※2018年7月17日(火)の22時頃まで公開していた記事にミスがありチャプター2および3が正しくまとめられていませんでした。申し訳ございませんでした。現在は修正されております。

関連
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」『ダンガンロンパV3』(ch.1)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.2)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.3-1)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.3-2)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.4-1)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.4-2)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.5-1)
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(ch.5-2)

1 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:45:03.83 HvR+CX2S0 1747/2029

注意点
・このSSはダンガンロンパV3の二次創作です。ネタバレを含みます。
・原作に対して独自に解釈・未判明部分に対して独自に設定した部分などを含みます。
・シリーズ更新です。チャプターごとにまとめた投下をしていく予定です。

・続き物になります。チャプター1・2・3・4を読んでいない方はこちらを先にどうぞ。


・チャプター1
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1491659924/

・チャプター2
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1495890004/

・チャプター3
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1503323228/

・チャプター4
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1515761438/

・チャプター5
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1524382890/


・pixivでも同時更新して行きます。
http://www.pixiv.net/novel/show.php?id=9511987


・時間が開いたので、チャプター1、2、3、4、5のあらすじをまとめてからチャプター6を開始します。
1、2、3、4、5を読んでない方はネタバレに注意を。







元スレ
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」ch6『ダンガンロンパV3』
http://ex14.vip2ch.com/test/read.cgi/news4ssnip/1530366303/

2 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:46:03.61 HvR+CX2S0 1748/2029


チャプター1 あらすじ




コロシアイを生き残り学園を脱出した夢野は、次の瞬間コロシアイの最初に戻されていることに気づく。




同様の現象は生き残りの最原、春川にも起こっており、三人はコロシアイを生き残った記憶を使ってコロシアイを止めることを誓う。




しかし第一の動機モノクマのタイムリミットを撤回出来ず、コロシアイの阻止は難航。




そんな中記憶にないRを名乗る謎の人物からの手紙が発見される。




天海の才能が生存者ではなく冒険家になっていることから、記憶と違う行動を取るRではないかと疑うが否定。




誰がRなのか分からないままタイムリミット直前を迎え、コロシアイ促進BGMが鳴る中、前周回の首謀者白銀の死体が発見される。




死体発見現場で一緒に倒れていた最原は怪しまれて、クロではないかと疑われる。




その後の裁判で最原は一度クロではないと判断されるも、嘘がバレてクロだと判明。全会一致で投票される。




だが、それも最原の予定通り。




最原の狙いはクロと指摘され、そのおしおきにモノクマを巻き込んで破壊すること。首謀者が死んだ今、新たなモノクマを生み出せないことから、コロシアイを終わらせる狙いだった。




しかしこの周回での首謀者は白銀ではなかった。新たな首謀者の手によってモノクマは無慈悲に復活を遂げる。




そして夢野たちがコロシアイを生き残った生存者だという事実が告げられる。




全部モノクマの手のひらで転がされていたことに気づき絶望しかけるが、夢野は最原の思いに応えるために奮起。コロシアイを止めることを宣言する。




こうして新たなコロシアイ生活は幕を開けた。


3 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:46:35.13 HvR+CX2S0 1749/2029


チャプター2 あらすじ




才囚学園の新たなフロアの開放。




それに伴い、春川の超高校級の暗殺者の研究教室も開放される。前周回では自分の才能を隠していた春川だが今回はそれを皆に打ち明け、受け入れられる。




そんな中モノクマに提示された新たな動機。『動機ビデオ』




夢野と春川はどうにか対処しようと画策するが、今周回では生き残った赤松がバラバラに配られたビデオをみんなで見ようと提案する。




そして始まった動機ビデオ鑑賞会。




東条と星の動機ビデオで問題が起きるも、みんなで解決。このまま無事に終わるかと思った矢先に、前周回では不発だった真宮寺の動機ビデオ『姉の友達を作るために女性を殺している』という内容が暴露される。




しかし真宮寺が思い出しライトで今思い出したという嘘を付いたのと、赤松が許したことでどうにかその場は収まった。




その後夢野がアンジーの信者にならなかったため、代わりにキーボのロボットショーが開かれる。




ショーの最中に超高校級の昆虫学者、獄原ゴン太の死体が発見。




捜査・裁判を経て、超高校級の発明家、入間美兎が夜時間にプールの水に触れてはいけないという校則を用いて殺されたことが判明。言いがかりをつけるもおしおきされる。




夢野はその言いがかりの中の不可解な言葉から、入間に今回の殺害計画を渡した『提案者』がいることを突き止める。




提案者の存在、最原の蘇りを夢想してしまう赤松。




コロシアイ学園生活はさらに混迷を極めていく。


4 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:47:07.72 HvR+CX2S0 1750/2029


