1 : 以下、\... - 2017/04/16 19:47:26.336 POd/5xY6x 1/53

私の名前は天真=ガヴリール=ホワイト。下界に来て堕落した生活を送り、

まあ、いろいろあって駄天してしまったけど、いちおう天使だ。

今日はわたしの友達を紹介しようとおもう。



★ガヴリールの家

ガヴ「ヴィーネー、御飯まだー?」

ヴィーネ「もうちょっと待ってなさいよ。もうすぐでできるから…ってかなんでガヴがそんな偉そうなのよまったく…」とんとん

ヴィーネ「それと、御飯食べ終わったら掃除するわよ。こんな部屋じゃあ、悪霊が来てもおかしくないんだから」

ガヴ「はいはい。それにしても……いやあ、ほんと世話好きだねえヴィーネは…」

ヴィーネ「アンタがもう少しきちっとした生活送ってくれればこんなことしなくていいんだけどねえ」

元スレ
ガヴリール「エロヴィーネさん」ヴィーネ「はじまるわよっ」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1492339646/

2 : 以下、\... - 2017/04/16 19:50:14.131 POd/5xY6x 2/53

…彼女の名前は月乃瀬=ヴィネット=エイプリル。下界で知り合い、友達になった。

通称ヴィーネ。

ヴィーネは悪魔なんだけど、見てのとおりきっちりした性格で、世話好きで、困った人を見ると放っておけない、そんな性格。

普通の悪魔の中じゃあ変わってるんじゃないかな。ま、おかげでこっちは助かってるけど。


ただ………、ヴィーネはもう一つ普通の悪魔とは、変わってることがあって…

3 : 以下、\... - 2017/04/16 19:51:26.627 POd/5xY6x 3/53

ヴィーネ「ところでガヴ。今日の私、何か変わってるところない?」

ガヴ「え?何それ知らないよ、いつものヴィーネじゃん」

ヴィーネ「えー、ちょ、なによそれ、てきとーすぎるでしょ、ちゃんとよくみてよ」

ガヴ「えー、ああ、わかった、なんかルーズソックスとかいうダボダボの靴下はいてるとか、そんなの?」

ヴィーネ「違うってば!そんなところじゃなくて」

ガヴ「じゃわかんないよもう。答え教えてよ。別に興味ないけど」

ヴィーネ「はあ…まったく、会話のしがいがないわねえ…まあそれじゃあ言うけどさ…」

ヴィーネ「あのねガヴ。実は今日わたし、パンツ穿いてないの」

ガヴ「わかるかそんなもんっっ!!!」




変わってること、それは…


そう、ヴィーネは普通の悪魔よりドスケベってことだ。

4 : 以下、\... - 2017/04/16 19:52:27.438 POd/5xY6x 4/53

エロヴィーネさん 第1話


★ヴィーネの家

ガヴ「ヴィーネー、いるー?」

ぴんぽーんぴんぽーん

ヴィーネ「!??が、ガヴ!?ちょ、ちょ、ちょっとまって」どたどた

ガヴ「…?」

6 : 以下、\... - 2017/04/16 19:53:48.832 POd/5xY6x 5/53

★ヴィーネの部屋

ヴィーネ「い、いいい、いらっしゃい…が、ガヴ…はあ…はあ…」

ガヴ「(……うわあ…こいつのこのえっちい顔……それにこのにおい…、こいつまさか…)」

ガヴ「ヴィーネさんさあ…………」

ヴィーネ「な、なによ」

ガヴ「お前、もしかして、オナってた?」

ヴィーネ「!!??」

12 : 以下、\... - 2017/04/16 19:55:24.027 POd/5xY6x 6/53

ガヴ「ヴィーネさんさあ…お前、もしかして、オナってた?」

ヴィーネ「!!??」

ヴィーネ「は、はああ!?お、な、なな何よ!?何言ってんのよガヴ!?わ、わたし、つ、使ってないわよさすがに道具は!?」

ガヴ「いやそんな、一気に踏み込んだことまで聞いてねーよ!オナってたんだな!?オナったんだろがっ!?」

ヴィーネ「い、いや…確かに…お、おな……し、してたわよ!?してまけどっ!な、何よ悪いの!?だ、だってわたし、普通の悪魔より性欲強いんだもん、しょうがないじゃん!」

