提督「コンナハズハー」 吹雪「?」【安価有り】

523 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 13:03:02.88 pmX5YW2eo 285/564

どうせなら埋まるまで安価やりますかね

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

524 : 以下、名... - 2017/05/20 13:04:00.29 tFtTxvwCo 286/564

夕雲

525 : 以下、名... - 2017/05/20 13:06:18.02 hyO1s5jlO 287/564

くまー

526 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 13:07:13.77 pmX5YW2eo 288/564

↓1 夕雲が提督のことを殺したいほど嫌っている理由は?

527 : 以下、名... - 2017/05/20 13:15:18.98 DHOFphk3o 289/564

いくら誘惑しても甘えてくれなかった

530 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 14:24:01.92 xIp2SJDbo 290/564

「提督、夕雲に甘えてもいいんですよ?」

「すまない、今忙しいからあとにしてくれ」

「………………」


「提督♪ お疲れの」

「パパ、最近無理しすぎじゃねぇか?」

「そうか? そうでもないつもりだが。それよりもパパなんて、どうした? 久しぶりじゃないか」

「へへ……たまには良いだろー?」ギュゥゥ

「いつまでたってもあまえん坊だな」

「………………」


「ていと」

「武蔵、大和……なんの真似だ」

「……た、たまには提督を労ってやろうと、な……」ギュッ

「はい♪ いつもお世話になってるお礼です♪」ギュッ

「こう近いと仕事が仕事が……」

「……貴様、私たちと仕事のどちらが大切なんだ」

「なに? そんなもの、比べられるものでは」

「私たちですよね♪」ギュー

「…………当然だ」クイッ

「………………」


「て」

「見ているだけで幸せなんて嘘っす。占守には無理っしゅ」ギュゥゥ

「占守……爪が、食い込んで……!」

「占守は、占守は……」

「………………」


「にゃあ……」

「多摩は可愛いな……」

「ふにゃぁ……」ゴロンゴロン

「待て、その格好で猫のようにするのは不味い」

「提督なら……良い」ジッ

「用事を思い出した、失礼する」スッ

「待てにゃ」

「………………」

531 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 14:39:43.54 pmX5YW2eo 291/564

提督「……夕雲? お前、夕雲か?」

夕雲(00)「なんでしょうか」

提督「(おかしいな……少し前まで80以上だったと思うんだが……)」

提督「何があった?」

夕雲「何がでしょう」

提督「いやその……なんだ? 覇気がないと言うか……」

夕雲「夕雲は大丈夫ですわ」

提督「俺になにか不満があるんじゃないか? 言ってみろ、出来ることならしてやる」

夕雲「なら……提督……。夕雲と一緒に、死んでくれますか……?」ハイライトオフ

提督「何がお前をそこまで追い詰めた。頼むから馬鹿なことは言わないでくれ」

夕雲「ふふふ、うふふ……私のことを無視する提督が悪いんです……一生二人で永遠になるしか無いんですわ……」ニジリ……

提督「無視……? するわけ無いだろう、俺が。お前のことを意図的に無視したことなど一度たりともない」

夕雲「…………甘えて……」

提督「なに?」

夕雲「うふふ……提督を甘やかしてあげるの……うふ、うふ……」

提督「夕雲……」

532 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 14:40:59.07 pmX5YW2eo 292/564

提督「結局あのあと、夕雲が満足するまで膝枕をしてもらった」

提督「艦娘の闇は深すぎて俺には何もできない……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

534 : 以下、名... - 2017/05/20 14:42:56.84 zcxboHppo 293/564

瑞鶴

535 : 以下、名... - 2017/05/20 14:43:09.37 6uFS3PC/o 294/564

鳥海

536 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 15:03:26.76 pmX5YW2eo 295/564

瑞鶴「うー……相変わらず提督の顔って怖いわね……」ソー

加賀「何をしているの?」

瑞鶴「ひゃう!? か、か、加賀さん!?」

加賀「遊んでいるのかしら」

瑞鶴「ちがうわよ! 提督さんが来たからちょっと見てただけで……」

加賀「提督が? ……本当ね。でも貴女が見る必要はないわ。早く準備をしなさい」

瑞鶴「うぅ……加賀さんの方がもっと怖い……」

加賀「なにか言ったかしら」

瑞鶴「なんでもありません!」

加賀「そう。……」チラ

瑞鶴「(ん? 今加賀さん……提督の方チラ見した?)」

瑞鶴「(え、もしかして……)」

提督「二人とも、ご苦労。これから訓練か」

加賀「提督。えぇ、瑞鶴の訓練を見てあげるつもりよ」サッサッ

瑞鶴「(提督に気付かれないように髪とか直してる……わー、分かりやすい! なのに提督全然気づいてないし……)」

提督「瑞鶴。加賀もお前には期待している、頑張れよ」ゴッ

瑞鶴「ひゃい!」

提督「む? 変な返事をするやつだな」

加賀「瑞鶴は提督が苦手みたいね。提督の顔は怖いから」

提督「……気にしているんだ、言わないでくれ」

瑞鶴「ちょっとだけですよ! 最初に見たとき、殺される! って思っちゃったくらいで」

加賀「…………」クス

提督「……加賀」クイッ

加賀「ごめんなさい、提督……」フフフ

瑞鶴「うう……ごめんなさい……」

537 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/20 15:04:18.31 pmX5YW2eo 296/564

提督「そんなに怖い顔か、俺は?」

提督「む……む……。……一般的ではないな……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

538 : sage - 2017/05/20 15:07:21.82 q0LlwE6a0 297/564

秋雲

539 : 以下、名... - 2017/05/20 15:07:21.84 8trBSx3DO 298/564

初春

541 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/21 03:39:36.25 5IzZNEgeo 299/564

提督「…………む? なんだ、これは?」

提督「(紙が数枚入っているな……なんだ?)」

提督「……絵だな……これは、俺か? 何々……待て、なんだこれは?」

秋雲「うー……どこに落としたんだろ……。あんなの誰かに見られたら生きていけないよ……」

秋雲「ましてや提督になんか見られたら……」

提督「なんということだ……この俺が、艦娘にとんでもないことをしている……! しかも相手は秋雲だと……!」

秋雲「ぎょわーーー!!!」ダダダダバッ!!!

提督「ぬう!」

秋雲「フラグにしても酷すぎる! 本人降臨シリーズとかお呼びじゃないから!?」

提督「なんの話をしているのかサッパリだが……それは秋雲が描いたのか?」

秋雲「違う違うそんなことしないってぇ!」

提督「そうか。では見つけ出してきつく言ってやらんといけないな」

秋雲「みみみみ見つけ出すってどうやって!?」

秋雲「放送をかける。秋雲に許可なくあんなものを描くなど言語道断」

秋雲「いや許可はした! 許可、した!」

提督「む、そうなのか? いやだが俺にはなんの話も来ていないぞ。これを描いたのは誰だ、教えろ秋雲」

秋雲(84)「ヴ……ヴ……ヴぁーん!!! そうだよ秋雲が描きましたよ文句ある!? 提督好きすぎて他の子と絡ませるのがいやーになって秋雲と絡ませたらついノリノリになって一晩で完成させました!! 文句あるの!?」

提督「………………とりあえず先に説教だけはしておこう。無断で他者のこういうものを書くのはダメだ」

秋雲「うぅ……ごめんなさい……」

提督「それはそれとして……お前の気持ちは素直にうれしい。ありがとう、秋雲」

秋雲「あ………………あーーー!!! あー!! あー!!」

提督「気持ちはわかるが落ち着け」

542 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/21 03:40:59.64 5IzZNEgeo 300/564

提督「走って行ってしまった」

提督「うーむ……あんな世界もあるものなのだな……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

543 : 以下、名... - 2017/05/21 03:48:11.94 k0qpB0+n0 301/564

比叡

544 : 以下、名... - 2017/05/21 03:51:36.13 uwklx7/vo 302/564

金剛

545 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/21 04:01:12.68 5IzZNEgeo 303/564

比叡「…………」

提督「…………なんだ」

比叡「カレーを作ったので差し入れに来ました」

提督「やめろ」

比叡「悪いのはお姉さまを泣かせた司令です! 食べてくれないならせっかく作ったのにゴミ箱に捨てられたって吹聴してやりますから!」

提督「泣かせたと言われてもな……あの時は仕方がなかったんだ」

比叡「フンッ! そうやって仕方がなくなると誰にでも指輪を贈るんですね! この尻軽!」

提督「意味不明な罵倒はやめろ。はぁ……俺だって生きるか死ぬかだったんだ、仕方がないだろう」

比叡「それとこれは関係無いです!お姉さまは一時期米一粒ですら口に入れられなくなったんですからね!!」

提督「そう言われても……分かった、カレーを食べる。だから許せ、比叡」

比叡「カレーを食べたくらいでお姉さまの心の傷が癒せるとでも!? ナメられたものですね!」

提督「頭がいたくなってきた……」

比叡「とりあえずお姉さまには二度と近付かないでください!」

提督「仕事があるだろう……」

比叡「知りません!」バタンッ

546 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/21 04:02:02.74 5IzZNEgeo 304/564

提督「やれやれひどい目にあった……」

提督「最近開き直って自分の料理を凶器として使い始めたのが尚たちが悪い……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

547 : 以下、名... - 2017/05/21 04:06:34.51 crVWtXqI0 305/564

にむ

548 : 以下、名... - 2017/05/21 04:12:26.79 3PQf6Q8LO 306/564

ストラトス

550 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/22 11:14:40.32 k9jaHgFno 307/564

26「提督! もう大丈夫なの!?」

提督「なにがだ?」

26「なにって……深海棲艦と素手で戦った後に自爆したって!」

提督「問題ない。大きな怪我もないからな」

26「そうなんだ! 良かった……ニム、心配したんだよ!」

提督「ありがとう、ニム。安心してくれ」

26「提督ー!」バッ!

提督「む」

26「なんで提督はいつも自分だけでやっちゃうの? 私たちのこと、頼ってよ! ニム、提督のためなら頑張るよ!」

提督「……信じてない訳ではないんだ。ただ、俺一人が犠牲になることでお前達を助けられるなら」

26「だめだめだめー! そんなことになったら、ニムが悲しいからだめ!」

提督「そう簡単には死なんさ」

26「でもだめなの! 今度はニム、提督と一緒に行くよ!」

提督「その時は頼むよ」ハハ

26「うん! 任せておいてね!」

551 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/22 11:17:51.15 k9jaHgFno 308/564

提督「今回は皆に心配をかけてしまったからか」

提督「しっかり謝罪しよう」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

552 : 以下、名... - 2017/05/22 11:18:33.24 RH5JJCPr0 309/564

天城

553 : 以下、名... - 2017/05/22 11:18:34.96 ylgm44HDO 310/564

初春

554 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/22 11:33:42.00 k9jaHgFno 311/564

天城「美味しいですか? 提督」

提督「美味い。天城の淹れてくれる茶はいつも美味しいよ」

天城(96)「提督のことを想って淹れてますから……」スッ

提督「天城。近いぞ」

天城「あ……ごめんなさい……提督があまりに愛しくて……」モジモジ

提督「……お、おう」

天城「伝えないと後悔するかも知れない……それを痛いほど理解しました。だから、私はもう提督への愛を隠す気はありません」

提督「情熱的な口説き文句だな……って待て、近すぎるぞ!」

天城「……提督」

提督「な、なんだ」

天城「指輪……私も……欲しいです……」ウルウル

提督「……そ、そう言われてもな……あれは一つだけしか」

天城「買えますよ?」

提督「買え……え?」

天城「これ。色々種類があるんです」ピラ

天城「……提督?」チラチラ

提督「………………」ダラダラ

スッ

天城「はしたない女だと思われても……提督からの愛が、欲しいです……」ヒソ

提督「…………!!」クイッ

555 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/22 11:35:02.78 k9jaHgFno 312/564

提督「おしとやかな女が燃え上がると、恐ろしいものだ……」

提督「俺に奴のアプローチをかわし続けることなんてできる気がしない」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

556 : 以下、名... - 2017/05/22 11:42:00.00 gysqgGSz0 313/564

高雄

557 : 以下、名... - 2017/05/22 11:43:44.71 gC3h27eCo 314/564

ほい

558 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/22 11:46:00.21 k9jaHgFno 315/564

好感度710……はね上がったな……

↓1 高雄がもう提督しか見てないほど愛してる理由は?

559 : 以下、名... - 2017/05/22 11:47:08.82 dhl3ISrwO 316/564

命令を無視して強く反抗した時に強硬手段で首を絞められたがその時に色々目覚めちゃった

566 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 01:58:27.99 /V8GJMejo 317/564

「死ぬということは、こういうことだ」

普段は優しい提督。
誰が何をしても怒らない提督。
それが今、私の首を締め付けている。
本気ではない。
だが決して遊びでもない力加減。

「良いか高雄? 誰かのために勝算の無い戦場に行くというのははこういうことだ。なにも残らん。あるのは無意味な敗北……」

貴方はどんな時、恋をしますか?

「仮にお前が行くことで勝てるなら、お前が死んでも無駄にはならんかもな。もちろんそれも許可はしないが」

デートをしたとき?
目と目があったとき?

「俺はお前ら全員が大切なんだ」

一目惚れ?

「だから高雄、簡単に死ぬなんて言うんじゃない。俺は嫌だ、誰かが死ぬのは」

私は。

「はい……提督……♪」

首を絞められた時でした。

567 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 01:58:55.01 /V8GJMejo 318/564

提督「高雄、報告を」

高雄「はい。隠れていた深海棲艦を四体撃沈しました。flagshipが一体いて激しい抵抗があり、曙、皐月、那珂の三人が大破。既に入渠させました」

提督「良くやった。話に聞いたが、高雄がflagshipに大打撃を与えたのだろう?」

高雄「提督に……誉めてもらいたくて……♪」

提督「うむ。間宮券で良いか?」

高雄「……提督」

提督「む……な、なんだ?」

高雄「私の……私の首を、思いきり絞めてください!」///

提督「」

スチャ

高雄(710)「提督に首を絞められて以来、あのときのことを思い出す度に……」

提督「(いかん変な性癖に目覚めてしまっている)」

高雄「早く! 高雄を慰めてください! 手加減なんていりません、思いきり!」グイッグイッ

提督「落ち着け! あれは仕置きのつもりで」

高雄「え……なら……」

高雄「悪い子になれば、いいんですか……?」ズズズ

568 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 01:59:25.05 /V8GJMejo 319/564

提督「(深海棲艦化しそうになっている!? まずい!)」

提督「分かった! 言う通りにするから落ち着いてくれ!」

高雄「……あ、ありがとうございますぅ……」ジュン

提督「……こ、こうか?」ギュッ

高雄「手加減はしないでください……」グググ

提督「待て待て! 本気でやるとまずい!」

高雄「あぁ……提督に絞めてもらってる……愛してもらってるぅ!」

提督「手を離せ馬鹿者!」


ガチャ

朝霜「親父ーいるかー?」ガチャ

提督「お前は悪い子だな」パァン! パァン!

高雄「ひぃん! あへぇ! 悪い子でごめんなさぁい♪ もっと叩いてぇ!」

提督「喜ばれてはお仕置きにならないだろうが」パァン! パァン!

高雄「言うこと聞かなくてごめんなさぁいぃ!! アヘェ!」

朝霜「」

提督「……あ……。朝霜……これは違うんだ。高雄が変なことを言ってくるから……」

高雄「もっとぉ……もっと愛してぇ……」///

朝霜「親父。親父を殺してあたいも死んでやる」ゴッ

提督「まっ」

<コンナハズハー!

569 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 02:01:03.74 /V8GJMejo 320/564

提督「……俺が悪いのだろうか……」

提督「元々の原因は俺……か?」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

570 : 以下、名... - 2017/05/23 02:04:45.17 5S4fvKn60 321/564

イヨ

571 : 以下、名... - 2017/05/23 02:04:48.53 p7XeixBUO 322/564

弥生

572 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 02:55:55.62 /V8GJMejo 323/564

14「提督って凄いよねー」

提督「そうか? なにがだ?」

14「顔の貫禄がヤバい! あと強い!」

提督「……顔は生まれつきだ」

14「イヨも最初にあった時は、地獄が待ってるー! ってびびったんだからね!」

提督「良く言われる」

14「艦娘並に強いのは軍事機密だしさー」

提督「昔のことだ」

14「誰が強いか議論で提督が上位にいるから不思議だなーとか思ってたこともあったけど、訓練で武蔵に手も足も出させずに勝ったのを見て絶対に逆らわないって決めたんだよね」

提督「艤装ができなければ、いくら強かろうと基本的に意味はない」

14「でも前の作戦で深海棲艦をいっぱいやっつけたんでしょ? 意味無くは無いよー!」

提督「……使いようということだな」

14「あの時は鎮守府修羅場ってて凄かったよねー……思い出すだけで鳥肌が……」

提督「何故みんな指輪を欲しがるのだろうな。あんなものがなくても俺はみんな大好きだというのに」

14「提督がそんな風だからじゃないかなーって。みんな確実な安心が欲しいってことだよー!」

提督「確実な安心……」

573 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 02:57:03.18 /V8GJMejo 324/564

提督「とても深いことを言われてしまった気がする」

提督「確実な安心か……俺のやり方では足りてないということだろうな」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

574 : 以下、名... - 2017/05/23 03:03:30.58 AxvhYkJA0 325/564

球磨

575 : 以下、名... - 2017/05/23 03:05:15.77 JrK7oIIFo 326/564

どうだ

577 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 04:11:44.14 /V8GJMejo 327/564

球磨「なぁ……何をしたら多摩があんな風になるんだクマ?」

提督「俺に聞かれてもな。出会った頃はまだ普通だった。気が付いた頃にはもうあれだ」

球磨「部屋では「提督提督」と提督のシャツを舐め回してて手に負えんクマ……昔はあんな奴じゃ無かったクマ……」

提督「聞かなかったことにしておく。前世の記憶だとかなんだとかで俺のことをご主人様だとか言い出してるからな」

球磨「提督がいい男ってのは認めてやるクマけど、あぁなるほどかと言われると微妙クマ」

提督「本来はそれが普通なんだがな。姉として多摩を何とかしてくれないか?」

球磨「無理クマ。今の多摩は姉妹だろうとなんだろうと提督との間を邪魔するやつは全員デストローイクマ」

提督「…………」

球磨(77)「最近「球磨なら一緒でもいいにゃ」とか言い出して揺れてる自分がいるクマ」

提督「あの多摩にお前が加われば流石の俺でも逃げられんだろうな……」

球磨「冗談だクマ。球磨も提督は好きクマ、でも嫌がる提督を無理矢理どうこうする気は無いクマ。一応姉として注意はしておくクマ」

提督「すまない、ありがとう。気をつけてな」

球磨「任せるクマ!」

578 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 04:13:41.66 /V8GJMejo 328/564

提督「翌日多摩と球磨の鬼ごっこ(本気)が始まった」

提督「捕まえた多摩は「提督の匂いがしたにゃ。抜け駆けは許さないにゃ」と笑っていない目で答えた。球磨は半泣きだった」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

579 : 以下、名... - 2017/05/23 04:21:44.88 DOLH7OOO0 329/564

山城

580 : 以下、名... - 2017/05/23 04:45:16.17 HaXqk9xM0 330/564

病んで

582 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 05:07:12.05 wouPy420o 331/564

病み方がハイペース

↓1 山城が慕ってるってレベルじゃないくらい提督を愛してる理由は?

