1 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:40:53.48 v+qOhYE90 1/70


人里離れた山奥──


「会社をリストラされ、女房に愛想を尽かされ──」

「夢はついえ、残るのは悪夢ばかり……」

「生きる気力もなくなった……」

「せめて、この故郷の山で死のう」


枝にかかったロープの輪に、首を通そうとする。


幼女「だめよ、おじちゃん!」

「!?」

幼女「だめだよ!」

(な、なんだこの子は……)



元スレ
男「死なせてくれ」 幼女「あたしもしぬ」
http://engawa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1324734053/

3 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:42:53.76 v+qOhYE90 2/70


「君はこんなところで、何をしてるんだい?」

幼女「あたし、いつもこの山であそぶの」

(くそっ、けっこう奥深くまで入ったつもりだったが……まさか子供とは)

「おじちゃんはね、これから大事な用があるんだ。だから、向こうに──」

幼女「しぬ気でしょ?」

「!」

幼女「だめだよ、しんじゃ」

幼女「しんじゃったら、おわりじゃない」

「おじさんはね、疲れちゃったんだ。生きるのにね」


4 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:44:21.67 v+qOhYE90 3/70


幼女「だめだめだめだめだめ!」

幼女「ぜ~~ったいダメ!」

(なんてデカイ声だ……! 大人が来るとまずいな)

「頼むよ、死なせてくれ。おじさんのことを思うなら」

幼女「どうしても、しぬつもり?」

「ああ」

幼女「じゃあ、あたしもしぬ」

「!?」


5 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:45:54.67 v+qOhYE90 4/70


(どういうつもりだ!?)

「君は死ぬ必要はないだろう。見たところ、楽しそうだ」

幼女「え~……でもじさつをとめられなかったから、むねがくるしい」

幼女「だから、いっしょにしにます」

「た、頼むから……ほっといてくれよ!」

「せめて死ぬ時はだれにも迷惑かけずに、ほっとかれて死にたいんだ」

「君みたいな子供を巻きぞえにしたら、あの世でも苦しみそうだ」

幼女「──そう」

幼女「そこまでいうのなら」

(気配が変わった……!)


8 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:48:19.12 v+qOhYE90 5/70


幼女「おじちゃんには、しんでもらうしかないね」ザッ

(あの構え──まさか仏滅拳!?)


<仏滅拳(ブツメツケン)>

いしにえの時代より伝わる、半ば伝説化した拳法。
予測不能の軌道を描く拳に、釈迦すらも恐れを抱いたという──


「どうやら、子供だからといって手加減をしていては──」

「おじさんの命が危ういようだ!」ス…

幼女(このおじちゃん……。さいやくけん、のつかい手!?)


<災厄拳(サイヤクケン)>

開祖は妖怪変化ともいわれる暗殺拳。
時の権力者の中には、この拳で命を絶たれた者も多い──


9 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:49:33.09 v+qOhYE90 6/70


幼女「いくよ、おじちゃん!」

「来い!」

幼女「えいっ!」回し蹴り。

(おいおいこの子、パンツ黒かよ!?)

「!?」


ゴッ!

回し蹴りから変化したカカト落としが、男の肩にめり込む。


(つっ、右肩が……)

幼女「まだまだぁっ!」


12 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:50:27.37 v+qOhYE90 7/70


男は幼女の拳をかろうじてとらえ、上空に投げた。


幼女「あわわっ!」スタッ


なんとか着地。


(ほう、いい身のこなしだ)

「今度はこっちから攻めるぞ!」


眼球、頸動脈、心臓、股間。

迷いなく急所を的確に狙う突きの嵐は、まさに災厄。


幼女「わっ、あぶっ、わっ!」

「(体勢が崩れた!)もらった!」


13 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:51:30.12 v+qOhYE90 8/70


男の突きは、寸止めだった。


「チェックメイト」

「……ふぅ、だいぶ腕を上げたな」

幼女「えへへ、すごいでしょ!」

「だが、防御がお粗末すぎる。あれじゃ一流どころには勝てん」

幼女「ごめんなさい……」

(攻撃力は満点だがな。ヘタすると右肩、ヒビ入ってるかも……)

「一年前、老師に二人そろって破門されて以来だな」

幼女「なつかしいねぇ」


19 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:53:31.20 v+qOhYE90 9/70


「老師……お元気だろうか?」

幼女「もういないよ」

「いない……!?」

幼女「うんっ♪」

「亡くなられたってことか!?」

幼女「うんっ♪」

「な、なぜ!? ご病気かなにかか!?」

幼女「ううん」

「──ということは、まさか!」


21 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:54:50.65 v+qOhYE90 10/70