ガヴ「いや別に悪いとかいってないけどさあ…ま、盛り上がってたところお邪魔してわるかったね…わたし帰るから」

ヴィーネ「!!?」

14 : 以下、\... - 2017/04/16 19:58:02.691 POd/5xY6x 7/53

ヴィーネ「え!?ちょ、ちょっと待ってよガヴ…!わ、私さすがにお客さんが来たら、そ、そんなことしないわよ!」

ガヴ「いやけどお前…なんか顔まだえっちいし…、はあはあ言ってるし……目の前でおっぱじめられると面倒だし…」

ヴィーネ「だ、大丈夫よ!も、もう、おさまったからっ!だ、だから、帰るとかそんなこと言わないでよっ!せ、せっかく来たんだからっ」

ガヴ「えー、けどぉ…」

ヴィーネ「だ、大丈夫だからっ!ほ、ほら、も、もう全然、そんなエロい感じじゃないからっ、ねっ! 頭の中は数式とかお経のことでいっぱいだからっ」

ガヴ「いやそれもどうかと思うけど…」

15 : 以下、\... - 2017/04/16 20:00:01.197 POd/5xY6x 8/53

ガヴ「ま、いいか、せっかく来たんだし、それじゃそこのソファーでくつろがせてもらうよ…テレビみさせてもらうね」

ヴィーネ「……う、うん…」

ガヴ「……ははっ」

ヴィーネ「………」じー

ガヴ「……はは…」

ヴィーネ「……ん」

ガヴ「……」

ヴィーネ「……んん…」もじもじ…

ガヴ「……」

17 : 以下、\... - 2017/04/16 20:05:16.656 POd/5xY6x 9/53

ヴィーネ「ご、ごめんガヴ…わたし、ちょっとトイレに…」

ガヴ「ちょっとまて」

ヴィーネ「な、なによガヴ、は、離してよっ!と、トイレ早くいかないとっ、は、早く!」

ガヴ「そんなこと言ってお前、トイレでオナる気だろうがっ!我慢するとか言って駄目だったんだなっ!正直にいえ!このエロヴィーネっ!?」

ヴィーネ「だ、だだって、が、がまんできるわけないじゃないっ!?さ、さ、さっきまで頭の中で想い描いてた人が目の前にいるのにっ!我慢できないわよっ!」

ガヴ「は、はああ!?なに言ってんだお前ぇえぇぇっ!??てか、お前、手に何か隠しもってんな! なんだ、それ、見せろコラ!」

ヴィーネ「は、離してってばあ!は、はやくしないとっ、って、ああ!?」ぼとっ

ウィンウィンウィン…

ガヴ「いや、やっぱ道具も使ってたんじゃねーかああ!!」

19 : 以下、\... - 2017/04/16 20:07:35.063 POd/5xY6x 10/53

エロヴィーネさん 第2話

★登校中

ラフィ「おはようございます、ガヴちゃんにヴィーネさん」

ガヴ「うーす」

ヴィーネ「お、おはよう、ラフィ」もじもじ

ラフィ「………?」

ヴィーネ「」もじもじ

20 : 以下、\... - 2017/04/16 20:08:59.648 POd/5xY6x 11/53

ラフィ「あらあらぁヴィーネさん……?その感じ…もしかして今日もノーパンだったりして?」

ガヴ「は、はああ!?何、ヴィーネ!?またそんなことしてんの!?」

ヴィーネ「え!?ば、ばかじゃないの2人とも!?は、穿いてるわよ!ちゃんと!さすがにそんな毎日、そんなえっちなことしないわよっ!!ほらっ!!」

ガヴ「スカートをめくり上げるなスカートをっ!い、いいから、とっとと下げろバカっ!」

22 : 以下、\... - 2017/04/16 20:11:27.578 POd/5xY6x 12/53

ラフィ「あらあ…違いましたか…それじゃ私の勘違いでしたねえ…」

ヴィーネ「そ、そーよ!ガヴもラフィも、いつもいつも私をエロ悪魔扱いしないでよ」

ガヴ「いや、大体そうだから疑われてもしかたないんだがな」

ラフィ「けど今回は勘違いでした。すみませんヴィーネさん…、けど、あら…?けど、スカートから、何か音が…」

みぃーーーーーー…

ヴィーネ「………あ、う……」もじもじ

23 : 以下、\... - 2017/04/16 20:14:55.956 POd/5xY6x 13/53

ガヴ「……」

ラフィ「……」

ヴィーネ「ん……あ…」

ラフィ「ああなーーーんだヴィーネさん…、今日は飛びっ…」

ガヴ「このドエロがああ!!抜けっ!!とっとと抜けよこのドエロ悪魔があ!!」

ラフィ「ところでヴィーネさん、リモコンはどこですかリモコンは!?今日一日、私にリモコンを預ける気は…!!」

ガヴ「いやお前ももう、ほんとうっさいわあ!!!」