583 : 以下、名... - 2017/05/23 05:13:24.80 /VKlv+Vs0 332/564

提督の近くにいると運が良くなる

584 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 07:27:25.25 ONbpZbU4o 333/564

私は不幸でした。
道を歩けば犬に吠えられ、お財布は落とし、溝にはまり、上から花瓶が降ってくる。
部屋にいても足の小指をタンスの角にぶつけ、物が窓を突き破って来て、どこから入ってきたのか猫に引っ掻かれる。
そして艦娘適性があることを知って、周りから人もいなくなった。
不幸が日常で、それに慣れきっていた。
あの人に会うまでは。

「よろしく」ゴゴゴゴゴゴッ

こんな怖い提督の所に来てしまうなんて、不幸だなと思った。
でもすぐに目に見えて変化が訪れた。
犬に吠えられない。
お財布を落とさない。
何も降ってこない。
どこも怪我しない平穏無事な生活が一ヶ月、二ヶ月と続いていった。
理由は分からなかったけど、私はそれを喜んだ。
もう何も心配することはない、これからは普通の生き方ができる、と。

それは大きな勘違いだった。

提督が仕事で鎮守府を離れたとき、私は死にかけた。
それまで塞き止められていた不幸が一気に襲い掛かって来たような……そんな気がした。
幸い寸でのところで大和さんに助けられたものの、私は生きるのが怖くなった。

目を覚ましたとき、目の前に提督がいた。
とても疲れているような顔をしていて、私が声をかけると安心したように小さく笑った。

「……良かった。お前が沈みかけたと連絡があってな……命に別状がなくて、本当に良かった」

「……ごめんなさい……心配をかけて……」

すぐに怪我は治り、私は不幸な日常生活に戻っていった……筈だった。
何も起こらない。
不幸がまたピタッと止まった。
そこでふと思い出した。
以前に不幸が治まったのは、ここに来てから。
そして再び不幸な目に遇うようになったのは、提督が鎮守府から出ていった日。
まさかとは自分でも思ったが、提督が戻ってから一度も不幸は起こらなかった。
提督が不幸を吹き飛ばしてくれている……私はそう確信した。

585 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 07:54:14.12 ONbpZbU4o 334/564

山城「提督……」ピト

提督「……山城……気持ちはわかるが離れてくれ」

山城「嫌です、私はもう提督と姉さまがいないと生きていけません」

提督「…………あ、ありがとう……すまない、仕事が済んでいないからもう少し待ってくれ……」カリカリ

山城「いつまでもお待ちします。提督の重荷にはなりたくないですから……」

提督「……俺が側にいれば不幸ではなくなる、か……数奇な人生を送っているな」カリカリ

山城「どこかで不幸に見舞われている姉さまにも早く教えてあげたいです……あぁ、姉さま……不幸です……」

提督「未だに不幸ではないか……」カリカリ

山城「姉さまの不幸は私の不幸ですから」

提督「……そうか……」カリカリ

山城「(……私には姉さまがいるのに……提督を見ているだけで幸せな気持ちになります……)」

山城(136)「(ごめんなさい姉さま……それでも姉さまのことを想っています……)」

提督「(山城には嫌われていたと記憶していたのだがな……いつのまにか好感度が酷いことになっていた。覚えの無いことで礼をしに来たと思えば何故か俺の後ろに居着いてしまった)」

山城「(あぁ、抱きつきたい……提督に抱きつきたいわ……でもダメ、迷惑になる……不幸だわ……)」

提督「(視線を感じるな……仕方ない、この仕事は後にするか)」

提督「……これで終わりと。さて、山城。何か話があるのだろう?」

山城「いえ……ただ、提督の側にいたくて……そうすれば、幸せなんです……」

提督「山城、俺は気の持ちようだと思うぞ。自分が不幸だと思うから不幸になるんだ。どんなことが起きても幸運だ、と逆に考えればいい」

586 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 08:24:02.51 ONbpZbU4o 335/564

山城「逆に考える……?」

提督「足をぶつけた。大きな怪我をしなくて済んで良かった」

山城「…………」

提督「犬に吠えられた。噛みつかれなくて済んで良かった」

山城「そんな……」

提督「自分でも無茶なことを言っているのは理解しているがな。お前なら大丈夫だ」

山城「……でも、私は……それでも……提督の側に……」

提督「助けられる範囲でならいくらでも助けてやる。だが、俺のせいでお前が立ち方を忘れるようになってはダメだからな。気をつけろ」

山城「……えぇ、わかりました」

提督「良かった。お前なら分かってくれると」

山城「提督に出会えたことが人生で最高の幸運です。ですから、逃がさないように……しっかりと捕まえます」

提督「………………あ、あぁ……?」

山城「提督……提督!」ガバッ!

提督「何をする気だ!?」

山城「提督との繋がりを作ります。提督との子供……うふ、うふふふ……」

提督「(目が……武蔵や高雄のそれだ! このままでは本気で襲われる……!)」

山城「大丈夫です、私は初めてですから……」スルッ

提督「なにも大丈夫じゃ……」

<コンナハズハー!

587 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 08:26:09.77 ONbpZbU4o 336/564

提督「いきなり床から出てきた武蔵の手に助けられた。死ぬかと思ったが」

提督「山城には後で説教だな……」

↓1 60人達成イベント!

588 : 以下、名... - 2017/05/23 08:26:49.94 JUUNAqZVO 337/564

皐月とスキンシップ

589 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 08:31:00.74 ONbpZbU4o 338/564

折角だし好感度上げてみますかね

↓1 皐月の好感度上昇コンマ安価
ゾロ目で倍

590 : 以下、名... - 2017/05/23 08:32:17.73 tXOoE3o4o 339/564

ほい

591 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 08:36:43.73 ONbpZbU4o 340/564

↓1 皐月がスキンシップで提督を愛するようになった理由は?

592 : 以下、名... - 2017/05/23 08:38:26.82 kp9Ybpb3O 341/564

うっかりキスしちゃった。いきおいで舌までいれて

599 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 13:36:22.43 Xpegosngo 342/564

提督「皐月。今から出るのか」

皐月「うん! って言いたかったんだけどさ一緒に行く筈だった雷電姉妹が風邪ひいちゃってね。久しぶりの買い物だから楽しみだったんだけど……」

提督「そうか……この体は便利なようで不便なものだ。肉体の損傷はすぐに治ると言うのに、病気はどうしようもない」

皐月「そのおかげで戦えるんだから文句は言えないさ。外出は二人以上でないと禁止されているから、今日は諦めて散歩でもするよ」

提督「……皐月。もしよければ俺と行くか?」

皐月「え? でも仕事があるだろう? 無理はしなくて良いよ」

提督「大丈夫だ。加賀に働きすぎだから休め、と口うるさく言われている。口実になるだろう。……なぁ加賀?」

加賀「……えぇ。休んでもらえるなら急にでも問題ないわよ」

提督「どうだ? 皐月」

皐月「……ふふ、ボクの為にわざわざ仕事を休んでくれるなんて……可愛いね! 司令官、ありがとう!」

提督「すぐに準備をしてくる、待っていろ」

スタスタ

皐月「加賀、ごめん。君の気持ちはよく知っているのに、デートみたいなことをすることになって」

加賀「そんなことは別に良いわ。その程度のことで嫉妬したりなんてしないもの。そもそも提督が今後ここで上手くやっていくにはハーレムが必至よ」

皐月「なるほど、心構えはできてるってことか……」

加賀「それよりも、貴女こそ気を付けることね」

皐月「あぁ、過激派には十分気を付けるよ。それに、司令官のことは上司として尊敬はしているけど、異性としての気持ちは無いから大丈夫だよ」

加賀「……私が気を付けて、と言ったのはそっちじゃないわ。提督によ」

皐月「提督に? なんで?」

加賀「……いえ、意識させると余計にダメかも知れないわね……なんでもないわ。それじゃあ」スタスタ

皐月「……??」

602 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 14:08:28.68 Xpegosngo 343/564

あ、皐月に提督って言わせてもうた

皐月「荷物、持ってくれてありがとう司令官」

提督「気にするな。電、雷へのおみやげもあるから、一人では持ちきれんだろう」

皐月「あと加賀もね」

ざわざわ……

提督「む? 向こうが騒がしいな」

皐月「そうだね? ちょっと行ってみよう」

タタッ

男1「この化け物!」

男2「お前らのせいで深海棲艦は生まれたんだろうが!」

男3「お前らがいるから襲われるんだ! 何が艦娘だ!」

女子「うぅ……」

提督「…………あれは……艦娘、ではないな。適性持ちの女子か?」

皐月「………………」グッ

提督「……艦娘は、まだ世間一般では受け入れられていない所も多い。艦娘が生まれたせいで深海棲艦が現れたという噂まで発生している。勿論根も葉もない噂でも、知らない奴は信じてしまうものだ」

皐月「……良いさ。いつか日本を救う、その時に認めてもらえれば、それで……。それよりも、ボクは今すぐ彼女を助けてあげたいんだけどどうだろう?」

提督「愚問だ。艦娘適性持ちとはいえ女を集団で痛め付けるのは気に食わない。皐月は待っていろ、俺がやる」

皐月「そう、だね。それが良いか。分かった、任せるよ」

603 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 14:19:11.39 Xpegosngo 344/564

提督「お前ら、何をしている?」

男1「な、なんだお前? 見てわかんだろ! 化け物がいたから、排除しようとしてんだ!」

提督「なるほど……見たところそちらの女子は艦娘適性を持っているようだな。排除? 具体的にどうするんだ? 艦娘適性持ちは普通の人間の約10倍くらいの身体能力を有しているぞ」

男2「痛めつけて拷問すんのよ! んで艦娘について何にも喋んなかったら、沈めて殺す。艦娘ってのは海に沈めるのが一番だって聞いたからな!」

提督「確かにな。一部を除いて艦娘は水中では息が出来ない。一部の艦娘も艤装がなければ無理だ」

男2「詳しいねぇ兄ちゃん! よけりゃこいつを拷問すんの付き合うか?」

男3「へへ……美味しい思いができるぜ、ラッキーだなぁあんた」

提督「ふむ。君、大丈夫か?」

女子「あ……ぅ……」

提督「可哀想に……こんなにきつく縛られて……痕が残ってしまうな、これでは」

ブチィ!!

男1「……へ……?」

男2「な、なにすんだテメェ!」

提督「保護だ。そして貴様らは憲兵に突き出す」

男3「は、はぁー!? その化け物庇うってのかよ!?」

提督「お前らのような馬鹿にはここで何を言っても無駄だ。だからまず痛めつける。あとの講釈は憲兵に任せるさ……」

<行くぞォ!
<ジェノサイッ、カッタッ!
ジャキンッ
<あー!
<このや
<遅い!
ズドォォォン!
<あー!
<ヒィィ!!
<逃がさん……!
<HAHAHAHA!
ジャキンッ
<あー!

604 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 14:59:15.57 Xpegosngo 345/564

例のごとく戦闘描写はSFでもKOFでもGGでも好きなもので脳内再生しておくれ


提督「(憲兵への引き渡しも完了。あの女子はどうやら艦娘適性が最近発現して保護してもらう為に俺達の鎮守府に向かっていたらしい)」

提督「遅くなって悪かったな、皐月」

皐月「大丈夫だよ。それにしても相変わらず提督は強いね」

提督「相手は普通の人間だったからな」

皐月「ふふ、可愛いねぇ」

提督「腹は減ってないか? ご飯にしよう」

皐月「うん! 行きたい!」

提督「それでは行こう」


提督「うむ、美味い」

皐月「美味しいねー。間宮さん程ではないけど」

提督「皐月、話したくなければ良いが……お前も艦娘になる前はひどい目に遇ったりしていたのか?」

皐月「ボクはそれほどでもなかったよ。艦娘に理解はあったし、むしろ応援されてたかな」

提督「……もっと、艦娘のことを広く理解してほしいものだな……」

皐月「だから、ボクらが頑張らないとね!」

提督「うむ、そうだな」

皐月「ふふ……提督って本当に可愛いね」

提督「……皐月? 顔が赤いような気がするが、大丈夫か?」

皐月「大丈夫さ」スリスリ

提督「何故体を寄せてくる……?」

皐月「提督が可愛いからだよ」

提督「そ、そうか」

皐月「……んー……」

チュッ

605 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 15:06:59.55 Xpegosngo 346/564

提督「!?」

ちゅう……んちゅ……
ちゅうぢゅる

バッ!

提督「皐月!?」

皐月「んへへ……チュー♪」

提督「……待て、口のなかのこの匂いは……まさか!?」

皐月「う……うふ、へへ……」トサッ

提督「寝てしまったな……。間違えて頼んでしまったのだろうな」

提督「……ファーストキス、奪われてしまったな」

提督「仕方の無いやつだ」

~次の日~

皐月「……………………」←翌日になっても記憶があるタイプ

皐月「………………ふ、ふふ……ボク、ボクがね……」

皐月「…………ぅぅー!!」ジタバタ

皐月「……司令官の唇、柔らかかったな……」プニ

606 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 15:08:20.25 Xpegosngo 347/564

提督「朝霜に感付かれそうになったりひどい目にあったな」

提督「……楽しかったから、良いとしよう」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

607 : 以下、名... - 2017/05/23 15:08:30.95 5ehs6cBBo 348/564

村雨

608 : 以下、名... - 2017/05/23 15:08:45.23 l3MF2ZX2o 349/564

雲龍

612 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 20:07:23.52 Xpegosngo 350/564

村雨「もう、提督は堅すぎるわよ!」

提督「そんなことはない。規則は規則だ」

村雨「ちょっと遅れたくらい大目に見てくれたって良いじゃない……」

提督「一人を甘やかすと次もあまやかさなければならなくなる」

村雨「うー……そもそもの罰則が古いのよー! 今時何回も同じこと書かせるなんて!」

提督「本来の罰則は誰かを監視に着かせてのグラウンド100周だ。流石に可哀想だと俺が変えたんだが、村雨はそちらの方が良いみたいだな」

村雨「私提督のこと大好きよー!」

提督「まったく……良いか村雨? たまにとお前は言うし、確かにたまにのことなのかもしれない」

提督「だがな、そういうたまにを緊急事態の時に起こしてしまわないようにさせるのが俺の役目だ」

村雨「わ、分かってるわよ……」

提督「納得の行かない部分があるのもよくわかるが、今はとりあえず反省だけはしてくれ。今後同じことがなければ俺も注意しなくて済むしな」

村雨「うぅ……ごめんなさい……」

提督「いや……俺も若い頃は疑問に思ったことがある。普段真面目な奴がそのときたったの一度だけ、うっかりミスをして酷く怒られてな」

提督「ミス自体大したものでもなかったし、そんなに怒ることか? と思ったものだ」

提督「そいつは戦場で、うっかりミスをやらかして深海棲艦の集中砲火を受け、乗せていた仲間ごと爆発して死んだ」

村雨「………………」ヒヤァ

提督「…………他人事じゃないと考えて注意しろ、村雨。俺はそんなくだらないことでお前を失いたくないからな」

村雨「……は、はい……」

613 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/23 20:10:06.44 Xpegosngo 351/564

提督「何をしてどんな結果になるかなんて、なってみないと分からんものだ」

提督「それを理解してくれれば良いんだがな……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

614 : 以下、名... - 2017/05/23 20:10:24.10 Eagpngouo 352/564

天龍

615 : 以下、名... - 2017/05/23 20:12:29.90 v3qVD26jO 353/564


617 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/24 07:22:25.08 KpSUQS5Fo 354/564

天龍「提督ってよー」

提督「ん?」

天龍「何でモテんだ?」

提督「いきなりなんの話だ」

天龍「いや、ふと思っただけだけどさ。いつもムスッとしてる癖にそれでなんでモテんのかなーと」

提督「モテている自覚は特に無いんだが」

天龍「嘘つけ。鼻の下伸ばしてる癖に」

提督「伸ばしてるつもりも無い。今日は妙に突っかかるな?」

天龍「……悪い、感じ悪かったか? なんか最近変なんだよ、オレ」

提督「不調か?」

天龍(90)「提督が武蔵に指輪渡したとか、天城に渡す約束したとか、そんな話を聞いてさ。胸がムカムカしてくんだよ。……なんでだと思う?」チラ

提督「……何故だろうな」

天龍「…………わかってんだろ」

提督「……分からない、といえば嘘になる」

天龍「初めてだから、オレもよくわかんねーんだ。こんな気持ちになるなんて夢にも思ってなかったしな」

提督「俺もだ。天龍が俺を異性として意識する日が来るなどと夢にも思っていなかった」

天龍「……世の中、何があるかわかんねーもんだな」

提督「……そうだな」

天龍「安心しろよ、他のやつみたいに暴走する気はねーから。ただ、さ」

天龍「俺だってマジだってこと、忘れないでくれよ」チュ

天龍「いつか唇の方も奪ってやるぜ」

618 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/24 07:23:33.06 KpSUQS5Fo 355/564

提督「子供はやがて大人になり女になる」

提督「問題は対象が俺に集中していることだな……俺のどこが良いのか分からない……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

619 : 以下、名... - 2017/05/24 07:36:59.89 ZHiXhnP5o 356/564

夕立

620 : 以下、名... - 2017/05/24 07:37:54.55 j6+oAQPoo 357/564

雲龍

621 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/24 08:19:58.11 KpSUQS5Fo 358/564

夕立「提督さん! ぽいぽい!」

提督「あぁ」

夕立「夕立は今日も可愛いっぽい?」

提督「俺はそう思うよ」

夕立「嬉しいっぽい!」

提督「これから訓練か?」

夕立「そうっぽい! 夕立はもっと強くなるっぽい!」

提督「期待しているぞ。今は暇だから一緒に行こう」

夕立「はーい!」


提督「む? どうした?」

球磨「提督クマか。多摩が五月病クマ、提督と一緒に居るって聞かんクマ」

提督「訳が分からないぞ……?」

球磨「今は提督の布団にくるまってお休みクマ。深くは聞かないでくれクマ」

提督「苦労をかける……」

球磨「そういうわけで人数が一人足りんクマ。球磨と多摩をそれぞれ旗艦として、駆逐艦を分けての演習をしたかったクマけど仕方ないクマ」

夕立「そういうことなら、提督さんが入れば良いっぽい!」

球磨「クマ? あー……まぁそれも良いクマ」

夕立「っぽい! 提督さんなら……相手にとって不足無いっぽい」ギラッ

提督「やれやれ……闘争本能の激しいやつだ」

622 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/24 08:24:03.20 KpSUQS5Fo 359/564

提督「爆発しない砲撃だからと拳で打ち落としたら余計に駆逐艦達から怖がられた気がする」

提督「夕立は喜んでいたが……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

623 : 以下、名... - 2017/05/24 08:24:11.67 +ZiVcdQjO 360/564

はっちゃん

624 : 以下、名... - 2017/05/24 08:24:55.92 6cSRXkxX0 361/564


625 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/24 12:11:50.88 Q0rOr0eMo 362/564

「提督、大丈夫ですか?」

提督「……問題ない」

「顔がとても濡れてますよ。はい、タオル」

提督「多摩に襲われてな。どうしようもなかった」

「毎日大変ですね」ギュッ

提督「いっ……はち、肩を強く握られると……」

「あ、ごめんなさい……あの、はっちゃんも舐めて良いですか?」

提督「………………!?」

「あ、いえ、提督はどんな味がするのかな、と思っただけです」

提督「……勘弁してくれ」

「ごめんなさい」ギュー

提督「はち、はち。いったん離れてくれ」

「…………やっぱりはっちゃんも舐めます」グイッ!

提督「どうしてそうなる!?」

「……羨ましいからです」ペロ

提督「俺を舐めても意味なんて無いぞ……!」ググ

「あ……本で読んだことがあります。男性が舐められて喜ぶ場所は顔じゃなくて」

提督「仕事があるから失礼する!」

ダッ!!

「………………」ペロリ

626 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/24 12:13:00.72 Q0rOr0eMo 363/564

はっちゃんって絶対耳年増

提督「風紀が、風紀が乱れきっているな……」

提督「教育が必要かも知れん……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

633 : 以下、名... - 2017/05/24 12:52:38.40 UaYHkg2MO 364/564

朝雲

634 : 以下、名... - 2017/05/24 12:52:40.37 YVdBVSL/O 365/564

弥生

635 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 01:55:18.37 oRTT1jp/o 366/564

朝雲「あ……司令……」

提督「気分が悪そうだな。大丈夫か?」

朝雲「仕方ないでしょ! 昨日の司令、夢にまで出てきたんだから……」

提督「そんなに怯えるな。俺程度に怯えていては戦場で戦えなくなるぞ?」

朝雲「司令以上に怖い存在なんて中々いないわよ……」

提督「深海棲艦の戦艦級など、俺よりも圧力があるぞ?」

朝雲「それは分からないけど……。でもいきなり陸まで吹っ飛ばされて、待ち構えていた司令にボコボコにされたら誰でもトラウマになるってば……」ズーン

提督「俺は言わばハンデだからな。とは言え真っ先に海から陸に上がってきた夕立にはきつくお仕置きをしてやったが、本来は陸に飛ばされる方が悪いのだぞ?」

朝雲「わ、分かってるわよ! あ、でも司令、明石さんに海上ダッシュシューズをつくってもらってるって聞いたんだけど……」

提督「うむ。まだ改良中だがな」

朝雲「どこか悪いの?」

提督「今のままだと常に足を動かしていなければならない。踏ん張れ無いのでダメージも落ちる。その場で足踏みしているだけだと沈む」

朝雲「………………」

そこには、超スピードで海上を走り回る提督の姿が!