チャプター3 あらすじ




第三の動機、これまでに死んだ生徒から一人を蘇らせて転校生として迎えるというもの。




夢野と春川はこれによる争いを阻止するために、そして蘇り方法からこの世界の秘密に迫るために屍者の書の使用を決意。




その結果、最原が前周回の記憶を持ったまま蘇る。




再び今周回のコロシアイを止めるために動き出す三人。




生徒たちをおびやかす脅威は大きく分けて二つ。




一つは入間にゴン太を殺す計画を教えた『提案者』。夢野はその候補である前周回と外れた行動を取り始めた王馬に探りを入れるが煙に巻かれる。




そして二つ目、モノクマの関わらない動機を持った真宮寺を警戒していたが、それも空しく彼は最原と東条の死体が転がる美術室で自分が二人を殺したと主張する。




捜査時間を経て始まった学級裁判。




残った証拠から、東条が『提案者』であり、最原を殺そうとしていたことが判明する。東条は自身から疑いを逸らすために、入間にゴン太を殺させ、新たな動機を発表させる狙いだったのだ。




しかし東条も最原を殺していないこと分かり、二転三転した裁判の結果、最原を殺したクロは赤松だと分かった。




赤松は復活した最原の様子が生前と微妙に違うことに気づいており、そこから自分が絆を結んだ最原と別人であとを突き止め拒絶してしまう。




それを受けた最原の暴走から逃げるために、無我夢中で殺してしまったというわけだった。




赤松がおしおきを受けた裁判後、夢野と春川は蘇りが思い出しライトと白銀のコスプレイヤーの才能によって成り立っていたことを見破る。




何もかも自分でさえも嘘であるかもしれない状況に、しかし夢野と春川はそれも現実と割り切り、これ以上大切な仲間を失わせないことを誓う。




今回の事件を裏で操っていた真宮寺、咳込む百田、最原に提案者の提案者でありコロシアイを止めるため裏で画策していると言われた王馬。




全てを孕んでコロシアイは進む。


5 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:47:35.40 HvR+CX2S0 1751/2029


チャプター4 あらすじ



第四の動機カードキー。



前周回の王馬がこの世界の秘密を手に入れたそれを、夢野たちは必要ないと判断して使用前に破壊する。



そしてもう一つのコロシアイを引き起こす存在、真宮寺も行動させないように拘束する。



順調にコロシアイ対策を進めた夢野たちは、次に百田の病気をどうにかしようとする。



医学を学び正攻法で対処しようとする春川だが、それでは無理だと判断した夢野はモノクマに百田の病気を治すように交渉。



結果、モノクマボール――ゲーム世界にて七つ集めた場合に一つだけ何でも望みを叶える、という追加動機が発表された。



『コロシアイを終わらせる』望みを持った夢野と『百田の病気を治す』望みを持った春川は一時的に道を別れる。



コロシアイを誘発する意図が盛り込まれたゲーム世界にてモノクマボールを集め、コロシアイを終わらせようとする夢野。



しかしその望みも空しくゲーム世界にて超高校級の美術部、夜長アンジーの死体が発見される。



そして四度開かれた学級裁判。



自分がアンジーを殺したと勘違いして、捜査に非協力的な態度を取る春川。



しかし裁判にて夢野はその間違いを指摘。真のクロである星を言い当てる。



モノクマボールを集めていた星は、その権利を使い『最期にみんなでテニスをする』望みを叶え、惜しまれながら死亡。



その後、真宮寺が事件の裏で暗躍していたことが判明。星は真宮寺のせいでアンジーを殺してしまったことが明らかになる。



ターゲットは残り二人。逸る気持ちを抑えられない真宮寺に対して、モノクマはまだ殺人行為禁止宣言が続いていることを告げる。



残った7人で協力するべきと考える夢野だが、そこに真宮寺以外の7人の中に爆弾を仕掛けたものがいることを王馬が指摘する。



各々考えるように言ってその場は解散。疲れた者も多く部屋に戻るなり眠る者がほとんどだった。



この夜が明けたときに――ダンガンロンパV4最後のコロシアイが幕を開けることになる。




6 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:48:54.63 HvR+CX2S0 1752/2029