25 : 以下、\... - 2017/04/16 20:16:09.741 POd/5xY6x 14/53

エロヴィーネさん 3話

ガヴ「ったく、ヴィーネのエロエロっぷりには、ほんと参るわ…」

ヴィーネ「な、なによ…わ、私だって好きでこうなったわけじゃあないのに…」

サターニャ「そーよガヴリール…ヴィネットは一応、サキュバスらしいし…サキュバスがエッチなのは当たり前のことだし…多少のエッチなことは大目にみなさいよ」

ラフィ「あらサターニャさん、おはようございます」

27 : 以下、\... - 2017/04/16 20:19:46.080 POd/5xY6x 15/53

ガヴ「なんだ、アホ悪魔か…てかヴィーネってサキュバスだったの?」

サターニャ「そーよ、たしかそうだったとおもうけど…」

ガヴ「ふーん…けど、エッチなことは大目にみろとか偉そうなこと言ってるけど……、サターニャ、お前って、そもそも、そういう知識あんの?」

サターニャ「はあ?な、な、何言ってんのよアンタ…大悪魔サターニャさまに知らないことなんてあるわけないでしょ?」

ガヴ「へー、そー、だったらさあ…お前…赤ちゃんがどうやってできるのか知ってんの?」

サターニャ「んな…、え、エっっロっ!!何よそのエッチすぎる質問は!? サイテーねガヴリール!アンタもドエロ天使ねっ!」

ヴィーネ「アンタ〝も"って……、サターニャ……、私傷ついちゃうんだけど…」

28 : 以下、\... - 2017/04/16 20:23:03.475 POd/5xY6x 16/53

ガヴ「いいから答えてみろよアホ悪魔…まさかお前、下界の子供みたいに、コウノトリがどーのとかいうんじゃあないだろうな?」

サターニャ「は、はあああ!?何よその子供騙しは!あ、あんた、人をバカにするのもいい加減にしなさいよっ!」

ガヴ「いやいや、御託はいいからさあ…早く答えろよサターニャ…なあ…ふひひ」にやにや…

ラフィ「うわあ…ガヴちゃんも大概、ゲスいですねえ…」

サターニャ「……い、いや………だ、だから…、き、き、キッスしたらできるんでしょ…?あ、赤ちゃん」かああ

ガヴ「えええ!!?な、なんか可愛いなお前っ!?」

30 : 以下、\... - 2017/04/16 20:28:48.431 POd/5xY6x 17/53

サターニャ「は、はあ?な、何よそれ…ひ、人にそんなエッチなこと言わせといて…う、うう…」かああ…

ガヴ「い、いやサターニャ、なんかごめ…」

ヴィーネ「違うわサターニャ…あのね、キスっていうのは前戯って言って、まあ、それも赤ちゃんを作る行為の一環といえばそうかもしれないんだけど…けどね、赤ちゃんを作るっていうのはね…具体的にはまずサターニャがあおむけになって」きりっ

ガヴ「いや黙れこのエロ悪魔があ!純情のままでいさせてあげろよっ!なんかわたし、サターニャがかわいそうになってきたからっ!!」

ラフィ「あああああ……さ、サターニャさんサターニャさん…、なんですかこの…キャベツ畑やコウノトリを信じてる可愛い女の子に無修正のポルノをつきつける時を想像するような下卑た快感さは…」ぷるぷる…

ガヴ「いやほんとお前も大概だなっ!!ほんと何言ってんのぉ!?」

32 : 以下、\... - 2017/04/16 20:35:34.745 POd/5xY6x 18/53

エロヴィーネさん 閉話休題

★登場人物紹介


『ガヴ』
ネトゲが好きな駄天使。ぐーたらでダメダメ。奥手でえっちなことが嫌い。
なんだかんだで優しく友達おもいで、ヴィーネのことは少なからず想ってる。
だがこの優しさが逆にヴィーネにそそらせる要因となってしまっている。


『ヴィーネ』
心優しくしっかり者で世話好きな悪魔だが、とてもエロい。
ガヴが大好き。
ガヴのことを常日頃からモフモフしたいと思ってるが自分は小心者なのでできないと思っている。

『ラフィエル』
ドSな天使。エロいこともヴィーネの次に知識があり、嫌いではない。
サターニャのことを常日頃からモフモフしたいと思ってて、その気になれば、多少嫌がられてもいつでも無慈悲に実行するだけの行動力と冷徹さをもつ。

『サターニャ』
悪魔。イタズラ好きでガヴリールをライバルだと思ってる。ヴィーネとは同郷の悪魔で、ヴィーネのエッチな奇行をそれなりに心配してる。
エッチな知識はほとんどなく、純情。だが、この屈託のない無邪気さが逆にラフィエルにそそらせる要因となってしまっている。