朝雲「う……気分悪い……。もう部屋に戻って休む……」トボトボ

636 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 01:57:10.89 oRTT1jp/o 367/564

提督「随分と顔色が悪かったようだが、それほどまでに怖がらせてしまっていたか……悪いことをしたな」

提督「今度間宮に連れていこう……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

637 : 以下、名... - 2017/05/25 01:58:25.77 EC4nZoPRO 368/564

水無月

638 : 以下、名... - 2017/05/25 02:03:48.68 qF5zPQ+y0 369/564


639 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 02:14:03.16 oRTT1jp/o 370/564

↓1 水無月が提督が死んだら後追い自殺するレベルで愛している理由は?

640 : 以下、名... - 2017/05/25 02:59:51.80 cTCeW0PCo 371/564

自分の存在を認めてくれた初めての人だから

641 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 06:51:10.15 nJ/DK/qgo 372/564

何かに怯える日々だった。
何に怯えているのか分からないが、とにかくなにかが怖かった。
深淵の底から覗かれているような、恐怖。

『殺す』

感情が削ぎ落とされ、ただそれしか考えられなくなる。
そんな夢を見た。
何を殺すのか分からない。
分からないけど殺す。
分からなくても殺す。
それが自分の存在意義なんだと、自分は理解した。
目を覚まして、汗だくになっている自分にも構わず逃げ出した。
自分が自分で無くなるような感覚が、怖かった。

自分が普通の人間でないことを知ったのはその少し後のことだった。
両親は祝福してくれた。
この国を守るための力を得た、と酷く喜んでいた。
だけど……怖かった……。
艦娘となって、鎮守府に配属した。
でも恐怖は無くならなかった。

『人間を皆殺しにしてやる』

「ァァァアアア!!!?」

悪夢で飛び起きることが多くなって来た。
怖い。
自分は艦娘なんかじゃないんだ。
深海棲艦なんだ。
そんな風に考えてしまう自分が、どうしようもなく怖くて……。

フッ……

飛び降りた。

タンッ!
ガシッ!!

強い衝撃が来ると思っていたのに、柔らかい感触に包まれた。

バシャーーン!!

何故か自分は海に落ちていて、死ぬつもりだったのに身体は無意識に酸素を求めてもがく。
だがどちらが上かも分からない。
その時、強く腕を引かれて海面に引きずりあげられた。

「ゴホッ! げほっ!」

「……何をしていた……?」

低い声が、問いかけてきた。
水無月の腕を掴んでいたのは司令官だった。
その形相に、水無月はゾッとした。
飛び降りようとした時の恐怖など比ではない程の恐怖で、身体が強張る。
司令官は水無月を抱いたまま陸に上がる。

「…………もう一度聞く。何をしていた」

「…………死のうと……してたんだよ」

「何故だ」

「…………水無月は……水無月は艦娘なんかじゃない!! 深海棲艦なんだ!!」

水無月のその言葉に、司令官は眉間にシワを寄せた。

「お前は艦娘だ? 何があった?」

「違う! 水無月は、深海棲艦なんだ! 毎日毎日、夢を見るんだよ……」

「夢?」

「人間を殺せって! 皆殺しにしろって! 声が聞こえてくるんだ!」

「………………」

「その声は……水無月の声なんだよ! 嫌だ……水無月は人殺しになんてなりたくないよ……」

642 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 07:08:34.88 nJ/DK/qgo 373/564

「水無月。これは機密事項だが、お前は聞く権利があるから話そう」

「え……?」

「まず……艦娘と深海棲艦はほぼ同一の存在だ」

ほぼ、同一……?
それじゃあ、水無月は……。

「深海棲艦がどうやって生まれたものかは分からないが、艦娘が深海棲艦になったという事例が存在している」

「ほ、本当に!?」

「あぁ。それも少なくない事らしい。原因は不明。その内の一割ほどが『声』を聞いていると報告がある」

「じゃあ、やっぱり……」

「精神的に未成熟な者に多いらしい。放っておくとお前のように悩み抜いた挙げ句、自害する。そして……」

司令官は少し間を開けて、水無月の目を見ながらハッキリと言った。

「深海棲艦となって、鎮守府や人間を襲い出す」

「…………死んで……深海棲艦に……?」

「あぁ。轟沈した艦娘が数ヵ月後に深海棲艦となって襲いかかってきたという報告もある」

「じゃあ……!」

「そうだ。仮に俺がお前を止めてなければ、お前は明日にでも深海棲艦となってこの鎮守府を襲っていただろう」

「……そんな……死ぬこともできないなんて……どうすればいいの!?」

司令官はクイッと帽子を深く被った。
あぁ……もうどうしようもないんだ……。
水無月はすべてを理解した。

「…………はは……艦娘になって、皆を助けようって、そう思ってたのに……。なんの為に私は、生まれたの!?」

「俺はお前に深海棲艦になることを禁止する。お前は俺の部下だ。敵となって殺しあいをするなど、到底看過できない」

「水無月だって嫌だよ! でも……」

「来い。俺がお前を直々に鍛えてやる。二度と己に負けないような、強靭な精神を作り上げる」

それから、水無月は一週間毎日司令官の訓練を受けた。
正直、死ぬかと思った。

一週間の間、悪夢を見ることは一度もなかった。
というより、司令官に追いかけられる悪夢を見るようになってそれどころじゃ無かったと言うか。
とにかく、水無月はたったの一週間で、今まで散々悩まされてきた悪夢から解放されたのだった。

643 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 07:20:32.06 nJ/DK/qgo 374/564

「清々しい気分だな」

「………………」

「疲れて声も出んか。一週間、よく頑張ったな」

死んだように倒れている水無月の頭を、優しく撫でてくれる司令官。
とても心地いい気分になった。

「水無月。誰かに負けてもいいが、自分に負けることだけは許さん」

「………………ぅん」

「もしまたそうなりそうなら、俺に言え。再び叩き直してやる」

「………………」

「お前は俺の仲間だ。俺の大切な部下だ。勝手に折れ、俺の許可なく自死することは絶対に許さんぞ」

「司令官……」

「安心しろ、お前達は俺が守る。何と引き換えにしてもな。お前達は艦娘だが、生きる義務がある。幸せになる権利がある」

心に司令官の言葉が染み渡る。
身体が動かせないぶん、耳に声が良く通る。

「水無月。俺を信じ、共に歩んでくれ。お前が俺を信じてくれれば、俺はお前を何度だって助けてやる」

「…………う、ん……」グスッ

「上手く言葉が出てこないが……つまりそういうことだ……」クイッ

「ありがとう、司令官……。ごめんなさい……」

「気にするな。たまにこういうことはあったからな。自殺するより俺に説教される方が何倍も怖いと言われて、実はちょっとショックを受けているが」

「ふふ……! 確かに……!」

「ふ……お前には笑顔が似合っているな」

…………なんでだろう。
臭い言葉ばっかりなのに……。
こんなにも胸が温かくなるのは、なんでだろうなぁ。
……もうっ!

644 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 07:23:06.72 nJ/DK/qgo 375/564

提督「……水無月の好感度、何故あんなに高いんだ……?」

提督「まるで意味が分からない……俺はあいつに何かしただろうか……?」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

645 : 以下、名... - 2017/05/25 07:23:10.96 eLs9IR/m0 376/564

古鷹

646 : 以下、名... - 2017/05/25 07:23:30.45 7IDAdsIco 377/564

海風

648 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 07:51:00.33 nJ/DK/qgo 378/564

<ジェノサイッ……カッタッ!

<あー!

提督「ふぅ……古鷹、大丈夫か?」

古鷹「う……。はい、一応大丈夫です……いたた」

提督「それにしても珍しいな。古鷹が近接格闘の訓練をしたいと言ってくるとは」

古鷹「前に拳が届く程の距離まで接近してしまった、という話を別の鎮守府の艦娘に聞いて……そうなったときの為の攻撃手段が欲しいと思っていたんです」

提督「良い心掛けだ。艦娘は砲撃雷撃さえできればいい……などというのはただの怠慢だ。どんな状況でも敵を倒すことが出来る力があれば、生存率もぐっと上がる」

古鷹「だから近接戦のエキスパートである提督に師事をと思いました」

提督「俺の場合、それしかないからこそそれを鍛えに鍛えたんだがな。だが、俺に教えられることは全て教えよう。あと五分休憩したら、再開する」

古鷹「はい!」

提督「(古鷹は真面目で勤勉、良くできた子だ……どこに出しても恥ずかしくないな……)」

提督「すれ違い様に……五連撃だ! 休む暇を与えるな!」

古鷹「う……!」

提督「(もっと全体的に能力を底上げして、全員無事に生き残る……その為に、俺の知ることを全員に教えていかねば)」

提督「無暗に大技を使えば隙だらけだ。確実に相手を仕留められる時意外は慎重に動け!」

古鷹「うぅ……!」

<ジェノサイッ……カッタッ!

<あー!

649 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/25 07:51:56.44 nJ/DK/qgo 379/564

提督「古鷹ならすぐに上達するだろう」

提督「これを機に訓練メニューを追加しようか……?」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

650 : 以下、名... - 2017/05/25 07:52:35.03 7IDAdsIco 380/564

海風

651 : 以下、名... - 2017/05/25 07:55:21.85 efQHCMtaO 381/564

はい

656 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 13:10:00.13 4ELvW9iqo 382/564

海風「提督、本日もありがとうございました」

提督「俺に出来ることはあまり多くない。お前達の役に立てるのなら、喜んで力を貸すさ」

海風「戦術幅が拡がった、という話も聞くようになりました。最近では近接戦闘の訓練を他鎮守府でも採用されているみたいですね」

提督「俺が打診した。明確に対深海棲艦の動きも良くなっている。ただ問題が一つ……」

海風「問題ですか?」

提督「艦娘に教える人材が少ない事だ。俺たち軍人は勿論身体を鍛えてはいるが、だからと言って格闘技に精通している人間は極少数」

提督「それに加えて艦娘と正面からやりあえるとなると、俺を含めてもたったの二人だけだ」

海風「……え? 提督の他にもいるんですか?」

提督「あぁ、いる。奴も喜んで艦娘に戦闘訓練を行っているらしいな」

海風「世界は広いですね……」

提督「そうでもないさ。そういうわけで、これからは出張も多くなるだろうな」

海風「え? そう、なんですか?」

提督「是非にと頼まれてな。俺としても願ってもないことだ」

海風「……大丈夫なんでしょうか? 提督がここを離れると……」

提督「それについても考えがある。前日に全員を疲れ果てて次の日に起き上がれなくなる程度にしごいてやるつもりだ」

海風「なるほど……。でも、提督も大変ですよね?」

提督「こればかりは仕方がない。それにそのもう一人の提督も出張してくれるらしいから、休める日もあるさ」

海風「……提督、無理はしないでくださいね」キュ

提督「無論だ。ありがとう」

657 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 13:11:09.97 4ELvW9iqo 383/564

提督「何かまだ言いたいことがありそうだったな……」

提督「今度ゆっくりと話す時間を取らねばな」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

658 : 以下、名... - 2017/05/26 13:14:21.28 JWWAJT6ho 384/564

朝潮

659 : 以下、名... - 2017/05/26 13:17:56.04 1HV/Ob2Ho 385/564

どりゃ

660 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 13:25:08.52 4ELvW9iqo 386/564

↓1 朝潮に殺意を抱かれている理由は?

661 : 以下、名... - 2017/05/26 13:26:35.35 xv3MbEoy0 387/564

司令官はロリコンで妹全員を手籠めにしようとしている…と頑なに信じている

665 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 14:09:44.77 4ELvW9iqo 388/564

司令官はロリコン。

……そんな噂を聞いたのはここに来て一ヶ月ほど経ってからでした。
そんなことありえる訳がない……と私は思っていました。
だって、司令官はとても紳士です。
朝潮がちょっとしたミスをしても怒りません。
フォローしてくれて、分からないところは優しくおしえてくれました。
………………。

朝霜「なぁー遊ぼうぜー!」

提督「仕方のない奴だ」

………………。
大丈夫、そんな訳ないんです。
私は司令官を信じています。

提督「高雄! お前はまた無茶を!」

高雄「……ごめんなさい……♪」

………………。
厳しい面も、ちゃんとあります

「提督……ん……」ペロペロ

提督「は、ハチ……!」

う、嘘です……。

占守「しれぇ……占守を愛してくださいっす……」

提督「愛しているに決まっているだろう?」

そんな……そんな!!

皐月「司令官……あ、あの……もう一回キス……したいなって……」

提督「さ、皐月!? 落ち着け!」

……ロリコンだ……。
司令官は……ロリコン……!!

提督「大潮ー、満潮ー! どこにいったんだ」

………………。

667 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 14:22:18.94 4ELvW9iqo 389/564

提督「………………朝潮?」

朝潮「なんでしょうか」

提督「最近、様子がおかしいような気がするんだが」

朝潮「どこがですか?」

提督「いや……駆逐艦といるとき、お前が必ず側にいるような」

朝潮「当然です。司令官の側は危険ですから」

提督「なに?」

朝潮「司令官はロリコンです。私は妹達を守る義務がありますから」

提督「…………!?」

朝潮「それでは」

提督「ちょっと待て! 今のはどういうことだ!?」

朝潮「司令官は訓練と言い張って駆逐艦の身体を触っていますよね? 私は知っています」

提督「待て! 話を」スッ

朝潮「触らないでください!!!!」ギロッッ!!

提督「っ!?」

朝潮「……気持ち悪い!」タッタッ

提督「…………………………」

<馬鹿な……

ガックリ

668 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 14:23:02.08 4ELvW9iqo 390/564

提督「なぜ、何故だ……朝潮……」

提督「俺が……ロリコン……ロリコンなのか……!?」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

669 : 以下、名... - 2017/05/26 14:23:30.89 ctty4Q4jO 391/564

弥生

670 : 以下、名... - 2017/05/26 14:26:09.04 YfKRiWDHo 392/564


671 : 以下、名... - 2017/05/26 14:26:10.30 ObFRq3L30 393/564

ルガールと対等となるとギースハワードか。
まさかゴウキなんて事はないよねw
提督。空から長門が禊をw

672 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 14:30:47.05 4ELvW9iqo 394/564

連続……!?
>>671
ルガールとクリザを足して2で割れば提督なんです!
ちなみに友人提督は敬虔なクリスチャンです


↓1 弥生が提督に殺意を抱いている理由は?

673 : 以下、名... - 2017/05/26 14:30:58.90 L35P/ZAdO 395/564

愛する皐月を奪われたから

675 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 14:39:37.79 4ELvW9iqo 396/564

弥生は、許せません。

皐月「司令官、明日は暇かな? もし暇なら、またどこか出掛けたいんだけど……」

提督「なに? ……うむ、良いぞ。どこに行く?」

皐月「やった! あ、そうだね……街に出て、買い物したりして、で……レストランでご飯とか……」

提督「ふ……分かった。楽しみにしている」ナデナデ

皐月「ふあぁ……」///

弥生は、許せません。

皐月「あ、ごめん。今日は用事があるから……あ、司令官! えへへ、今日もかわいいねぇ!」テテ……ギュ

提督「おっと……皐月か。どうした?」

皐月「今日は何をするんだい? 仕事なら手伝うよ!」

提督「そうか、それは助かる」ナデナデ

皐月「えへへ……」ニヤニヤ

弥生は、許せません。

皐月「また、司令官と、キスしたいな……」ボソ

弥生は…………。
許せません…………!!!

バキッ!

678 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 18:17:56.64 4UIH+5QEo 397/564

提督「それで、決闘か」

弥生「弥生が、勝ったら……! 皐月に、二度と話しかけないで、ください……!」ググッ!

提督「……ふむ……。ではそうだな……艤装をつけろ、弥生」

弥生「……え?」

提督「シューズが完成したのでな。それにお前がそこまで本気でかんがえているんだ。自分の土俵で戦い負ける方が納得もしやすいだろう」

弥生「こ、後悔、しないでください……!」

提督「それはこちらの台詞だ。女の取り合いで決闘などと至極馬鹿らしいが理由ではあるが……部下から不満をぶちまけられ決闘を挑まれては、本気で相手にしない訳にもいかないだろう……」ゴキッ、ゴキキッ!

弥生「ぴぃ……」

演習場

提督「……うむ、浮くな……。問題はなさそうだ」

弥生「(本当に、海の上に浮いてる……! で、でも……まだ慣れてない筈……それに、砲撃も使えるなら……!)」

提督「奴も喜ぶだろうな。なにせ、深海棲艦に煮え湯を飲まされて来た同志だ……」

弥生「(勝つ! 勝って、皐月を……!)」


ざわざわ……

加賀「決闘なんて……久しぶりね。それも水の上なんて……」

朝霜「親父なら大丈夫だと思うけど……ここは壁もねーし、慣れない水の上だし、不利すぎるぜ」

皐月「な、なんで弥生が決闘……!?」


提督「ギャラリーも集まりだしたか。格好悪いところを見せる訳には行かないな……弥生、砲撃を上空へ。それが落ちたら、開戦だ」

皐月「…………ッ!!」ドォン!

…………

…………

…………

ボシャーン!

ドォン! ドォン!!

弥生「(近付けない! 徹底的に遠距離を保つ!)」

弥生「(近付かれたら……死……!)」

ドォン! ドォン!

タンッ

弥生「え……!?」

681 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 20:30:27.40 4UIH+5QEo 398/564

武蔵「砲弾を足場に……!?」

吹雪「あー、懐かしいなぁ……昔、ここにまだ艦娘が少なかった頃、司令官も一緒に出撃してたんですよ。私の撃った砲弾に乗って深海棲艦を沈めてて……トラウマです……」

加賀「滅茶苦茶ね……」


弥生「な……!?」

提督「甘いッ!!」

<HAHAHAHA!
ザシュン!

弥生「あぐっ!」

提督「うむ、しっかり立てるな。少し揺れるか……」

弥生「……!」ジャキッ!

提督「忘れたか、弥生?」

近接戦闘においては、銃よりも拳やナイフの方が有利なことが多い

弥生「……あ……!」

提督「構え、撃つ。その間に俺はお前に少なくとも二撃を叩き込める。その意味は分かるな」

弥生「………………」

提督「降参するか?」

弥生「…………しない!」ドォン!

提督「良い覚悟だ!!」

提督の十八番、蹴り上げ。
何度も見ていた弥生は咄嗟に上体を反らした。
あまりの早さに見てからじゃ絶対に間に合わない。
提督の呼吸に合わせ、避けた。

弥生「(やっ……た!)」

提督「お前は次に、隙だらけだ、と叫ぶ」

弥生「隙だ……え!?」

提督「カッタッ!」ジャキン!


球磨「一撃目で跳ばず、更に踏み込んでもう片方の足で蹴り上げに行ったクマ!?」

夕立「あれには苦労させられたっぽい……今しかない! ってプレッシャーを利用してるから余計喰らった時のダメージが大きくなるっぽい!」

682 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 20:50:03.83 4UIH+5QEo 399/564

弥生「ッッ!?」

バシャァ!

提督「……よく避けた。初見で避けられたのはお前が初めてだ」

弥生「(夕立との訓練、見てて良かった……)」

ドォン!!
ドドドン!
バシャア!バシャン!

提督「視界を遮りに来たか」

弥生「(海の上での戦いなら……経験はこちらの方が、上……!)」

提督「…………」

バシャッ

提督「そこだ!!」ガッ!!

