1 : 名無しさ... - 2018/09/08 19:05:16 k3a 1/67

安価がしたくてきますた


女博士「はっはっは!」

人形「...」

女博士「ふふ、つまらない人形だ。当然だがな」

女博士「この人形は、オスの人間の素体と、プレーンな精神で作り上げた魔法人形」

女博士「そして私の持つリモコンでこいつを操れる」

女博士「命令は下せないが、肉体の変化と精神の変化が可能だ」

女博士「まずは身長をいじってやろう。ぬはは!」

元スレ
【安価】女博士と魔法人形
http://engawa.open2ch.net/test/read.cgi/mitemite/1536401114/

2 : 名無しさ... - 2018/09/08 19:30:34 0O0 2/67

安価下ならばちっこいショタで

3 : 名無しさ... - 2018/09/08 19:32:47 k3a 3/67

女博士「そうだな...ちっこいショタぐらいでいいだろう」

人形「...」ギュンギュン

女博士「うむ...落ち着く」(身長150cm)

女博士「どいつもこいつも見下しおって」

4 : 名無しさ... - 2018/09/08 19:45:35 dtw 4/67

期待

5 : 名無しさ... - 2018/09/08 20:33:04 ipg 5/67

精神の変化の安価待ち?
一応安価なら気弱でオドオドした性格で

6 : 名無しさ... - 2018/09/08 22:41:24 k3a 6/67

何故か書き込めない
精神安価は上の方がしてくださっていたので、それにします


女博士「性格は決まった」

女博士「次に喋り方を決めよう」

女博士「そうだね...>>7がいい」

7 : 名無しさ... - 2018/09/08 22:42:32 vdN 7/67

関西弁

10 : 名無しさ... - 2018/09/08 22:50:12 k3a 8/67

人形「...」

女博士「人形クン?」

人形「...あ、はい。ご主人様、どうしたん?」

女博士「~~~~~~~~~っ!」

女博士「かわいい!」

人形「そ、そんなん言われたら...照れますわ///」

女博士「あぁ、最高だね。ふふふ」

11 : 名無しさ... - 2018/09/08 22:57:39 k3a 9/67

女博士「これから私が色んな事を教えて、色んな事をさせてあげるからね」

人形「ぁ、ありがとなー...///」

女博士「と言っても既に君には最低限の知識と、普通の自立思考ユニットを積んである」

女博士「つまり...何かやりたい事はあるかな?」

人形「...>>12と>>13がしたい」

12 : 名無しさ... - 2018/09/08 23:00:46 NyH 10/67

子孫繁栄

13 : 名無しさ... - 2018/09/08 23:01:04 Y85 11/67

料理

15 : 名無しさ... - 2018/09/09 19:53:12 2Zu 12/67

人形「子孫繁栄と料理がしたい」

女博士「子孫繁栄!?」

人形「それがヒトにとってしたい事です」

女博士「...そういう事はね、愛し合う人とするものだよ」

人形「せやったか...」

女博士「でも子孫を残すことは可能だよ」

女博士「素体は人間だから、性機能も搭載されてるよ」

女博士「ただ、純粋な人間になるから思考ユニットを積んだりはできないね」

人形「そうなんか...」

16 : 名無しさ... - 2018/09/09 20:01:02 2Zu 13/67

人形「じゃあ料理はできるんか?」

女博士「口開けて」

人形「へ、変なもん放り込んだりせんよな?」

女博士「うん。ケチャップを入れます」

人形「うぐっ」

女博士「卵とご飯を入れます」

人形「うごぉっ」


...め、めっちゃヤバい。異物感が、ヤバい


女博士「跳ねて」

人形「...吐きそう」ピョーン

人形「チーン!!!」

人形「えっ、えっ?」ゴトォ


人形の下腹部からオムライスが出現する
...この下品な絵面は改善の余地があるかもしれない


女博士「オムライスの完成だ」

人形「...い、いやや...」

17 : 名無しさ... - 2018/09/09 20:06:56 2Zu 14/67

女博士「おや、不服かい?」

人形「排泄物は料理だとは思わんわ」

女博士「そっかあ」

女博士「一般的な料理のデータを入力するしかない」


女博士はリモコンを取りだし、入力を始める


人形「ど、どの料理を教えてくれるんや...?」

女博士「>>18」

18 : 名無しさ... - 2018/09/09 20:12:16 LlZ 15/67

カロリーブロック

21 : 名無しさ... - 2018/09/09 22:19:42 2Zu 16/67

女博士「カロリーブロックだ」

人形「...ソレ、美味しいん?」

女博士「私の事は信用してくれよ」ピッピッピ

人形「ん、受信に多分成功」

人形「...これ料理じゃないやん...」

女博士「満足したか?」

人形(なんかご主人怖いし、これ以上料理の話せんようにしとこ)

