1 : 以下、名... - 2018/08/06 00:11:40.52 w1pCU6EP0 1/3

少年の家に、ワタアメという名の猫がいた。

綿菓子のように白く、ふわふわした毛の猫だったからだ。

ワタアメは、少年の両親がペットショップで見つけてきた。

劣悪な環境で育ったらしく、腹の中には悪い虫が沢山棲みついていた。

少年「お母さん、どう? 寄生虫は消えた?」

「ええ。無事に取り除けたわ。この子、ウチに来て本当によかったわね」

少年「やった……!」

来る日も来る日も、少年は猫と遊んだ。


猫の寿命は短い。

ワタアメがあと10年ほどしか生きられないことは分かっていた。

少年が大人になり、就職し、幸せな家庭を築く頃には、この世にいないことも知っていた。

だからこそ悲しくなった時、縁側で寝そべるワタアメの傍に横たわり、囁きかけるのだった。

少年「ワタアメ、僕達はずっと一緒だ」

少年「お前がいなくなった後の世界なんて、考えられないよ」





元スレ
盲目の老人「60年も昔の話になるかのう……」幼女「おじいちゃん」
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1533481900/

2 : 以下、名... - 2018/08/06 00:25:30.75 w1pCU6EP0 2/3

盲目の老人「誰にでも平等に死は訪れる」

盲目の老人「儂が25歳の時、ワタアメは死んだ。儂は地方に勤めていて、ワタアメの死に立ち会えなかった」

盲目の老人「こうして縁側に立つと、無性に思い出されるのじゃ。あやつと過ごした数年間を」

盲目の老人「何よりも煌めいて、美しい数年間だった。儂がボールを投げ、あやつが飛び跳ね」

盲目の老人「猫なのにまるで犬みたいだねと笑ったこともあった」

盲目の老人「だが、それも泡沫の夢。ワタアメは帰ってこない。二度と」

幼女「おじいちゃん」

盲目の老人「幼子か、声で分かる」

幼女「おじいちゃんが縁側で思い出してくれるかぎり、その子はずっと、おじいちゃんの中で生き続ける」

幼女「二度と戻らない過去なんて、ないんだよ」

盲目の老人「お主……」

幼女「ありがとう。たった数年だけだったけど、楽しかったよ。おじいちゃんと過ごした日のこと、絶対に忘れない」

盲目の老人「過ごした日? なんのことだ……」

幼女「50年ぶりに帰った来たんだ。またボール投げてよ。ボールじゃなかったら鬼ごっことかかくれんぼでもいいから」

盲目の老人「お主は、まさか……!」


誰もいない縁側に、少年と猫の笑い声が響いて消えた。




3 : 以下、名... - 2018/08/06 00:26:50.27 w1pCU6EP0 3/3


記事をツイートする 記事をはてブする