「犯人は、君か!」

幼女「うふふ。しょーこもないのに、いいがかりやめてよね」

「証拠なら、あるよ」

幼女「なんですって?」

「あの日、老師はぐっすり眠っていた」

「おまえは寝ている老師に近づき、凶器でガツンと殴った!」

幼女「きょーき? きょーきってなんですかー」

「これだよ」


ガサッ

男はカバンから、血痕がついた広辞苑を出した。


22 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:56:20.10 v+qOhYE90 11/70


幼女「な、なんでそれを……」

「老師を殺した君は、あろうことか凶器である広辞苑を──」

「ブックオフに売った!」

幼女「!」

「凶器は処分できる。金も手に入る。一石二鳥の作戦のつもりだったんだろうが──」

「それがかえって君の首を絞めることとなった」

幼女「ど、どういうことよっ!」

「店員はちゃんと覚えていたよ。血まみれの広辞苑を売りにきた君をね!」

幼女(しまったーっ!)


26 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:58:08.52 v+qOhYE90 12/70


「店員の証言と、おそらくは老師の血と君の指紋だらけの広辞苑」

「これでもまだシラを切るつもりか?」

幼女「うぅ……」

幼女「うっ、く」

幼女「うわぁ~~ん!」


事件の取り返しのつかなさを象徴するような、冷たい風が吹く。


(弟子が師を殺すとは……なんという悲しい事件だ……)

幼女「ごめんなさい……自しゅします」

「いや、君を警察に突き出すつもりはない」

幼女「えっ?」


30 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 22:59:25.92 v+qOhYE90 13/70


「おじさんは、君を買っているんだよ」

幼女「どーいうこと?」

「老師ほどの達人を殺害した君と、それを暴いたおじさんの頭脳」

「二つがあれば、怖いものなしだ」

「極端な話、日本を牛耳ることも可能……!」

幼女「うーん、おじちゃん。それはどうかしらね」

「どういうことだ?」

幼女「さすがのあたしも、自えいたいにはかてないわ」

幼女「うまくいったとしても、すぐクーデターされるのがオチよ」

幼女「きじょうの空ろんだわ」


32 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:01:01.23 v+qOhYE90 14/70


男が幼女の首に手をかける。


「なんだとぉー! おじさんをバカにするな!」グググ…

幼女「や、やめ……く、くるし……!」

「いっつも無能どもはそうやって!」

「もっともらしい逃げ口上を並べ!」

「挑戦から遠ざかる!」

幼女「うぅぅ……」

「おじさんを学会から追放した奴らもそうだった!」

「空想だ、机上の空論だ、とおじさんの研究を認めなかった!」

幼女「ぅ、うげ……」

「ちっ、つい力が入っちまった」


35 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:02:37.00 v+qOhYE90 15/70


幼女「はぁ、はぁ、くるしかった……」

「だが、ついにおじさんの研究は完成した──」

幼女「え?」

「人型殺戮兵器(ヒューマンウェポン)の第一号、が君なのさ」

幼女「うそでしょ……」

「本当だとも。実はね、君の両親は両親でもなんでもない」

「おじさんの部下なんだよ」

幼女「うそよ……」

幼女「うそよォッ!」

「嘘じゃないよ~! だってゼロから作られた君に親なんていないんだから!」

幼女「あああ~~~~~っ!」

「ハッハッハ……!」


36 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:03:17.84 v+qOhYE90 16/70


幼女「──なら、おじちゃん!」

「!」

幼女「あたしが、ひゅーまんなんちゃらの一ごうなら……」

幼女「おじちゃんが、あたしのぎせいしゃ、だい一ごうよ!」

「なっ──よ、よせっ!」


幼女は怪力で、男を顔面から地面に叩きつけた。

ドゴッ!


「ゴボォッ!」

幼女「どう、おじちゃん、いたい? あたしの心はもっと、いたいけどね!」

「く、くく……」

「すばらしい……すばらしいよ」


38 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:04:54.24 v+qOhYE90 17/70


「すばらしい味だ!」ガツガツ


男は土をむさぼり始めた。


幼女「ど、どうしたの? おじちゃん」

「いいから君も食べてみろ!」

幼女「うっ……こ、これは!」


二人は号泣した。


「うまい、うますぎる! 土を掘る手が止まらない!」

幼女「これまでたべたどんなごはんよりも、おいしいわ!」

「大地に含まれる“歴史”がそのまま“味”となったような、なんと濃厚な!」

幼女「ああ、もうあたし、ほかのものたべられないかも……」


40 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:05:59.49 v+qOhYE90 18/70


二人はたらふく土を食べた。


「ふぅ~食った食った。胃がはち切れそうだ」

幼女「ごちそうさま~♪」

「腹ごなしに、少し走るか」

幼女「うんっ」


タッタッタッ


(速い…まったく息切れせずついてくる)