人形「ハイ、満足しました」

女博士「はっはっは、そうだろうそうだろう」

22 : 名無しさ... - 2018/09/10 21:16:37 eXS 17/67

人形「これで料理はできました」

人形「...」

人形「できました」

女博士「うむ」

人形「では子孫を」

女博士「っ、だからそれは愛し合う人とだな」

人形「では、愛し合う方法を教えて下さい」

女博士「んー...それは...データや言葉では表し辛いな」

23 : 名無しさ... - 2018/09/10 21:26:27 eXS 18/67

女博士「設定...するのは人として駄目か」

女博士「思考を命令する」

人形「承るで」

女博士「生物学的に...」

女博士「いや、人間的な考え方に基づいて生殖対象に望む特徴を挙げよ」

女博士「分かりやすく言うなら、好みのタイプだ」

人形「...思考終了」

人形「ボクの好みのタイプは...>>24や>>25や」

24 : 名無しさ... - 2018/09/10 21:28:26 OTm 19/67

心優しい性格の人

25 : 名無しさ... - 2018/09/10 21:31:25 RuJ 20/67

頭が良い

27 : 名無しさ... - 2018/09/10 21:55:18 eXS 21/67

人形「ボクの好みのタイプは...心優しい性格の人や頭が良い人や」

女博士「ふ、ふーん」

女博士(落ち着け私!こいつの好みに私が含まれてても只の偶然!)

女博士(そもそもこんなちんちくりんが好きになる訳...)

人形「ご主人様、どうかしたんか?」

女博士「...なんでもないぞ」

人形「そか」

28 : 名無しさ... - 2018/09/10 22:00:24 eXS 22/67

人形「ご主人様」

女博士「何?」

人形「本を読んで学びたいです」

女博士「それなら君の機能の一つにライブラリーアクセスがある」

女博士「様々な本の情報を纏めた電脳図書館だ。利用は自由」

女博士「『読む』事も自分に『情報を加える』事もできる」

人形「へぇ...ありがとなー」

29 : 名無しさ... - 2018/09/11 20:07:36 5J3 23/67

人形が学び始めた
それと同時辺りを再び静寂が覆う

静寂が嫌いだから、寂しいから人形を作ったはずなのに
静寂が鳴り響く

だが。
今人形が何を考え、何のために、何を学んでいるのか
そう考えると、この静寂も悪くはないだろう

30 : 名無しさ... - 2018/09/11 22:21:45 5J3 24/67

暫くすると、人形はライブラリーを使い終わったようだ


女博士「お疲れ様。目当ての情報はあったかい?」

人形「おかげさまやでー」

人形「そういえば、面白い催眠術を見つけたんよ」

女博士「実験台か?」

女博士(あまり実験台になるのは好きではないけど)

人形「だ、だめ...なんか?」オドオド

女博士「っ...、いいよ!かけてみて催眠術」

31 : 名無しさ... - 2018/09/11 22:31:53 5J3 25/67

人形「では、リラックスして下さい」

女博士「んー」


疲れていたからか、思ったよりリラックスできる


人形「あなたは催眠状態になる。意識は混濁し、ボクの声だけが響く」

女博士「...はい」

人形「あなたはボクの質問に対して返答しなくてはならない」

女博士「はい」

人形「では問います。『あなたの好みのタイプはなんですか?』」

人形(こうすれば、リスクを冒さずに聞ける)

