1 : 以下、名... - 2018/08/24 21:16:12.29 a6hnrGwy0 1/29

容姿端麗という表現がある。
意味は、顔や姿が整い、美しい様のこと。
要するに、綺麗だってことだ。

その四字熟語に該当する人物は極めて少ない。
もっとも、美しさや醜さなんてのは相対的なものだから、集団の中で比較すれば自ずと1人や2人は当て嵌まるだろうが、それはまやかしだ。

絶対的な本物を見れば、すぐにわかる。
その瞬間に、認識を改める必要性が生じる。
嘘じゃないさ。現に、俺がそうだった。

俺の通う高校には、そんな存在がいた。

「失礼します」

柄にもなく、畏まりながら入室。
別に職員室ではない。先生の姿も見えない。
そこには同じ学年の生徒が数人座っている。

部屋の扉には【生徒会室】と書かれていた。

「んじゃ、行って来ます」

机の上に置かれたプリントを持って、退室。
中に居た数名は顔も上げずに黙ったまま。
皆、それぞれのお仕事で忙しそうだ。

邪魔にならぬよう、俺は俺の仕事をこなす。

元スレ
生徒会長「君の名を呼びながら胸を揉むと、すごく気持ち良いんだ」庶務「はい?」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1535112971/

2 : 以下、名... - 2018/08/24 21:20:43.10 a6hnrGwy0 2/29

「よしっと、コピー完了」

各クラスに配布するプリントをコピー。
紙束を持って、それぞれのクラスを回る。
教卓の上に人数分のプリントを置いておく。
これで明日の朝には手元に行き届く筈だ。

「お疲れ、庶務」
「疲れるのはこれからだっての」
「ははは! ま、頑張れや」

放課後の教室には何人か生徒が残っており。
見知った同級生に労われながら、次の仕事へ。
尻のポケットから軍手を取り出して、装着。
これから校庭の草むしりをするのだ。
無論、ボランティアではない。これも仕事だ。
先程呼ばれた役職の腕章が、肩に付いている。

俺は、生徒会役員の末席を担う、庶務だった。

「……まあ、ただの雑用だけどな」

自嘲しながら、独りごちる。
俺の仕事は雑用全般だ。それが庶務の役割。
そもそも、役員選挙で選ばれたわけではない。
何の因果か、生徒会長から直々に指名された。
我が校の庶務は、会長に任命権があった。
もちろん、断ることも出来たが、引き受けた。
えっ? それは何故かって? そんなの簡単だ。

「なにせうちの会長、すげー美人だもんなぁ」

我が校の生徒会長は、美しかった。
まさに、文字通り、容姿端麗だった。
だから、断れなかった。単純な話である。

それはある意味純粋で、ある意味不純な理由。
純粋に、あの人の力になりたかったし。
不純に、あの人の傍に居たかったから。
目の保養と言えば、それまでかも知れない。

それでも、男子高校生には充分過ぎる理由だ。

3 : 以下、名... - 2018/08/24 21:24:17.73 a6hnrGwy0 3/29

「いつもすまないね」
「いえ、これも仕事ですから」

用務員のおじさんに愛想良く振る舞いながら。
俺はせっせと校庭の草むしりに励んだ。
事前に、制服から体操着に着替えている。
すぐに汗だくになったので判断は正しかった。
というか、これは果たして庶務の仕事なのか。
学校によっては、違うのかも知れないけれど。
それでも文句はなかった。気分は上々である。

鼻歌交じりに、ブチブチ草を引き抜いていく。
デスク仕事よりは身体を動かすほうが好みだ。
俺以外の役員は皆優秀で、足手まといになる。
だが、蛍光灯の交換や昇降口の掃き掃除等々。
俺にも出来る仕事は沢山ある。それをこなす。

それで少しでも会長の助けになれれば本望だ。

偽善かも知れないし、自己満足かも知れない。
けれど、それでも良かった。やり甲斐がある。
何故ならばちゃんと見返りを貰っているから。

何度でも言うが、俺はボランティアではない。
きちんと仕事に見合う報酬を受け取っている。
先程コピーしたプリントに添えられた、付箋。
そこには会長の字でコピーする枚数の指示と。

『いつもありがとう』

部下への労いの言葉が、綴られていた。

「我ながら、単純だよな」

思わず自分自身に呆れながらも、悪くない。
むしろ、単純で何が悪い。美徳だろうが。
そんな風に自己正当化出来る程、嬉しかった。

男子高校生なんてのは、そんなものだろう?

4 : 以下、名... - 2018/08/24 21:29:32.15 a6hnrGwy0 4/29

「よっと」

ドサッと、むしった雑草を手押し車に載せる。
そのまま、うーんと伸びをして、固まった腰と背中をほぐしていると、突如、衝撃が走った。

「おらっ! サボってんじゃねぇっ!!」
「ぐあっ……い、痛いですよ、議長っ!?」

バシンッ! と、背中をぶっ叩いたのは、議長。
生徒会役員の一員で、見ての通り、乱暴者。
滅多に生徒会室には顔を出さない、風来坊。
振る舞いと同じく、性格は粗暴で、傲岸不遜。