チャプター5 あらすじ



モノクマが設定した動機により生まれた硬直状態。



夢野たちは真宮寺をまた拘束することに決めて、決行時刻の夜まで待つ。



王馬からコロシアイを一度生き残っていることがバレる夢野。



観念して知っていることを全て明かし話し合った結果、最原が第一の事件における記憶が誤っていることとこの世界自体は二周目ではなく、それ以上の周回であることを突き止める。



ずっとこの世界が二周目だと思っていた夢野はショックを受け、そのタイミングで真宮寺が急襲し誘拐される。



姿の見えない夢野を探し始める春川たちだが、エグイサル格納庫で夢野の姿を発見。



同時に真宮寺と王馬の死体も発見する。



五回目の学級裁判は目を覚まさない夢野抜きで行われた。



モノクマも参加する変則的な裁判で、キーボが爆弾魔であることが判明する。



アンジーの復讐のためにこのコロシアイに関わった人間を皆殺しにする意志を示したキーボ



しかし裁判の対象である真宮寺は殺しておらず、議論が進んだ結果、夢野がクロであると判明する。



真宮寺が自分を殺させたことで、夢野がクロになったという結果に不満が出るも、モノクマはおしおきを強行。



その直前に夢野が目を覚まし裁判場に現れ、王馬を殺したクロを探す学級裁判えくすとらの開幕を宣言。



そこで王馬のコロシアイを終わらせる策の全貌が明らかになり、モノクマはコロシアイの終了を発表。



舞台はコロシアイ、ネクストステージ。学園の謎を全て暴かなければ死亡の、運営対生徒の直接対決へと進む。




7 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:49:21.79 HvR+CX2S0 1753/2029






それではチャプター6始まりです。







8 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:49:49.22 HvR+CX2S0 1754/2029


花子「………………」

花子「……あ、いきなり出てきて『誰だこいつ』って思ってますよね」

花子「初めまして。私、花子っていいます」

花子「花の女子高生……と言えば聞こえはいいですが」

花子「成績も悪いし、運動神経も良くないし、容姿も平凡で、口下手で、特技も無くて……」

花子「自分という存在が嫌に感じる毎日です」

花子「このまま消えてしまいたい……そう思うことも前までは多かったですが……」





花子「でも――私にはダンガンロンパがあるから大丈夫です!!」





花子「特徴的なキャラクター……刺激的なコロシアイ……」

花子「その世界に私は虜になりました!!」

花子「今では私の生きがいです!!」


9 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:50:35.34 HvR+CX2S0 1755/2029


花子「シリーズ最新作で一番好きなキャラは王馬きゅんですね!! はぁ……尊い」

花子「裏のあるキャラだとは思ってましたけど、ストレートに首謀者だったのは意表を突かれましたね!」



花子「カップリングだと王道の最赤ですよ! 最原きゅんに赤松ちゃん!!」

花子「王道にして至高! 苦難を乗り越え最後まで二人生き残っただけありますよ!!」



花子「ああ、でも色々気になるキャラや組み合わせもあるんですよね」

花子「真宮寺きゅんは最初のビジュアルはヤバい人で警戒してたんですけど、始まってみると意外と常識人でビックリでした」

花子「裁判でも頼りになる存在で……だからこそアンジーちゃんにあっさり殺されたのは残念でしたね。何か隠してる本性とかあったんじゃないですか?」



花子「あとは夢野ちゃんに王馬きゅん……このいじめられっ子といじめっ子の組み合わせは光るものがあると思います!!」

花子「夢野ちゃんが二番目のクロだったから絡む時間が短かったですが……もっと生き残っていれば絶対いい雰囲気になってたはずです!!」


10 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:51:25.95 HvR+CX2S0 1756/2029


花子「でも、最原きゅんに赤松ちゃんが生き残りでコロシアイは終わっちゃったんですよね」

花子「もっとあの16人が動く姿を見ていたかったなー……」



花子「最近はずっと妄想していますよ」

花子「あそこであのキャラが踏みとどまっていたら……このキャラがクロだったらどんなおしおきをされるだろうか……」

花子「いわゆるIf展開ってやつですね」



花子「その中でも私が白銀ちゃんだったらって妄想もしてますね」

花子「……いや、結構似てると思うんですよ。私と白銀ちゃん」

花子「オタク趣味は結構ありますし、地味だし、コスプレも嗜んでるんですよ……まあ、そりゃ超高校級と呼ばれるレベルもない底辺レイヤーですけど」

花子「はぁ……私もあの世界に入ってみたいなあ……」


11 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:51:59.20 HvR+CX2S0 1757/2029


