1 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:32:01 Kow 1/35

SSです
元ネタは漫画家の奥たまむし先生が先日Twitterに上げた漫画です
後半シリアスです、sageでゆっくり貼っていきます

元スレ
「彼女とコネクト!」【SS 】
http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1482006721/

2 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:33:35 Kow 2/35

「彼女とコネクト!」


ーー教室の片隅で


女生徒A「えーなになに、見たいー」

女生徒B「これなんだけどさー」アハハ



花音「ゞ〆〃ー?」

「へー...」

花音「~~〃♀」

(花音は割と美形だし、かわいい)

(でも私以外、友人がいない)

3 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:34:37 Kow 3/35

(それというのも)

花音「ゞー〃ゝ~〆ーヾー〆£♀%」

(滑舌が悪くて、一切なにを話しているか分からないのだ...)

花音「〆ヾーゝ@>?」

「え、うん...」

(私はそれに対してテキトウに相槌をうっている)

(わずらわしい人間関係より、そのほうが楽だからそうしたんだけど...)

4 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:35:17 Kow 4/35

花音「♪」

「えっ何を」

花音「♪♪」ちゅっ

(はあっ!?)

5 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:36:58 Kow 5/35

「な、何だったの、昼間のアレは...」

「女同士で、口でちゅーとか...」

「......」

「か、考えがまとまらない...(赤面)」

「そうだメール、メールで聞こう」

(めるめる)【今日のキスはなに?】

「......」

「返信来た」

花音【キスしていい? って聞いてキスしただけだよ?】

花音【つきあって結構たつし、嬉しかったな>_<】

(マ ジ か)

6 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:38:03 Kow 6/35


ーー翌日 登校中


(そういえば今までも)

花音「ヾ~¢∠∃」(腕を組む)

(妙にスキンシップが多いと)

花音「ゝ〆〃♀ゝー@」(頬をすり寄せる)

(思ってたけど...)

花音「♀~¢?」

「えっ、うん...」

花音「♪」ちゅーーーっ

(舌入ってるーーーーーーっっっ!!!)

7 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:39:43 Kow 7/35

ーー昼休み


女生徒A「あのふたり、一緒にいすぎじゃない? ちょっと気持ちわるい」ヒソヒソ

女生徒B「それ言ったらダメでしょw」


「......」

(普通に私は花音と別れるべきだ)

「でもそもそも私が花音と一緒にいたのは」

花音「>〃<ーゝ〆〆ゞ」

花音「~♪」

(それなりに彼女に、惹かれていたからで...)

「うん...」

(今だってこうして、花音に相づちしてしまうのは)

(花音のことを少しは「好き」だからで...)

(...でも相変わらず、なに言ってるか分かんないのよね...)

花音「ゞゝ→><♀ヾー⊂∧」にこにこ

8 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:42:17 Kow 8/35

「花音からメールだ」

花音【今日のお泊まり楽しみだなあ、どんな服着てきてくれるのかなあ?】

「お泊まり!?」

「あっ、昼間のあれ、急にニコニコしだしたと思ったら...」

「......」

「ど、どど、どうしよう」

「え、ええと、マクラ、じゃなくてパジャマ...」

「と、とりあえず歯を磨こう」

「......ぱ、パンツの替えはいるよね...」

「一枚...」

「...と、特に理由はないけど三枚持っていこう...」

9 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:43:15 Kow 9/35

「こんばんは...」

花音「⊂→~♪」

(花音、嬉しそうだなあ...)

「大きな家だね...、花音の部屋は二階?」

花音「¢∧」コクコク

「えっと、ご両親とかは...」

花音「?」

「っとかは、いなくてよかったね、うん」

花音「♪」こくこく

(違う、たまたま今日いないんじゃない)

(今日は両親がいないから、泊まりに来てって話になってたんだ)

花音「¢♀Ρ~Ψ♪ゞ」

「え、うん...?」

(......、お、お風呂に案内された...)

10 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:44:29 Kow 10/35

「......」ざぱーん

「広いお風呂だなあ...」

「じゃなくて...こ、このパターンは漫画とかだと...」

花音「Ф⊆→♪」がらっ

(やっぱり入ってくるのね...)

花音「~♪」

(だ、大丈夫、クラスメートとお風呂ぐらい、修学旅行でもあったしセーフ)

(...、せ、背中を流してあげるべきだよね)

11 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:45:58 Kow 11/35

「......」ごしごし

花音「Ф>ヾ<♀」

(ホクロが一つもない...色も白いし、すごく綺麗な背中...)

(髪も漆器みたいに綺麗な黒...、手に持つとしっとりとした重さがある...こういうの日本髪って言うのかな...)

(......私の髪は明るい色に染めてるけど...こういう綺麗な髪にも憧れるな...)