女博士「...>>32とか、>>33」

32 : 名無しさ... - 2018/09/11 22:35:00 NQ7 26/67

母性本能をくすぐる人

33 : 名無しさ... - 2018/09/11 22:38:29 Zaw 27/67

思いっきり甘えてきてくれる人

34 : 名無しさ... - 2018/09/12 22:26:28 F7z 28/67

女博士「母性本能をくすぐる人とか、思いっきり甘えてきてくれる人」

人形「なるほど」

人形「催眠を解きますが、あなたはなにも覚えていません」

女博士「はい」


女博士「...は!」

人形「お目覚めやな」

女博士「私に何かした?」

人形「いえ、リラックスできるように催眠をかけてただけやで」

女博士「ふーん...ま、スッキリできたしいいか」

人形(今日からボクはご主人様の好みに適合するのを目標とする)

35 : 名無しさ... - 2018/09/12 22:36:27 F7z 29/67

人形(母性本能をくすぐる人になるためにはどうしたら良いんだろう?)

人形(そもそも思いっきり甘えてきてくれる人とある)

人形(コレを上手くやれればいいのでは)

人形(どうやって甘えようか)

37 : 名無しさ... - 2018/09/13 18:19:17 XzH 30/67

甘え方ならドジする

38 : 名無しさ... - 2018/09/13 22:42:28 RaA 31/67

>>37が安価してくれた(するつもりだった)ので、それを採用します


人形(ドジってみよう)