花子「………………」

花子「………………」

花子「………………」



花子「ああ……もうっ!!」

花子「思い出したら、ダンガンロンパ欲が再燃したじゃないですか!」

花子「もっと色んな展開を見たかったのに! まだまだキャラの魅力を描けたはずなのに!」



花子「どうしてコロシアイは終わっちゃったんですか!?」



花子「………………」

花子「いえ、分かってるんですよ、それくらい」

花子「終わりのない物なんて存在しないって」



花子「それでも……思ってしまうんです」




12 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:52:28.04 HvR+CX2S0 1758/2029






花子「コロシアイが永遠に続いたらいいのに――って」






13 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:53:07.11 HvR+CX2S0 1759/2029




C H A P T E R 6



さ よ な ら ダ ン ガ ン ロ ン パ



(非) 日 常 編




14 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:53:35.73 HvR+CX2S0 1760/2029


<第五の裁判、翌日朝>

<食堂>

百田「マジ……かよ。俺が王馬と協力して、運営に一矢報いようとしたのか……」

茶柱「前周回では転子殺されたんですね……っていうか真宮寺さん、変わらず狂ってますね」

キーボ「ボクが皆さんのために自爆ですか……にわかには信じられませんが……」

天海「俺は一回目の被害者で……生存者だったんすか。その生き残ったコロシアイというのも……王馬君の話によると同じく才囚学園のコロシアイで……」



夢野「というわけでウチらからの話は以上じゃ」

春川「一周目……いや、前周回について分からないことがあったら質問して」




15 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:54:07.25 HvR+CX2S0 1761/2029


夢野(昨日の裁判で真宮寺の策によりクロに陥ったウチじゃが、王馬の決死の策によりコロシアイは終了した)

夢野(コロシアイはネクストステージ……この学園の秘密を全て暴く生徒対運営の構図に移行する)

夢野(その後モノクマが報復でウチと春川がコロシアイ二周目であることをみんなにバラして)

夢野(そのためウチらは観念して今まで隠してきた前周回のコロシアイについてみんなに話して……今に至る)



春川「流石に衝撃的だったみたいだね」

夢野「じゃろうな」



夢野(みんなも話を受け止めるのに必死のようで……)



百田「な、なあ一つ質問いいか?」

夢野「ん、どうしたんじゃ百田?」




16 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:55:03.61 HvR+CX2S0 1762/2029




百田「もしかしてハルマキの大事な人って……俺なのか?」



夢野「あ」

春川「…………な、ななな何言ってんのよ!??」

夢野(瞬間湯沸かし器のように顔を真っ赤にしたハルマキが叫ぶ)



百田「いや、おまえが今周回の研究教室が解放されるときに言ったじゃねえか」

百田「暗殺者ということで周囲と距離を置いていた自分に、何度も手を差し伸べてくれた人がいるって」

百田「で、今話してもらった前周回の状況からして……それが俺っぽいなと……」



茶柱「なるほど……どうなんですか、春川さん」

春川「ち、違うに決まってるでしょ!!」

茶柱「力強い否定ですね……どうやら勘違いで……」

天海「いえ、茶柱さん。それは聞く相手が違うっす」

天海「実際のところどうなんすか……夢野さん?」





夢野「さっき話したときはハルマキが誤魔化したが、実際は百田がおしおきされる前に『初めて好きになったのに』とそれは情熱的な告白を……」





春川「殺す」

夢野「んあっ!?」

茶柱「危ないです、夢野さんっ!!」

夢野(ハルマキは本当に殺すつもりでウチにナイフを振るおうとして、転子が間一髪で取り押さえる)


17 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:55:33.60 HvR+CX2S0 1763/2029


春川「殺す、殺す、殺す、殺す、殺す、殺す……!!」

茶柱「っ……ここまでの密度の殺気は初めてです!!」

春川「離して茶柱!! 夢野を殺して私も死んでやる!!」

夢野「す、すまんかったハルマキ……そ、そんなに怒らんでも……」

春川「殺す」

夢野「んあっ!!」



天海「虎の尾を踏んでしまったっすか……」

百田「どうすんだよ、天海」

天海「どうするも何も……申し訳ないっすけど、この状況を納められるのは百田君一人だけっすよ」

百田「……俺?」

茶柱「そうですよ! 告白されたんですよ! 男死なら男死らしくビシッと答えて下さい!! ていうかもうもちません!!」



百田「……そうか。そうだよな。分かった」




18 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:56:01.36 HvR+CX2S0 1764/2029