「うるせー。オレ様のことは議長閣下と呼べ」
「……お疲れ様です、議長閣下」
「おう」

偉そうに腕組みをしながら、見下された。
だが、これでも同い年。無論、学年も一緒だ。
文句のひとつも言いたくなるが、やめておく。

「あん? なんか言いたいことでもあんのか?」
「いえ、滅相もありません! 議長閣下!」

ギラリと、眇めた相貌は、肉食獣の如し。
真っ黒な黒目と、青白い白目。おっかない。
その、黒と白のコントラストに、震え上がる。
もちろん、腕っぷしも折り紙つきであり。

「うらぁっ!」
「ひっ!」

空を切る平手打ち。いきなり殴ってきた。

「い、いきなり何をするんですかっ!?」
「ハチだよ、ハチ。刺されるとこだったぞ」
「えっ?」

見やると、地面には打ち落とされた、ハチが。
このように、とんでもない人物であるものの。
一概に悪い人間とは判断出来ない議長だった。

5 : 以下、名... - 2018/08/24 21:33:56.69 a6hnrGwy0 5/29

「草むしりなんてだりー」
「それなら、無理して手伝わなくても……」
「ああん? なんか文句あんのか?」
「いえ! ありません!」

雑草を引き抜きながら、文句を言われた。
しかし、何だかんだ手伝ってくれる議長閣下。
それは今日に限った話ではなく、ほぼ毎日。
雑用をしている俺を見つけると、寄ってくる。
おかげで助かっているが、正直、怖すぎる。

「あの、議長閣下」
「あん? 閣下なんて堅苦しい呼び方はやめろ」

あんたが呼べって言ったんだろうが!
なんて、口答えは出来る筈も無く。
気を取り直して、俺は議長に質問してみる。

「どうして生徒会室に行かないんですか?」
「議長だから」

解答は簡潔すぎて、意味がよくわからない。

「意味がわからないのですが……」
「チッ! アホかお前は!!」
「ご、ごめんなさいっ!!」

罵声を受け反射的に謝ると、議長は嘆息して。

「あのな、議長は公平であるべきだろ?」
「まあ、そうですね」
「だから、生徒会役員とは馴れ合わねぇ」

なるほど。意外とまともな理由だ。しかし。

「俺も一応、生徒会役員なんですけど……」
「うっせ。庶務の癖に偉そうに役員名乗んな」

どうやら俺は役員と認められていないらしい。

6 : 以下、名... - 2018/08/24 21:35:54.19 a6hnrGwy0 6/29

「おい」
「えっ?」
「ちょっと、デコ見せろ」

しばらく互いに無言で草をむしっていると。
いきなり、おでこを見せろと、要求された。
言うが早いか、前髪を掴まれデコ丸出しに。

「も、もう平気ですって」
「でも、痕が残ってんじゃねーか」
「俺の不注意ですから、気にしないで下さい」

もう何度目とも知れないやり取り。
俺のおでこにはちょっとした傷があった。
それについて、議長は責任を感じてる様子。

あれは、まだ高校に入学して間もない頃。

掃除当番で、教室のゴミを捨てに行く道中。
俺は生まれて初めて、カツアゲを目撃した。
気弱そうな男子と、怖そうなヤンキー集団。
ギョッとして固まっていると、怒号が飛ぶ。

「おいっ! てめーら、何やってんだ!!」

それはヤンキーの怒鳴り声、ではなく。
のちの議長の怒声だった。これが出会い。
この人は、悪役に見えて正義の味方だった。

7 : 以下、名... - 2018/08/24 21:40:14.27 a6hnrGwy0 7/29

「失せろ、雑魚共!」
「クソッ! 調子に乗んな1年がぁ!!」

瞬く間にヤンキー集団を壊滅に追いやり。
往生際の悪い不良のリーダーがナイフを出す。
それはまるで、漫画のような展開だった。
ちなみに、被害者はとっくに逃げ出している。

睨み合う両者。互いに間合いを測る。

あとから思うに、心配は無用だった。
議長は空手、合気道、柔術の有段者。
凶器を持った相手でも無力化は容易い。

しかし、当時の俺はそんなことはつゆ知らず。

「危ないっ!」

不良の踏み込みと同時に、飛び出した。
間に割って入ろうと思ったの、だが。
足がもつれて、足元にヘッドスライディング。

「うわっ! なんだこいつ!?」
「隙だらけだぜ、馬鹿が」
「なっ!? ぐあっ!?」

ドジな俺が起き上がる前に、勝負はついた。
俺の奇妙な珍プレーに気を取られた隙に。
不良の腕を捻り上げて、ナイフを奪い。
そのまま首を絞め、気絶させた議長。
白目を剥いた不良のリーダーが、倒れ伏した。

「おい、お前……立てるか?」
「あ、はい。なんとか……」

立ち上がると、ボタボタ何やら垂れてきた。
真っ赤なその液体は、どうやら血のようで。
こうして、俺はおでこに傷を負ったのだった。

8 : 以下、名... - 2018/08/24 21:45:43.80 a6hnrGwy0 8/29

「たく、弱えー癖に無茶しやがって」
「すみません……」

あまりに情けない回想を終えて、現在。
あの日からずっと、俺は呆れられている。
我ながら、酷い失態だった。格好悪い。
とはいえ、誰だってあんなもんだろう。
なにせ、喧嘩の経験などなかった。
盛大にびびって、おしっこが漏れそうだった。
だからまあ、漏らさなかっただけ、マシだ。