スカッ

提督「む!? ぐぉ!!」

ドオォン!!
ボチャン!

弥生「(……司令官なら、音で位置を把握しようとする筈……それくらいなら絶対にやってくる……)」

提督「雷撃の着水音だったか……俺もまだ未熟だな」

弥生「(……ダメージは、ある……けど軽微……)」

弥生「(……でも、司令官への恐怖心は減った……司令官も、攻撃ができればダメージが通る普通の敵……!)」


朝霜「とか考えてなけりゃいいけどな……」

大和「今ので提督のスイッチ、入るわね」

天龍「まともな攻撃受けるとテンション上がってマジの本気になっちまうからなぁ」


提督「ふむ。お前のことを少々侮っていたようだ。よく成長したな、弥生」

弥生「褒められても、嬉しくない……」

提督「いいや、これは本心だ。そして……ここからは本気で相手をしてやろう……」

弥生「……え」

ダッ!!
ガシッ!

<HAHAHAHA! 遅い!!

<あー!

683 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 20:58:25.13 4UIH+5QEo 400/564

提督「…………どうだ、頭は冷えたか?」

弥生「ぴぃ」

提督「そう怯えるな。お前のように頭の茹で上がった奴は、こうしてやるとスッキリする。どうだ?」

弥生「……ごめん、なさい……」

提督「気にするな。ちょっとくらいのワガママや反抗期は許容する」

弥生「弥生は……し、司令官が……」グスッ

提督「嫌いならそれでも良いさ。全員に好かれるような人間ではないことは誰よりも知っている」

弥生「ちが……! 司令官が、羨ましかった、です……。周りにいつも誰かいて……皐月も、司令官に取られて……」グスッ

提督「……弥生。強くなれ」

弥生「……!」

提督「身体の事だけじゃない。心だ。今のままでは、お前は成長できない。もっともっと……誰よりも強くなれ、弥生」クイッ

提督「……誰かにすがるな。共に歩め。引きずられるな」

弥生「…………はい!」

684 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 20:59:45.07 4UIH+5QEo 401/564

提督「弥生は、まだ少し頼りないが……それでも最近は他者と積極的に関わろうとしている」

提督「ああいう奴は、成長するととんでもない大物になるからな……楽しみにしておこう」

↓1 70人達成イベント!

685 : 以下、名... - 2017/05/26 21:00:04.34 A3M4SYT0O 402/564

何も知らない皐月の提案で提督皐月弥生卯月で一日お外にお出かけ

688 : 以下、名... - 2017/05/26 21:05:21.16 xl8EifL40 403/564

これは好感度上昇あるかな

692 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 21:09:05.62 4UIH+5QEo 404/564

あーそうか
じゃあ
↓1 皐月の好感度上昇コンマ安価
100越えなので半分

↓2 弥生の好感度上昇コンマ安価
↓3 卯月の好感度上昇コンマ安価
ゾロ目で倍

693 : 以下、名... - 2017/05/26 21:09:25.72 Ou8bLmiro 405/564

やー

694 : 以下、名... - 2017/05/26 21:09:42.64 CHoYXpU/o 406/564

はい

695 : 以下、名... - 2017/05/26 21:09:43.73 wEpv9klLO 407/564

よい

697 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/26 21:16:31.69 4UIH+5QEo 408/564

皐月→163
弥生→64
卯月→156

699 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 08:13:18.28 itWb6sb4o 409/564

↓1 卯月が皆と出かけた時に提督を愛するようになった理由は?

700 : 以下、名... - 2017/05/27 08:16:58.03 4+Gk7QLdo 410/564

皐月とイチャイチャしてるのを見て嫉妬している事に気づいた

704 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 09:46:15.63 itWb6sb4o 411/564

皐月「司令官、今度はあっちを見よう!」

提督「ライオンか……昔は怖かったが、こうしてみると可愛いものだな」

皐月「かわいいねぇ!」

提督「猫か……どうにも惹かれるものがあるな。ペットを飼ってみるのも良いかも知れんな」


多摩「!!!??」

球磨「ど、どうしたクマ?」

多摩「……わからんにゃ……ただ、今絶対に許せないことを言われた気がしたにゃ……」ギギギ

球磨「お、おう」


皐月「良いね! ボクも面倒見るよ!」

提督「もう少し周りが静かになってから本格的に考えてみよう」

卯月「…………」

弥生「…………」

卯月「(むかつくぴょん……皐月ばかり!!)」イライラ

弥生「(なんで、こんなことに……? 皐月が、遊びに行くって……)」モヤモヤ

卯月「うー……! ぴょん!!」バッ!

提督「うぉ! 卯月、いきなり飛び付くなといつも」

卯月「皐月相手にデレデレしてて恥ずかしいぴょん! ロリコンみたいぴょん!」

提督「ろ、ロリ……」ズーン

皐月「むー……そんなことない、司令官は紳士だよ」

卯月「うーちゃん知ってるよ! そういうのは変態紳士って言うぴょん!」

提督「……変態紳士……」ズズズーン

皐月「違うよ! 司令官はそんな人じゃない! それにボクは、仮にそうでも問題ない!」グイッ!

卯月「な!? う、うーちゃんだってそうだぴょん!」グイッ!

弥生「(端から見たら、子供二人になつかれてるお父さん……)」

705 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 10:30:13.20 itWb6sb4o 412/564

提督「ふぅ……元気だな、子供は」

弥生「………………」

提督「楽しくなさそうだな。弥生」

弥生「……ごめんなさい」

提督「もし望むなら、俺は帰るぞ」

弥生「ダメ、皐月が楽しみにしてた……です」

提督「……すまん」

弥生「……悪いのは、弥生、です」

提督「そんなことはない。……弥生、俺はお前とも友達になりたいと考えている」

弥生「え?」

提督「嫌われているのは嫌だからな。だから少しずつ、お互い歩み寄りたい。ダメか、弥生?」

弥生「…………」

提督「もし俺にどこか嫌いなところがあるなら、直す努力をする。顔と言われてはどうしようもないが、何でも言ってみてくれ」

弥生「(司令官と、友達……。司令官と友達になってはいけない、なんて決まりは、ない……?)」

弥生(00)→(64)「と、友達……なりたい、です」

提督「!?」

弥生「……うれしいです……」///

提督「あ、あぁ……。ありがとう、弥生……?」ナデナデ

弥生「…………」///

皐月「弥生ばかりズルいよ! ボクも撫でてほしいな!」グイッ!

卯月「そうだそうだー! 不公平は反逆の種になるぴょん!」グイッ!

提督「お、おお二人とも。分かったから引っ張らないでくれ」

706 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 10:36:31.53 itWb6sb4o 413/564

提督「弥生と仲直りができた、のか?」

提督「わからん……! 子供の事がわからん……!」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

707 : 以下、名... - 2017/05/27 10:37:45.88 LZ7egW8u0 414/564

荒潮

708 : 以下、名... - 2017/05/27 10:38:12.66 LIfScqLlO 415/564


709 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 10:42:12.17 itWb6sb4o 416/564

↓1 荒潮が仮に提督が死んでも認めないくらいに愛してる理由は?

710 : 以下、名... - 2017/05/27 10:42:56.17 B0geD3GdO 417/564

他の好感度100オーバー勢を蹴落として自分が正妻になって悦に浸りたいから異様に提督に執着している

712 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 10:48:19.11 itWb6sb4o 418/564

それは愛してるというより、打算では無いのか……?
好感度が反映されない気がするんだが、どうなんだろう。

713 : 以下、名... - 2017/05/27 10:51:37.84 B0geD3GdO 419/564

たしかにそうかも。じゃあそうやって執着してたらいつの間にかヤンデレ勢たちの影響を全部受けてやばいことになってた的な感じで

714 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 10:53:10.54 itWb6sb4o 420/564

そういうことにしよう

721 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/27 11:37:28.54 itWb6sb4o 421/564

↓1 指輪イベント! 好感度100以上の艦娘とイベント内容

↓2 日常イベント! 既に出てる艦娘とイベント内容
↓3 日常イベント! 既に出てる艦娘とイベント内容
↓4 日常イベント! 既に出てる艦娘とイベント内容

荒潮書いてから書き始めるよ

722 : 以下、名... - 2017/05/27 11:39:27.79 gNqtNo0aO 422/564

大穴でうーちゃんとラブラブなイベント

723 : 以下、名... - 2017/05/27 11:41:23.90 cg4ZBtMV0 423/564

秋月照月と高級店に食事に

724 : 以下、名... - 2017/05/27 11:42:42.35 vWtt+gewO 424/564

朝潮vs荒潮(荒潮アリなら)

725 : 以下、名... - 2017/05/27 11:42:47.37 BClJ8ZysO 425/564

朝潮とお買い物

727 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 10:14:48.23 OrupmP/5o 426/564

別に提督のことなんて好きでもなんでもなかった。
ただ、提督の事を好きな人がいっぱいいたから……。
全員を蹴落として提督の一番になってやろうと、そう思っていただけだった。
そうすることで悦に入ろうとしてた。

でも私には恋愛経験なんてある筈もなく……最初は周りの人の真似をすることしかできなかった。

「提督ぅ、頭撫でて欲しいにゃぁ……♪」

「荒潮……なんの真似だ……?」ゴゴゴゴゴ

私は知っている。
提督のこの威圧感は困惑したり戸惑っている時、緊張してる時により強くなることを。
けして怒っている訳ではない。

「荒潮は提督のペットにゃ……だから可愛がってほしいにゃぁ……♪」

「………………」ナデナデ


「………………」ジッ

「荒潮。何故そこにいる?」

今日は提督の机のしたから提督を眺めるだけ。
お仕事も終わったから、好きなだけ提督にアプローチできる。

「提督を見ているだけよぉ?」

「………………とにかく出ろ」

提督に手を引かれて無理矢理出されてしまった。
その隙を見逃さない。

チュッ……チュゥゥ!

「ん!? ふ……あ、荒潮!? 何故キスをする!?」

「あらあら……キスの意味が分からない子供でもないですよねぇ……? うふふふふ……」

そのまま提督を押し倒し、その逞しい胸に頬擦りをする。
あぁ、良い匂い……♪

「荒潮……!」

「パパぁ……荒潮を可愛がってぇ……?」ペロ

「んおっ!?」

うふふ、可愛いわぁ。
あぁ可愛い……食べちゃいたい。

729 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 10:35:10.66 OrupmP/5o 427/564

そうやって提督にアプローチを続けること一週間。
それなりの手応えは感じている。
提督の私を見る目が、少しだけ変わっていた。

「(うふふ……この調子でいけば、提督を落とすのも時間の問題ねぇ……)」

私にとってはただの遊びみたいなもの。
提督は嫌いじゃないけど……ただそれだけ。
……私は、自分の変化に気付いていなかった。

「(……あ、提督。少し眠そうねぇ……)」

無意識に提督を目で追っていた。

「(今日の提督も、素敵~。勇ましいわぁ……)」

無意識に提督を見て喜んでいた。

「(……………………仲良さそう……)」

無意識に提督と話す誰かを恨んでいた。

「(もっと提督と話さないと。もっと提督と仲良くならないと。先に誰かに取られちゃう……)」

無意識に提督を求めていた。

「(武蔵さんは、提督に褒めてもらうのに必死……提督のためになんでもやる……)」

他の娘の思考をトレースして、提督へのアプローチのために使い続けた。

「(……寂しい……提督は今、他の娘と仲良くしてるのかしら……)」

「(寂しい………………)」

「(……愛してほしい……昔のように……)」

「(パパ……もっと甘えさせてほしい……)」

「(褒めて!! もっと褒めて!! 提督!!)」

「(提督がいないと私、生きていけない……幸せになれないの……)」

「(変な声が聞こえる。殺してでも奪えって、毎晩毎晩……)」

733 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 10:48:06.03 OrupmP/5o 428/564

提督「荒潮!!!」

荒潮「…………あ……? 提督……?」

提督「目を覚ましたか……この馬鹿が!! 何故こんなことをした!」

荒潮「もっと叱って……声が聞こえるの……殺して奪えって……パパ、もっと近くにいて……」

提督「何を言って……!?」

荒潮「提督のペットなんだから何しても良いにゃ……褒めて!! 提督!!」ガバッ!!

提督「荒潮!? 落ち着け!」

荒潮「あぁぁ……愛しい……愛しいわぁ……うふ、うふふふ……」ペロペロ

提督「これは……?」

大和「遅かったみたいですね……」

提督「大和? なにか知っているのか」

大和「いえ……最近荒潮ちゃんの様子がおかしかったので注意していたのですが……他の人の闇に触れ、呑み込まれてしまった……みたいです」

提督「闇に……? なんの話だ、分かるように言ってくれ」

大和「提督。荒潮ちゃんの話を聞いて、何か思い当たることはありませんか?」

提督「なに? …………多摩……それに武蔵、朝霜、水無月もか……!?」

大和「提督のことが大好きな子達。その子達の真似をして、提督に好かれようとしてたみたいです……」

大和「最初はただ真似をしていただけだったから、私も様子を見ていたのですが……まさか、ここまで意識を同調することができるとは……それも複数……」

大和「一人ぶんでも負担はかなりのものです。それを複数人なんて、こんな風になってしまっても仕方がありません……ごめんなさい、提督……私が見ていながら……」

提督「それは良い! 荒潮は大丈夫なのか!?」

大和「……後は任せてください。私と武蔵で様子を見ておきますから」

734 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 10:50:35.10 OrupmP/5o 429/564

提督「……結局任せることしかできなかった……」

提督「俺のせいなのか……?」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

このあとから指輪とイベントやってきます

735 : 以下、名... - 2017/05/28 10:50:42.54 Lti55o2Ao 430/564


736 : 以下、名... - 2017/05/28 10:52:43.06 VvnKwGoeO 431/564


740 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 12:12:02.19 OrupmP/5o 432/564

※ 安価とは関係ありません


友人提督もテンションが上がったようです

提督「これは良いものですね。これなら深海棲艦と戦うことも可能でしょう」

天龍「な、なぁ……本気で出撃する気か? そりゃ確かに海の上に浮けるようになっただろうけどよ……お前が死んだらもう終わりなんだぜ?」

提督「構いません。私は提督……神が産んだすべての命を守る使命がありますから」

天龍「提督の仕事じゃ無い気がすんだけど……」

赤城「……というより……提督が出撃すると、私たちの立場が……」

提督「いえ、私はまだ海上戦の経験が浅い若輩者……皆さまのサポートによって、私はようやく戦えるのです」

摩耶「初めての海上戦で加賀を沈めたのに何いってんだこいつ……」

提督「さぁ、出撃の時間です。命を何とも思わないあの悪魔の使徒、深海棲艦に……天罰を……」ゴゴ……ゴゴゴゴゴ……!!!

「ひぃぃ……」ブルブル

川内「夜戦♪ 夜戦♪」


天龍「戦艦2! あと駆逐2!」

赤城「空母と重巡もいます!」

提督「皆さまに、神の御加護があらんことを……行きます!」バチャバチャ!!!

天龍「っておい!! 先行すんじゃ」

<神罰です!

ドンッッ!!!

天龍「おい! なんで海に叩きつけてんのにコンクリートに叩きつけられたみたいな音が出るんだよ!」

赤城「………………」

『私と私の友人の昔話は以上です。良いですね? この話は他言無用……貴女を信用してこの話をしました。神はいつも、貴女を見ています』

赤城「凄いですね!! やっぱり提督は流石です!!」

<お別れです!

「掴んで投げ飛ばした……どんな腕力してんのよ……」

川内「ってこれじゃ夜戦にならないじゃん! もー!!」

<遅いですねぇ! 神罰です!

<光が……

提督(MVP)「……まだまだですね……艦娘のようにはいかないものです」

天龍「どこがだよ……!」

提督「私は所詮陸の人間……早急に遠距離での戦闘を行う方法を彼と共に考えなければ……」

「やめてー! 艦娘いらなくなっちゃうからやめてー!」

741 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 12:14:31.10 OrupmP/5o 433/564

ゲニ提督も恐るべき艦娘計画の五人の生き残りの一人です
どこかで出したかったのですが、番外編での出演でした

742 : 以下、名... - 2017/05/28 12:16:37.00 xMQOZ6ZYo 434/564

ここですか?が遠距離なんじゃあ

744 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/28 12:21:17.61 OrupmP/5o 435/564

>>742
kofのあの人この人っぽいキャラ付けをしてるだけで、風だのカイザーウェーブだのの非現実的なことはできませんのよ

751 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 00:58:02.24 Hrq0rdRbo 436/564

最近、どうも卯月の様子がおかしい。
今までも変わった奴で、いたずら好きではあったのだが……。
どうにも度が過ぎるようになってきていた。
昨日は味噌汁の中に大量のわさびを入れられていた。
今日は……。

「……!?」バチンッ!

書類を出そうとした瞬間、静電気のようなものが走った。
身体が驚いて瞬時に腕を下げてしまい、肘を壁に強く打った。
だが俺はそんなことは気にも止めずに扉の方を見る。

「………………」パタン

またこれだ……。
卯月は今まで、悪戯が成功すると決まって飛び出して来ては笑い転げていた。
そしてひとしきり笑ったあとに、俺に甘えてくる。
だが最近のやつは隙間から俺を冷たい眼差しで見るだけで、すぐに帰ってしまうのだ。
慌てて卯月を追って廊下に出たが、卯月は既にどこにもいない。
未だに俺は、卯月の意図がハッキリと分からないままでいた。
何か意味があるはずなのだが、口に出して言ってもらえないと俺は分からない。
何とかして卯月を捕まえねば……と意気込んで、既に一週間は経過していた。

「………………卯月」

「なんだぴょん」

「うお!?」

今まで何度も捕まえようと試みていた相手が急に目の前に現れた。
癖というか訓練の賜物というか、即座に卯月の腕を掴んだ。

752 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 00:58:31.83 Hrq0rdRbo 437/564

卯月「別にもう逃げないぴょん」

提督「あ、あぁ……卯月、話がある」

卯月「うーちゃんも話があるぴょん」

提督「む、なんだ?」

卯月「………………うーちゃんは最近、しれいかんにいっぱい意地悪したぴょん。悪戯じゃなくて意地悪。ぜんっぜん楽しくなかったぴょん」

提督「それはそうだろう」

卯月「最初は仕返しのつもりだったぴょん。しれいかんは皆にモテて皆にデレデレしてるから、ムカついたぴょん。……でも楽しくないし、心のモヤモヤも無くならないぴょん」

提督「…………」

卯月「……ねぇしれいかん。いつ、うーちゃんに指輪……くれるの?」

提督「…………そういうことだったか……」

卯月「うーちゃんはね、切なくて死んじゃいそうなんだよ。しれいかんが他の女の子と遊んでるって考えるだけで、胸のムカムカが取れないの」

卯月「……しれいかんはうーちゃんのこと、選んでくれないの……?」

提督「そんなわけがないだろう!」ギュッ!