「なぁ、君」

幼女「ん?」


42 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:06:39.95 v+qOhYE90 19/70


「おじさんと、オリンピックを目指さないか!?」

幼女「えぇっ!?」

「君ほどの素質があれば、今から練習すれば──」

「近い将来、陸上界の女王に君臨できると断言する!」

「どうだ!?」

幼女「うぅ~ん」

幼女「あたし、みんなともあそびたいし……」

「もちろん遊ぶ時間くらい作るさ!」

幼女「じゃあ、ねえ」

「ん?」

幼女「ゲームをしない?」

幼女「おじちゃんがかったら、オリンピックめざしてあげてもいいよ」


43 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:07:48.93 v+qOhYE90 20/70


「ゲーム?」

幼女「ルールはかんたん」サッ

幼女「ここに0~9までのカードがあるわ」

幼女「これを、あたしはうらにして、いちまいずつ出す」

幼女「おじちゃんはそのかずを、あてるのよ」

幼女「5かいのチャンスのうち、いちどでもあてたら、おじちゃんのかち」

(ふん、心理戦には自信がある)

「いいだろう……!」


サッ

幼女が一枚目を裏にして出す。


44 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:08:58.12 v+qOhYE90 21/70


(こういう時、心理として最も小さい0と、最も大きい9は出しにくい…)

(──と見せかけて平然と0や9を出すのがこの子の恐ろしいところだ)

(この子の博才は計り知れない。彼女の父親がそうだったように──)

幼女「うふふ、まよってるわねぇ。おじちゃん♪」

幼女「ヒントをあげるわ。かこまれたぶぶんがあるすう字よ」

(囲まれた部分!?)

(つまり、0、4、6、8、9のいずれか!)

(ま、待て! 敵のヒントなどに頼ってどうする!)

(くそっ、どんどん頭が混乱してきた!)

(思考のドツボにハマったらバクチはオシマイだ!)

(読め! あの子の心理を!)


45 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:10:06.54 v+qOhYE90 22/70


(この子はまちがいなく危険を楽しむタイプ!)

(つまり、ヒントは正しい!)

(なおかつ──初手で常人は出しにくい0か9を出す可能性が高い!)

(ならば、0か9か──どっち!?)

(0と9、どちらが数字として特別かと問われたら、やはり0だろう)

(出す……この子は最初のターンで0を!)

幼女「まぁ~だぁ~?」

「決まったよ……0だ!」ニヤリ


オープン!


幼女「7でした~♪」

(ち、ちくしょォォォォ! なんて恐ろしい子だ!)


47 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:11:12.76 v+qOhYE90 23/70


2ターン目開始。

幼女がカードを提出。


(一度使用したカードは使えない。7が消え、今度は確率は1/9だ)

(この子にセオリー通りの心理戦など通用しない!)

(ならば、直感に頼るのみ!)

「数字が決まったよ」

幼女「お、はやいわねぇ。ちゃんとかんがえたの?」

「君相手に“ちゃんと考える”ってのは自滅行為だからね」

幼女「こたえは?」

「4だ!」


幼女がカードをめくる。


49 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:12:40.83 v+qOhYE90 24/70


幼女「ざんねん♪」

(あ、あれは──“戦車ホイホイ”!)


<戦車ホイホイ>

罠カードの一種。
敵陣営の戦車カードを捕えて、破壊する。


ズガァン!


「お、俺のデッキ最強カード、重力戦車(グラビティタンク)がァ~!」


<重力戦車(グラビティタンク)>

最大最強の攻撃力を誇る戦車カード。
しかし“戦車ホイホイ”の前では無力だった。


幼女「さ、どうする?」

「参った……!」


50 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:13:09.91 v+qOhYE90 25/70


「カードバトル世界大会三連覇を達成したおじさんが、まさかこんな子供に……」

幼女「よのなかひろいって、わかったでしょ?」

「フッ、おじさんは、井の中の蛙だったようだ……」

幼女「でもおじさんもつよかったわよ。なんどかヒヤッとしたしね」

(ヒヤッとさせた程度か……完敗だな)

幼女「とにかく、あたしのかちだから、やくそくはまもってもらうね」

「約束……?」

幼女「なんでもいうこときいてくれるって、いったでしょ」

(いったい何をさせられるんだ……!?)