花音「ヱГ∋£≧ゝー〃〆」

「え? あ、わ、私は自分でやるからいいよ...」

花音「ゝ<Фゝ」

(......不自然だったかな)

12 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:46:53 Kow 12/35

(だって、花音の肌ってすごく綺麗なんだもん...)

(私は古い傷とかもあるし、恥ずかしいから...)

(......)

(や、やっぱり、私も湯船に入らなきゃ駄目よね...)

花音「〆~ゝ∋♪」

(うう、揉まれちゃってる...)

花音「£→ヾ♀ゝ<~♀?」

「え、うん...」

花音「......」ちゅーーっ

(吸われてるーーーーーー!!!)

13 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:48:03 Kow 13/35

(な、なんかどっと疲れた...)

(あのあと、お菓子食べながらテレビの映画見て)

(も、もう夜中の2時だし、あとは寝るだけ)

花音「ヾФ<∋>〆」

「うん、そうね...」

花音「♪」

(脱 ぎ だ し た)

14 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:49:10 Kow 14/35

(だ、大丈夫、たぶん寝るときは何も着ないタイプなだけ)

花音「......」

(み、見つめられてる...)

(や、やっぱり、私が脱ぐのを待ってるんだよね...)

(うう...)

花音「♪」

(で、でも)

(やっぱり、よくわからないまま、女の子同士でこういうのは...)

花音「......?」

15 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:50:09 Kow 15/35

(一度ちゃんと確認しないと、言葉が聞き取れなくても、筆談とかで...)

花音「ゝ>≧♪~ゝヾヱ?」

(私たち、いつから付き合ってる事になってるのかとか、私とどんなことをしたいのか、とか...)

花音「ゝ∽∃⊇∋〆ゝ〃ーヾゝー??」

「......っ」

(......、そ、そんなこと...)

(言えるわけ、ない...)

「花音...」ちゅー

花音「!」

花音「♪」ちゅー

(何も話さなくていいように、長いキスをしよう...)

(それから、花音のしたいように任せよう...)

(......大丈夫、私たちは「好き」同士だから)

(私が花音に応えていれば、それで大丈夫だったから...)

16 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:51:11 Kow 16/35

(......)

(朝だ...)

(...お、女の子同士って、あんな感じでいいのよね...?)

花音「ーゝヾ〃⊇」

「うん、おはよう...」

(たぶん、花音もよくわかってなかったと思うけど...)

(......ふ、深く考えるのはやめよう...)

花音「~♀Ф」ぎゅう

(しがみついてる...まだ学校へ行くには早いし、もう少し寝ていよう)

(......)

(......なんだか)

(こうやって花音にしがみつかれるの、前にもあったような...)

17 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:52:45 Kow 17/35

(そうだ、あれは去年、私が転校してきた頃...)

(胴にしがみつく花音と...)

(セーラー服の不良が何人か倒れてて...)

(花音は泣いていて...)

(......)

(あれ...? 何だっけそれ...)

(普通に考えれば...花音がイジメられてるところを助けた...みたいなことかな)

(それから懐かれた感じに...?)

18 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:53:46 Kow 18/35

(よく思い出せない...昔はしょっちゅうケンカしてたから...)

(......なんだか、思い出すのがすごく億劫な気がする...)

(疲れてるのかな...運動したし)

(......そ、そう、運動、あれは運動だからセーフ...)



ーー次の日

女教師「はい、この部分を誰かに音読してもらいましょう...」

(...うう、授業受けてても、昨日の光景が頭から離れない...)

19 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:55:04 Kow 19/35

(花音ってば、平然とノート取ったりして...)

(いや、私が意識しすぎなだけ...?)

女教師「ええと、昨日は竹田さんまで当てましたね、じゃあ今日は...津田さん」

「え?」

女教師「? どうしました?」

「竹田さんの次なら花音なんじゃ...」

クラス「......!」ざわざわ

花音「!」

(しまった!)

「な、何でもないです」

女教師「......津田さん、37ページのはじめから読んでください」

津田「は、はい」

20 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:56:21 Kow 20/35

(しまった、私なんてことを...)

