すぐ助けに来てくれるって」

642 : 以下、名... - 2018/10/20 21:49:46 kETrs9EE 16/31

………………図書室

理珠 「………………」

カリカリカリ……

理珠 「……成幸さんと文乃、遅いですね」

理珠 (今日は体育の片付けを命じられたとかで行ってしまいましたが……)

理珠 (そんなにたくさんの片付けを命じられたのでしょうか。かわいそうに……)

フンスフンス

理珠 (うるかさんも水泳の練習でいませんし、)

理珠 (いまのうちに問題を解いて解いて解きまくって、みんなを驚かせてあげましょう)

カリカリカリカリカリ…………

643 : 以下、名... - 2018/10/20 21:50:23 kETrs9EE 17/31

………………数時間後

成幸 「……日、暮れてきたな」

文乃 「うん……」

成幸 「………………」

文乃 「………………」

成幸&文乃 ((気まずい!!!!))

成幸 (うわー! どうしたらいいんだ俺はー! 古橋の奴、絶対俺のこと怖がってるよー!!)

文乃 (どうしようどうしようどうしよう!! 成幸くん、絶対わたしのこと怒ってるよー!!)

成幸 (ええい!)

文乃 (ままよ、だよ!)

成幸&文乃 「「あ、あのさ!」」

成幸 「!? あ、えっと……」

文乃 「な、成幸くんから、どうぞ?」

成幸 「い、いや、そっちからでいいよ……」

文乃 「えっ、ずるいよ、成幸くん……」

644 : 以下、名... - 2018/10/20 21:51:36 kETrs9EE 18/31

成幸 「ずるいって、お前……。わかったよ……」

成幸 「えっと……なんか、その……ごめんな?」

文乃 「へ……?」

成幸 「怖くないか? お前、女の子だし、その……あんまり、男、得意じゃないだろ?」

成幸 「俺、どうしてたらいい? もっと離れてた方がいいか?」

文乃 「………………」

クスッ

文乃 「……ひょっとして、そんなことずっと考えてたの?」

成幸 「わ、笑うなよ。ずっと考えてたよ。悪いかよ……」 プイッ

文乃 「ごめんごめん。でも、可笑しくってさ」

文乃 「……旅館でふたりで泊まったこともあるんだよ? 今さらきみが怖いわけないでしょ」

成幸 「なっ……/// あ、あのときは、仕方なかっただろ……」

文乃 「きみはわたしの弟みたいなものだからね。大丈夫だよ。怖くなんてないよ」

645 : 以下、名... - 2018/10/20 21:52:14 kETrs9EE 19/31

成幸 「……そうかよ。ならよかったよ」

成幸 「で? そっちは何を言おうとしたんだよ」

文乃 「うん……あの、成幸くん。ごめんなさい」

成幸 「……? ごめんって、何が?」

文乃 「さっきも言ったけど、わたしが賭け事なんて提案したから、こんなことになって……」

文乃 「成幸くんの勉強時間まで取っちゃって……」

成幸 「いやいや、さっきも言っただろ。パンを賭けようって言ったのは俺だし、そもそも乗ったのも俺の判断だ」

成幸 「お前は悪くないよ」

文乃 「……ありがと。そう言ってくれると、助かるな」

文乃 (そっか。きみがずっと難しい顔をしていたのは、わたしに悪いと思っていたからなんだ)

成幸 (お前がずっと物憂げだったのは、俺に申し訳ないと思っていたからなのか)

クスッ

文乃 「……ほんと、きみはお人好しだよね、成幸くん」

成幸 「お前に言われたくないよ、古橋」

646 : 以下、名... - 2018/10/20 21:53:38 kETrs9EE 20/31

………………図書室

『間もなく閉館時間です。本を元の場所に戻して、退室してください』

理珠 「……!? も、もうこんな時間ですか!?」

理珠 (結局成幸さんも文乃も来ませんでしたが……)

理珠 (ま、まさか……!!)

理珠 (私に内緒でふたりきりで何か美味しいものでも食べに行ったのでしょうか!?)

理珠 (だとしたら許せません。こちらはがんばって勉強しているというのに……)

理珠 (うるかさんでも誘って、私たちも何か美味しいものを食べに行ってやります!!)

647 : 以下、名... - 2018/10/20 21:54:08 kETrs9EE 21/31

………………

文乃 「………………」

ブルッ

文乃 (……まずい)

文乃 (何がどうまずいのかは、ご想像にお任せするというか、乙女的な意味で絶対に口にはできないけど、)

文乃 (まずい!!)

文乃 (長距離走の後に水分補給をしすぎたのが原因かな!!)