51 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:13:55.09 v+qOhYE90 26/70


幼女「あたしのおともだちを、生きかえらせて!」

「………」

幼女「おねがい!」

「不可能だ。おじさんに命をつかさどる力はない」

幼女「!?」

「あきらめることだ」

幼女「どうして!? おじちゃんはどんなねがいもかなえる、まじん、でしょ!?」

「それは君たち人間が勝手にウワサしたこと」

「いかにおじさんでも、己の分を超えた願いを叶えることはできない」

幼女「ひどいよぅ……。あんなにくろうして、よび出したのに……」

「………」


52 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:15:01.71 v+qOhYE90 27/70


「たしかにおじさんは、友達を生き返らせることはできない」

幼女「うっ……うっ……」

「だが──」

「友の仇を討つことはできる……!」

幼女「!」

「おじさんが手を下してもいいし、君に力を与えてもいい」

幼女「あたしが……ちからを……?」

「復讐という憎しみの連鎖に身を置く覚悟があるのならば──」

「与えよう、修羅となる力を」

幼女「しゅら……」


54 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:15:36.96 v+qOhYE90 28/70


幼女「──わかった、ちからをちょうだい」

「ゆくか、修羅の道を。ならば次の四つから選ぶがよい」

幼女「うん!」


「A.鋼鉄をも蒸発させる灼熱の炎を操る力」

「B.マグマをも凍てつかせる冷気を操る力」

「C.どんな生命をも滅ぼす猛毒を操る力」

「D.いかなる場所にも一瞬で侵入できる瞬間移動の力」


幼女「うぅ~ん……」

幼女「かっこいいのは、ほのお。でも、れい気もすてがたいわねぇ……」

幼女「どくでくるしませるのもアリだし、しゅんかんいどうはべんりだわ」


55 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:16:33.33 v+qOhYE90 29/70


幼女「きまったわ! A、で!」

「ファイナルアンサー?」

幼女「ファイナルアンサー!」


無言で見つめ合う男と幼女。


「………」

幼女「………」

「………」

幼女「………」

「………!」

幼女「………!?」


57 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:17:52.04 v+qOhYE90 30/70


「………」ジロッ

幼女「………!」ビクッ

「………」

幼女「………」

「………」ニコッ

幼女「………」ニヤッ

「………!?」

幼女「………♪」

「───!」

幼女「………?」

「………」

「残っ……念!」


58 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:18:51.46 v+qOhYE90 31/70


幼女「うぅっ……まけた……」

「あっけないな。もう少し楽しませてくれると思ったのに」

幼女「あたしはどうなるの……?」

「敗北者である君は、おじさんによって売られてしまうんだよ」

「売られた後、どうなるかは知らんがね」

「どうせ買うのはロリコン親父さ。せいぜい可愛がってもらうんだな」

幼女(う、うられてたまるもんですか……)

幼女(このおじちゃんの性かくは、だいたい分かったわ)

幼女(あんまりあたまはよくなくて、しったかぶりするタイプ!)

幼女「ねぇ」

「なんだい」

幼女「さっきおじちゃんがいった、ロリコン、ってなんのりゃくかしってる?」

「!」


60 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:20:14.36 v+qOhYE90 32/70


(コイツ、いきなりなにを……?)

(ロリコンって幼女好きって意味で、何かの略とかじゃないだろ?)

(ハッタリだ! この子はハッタリでこの場を逃れようとしている!)

幼女「ねぇ~もしかしてしらないの?」ニヤニヤ

(無邪気の中にとびきりの悪意がこもった笑み!? ハッタリじゃないのか……?)

「も、もちろん知ってるさ!」

幼女「へぇ~じゃあ、こたえてちょうだいよ」

「だ、だから、知ってるって……。わざわざ答える必要すらない」

幼女「しらないんでしょ?」

(ドキッ)

幼女「いみだけだれかにおそわって、つかいたくなっちゃったんでしょ?」

「ち、違う……」


61 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:21:05.97 v+qOhYE90 33/70


幼女「にんげん、しょうじきが一ばんよ」

「ちが……」

幼女(もうすこしだわ)

幼女「きくはいっときのはじ、きかぬはいっしょうのはじ、よ」

「聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥……」

幼女「わからないことがあったら、きけばいいのよ!」

幼女「はずがしがることなんて、ないのよ!」

「あ」ポロッ※

「すいません、知っているフリをしていました!」

「ロリコンって何の略ですか!? おじさんに教えて下さい、お願いします!」


※目から鱗が落ちた音


63 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:22:10.50 v+qOhYE90 34/70


幼女「うんっ、いいよ♪」

「ありがとう……!」

幼女「でも、じょーけんが一つだけあるわ」

「な、なんでもいってくれ!」

幼女「あたしとデートして」

「デート? おじさんと君がかい?」

幼女「うん」

「いやぁ、デートっていっても親子くらい年離れてるし……」

幼女「いいのよ、それで」

「えっ?」

幼女「じつはあたし──こういうものなの」


65 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:23:05.81 v+qOhYE90 35/70


