1 : 以下、?... - 2018/08/02 00:37:15.846 3AUZymDg0 1/31

ブロロロロ…

配達員「えーと、こことここと……」

配達員(ふぅ、朝刊配達もすっかり慣れてきたな)

配達員「……ん?」


パァッ…


配達員「…………」

配達員(あそこの窓、いつも明かりついてるな……)

配達員(こんな時間に起きてるなんて、きっと引きこもりニートが暮らしてるんだろうな)

元スレ
新聞配達員「あそこの窓、いつも明かりついてるな……きっと引きこもりニートが暮らしてるんだろうな」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1533137835/

2 : 以下、?... - 2018/08/02 00:40:10.258 3AUZymDg0 2/31

ブロロロロ…

配達員(今日も明かりついてる……)

配達員(こんな時間になにやってんだ?)

配達員(どうせアニメ見たり、ゲームしたりしてるんだろうな)

配達員(みんな寝てる時間に、外走り回って新聞配りやってる俺とは大違いだ)

配達員(……ある意味羨ましいよ)

3 : 以下、?... - 2018/08/02 00:42:05.880 3AUZymDg0 3/31

ブロロロロ…

配達員(今日もだ……)

配達員(どんな奴が住んでるんだろう)

配達員(きっとろくに外出してないような肌してて、不健康そうな奴に違いない)

配達員(そんな奴の世話しなきゃならない親も大変だろうな)

配達員(おっと、仕事仕事)

ブロロロロロ…

4 : 以下、?... - 2018/08/02 00:44:15.725 3AUZymDg0 4/31

ブロロロロ…

配達員「あれ?」


シーン…


配達員(今日は明かりがついてない)

配達員(ちゃんと早寝したのか……ようやく夜型の生活をやめたのか……)

配達員(――いや、なんだか嫌な予感がする!)

7 : 以下、?... - 2018/08/02 00:46:26.992 3AUZymDg0 5/31

配達員(周囲に誰もいないことを確認して、こっそり覗き見……)コソッ

配達員「…………」

配達員「!」

配達員(暗闇の中で、誰かが首を吊ろうとしてる!)

配達員(窓は……よかった、開いてる! 止めなきゃ!)

ガララッ

8 : 以下、?... - 2018/08/02 00:49:18.321 3AUZymDg0 6/31

配達員「――やめろ!」

色白娘「きゃっ!」

配達員(え、女の子だったの? たしかに肌は白くて、不健康そうだけど)

色白娘「だ、誰……? あなた……」

配達員(やばいこの構図、完全に夜這いに来た変態野郎だ……ええい、ゴリ押すしかない!)

配達員「窓の外から、自殺しようとする君が見えたんだ」

色白娘「部屋を暗くしてたのに?」

配達員「俺の目は……フクロウみたいに夜でもよく見えるんだよ!」

色白娘「そうだったの……」

配達員(よし、ごまかせた!)

10 : 以下、?... - 2018/08/02 00:52:28.518 3AUZymDg0 7/31

色白娘「死なせてよ……お願いだから」

配達員「そんなこというなって……」

配達員(まずいな、俺もいつまでもこの子にかまってられないし)

配達員(かといって、このまま出ていったらまた死のうとしかねない……)

配達員(なにかこの子を元気づけられるようなものは――これだ!)

配達員「この新聞の4コマ漫画を見るんだ!」サッ

色白娘「…………」

色白娘「……ぷぷっ」

色白娘「お、面白い……」

配達員(今日の4コマが出来のいいやつでよかった……)

12 : 以下、?... - 2018/08/02 00:55:27.865 3AUZymDg0 8/31

配達員「どうして死のうとしてたんだ?」

色白娘「私、病気で……昼間もずっと家で寝たきりで……」

色白娘「だから夜になると眠れないんだけど、暗闇が怖いからずっと電気つけっぱなしで……」

色白娘「お母さんたちにもいつも迷惑かけっぱなし……」

色白娘「こんな自分がもう嫌になっちゃって、死のうとしたの」

配達員(夜中明かりをつけてた事情が、想像してたよりずっと重かった)

色白娘「部屋を明るくしたままだと死ぬのも怖いから、暗くしてたのに……」

配達員(結果的に、それがこの子の命を救ったわけか……)

14 : 以下、?... - 2018/08/02 00:59:04.264 3AUZymDg0 9/31

配達員「し、死ぬなよ……」

色白娘「え?」

配達員「俺、またここに新聞に載ってる面白いニュース見せにくるからさ……」

配達員「だから……生きて欲しい!」

色白娘「でも……」

配達員「4コマ漫画、また見たいだろ?」

色白娘「……見たい」

配達員「よし! じゃあとりあえず今日は死ぬのはやめてくれ! 絶対だぞ!」

色白娘「……うん」

配達員(ふぅ~……とりあえず、今日はこれでなんとかなったかな)

16 : 以下、?... - 2018/08/02 01:01:42.140 3AUZymDg0 10/31

それからというもの――

ブロロロロ…

配達員「……お」


パァッ…


配達員(今日も明かりがついてる!)