36 : 以下、\... - 2017/04/16 20:46:59.053 POd/5xY6x 19/53

エロヴィーネさん 第4話


★ガヴ達の教室

ラフィ「ガヴちゃーん、今日もやさぐれ可愛いですねえー」もふもふ

ガヴ「胸押し付けんな!」

ラフィ「じゃあのせちゃいますねー」

ガヴ「ああもう…うざったいなー」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「(いいなあ…)」

37 : 以下、\... - 2017/04/16 20:48:18.030 POd/5xY6x 20/53

ある日

★ガヴリールの家

ガヴ「ああもう、こいつ経験値横取りしやがって…たくもー」かちかち

ヴィーネ「ガヴ…、ちょっと相談があるんだけど」

ガヴ「はー?なに?」

ヴィーネ「あのね、わたしにもちょっと、ガヴを『モフリング』させてもらいたいんだけど」

ガヴ「いや、それで会話通じると思ってるお前がすごいわまじで」

38 : 以下、\... - 2017/04/16 20:49:31.484 POd/5xY6x 21/53

ヴィーネ「いやだから、要するに、私にもガヴをモフモフさせてほしいっていってんの!」

ガヴ「ああ、なんだよそれ……意味わかんない…モフリングってそういう意味かよ、言葉作んなよ勝手に」

ヴィーネ「そ、それで返事は…!」うずうず…

ガヴ「ああうん、やだ、絶対」きっぱり

ヴィーネ「」ぷくっ

39 : 以下、\... - 2017/04/16 20:51:55.374 POd/5xY6x 22/53

ヴィーネ「や、やだって……え、な、なんで…」

ガヴ「いやだって、お前……エロいじゃん…」

ヴィーネ「え?」

ガヴ「いや、ここにきて、え?じゃないでしょ…ヴィーネさん…あの、まじヴィーネさんに襲われたくないから、無理だから…結構です」

ヴィーネ「い、いやいや襲うだなんて、わ、私はただモフモフを…」

ガヴ「ムリです、結構です!あきらめてくださいっ!」

ヴィーネ「」

40 : 以下、\... - 2017/04/16 20:54:15.312 POd/5xY6x 23/53

ヴィーネ「ふーん、そーいうこというんだー、へー、ガヴさん」

ガヴ「は、な、なんだよ急に…」

ヴィーネ「あーあー! 教室でラフィとは、あんなエッチばっかしてたくせに…わたしとは嫌なんだ…へーそー」

ガヴ「いやいやいや!?何、教室でラフィとエッチって!?誤解の招くようなこと言わないでくれるっ!」

ヴィーネ「何よ、ラフィには頭をπ刷りさせてたくせにっ!私には、ちょっとモフモフさせるのも嫌なんだ!ラフィにはπ刷りを、πをスリスリさせてたのにねっ!!」

ガヴ「π刷りってなんだよっ!ほんとわざわざ卑猥な言葉に変換しないと会話できないのお前!??」

46 : 以下、\... - 2017/04/16 21:01:42.243 POd/5xY6x 24/53

ガヴ「あ、あああもう!!じゃ、じゃあ、わかったよ…す、少しだけだからね」

ヴィーネ「ほ、ほんとっ!」

ガヴ「う、うん…け、けど…え、エロいことは禁止だからね…も、モフモフだけね…あ、アメリカ人が挨拶するノリで…モフモフってか、ハグっていうか…」

ヴィーネ「う、うん、わかった」がばあっ!

ガヴ「って、は、早っ、むむぐっ!!」

ガヴを抱き寄せるヴィーネ

ヴィーネ「……」

ガヴ「……」

47 : 以下、\... - 2017/04/16 21:06:15.564 POd/5xY6x 25/53

ヴィーネ「(うわあ…ガヴ…やわらか…そしていい匂い……、う、うわ…なんか…う、うわあ…)」

ヴィーネ「」もじもじ…

ヴィーネ「………、……って、きゃあ!」

ガヴ「はあ…はあ…」

ヴィーネ「な、なにすんのよアンタ!急に人のこと突き飛ばさないでよ!」

49 : 以下、\... - 2017/04/16 21:07:16.145 POd/5xY6x 26/53

ガヴ「お、おわり!もう、終わりっ!な、なんかお前、もじもじし始めて、なんか、エッチっぽくなったから、お、終わり!」

ヴィーネ「え、ええ!?な、なんでよ、ま、まだ全然モフモフしてないのにっ!」

ガヴ「してたじゃん!?も、もう十分だしっ!?い、いったじゃん!アメリカ人の挨拶的なノリだって!」

ヴィーネ「うんだから、わかってるわよ!?アメリカ人が挨拶するノリでフ〇ックする的な」

ガヴ「アメリカ人バカにしてんのお前!??」

50 : 以下、\... - 2017/04/16 21:10:52.404 POd/5xY6x 27/53

ガヴ「あーもういいから、もうおしまいなの!わ、わたしネトゲするからっ!もうこれで終わり!」

ヴィーネ「え、ええー…ちょ、ちょっとガヴさん」

ガヴ「うるさい!」

ヴィーネ「(なによガヴのやつ…ぶつぶつ…)」

ヴィーネ「(けどなんか…ガヴって…なんか柔らかくて……いい匂いして…、えへへ…まあ、よしとするかな)」


ガヴ「……」

ガヴ「」かああ…

ガヴ「(やばかったああ……!!)」

ガヴ「(ヴぃ、ヴィーネってば…、な、なんなのあれ………なんか柔らかくて…いい匂いして……、なんかあのままモフモフされてたらやばかった…、まじでやばかったかも…!! なんなのあれ…!もうホントやばかったんだけどお!)」