春川「も、百田……?」

夢野(百田が告白に答えるということで、ハルマキもウチへの襲撃を止めて、その返事を聞く体勢に移る)



百田「ああいや、そんな改まらないでくれ、ハルマキ」

百田「ハルマキが俺を好きって気持ちは嬉しいんだが……」

百田「おまえを助けたのは前周回の俺であって、今の俺じゃない」

百田「だからどれだけの思いを俺に向けているのかも……そして俺がその気持ちに応えられるのかも分からねえ」



春川「そんな気負うほどの気持ちじゃないけど……」

春川「だったら……あんたが分かるまで一緒にいていい?」

春川「どんな答えを出しても恨まない……だからそれまで」

春川「お願い。だって今回はこうやって……手遅れになる前に伝えられたわけだし」



百田「そうだな……それは好きにしろ。俺が決めることじゃねえしな」

春川「……うん、好きにするよ。私が決めたことだから」




19 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:56:30.05 HvR+CX2S0 1765/2029


天海「これは……」

茶柱「いい雰囲気ですね」

夢野「そうじゃな……ウチは前周回での悲劇的な結末を知ってるだけに喜びもひとしおじゃわい」

夢野「ウチはこれを見越してわざと暴露をしたんじゃぞ」

春川「何か言った?」

夢野「調子に乗りました、ごめんなさい」



夢野(ウチらがふざけあっていると、ピシャッと現実に戻す声がした)



キーボ「いつまでこんなことをしてるんですか?」




20 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:57:03.14 HvR+CX2S0 1766/2029


夢野「キーボ……」

キーボ「全く……どうしてボクがこんなことに付き合わされないといけないんでしょうか」

キーボ「ネクストステージのルール……生徒同士のコロシアイの禁止がなければ今すぐにでも皆さん殺すのに……」

夢野(前周回と違ってアンジーに深く入信した結果、アンジーの復讐に燃え殺意が溢れているキーボ)



キーボ「ということで甚だ不本意ですが、この学園の秘密を全部暴かないと生徒全員おしおきされるんです」

キーボ「そろそろ真面目に話をしたいのですがいいでしょうか?」



夢野「あ、その前に一ついいか?」

夢野「話したように、前周回のキーボは視聴者の声が内なる声として聞こえていたわけじゃが」

夢野「そのようなことを今感じてはおらぬか?」



キーボ「内なる声ですか……聞いた覚えがありませんね」

キーボ「ボクに聞こえる声があるとしたら、アンジー様による神のお告げくらいです」



夢野「神のお告げ……?」

夢野(よく分からんが前周回とは異なって……でも、どうしてこうなっておるんじゃ?)

夢野(キーボ自身が前周回と今周回で違うというのか……?)




21 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:57:50.22 HvR+CX2S0 1767/2029


キーボ「前周回の話を聞いても疑問は残っています」

天海「今周回の首謀者は誰なのか、どうしてこのコロシアイはループしているのか、このコロシアイの目的は何なのか……このあたりっすね」

百田「確かに分からねえな」

茶柱「用意された時間は今日一日です」

春川「早速捜査に動き出した方がいいか」

夢野「よしっ! 絶対にこの学園の秘密を解き明かして生き残ってみせるぞ……!!」



気を引き締めて捜査へと取り掛かる夢野たちであった。


22 : ◆YySYGxxFkU - 2018/06/30 22:58:17.42 HvR+CX2S0 1768/2029




C H A P T E R 6



さ よ な ら ダ ン ガ ン ロ ン パ



非 日 常 編




27 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:04:10.34 Nhr10E8R0 1769/2029

<捜査開始!!>

夢野(さて、捜査が始まったが……どうするか)

夢野「学園の秘密を暴く……にしても一周目の記憶でほとんどの情報は分かっているしな」

夢野「どこを調べればいいか」

春川「まだ私たちがこの周回で立ち入ってなくて、学園の秘密が隠されていそうな場所というと……」

春川「一つ思い当たるところがあるね」

夢野「……なるほど、あそこか」

28 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:04:37.67 Nhr10E8R0 1770/2029


<図書室>

百田「こんなところに隠し扉があったのか」

天海「最原君は前周回の最初から気づいていたらしいっすね」

茶柱「さすが超高校級の探偵の洞察力ですね」



夢野(ウチらは図書室までやってきた。ここには首謀者の部屋が隠されている)



春川「それでキーボ。用意は出来た?」

キーボ「はい。昨日使わなかった分が残っていましたので」

春川「……うん、これだけあれば何とかなりそうだね。じゃあ早速……」

キーボ「手伝います。さっさと終わらせましょう」


29 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:05:04.06 Nhr10E8R0 1771/2029