成幸 「……古橋? どうかしたか? 顔が青いぞ? 寒いのか?」

文乃 「だ、大丈夫! 全然大丈夫だよ!」

文乃 (成幸くんがニブチンで良かった。彼はきっと気づかないだろう)

文乃 (ただ、わたしの中で色々なものが終わってしまうタイムリミットまで、そう時間はない)

文乃 (助けを待つなんて悠長なことは言っていられない。これは、もう……)

文乃 (採光窓から出るしかない!!)

648 : 以下、名... - 2018/10/20 21:55:12 kETrs9EE 22/31

………………プール

うるか 「へ……? 今日、成幸も文乃っちも来なかったん?」

理珠 「そうなんです。本当に腹立たしい限りです。約束をしていたというのに」 プンプン

理珠 「もうふたりなんて知りません。このあと私たちだけで美味しいものでも食べに行きましょう」

滝沢先生 「ん? おお、緒方。なんかえらくご機嫌ナナメだな」

理珠 「滝沢先生。成幸さんと文乃に約束をすっぽかされたのです」

滝沢先生 「ん……? 唯我と古橋が……?」

ハッ

滝沢先生 「……いや、まさか、そんなことは……」

滝沢先生 「そういや、施錠を桐須先生にお願いしてたな……」

滝沢先生 「あの人、ときどき抜けてるからな……」

ダラダラダラ……

滝沢先生 「……ちょっとふたりとも来い。嫌な予感がする」

649 : 以下、名... - 2018/10/20 21:55:46 kETrs9EE 23/31

………………

成幸 「お、おい、古橋、本当にやるのか?」

文乃 「やるといったらやるんだよ! もう時間がないんだよ!」

成幸 「……?」 (なんか急ぎの予定でもあるのか?)

成幸 「絶対無理するなよ? ケガするなよ?」

文乃 (少しくらいケガしてでも乙女の尊厳を守りたいんだよこっちは!!)

文乃 「ほら、肩車してもらうから、早くかがんで」

成幸 「……まぁ、それはいいけどさ」

成幸 (す、スカートの女子を肩車か……)

スッ

成幸 「ち、ちゃんと頭持ってろよ?」 (ふ、ふとももの感触が……)

成幸 (いかんいかん! 不埒なことを考えるな。集中しろ)

文乃 (平常時であれば色々と思うところもあるんだろうけど!)

文乃 (今はあまりそのあたりは考える余裕はないかな!!)

650 : 以下、名... - 2018/10/20 21:56:35 kETrs9EE 24/31

成幸 「ゆっくり立ち上がるぞ……」

文乃 「うん」

スクッ……

成幸 (き、きつい……古橋が重いとかじゃなくて、長距離走の後に重いものを運んだからだ……)

成幸 「よし、っと……。届きそうか?」

文乃 「大丈夫。手が届いたよ。窓も……うん。開けられる」

文乃 「ちょっと足をしっかり持っててもらっていいかな。少し窓に身体を預けてみるね」

成幸 「お、おう」

グッ

文乃 「……うん。いけそうかな。窓からちゃんと飛び降りられれば、外に出られると思う」

成幸 「危なくないか?」

文乃 「これくらいの高さなら大丈夫だと思う。窓のへりに移っちゃうね」

成幸 「本当に大丈夫か? 危険は……」

……ガクッ

成幸 (あっ……)

651 : 以下、名... - 2018/10/20 21:58:30 kETrs9EE 25/31

文乃 「きゃっ……!?」

ドタドタドタ………………

成幸 「……いたたた」

成幸 (しまった……。急に足の力がガクッと抜けてしまった)

成幸 (下がマットで助かったな……)

成幸 「古橋? 大丈夫か……? ごめんな、ちょっとバランスを崩しちまって……」

文乃 「う、うん、大丈夫だよ。やわらかいマットの上だから……」

成幸 「……!?」

文乃 「ふぇっ……!?」

成幸 (ち、近っ……!? 俺、マットに仰向けに寝て……その上に、古橋が……)

文乃 (こ、これじゃまるで、わたしが成幸くんを押し倒してるみたい……!!)

ドキドキドキドキ……

成幸 「ふ、古橋……? どいてくれると、助かるというか……」

文乃 (う、動けないよー! 外に出られないと分かった絶望感と今のショックで、もう決壊寸前なんだよー!)