幼女は懐から、手帳を取り出した。


「警視庁特務精鋭捜査官! ま、まさか君のような女の子が……」


<警視庁特務精鋭捜査官>

警視庁のエリート中のエリートだけがなれる役職。
数々の強力な特権を持っている。


幼女「しってたのね」

「存在は知っていたけど、まさか実際に会えるとはね」

幼女「こんど、ちょう大ものはんざいしゃが、ゆうえん地でとり引きするらしいの」

幼女「おじちゃんは、あたしとおやこになってもらうわ」

「なるほど、話が読めてきたよ」


67 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:24:23.42 v+qOhYE90 36/70


「超大物犯罪者とやらを捕えるため、父子を演じ遊園地に潜入するわけだ」

幼女「さっすがぁ~♪」

「しかし、おじさんはしがない一般人。足手まといになるかも……」

幼女「だいじょーぶ。“たいほ”はあたしがやるし」

幼女「でもいちおうおじちゃんにも、ピストルをわたしとくわ」

「ピストル!?」

幼女「あたしらは、みとめたいっぱん人にピストルをわたすことも、きょかされてるの」

(すごいな……)

「しかし持たされても、肝心の腕がなきゃ」

幼女「うん、今からくんれんよ!」

「えぇ!?」


70 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:25:31.74 v+qOhYE90 37/70


男は生まれて初めてピストルを持った。


幼女「あの木をねらってね」

「ああ」


ズキューン!

バキューン!

ドギューン!


幼女「すごぉ~い! おじちゃん、はじめてにしてはじょうできよ」

「木が可哀想だ」


71 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:26:22.04 v+qOhYE90 38/70


幼女「かわいそうって、なにが?」

「木だって生きているんだ。こんなことしたら、可哀想だろう」

幼女「あっはっはー、こっけいねぇ」

幼女「木はなにもいってないのに、かわいそうだなんて」

幼女「いいえ、かりにやめてくれっていっても、木をまもってやるぎむなんてないわ」

幼女「だって、にんげんは、ちきゅうのちょうてんですもの」

幼女「ほかのどうぶつやしょくぶつなんか、すきにしていいのよ」

(この子は……なんて考えをしているんだ!)


74 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:28:08.22 v+qOhYE90 39/70


「人間は、人間だけじゃ生きていけない!」

「産業革命以降の、人間が自然から奪うだけの時代は終わったんだ!」

「これからは人間と自然が共存しなければならないんだ!」

幼女「きょうぞん、ねぇ……。だったら、おじちゃんはげんし人のせーかつができる?」

「なに……?」

幼女「しぜんとのきょうぞん、っていっても」

幼女「しょせん、人がかいてきなせーかつをおくってるぜんていのはなしよ」

「しかし、自然に無理をさせないエネルギーの開発だって進んでいる!」

幼女「ふうりょく? たいようこう? ちねつ? いつになるやら、ね」

「くっ……!」


75 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:29:10.01 v+qOhYE90 40/70


幼女「ま、あたしが一ばんほしいのは、おじちゃんのエネルギーだけどね」ガシッ

「しまった!」


幼女に足首を掴まれた途端、男のエネルギーが幼女に吸い取られ始めた。


幼女「ぜぇ~んぶ、いただいちゃう♪」

(この子の狙いは最初からこれだったのか……!)

幼女「うふふ、パワーがみなぎってきた!」

(ま、まずい! このままでは、エネルギーを全て奪われてしまう!)

「分かっているのか……?」

幼女「なにが?」

「これは立派な窃盗だぞ!」


77 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:30:16.02 v+qOhYE90 41/70


「窃盗罪は、刑法235条」

「10年以下の懲役又は50万円以下の罰金……!」

「子供である君に、こんな大金が払えるかな?」

幼女「アルバイトしてかせぐもん!」

「ふん、子供を雇ってくれるところなど、ほとんどないよ」

幼女「うっ……えぐっ、じゃあどうすれば」

「面接の練習しかない」

幼女「めんせつ……?」

「練習台として、おじさんが面接官をやってあげよう」

幼女「ありがとう、おじちゃん!」


79 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:31:09.24 v+qOhYE90 42/70


「なんでウチに入りたいの?」

幼女「お金がほしいからっ!」

「正直すぎる。もう少しオブラートに包んで」

幼女「かぞくをやしなうためっ!」

「なかなかいいじゃないか」

幼女「ありがとう」

「じゃあ次だ。ウチに入ったら何がしたい?」

幼女「え……っ」

「答えろッ!」


81 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:32:37.65 v+qOhYE90 43/70