夢野(ハルマキとキーボが首謀者の扉の前で作業を始める)

夢野(五分ほどして終わったようで、二人して扉から離れ……そして……)



ドカン!! と爆発音がして首謀者の扉が爆破された。



夢野「……しかし、こんな荒々しい方法で良かったんじゃろうか」

春川「仕方ないでしょ、カードキーがどこにあるか分からないんだし」

茶柱「今の爆薬はエグイサル格納庫で使った残りですか」

百田「あー、昨夜の事件のな」

キーボ「ちょうどよく残っていて良かったです」

天海「じゃあ中を調べて行くっすよ」



夢野(そしてウチらは爆破で開けられた穴を通って首謀者の部屋に進んだ)


30 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:05:30.31 Nhr10E8R0 1772/2029


<首謀者の部屋>

夢野「記憶の通りじゃが……何か散れておるな」

夢野(今周回で首謀者が白銀から変わっているせいかは分からんが、部屋の内部は物が散乱している)



夢野「ん、そういえばゴミ箱には……砲丸は無いか」

夢野(もしやとは思ったが、赤松の服の繊維が付いた砲丸は無い。まあ起きた事件が変わっているので当然じゃが)



百田「で、あれがマザーモノクマか」

天海「モノクマを産む機能を持つという話のっすね」

キーボ「でも……おかしくないですか」

茶柱「そうですね、壊れている……いや破壊されていると言った方が正しいんでしょうか?」


31 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:05:56.25 Nhr10E8R0 1773/2029


夢野(ウチらが見たのは部屋の中央にあるモノクマの頭部)

夢野(マザーモノクマ)

夢野(前周回ではこのモノクマを産む機能を逆手にとって、白銀を首謀者だと特定したが――)



夢野(今現在、ウチらの目の前にあるマザーモノクマは……破壊されておる)



春川「……参ったね。これさえあれば首謀者を楽に特定出来ると思ったのに」

夢野「首謀者としても承知済みなのじゃろう。だから先に対策したというわけか」



夢野(部屋に入った時点でこうなっていたから、やったのは首謀者で間違いないはずじゃ)


32 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:06:22.70 Nhr10E8R0 1774/2029


キーボ「ですが、破壊が甘いですね」

百田「ん、どういうことだ?」

キーボ「聞いたこと無いですか? パソコンなどの情報媒体はちゃんと破壊しないと、内部のデータを復元出来るって」

百田「つまり……このマザーモノクマでも同じことが出来るってことか?」

キーボ「直すことは難しいでしょうが、データをサルベージするくらいは出来ると思います」

キーボ「聞けば防犯カメラのデータがここに一度保管されていたはずなので、上手く行けば何か証拠が見つかるかもしれません」



夢野「おおっ、すごいではないか!!」

天海「なら俺もそれを手伝うっす」

キーボ「いいでしょう、今は猫の手も借りたい状況です」



春川「じゃあ、マザーモノクマはキーボと天海に頼んで……他の四人でこの部屋を捜査していこうか」

夢野「そうじゃな」



夢野(マザーモノクマ解析班と部屋内捜査班に分かれて行動を開始した)


33 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:07:00.91 Nhr10E8R0 1775/2029


夢野「ん、この机……」

夢野(ウチが机をいじっていると、突如スクリーンに表示が出た)

夢野「んあっ、これは!?」

春川「どうしたの夢野……って」

夢野「思い出しライトを作る機能じゃ。この机に隠されておったみたいじゃな」



夢野(前周回では二階の教室にあったその機能が今回はこの首謀者の部屋にある)



春川「ここにあったんだ……ならもし校舎を探してたら無駄足踏んでたところだったね」

夢野「首謀者しかこの部屋に入れんしな。ウチらに見つかる危険性を考えれば、ここに設置するのが一番利口じゃ」


34 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:07:28.37 Nhr10E8R0 1776/2029


夢野(思い出させたい記憶を選択してライトを作る……前周回通りの設備じゃな)

夢野(となると特に気になることは……いや)



夢野「思い出しライトを作った回数……?」



夢野(机をいじっているとそんな表示が出てきた)

春川「へえ、そんな確認できたんだね」

夢野「みたいじゃな。それで思い出しライトを作った回数は……六回か」

夢野「ええと今周回に発見された思い出しライトは……一回目と二回目と三回目の学園探索のときで……あれ、数が合わんぞ?」



春川「あとは東条と最原を蘇らせたときに使ったはずだよ」

夢野「ええと影の総理大臣を思いだした動機ビデオと、別人の最原に記憶を植え付けるためか」

春川「これで五回。あとは真宮寺の動機ビデオに付いてたっていう思い出しライト機能はあいつの芝居だったはずだし……一回足りないね」

夢野「ふむ……」



夢野(六回作られた思い出しライトに対して、ウチらが覚えている思い出しライトの使用回数は五回)

夢野(つまり……ウチらの知らないところで一回思い出しライトが使われたということなのか?)