「でもまあ、なんつーか、あの時……」
「えっ? なんですか?」
「ちょっとは、その、嬉しかったというか……」

何やらゴニョゴニョと口ごもる議長。
声が小さ過ぎて、よく聞こえない。
嬉しかったと聞こえたが、何故だろう。
俺の転ぶ姿に喜びを感じたのか。何それ怖い。

「あの、嬉しかったと言うのは……?」
「だ、だからっ! ……チッ。どうやら時間だ」

気になって尋ねると下校のチャイムが鳴った。
やむなく、片付けに入る。雑草を捨てにいく。
すると議長が、俺から手押し車を奪い取って。

「あとはやっとくから、お前は帰れ」
「いや、でも……」
「さっきからお姫様がお待ちかねらしいぜ?」

顎で生徒会室を示す議長。
まさかと思い、校舎を見上げるも。
窓から見えたのは会長の後ろ姿だけだった。

「揶揄わないでくださいよ」
「嘘じゃねーよ。さっき睨まれたし」
「会長が睨んだ? またまたご冗談を」
「うるせぇ! いいからさっさと帰れっ!!」

ヘラヘラしてたら、怒られた。
相変わらず、キレるポイントがわからない。
悪い人ではないのだけど、気難しい人だ。
こうなったら聞く耳を持たないので仕方なく。
後片付けを任せて、その場から立ち去った。

9 : 以下、名... - 2018/08/24 21:54:42.25 a6hnrGwy0 9/29

「ただいま戻りました」
「おっ! お疲れ」
「庶務くん、お疲れさま~」

生徒会室を開けると、そこには美男美女が。

「ねぇ、早く帰ろ?」
「おう。それじゃあ、また明日な」
「バイバーイ、庶務くん」
「はい、お疲れ様でした」

連れ立って帰っていく、お似合いのカップル。
彼らが副会長と書記だ。2人は付き合っている。
イケメンと、美少女。誰もが認める憧れの的。
副会長は背が高く、書記は巨乳。理想的だ。
しかし、どちらも容姿端麗とまではいかない。

本物は、もっとずっと、絶対的に美しかった。

「それじゃあ、俺たちも帰りましょう」
「ん」

部屋に残る役員は、俺を除いてひとりきり。
カタカタとキーボードを打ちながら、生返事。
その眼は真剣そのもので、吸い込まれそうだ。
艶やかな黒髪はセミロングで、ストレート。
書記と比べると些か起伏に欠けた身体つき。

「今、何か失礼なことを考えなかったか?」
「き、気のせいですよ、きっと」

勘の鋭さ示すような、鋭い視線で射抜かれた。
呼吸が出来ない。否、呼吸を忘れてしまう。
容姿端麗とはまさにこのこと。本当に美しい。

この麗人こそが、俺が仕える生徒会長だった。

10 : 以下、名... - 2018/08/24 22:01:33.64 a6hnrGwy0 10/29

「時に庶務」
「なんですか?」
「少し雑談に付き合ってくれ」

再びパソコンに視線を戻して。
カタカタとキーボードを打ち続けながら。
会長は顎をしゃくり、座るように促す。
指示通りに、俺は自分の席に着いた。

「君は随分、議長と親しいようじゃないか」

ガダガダとキーボードを打ちつけながら。
会長は、あらぬ疑いを投げかけてきた。
俺が議長と? いやいや、勘違いにも程がある。

「仕事を手伝って貰っていただけですよ」
「ほー? ふーん? 仕事を、ねぇ」
「な、何か問題でも?」
「いや? 別に? しかし、よもや議長が……」

何やら腑に落ちない様子の会長は話題を変更。

「君はあれか? 女にスタイルを求めるのか?」
「はい?」

会長はとても頭が良い人だ。
故に、会話が飛んだり跳ねたりする。
恐らく、脳みその演算速度が速すぎるのだ。
だから、俺にはちょっとついていけない。

「もう少し噛み砕いて貰えませんか?」
「議長や書記は、スタイルがいいだろう?」
「ええ、それがどうしましたか?」
「だから、大きなお胸が好みなのかと思って」
「いえ、あまり意識したことはないです」
「意識不明なのか?」

何故か意識不明の疑いをかけられてしまった。

11 : 以下、名... - 2018/08/24 22:05:59.23 a6hnrGwy0 11/29

とりあえず、疑惑をひとつずつ潰していく。

「だいたい、書記さんは彼氏持ちですし」
「議長はフリーだぞ?」
「彼女はそもそも色恋には興味ないのでは?」
「いや! 油断は禁物だ! 気をつけろ!」
「は、はい。気をつけます」

どうも、会長は議長が気になる様子。
たしかに、議長は美人でスタイルがいい。
書記には敵わないが、それでも充分だ。
それに比べて、会長はこじんまりとしていて。

「おい、庶務。今、失礼な表現をしたよな?」
「いえ! 俺は別に何も!」
「やれやれ、これだから世の男どもは……」

会長は少々、気に病んでいるらしい。
たしかに、平均よりは下回っている。
それでも俺は、全然気にしない。何故ならば。

「大丈夫! 会長はふとももが魅力的です!」
「ふにゃっ!?」

やっべ。つい、思うがまま口走った。
聞いたことのない悲鳴をあげた、会長。
この人は潔癖だから、不埒な言動は許さない。

たぶん、怒られるだろうなと、思っていた。

12 : 以下、名... - 2018/08/24 22:09:47.60 a6hnrGwy0 12/29

「き、君は、私のふとももが好きなのか……?」

良かった。まだ猶予がある。慎重に返答する。

「はい、会長のふとももは最高です!」
「そうか……最高か」
「はい! 噛みつきたくなります!」
「そ、それはダメッ!! まだ早いっ!!」

おっと。このあたりが限界か。引き下がろう。

「そのくらい、魅力的なんです!」
「ほんと?」
「はい! 自信を持ってください!」
「私が1番可愛い?」
「はい! もちろんです!」
「私のふとももが1番?」
「はい! 会長のふとももは宇宙一です!」
「じゃあ、私のお胸は何番?」