提督「お前だって大切な仲間だ」

卯月「うーちゃんはね……大切な仲間じゃ、もうだめなんだ……」ギュ

提督「……心得ている」

スッ

卯月「え……これ……?」

753 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 00:59:00.92 Hrq0rdRbo 438/564

提督「カッコカリの指輪だ。貰ってくれ」

卯月「………………」

提督「嫌か?」

卯月「ち、ちが……あ! いや、な、んでうーちゃんに!?」

提督「悪いが、お前だけではない。人数分発注はした。数人ぶんはもう届いている」

卯月「……」

提督「あ……すまない、こういうものは隠しておくのがマナーだったな……。ただ、機嫌取りの為に渡すわけではない。俺は、もし望まれるのならば全員の夫になる覚悟がある」

卯月「しれいかん……」

提督「お前が嫌なら構わない。ただそれでも俺を求めるなら……」

卯月「しれいかん」

提督「む……」

卯月「しれいかんに……はめてほしい、ぴょん」

………………

卯月「……………………!!!!!」バッ

提督「む!?」

卯月「作戦大成功だぴょん! しおらしくすれば指輪を渡すと思ってたぴょん! やーいやーい騙されたぴょん~!」

提督「……卯月。おいで」

卯月「う……」

スス……ギュゥ

卯月「……うーちゃんは嫉妬深いぴょん」

提督「慣れているよ」

卯月「すぐ悪戯するぴょん」

提督「知っている」

卯月「…………しれいかんのこと、大好きだよ」

提督「俺もお前のことを好いている」

チュッ

         完

758 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 07:57:04.07 X8VKASbYo 439/564

秋月「あ、あの……本当に良いのでしょうか……」

提督「気にすることはない。二人のお陰で作戦は大成功し、攻略海域を大幅に延ばすことができた。その祝いだ」

提督「……ということになっている。すまんな、俺としてもお前らが気疲れするだろうからと遠慮したんだが……元帥閣下がこういうときくらい楽しめ、と」

秋月「そんな、司令が謝ることでは!」

照月「今さら引き返せないし……なら、楽しんじゃおうよ!」

提督「それが良い。幸いにも……ん、ごほん。大変残念なことだが元帥閣下は多忙で同席できなかったが、好意は頂こう」

秋月照月「はい!」

ピピピ

提督「(メール……?)」

幸いにも出席できなかった私だ

生意気になったものだな、昔は生まれたてのヒヨコのように私の後ろを着いてきていたというのに。
その事についてはまた後日じっくりと話し合おう。
本題だが、お前に頼みたいことがある。
近接戦を艦娘に学ばせるという計画には目を通した、それで早速だが中々成果の上がらない鎮守府に出張してもらいたい。
期間は二週間だ。その間お前の鎮守府は近くの神馬鹿と朝日の二人にフォローしてもらう。
勿論否応は聞いていない。やれ。命令だ。

今度、あの神馬鹿と三人で飯を食いに行こう。
またな。


秋月「おいしい……こんなお肉、初めてです……」

照月「私も! 何枚でも食べられ」

提督「」バターン!

照月「って提督!? どうしたの!?」

秋月「大丈夫ですか!? 司令!」

提督「すま、すまない……動揺してしまっただけだ……」ガクガク

照月「何かあったんですか……?」

提督「ちょっとな……妖怪が……。いや、それよりも……まぁ気にしないでくれ……。肉……美味いな……」ハイライトオフ

秋月「……何があったのかしら……」

759 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 08:41:36.57 X8VKASbYo 440/564

朝潮「荒潮! 荒潮!」

荒潮「………………」ボー

朝潮「……ッ! あなた、のせい、で……」ググッ

提督「言い訳はしない。部下のメンタルを把握しきれていなかった俺に原因はある」

朝潮「何をのうのうと! ふざけないでください!」ガッ!

提督「殴るなら殴れ。それで気が済むならな」

朝潮「…………」ギリッ

荒潮「パパ? パパ、いるの!? パパ! 褒めてよ! 私、パパの為にいっぱい殺したよ! だから褒めてにゃ!!」

朝潮「荒……潮……」

提督「明石が定期的にメンタルケアを試みているが、まるでうまくいかん。俺の声にのみ反応する。そして俺の声を聞いた瞬間に発狂し、暴れだす。それ故に、ベッドに縛り付けるしか無かった」

提督「……お前の妹をこんな目にあわせて、すまないと思っている」クイッ

朝潮「!!」ガンッ!

提督「ぐっ!?」

朝潮「謝って済むわけないじゃないですか!! 荒潮……帰るわよ……」カチャカチャ

提督「朝潮……やめるんだ、今の荒潮は……」

朝潮「それでも! 私の、大事な妹」

グイッ!

荒潮「提督を殴ったわね?」

ガンッ!!!

朝潮「がっ!!」

ドサッ! ドンッ!!

提督「朝潮!」

760 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 08:42:03.20 X8VKASbYo 441/564

荒潮「許せない……許せないわぁ……私の愛する御主人パパに危害を加えるなんて……あなたを殺してまたパパに褒めてもらうのぉ♪」

提督「やめろ! 荒潮!!」

荒潮「なんで庇うの。その女の方が良いにゃ? 許せない。許せない。いつまで我慢していればいいの? 荒潮は提督のことが大好きなのに。ねぇパパ! 褒めてよ! 荒潮は我慢してました。褒めて! 結婚しよ?」

提督「……致し方ない……眠らせてやろう」グッ

朝潮「待ってください!!」

提督「……朝潮」

朝潮「荒潮は……私の妹だから……大切な妹だから!! 私が、姉である私が受けとめなきゃいけないんです!!」ダッ!!

ガッ! ドッ……

朝潮「荒潮!! 目を覚ましなさい!!」

パァン!!

荒潮「………………」

朝潮「…………荒」

荒潮「ぁぁぁアアアアあ!!!!」

バキィッ!!

荒潮「邪魔するなァァ!!」ガッ! バキッ! バキッ!

朝潮「あっ!? ぐっ!!」

荒潮「提督は私のもの!! 誰にも渡さない!! お前も!! お前にも!!」ガッ! ガッ! ガッ!

提督「荒潮!!」

761 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 08:42:30.15 X8VKASbYo 442/564

朝潮「ぅあああ!!」バキッ!

荒潮「あ……!?」ドサッ

朝潮「はぁ、はぁ……お姉ちゃんナメんなぁぁ!!」

ダンッ! ドゴッ!!

荒潮「う…………」

朝潮「はぁ……! 荒潮! いつまで寝惚けてるの! 早く……起きなさい!!」パァァン!!

荒潮「きゃぁ!!」ガタッ……

朝潮「……荒潮……ごめんなさい……」スッ

荒潮「…………」

提督「朝潮! まだだ!」

荒潮「提督に褒めてもらうのは私だッッ!!」ガッ!!

朝潮「ッ!!」

<ジェノサイッ……

荒潮「……あ……?」

<カッタッ!

荒潮「なん……!!」

ドカァガッシャーン!

提督「………………勤勉な朝潮なら、すぐに使えるようになるとは思っていたが……フォームは完璧だな」

朝潮「っ……はぁ、はぁ……!」ドサッ

荒潮「ぅ……うう……ねえ……さん……」ガクッ

提督「……朝潮のことが分かったのか? 今まで俺以外にはなんの反応も……いや……」

朝潮「…………」グスッ……グス

提督「姉妹の絆、か」クイッ

769 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 22:25:33.64 ASjCTkPqo 443/564

あっ
そういえば好感度上げるの忘れてた

↓1 秋月好感度上昇コンマ安価
↓2 照月好感度上昇コンマ安価
↓3 荒潮好感度上昇コンマ安価
↓4 朝潮好感度上昇コンマ安価
↓5 朝潮好感度上昇コンマ安価
日常イベントなので1/3になります

770 : 以下、名... - 2017/05/29 22:26:41.97 VNBqP523o 444/564

ほい

771 : 以下、名... - 2017/05/29 22:28:17.97 PICJQv1wO 445/564

好きなんでしょ?こういうの

772 : 以下、名... - 2017/05/29 22:29:55.49 RaCoSHvfO 446/564


773 : 以下、名... - 2017/05/29 22:29:59.18 SuSnLBqao 447/564

ここですか

774 : 以下、名... - 2017/05/29 22:30:13.94 2vzDvXjqo 448/564

ほい

775 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/29 22:32:47.81 ASjCTkPqo 449/564

ぎゃー秋月100越えたー!
仕方ない別途でイベントやるか……というか秋月照月で97出すとかどうなってんだお……

秋月(71)→(104)
照月(62)→(95)
荒潮(528)→(545)
朝潮(00)→(38)

↓1 秋月が提督のことを愛するようになった理由は?

776 : 以下、名... - 2017/05/29 22:34:30.98 Xact+PoYo 450/564

夜戦した

786 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 00:40:45.56 GpG49Df5o 451/564

朝潮「…………」ムスッ

提督「荒潮も順調に回復している。お前のおかげだ。だから」

朝潮「別に私はなにもしてません。何かプレゼントという話でしたら荒潮にどうぞ」

提督「いや……荒潮にはもう決まっている。朝潮、お前を労いたい」

朝潮「結構です」

提督「そ、そうか……」クイッ

朝潮「(きっと司令官は私のことも狙っているんだ……だから)」

『提督は、そんな人じゃないわよぉ……信じてあげて……?』

朝潮「…………」


提督「うまいか、朝潮」

朝潮「は、はい……」モグモグ

提督「…………朝潮、まだ俺へのロリコン疑惑は晴れないのか?」

朝潮「卯月さんとケッコンして数日なのに何をいってるんですか」

提督「返す言葉もない」

朝潮「……ただ、司令官への勘違いを一つだけ反省しました」

提督「む、なんだ」

朝潮「司令官は、小さい女の子【も】大丈夫な人だったんですね。よく考えれば、武蔵さんともケッコンしていましたので」

提督「待て、まるで俺が女なら誰でも良いみたいな勘違いをしていないか?」

朝潮「違いましたか?」

提督「いや……俺は性的な目で見たことはほとんどない……」

朝潮「ほとんど?」

提督「俺だって男だ。魅力的な女性に囲まれているこの環境でまったく無いとは俺には言えん」

朝潮「…………そうですか」

787 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 00:48:15.43 GpG49Df5o 452/564

朝潮「私は、まだ司令官のことを信用していません。司令官は自分の欲望のために私の妹たちを好き放題しようと考えている……そう考えてしまいます」

提督「本当にそんな事実は一切ないんだがな……。否定しようにも勿論証拠なんて出しようがない」

朝潮「……でも、もうちょっとだけ、司令官のことをしっかり見ようと思います」

朝潮「私も盲目になりすぎていたところがありました。噂話を真に受けて一部しか見ていないのに司令官のことを知った気になっていて……」

朝潮「ごめんなさい、司令官」

提督「気にするな。……ところで、その噂は誰から聞いたんだ?」

朝潮「誰……えーと……確か……あれ? 卯月、さん?」

提督「今日は美味しいものを食べに行こう。今度は荒潮も一緒にな」

朝潮「え? あ、はい! ありがとうございます」

提督「………………」ゴゴゴゴゴゴ


卯月「くちゅん! ……うぅ……しれいかんが噂してるぴょん……」

790 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 09:10:28.05 Ar8Djiveo 453/564

「ん……!」

「静かにしろ……」

静寂……。
水の音……。
闇……。
司令の匂い……。

「………………」

「司令……」

司令を含めた六人の第二艦隊(?)で出撃した私達は、数十からなる敵の大艦隊に遭遇。
司令の命令ですぐさま撤退を始めたものの、敵の攻撃が開始された。
そして運悪く私は被弾してしまった。
置いていかれる……そう恐怖した私の目の前に司令が現れ、私を担いだまま撤退戦になってしまう。
降り注ぐ砲弾を回避・撃墜しながら、日が暮れた頃にようやく小さな島に隠れることができた。

「……ごめんなさい……私のせいで……」

「大丈夫だ。気にするな」

「私がいなければ司令は逃げ切れたのに……」

「俺はむしろ幸運だと考えている。お前を守ることができた。もし俺がいなければ、お前を失っていただろう」

「司令……」

微笑みながら私の頭を撫でてくれる。
こんなときなのに、まったく不安にならないのは、司令がそばにいてくれるからだろう。

「皆は……大丈夫でしょうか……」

「恐らくな。奴らはお前と俺に気をとられていた。水柱もあって先に逃げていた方を追うことは困難だろう」

「…………ごめんなさい……」

「…………ふ、気にするなというのに。ここで待っていろ、俺が様子を見てくる」

「だめです……!」

「いつまでもここに隠れている訳にはいかん。どこかで隠れていることは敵も分かっている筈だ、しらみ潰しをされるかもしれん」

「でも……」

「安心しろ。……お前のことは守る」

そう言うと、私の手を優しく離して司令は行ってしまった。
途端に不安になる。
世界に自分だけが取り残されたような孤独感。

ドォン!!

「きゃ……!?」

砲撃の音!?
司令!!

791 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 09:43:25.93 Ar8Djiveo 454/564

提督「こっちだ!! 来てみろ!!」

ドォン!! ドドドォォン!!

提督「(これで秋月の逃げる時間は稼げる。願わくば秋月がちゃんと逃げてくれることを祈る)」

提督「(一人なら……逃げ切れるか)」

提督「(……あるいは、少しでも多く敵を倒して……)」

ボォン!!

提督「っぐぉ!!」

提督「(待ち伏せ! しまった、囲まれた……!?)」

提督「(薄いところを突破する……!)」

ドドドォンン!!

提督「む!?」

深海棲艦達「グァァァ!!?」

武蔵「提督!!」ドドォン!!

シャアアア……ガシッ!!

提督「武蔵!」

武蔵「まったく無茶をする! どれだけ心配したと」

提督「その話しは後だ! 戦力は!」

武蔵「話を聞いてすぐに飛び出してきた! 着いてきたのは加賀、大和、多摩、占守、荒潮だ!」

武蔵「それと援軍も着いている!」

<フンッ! お別れです!

<ちょっ! だから前に出んなって!

提督「あれは……頼もしい援軍だな……」クイッ

提督「秋月は!」

武蔵「こちらに向かっている途中、同じくここに向かっていた所を保護した!」

提督「あの馬鹿……」

武蔵「馬鹿はお前だ! あとで全員で説教してやるからな!」

提督「それは怖いな……」

792 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 09:54:45.78 Ar8Djiveo 455/564

提督「なんとか追い返せたか……」

秋月「司令!!」ダキッ!

提督「秋月! 何故逃げなかった!」

秋月「司令を置いて逃げられる訳がないです!!」グスッ

武蔵「お前が一番の阿呆だ! なにも告げずに囮をするなんて!」ガンッ!

提督「ぐっ……」

提督「二人とも逃げ切るにはそれしか」

加賀「結果的に貴方は囲まれていたようだけれど」

提督「う……それは……」

多摩占守「<●><●>」

提督「そんな目で見るな、二人とも……悪かった……」

神父提督「そう責めないであげてください。彼の人生にも色々とあったのです。勿論褒められたことではありませんが、私には彼の気持ちがよくわかります」

提督「救援、感謝する。大分慣れたようだな」

神父提督「えぇ、貴方も。それにしても深海棲艦を相手に随分追い込まれてしまったようですね」

提督「情けない限りだ。最近の深海棲艦の統率力は脅威だ……近いうちにまた何とかしなければな……」

秋月「ぅっ……! ひっく……」グスグスッ

提督「泣くな秋月。お互い無事であったことを祈ろう」

秋月「バカバカ……! 司令のばかぁ……!」グスグスッ

提督「うむ……すまなかった、秋月……」

796 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 11:27:38.52 Ar8Djiveo 456/564

秋月「……」ボー

照月「おーい」

秋月「…………」ボー

照月「だめだこりゃ……。あ、提督ー」

秋月「司令! おはようございます!」

照月「……おはよう?」

秋月「て、照月……? あれ、司令は……」

照月「ウーソ。提督は今入院中でしょ? 最近ボーッとしてること多いけど大丈夫?」

秋月「え、えぇ……私は大丈夫よ……」

照月「ふーん……。もしかして、提督のこと考えてる?」

秋月「そんなことないわ!」

照月「提督かっこいいなーとか、抱きつきたいなーとか……キスしたい、とか」

秋月「あ…………う……」

照月「図星か。うーん……秋月姉、もっと積極的にならないとダメだよ! そんなんじゃケッコンしてもらえないよ?」

秋月「でも……私、司令に迷惑かけちゃったし……」シュン

照月「それについては提督も悪いってことになったでしょ?」

秋月「そうじゃなくて! 被弾した私を助けに来てくれたから!」

照月「それを後悔するのって提督に失礼じゃない? 提督、喜んでたんでしょ?」

秋月「それは……」

照月「理由つけて逃げるなんてカッコ悪いよ! 艦娘でしょ!」

秋月「…………そう、よね……。うん……ありがとう、照月」

照月「頑張って! 秋月姉!」

          完

797 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 12:01:42.06 Ar8Djiveo 457/564

「おいこのクズ」

提督「……出会って早々クズとは……」

「クズのことをクズっていって何が悪いの? 役立たずのクズ司令官」

提督「そこまで言われることをした覚えはない」

「は? 無駄に強いだけで作戦は基本まっすぐ行ってぶっ飛ばせ、でなければ撤退」

「それでも無理なら囮を使ってまとめてボン……それでよくそんなこと言えるわね」

提督「まっすぐ行ってぶっ飛ばせなんて命令をした覚えはない。勝てない相手から逃げるのは当然のことだ。囮は必要なら使うが死なせる気はない」

「あんた本当に頭の中まで腐ってんじゃないの? 自分を囮に使った作戦とも言えない作戦、指揮官が自ら囮になるとかなに考えてんの」

提督「よく考えればクズといわれる理由があったな。すまなかった」

「べつにあんたが死んでもどうでもいいけどね。ただもう少し考えたら?」

提督「返す言葉もないとはこの事だな……すまん……」

「あと出撃もやめなさい。皆迷惑してるわよ」

提督「………………」

「それじゃ」

798 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 12:03:06.56 Ar8Djiveo 458/564

提督「………………」

提督「…………明石に早急に作ってもらわなければならないな……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

803 : 以下、名... - 2017/05/30 12:07:38.54 5NEdj1s70 459/564

陽炎

804 : 以下、名... - 2017/05/30 12:07:44.87 /B4m9FgwO 460/564


806 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 12:46:15.43 Ar8Djiveo 461/564

陽炎「はぁい、司令! 退院できたのね!」

提督「ん、あぁ。大変だったな……代わる代わるボコボコにされた」

陽炎「そうもなるわよ。私だって心配したんだから!」

提督「ありがとう陽炎。この痛みも何もかも生きているからこそだな……」

陽炎「それにしても皆乱暴よね。なにもここまですることないじゃない……可哀想に……」ナデナデ

提督「身体はほぼ艦娘と変わらないから入渠できるんだがな……加賀に反省しろとこのままにされた」

陽炎「そうね、司令はもう少し冷静になった方がいいわよ。なんでそんなに自分でなんでもやりたがるの?」

提督「……俺で済むのなら、それの方が良いだろう」

陽炎「それで納得する子がいないからこんなことになってると思うのだけど」

提督「……艦娘が死ぬくらいなら、俺が死ぬ方が良い」

陽炎「本気で言ってるなら怒るわよ」

提督「本気だ。それは俺が【こうなった】時から、変わることは無い」

陽炎「はぁ……今の話、他の子には聞かせられないわね……。人の過去を詮索する気はないわ、けど……」

陽炎「もう少し、頼ってほしいわ。今のままじゃ、私達は貴方に信用されてないと思っちゃうから」

提督「そんなことは無いんだ……それは本当だ。だが……俺の命がお前らよりも重要とは思えないんだ、どうしても……」

提督「すまん……失礼する」クイッ

陽炎「あ……。……何があったのかしら……司令……」

807 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/30 12:47:10.16 Ar8Djiveo 462/564

提督「生きるとは何か、か……」

提督「俺には永遠に答えを見つけることはできないだろうな」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

808 : 以下、名... - 2017/05/30 12:50:51.11 qv2RwGwpO 463/564

島風

809 : 以下、名... - 2017/05/30 12:52:21.10 9bXYstHT0 464/564

上のはなんだ

814 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 16:47:23.85 8G4Gzuqmo 465/564

島風「遅いよ!」ドンッ! タタタッ!

提督「ぬぅ……!」ガッガッ

島風「こっち!」ドォン! タタタッ!

提督「チッ!」ブンッ

島風「(見えた!)」ピタッ

提督「なに……?」

島風「この距離なら外さないよ! ってぇぇ!」ドォン!

提督「ぐぉっ!」

<まさか……!

天龍「おー! やるじゃねーか! ほぼ触らせないで勝つなんて!」

島風「どうですか! 私、早かったでしょ!」

提督「………………」バサッ

球磨「待つクマ。なに無言で上着脱いでるクマ」

天龍「悔しいのは分かるけど大人気ねーぞ? 今回は脱がない約束だろーが」

提督「く……。強くなったな、島風……」

島風「えへへ! もっと褒めてくれても良いんですよ?」

提督「次は本気だ」

天龍「お前ってかなり負けず嫌いだよな……」

島風「私は負けませんよ! だって速いもん!」

提督「速ければ良いというものではない。その内に教えてやろう」ゴゴゴゴ

島風「えー!? だって今回は勝ちましたよ?」

提督「………………」ゴゴゴゴゴゴ

島風「むー!」

815 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 16:49:00.61 8G4Gzuqmo 466/564

提督「少し大人気なかったかもしれんな」

提督「だが速さ至上主義だけは許さん。次回は本気でやってやろう」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

816 : 以下、名... - 2017/05/31 16:50:37.49 P0tLSEysO 467/564

満潮

817 : 以下、名... - 2017/05/31 16:52:09.05 kDcNCOE/o 468/564

どうだ

818 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 16:53:00.97 8G4Gzuqmo 469/564

↓1 満潮が提督を憎んでる理由は?