17 : 以下、?... - 2018/08/02 01:03:11.076 3AUZymDg0 11/31

トントン

色白娘「どうぞ!」

ガララッ

配達員「今日の面白ニュースはこれだ!」

配達員「田舎町で熊を網で捕獲したと思ったら、人間だったって……」

色白娘「うふふっ、ひどい話ね!」

配達員「だけど、この写真見てよ!」

色白娘「わぁっ、本当に熊みたいな人!」

18 : 以下、?... - 2018/08/02 01:05:24.126 3AUZymDg0 12/31

……

ザァァァ…

色白娘「最近、天気が悪いわね」

配達員「でも、新聞によると週末には晴れるらしいよ」

配達員「どんな曇り空も、雨も、絶対に晴れる時は来るんだよ!」

色白娘「……うん」

色白娘「でも、どんな晴れも絶対曇ったり雨になったりするよね……」

配達員「ま、まぁ、ずっと晴れだと水不足になるし……」

20 : 以下、?... - 2018/08/02 01:08:11.406 3AUZymDg0 13/31

……

色白娘「新聞って面白いわね」

配達員「だろ? 朝刊だけで色んな情報が詰まってるもん!」

色白娘「でも、大丈夫? こんな頻繁に新聞配りの途中ここに寄って……」

配達員「平気平気! 俺、配るスピードメチャクチャ早いから!」

配達員(ホントは最近ちょっと配るの遅いって怒られてるけど……)



アハハハハ… ウフフフフ…

24 : 以下、?... - 2018/08/02 01:13:13.082 3AUZymDg0 14/31

そんなある日――

上司「じゃ、今日もしっかり頼むぞ!」

配達員「はいっ!」


『○×大学病院の医師が、治療法確立――』


配達員「ん……?」バサ…

配達員(この病気って、もしかしてあの子の病気じゃ……!?)

26 : 以下、?... - 2018/08/02 01:16:29.702 3AUZymDg0 15/31

配達員「……これ見てくれよ!」サッ

色白娘「これは……」

配達員「君の病気の治療法を見つけた人がいるみたいなんだ!」

配達員「この人のところに行けば、君も元気になれるかもしれない!」

色白娘「あまり大きな記事じゃないのに、見つけてくれるなんて……」

配達員「たまたまだよ、たまたま」

色白娘「ありがとう……私、お母さんたちに話してみて、チャレンジしてみる!」

色白娘「必ず元気になってみせる!」

配達員「……うん!」

27 : 以下、?... - 2018/08/02 01:19:33.122 3AUZymDg0 16/31

色白娘「お母さん、私、この治療受けてみたいの!」

「いきなりどうしたの?」

色白娘「ほらこれ!」

「まぁ……でも、体力のない人には不向きな治療みたいだけど……」

色白娘「私なら大丈夫……私、元気になりたいの!」

(病弱で、精神的にもすっかり落ち込んで、寝たきりになってたこの子がこんなに積極的に……)

「あなた、この頃だいぶ明るくなったわね」

色白娘「うん、だって新聞屋さんが――」

「新聞屋さん?」

色白娘「ううん、な、なんでもない!」

28 : 以下、?... - 2018/08/02 01:21:34.721 3AUZymDg0 17/31

医者「――よくおいで下さいました」

医者「しかし、この治療法はあなたのような女性では厳しいかもしれませんが……」

色白娘「ある人と約束したんです! ……必ず元気になるって!」

医者「分かりました……私も全力を尽くしましょう」

色白娘「お願いします!」

30 : 以下、?... - 2018/08/02 01:24:51.992 3AUZymDg0 18/31

シーン…



配達員(この頃あの窓、暗くなったな……)

配達員(というか、家に人がいる気配すらしない……)

配達員(一体どうしたんだろう……?)

配達員(昼間にまた来て、近所の人に聞いてみるか……)

32 : 以下、?... - 2018/08/02 01:28:05.161 3AUZymDg0 19/31

隣人「ああ、そこのご家族?」

隣人「娘さんの治療のために、引っ越したみたいだよ」

配達員「そうだったんですか!」

隣人「色が白くて可愛らしい娘さんだったし、よくなるといいけどねえ」

配達員「本当ですね」

隣人「おや? 君、もしかして彼女の恋人かなにか?」

配達員「ち、違いますよ!」



配達員(どこに引っ越したかまでは分からなかったけど、元気ならなによりだ)

配達員(頑張れ……!)

34 : 以下、?... - 2018/08/02 01:31:06.602 3AUZymDg0 20/31

医者「――だいぶ回復してきましたね。もうほぼ完治といってもいい状態です」

色白娘「ありがとうございます!」

「先生のおかげです……!」

医者「いえいえ、お若いのによく私の治療法についてきて下さいました」

色白娘「必ず元気になるって約束したので……」

色白娘(これでやっと、新聞屋さんに会える!)

37 : 以下、?... - 2018/08/02 01:35:28.323 3AUZymDg0 21/31

新聞販売店へ行くと――

社員「あー……彼はエリアが変わってしまったんだよねー」

色白娘「えっ、そうなんですか!?」

社員「前いたエリアで配達中、寄り道してサボってるんじゃって疑惑が出ちゃってねー」

社員「クビにはならなかったけど、エリアを移されちゃったんだよねー」

色白娘(きっと私の家に来てたことだ……!)