夢野(だとしたら……一体何に使われたというんじゃ……?)



コトダマ『思い出しライト』ゲット!!


35 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:08:06.87 Nhr10E8R0 1777/2029


百田「ハルマキ、夢野ちょっとこれを見てもらってもいいか? さっき見つけたんだが」

春川「えっと……実験計画書……?」

夢野「何じゃ、これは……?」

夢野(百田に渡された紙切れを覗くハルマキとウチ)

夢野(一周目には無かったそれに書かれている内容は――)



『実験計画書』

『目的:自立思考型兵器の開発』

『概要:今までの自立思考における欠点を克服した完璧な兵器を新たなアプローチで開発する』

『用途:破壊工作は当然のこと、これまで難しかった殺人、諜報活動も可能』

『ただし普通にしては時間がいくらあっても足りないため、常識の歪む場所コロシアイを計画した』

『次のページから詳細を説明していく』



夢野「……何じゃこれは」

夢野(次のページでと書いてあるが、この一枚しか紙はない。続きは紛失されたということじゃろうか?)


36 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:08:32.04 Nhr10E8R0 1778/2029


百田「分かることをまとめると……」

百田「これはコロシアイを企んだ側の情報だよな」

春川「自立思考型の兵器開発……」

春川「概要や用途を見るに……兵器というよりは一流のエージェントみたいな物だね。お偉いさんがのどから手が出るほど欲しがりそう」

春川「でも……コロシアイの場を用意する必要がある兵器開発って……どういうこと?」

夢野「自立思考の欠点……とやらが関係するのか?」



コトダマ『実験計画書』ゲット!!


37 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:08:58.80 Nhr10E8R0 1779/2029


天海「皆さん、ちょっといいっすか?」

天海「一つ手がかりを得られそうなので、集まって欲しいっす」

春川「ん、マザーモノクマ組も進んでるみたいだね。行こうか」

夢野(ウチらはマザーモノクマの前に集まる)



茶柱「それで見つけた情報は何ですか?」

キーボ「今周回、一回目の事件前の監視カメラの記録です」

百田「一回目の事件……最原が白銀を殺した事件……というと」

天海「夢野さんが言ってたっすよね、王馬君が何か裏があると気にしていたって」

夢野「ああ、そうじゃな」

春川「それについて新たな情報が入ったと」



キーボ「だと思います、そこのスクリーンに映すので見て下さい」

夢野(そしてキーボがスクリーンに監視カメラの記録を出す)

夢野(隅に表示された日付を見ると……どうやらカウントダウンの前日のようじゃな)


38 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:09:25.57 Nhr10E8R0 1780/2029


<監視カメラの記録>

<第一の事件、カウントダウン前日>



最原「赤松さん、調子はどう?」

赤松「あ、最原君!」



赤松は、最原の姿を見つけると顔を綻ばせる。

しかし、その顔はすぐに曇った。



赤松「はぁ……」

最原「ど、どうしたの赤松さん?」


39 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:10:03.27 Nhr10E8R0 1781/2029


赤松「あ、ごめん……その最近ずっと悩んでいてね」

赤松「…………」

赤松「ねえ最原君。明日の夜時間までのタイムリミットってどうすればいいんだろう?」

赤松「コロシアイが起きなければ全員死亡。そんなの嫌だけどさ」

赤松「もちろんコロシアイが起きたとしたら、全員でこの学校から出るのは無理になっちゃうわけだし」



最原「タイムリミットは僕が何とかするよ」



赤松「……頼もしいね、最原君は」

赤松「でも、それって……具体的にはどうやってするの?」


40 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:10:29.29 Nhr10E8R0 1782/2029