花音「......」


ーー昼休み 屋上

「......花音、ねえ機嫌なおしてよ...」

花音「......」

「ほら、私の玉子焼きあげるから...」

花音「......」

「...本当に悪かったと思ってる、ちょっとぼうっとしてたの...」

花音「......⊇〆Ф∋」

「え、うん...」

21 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:57:53 Kow 21/35

花音「♀♪ゝ~≧ヾ〆≧§$♀≧£℃%%ヾ′~ゞヾ≧=」

「......」

花音「ヾ£=≧♪⊇∀←£♀ゝ~〃⊂←ΔゑΛ
Ο≦>♀@~Ο⊂♀ーゝ£∃∇×ゝ〆ゑゞ〃ヽ@ゝ£⊂」



「試すようなことはやめて」

花音「!」

「そうよ、聞き取れてなかった」

22 : 名無しさ... - 2016/12/18 05:59:00 Kow 22/35

「いま、わざと早口で一気にたくさん喋ったよね? 聞き取れてないって薄々分かってたんでしょ?」

「でもそれでもいいじゃない、今までうまくやれてたはず」

「花音だって、ただ私のそばにいられればよかったんでしょ」

花音「......」

「私以外に友達いないからね、というよりも、私から離れてるときっとイジメにあうから、
だから適当に相槌を打つだけの私と一緒いたんでしょ」

花音「......」

23 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:00:36 Kow 23/35

「今までだっておかしいと感じたことはあったはず、私が拒まないからってレズ行為まで」

パシイッ

「......」

花音「......!」

(花音の平手打ちか、痛いな...)

「...もういいでしょ」

花音「......」ちゅー

「えっ...?」

(な、なんでこの流れでキス?)

(うわモノスゴく舌入ってくる)

(こ、拒むべきよね?)

「や、やめてよっ」どん

花音「......」走り去る

(わ、わからない...)

24 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:01:36 Kow 24/35

ーー1ヶ月後

(あれから、花音とは話さなくなった)

(花音はというと...休み時間は本を読んで静かに過ごしてる)

(私はもともと授業もろくに聞いてなかったし)

(友人のいない学校も退屈なので、学園の裏手などで過ごすことが多くなった)

(西日のさす、校舎の裏手)

(コンクリートにもたれかかり、煙草をふかす)

25 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:02:47 Kow 25/35

(どこにいても、退屈なことには変わりない)

(人生なんてこんなものだろう、という暗い安穏もある)

(花音と出会う前に戻っただけのことだ)

(......?)

(出会う前...?)

不良女生徒A「なに煙草ふかしてんの?」

「......」

26 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:04:09 Kow 26/35


不良女生徒A「あんた最近評判悪いよ、クソ生意気になったって」

不良女生徒B「ここは私らの場所、他の誰も来てほしくないって言ったはずだけど?」

(誰だったか、たしか先輩たちだ)

(敬語を使うの使わないので、何度か殴りあった気がする)

(花音と過ごすようになってから会わなくなっていた)

「あんたら、まだ退学してなかったの?」

不良女生徒A「てめえ」

27 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:05:04 Kow 27/35

ーーーー

女生徒A「ねえ、校舎裏でケンカらしいよ」

女生徒B「うん聞いた、二体一で凄いことになってるとか」

花音「......!」

ーーーー

28 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:05:56 Kow 28/35


......

(......)

(...全身が痛い)

(やっぱりブランクが大きかったな)

(目に血が入ってくる、顔が切れてるかも...)

(...仕方ないか、不良たちが独占してた場所を、荒らしたんだし)

(......)

(......?)

(あの時...)

29 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:06:50 Kow 29/35

(この場所で、花音があいつらにいじめられて、た...?)

(バカじゃないの、私...。花音みたいな子を、わざわざ呼び出してまでいじめるわけない...)

(不良が何人か倒れてて)

(花音は泣いていて...)

(......そうだ)



(リンチを受けていたのは、私...)

30 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:07:44 Kow 30/35

(あの時はぎりぎりで勝てたけど、血まみれで...)

(花音は泣いていて...)

(私は、学校が退屈で)

(世の中に、飽きていて)

(わずらわしい人間関係から、遠ざかって)

(何も考えず、覚えようとせず)

(ただひたすらに、一人だった...)

31 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:09:18 Kow 31/35

(そんな私のために、泣いてくれたのが...)

(生返事だけの私に、ずっと話しかけてくれたのが...)

「花音...」

「>~ゞ£!!」

「......!」

「∃ゑ>¢≧!!」

(大粒の涙が、私の顔に落ちる)

(私はゆっくりと起き上がって、ぐしゃぐしゃに泣いている花音を見つめる)

32 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:10:31 Kow 32/35

「花音...泣かないで」

(そうだ、今なら分かる)

(花音も、自分の言葉が聞き取りにくいことはわかってた)

(だから行為で私を愛した)

(花音の行為の全てが、私への言葉)

(ではキスとは?)

(それは、考えるまでもない)

「......」

花音「...!」

花音「......」

(そう、花音にとっての)


(「愛してる」)



(おしまい)

33 : 名無しさ... - 2016/12/18 06:12:25 Kow 33/35

以上です、元ネタは
http://i.imgur.com/orOJ5Sq.png

http://i.imgur.com/NKC7qYE.png

http://i.imgur.com/6vhNyZV.jpg

35 : 名無しさ... - 2016/12/18 21:33:13 ybn 34/35

>>33
この続きは?

38 : 名無しさ... - 2016/12/19 00:39:13 2rw 35/35

>>35この3ページだけで続きはない

記事をツイートする 記事をはてブする