819 : 以下、名... - 2017/05/31 16:59:41.36 KjjlCk4A0 470/564

臭い

823 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 18:37:15.86 8G4Gzuqmo 471/564

「ねぇ。司令官って臭くない?」

ここに配属されてからずっと思っていたこと。
ここに来て唯一の不満点だったが、誰にも言わないで来たこと。
ついに耐えきれなくなって、賛同者を探そうと皆に聞いてみることにした。
結果は聞くまでもなく、否定的なのは顔を見るだけで分かった。

「そんなことないと思うけど……」

「臭くなんてありませんよ? むしろ……あ、なんでもありません!」

「おい、間違っても本人には言うなよ?」

「臭い……クマにはよくわからんクマ。気のせいじゃないかクマ?」

「そんな風に感じたことないけど? それ本人に言っちゃダメだからね」

出会った人で聞いても大丈夫そうな人を狙って聞いたけど、誰も私と同じ人はいなかった。
自分がおかしいんだ、と思うことにして我慢することにした。
だが、どうにも臭い……どんな臭いとも言えないが、とにかく不快だ。

「…………臭い……」

「なに? 何か臭うか?」

つい、ふと口に出してしまった。
司令官は自分が言われたとは露ほども思っていないようで、臭いの元を探そうと辺りを見回した。
何とか誤魔化さないと……頭では分かっていた筈なのに。
私の口は、溜めに溜めていた言葉をついに口から吐き出してしまった。

「司令官が臭いのよ」

「………………なに?」

「臭い……臭い……臭い臭い臭い!」

一度決壊するともう止められない。
理解できない、そんな顔をする司令官を見ると、更に苛立ちが込み上げてきた。

「人のことも考えなさいよ! そんな臭いでよく生きてられるわね!」

「…………そんなに臭いか?」

「えぇもう! 臭すぎて何度辞めようと思ったか分からないわ!」

「………………。分かった、下がってくれ満潮」

「言われないでも!」

829 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 19:17:28.17 8G4Gzuqmo 472/564

廊下に出た私は、頭を抱えてうずくまった。
やってしまった……。
室内に充満していた司令官の臭いに耐えきれなくなってしまった。
どうしよう……!

「ん? なにしてるクマ?」

「…………あ……その……」

執務室の前で頭を抱える私に、球磨さんが声をかけてくれる。
私はなにも言えない。
口ごもる私を見て、そして執務室の方を見て、球磨さんは何かを察したようにため息を吐いた。

「まったく……仕方ない奴クマ。球磨が話してくるから部屋に戻れクマ」

「あ……」

球磨さんは冷たくそう言って執務室に入っていってしまう。
取り残された私は、言われるままに部屋へ戻りベッドに倒れこんだ。

「…………なんでなの? なんで私だけ、司令官の臭いがあんなに臭く感じるのよ……これじゃ、私ここにいられないじゃない……」

………………

………………

………………

830 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 19:55:20.24 8G4Gzuqmo 473/564

満潮「(いつの間にか寝てたみたい……。今は……夜か……)」

満潮「(……私、これからどうなるんだろう……。異動? ……解体?)」

満潮「(ここの皆のことは好きだから、どこにも行きたくないな……)」グスッ

朝潮「ん……満潮……どうしたの……?」ムニャムニャ

満潮「あ、ごめん。大丈夫だから」

朝潮「そう……」スー……スー……

満潮「…………」タッタッ

パタン

満潮「……………………」

提督「む。こんな時間に何をしている」

満潮「あ……司令官……」

提督「あぁ、寝ていたのか。変な時間に目を覚ましたな」

満潮「あの……昼は……」

提督「気にするな。球磨より以前から俺の臭いを気にしていたと聞いた。満潮しか気にしていないともな」

提督「恐らく満潮は俺の臭いに特別敏感なのだろう。そういうこともある」

満潮「でも……ごめんなさい! それでも、言って良いことと悪いことがあるわ!」ガバッ

提督「大丈夫だ。今後はなるべく俺との距離を離した所で仕事をさせるようにする」

満潮「……ごめんなさい……」

提督「謝るなと言っているだろう。俺は大丈夫だ」

満潮「(……司令官の目、少しだけ腫れてるじゃない……)」

提督「多分俺とお前の相性が悪いのだろう。そんな場合もある。もしまだ耐えられないというのならば異動させることも」

満潮「それは嫌よ!」

提督「だろう? ふ、今後も頑張ってくれ」クイッ

タッタッタ

満潮「(…………なんで私は、司令官の臭いがダメなのよ……!)」ドンッ!

831 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 19:56:19.89 8G4Gzuqmo 474/564

提督「……情けないな、まったく」

提督「今度球磨に何かしてやらないとな」

75人達成イベント!

832 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:14:40.41 8G4Gzuqmo 475/564

ザァァ……ザァァ……

提督「……ふむ。ここか」

スタスタ
「何か用でしょうか」

提督「本日から短い間だがこちらで世話になる提督という者だ。身分証もある」
「あ、そうでしたか! ……はい、確かに。お疲れ様です」

提督「ご苦労」

スタスタ……

提督「(……ふむ……少しボロボロだな)」

提督「(何となくだが、全体的に覇気も感じん。聞いた通りだな……)」

ガチャ……スタスタ……

提督「(迎えもないとは……)」

提督「(ここが執務室か)」

コンコン

提督「………………いないのか?」

ガチャ
「誰だ?」

提督「…………伝えていたと思うが、今日から短い間ここで指導を行うことになった、提督少将だ。モブ提督だな?」

モブ提督「あぁ! これはこれは……お待ちしておりましたよ」

提督「……艦娘は?」

モブ提督「ここは人手が足りないもんで……全員出払っています」

提督「…………原則、秘書艦は置いておく決まりになっている。忘れたわけではあるまいな」

モブ提督「これでこの鎮守府は回っていますんで。なんならそちらの艦娘を少しこちらに回してくれればありがたいんですがね?」

提督「………………上に話しはしてみよう」

モブ提督「期待して待っていますよ。部屋に案内します」

833 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:19:01.84 8G4Gzuqmo 476/564

提督「(…………ここはあまり重要ではない拠点だ、あまり艦娘もいないと聞いていたが……秘書艦も配置できない程なのか?)」

提督「(そこまでカツカツになるほど厳しい場所は無いと思っていたが……)」

提督「………………」

提督「とりあえず明日からここで面倒を見ることにしよう」

↓1 最初に出会った艦娘

834 : 以下、名... - 2017/05/31 20:19:17.32 FfLX1kEJo 477/564

松風

836 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:36:07.75 8G4Gzuqmo 478/564

提督「……む。ようやく戻ったか」

松風「……ん?」

提督「(随分と疲れているようだな……休みはしっかりととっているのか?)」

松風「あ……! こ、こんにちは! 僕は松風、です!」ビシッ!

提督「俺は提督だ。他の艦娘はどうした?」

松風「はい! 遠征に行っています! ちゃんと働いています!」

提督「…………俺がここにいる理由は理解しているか?」

松風「近接戦闘訓練ですよね! わざわざご足労ありがとうございます!」

提督「(なんだ、何かに怯えているようだな……どういうことだ?)」

提督「艦娘がいなければ話にならん。それは理解しているな?」

松風「は、はい……」

スタスタ

モブ提督「何をしている?」

松風「て、提督……」

提督「おい。どうなっている? 戻ってはすぐに遠征の繰り返し、これではいつまでたっても俺の仕事ができないんだが」

モブ提督「……はぁ……あのねぇ……こっちにも都合ってもんがあるんですよ。いきなり来るって言われて、こんな小さい鎮守府がほいほい仕事停止させられると思いますか?」

モブ提督「少将殿の鎮守府はさぞ艦娘が多いのでしょうなぁ、羨ましい限りですわ」

提督「……ほう……。その分、ある程度こちらに資材が送られている筈だが?」

モブ提督「あんな少しの資材でどうにかなるなら、こんなことになっちゃいないんですよねぇ。あれの五倍は出してくれないと」

提督「ほう……。なるほどな」

モブ提督「お分かりいただけましたら、どうぞ部屋にお戻りを。あぁ、艦娘の寝る時間を削って訓練させるってなら止めはしませんよ」

松風「ぇ……!」

提督「(………………)」

837 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:43:22.82 8G4Gzuqmo 479/564

モブ提督「松風、お前も次の遠征があるんだからさっさと準備しろ」

松風「は、はい!」

提督「待て。この艦娘は疲労が限界だ、休ませてやれ」

モブ提督「…………だからぁ……口出ししないでもらえませんかねぇ? 私のところはこれで纏まってるんですから」

提督「……松風、大丈夫なのか?」

松風「ぼ、僕は……」

モブ提督「…………」ギロッ

松風「大丈夫です! すぐに準備します!」

タッタッタ!

提督「…………」

モブ提督「それじゃあ失礼しますよ。まったく、大変なときに来てくれたもんです」スタスタ

提督「目上の立場への発言とは思えんな、少佐」

モブ提督「なら私たちに死ねとでも? くだらない訓練のために? あなたは邪魔なんですよ、ここにとっては」

838 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:44:40.40 8G4Gzuqmo 480/564

提督「…………さてと、どうしたものか。もう少し話を聞いてみるべきだな。あの男への制裁はそれからだ」

提督「ここで待っていれば、いつか帰ってくるだろう」

↓1 次の艦娘

839 : 以下、名... - 2017/05/31 20:45:02.55 1y+oKCRC0 481/564

黒潮

840 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:55:51.64 8G4Gzuqmo 482/564

黒潮「はー……しんど……もう無理や……」

提督「泣き言とは感心しないな」

黒潮「ひゃ!? あ、指導しに来た……!?」

提督「疲れているところ悪いが、話を聞きたい。大丈夫か?」

黒潮「あ、その……このあとまた遠征で……」

提督「今にも倒れそうな顔をしているのに?」

黒潮「大丈夫や、これくらい……」

提督「……はっきり言ってここは異常だ。そこまで無理をするほどの鎮守府とは思えない」

黒潮「そんなことないでー……その……」チラ

黒潮「ほんまに大丈夫やから……」

提督「(今、何を見た? ……何がある?)」

黒潮「……それじゃ……」スタスタ

提督「(…………これでは話が進まん)」

提督「待て」ガシッ

黒潮「離してや! ほんまに大丈夫やって!」バッ!

提督「何に怯えている」

黒潮「ッ!」ビクッ

提督「…………脅されているな? 理由はなんだ? 誰に脅されている?」

黒潮「ほっといて!」タッタッタッ!

提督「(否定はしないか。なるほどな)」

「………………」

841 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/05/31 20:56:30.69 8G4Gzuqmo 483/564

提督「(今、誰かに見られていたな……)」

提督「(追いかけるか? それとも……)」

↓1 次の艦娘

842 : 以下、名... - 2017/05/31 20:57:13.43 I3zMIg7Ao 484/564

酒匂

848 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 05:15:06.52 v8g5uP9Jo 485/564

酒匂「あ、あの……!」

提督「む。なんだ?」

酒匂「…………」キョロキョロ

酒匂「お話があります……」ヒソヒソ

酒匂「ここではあれなので、着いてきてください……」ヒソヒソ

提督「…………」コクリ


提督「それで、話とは?」

酒匂「あの、実は! ……あ……ぁ……!」

提督「(視線は、俺の後ろ!)」

提督「誰だ! ……隠れても無駄だ、出てこい」

………………

提督「出てこないのならば……こちらから」

ダダダダダッッ!!!

提督「が……ぁ!?」ドサッ!!

提督「(後ろ……酒匂……足を撃たれた……!)」

モブ提督「よくやった、酒匂……。まさか、わざわざ進んで邪魔者を排除してくれるだなんて……成長したなぁ」ナデナデ

酒匂「ひっく……! ごめんなさい……ごめんなさい……!」グスッグスッ

モブ提督「やぁ少将殿、お元気ですか? まったくとんだタイミングで来てくれましたねぇ……まぁいいでしょう、上の立場の人間は何かと都合がいい。貴方には私の手駒になってもらうとしましょうか」

提督「…………なんの、話だ……」

モブ提督「別に知っていただかなくて結構ですよ。運べ」

チンピラ風な男「了解です」

ヤクザのような男「チッ、だりぃ仕事だぜ」

どうみてもゴリラ「さっさと終わらせようぜ」

ズルッ……ズルッ……

851 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 08:22:27.47 2lgPhxYCo 486/564

モブ提督「さて、少し遅らせたが新しい駒も手に入ったのでよしとするか」

提督「俺をどうする気だ……!」ズルッ……ズルッ……

モブ提督「知る必要は無いと言ったでしょうに。あんたは今日から俺の奴隷になってもらうんだよ」

提督「そんなものになる訳がない……! 元帥閣下に訴えてやるぞ……!」ズルッ……ズルッ……

モブ提督「ハハッ! できるなら良いけどな。もう少将は普通の人間じゃ無くなるんですよ、残念ながら」

提督「なに……?」

モブ提督「……おい、待て」

チンピラ「なんだ?」

モブ提督「撃たれた傷はどこだ? 血も出てないぞ?」

ヤクザ「あ? そういや」

ブンッ!! ガッ!!

ヤクザ「ぐぉ……!」ヨロ……

タンッ!

提督「…………」バッ!

モブ提督「防弾チョッキか何かか? ま、良いさ……おい、相手してやれ」

モブ提督「こいつらは俺の作った最強の兵士たちだ。全員が艦娘と同程度の力を有している」

提督「なんだと?」

モブ提督「人工艦娘化計画……なんて知らんよなぁ? 昔に一度つぶれた計画を、この俺が蘇らせたのさ。より完璧な状態でな」

モブ提督「俺の言うことには絶対服従さ。素晴らしいだろ?」

提督「………………」

ゴリラ「ハッ! やってくれたな。後悔させてやるぜ……」ギラリ

モブ提督「適当に痛め付けてぶちこんでおけ!」

852 : 以下、名... - 2017/06/01 08:31:05.88 myUZ/5LA0 487/564

足を撃たれたって言ってるのに防弾チョッキ発言て……
それに血は兎も角傷は服の上からじゃパッと見わからんだろ

853 : 以下、名... - 2017/06/01 08:39:58.63 tW41LjtOO 488/564

提督がどこ撃たれたかわかってないんでしょ発言的に。気づくのおせーよとは思うが

854 : 以下、名... - 2017/06/01 08:50:17.85 3HNAfZ+5o 489/564

撃たれる→倒れる→物陰から出てくる
なら銃声は聞こえてもどこ撃たれたか見えてないからセーフ

855 : 以下、名... - 2017/06/01 08:52:00.30 myUZ/5LA0 490/564

いやいや、駒として使おうとしてる人間の胴体を撃つように命令は普通しないでしょ……まぁどうでもいいけど

856 : 以下、名... - 2017/06/01 08:55:27.84 YW6TFVpNO 491/564

普通の人間じゃなくなるってことは人体改造か何かでもするんだろうから多少の損傷は気にならないってことじゃないん。とりあえず揚げ足取りはそこらへんにしとこうや

858 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 13:15:09.71 pVI+2LP3o 492/564

寝ていた! そして何か小議論になってた
すまん説明する……
まず寝不足のなか書いたせいでかなり描写粗く書いてすいません
そもそも酒匂が使った銃は艤装じゃなくて普通の人間が使うサブマシンガンでした
そして私は今までの人間の兵器は深海棲艦(&艦娘)には通用しなかった、という設定を採用しているので、
モブ提督は酒匂に(というか艦娘に)普通のサブマシンガンを持たせており、邪魔な人間のようの対策とさせていた
というものを書きたかったんです
そして>>848で足を撃たれて倒れる提督の時、モブ提督はどこを撃たれたかハッキリとは見ていません
普通の人間だから撃たれた時点で(勝った! 第二部完!)と慢心しました

というわけでした
投稿する前に寝ておけば良かった

859 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 13:32:06.05 pVI+2LP3o 493/564

ゴリラ「オォラァ!!」

提督「(確かに、強い……艦娘と比べても遜色ない……だが)」

<ジェノサイッ! カッタッ!

ゴリラ「うぐぉぉあ!?」ドサッ

提督「俺の敵では無い!」

モブ提督「なに!?」

提督「人工艦娘化計画……ここでその名前を聞くことになるとはな。貴様、どうやってその情報を知った」

チンピラ「おっと! 動くんじゃねぇ!」

提督「棒使いか……確かに手の届かない距離から攻撃できるのは強いかも知れんな」

チンピラ「オラァ!」ブンッ!

ガッ!!
ダッ!! ドォォン!!

チンピラ「かは……!?」

提督「遅い!」

<HAHAHAHA! ジャキンッ!

チンピラ「な、なんて威力だ……!」ドサッ!!

モブ提督「ど、どうなっている!? ただの人間じゃどうにもならない筈だ!」

提督「残念ながら俺はただの人間ではないんでな」

ヤクザ「この雑魚がァ……!」ブンッ!

<ジェノサイッ! カッタッ!

ヤクザ「ガハッ! チッ……!」ヒュッヒュッ!!

<ジェノサイッ! カッタッ!

ヤクザ「ぐぉぉ! ……俺の攻撃が全部読まれてやがるってのか……!?」ドサッ!!

モブ提督「ひっ!」

提督「…………言い残すことはあるか?」

モブ提督「ま、まさか……お前……人工艦娘化計画の生き残りか……!?」

提督「言いたいことはそれだけか」スタスタ

モブ提督「来るな!! ……酒匂! 来い! 来なかったらお前の家族がどうなるか分かってるんだろうな!?」

酒匂「ひ……! う……!!」

提督「……貴様……まさか、人質を……?」

860 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 13:39:51.35 pVI+2LP3o 494/564

モブ提督「は、はは! 艦娘はな、人間様に使われる道具だ! 制御する為にできることをするのは当然のことだろうが! 酒匂、行け!」

酒匂「ごめんなさい……! ごめんなさい……!」

提督「……謝るな。俺からも謝っておく。なるべく痛くはしない、すまないな」

酒匂「うぁぁぁ!!」ブンッ!!

提督「遅い!」ガッ……ドカァッ!!

酒匂「あぐ! ……う……」ヨロヨロ……ググッ……

提督「……く……。貴様ぁ……俺にこんなことをさせたこと、後で必ず後悔させてやろう……!!」ブンッ!

酒匂「きゃぁ!!」ドサッ!!

モブ提督「誰か! は、早く来い!! 家族がどうなってもいいのか!! お、俺が命令すればすぐにどうとでもなるんだぞ!?」

提督「この野郎……見下げ果てたクズが!!」

↓1 次の艦娘

861 : 以下、名... - 2017/06/01 13:41:15.87 UMu4TKVF0 495/564

霧島

864 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 20:54:36.88 SburCdWxo 496/564

ゴッ!! ドン!