51 : 以下、\... - 2017/04/16 21:20:19.451 POd/5xY6x 28/53

エロヴィーネさん 第5話

★教室

サターニャ「くっく…この魔界通販で買った特性の銃で、ガヴリールを…ってああ!」

ガヴ「このクソ悪魔…まーた、こんなくだらないもの買いやがって」

サターニャ「ちょ、か、返しなさいよガヴリールちょっと…って、あいたあ!」ぱーん

サターニャ「ひ、人の銃取り上げて、撃ってくるなんてこの悪魔!!」

ガヴ「お前がやろうとしたことだろーが…、ったく毎回毎回、お前は私にイタズラばっかしてきて」

サターニャ「イタズラとか子供っぽいいいからしないでよ!勝負よ勝負!私はアンタと勝負したいのよ!」

ガヴ「あーはいはい…」

ヴィーネ「……」

ヴィーネ「(……いいなあ…)」

53 : 以下、\... - 2017/04/16 21:23:12.568 POd/5xY6x 29/53

ある日

★ガヴリールの家

ガヴ「ああもう、こいつヒールしろよヒールを…ったくもー」かちかち

ヴィーネ「ガヴ…、ちょっと相談があるんだけど」

ガヴ「はー?なに?」

ヴィーネ「あのね、わたしにもちょっと、ガヴに”悪戯”させてもらいたいんだけど」

ガヴ「いやほんとお前何言ってんのマジで!?」

55 : 以下、\... - 2017/04/16 21:25:50.847 POd/5xY6x 30/53

ガヴ「いや、もう…ツッコむまでもなく、駄目だけどっ!」

ヴィーネ「へー、ガヴさん…サターニャには毎回毎回、”悪戯”させて、なんだかんだで許してるくせに…私にはさせてくれないんだ…へー」

ガヴ「いや何、”悪戯”って!?なんでお前イタズラって単語をわざわざ漢字表記にしてんの!?なんでわざとエロい感じに言い直すの!?バカなの!?」

ヴィーネ「なんで!?教室ではいつもいつもサターニャの”悪戯”を受け入れてるくせに!?ほんとはうれしい感じの空気かもしだして!ほんとは期待してるんでしょ、サターニャの”悪戯”を!?? なんで私にはダメなの!?私にも”悪戯”させてよ!ガヴに”悪戯”させてよ!!」

ガヴ「いやほんとうっさいわあ!!!お前もう帰れぇ!!」

56 : 以下、\... - 2017/04/16 21:29:34.706 POd/5xY6x 31/53

エロヴィーネさん 最終回

★登校中

ヴィーネ「あ、あの、ガヴ…昨日はごめん…わ、わたし…ついつい…」

ガヴ「ああ?知らないよお前みたいなエロ悪魔のことなんか…!もう口も利かないから話かけんなっ! ドスケベ悪魔っ!」

ヴィーネ「え、あ、あの…」

ガヴ「わたし一人で登校するから、着いてくんなよっ!」

ヴィーネ「あ、あの…ガヴリール…」

ヴィーネ「………」

57 : 以下、\... - 2017/04/16 21:33:26.275 POd/5xY6x 32/53

ヴィーネ「どうしよう………わたし、ガヴに…ひどいことしてしまったわ…」

ラフィ「大丈夫ですよヴィーネさん…ガヴちゃん、一時的にあんなこと言ってるだけですから」

サターニャ「そーよ、気にすることないわよ、私が今日アイツにきつく言っておいてやるわ」

ヴィーネ「……うん…あ、ありがとう…2人とも」

ヴィーネ「………」

58 : 以下、\... - 2017/04/16 21:39:42.380 POd/5xY6x 33/53

その翌日

★学校

サターニャ「ヴィネットのやつ、今日、学校に来てないわ…」

ラフィ「一体どうしたんでしょう、今まで休んだことなんてなかったのに」

ガヴ「はー、知らないよ…ヴィーネなんか、普通にサボりじゃね?」

サターニャ「アイツが無断で学校サボるわけないじゃないのよ!体調でも悪いのかしら」

ガヴ「…どーでもいーじゃん、ほっとけって」

サターニャ「はあ!?何言ってんのよガヴリール!アンタヴィネットのことが心配じゃないの!?」

ガヴ「べ、別にわたしは…」

ラフィ「ガヴちゃん、意地にならずに、3人で様子を見に行きましょうよ、ね」

ガヴ「……ん、ま、まあ…それくらいなら」

59 : 以下、\... - 2017/04/16 21:46:25.908 POd/5xY6x 34/53

★ヴィーネの家

ヴィーネ「はあ…はあ…」

サターニャ「ヴぃ、ヴィネット、大丈夫…ねえ!」

ラフィ「ベットで眠ったままうなされてますね…、これは一体」

ガヴ「………っ」

サターニャ「は!そ、そういえば聞いたことあるわ…サキュバスは…確か、ええとなんだっけ、そう……『せいてきよっきゅー』が不足すると…体調がすごく悪くなって…やがては死にいたる…って」