ぐっ!? 答えに詰まる。詰まって、しまった。

「庶務、質問に答えて」
「あ、あはは……質問、変えませんか?」
「変えない」
「しかし、みすみす傷つけたくないですし……」
「なんだそれは!? どういう意味だ!?」

やばいやばいやばい。完全にレッドゾーンだ。

「そう言えば、会長!」
「なんだ、藪から棒に」
「胸は揉むと大きくなるらしいですよ!」

ちょっとした冗談のつもりだったの、だが。

「うん、知ってる」
「あ、そうすか」
「毎日自分で揉んでるもん!」
「えっ?」

流石に聞き流せない『揉んだい発言』だった。

13 : 以下、名... - 2018/08/24 22:14:52.99 a6hnrGwy0 13/29

「ま、毎日、ですか……?」
「はっ!」

尋ね返すと、ようやく失言に気づいたらしく。

「ち、違う! 今のは、その……言葉の綾で!」

顔を真っ赤にして、必死に弁明する会長。
ここまで取り乱した姿は、初めて見た。
唖然としていると、特大の墓穴が出現した。

「だって胸を揉むと気持ちいいし!」

もう目的がすり替わってると気づいたようで。

「い、いいじゃないか、たまには!」
「いや、さっき、毎日って……」
「うるさいっ! いけないのか!?」
「いえ、大変健康的でよろしいかと」

開き直った会長に思わず指摘すると。
言い訳をすることなく、お認めになられた。
会長のような人も毎日そんなことをするのか。
ついつい、あられもない姿を妄想してしまう。
すると、拍車をかけるように、燃料が追加。

「これは最近発覚したことなのだが、君の名を呼びながら胸を揉むと、捗ることに気づいた」
「えっ?」
「か、勘違いするなよ! たまたま偶然そうだったというだけで、特別な意味はないからな!」

この人は、胸を触りながら、何をしてるのか。

「えっと、捗るというのは……?」
「君の名を呼びながら胸を揉むと、すごく気持ち良いんだ」
「はい?」
「この間なんて、思わずおしっこが漏れたぞ」

思わず耳を疑う。おしっこを漏らした、だと?

「あっ! いや、浴室だったから平気だし!!」

いやいやいや、そういう問題じゃありません。

14 : 以下、名... - 2018/08/24 22:20:36.56 a6hnrGwy0 14/29

「湯船に浸かりながら漏らしたんですか?」
「湯船ではしていない! 頼む、信じてくれ!」

若干涙目で懇願する会長は、弱々しくて。
いつもの凛々しさや、強さは見当たらなくて。
なんとなく、嗜虐心を煽られた気がして。

ついつい、意地悪をしてみたくなった。

「うーん……俄かには信じられないですね」
「なっ!? 私を信じられないのか!?」
「そもそも本当におしっこが出たんですか?」
「本当だとも! 盛大に漏らしたとも!」
「それなら、実験してみましょう」
「へっ?」

真偽を確かめるべく、実験内容を伝える。

「ちょっとふとももを齧らせてください」
「ふ、ふとももを!?」
「それで反応を見させて貰います」

俺は調子に乗っていた。それはもう有頂天だ。
何を口にしても許されると、そう思っていた。
しかし、ここに来て会長は冷静さを取り戻し。

「ただ私のふとももを齧りたいだけだろう?」

ズバリ、こちらの目論見を看破されて、狼狽。

「いや、俺は別に、そんなつもりは……」
「変態」
「か、会長にだけは言われたくないです!」

変態呼ばわりにむっとして言い返す。
会長は侮蔑の眼差し。ゾクゾクした。
しばらく睨み合うと、不意に会長が笑って。

「君は本当に、わかりやすいなぁ」
「口答えをして、ごめんなさい」
「ふふっ。まあ、いいさ。許可しよう」
「はい?」
「私のふとももを齧りたいんだろう?」
「いや、でも……」
「いいから、こっちにおいで」

素直に謝ったら、許してくれた。
おいでと言われたので、ほいほい向かう。
我ながらチョロいけれど、不満はなかった。

15 : 以下、名... - 2018/08/24 22:26:08.40 a6hnrGwy0 15/29

「ぜ、絶対に下着は見るなよ」
「大丈夫です。見えませんので」

そんなこんなで俺は現在、すごい場所に居る。
お言葉に甘えて、執務机の下に潜り込んだ。
目の前には、会長の下半身。絶景だった。
もちろん、スカートの裾は閉ざされている。
それでも魅惑のふとももに左右から挟まれて。
もう思い残すことはないとさえ、思えた。