提督「づ……!」タンッタタッ

霧島「…………離れてください」

モブ提督「お、遅いぞ! 使えんゴミが!」

提督「お前、は……!?」

『子供を見つけました! まだ息があります!』

『もう大丈夫だから……安心してね』

モブ提督「さっさとあいつを黙らせろ!」

霧島「了解です……」

提督「……どうなっている!? 何故彼女がここに!?」

モブ提督「はぁ? なんの話だ? おい、いつまで倒れてんだ!」

ゴリラ「いてて……やりやがったなこの野郎……」

ヤクザ「地獄の苦しみを身体に刻んでやるぜ……」

提督「おい! お前はあの時の……霧島だろう!?」

モブ提督「知りあいってわけか? 艦娘を辞めようとしてた廃棄物を引き取って役に立たせてやったんだ、そいつにはもう記憶も自分の意思もねぇんだよバーカ!」

提督「………………」グッ

モブ提督「おっと動くんじゃねぇ!! ……このスイッチを押せば、ここの艦娘の大事なもんが全部消えて無くなるぜ?」

酒匂「や、やめてください!! なんでもしますから!! お願いですから!!」

モブ提督「うるせぇ! 邪魔だ!」ゲシッ

酒匂「あう……!」ドサッ

提督「………………」

モブ提督「あんたは貴重な成功例のようだからな、殺しはしねぇよ。確か艤装はできねぇんだったか……まぁいい、すぐにどうとでも」

提督「よくも……」

モブ提督「なる……あ?」

提督「よくも俺の……俺の夢を……希望を……思い出を……。汚してくれたな、クズ如きが……」グッ

モブ提督「う、動くなっていってんだろうが!! 押すぞ! お前のせいで何人死ぬと思ってん」

865 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 20:55:37.12 SburCdWxo 497/564





提督「改二……実装……!」

ゴォッ!!



モブ提督「…………は?」

ボトッ

870 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/01 23:00:45.51 Li5VcPnro 498/564

モブ提督「…………あ? あ……あぁ!! アァァァァア!!!??」

モブ提督「う、腕がァ……!!」ドサッ

チンピラ「何をしやがった!?」

ゴリラ「足で、真空刃を作りやがったんだ……! 止めるぞ!」

提督「やってみろ。模造品風情が」

霧島「敵を排除しま」

提督「二手遅い。寝てろォォ!」ドォン!!

霧島「……!? きゃあああ!!」ダンッダン……

モブ提督「な、なんだ貴様……!? 何故、改二を……」

提督「答えてやる義理はないが……特別に教えてやろう。元々俺達は身体能力を艦娘並みにする実験の為の被験体だった」

提督「それ事態はお前のやったことと変わらん。そして艤装をつけることには失敗してしまった。当時はまだ技術力不足で100人と少しいた我が同胞の殆どは死んでしまったよ」

提督「だから実験は次の段階に進んだ。改二の実装……更に身体能力を向上させ、強化に強化を重ねて艦娘のおよそ2倍から3倍の出力を出すことができるようになった」

提督「艤装はこれから、という時に非人道的な実験ということで計画は白紙」

モブ提督「ば、バケモノが!」

提督「他の全生物に聞いてみろよ、人間の方が余程バケモノだと答えるだろうな」

ヤクザ「野郎……ぶっ殺してやる!」

ガシッ

提督「…………燃えろ。灰の一欠片も残さずに」

ボンッッ!!

ヤクザ「ぎ―――」ジュッ

モブ提督「ひっ!?」

提督「難点があるとすれば、改二の実装後調整ができなかった事だ。常時改二状態でいることはできないし、解除した瞬間身体に重大な負担が掛かる」

<見せてやる……我が力を!!

873 : 以下、名... - 2017/06/01 23:47:42.45 FrjSLHeno 499/564

いまちょっと見返したんだが
>>そもそも酒匂が使った銃は艤装じゃなくて普通の人間が使うサブマシンガンでした
>>そして私は今までの人間の兵器は深海棲艦(&艦娘)には通用しなかった、という設定を採用しているので、
>>モブ提督は酒匂に(というか艦娘に)普通のサブマシンガンを持たせており、邪魔な人間のようの対策とさせていたというものを書きたかったんです

これ全然意味がわからん

酒匂はサブマシンガンを使った←分かる
人間の兵器は艦娘や深海棲艦には効かない設定←これも分かる
だからサブマシンガンを持たせて人間(だと思っていた)の提督を撃たせた←???

全く繋がらないぞ?別に艤装の機銃とかで撃てばよくね?

882 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/02 15:56:10.34 47UFxslso 500/564

仕事終わって帰ってから続けようと思ったら即死した

>>873
まず雑魚三人組の存在は全艦娘が知っていることは大前提
雑魚三人組は艦娘と同程度の身体能力保有、人間の武器は効かない、近接戦では勝てない
これを踏まえた上で

1、鎮守府内で、近距離で機銃なんて使えば避けられない
いくら艦娘並みの力を得てるとは言え、近距離で撃たれたらヤバイ
なので剥奪

2、サブマシンガン(つまり人間が使える武器)にすれば、三人の雑魚は安全
ついでに邪魔者を排除したときに万が一があっても最悪テロかなにかだと言うこともできる

3、モブ提督はなるべく損傷の少ない状態で回収したいと考えていた、その方が手駒にしたときにより万全の状態で使えるから
闇に葬れば良いじゃないと思うかも知れないけど、大した階級じゃなければそれも良いけどある程度となるとさすがに無理

の三つの要素があるので鎮守府内で艤装させないようにしています

883 : 以下、名... - 2017/06/02 16:57:12.25 NpPc8lyA0 501/564

状況が艦娘に有利な気がするんだけどそのマシンガンでモブ撃っちまえよって思ったんだけど駄目かね?
人質取られてるだけってならちょっとでも隙を見せた瞬間に蜂の巣にできそうだが(死と連動して遠隔で云々ってなら別だけど)

884 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/02 17:17:53.69 47UFxslso 502/564

サブマシンガンを持たせている主目的は三人の保護、次いで人間の邪魔者が現れたら……ってことだね
分かるように書いたつもりだったけど不足だったか

>>883
不確定要素がある状態で行動できる艦娘がいるならモブ提督が好き勝手できる訳がない……ということで


提督「いきがっていた割りには呆気ない。お前もあの人形と同じように燃え散らしてやろうか?」

モブ提督「……お、俺に何かあったら……人質を殺すように命令してある……! い、良いのか……!」

提督「だからなんだ? 俺が脅しに屈するとでも思っているのか? 人を人とも思わん奴をのさばらせて置くくらいならば、艦娘の恨みを買ってでもここで殺すまでだ」ボンッ!!

モブ提督「ぎゃぁぁあ!!! 熱いィィ!!」

提督「すぐには殺さんよ。ゆっくりと嬲り殺してやる」
「そこまでです」

提督「……お前は……」

神父提督「私の前で命をゴミのように扱うことは許しませんよ」

提督「…………。なるほど、そういうことか……俺は囮か」

神父提督「察しが良くて助かります」

提督「何故俺に説明はされなかった?」

神父提督「元帥閣下も確かなことを掴めていなかったので、何も知らない貴方を送り込み私がそれを監視することになっていました」

神父提督「貴方は隠し事が苦手ですからね。正しい役割配分でしょう。さぁ、改二を解除しなさい」

提督「………………」ドサッ

神父提督「おっと。しかしあの三人には悪いことをしましたね。作られた命とは言え、命は命……せめて神の元へ行けることを祈りましょう」

モブ提督「ふ、ふはは……! 俺から離れろ!! ……スイッチを押すぞォ!」

提督「貴様……!」

神父提督「ご自由にどうぞ。既に避難は完了させましたので」

モブ提督「…な………………」

神父提督「さて……。私は命を軽く見ている人が嫌いです。貴方のように、自分以外の命をなんとも思っていないようなクズは特に」

モブ提督「ひっ!」

神父提督「神のご加護があらんことを」

885 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/02 17:27:55.02 47UFxslso 503/564

↓1 松風の好感度コンマ安価
↓2 黒潮の好感度コンマ安価
↓3 酒匂の好感度コンマ安価

886 : 以下、名... - 2017/06/02 17:29:45.28 xIS1CiEao 504/564

社に調子のってんじゃねぇぞコラァ
!させたい

887 : 以下、名... - 2017/06/02 17:31:04.64 LM1OApfSo 505/564


888 : 以下、名... - 2017/06/02 17:32:26.83 KGeWA3A7o 506/564

どれ

890 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 11:43:07.46 9APycVFno 507/564

提督「…………ん……?」

酒匂「あ! おはよう! 良かった、目を覚まして……」ガバッ!

提督「うぉ!? 酒匂か……ここはどこだ?」

酒匂「司令の部屋だよ!」

提督「……そういえばそうか……。なんで俺は寝ていたんだ……?」

酒匂「覚えてないの?」

提督「待て…………。あぁ……思い出した。そうか、改二になったんだったな」

酒匂「はい! とてもかっこ良かったよ、司令!」

提督「かっこいいものでもない。未完成品だからな」

酒匂「未完成……あ、そういえば……司令も艦娘なの?」

提督「いや、艦娘ではないな……。能力は後付けだ、改二も実装してみたは良いが長い時間使っていられないんだ」

提督「色々あってしっかりとした物にすることができなかったから、思い出さないようにしていたが……俺もまだ未熟だな……我を忘れてしまうなど」

酒匂「でも、そのおかげで……あたしたちは助かりました!」ギュッ

提督「ならそれでいい。あとのことは神父提督がなんとかしてくれたのだろう?」

酒匂「家族も無事に助けてもらえて、後行き先の無い艦娘たちの半分は引き受けてくれて……」

提督「半分?」

酒匂「『残りの半分はそちらでお願いします』と! あたしは司令の方なの!」

提督「そうか……。分かった。……っと……」ヨロ

酒匂「ぴゃっ! まだ起きちゃダメだよ!」ガシッ

提督「すまない……」

酒匂「あ……その、司令のこと……攻撃して、ごめんなさい!!」バッ!

提督「気にするな。お前じゃなくても、いずれ同じことが起きてたさ」

提督「……っそうだ! 霧島は!?」

酒匂「ぴゃぁ! き、霧島さんは神父提督が……」

提督「そうか……」

酒匂「あ、お腹減ってない? 今何か持ってくる!」

提督「すまない、ありがとう」

酒匂「そうだ! 司令の鎮守府から連絡があったんだった! こっちに来るって! それじゃあ待っててね!」

提督「………………………………」ダラダラ

891 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 11:51:40.96 9APycVFno 508/564

提督「ふぅ……色々とあったが、万事上手く行って良かった。早く鎮守府に戻りたいものだな」

提督「それにしても……まさか、あの計画がまだ動いていたとは……」

提督「…………霧島……」

提督「……まだ、これは氷山の一角なのだろうな……。艦娘たちを守らなければ……それが俺の……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

894 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 11:54:16.09 9APycVFno 509/564

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

895 : 以下、名... - 2017/06/04 11:55:00.07 gtKhyxs20 510/564

速吸

896 : 以下、名... - 2017/06/04 11:55:30.88 YDcxEaaCo 511/564

巻雲

897 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 12:10:24.18 9APycVFno 512/564

速吸「………………」ボー

提督「速吸? こんなところでどうした」

速吸「え? あ、提督さん……いえ、今までずっと休む暇もなく出撃させられていたので……急に休みになると、手持無沙汰で」

提督「あぁ、なるほど……」

速吸「……でも、提督さんが来てくれて良かったです。ここはいつ破綻してもおかしくなかったですから……」

速吸「何人かは、前の提督に何かされたのか、様子がおかしくなってて……速吸も、いつ自分の番か、と怖かったです……」

提督「これからは俺たちがお前たちを守ってやる。安心しろ」

速吸「……はい! 前の提督は最初にあったときから嫌な雰囲気でしたけど、提督さんは……安心できる雰囲気で……」テレ

提督「そういってもらえるとありがたい」ナデナデ

速吸「あ……」

提督「俺にとって、艦娘は皆家族……娘のようなものだ。何があっても助けてやる。俺の命に変えてもな」

速吸「……それはだめです。提督さんが頑張るなら、速吸も……皆で頑張りますから」

提督「ありがとう、速吸」

速吸「(提督さんの匂い……本当にお父さんの匂いみたい……)」

898 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 12:11:40.50 9APycVFno 513/564

提督「まだこの鎮守府は暗い雰囲気に包まれているが、俺の鎮守府で心と身体を癒してもらおう」

提督「慣れてくれるとありがたいな」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

899 : 以下、名... - 2017/06/04 12:19:24.37 9W67FHaUo 514/564

鳳翔

900 : 以下、名... - 2017/06/04 12:20:39.82 hiFA+IV6o 515/564

ほい

905 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 15:47:42.01 9APycVFno 516/564

提督「……美味い」ズズッ

鳳翔「ありがとうございます」

提督「悪かったな、こちらの艦娘が騒がしくしてしまって」

鳳翔「いえ、そんな……。今までが静かすぎたので、私は好きですよ」

提督「そうか……。こちらの鎮守府はいつも騒がしい。飽きない場所だ」

鳳翔「ふふ、楽しみです」

提督「(なんというか……優しい雰囲気のある人だな……。母を思い出してしまうのは何故だろうか)」

鳳翔「どうかしましたか?」

提督「あ……すまない。……死んだ母を、お前に見てしまっただけだ」

鳳翔「え? ……そうでしたか」ニコッ

提督「……忘れてくれ」

鳳翔「ふふ……いいんですよ、甘えてくださっても」

提督「この歳になると流石にな……」

鳳翔「……私は提督に返しきれない恩を受けてしまいましたから。提督に言われれば、なんでもしますよ?」

提督「そんなつもりで助けた訳ではない。気持ちだけ貰っておく」

鳳翔「フラれちゃいましたね」

提督「そ、そういうわけでは……」

鳳翔「冗談ですよ、ふふっ。……でも、本当に感謝してもしきれません。皆を助けてくれましたから」

提督「もう少し早く助けたかったくらいだ……俺は無力だ」

鳳翔「そんなことありません。私は……私こそなにもできませんでしたから……」

提督「……モブ提督に何をされた?」

鳳翔「……私には家族がいませんでした。私が生れた頃には皆、いなくなっていて……ここの子達が家族みたいなものでした」

鳳翔「………………」スッ

提督「あの野郎」ガタッ

鳳翔「待ってください! ……大丈夫ですから、本当に」

提督「鳳翔……」

906 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 15:58:22.92 9APycVFno 517/564

提督「安心してくれ、もうお前を傷つける奴はいない。俺が保証する。もし何かあったらすぐに言ってくれ、なんでもしてやる」

鳳翔「そんな……これ以上の迷惑はかけられません」

鳳翔「辛かったですけど……でも、皆を守るためでしたから」

提督「馬鹿を言うな。クソッ、ゲス野郎め……!」

鳳翔「……提督は、とても優しい人です。これからも提督の為に頑張ります」

提督「………………ッッ! 鳳翔!」ガシッ!

鳳翔「ひゃっ!?」

提督「お前は幸せになってもいいんだ! もうこれ以上縛られる必要はない! 艦娘などやめて普通の幸せを」

鳳翔「提督」フイッ

提督「っ!?」

鳳翔「私は、皆のために、皆と戦いたいんです。ここで私だけ逃げることなんてできません」

鳳翔「提督のお気持ちは嬉しいですけど、私はそれでも艦娘でいたいんです」

提督「鳳翔……」

鳳翔「ありがとうございます、提督」ギュッ

提督「……余計なことを言ったな……。鳳翔、これからは俺のそばで、共に戦ってくれ」ギュッ

鳳翔「はい。この命、尽きる火まで」

提督「………………」///

鳳翔「……え、ええと……お茶、淹れ直してきますね」///

提督「うむ……頼んだ……」クイッ

907 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 16:02:03.27 9APycVFno 518/564

提督「何故だ……鳳翔といると、胸が高鳴る……」

提督「……さっさと深海棲艦を倒し、世界を平和にしよう」

↓1 80人達成イベント!(複数艦可)

908 : 以下、名... - 2017/06/04 16:02:39.55 YtDr9KnPo 519/564

ある日目を覚ますと自分が新着任艦「朝霧」となっている事に気付く朝霜
そして自分ではない‘朝霜’が提督とイチャイチャしてるのを見せつけられる

という夢をみた朝霜

910 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/04 16:13:41.58 9APycVFno 520/564

↓1 朝霜の好感度上昇コンマ安価
100越えなので半分、ゾロ目で倍

911 : 以下、名... - 2017/06/04 16:16:06.69 6HedPcdQo 521/564


912 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/05 00:19:01.59 xFSiMuZao 522/564

よく考えたら朝霧って未実装艦じゃないの!
どうしましょう
妄想で書いてええのんかなこれ

916 : 以下、名... - 2017/06/05 01:51:35.83 fKJnqnG6o 523/564

再安価したほうがええんじゃない?

917 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/05 02:18:23.25 xFSiMuZao 524/564

すまん、朝霧だけ既に出てる艦娘で再安価する
↓1 代わりの艦娘

918 : 以下、名... - 2017/06/05 02:25:13.75 fwNzhUdo0 525/564

朝潮

919 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/05 13:50:24.48 TVsYnkj6o 526/564

もう朝……か……。
あー仕事めんどくせー。
でも親父に嫌われたく無いし……仕方ないけど行くかぁ。

コンコン

加賀「おはよう。よく眠れたかしら」

朝潮「はい!」

加賀「これから提督のところに挨拶に行くわ」

朝潮「分かりました! よろしくお願いします!」

…………なんだ、この真面目オーラ全開のしゃべり方……。
しかもこれ、あたいの声じゃない……?
何がどうなってるんだぁ!?
身体も動かないし……!

コンコン

加賀「朝潮を連れてきました」

朝潮!?
あたいは朝霜だ!

「入れ」

朝潮「失礼します!」

ガチャ!

親父!
助けてくれよ!
朝起きたらなんか朝潮になっちまってて……。

朝潮「本日よりこちらの鎮守府に配属されました、朝潮型一番艦、朝潮です! よろしくお願いします!」バッ!

ダメだ……口も勝手に動く……!
何がどうなってんだよ!

提督「よろしく頼む」ゴゴゴゴゴ

朝潮「は、はい!」

……やっぱ親父、かっこいいな……。

ガチャ!

ん?

朝霜「親父!」タタッ!

ガバッ!

920 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/05 13:50:51.98 TVsYnkj6o 527/564

は?
あたい……?

提督「……はぁ……朝霜。仕事中に来るのはダメだと言っただろ?」

朝霜「良いじゃんかぁ! なー遊ぼうぜー!」

……違う!
あいつはあたいじゃない!
親父の娘は、あたいだけだ!!
くそ! 離れろよ!

提督「すまんな、朝潮。気にしないでくれ」

朝潮「は、はい!」

嫌だ! 偽物野郎!
親父から離れろ!
動け! 動けよ! ぶっ飛ばしてやる!

朝霜「次の休み遊びに行こーぜぇ!」

提督「ふふ……分かったよ」

やだやだやだ!!!
それはあたいだけだ!!!
親父の……。

朝潮「パパのバカーーー!!!」

921 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/05 13:51:18.85 TVsYnkj6o 528/564

ガバッ!!

朝霜「……………………ゆ、め?」

提督「……大丈夫か?」

朝霜「親父!? え!?」

提督「部屋の前を通ったらお前のうなされている声が聞こえてな。パパのバカ、という言葉から察するに悪夢に俺が出ていたのか?」

朝霜「……っ!」ガバッ

提督「…………」ポンポン

朝霜「……親父は、あたいだけの親父だよな?」

提督「当たり前だ。お前は俺の大事な家族だよ」

朝霜「……うん……」ギュゥ

提督「今日は一緒に寝ようか」

朝霜「うん…………パパ、大好き……」ギュ

提督「俺もだよ」




司令官はロリコン。

……そんな噂話を聞いたのはーーー



922 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/05 13:51:48.61 TVsYnkj6o 529/564

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

926 : 以下、名... - 2017/06/05 14:03:57.31 xNd0Ey1yo 530/564

沖波

927 : 以下、名... - 2017/06/05 14:05:32.14 AFaiZoMpo 531/564


938 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 00:00:52.30 0XAlO1Jvo 532/564

沖波「ひっ」ビクッ

提督「む。すまんな」

沖波「……い、いえ……」

提督「どうだ、ここには馴れたか?」

沖波(14)「その……はい……」

提督「(まだ心の傷は癒えないようだな……仕方もないか)」

提督「沖波、俺はお前の味方だ。もし困ったことや、何か言いたいことがあったら遠慮せずに言え」

沖波「…………はい」

提督「(この様子だと、何があっても絶対に言っては来ないだろうな)」

提督「…………あー……なんだ……。人生は山あり谷ありと言ってな……」

沖波「あの」

提督「なんだ?」

沖波「そんなに、気にしないでください……仕事はちゃんとしますから……失礼します……」トボトボ

提督「………………神父提督にきつくやってもらうように言っておこうか」

939 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 00:03:49.64 0XAlO1Jvo 533/564

提督「どうにかして沖波の心を開く方法があればな」

提督「……くっ……心理カウンセリングの勉強をしておけばよかったな……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

940 : 以下、名... - 2017/06/06 00:04:20.44 Qwp1SytGO 534/564

千代田

941 : 以下、名... - 2017/06/06 00:05:06.81 LOd3DJK7o 535/564


942 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 00:12:57.95 0XAlO1Jvo 536/564

↓1 千代田が提督と最期を共にしたいほど愛してる理由は?