女博士「...ふー」パタン


女博士は趣味の読書を終え、一息つく
そこで、人形は行動に出る


人形「ご主人様、休息にお茶でも如何?」

女博士「じゃ、貰おうかな」

人形「ハイ、只今入れてくるで」

39 : 名無しさ... - 2018/09/13 22:47:51 RaA 32/67

人形は紅茶を淹れ、女博士の元へ持っていこうとする
そして___


人形「わわっ!」ズコォ


当然、紅茶は全てこぼされてしまう
カップも無残に割れてしまった


女博士「あちゃー...私が掃除しておくから、休んでて」

人形「スミマセン...」

40 : 名無しさ... - 2018/09/14 22:40:46 lrD 33/67

~暫くして~


女博士「掃除終わりっ!」

人形「あの...」

女博士「ん?」

人形「すみませんでした...こんな事になってしまって」

女博士「いやいや、別にその」

人形「こんな取り柄のない人形、とっとと破壊して下さい...」

女博士「そんな!だめだよ、私には出来ない」

女博士「それに、人形クンには取り柄があるよ」

女博士「さっきだって、私の為に行動してくれたんだ、そうでしょ?」

41 : 名無しさ... - 2018/09/16 22:27:41 m48 34/67

人形「う、うぅ...」

人形「信じちゃいますよ...そんな事言われたら」

女博士「そうして貰わないと困るからね」

人形「うえーん!!」ガシィ


人形は泣きながら女博士に抱きついた
女博士も抱き返す

___全て人形の計画通りであるとは知らずに

42 : 名無しさ... - 2018/09/17 23:00:13 qiT 35/67

女博士「もういい時間だし、寝るとしよう」

人形「睡眠、か」

女博士「脳ミソの運転モードを切り換えるだけだぞ」

人形「そうなんか?」

女博士「大した事ではない...おっと、不眠症なんて人もいるがな」

人形「おやすみなさーい」

女博士「...あぁ、おやすみ」

43 : 名無しさ... - 2018/09/18 21:51:04 okl 36/67

~翌日~

女博士「んー...今何時?」

人形「午前十時三十分や」

女博士「まだ寝れるね」

人形「寝すぎはあかんで」

女博士「しょーがないな」

44 : 名無しさ... - 2018/09/19 19:22:43 2xR 37/67

その時、耳をつんざく轟音が鳴り響く
セキュリティ機能に何かあったらしい

「侵入者が現れました!侵入者が現れました!」


女博士「侵入者ぁ!?」

人形「どうすんのこれ」

女博士「セキュリティが守り切れなかったら詰みだよ」

人形「つまり既に詰んでるんか」

女博士「悪い奴じゃ無いことを祈ろう」

45 : 名無しさ... - 2018/09/19 22:34:32 2xR 38/67

悪魔「はろー!!」

女博士「あ...悪魔!?」

悪魔「その通り、私は悪魔だよ」

女博士「何の目的があってここに?」

悪魔「私の力で、生き物の不変的な性質に変化を与える為に来たよ!」

46 : 名無しさ... - 2018/09/21 23:55:28 94g 39/67

女博士「つまり、ありえない変化が起こるってこと!?」

悪魔「そんなところさね」

悪魔「という訳で食らえ!」


悪魔は指先から光線を発射する
女博士は運動不足であるため回避できない




何故か連続で書き込めないので
女博士の変化を>>47にします

47 : 【49】 - 2018/09/21 23:57:46 Xqr 40/67

身体がボキュボンのお姉さんになって精神も成長する

無理なら体だけ

48 : 名無しさ... - 2018/09/22 23:16:46 9CX 41/67

女博士「く...」

人形「ご主人!?」

女博士「なんともない...のか?」


しかし、その体は成長していた
胸部は豊満になり
腹部にはくびれが出来
尻もまた豊満になった
何より身長が伸びたのだ


人形「いや、成長してますやん」

女博士「...あ、ほんとだ」

悪魔「...気に入らない」

悪魔「もっと醜くなってもらおうかしら」

人形「そうはさせない!」

49 : 名無しさ... - 2018/09/23 09:29:39 Fzd 42/67

悪魔「食らえ!もう一度!」

人形「ボクが守る!」


人形が身を挺して女博士を守った
そのため、光線は人形に命中した


人形「ぐっ!」

悪魔「はっはっは!さあ変容しろ!」

人形「く...ふぅ」


人形は何一つとして変化しなかった
なぜなら魔法人形だからであり、何も確定されていないからである
未熟な人形だからこそ、攻撃を防ぐ事が出来たのだ


人形「ご主人!攻撃命令を!」

50 : 名無しさ... - 2018/09/23 09:58:40 Fzd 43/67

女博士「反撃しろ!人形クン!」

女博士「亜空カッター!」

人形「なんやソレ!?」ビシューン

悪魔「お前が聞くなって!?」


悪魔は人形から放たれた半月型の光を翼に受ける
光が通過した点は消滅し、翼は切り落とされる

51 : 名無しさ... - 2018/09/23 23:21:04 Fzd 44/67

悪魔「まずい、翼が...!」

女博士「ま、悪いようにはしないよ、こんな体にしてくれたんだからね」

悪魔「信用できるか!テレポーテーション!」


悪魔は瞬間移動で逃げていった
一体どこに逃げたのだろうか?


人形「朝の運動にはアリやな」

人形「しかしご主人様、その体のままでもええんか?」

女博士「当たり前よ!」

52 : 名無しさ... - 2018/09/25 23:02:22 F4i 45/67

女博士「なんだか楽しくなってきた!」

女博士「さっそく開発するぞー!」

人形「何を?」

女博士「次元をいじったり出来るようなやつ」

女博士「とても限定的にね」

人形「ほーん」

53 : 名無しさ... - 2018/09/26 22:53:48 tnx 46/67

それからご主人様は一心不乱に開発を始めた
たまに声をかけて休憩を入れてあげようかなとも思ったけど
集中力が凄まじくて、声をかける方が失礼だと直感的に分かる

なので、特にやることもなく
台所の棚からやたらパリパリするお菓子を取り出して食べている
煎餅やら硬いチョコやら海苔やらがいっぱいだ

そして日が暮れはじめた頃


女博士「完成した!」

人形「おめでと」

54 : 名無しさ... - 2018/09/27 22:02:54 o7D 47/67

女博士「これはな、異世界の私を呼び出すゲートだ!」


ゲートなどと言ってはいるが、普通の木製のドアである
本当に動くのか?