色白娘「あの、どこに移ったかっていうのは教えてもらえないでしょうか?」

社員「あー、そういうのはちょっとねー。個人情報になっちゃうからねー」

社員「ほら、今色々と厳しいでしょ? ごめんねー」

色白娘「あ……いえ……」

38 : 以下、?... - 2018/08/02 01:37:34.220 3AUZymDg0 22/31

色白娘(あまり遠くのエリアじゃないことぐらいは分かったけど)

色白娘(私も住所変わっちゃったし、新聞屋さんの連絡先すら知らない……)

色白娘(せっかく病気よくなったのに……)

色白娘(もう……あの人には会えないのかな……)



…………

……

42 : 以下、?... - 2018/08/02 01:40:14.245 3AUZymDg0 23/31

ブロロロロ…

キキッ

配達員「……あ」


パァッ…


配達員(あそこの窓、こんな時間でも明かりがついてる……!)

配達員(もしかして……!)

45 : 以下、?... - 2018/08/02 01:44:04.385 3AUZymDg0 24/31

キモオタ「なんで人んちの窓覗き込んでたんだよ!」

配達員「えぇっと……すみません、あなたの顔が知り合いに似てたもので……」

キモオタ「似てたからって普通覗くかぁ!?」

配達員「すみません……つい……」

キモオタ「ったくキモイんだよ! せっかくアニメ見てたのに気分台無しじゃないかぁ!」

配達員「本当にすみませんでした……」

キモオタ「まぁいいや、今夜は朝までアニメ見るから忙しいんだ!」

キモオタ「今度やったらママに言いつけて警察呼ぶからな! この社会不適合者がっ!」

配達員「はい……」

47 : 以下、?... - 2018/08/02 01:46:30.952 3AUZymDg0 25/31

ブロロロロ…

配達員「はぁ~……俺としたことがバカなことを」

配達員(明かりがついてる窓を見ると、ついあの子の家なんじゃないかって思っちゃうよ)

配達員(せめて、電話番号ぐらい教えてもらっとけばよかった)

配達員(もうあの子には会えないのかな……)

ブロロロロロ…

49 : 以下、?... - 2018/08/02 01:49:21.280 3AUZymDg0 26/31

配達員「――ん?」

配達員(あそこ、なんか光ってる)

配達員(自転車のライト? ホタル? まさかヒトダマ? ……いや、どれも違う!)

配達員(ちょっと行ってみるか!)

ブロロロロ…

52 : 以下、?... - 2018/08/02 01:51:04.267 3AUZymDg0 27/31

配達員「――あ」




色白娘「……あ」


配達員色白娘「あああああああああああっ!!!」

54 : 以下、?... - 2018/08/02 01:55:04.823 3AUZymDg0 28/31

配達員「やっと会えた……」

色白娘「新聞屋さん……」

配達員「どうしてこんな時間に? 懐中電灯なんか持って……」

色白娘「あなたが配達エリア変わったって聞いて……」

色白娘「でも、明かりをつけて町をさまよえば、また会えるような気がして、毎晩……」

配達員「なんて危ないことを! 変な奴に狙われたらどうするんだ!」

色白娘「私、どうしても新聞屋さんに会いたかったから……」

色白娘「元気になった姿を見せたかったから……」

配達員「怒鳴ってごめん。そんなつもりじゃなかったんだ」

59 : 以下、?... - 2018/08/02 01:58:20.816 3AUZymDg0 29/31

配達員「たしかに元気になったね。血色がよくなってるもの」

色白娘「これも、新聞屋さんが私に元気を届けてくれたおかげ!」

配達員「だったら君こそ、新聞配達の仕事に嫌気が差してた俺に明かりを照らしてくれたんだよ」

色白娘「……ふふっ」

配達員「……ははっ」

配達員「じゃ、じゃあとりあえず今後はいつでも連絡できるよう、番号の交換を……」ドキドキ

色白娘「は、はい……」ドキドキ



…………

……

61 : 以下、?... - 2018/08/02 02:02:03.866 3AUZymDg0 30/31

……



少女「……ん」

少女(んもう、またなの!? 何度いったら分かるんだろ!)

少女「ちょっとぉ、お父さん、お母さん!」ガラッ

65 : 以下、?... - 2018/08/02 02:05:45.701 3AUZymDg0 31/31

少女「電気代もったいないから、寝る時は明かり消してっていってるじゃない!」

「ああ、ごめんごめん」

少女「なんで明かり消さないの!?」

「私が明かりをつけてたおかげで、パパとママは出会えたから、ついね……」

少女「出会いがどうあれ、ちゃんと節約はしなきゃ!」

少女「それに新聞配達の人から、この家に引きこもりニートがいるとか思われたら恥ずかしいじゃん!」

「どこで覚えたの、そんな言葉……」

「ははっ」

少女「なにがおかしいの?」

「いや……ちょっと昔を思い出しちゃってね」







おわり

記事をツイートする 記事をはてブする