幼女「………」

「黙秘か。泣かせるじゃないか」

幼女「………」

「共に革命を目指した仲間は裏切れない、ってとこか?」

幼女「………」

「そんな君に、おじさんから一つ面白い情報を教えよう」

「なぜ、君は捕まったと思う?」

幼女「!」

「おやおや気づいたようだね」

幼女「ぅ……ぅそ……」

「君は売られてしまったんだよぉ、お仲間にね!」


83 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:33:55.82 v+qOhYE90 44/70


幼女「ぃいやぁぁぁっ!」

「とっつかまえて、君の居場所を教えれば自由にしてやる、と持ちかけたら」

「あっさりと吐いてくれたよ!」

「数々の反逆行為も君に命令されて仕方なくやっていた、とまでね!」

幼女「あ、ぁ、ぁ、ぁ、あ……!」

「むろん君を捕えた後、反逆罪で即刻処刑したがね」

幼女「ぁうう……! もうぃやぁ……」

「さてと、ついでにもう一つ冥土の土産に教えてやろうか」


86 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:35:04.68 v+qOhYE90 45/70


幼女「おみやげ……?」

「あぁ、明日から北海道に三日間出張なんだ」

幼女「おまんじゅう!」

(北海道じゃなくても売ってるだろうに……)

「他には?」

幼女「ゆき! まっしろな!」

「雪か……」

(クーラーボックス持っていけば、なんとかなるか)

幼女「ぜったいだよ! そしたら、ね」


87 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:35:51.71 v+qOhYE90 46/70


幼女「いっしょにゆきがっせんしようね、おじちゃん」

(雪合戦!? クーラーボックス程度じゃ、とてもそんな量は無理だ)

(しかもクーラーボックスじゃ凍って固まっちまう)

(雪合戦やるなら、やはりやわらかな新雪じゃないと……)

幼女「どしたの?」

(屋内スキー場とかにある、降雪機──あれいくらくらいするんだろ?)

幼女「おじちゃーん、きいてる?」

(この間、教育テレビでやってた雪の作り方をやってみるか!)

幼女「おじちゃん!」

「はっ! ──ああ、雪に関してはおじさんに任せときな」

幼女「ホント!?」


88 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:36:52.51 v+qOhYE90 47/70


(やれる……)

「コォォォォ……」


<体内造雪法>

人体の70%は水である。
自己催眠で体温を極低温まで下げ、体内で雪を作りだす。
雪が降らない赤道直下の某国で生まれたとされる──


幼女「すごい……! おじちゃんのからだが、こおりついていく!」

(よし、体温は十分下がった。次は体内の水分を雪にする!)

幼女「きゃあっ! すごいさむさ!」

(全身の隅々から水分を抽出……結晶化!)


ズギャァン!


89 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:37:50.68 v+qOhYE90 48/70


(開放ッ!)


男の口から、体内で作られた“雪”が大量に吐き出される。


「オロロロロロロロロロ」

幼女「すっごぉ~い! てじなみたい!」

「ハハハ、手品みたいなもんさ」クラッ

(くっ……あとで水を補給しないと……。脱水症状だ)

幼女「だいじょうぶ? おじちゃん」

「大丈夫さ、さぁ雪合戦をやろう!」

幼女「うん!」


91 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:39:10.37 v+qOhYE90 49/70


幼女「いっくよー♪」


振りかぶる幼女。

ゴヒュッ!


(速いっ! 球速150……いや160km/hは出ている!)


キュ…

男が軌道を読み、バットを振る。


幼女(うふふ、あたしのボールはねぇ)

(変化した!?)

幼女(きゅーそく165km/hをいじし、なおかつボール3こ分のへんかをするの!)


92 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:39:36.57 v+qOhYE90 50/70


(ちぃぃっ! だが、当ててみせるっ!)


カキ──


幼女(あてた!? うそ!)

(なんて重い球……! 流すか? いや引っぱってやる!)


ィィ──


(腕の筋肉が!)ブチブチッ

(かまうものかァ!)


──ン


幼女(うたれたっ!?)


93 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:40:31.70 v+qOhYE90 51/70


白球は空の彼方へと消えた。


幼女「あたしの……まけね」

「うぅっ!」ビキビキ

幼女「おじちゃん!?」

「ちと無理をしすぎた……両腕の筋肉をやっちまったらしい」

幼女「そんな……だめだよぅ」

「もう野球はできないだろうが、おじさんに後悔はないよ」

「最後に君という好敵手と戦えたんだからな……」

幼女「いいえ」

幼女「あたしがなおすわ」

「!?」


94 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:41:24.45 v+qOhYE90 52/70