943 : 以下、名... - 2017/06/06 00:13:09.21 MmyUlpJB0 537/564

あの日の夜に女の悦びを教えてくれたから

947 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 00:33:12.88 0XAlO1Jvo 538/564

私には千歳お姉がいるのに……。
私は……提督と……。
真夜中の執務室で……。

パンッ! パンッ!

グチュ……グチュ……!


千歳「千代田?」

千代田「え!? お姉!? ど、どうしたの!?」

千歳「それはこっちの台詞なんだけど……。ボーッとしてどうしたの?」

千代田「ううん! なんでもない! 本当に大丈夫だから!」

千歳「ならいいけど……あ、提督! おはようございます!」

提督「うむ、おはよう。……千代田もおはよう」

千代田「………………」パクパク

提督「千歳、すまないが千代田に話がある。借りてもいいか?」

千歳「え? あ、はい。どうぞ」

提督「うむ。千代田、行くぞ」ガシッ

千代田「………………」///


提督「すまなかった」ドゲザー

千代田「ど、土下座はやめてよ!」

提督「酔っていたとはいえ……いや、だからこそ部下に手を出すなどと……」

千代田「良いってば、私も酔ってたし……」

949 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 00:46:54.09 0XAlO1Jvo 539/564

提督「すまん……今ここで辞める訳にはいかないんだ。他のことならなんでもするから……」

千代田「本当に、良いから……」モジモジ

昨日……ここで……。

やぁぁ……! ダメぇ……! ダメになるからぁ……!

パンッ! パンッ!

千代田! 千代田!


千代田「んっぅ……」モジモジ

提督「千代田……? 大丈夫か!?」

千代田「……提督……」

提督「なん……な!?」

千代田「提督……なんでもしてくれるの……?」クチュ……

提督「千代田! 何をして」

千代田「なら、今すぐここで私を抱いてよ……もう、耐えられないの!」

提督「馬鹿を言うな! 落ち着け!」

千代田「なんでもするって言ったわよね? 昨日のこと、思い出しただけで……ここ、こんなになっちゃって……もうダメなの!!」ガバッ

提督「千代……!?」

千代田「……あは♪ 提督の方も準備できてるじゃない……ね」

提督「待て……! 流石にそれは……」

千代田「言い訳なんて、しなくていい。提督はなんでもするって言ったからしてもらいたいことをしてもらう……それだけだから」ジー……スゥ

千代田「……おっきい……♪」トロン

提督「千代田……」

千代田「(……ただのセフレなんだから……だから良いの……ごめん、お姉……)」ペロッ

950 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 00:47:47.48 0XAlO1Jvo 540/564

提督「……………………」

提督「…………俺は無力だ……」ハイライトオフ

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

951 : 以下、名... - 2017/06/06 00:49:58.57 6Q+V/NC2o 541/564

由良

952 : 以下、名... - 2017/06/06 00:53:29.37 7jn8GO+8o 542/564


953 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 01:08:00.80 0XAlO1Jvo 543/564

提督「由良、またミスをしたと聞いたが……」

由良「ごめんなさい……」

提督「あぁいや、怒っている訳ではない。まだこの鎮守府には慣れていないだろうし、わざとミスをしている訳ではないのだろう? なら良いんだ」

提督「ただ、こう失敗続きとなると何か原因があるのではないか、とな」

由良「違うんです……今まではずっと監視されていたので、周りを気にしながら仕事をする癖がついていて……ごめんなさい……」ビクビク

提督「……そうか。ゆっくりでいいから、慣れていけ。もうここにはお前を見張る奴はいない」

提督「お前のペースでやっていけば良いんだ」

由良「提督さん……ありがとうございます、ね」

提督「それはそうと弾を持たずに出撃したことは直々にお仕置きする」

由良「」ガクガクブルブル

提督「俺はもう誰一人失いたくない……だから……」

提督「これは、愛の鞭だ」

<ジェノサイッカッタッ!

<あー!

954 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 01:09:01.31 0XAlO1Jvo 544/564

提督「今日のことで、武器を忘れると俺に怒られるということを忘れなくなればいい」

提督「嫌われるのは、慣れている……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

955 : 以下、名... - 2017/06/06 01:09:30.95 MmyUlpJB0 545/564

足柄

956 : 以下、名... - 2017/06/06 01:11:22.75 Iqj78kfpo 546/564


957 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 01:49:19.38 0XAlO1Jvo 547/564

足柄「んっく……ぷはー」

提督「あまり飲みすぎるなよ?」

足柄「向こうは全然飲ませてくれなかったんですから、少しくらい!」ゴクゴク!

提督「やれやれ……」

足柄「ところで……提督は飲まないんですか?」

提督「……朝霜に散々怒られたからな……」

足柄「何かやらかしたんですね」

提督「気にするな。飯だけにしておく」

足柄「酔った提督も見たかったなー」

提督「楽しいものでもない。これ以上罪を重ねたくない……」

足柄「本当に何をしたんですか……」

提督「…………それにしても……艦娘は酒に強いのが多いな」キョロキョロ

足柄「飲まなきゃやってられない、ってのもありますけどね」

提督「……感謝している」

足柄「ふーん……なら、何かプレゼントとか欲しいなぁ……なんて」ニヤー

提督「プレゼント? 何かほしいものでも?」

足柄「ほら、例えば……指ぐふぅ!!」ドサッ

提督「足柄!?」

千代田「……行きましょうか」

荒潮「はぁい……」

ズルズル……

958 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 01:50:48.42 0XAlO1Jvo 548/564

提督「……遠くで足柄の悲鳴が聞こえた気がした」

提督「俺は、目を背けた……」

↓1 次の艦娘
↓2 艦娘の好感度コンマ安価

959 : 以下、名... - 2017/06/06 02:32:20.76 nBHZlvQ9O 549/564

摩耶

960 : 以下、名... - 2017/06/06 02:34:19.02 hzWOD0Wgo 550/564

摩耶様は…・

963 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/06 02:47:33.43 0XAlO1Jvo 551/564

↓1 摩耶が提督と本気の殺しあいをした理由は?

964 : 以下、名... - 2017/06/06 02:57:00.84 M0ukD9Kt0 552/564

ぶっころされてえか!と口走ってしまった結果、提督の逆鱗に触れてしまった

974 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/11 23:19:16.98 iBBFi+dzo 553/564

この鎮守府に来て、一月が経った。
アタシたちの環境は驚くほど改善され、みんなは喜んでいた。
そりゃそうだ、働き詰めの毎日から解放されたんだからな。
だがアタシは、絶対にあの野郎を信用なんてしない。
どうせあいつも用が済んだらあのクズみたいに、アタシら艦娘を物のように扱うんだ。

「摩耶」

飯を食っている時、提督に声をかけられた。
無視してやったが、もう一度声をかけられたので仕方なく返事をする。

「…………んだよ。気安く人の名前呼んでんじゃねぇ」

「戦場でもないのに随分と剣呑だと思ってな」

「アタシに話しかけんじゃねぇ」

逃がす気が無さそうだと分かったが、うっとうしくなって席を立った。
提督はいつも通り、表情ひとつ変えない。

「そうは言ってもな。俺はここの提督だ、様子のおかしい奴を見かけたら声をかけないわけにはいかない」

無視して脇を抜けようとしたが、腕を掴まれる。
咄嗟に振り払おうと腕を動かそうとしてみたが、びくともしない。

「摩耶。まだ食べ終わっていないようだが?」

「仕事はする、それでいいだろうが! アタシに関わるな!」

「……いつまでもそのままで良いのか?」

「当たり前だ! アタシは一人で良いんだよ! さっさと退け! ぶっ殺されてぇのか!?」

アタシの言葉に反応してか、周りから複数の殺気を感じた。
威嚇なんかじゃない、危害を加えたら本気でやる、という類いのものだ。
特に提督の横にいた多摩と占守は、耐えきれないとばかりにアタシの方に向かってきた。

「待て」

提督は二人を制止した。
帽子を深く被った提督は、言い聞かせるようにゆっくりとした口調で話始めた。

「……摩耶。仲間を信じていない奴は、必ず誰かの足枷になる」

「仲間だと!? ここにそんなもんはいない!」

「お前自身の命も危険に晒す。即刻、考えを改めろ」

「うるせぇ! 死ねって言うなら死んでやる! 自分の命なんか惜しく……」

最後まで言い切る前に、アタシは声を失った。
提督から、深海棲艦からも感じることのない殺気を感じたからだ。

「艤装をつけろ、摩耶」

「…………は?」

艤装……?
意味が分からない、艤装つける……?
深海棲艦なんてどこにも

「聞こえなかったか……? ……今すぐ艤装を着けろ摩耶ァァァァア!!!!」

アタシの思考を遮って、提督がアタシの首を掴んだ。
早すぎて、まるで反応できない。
そこで思い出した、酒匂が自慢気に話していたことを。

『司令があっという間にあの三人組をやっつけて、あいつを懲らしめたんだ!』

975 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/11 23:20:26.96 iBBFi+dzo 554/564

天龍「誰かあいつに禁句を教えてやらなかったのかよ……」

加賀「それとなく注意はしたわ。聞いていたかは別にして」

鳳翔「き、禁句ですか……?」

武蔵「意味もなく命を蔑ろにする発言、仲間を蔑ろにする発言のどちらかで、提督はブチギレる。意味があっても半日動けなくなるが、今のは本気も本気だ」

天龍「あーったく!」

スタスタ

天龍「提督、ちょっと落ち着けって。摩耶も気が立ってただけ

ブンッッ!! ドガァン!!

提督「外でやる。迷惑はかけん」タンッ

天龍「壁ごと窓ぶっ壊して迷惑かけんもなにもねーっつの!」

提督「命をかけている仲間に対して最大の侮辱をした。絶対に許さん……二度と艦娘でいられない身体にしてやる」グググッ……ダンッ!!

球磨「……どうするクマ? 追いかけるクマ?」

多摩「オススメはしないにゃ」

天龍「全面的に摩耶の奴が悪い。……つって無視良いって訳でも無いしな……」

武蔵「少しくらい痛い目にあった方が良いと思うが。提督のことだ、十分もすれば冷静になるだろう」

鳳翔「……あの……今朝の事なんですけど……」

武蔵「む?」

鳳翔「明石さんと話しているのをたまたま聞いちゃって……詳しくは聞こえなかったんですけど……」

球磨「嫌な予感がするからその先を聞きたくないクマ……」

鳳翔「『これで遠距離での戦闘も行えるな。流石、明石だ。今度天龍にでも演習を付き合ってもらうよ』……って言ってて……」

976 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/11 23:21:32.87 iBBFi+dzo 555/564

摩耶「ぐ……っ……!」

摩耶「ナメるなよ……アタシは艦娘だ!!!」ドォン‼

<カイザー……ウェーブ!

ボチャン!

摩耶「(なんだ!? 砲弾が打ち返され――)が……!?」ゴンッ!!

ぼちゃっ!!

摩耶「(今の衝撃は……!? 痛みはあまり)」

タンッ

提督「隙だらけだ」ゴォッ!!

<ジェノサイッ!

摩耶「がぁっ!!」

提督「圧縮した空気を一気に放出する装備だ。溜めに少し時間がかかる上に残念ながら遠すぎると大したダメージは与えられないようだが。近付く隙を得られるのなら、それだけで十分有用だ」

摩耶「テメェ……!」

977 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/11 23:22:08.67 iBBFi+dzo 556/564

提督「弱い……弱すぎる……駆逐艦にすら敵わないんじゃないか?」

摩耶「(落ち着け……安い挑発だ……)」

提督「それでよく今まで生き残れたな。艦娘は辞めて家に帰ったらどうだ?」

摩耶「(遠距離での有効手が無いんだ、近づかせなければ攻撃も受けない)」ドォン‼ ドォン‼

<カイザーウェーブ!

摩耶「(飽和攻撃だ! 数で押してやる!)」

ドォォン! ドドドォン!
ドンドンッ!

<バカな……

摩耶「……ハ! 偉そうな口叩いてこの程度かよ!」

ぽちゃ、ぽちゃ


天龍「摩耶ーー!! 早く構えろー!!」


タンッ!

摩耶「……ッ!?」ガチャ

<カイザーウェーブ!

ドンッッ!!

摩耶「がふ……!?」

提督「何度でも言い続けてやる。よくそれで生き残れたな」バッ!

摩耶「(服を脱いだ……? 何が来る……? 早く、起きねぇと……!)」グ……ググ……

提督「遅い」

ドドドドド……

摩耶「…………」ボチャン

978 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/11 23:22:39.15 iBBFi+dzo 557/564

天龍「…………今の、見えたか?」

加賀「7……?」

多摩「10は行ってたにゃ」

鳳翔「動きを封じた後、腹部に4発、両腕両足に1発ずつ、眉間顎頭頂部首、後ろに回って背中を二回打って蹴りで転ばせてましたね……恐ろしい早業です……」

球磨「見えたのかクマ……!」

天龍「鳳翔さんもスゲーけどあいつは本当に人間なのかよ……」


提督「明日までに荷物を纏めておけ……」クイッ

摩耶「ま、ちやが……ぐ……」

提督「ここが戦場でなくて良かったな。戦場だったら……死んでいるところだ」

摩耶「…………」

提督「仲間がいないというのはそういうことだ。誰も助けてくれない。勿論ここの連中は、例えお前が仲間だと思っていなくても助けてくれるだろうな」

提督「だが仲間の存在のありがたみを知らないお前に、共に戦う資格はない」

摩耶「アタシだって……信じてたよ……」

提督「…………!」

摩耶「仕方ねぇだろ……どいつもこいつも信じられない奴ばかりで……霧島の奴も…………」

提督「…………だからと言って、自棄になるのは……。……気を失ったのか」

提督「……俺も未熟だな、カッとなるとすぐにこれだ」スッ

ぽちゃ

摩耶「…………霧、島……」スゥ……スゥ……

提督「………………時間が必要だな……」

979 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/11 23:31:15.11 iBBFi+dzo 558/564

提督「いかんな……冷静さを欠くのは一番ダメだ」

提督「しっかり正面から向き合っていかねば」

エピローグへ

981 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/12 00:22:11.57 vtjnMzrno 559/564

明石「失礼しまーす」ガチャ

提督「明石か。どうした?」

明石「新しい発明品を作ってみました! その名も《ヤミエルンデスメガネ》!」

提督「ヤ? このメガネの改良版か?」

明石「いいえ! このメガネは好感度を見るメガネではありません。その人の心の闇を見るメガネです!」

提督「……心の闇?」

明石「基本的にはそのメガネと変わりませんよ! 自分に対しての数値が出てきます。その数値が高ければ高いほど相手に対して人には言えない愛情を抱いているということになります」

提督「……あー……つまり0だと?」

明石「クリーンな感情を持ってますね。例えるなら透き通るような空の青さのように」

提督「50で?」

明石「少し人には言えない闇ですね。例えるなら思春期男子のベッド下のように」

提督「100だと?」

明石「逃げた方が良いです。90越えはヤバイです」

提督「…………」

明石「更にこのメガネ、見た相手の抑圧されている感情を表に引き出させる効果もあるんです!」

提督「ということは?」

982 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/12 00:22:39.08 vtjnMzrno 560/564

明石「普段は普通を装っていたり、自覚の無い人を無理矢理病ませることができます。勿論闇が無い人には効果はありませんけど」

提督「廃棄しろ」

明石「えーー!!」

提督「明らかに危険物だろうが」

明石「そんなことありませんよぉ! ね? ね? 試してみましょうよ!」

提督「断る。……ふむ……俺が着けるのは却下するが、知り合いに押し付けてみようか」

明石「え?」

提督「俺の後輩でな。俺や神父提督のように戦闘能力が高いわけではないが、優秀な男がいる」

提督「ただ少しやる気が足りなくてな……。やるときはやる、それ以外はだらけている。ついたあだ名がなんだかんだ先生だ」

明石「なんでそんな人に押し付けるんですか?」

提督「もう少ししっかりしてもらう為だ。お前の話を総合すると、向こうの艦娘の状態によっては窮地に立たされるだろうしな」

明石「私が言うのもなんなんですが……大丈夫ですかね? 提督だからこそ危ないものでも良いやーって感じだったんで……怒られたりしませんか?」

提督「元帥閣下に聞かれたら笑い転げながら許可するだろうから問題ない」

明石「あー」

提督「それでは準備をしておいてくれ。俺は手紙を書いておく」

明石「分かりました」

ガチャ!!

983 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/12 00:23:35.78 vtjnMzrno 561/564

天龍「提督!」

加賀「まだ無事だったみたいね……」

提督「加賀? 天龍と、ハチ……天城もか。珍しい組み合わせだな」

「提督。千代田さんとヤッちゃったって本当ですか?」

提督「」

天城「……本当みたい、ですね……」

提督「な、何故……」

加賀「とにかくここから離れましょう。このままだとここら一帯戦場になります」

提督「待て! 事情が飲み込めない!」

「戦艦から武蔵、山城。重巡高雄、軽巡多摩。駆逐艦なら皐月、秋月、嵐、卯月、朝霜、水無月、荒潮。海防占守。……名前に心当たりは?」

提督「よし、今すぐここから離れよう」

ドォォン!!

加賀「追い付かれたわ!」

武蔵「…………提督……何故だ……誰よりも早く指輪を貰ったのは私だった筈だ……」ゴゴゴ

山城「私から離れて行くのね……また私は……そんなの……嫌です……」ゴゴゴ

高雄「……許せません……許せません許せません許せません許せません許せません許せません許せません」ゴゴゴ

提督「脱出する! ついてこい!」バリンッ!

天龍「了解!」タンッ!

天城「私は……ここで食い止めます!」

加賀「付き合うわ」

「御武運を」タンッ!

984 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/12 00:24:06.41 vtjnMzrno 562/564

ドドォン!!

提督「加賀……天城……」

天龍「言ってる場合じゃ……っぶね!?」キィン!!

多摩「泥棒猫め……排除するにゃ」

天龍「っ多摩ァァァ!!」ガッ!

皐月「司令官……ボクもう、堪えられないよ……」ゴゴゴ

秋月「頑張ろうって……思ったのに……」ゴゴゴ

「こんなことで勝負が決まるなんて……絶対に嫌だ……」ゴゴゴ

卯月「うーちゃんだってね、嫉妬はするんだよ?」ゴゴゴ

天龍「早く行けー!!」

「ここは、任せてください」

提督「…………くっ!」タタッ!


提督「はぁ……はぁ……」

水無月「声が……ねぇ、司令官……また声が聞こえるんだよ……助けて……」

荒潮「私は俺で荒潮でボクで僕であたいでアタシで我輩」ブツブツ

占守「<●><●>」

朝霜「親父よぉ……新しいママとかいらないつーの……」ゴゴゴ

提督「しまった、逃げ道を塞がれた……!」

提督「落ち着け……話し合えばわかりあえ」

<コンナハズハー!


985 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/12 00:27:35.97 vtjnMzrno 563/564

というわけで無事、完結です。
ここまで見ていただいて本当にありがとうございました。
提督強すぎだろ! っていつキレられるかドキドキしてましたが、終わることができて良かったです。

次回、なんだかんだ先生のヤミエルンデスメガネ編やります
楽しんで見ていただければ幸いです
タイトルは
提督「ウォォォォア」吹雪「?」
になると思います
それではまた会う日まで、ごきげんよう

神罰です!

988 : ◆Ww9Me2u6TE - 2017/06/12 00:31:01.26 LJUUOXQJo 564/564

間違えた
提督「コノママデハオワランゾー」吹雪「?」【安価あり】
こっちでした
最後までgdってすみません!

記事をツイートする 記事をはてブする