成幸 (うっ……。な、なんでそんなうるんだ目でこっちを見るんだよ……)

652 : 以下、名... - 2018/10/20 22:00:05 kETrs9EE 26/31

成幸 「古橋……」

文乃 「成幸くん……」

文乃 (ああ、終わった……。さようなら、乙女としてのわたし)

文乃 (明日からわたしは、不名誉なあだ名をもらうことになるんだ)

文乃 (文学の森の眠り姫なんて大それたあだ名、そもそもわたしに相応しくなかったんだ……)

文乃 (成幸くんの女心の師匠もやめることになるんだろうな……)

文乃 (ああ、色んなことが走馬灯のように……――)

――――――ガシャン!!! ガラッ

理珠 「文乃!! いるのですか!?」  うるか 「成幸!! 大丈夫!?」

理珠&うるか 「「!?」」

滝沢先生 「お前たち急ぎすぎだよ……って……」

滝沢先生 「……何をやってるんだ、唯我、古橋?」

文乃 「あっ……」

文乃 (開いたぁあああああああああああ~~~~~)

タタタタタタタ……!!!

653 : 以下、名... - 2018/10/20 22:00:45 kETrs9EE 27/31

理珠 「ふ、文乃!? ……行ってしまいました」

うるか 「な、成幸! どういうことか説明してよ!! 何をしてたの!?」

成幸 「お、落ち着けうるか! 何もないから!」

うるか 「何もなくて、どうして文乃っちが涙目で飛び出していくの!?」

成幸 「俺が聞きたいよ!!」

滝沢先生 「あー……まぁ、色々と後手に回った私が悪いのは重々承知しているが、」

滝沢先生 「高校生の男女が密室にいたんだから、気持ちは分からなくもないが……」

滝沢先生 「そういうのは、もっとこう、ロマンチックな場所でだな……」

成幸 「だから違いますって! 先生までどんな勘違いしてるんですか!!」

理珠 「……不潔です。見損ないました。成幸さん」

うるか 「あたしもだよ! 成幸のケダモノー! アクマー!」

成幸 「なぜ俺が責められているんだ!?」

654 : 以下、名... - 2018/10/20 22:01:20 kETrs9EE 28/31

………………お手洗い前

文乃 「ふー……」

パァアアアアアアアアア……!!!!

文乃 (守られた! わたしの、女子としての尊厳……!!)

文乃 (良かったよう……危うく、成幸くんにとんでもない姿をさらしてしまうところだったよ)

文乃 (……まぁ、成幸くんのことだから、そうなっていたとしても、きっとわたしをバカにしたりはしないだろうけど)

理珠 「……あ、いました! 文乃」

タタタタ……

文乃 「りっちゃん。今日は図書室に行けなくてごめんね」

理珠 「文乃が悪いわけではありませんから、気にしないでください」

理珠 「それより、これからうるかさんと成幸さんとファミレスで勉強会をしようという話になったのですが、」

理珠 「もちろん、文乃も来ますよね?」

文乃 「うん。一緒に行くよ。今日の分の勉強を取り返さないといけないからね」

655 : 以下、名... - 2018/10/20 22:02:16 kETrs9EE 29/31

文乃 「………………」

―――― 『怖くないか? お前、女の子だし、その……あんまり、男、得意じゃないだろ?』

―――― 『俺、どうしてたらいい? もっと離れてた方がいいか?』


文乃 (……成幸くんのバカ。今さらそんなこと気にするはずないのに)


―――― 『デートみたいだな! 古橋』


文乃 (どっちかといえば、わたしは台風のときの映画館を思い出していたんだけど)

文乃 (ニブイきみは、きっとそんなこと分からないし気づかないだろうね)

文乃 (だから絶対内緒だよ)

クスッ

文乃 (……実はちょっとだけ、そんなことを思い出して)

文乃 (きみにドキドキしていただなんて)


おわり

656 : 以下、名... - 2018/10/20 22:02:51 kETrs9EE 30/31

………………幕間 「兄の危機」

水希 (えーっと、今日の晩ご飯は何が作れるかな……)

ピキューン

水希 「!? お兄ちゃんが危機に瀕している気がする!!」

花枝 「はぁ? 危機ってどんな?」

水希 「貞操!!」


おわり

657 : 以下、名... - 2018/10/20 22:05:55 kETrs9EE 31/31

>>1です。
読んでくださった方ありがとうございました。


ぶっちゃけてしまいますと(というかこのスレを読んでくださっている方は薄々勘づいているかもしれませんが)、
わたしは文乃さんが一番好きです。
ただ、他のキャラクターも皆かわいくて大好きです。
一番好きな文乃さんに関して、書きたい要素が多すぎて、まとめきれなかったのが今回投下したものです。
何もかも中途半端な話になってしまったかなと反省しています。


また折を見て投下します。

記事をツイートする 記事をはてブする