幼女「手じゅつで、両うでのきんにくをつなぎなおすわ」

「分かった、よろしく頼む」

幼女「ますいは、なしよ」


ザクッ


「!」


グチュ、グチュグチュ… クチュ… メリ…

ザシュッ ブチュ クチュグチュ… ニチャ…


幼女「おわり~♪」

「おおっ、どちらの腕も動く! すばらしい!」


95 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:42:24.75 v+qOhYE90 53/70


「こうしてはいられない。行かなければ」

幼女「だめだよ! まだあんせいにしてないと!」

「行かせてくれ! こうしている間にも、奴らは!」

幼女「だーめっ!」

幼女「どうしてもいくというのなら……」

幼女「あたしを、まずころして」

「………」

「すまなかった、おじさんが勝手だったよ」

幼女「すまなかった……?」


97 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:43:29.00 v+qOhYE90 54/70


幼女「も、う、し、わ、け、ご、ざ、い、ま、せ、ん、でしょ?」

幼女「あと、土下ざしてよ」

(くっ……)

幼女「あたしのクツのうらをなめて、あやまってね」

「い、いくらなんでも──」

幼女「いいの? あたしがパパにいったら、おじちゃんのこーじょーなんて……」

幼女「いっぱつで、ツブれちゃうわよ?」

(うぅ……くっ! くぅぅ~!)

幼女「はやくしてよ」


男は土下座し、屈辱に涙しながら幼女の靴の裏に舌をつける。


「も、申し訳ございませんっ!」ペロペロ


98 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:45:16.30 v+qOhYE90 55/70


幼女「ナメないでよ!」

「ん?」

幼女「こどもだからって……ナメないでよっ!」

「ナメる? 悪いが、君はナメるナメない以前の存在だ」

幼女「なんですって……」

「おじさんは子供に興味はないんだ」

「これ以上、大人の世界に首を突っ込むと……」

「ヤケドじゃ済まないぞ」

幼女「ヤケド……」

「せめて10年経ったらまた来な。相手してやるよ」


100 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:46:04.35 v+qOhYE90 56/70


幼女「──というわけで、10ねんごに行くわ」


幼女と男は、巨大なカプセルの前に立っていた。


「これが……タイムマシン……!」

幼女「ええ、じんるいをすくうカギよ」

「10年後の技術を持ち帰り、ヤツを倒すというわけだね」

幼女「ええ、そうよ」

「もし10年後……あまり考えたくはないんだが……」

「人類がいなかったら?」

幼女「そのときは──じんるいはおしまいね」


102 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:47:18.27 v+qOhYE90 57/70


「では乗り込むぞ」

「うっ……くっ……」


男は入り口でつかえてしまった。


(入れない!?)

幼女「おじちゃん……もしかして太った?」

「あ、あぁ……5キロほど……」

(ホントは10キロだけど)

幼女「う~ん、けいりょう化するため、ギリギリのサイズでつくってたからねぇ」

幼女「しかたない。おじちゃん、ダイエットして!」

「えぇっ!?」


103 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:48:30.66 v+qOhYE90 58/70


幼女「まずは、スクワットよ!」

「ふっ……! ふっ……! ふっ……!」

幼女「500かいかぁ、はじめてにしては上できね」

(これは明日、筋肉痛間違いなしだな。明後日だったらやだな……)

幼女「つぎは、うで立てふせよ」

「しゅっ……! しゅっ……! しゅっ……!」

幼女「ふっきんもしなきゃね!」

「ほっ……! ほっ……! ほっ……!」

幼女「うわぁ、みちがえるようだわ! すごいよ、おじちゃん!」

「へへへ、そうかい?」

幼女「さいごはステロイドだねっ♪」


105 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:49:16.34 v+qOhYE90 59/70


幼女は男の首筋に、注射器でステロイドを注入する。


「これでおじさんは強くなれるのか……?」

幼女「うん、まかせといて!」

「うおおお……! 来たぞ来たぞ来たぞぉぉぉ!」


メキメキ…


「みるみるうちに、おじさんのボディがシュワちゃんになっていく!」

幼女「おクスリがきいてきたね」

「ね、ねぇ……これはちょっと、膨らみすぎじゃないかい……?」

幼女「あららららら」

「がぁぁぁっ! は、破裂する! た、助けて!」

幼女「いま、たすけるわ!」


106 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:50:20.74 v+qOhYE90 60/70


幼女「このハリで、させば……」

幼女「えいっ!」プッ

「おおお!?」


プシュウウウウウ!

穴から空気が抜け、反動で男は空中へ飛ばされた。


幼女「やったぁ、だいせいこう♪」

(飛んでる……)

(これが空──なんて広く、なんて美しく、なんて温かいんだ!)