人形「ソレ動くん?」

女博士「それを実験しようという訳だ」

女博士「ごちゃっとした色々はドアの中に詰め込んだ」

女博士「ノックの回数と間隔でつながる異世界が変わる」

人形「でもどの世界でも(生きているなら)ご主人様は存在するんやろ?」

女博士「そうだが」

人形「ちゅー事は、どっちかというと世界線と解釈した方がエエんとちゃう?」

女博士「うーむ...確かにそうかも知れない...」

女博士「とにかくノックしてみよう」コンコン





例のごとく1レスで安価まで取ります
>>55...ドアから出てきたもの

55 : 【4】 - 2018/09/27 22:04:28 0gj 48/67

どっかで見たような気がするドレスを着た姫様(別世界の女博士)

56 : 名無しさ... - 2018/09/27 22:19:15 o7D 49/67

姫博士「はーい」

人形「...本当にドアから出てきた」

女博士「実験は成功だ!」

姫博士「よく分からないけど、おめでとう?」

女博士「あなたは私で私はあなただよ!」

人形「しかし、どっかで見たような姫だなぁー...」

女博士「あなたのビッグデータは優秀だからそんなもんよ」

57 : 名無しさ... - 2018/09/28 23:15:54 pps 50/67

そのあと、なんやかんやして姫博士には帰って貰った


女博士「さて、次の研究をしようか」

人形「ご主人様、資金と資材が不足してるで」

女博士「Oh...」

女博士「いや、まて」

女博士「さぁ考えろ人形クン。君の思考で導き出せ」

女博士「最もうまく金を稼ぐ方法を!」

人形「承知!」



>>58うまくお金を稼ぐ方法

58 : 【53】 - 2018/09/28 23:19:08 40R 51/67

発明品を作って売ればいいんでね?
さっきの発明も改良すれば高値で売れそうやで

59 : 名無しさ... - 2018/09/29 22:08:42 7Lk 52/67

人形「発明品を作って売ればいいんでね?」

女博士「やはりそれが一番か」

人形「さっきの発明も改良すれば高値で売れそうやで」

女博士「確かにねぇ」

女博士「じゃあ改良型人形クンを作ろう!」

人形「待ちぃや」

女博士「何?」

人形「いや、その、資金かかるやん」

女博士「それもそうかな」

60 : 名無しさ... - 2018/09/29 22:47:38 7Lk 53/67

女博士「...いや、あれは開発、研究の為の資金が大半」

女博士「だから意外と安くいけるね」

人形「や、待ちぃや」

女博士「何が嫌なの?」

人形「うぅん、嫌って訳じゃないのやけども」

人形「もしかしたら嫌なのかもしれないけど、なんか駄目な気がするんや」

女博士「そう?ならいいや、最初からそう言ってよねぇ」

61 : 名無しさ... - 2018/09/30 07:31:14 I4W 54/67

女博士「じゃあさっきのドアを作り直そう」

女博士「そうだね、どんなドアにしようか」

人形「訪ねて来るのではなく、自分から訪問したいわ」

女博士「何が違うの?」

人形「相手がやばい奴でもドアから逃げるだけで元通り」

人形「ご主人様の場合、相手がお姫様だからよかったけど」

人形「もしテロ犯みたいな奴だったら危なかったで」

女博士「あぁーー...成る程」

62 : 名無しさ... - 2018/09/30 23:03:37 I4W 55/67

女博士「じゃあ早速宣伝しよう」

人形「え?完成してないですよね?」

女博士「すぐできるから問題ないよ」

女博士「とりあえずダメ元で超大手企業にでも電話してみるか」ピポパ

女博士「もしもし?」

63 : 名無しさ... - 2018/09/30 23:14:31 I4W 56/67

女博士「えっ、はぁ...」

女博士「はい...」

女博士「っ!本当ですか!」

女博士「はい!では!」

人形「どしたん博士」

女博士「偶然...なんでか分からないけど社長が電話にでたの」

女博士「本人曰く、「暇でやることなかったんだよねぇー...」って」

女博士「そしたら、私の発明をウチで独占販売させてくれないかって」

人形「おお!」

女博士「明日実際に見に来てくれるって!」

人形「やったなぁ!」

64 : 名無しさ... - 2018/09/30 23:21:05 I4W 57/67

女博士「明日に備えて今日は早く寝るぞ!」

人形「うん!」

女博士「おやすみなさーい」

人形「なさーい」

65 : 名無しさ... - 2018/09/30 23:44:33 I4W 58/67

夜も深まり、静けさが染み入る
実に静かだ...
...なんか変な音しないか?