「会長、なんだか良い匂いがします」
「ど、どこを嗅いでるんだ!?」

またしても思ったことを口にしてしまった。
怒らせるのは得策ではない。自重せねば。
会長はほっぺを膨らませながら、厳重注意。

「いいか? 不埒な真似は許さんからな」
「はい、肝に銘じておきます」
「ならば、さっさと齧れ」

促されるまま、齧ろうとして、ふと思う。
本当にこのまま、齧って良いのだろうか。
今更怖気付いてしまった。俺の悪い癖だ。

基本的にチキンなので、後先を考えてしまう。
この先、俺と会長は、どうなってしまうのか。
現状に不満がないからこそ、変化が怖かった。
積み上げてきた関係性が、壊れてしまうかも。

そう考えると、今の自分が愚かに思えた。
何がふとももを齧りたいだ。馬鹿か俺は。
きっと会長も内心では呆れているだろう。
軽蔑された可能性が高い。嫌われたかも。

やばい。ちょっと泣きそうになってきた。

「会長」
「ん? どうかしたのか?」
「お願いですから……嫌わないで、ください」
「はあ?」

泣きながら、俺は会長の足に縋り付いた。

16 : 以下、名... - 2018/08/24 22:30:07.95 a6hnrGwy0 16/29

「ど、どうしたんだ、庶務!」
「なんか、急に怖くなりまして」
「大丈夫だ。私はお前を嫌ったりしない」

泣きじゃくる俺を見て、慌てて宥める会長。
頭を撫でられて、だんだん落ち着いてきた。
冷静になり、やはり間違っていたと実感する。
こんな馬鹿なことはやめよう。そうしよう。

とりあえず、誠心誠意、会長に謝罪しておく。

「おかしなお願いをして、すみませんでした」
「えっ?」
「やっぱり、こんなことはやめておきます」
「えっ? えっ?」
「失礼しました。すぐに退きますから……」
「お、おい! ちょっと待てっ!?」

会長の足元から退こうとすると。
何故かふとももで顔面を拘束された。
柔らかな感触で理性が飛びかけるも、堪える。
なけなしの自制心を掻き集めて、叫んだ。

「な、何をするんですか!?」
「今更やっぱりなしなんてあんまりだ!」
「でも、俺は会長の為を思って……!」
「余計なお世話だ! いいから早く齧れっ!!」

なんだろう、この人は。
こっちは苦渋の決断をしたというのに。
あまりにも身勝手。あまりにも理不尽。
容姿端麗ならばこんな横暴が許されるのか?
もしかしたら、そうかもしれない。綺麗だし。
いや、しかしそれは、会長の為にはならない。
そうだ、全ては会長の為。教育しなくては。

思えば、今日の会長はちょっとおかしい。
毎日胸を揉んでるなんて、会長らしくない。
大方、副会長と書記に毒されたのだろう。
2人が乳繰り合ってるのを見て、乱心したのだ。
うん。きっとそうに違いない。間違いない。
まったく、本当にあのカップルは困りものだ。
会長の情操教育に悪影響を及ぼしている。

ならば、俺がしっかりせねば。再教育せねば。

「もうどうなっても、知りませんからね」

これも庶務の役目と割り切り、俺は齧った。

17 : 以下、名... - 2018/08/24 22:39:59.36 a6hnrGwy0 17/29

「あむっ!」
「ふぁっ!?」

齧った瞬間、会長がびくんと跳ねた。
ちょっと強く噛みすぎたかも知れない。
でも、もう遅い。もう誰にも、止められない。

「がじがじ」
「んんっ……ぁんっ……もう、だめっ!」

時間にして、10秒足らず。それが限界だった。
敏感な会長は、一際大きく痙攣をして。
キュッと内股になった、次の瞬間。

しょわしょわしょわしょわしょわしょわぁ~。

涼やかな擬音と共に、おしっこを漏らした。

「フハッ!」

なんだ、今の笑い声は? いや、それよりも。

椅子から滴る雫。
ガクガク震える膝小僧。
ふとももに浮かび上がる鳥肌。

何より完全に朱に染まった、会長の照れ顔。

「うぅっ……庶務の、バカ」

子供みたいに口を尖らせて、文句を言われた。
それがまたなんとも可愛く、なんとも愛しい。
ていうか、マジで漏らしたよこの人。嘘だろ。
あの容姿端麗な会長が、おしっこを漏らした。
それを誘発したのは、この俺。庶務の、俺だ。
前代未聞の下克上を果たし、愉悦が溢れ出る。

「フハハハハハハハハハハハハハッ!!!!」

哄笑しながら、俺は悦に浸った。浸りきった。
もう何も考えられない。全てがどうでもいい。
この先どうなろうが知ったことか。今が全て。
時空の連続から孤立したかのような、感覚だ。
視界は暗転して、意識が遠のき、虚空を漂う。

「やあ、待っていたよ、助手くん」

その先で、何故か俺は、天才少女と邂逅した。

18 : 以下、名... - 2018/08/24 22:48:35.84 a6hnrGwy0 18/29

「おーい、助手くん? 聞こえてるかい?」
「……あれっ? どうして教授がここに?」

気がつくと、そこは見知った自分の部屋。
おかしい。さっきまで生徒会室に居たのに。
それに、なんで俺の部屋に、教授が居るんだ?