ガヴ「え…なにその設定…」

ラフィ「え!??……あらあら…それは大変ですね」

ガヴ「ああ信じるんだ、容易に…」

61 : 以下、\... - 2017/04/16 21:49:02.285 POd/5xY6x 35/53

ラフィ「つまり今のヴィーネさんは『せいてきよっきゅー』が著しく低下した状態…おそらくは誰かさんとけんかしちゃって、そのよっきゅーを満たすどころじゃなくなったのが原因かと…」

ガヴ「な、なんだよラフィ…そ、それって私のせいみたいに聞こえるんだけど…ま、まあいいけど、それでどうしたらヴィーネは体調が回復するの?」

ラフィ「え?」

ガヴ「あ?」

62 : 以下、\... - 2017/04/16 21:50:52.426 POd/5xY6x 36/53

ラフィ「いやいや、だから話聞いてました、ガヴちゃん?『せいてきよっきゅー』が低下してるんですよ?だから、それを満たせてあげれば解決ですよね?満たしましょ? ヴィーネさんのHなよっきゅー、満たせてあげましょうよ」

ガヴ「は、はああ!?なに言ってんの、そ、それってなに!?どういうこと!?意味わかんないんだけどっ!」

ラフィ「ええだから、ガヴちゃんがヴィーネさんを犯してください。それで万事解決ですから」

ガヴ「できるかあほぉ!!」

63 : 以下、\... - 2017/04/16 21:57:24.955 POd/5xY6x 37/53

ガヴ「ば、ばかじゃないの、できるわけないじゃん!そ、そんなことっ!ていうか、なんで私!?別にラフィエルでもサターニャでも…」

サターニャ「…??…??」きょとん

ガヴ「うわ、なにこいつ!全然話についていけてない!すごい無垢な顔してる!2歳児みたいになってる!!」

ラフィ「それじゃ避妊具と各種もろもろのおもちゃ(わたしの)をアイテムとしてここ置いときますんで、ガヴちゃん、ちゃっちゃとおとなの階段、ヴィーネさんで上っちゃってくださいね、ではでは!」

ガヴ「は、はああ!ひ、避妊具って!わ、わたしも女なんだけどっ!それにおもちゃって、う、うわグロっ!お前も持ってんのかよこんなに!」

ラフィ「それじゃわたしとサターニャさんは喫茶店で時間つぶしておきますからねー(2時間程度)。あとは頼みましたよガヴちゃん!」

ガヴ「うおおおおおおいい!!」

ガヴ「えー。ど、どうすんだよこれ…」

65 : 以下、\... - 2017/04/16 22:09:48.064 POd/5xY6x 38/53

ガヴ「え、ええ…む、無理だよそんなの…わ、わたし一応、天使なのに…え、えっちなのとかだめなのに…無理にきまってるのに…」

ヴィーネ「が、がヴ…」

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネ!目が覚めた!だ、大丈夫なの?体調は!?」

ヴィーネ「う、うん…最悪…。体が思うように動かなくて…」

ガヴ「そ、そんな…」

ヴィーネ「それに……なんかめちゃくちゃムラムラするし…もう辛抱たまらない感じ…」

ガヴ「いやもう、さいてーだなオイ…」

67 : 以下、\... - 2017/04/16 22:15:03.093 POd/5xY6x 39/53

ガヴ「ヴィーネ…あの………その、実は…」

ヴィーネ「うん…、実は……朦朧とした意識の中だけど……、話は、なんとなく聞いてたわガヴ」

ガヴ「え?」

ヴィーネ「けど、いいのもう…ガヴはそういうの嫌いなの、わかってるし…もういいの」

ガヴ「ヴぃ、ヴィーネ、な…なにいってんだよ」

ヴィーネ「私はもう…サキュバスとして生まれた自分の性分を捨てることはできない…けど、それでガヴに迷惑をかけたいとは思ってないから…はあ、はあ…」

ガヴ「んな…ヴぃ、ヴィーネ、な、何言ってんだよヴィーネ、お、おい…」

ヴィーネ「……」

ガヴ「(あ、あれ…ヴィーネのやつ…なんか………、可愛いんだけど…

あれ……こいつ………こんなに可愛かったっけ…?)どきどき


ガヴ「(なんかすごく……、抱きしめたい…)」

68 : 以下、\... - 2017/04/16 22:17:29.659 POd/5xY6x 40/53

ヴィーネ「だ、だからもうガヴは…わたしのことは…もう放っておい…きゃあ!」

ヴィーネを強く抱き寄せるガヴ

ヴィーネ「あ、あああ…あの…が、ガヴさん…あの…あの……」

ガヴ「な、なに言ってんだよヴィーネ!ば、バカなこと言わないでよ! お、お前は…ぜ、絶対にわ、私が助けてやる、からな!!」

がばあ!