人形「...どこからやろ」


研究所の中を歩き回り、その音の発信源を探す
そして今はあまり使われていない方の浴室の前に来たとき、自分の考えを改めた
発信源ではなかった。『発声源』だったのだ

そこには床から上半身だけ出した状態で昨日...いや、日付が変わって一昨日か
その一昨日の悪魔がいた


悪魔「うぇぇん...」

人形「なんでここにおるんや」

67 : 名無しさ... - 2018/10/01 20:05:42 ac3 59/67

悪魔「翼切られたから魔力が上手くコントロールできずに埋まっちゃったの」

人形「ご主人様に害を為す悪魔はソコで餓死でもしててな」

悪魔「そんな」

68 : 名無しさ... - 2018/10/01 20:54:47 ac3 60/67

悪魔「国に帰らないと親が悲しむの!」

人形「悪魔が悲しむ訳あるかい。よりにもよって自分以外の事でな」

人形「それとも、ひどい目に遭いたいんか?」

人形「あのカッターよりももっとエグいもん持っとるでぇ...?」

悪魔「うぅ...謝るから許してよぉ...」

人形「うーん」

人形「しゃーない、とりあえずそっから引っ張り出してやるわ」


人形は悪魔を掴み、無理やり引っこ抜く


悪魔「あ、ありがとう...」

69 : 名無しさ... - 2018/10/01 21:07:44 ac3 61/67

人形「魔力をキミにやるで」

悪魔「え!?魔力持ってんの!?」

人形「素体の品質が良かったんやねぇ」ポワ

悪魔「...これ程の魔力があれば、翼が無くても帰れる」

悪魔「ありがとう。また会う日までね」ピシュン


悪魔は消え去った
奴を殺しても、こうしても、結果は変わらない
なら、角を立てない方が良いだろう

70 : 名無しさ... - 2018/10/01 21:44:36 ac3 62/67

~翌日~

女博士「そろそろ社長が来る頃だ...」

社長「おっすおっす!」


社長に後ろを取られた
なんで後ろを取るんだ?
そしてどうやって取った?


人形「この人、やばくない?」

社長「やばくないぞ」

女博士「...じゃあ、こちらのドアが私の商品です」

社長「ほう、これが...」

女博士「ノックをしてドアに入ると別の世界線の自分に会えます」


そう言うと女博士は昨日と同じ回数ノックをした
そしてドアを開け、社長に見せる
そこにはやはり昨日の姫博士が居た


社長「ほぇー...」

女博士「どうです?」






>>71...社長の感想

71 : 【87】 - 2018/10/01 21:49:07 gPc 63/67

中々いいが、これだけの技術があるならどうせならど〇でもド〇を作ってみないかい?
製造数を抑えて、一部の金持ちに売ればかなりの利益になると思うがね

73 : 【10】 - 2018/10/01 21:52:04 gPc 64/67

念のために補足。
製造数を抑えるのは移動機関の配慮のため
一般的に発売したら現実的にそういうのが問題になるから

74 : 名無しさ... - 2018/10/01 22:02:37 ac3 65/67

社長「確かに、中々いいもんだが...」

女博士「?」

社長「これだけの技術があるならど○でもド○を作ってみないかい?」

社長「一部の金持ちに売ればかなりの利益になると思うがね」

女博士「一部の?」

社長「製造数を押さえないと交通機関が迷惑するんだ。世界的な問題にもなる」

社長「俺の友達にも交通機関に勤めてる奴がいてな...」

75 : 名無しさ... - 2018/10/01 22:09:42 ac3 66/67

女博士「確かに魅力的ですが...」

女博士「資金が足りません」

女博士「元々資金獲得の為に売り出しをしようとしたので」

社長「...じゃあ、金があれば出来るんだな?」

女博士「え、えぇ、まぁ」

社長「ならお前は今日からウチの開発部門に配属だ!」

人形「おぉ!良かったやん!」

女博士「うん!やったね!」

76 : 名無しさ... - 2018/10/01 22:22:03 ac3 67/67

そしてその後、女博士は人形を助手として人形と一緒に入社
地道な研究が功を奏し、ど○でもド○の製造に成功した

そして、それらは正当に評価され、女博士は知る人ぞ知る博士になった
それからは一会社員として真面目に働___

けなかったので、彼女はこれからも多くの難題やトラブル
そして出会いを経験するが、それはまた別のお話



END

記事をツイートする 記事をはてブする