「よーし。とりあえず、成功したようだね」
「成功ってなんのことですか?」
「助手くんの深層心理にハッキングしたのさ」

にやにやと、危険な笑みを浮かべる教授。
まるでマッドサイエンティストみたいな人だ。
しかし、見た目はまだ幼さが残る女の子。
スーパーロングヘアが、床に散らばっている。
特筆すべき点は、素足であること。裸足だ。
教授は生徒会役員の一員で、役職は会計。
彼女は俺を助手くんと呼び、俺は教授と呼ぶ。
いつからそう呼んでいたかは、わからない。

教授は昼休みに会計の仕事をこなしている。
故に放課後は、生徒会室に現れることはない。
しかし俺は授業中などにたびたび会っていた。
基本的に教授は、保健室から俺を呼び出す。
校内放送で呼ばれて向かうといつも寝ている。
起こすと決まって、おんぶをせがまれるのだ。

「いや~いつも悪いね、助手くん」

そのまま、何度か家まで送ったこともある。
しかし、どんな家だったかは、記憶にない。
あっち、そっちと、指示された通りに進む。
すると、現在位置がわからなくなる。迷子だ。
黄昏時の、マジックアワーで、幻想的な風景。
教授は裸足にクロックスを履いていたのだが。
道中、何度かポロポロ落として俺に拾わせた。

クロックスのカラーは、ショッキングピンク。

「良い色だろう?」

ショッキングピンクが、目に焼き付いている。

19 : 以下、名... - 2018/08/24 22:56:14.40 a6hnrGwy0 19/29

「たしか俺は、教授を家まで送って……」
「助手くんはボクを自宅に連れ込んだのさ」

そんな、馬鹿な。いや、そうかも知れない。

「身の程知らずで、申し訳ありません」
「いいよ。気に病むことはない」

寛大な教授は、俺の無礼を許してくれた。
そこで気づく。俺は何故か、正座をしていた。
教授は目の前で椅子に座って足を組んでいる。
組み替えるたびに、スカートが、チラついた。
奥にクロックスと同じ、ショッキングピンク。

「良い色だろう?」

極めて平坦な口調で、同意を求められた。
俺は黙って頷くことしか出来ない。目が痛い。
覗いたことを叱責されたような感覚に陥る。
慌てて目線を下げ、素足のつま先を見つめた。

「なにか、ボクに懺悔することはあるかい?」

いきなり懺悔と言われても、困ってしまう。

「素直に話せばいいだけさ。ありのままをね」

色素の薄い瞳で全てを見透かされた気がした。

「実は、生徒会室で、会長と……」

俺は、先程の会長との出来事を、打ち明けた。

20 : 以下、名... - 2018/08/24 23:03:11.98 a6hnrGwy0 20/29

「……と、言うわけでして」
「へぇ~なるほど。それで懺悔しに来たと」

にやにやしながら、相槌を打つ教授。
改めて、おかしな状況だと思う。
さっきまで生徒会室に居たのに、なんで?
その疑問に対する答えを、教授は示した。

「ボクはね、助手くんの良心なのさ」
「良心?」
「そう。良心の呵責を覚えるとボクが現れる」
「ちょっと意味がわかりません」
「まあ、白昼夢だと思ってくれたまえ」

どうやらこれは、夢らしい。
しかし、妙にリアルな夢だ。
本当に夢なのかと疑っていると。

「どれ、ほっぺをつねってあげよう」
「えっ? 痛い痛い痛いっ!?」
「あははっ! 素晴らしい! 良い反応だ!」

夢なのに、すげー痛かった。なんでだ?

「それはボクが天才だからさ」

その答えを俺は知っていた。
教授は天才少女で、孤高の会計。
たぶん、同じ年齢ではないだろう。幼すぎる。
飛び級して高校に通っていると思われる。
そうした制度が本当にあるかどうかは不明だ。
だが、その制度の稀有な実例が、教授だった。

そんな天才少女はいつも独りで、保健室通い。
優れた頭脳と引き換えに、孤立していた。
誰も彼女を理解することは出来ない。
それはもちろん、俺とて例外ではない。
この幼い少女の考えなど、読めやしない。