ヴィーネ「え、あ、あのが、ガヴさん…え、あ、んん!!!?」

71 : 以下、\... - 2017/04/16 22:26:38.164 POd/5xY6x 41/53

★ヴィーネの部屋の前

ラフィ「二人はそろそろ、すんだでしょうか…」

サターニャ「ねえラフィエル…、私なんか途中から全然話についていけなかったんだけどー、結局ガヴリールとヴィネットが何することになったわけ?」きょとん

ラフィ「(うっっっわあ、もう、マジ可愛い…ぶち犯したい…いろんなとこモフモフしたいですサターニャさん…、流石は私の親友であり、オカズですね…ああ、けど今は状況と場所をわきまえないと…)」

ラフィ「が、ガヴちゃーん…、ヴィーネさん…は、はいりますよー」おずおず

72 : 以下、\... - 2017/04/16 22:33:34.344 POd/5xY6x 42/53

ガヴ「……」

ラフィ「あれ、ガヴちゃん一人ですか…?」

サターニャ「ちょっと、ヴィネットはどこにいったのよ、ベットにいないみたいだけど」

ガヴ「…い、いや…そこにいるじゃん」

サタラフィ「「え?」」

73 : 以下、\... - 2017/04/16 22:37:08.541 POd/5xY6x 43/53

ヴィーネ「あ、あうう…」かああ…

サターニャ「ヴィネット…、目が覚めたのね、よかった…あれ、けどなんでそんな顔真っ赤にして、隅のほうで座ってんのよ…」

ヴィーネ「う、あ、…あう…が、ガヴに…あ、あの…わ、わたし…ガヴに…はわわ…」

サターニャ「はあ?」

ラフィ「あらあらあら…どうやらヴィーネさん……耳年増かつおひとり様での経験があるだけで……ダブルスでの”実践”は初めて、つまりは、てんで”ウブ”だったんですねえ…、なんかかわいいですねえ」

74 : 以下、\... - 2017/04/16 22:38:15.151 POd/5xY6x 44/53

サターニャ「え、なにそれ、どーいう、何言ってんのアンタ?」

ラフィ「しかし、経験値的にはガヴちゃんも同程度のはずですけど……ヴィーネさんをしっぽり”満足”させて目覚めさせるだなんて、エッチぃこと嫌いなガヴちゃんが頑張りましたねえ…」

ガヴ「あ、ああああもう!!う、うううううっさいわ!」

ラフィ「けど…あら、ガヴちゃん…わたしのお道具コレクションが全然使った形跡がないんですけど…これは一体…どういう…」

ガヴ「これは一体、じゃないわ!!使うかそんなグロテスクな道具!!ば、ばーかばーか!」

サターニャ「え?え?なに?なんのこと?ねえ?ガヴリール、よくみたらアンタも顔真っ赤にしてどうしたの……それになんかすごく息粗いけど…」

ガヴ「ぎゃあああ!う、うっさいアホ悪魔ああ!!」

76 : 以下、\... - 2017/04/16 22:49:33.812 POd/5xY6x 45/53

数日後

★登校中

サターニャ「ま、元気になってよかったわねヴィネット」

ラフィ「ほんとですね、一時はどうなることになるかとおもいましたが」

ヴィーネ「ええ、心配かけてごめんねみんな」

ガヴ「ふん…」

77 : 以下、\... - 2017/04/16 22:50:21.445 POd/5xY6x 46/53

ラフィ「しかしヴィーネさん…今後も、たびたび『せいてきよっきゅー』が低下して体調を崩してしまうことがあったら、大変ですよねえ…何か対策を考えなきゃいけないのでは…」