幼女「よかったね、おじちゃん……ゆめがかなって」

(ありがとう……)


107 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:52:18.06 v+qOhYE90 61/70


「──はっ!」



 ぼくのゆめはふうせんになって

 しゅるしゅると、そらをじゆうにとび回ることです。



「思い出したよ。おじさんは、風船になりたかったんだ……」

「昔から風船が大好きでね。バカなことを考えてたもんだ」

「いつの間にか、すっかり忘れてしまっていたよ」

幼女「うふふ、でもゆめがかなってよかったね」

「ありがとう……」


109 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:53:17.70 v+qOhYE90 62/70


幼女「だからもう、じさつなんてしちゃだめだよ」

「ふっ、君みたいな子供に気づかされるとはね」

幼女「あはは」

「おじさんも楽しかったよ。ずいぶん回り道してしまった」

幼女「まさか、おじちゃんのゆめがふうせん、だなんてねぇ」

「子供らしくていいだろ?」

幼女「あはっ」

「くくっ」

二人「あっはっはっはっはっはっはっ」


110 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:54:43.96 v+qOhYE90 63/70


幼女「たのしかったよ」

「おじさんも楽しかったよ」

幼女「ま、おとなもたいへんだろーけど、がんばってねー」

「子供もな、今のうちに遊んでおけよー」

幼女「うんっ」

幼女「じゃあねー」

「じゃあな、勉強もしろよー」


113 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:56:12.73 v+qOhYE90 64/70


幼女と別れた男は、山を下りる。


「ふぅ、ふぅ、やっと麓まで下りられたぞ」

「明日から、また頑張ろう」

「───!」

「あなた……」

「どうしてここが……!」

「あなたの故郷だからもしかして、と思って……」

「俺は──」

「ごめんなさい! あなたから逃げたりして!」

「でもやっぱり分かってしまった。私、あなたがいないと──」

「いや、俺が悪かったんだ。失業した不安と苛立ちを全てお前に向けてしまった……」

「こんな最低な夫だが、またやり直してくれるか?」


114 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:57:08.99 v+qOhYE90 65/70


「やり直しましょう……!」

「ありがとう。きっとやれるさ」

「格闘家にもなったし、悪い博士にもなったし、野球選手にもなった」

「それに比べたら、どってことないさ」ガシッ

「あなた……!」

「俺はもうお前を離さないぞ、いいだろう?」

「ええ……」


115 : 以下、名... - 2011/12/24(土) 23:58:02.49 v+qOhYE90 66/70


いくらかの年月が流れ──

男の家族は故郷に引っ越していた。


「見つからんな……」

「えぇ……いったいどこに行ったのか……」

「いつもあの山で遊んでるんだろ?」

「そうなんだけど……」

「警察にも届けたし、やることはやった」

「信じよう」

「えぇ」


118 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 00:00:23.08 ig/N1NzP0 67/70


しばらくして──


「た、ただいま~」

「あ!」

「心配したのよ!」

「ご、ごめんなさい。おとうさん、おかあさん……」

「無事でよかった。しかしどこに行ってたんだ。いつもの山じゃないのか?」

「え? いつもの山だよ」

「嘘をつくな。あんなに探したのに……」

「そうよ。隣町とかに行ってたんでしょう」

「ほんとだよっ! じさつしそうなおじちゃんがいて……」

「───!?」


120 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 00:01:13.05 ig/N1NzP0 68/70


「ぜったい、しなせちゃだめだ……とおもったら」

「いろいろへんなことになって、やっとじさつをとめられたの」

「じゃあその人はどこにいるの?」

「すぐわかれちゃったから……。あ、そうだ、おとうさんににてた!」

「お父さんはずっと私と一緒にいたわよ! あんたを探したり、警察に行ったり……」

「いいよ、その辺にしとけ」

「で、でも……」

「いいんだよ」

「あなたがそう言うなら……」


121 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 00:02:31.76 ig/N1NzP0 69/70


「ホントだってば!」

「あぁ、分かってるよ。俺はお前を信じるよ」

「だってお前は──」

(俺の命の恩人だもんな)

「俺の娘だもんな」

「ぐすっ……うれしい」

「ほーれ」ギュッ

「あったかーい♪」

「あらあら妬けるわねぇ」


123 : 以下、名... - 2011/12/25(日) 00:03:22.94 ig/N1NzP0 70/70


これで話は終わりである。

しかし──


(いくらググっても仏滅拳も災厄拳も出てこないな……)カシャカシャッ


「お前、友達に球速160km/hでボール投げたりするなよ」

「?」


「娘のクツをなめたり、本気で殺しにかかったり、俺はなんてダメなやつだァ~!」

「どうしたの、あなた!?」


時折、後遺症が見え隠れするのだった。


                                   ~おわり~


記事をツイートする 記事をはてブする