「ボクが愉しければ、それでいいのだよ」

どうやら俺は、教授のオモチャらしかった。

21 : 以下、名... - 2018/08/24 23:05:25.26 a6hnrGwy0 21/29

「さて、会長が漏らした件についてだけど」

教授はいきなり本題について意見を述べた。

「客観的に見て、異常だよ」

冷笑と共に、教授は俺の罪を咎める。

「人のお漏らしで愉悦を感じてはいけないよ」

静かな口調で諭されると、泣きそうになった。

「助手くんは頭がおかしい。変態だ」

やっぱり、そうだったのか。俺は変態だった。

「良い顔だね」
「……そうですか?」
「ああ、今にも首を吊りそうな目をしている」

にやにやと、愉しげに嗤う教授は、不意に。

「しかし、そう悲観しなくてもいい」

救いの糸を、目の前に垂らしてくれた。

「教授が、俺を助けてくれるんですか?」
「ボクじゃなくて、助手くんの主観がね」
「俺の、主観……?」
「そう、客観ではなく、主観が肝心だ」

そう言って、ぐいっと、教授は身を乗り出す。
鼻先が触れそうな距離に、顔を近づけてきた。
色素の薄い瞳に、俺の間抜け面が映っている。

22 : 以下、名... - 2018/08/24 23:09:22.91 a6hnrGwy0 22/29

「客観的なモラルなんてものは、くだらない」
「でも、モラルは大切ですよ?」
「真に大切なのは、主観的なモラルの方さ」

話しながら、至近距離で見つめ合う。
なんだか自問自答しているような感覚だ。
しかし、いい加減離れるべきだろう。
このままではうっかり接触してしまいそうだ。

そう思ったら、両手で顔をぎゅっと挟まれた。

「ボクから逃げられるとでも?」
「そ、そんなつもりは……」
「じゃあ、このまま話そう」

おでこをくっつけながら、教授が続きを話す。

「要するに、価値観の置き場所の問題なんだ」
「価値観の置き場所?」
「うん。それを自分の主観で定めればいい」

さっぱりわからん。ちんぷんかんぷんだ。

「そう言われても、よくわかりません」
「人の価値観に合わせる必要はないってこと」

ああ、なるほど。ようやくわかった。しかし。

「でも、周囲から逸脱してしまいますよ?」
「怖いのかい?」
「ええ、まあ、人並みには……」
「人並みに合わせる必要が、どこにある?」

なんとも教授らしい理屈だ。だが、俺は違う。

「孤立することは、怖いです」

人と違う価値観を持つことは、許さない。
他人に理解されなければ、孤立する。
だって人間は、本能的に群れる生き物だから。

23 : 以下、名... - 2018/08/24 23:11:30.68 a6hnrGwy0 23/29

「良い反応だ。いかにも助手くんらしいね」
「俺らしいって、なんですか?」
「平凡で、退屈で、つまらないということだ」
「お気に召さないようで、悪かったですね」
「違うよ。だからこそ、気に入っているのさ」

サンプルとして非常に優秀だと教授は褒めた。

「そんな人間こそ、弄りがいがあるのさ」

ペロリと赤い舌を出して教授は唇を湿らせる。
ちょっと鼻息も荒くて、興奮気味なご様子。
身の危険を感じていると、鼻で嗤われた。

「別に取って食ったりしないよ」

そう言いつつも、邪悪に口角を吊り上げて。

「ちょっとばかし、改造を施すだけさ」

やべーよ、この人。マジで危ない人だよ。

「か、勘弁してくれませんかね……?」
「やだ」
「せめて、お手柔らかに……」
「んー考えとく」

一見無邪気なにっこりスマイルが、怖かった。

24 : 以下、名... - 2018/08/24 23:15:45.10 MwMFmLtgO 24/29

「さあ、助手くん。結論を出そう」

にやにや嗤いながら、教授は俺に質問する。

「会長のお漏らしを見て、どう思った?」
「えっと、可愛かったです」
「なら、それでいいんじゃない?」

どうでも良さそうに、教授はそう結論付けた。

「いいんですかね? キモくないですか?」
「えっ? そりゃあ、キモいよ」
「そ、そうですか……ですよね」

グサッときた。思わず打ちひしがれていると。

「でもさ、別にいいじゃん」

またもやどうでも良さそうに、教授は続ける。

「結局は自分の主観が正義なんだよ」
「他人にとっては悪でも?」
「所詮、絶対的な正義なんて存在しないのさ」

それについては、なんとなくわかる。
子供じゃあるまいし、俺はもう高校生だ。
正義とは相対的なもので、絶対的ではない。
無論、悪も同じく、絶対的なものではない。
その拠り所は結局、自分の主観にある。
他人にとっては悪でも、自分にとっては正義。
それが当たり前で、そうでなくては不自然だ。

だけど、それでも。

「……会長は絶対的に、容姿端麗ですけどね」

あの人だけは、絶対的な存在だと信じていた。

26 : 以下、名... - 2018/08/24 23:22:49.51 a6hnrGwy0 25/29

「それもまた、助手くんの主観に過ぎない」

そうなのだろうか。だとしても、別に良いさ。

「俺は自分の価値観を信じるだけです」
「ちぇっ……妬けちゃうなぁ」

何故か教授はヤキモチを焼きながら、愚痴る。

「だいたい、深層心理も付箋だらけだし……」

見ると、部屋中会長直筆の付箋だらけだった。

「ベタベタあちこち貼り付いて取れやしない」

不貞腐れた様子の教授は、また顔を近づけて。

「結論が出たなら、さっさと行きたまえ」
「行くって、どこへ?」
「現実世界に決まってるだろう?」

目の前で、パンッ! と、手を打ち鳴らす教授。

「ほら、夢の時間は終わりだよ」
「教授、ありがとうございました」
「ふんっ。ボクは敵に塩を送っただけさ」

意識が遠のいて、暗転する間際、鼻が当たる。

「だからこれは、会長への当てつけさ」

唇に、柔らかなものが触れたような気がした。

27 : 以下、名... - 2018/08/24 23:27:57.99 a6hnrGwy0 26/29

「うぅっ……ぐすんっ」
「あれ? 会長、どうして泣いてるんですか?」

夢から覚めて、現実に帰還。
時間はさほど経っていないようだ。
随分長い夢だった気がするが、記憶が曖昧だ。
それでも不思議と憑き物が落ちたような感覚。
悩みから解放されて、清々しい気分だった。
とはいえ、浮かれている場合じゃない。