ガヴ「……、」

ヴィーネ「あ、あの…その話なんだけどね…あの実は…」

ガヴ「や、そ、そそその時はわ、私がまた…」かああ…

ヴィーネ「わたし、実はただのカゼだったみたいなのよね」

ガヴ「あ?」

80 : 以下、\... - 2017/04/16 22:54:09.061 POd/5xY6x 47/53

……………

ヴィーネ「あの後、お医者さんに行ったら、発覚して…」

サターニャ「あら、そーだったの。駄目ねアンタは、季節の変わり目なんだから気をつけないさいよ」

ヴィーネ「そうね、気を付けることにするわ、サターニャ」

ガヴ「………」

ラフィ「え、それじゃあ『せいてきよっきゅー』が低下うんぬんっていうのは…」

ヴィーネ「うん、全部違ったみたい」

ラフィ「ああ、そうだったんですか」

ヴィーネ「…あ、ついでにいうとね。わたし、サキュバスでもないらしいのよね」

ガヴ「…………、ああ?」

82 : 以下、\... - 2017/04/16 22:58:09.376 POd/5xY6x 48/53

ヴィーネ「ええ、この間、家に連絡して両親に聞いたら、そんなことない、普通の悪魔だ、って。いや、ていうかサキュバスなんて架空上の悪魔だろって」

サターニャ「あれー、そうだったかしら…、私、それじゃ何か漫画のキャラの設定とかと勘違いしてたのね」

ラフィ「あー、そういうことってよくありますよねえ…」

ガヴ「…………」

ガヴ「え、…い、いやいや…だ、だってお前…ヴィーネ、…お、お前…エロいじゃん? ドスケベじゃん?…じゃ、じゃあお前がエロヴィーネなのって…」

ヴィーネ「うんっ、全部私の天然みたいなのっ」にっこり

ガヴ「サイッテーのカミングアウトだなオイ!!」

83 : 以下、\... - 2017/04/16 23:07:16.789 POd/5xY6x 49/53

ヴィーネ「あ、けど強いて言うなら、小さいころ、両親の珍しいプレイを目の当たりにしたことがトラウマとなって…」

ガヴ「いやいやいや聞かない聞かないから、そんなクソみたいな思い出!」

ラフィ「あらあら~、けどまあ、ヴィーネさんが元気になったのだから一見落着ですよねえ」

サターニャ「そうね、何も問題はないわね」

ガヴ「問題あるだろっ!!大ありだろっ!!」

サターニャ「何よガヴリール…道端でうるさいやつね」

ガヴ「も、も、もてあそばれた…ヴぃ、ヴィーネに…わ、私、も、もてあそばれた!」

ヴィーネ「え、ちょ、が、ガヴリール?」

86 : 以下、\... - 2017/04/16 23:13:30.401 POd/5xY6x 50/53

ガヴ「な、なななんだよ、ば、バカヴィーネ! わ、わ、わたし、は、初めてだったのにっ!わ、私の大事なは、初めてを! ヴぃ、ヴィーネの命が危ない、っていうから、必死でわ、私頑張ったのに!さ、さいってー!ば、ばーか!も、もう絶交だ!今度こそぜ、絶交だからな!」

ラフィ「あらあ~、そういえば、なんかガヴちゃんとヴィーネさんがチョメチョメしたとかなんとか……そんなこともありましたねえ…」

ガヴ「そこ曖昧な思い出話みたいにされてもっ!」

87 : 以下、\... - 2017/04/16 23:16:34.066 POd/5xY6x 51/53

ラフィ「しかしガヴちゃん…ガヴちゃんも、今回の一件でヴィーネさんとオトナの階段を上ることができたのですから、これは儲けものと思わないと…」

ヴィーネ「お、落ち着いてよガヴ…た、確かにガヴの初めてを…、具体的にはガヴにモフモフされて、頭ナデナデされて……ほっぺにいっぱいチューされたのは…わ、わたし…、す、すごく、うれしくて…興奮しちゃった……け、けど…」かあああ

ラフィ「は?」

ガヴ「ぎゃ、ぎゃあああああ!な、なんでそういうことみんなの前で言うかなあ! ほ、ホントさ、サイッテーだなヴィーネ!もう絶交だ!絶対絶交!」

ラフィ「え、何言ってんですか…、も、モフモフ…ほっぺちゅー?…え…、なにそのお遊戯?何言ってんですか、この児童2人は?」

89 : 以下、\... - 2017/04/16 23:24:03.764 POd/5xY6x 52/53

ラフィ「」がたがた…

ラフィ「さ、サターニャさん…こ、この2人おかしすぎますよぉ…2人きりでした行為って、結局…モフモフチュー、とかなんとか…って、なんなんですかこの児童2人…さすがにこれはキモチ悪いですよ………ね、ねえ?さ、サターニャ…さ、さん…」わなわな…

サターニャ「は、はわわ…モフモフチューって……え、エッチなことしてたんだ…あ、あの時……が、ガヴリールと…ヴぃ、ヴィネットが…チューされて…はわわわ…どうしよう……ヴィネットが…に、妊娠しちゃう…」ぷるぷる…

ラフィ「(あーーーーもう!!くっそもう可愛すぎるっ、もうここでぶち犯したいですううう!!!)」ムラムラ…

92 : 以下、\... - 2017/04/16 23:27:08.798 POd/5xY6x 53/53

ヴィーネ「ぜ、絶交なんで私絶対嫌だからねっ!わ、わたしあの時のガヴのモフリングを思い出して、毎日オナッてるんだからっ!これからも私のそばにいてよ!」

ガヴ「いるかボケ!!すっげーキモチ悪いわ!この変態っ!変態っ!変態っ!変態っ!変態ヴィーネ!!」

ヴィーネ「は、はあああ!?な、何よ!それ!!わ、私ばっかりそんな言い方してっ! ガヴのほうこそ、なんかあの時顔真っ赤にして、切なそうな顔して……私をモフモフしてキスしながらお股をもじもじさせたくせに…」

ガヴ「ぎゃああああああ!!だからもう言うなっつってんでしょうがあああああ!!」


なんとなくおしまい

記事をツイートする 記事をはてブする