夢から覚めると、目の前で会長が泣いていた。

「目にゴミでも入ったんですか?」
「そ、そんなわけあるかっ!」
「じゃあ、どうしたんですか?」
「き、君に……嫌われたかと、思って」

ああ、なるほど。ようやく状況がわかった。
あれだけ盛大に漏らしたのだから、当然だ。
どうやら会長も、俺と同じく不安だったのだ。
他人と価値観を共有出来ないのは辛いことだ。
思わず涙が出てしまう気持ちも、よくわかる。

俺は会長の涙と共に、その不安を拭った。

「大丈夫ですよ。何も心配はいりません」
「き、嫌わない、のか……?」
「ええ、もちろん。嫌いになんてなりません」
「ほ、本当か……?」
「はい。とっても可愛かったですし」

心配は杞憂だと微笑むと、会長は頬を染めて。

「か、可愛いとか、言うなっ!」
「今日の会長はまるで子供みたいですね」
「うるさいっ! 笑うな!!」

ぷいっと、顔を逸らすその仕草がおかしくて。
思わず腹を抱えて笑うと、怒られた。
今日は会長の色々な一面が見れて、幸せだ。

28 : 以下、名... - 2018/08/24 23:34:07.59 a6hnrGwy0 27/29

「もう平気ですか?」
「うん、ありがと」
「では、少々お待ちください」

会長が落ち着くのを待ち、後片付けを開始。
素早く廊下で体操着を脱いで制服に着替えた。
そして脱いだハーフパンツを、会長に手渡す。

「とりあえず、俺の体操着を貸しますね」

脱ぎたてだが、この際我慢して貰おう。

「ん。すまん、恩に着る」
「いえ、お気になさらずに」
「ちゃんと洗って返すから、安心してくれ」
「いえ、そのままで結構ですから」
「必ず! 洗って! 返すからなっ!!」

漏らした会長は直にハーフパンツを穿く。
無論、ノーパンで。洗って欲しくなかった。
とはいえ、それを議論している暇はない。
部屋の隅で着替える会長をよそに、床を拭く。

「絶対にこっちを見るなよ?」

念を押すくらいなら俺を追い出せばいいのに。

「いいからさっさと着替えてください」
「なんだその態度は!? 興味ないのか!?」
「なんですか、覗かれたいんですか?」
「バカ! エッチ! スケベ! 変態!」

どうしろってんだよ。嘆息しながら床を拭く。
煩悩を捨て去り、無心でおしっこを拭き取る。
人の尿なのに全然嫌じゃないのが、不思議だ。

29 : 以下、名... - 2018/08/24 23:37:37.41 a6hnrGwy0 28/29

「着替えた」
「よくお似合いですよ」
「そ、そうかな……えへへ」

世辞を言うと、テレテレ。かわいい。
とはいえ、正直言って変な格好だ。
上は制服で、下はハーパン。かなりダサい。
それでも会長は変わることなく、美しかった。

絶対的な存在は服装に左右されないのである。

「こっちも掃除が終わりました」
「ん。ご苦労」

部屋の掃除は完璧だ。痕跡は全て消した。

「それじゃあ、今度こそ帰りましょう」
「ああ、その前に」

帰宅を促すと、 待ったをかけられた。

「時に庶務」
「はい、なんですか?」
「付箋が体操着のポケットに入っていたぞ」

やば。後生大事に仕舞った付箋が見つかった。

「よもや、持って帰るつもりだったのか?」
「まあ、捨てるのも忍びなくて……」
「おかしな奴だな」

くすくす笑われて、顔から火が出そうだ。

30 : 以下、名... - 2018/08/24 23:49:05.37 a6hnrGwy0 29/29

「そもそも付箋のメッセージは君の芸だろう」

ひらひら付箋を振りながら、昔話をする会長。

「あれは1年の頃だったか?」
「……気づいていたんですか?」
「当たり前だ。君はわかりやすいからな」

まさか、気づかれていたとは。

1年の時、俺は会長と同じクラスだった。
会長はまだ生徒会長ではなく、学級委員長。
面倒な仕事を押し付けられて、気の毒だった。
何か手助けをしたくて、こっそり手伝った。
その際、一度だけ付箋にメッセージを添えた。

「内容は『いつもありがとう』、だったか?」

それは奇しくも、同じ内容。絶対狙ってる。

「こちらこそ、ありがとう。嬉しかったよ」
「……左様でございますか」
「ああ。だからこそ、君を庶務に抜擢した」

なるほどな。道理でおかしいと思ったよ。

「手伝わせてくれて、ありがとうございます」
「こちらこそ、手伝ってくれて、ありがとう」

精一杯の虚勢を張った俺に対して。
会長は満面の笑みでそう答えた。ずるい。
口頭で感謝をされると、気恥ずかしい。
やはり、会長には敵わないなと思いつつも。
同時に、ちょっとだけ親近感が湧いた。
この人も俺と似たようなことをしている。
意外と子供っぽくて、わがままな一面もある。

存外、高嶺の花では、ないのかも知れない。

今はまだ、恥ずかしくて顔も見れないけれど。
いつか、面と向かって直接、想いを告げよう。
俺は貴女のことが好きだと真っ直ぐ伝えよう。
いや、そんな度胸はないから、付箋を使おう。
たぶん、この人ならば、呆れつつも、きっと。

笑って、受け取ってくれる、そんな気がした。


【会長から庶務宛ての付箋の伏線】


FIN

記事をツイートする 記事をはてブする