最原「モノクマにタイムリミットの撤回を求めて交渉をしてるんだ」

赤松「どんな感じだった?」

最原「糸口は掴めたよ。この調子で行けば大丈夫だと思う」



赤松「本当に……?」

赤松「いや、ごめんね。イジワルなこと言ってる自覚はあるんだけど……」



最原「そんなことないよ。赤松さんの心配する気持ちも分かるから」

最原「でも僕に任せて欲しい。絶対に赤松さんの願い、みんなでここから脱出して友達になることは叶えてみせるから!!」


41 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:11:06.73 Nhr10E8R0 1783/2029


赤松「………………」

最原「………………」

赤松「信じていいの……?」

最原「やっぱり僕なんかが言っても頼りないかな?」



赤松「そ、そんなことないよ!!」

赤松「最原君はコロシアイに巻き込まれて参ってた私を元気づけてくれた」

赤松「そんな最原君の言うことなのに……疑うなんてね」



赤松「……よしっ! じゃあ大船に乗ったつもりで任せるから、最原君お願いね!!」

最原「もちろんだよ!」



赤松「じゃあね、最原君! 私はちょっとピアノを弾いてくる!」

最原「うん、僕はモノクマのところに行ってくるよ」


42 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:11:43.90 Nhr10E8R0 1784/2029




キーボ「映像はここまでです。続きは拾えませんでした」



茶柱「これは……最原さんと赤松さんの仲が良かったってだけじゃないですか?」

百田「ああ、今さら確認する映像か、これ?」

天海「いえ、これは重要な情報っす」

キーボ「そうですね、今まで最原クンは暴走しそうな赤松さんを止めるためにRとして行動を始めたと思われていました」

春川「でも……この映像だと赤松は最原が何とかすると信じ切って……暴走する気配がない」

春川「実際には難航していたはずだけど……まあこれは良い嘘か」



夢野「キーボ……この映像に何か手を加えられた形跡はあるのか?」

キーボ「それは無いですね。監視カメラで取ったままの映像です」

夢野「ならば……そういうことか」



夢野(ウチらが聞いた最原の記憶の話と、この監視カメラの記録)

夢野(矛盾する二つはどちらかが間違っていることを示しており)

夢野(そしてどうやら……間違っているのは最原の記憶のようじゃな)



コトダマ『監視カメラの記録』ゲット!!


43 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:12:10.82 Nhr10E8R0 1785/2029


キーボ「他に監視カメラの記録で気になるところはありますか?」

春川「それなら昨夜の11時くらいの校舎の映像が拾えないか探ってもらえる?」

キーボ「11時の校舎ですか……」

春川「あ、もしかしてその時点でマザーモノクマが壊れていたとか?」

キーボ「いえ。保存されているデータからして、マザーモノクマが壊されたのは昨夜の裁判の後と見られますが……さっき探った感じその辺りのメモリは破損していた気がして……」

キーボ「駄目元になりますがいいですか?」

春川「うん、頼むよ」



夢野「……?」

夢野(昨夜の校舎……というとウチが真宮寺にさらわれて眠らされている間に何かあったのじゃろうか?)

夢野(昨夜からずっと忙しくてハルマキと情報を共有できていない)

夢野(気になるが……とりあえずはハルマキに任せておくか)



夢野(あと、マザーモノクマは昨夜の裁判の後に破壊されたんじゃな。一応メモっておくか)

コトダマ『マザーモノクマの破壊』ゲット!!


44 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:13:16.72 Nhr10E8R0 1786/2029


夢野(キーボと天海はマザーモノクマの解析に戻る。ウチらも部屋の捜査を再開した)



茶柱「あれ? これは電子生徒手帳ですかね?」

夢野(転子が散れた首謀者の部屋から端末を発掘する)



百田「そうみてえだが……もしかして首謀者の物か?」

夢野「何じゃと!? それならこれで首謀者の名前が分かるのか!?」

春川「……水を差して悪いけど、マザーモノクマを壊すくらい用心している首謀者がそんなミスするはずないでしょ」

百田「だったらこれは一体なんだ?」

春川「一人分配って無いはずだし、あれじゃないかな?」

夢野「……?」

茶柱「とりあえず電源入れてみました。これで正体が分かるはずです」

夢野(ハルマキの言葉に疑問符を浮かべながらも、転子が電源を点けた端末を覗き込んで――)


45 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:13:44.62 Nhr10E8R0 1787/2029




夢野(『生存者特典』の文字をウチは見つける)



夢野「……ああ、そうか。これは最原の分の生存者特典か」

百田「えっと……一回目の事件の後に配られたから、最原の分は渡されなかったってやつか?」

春川「そうだろうね。中も……うん、私たちがもらった生存者特典と変わりはない」

茶柱「せっかく首謀者に迫る手がかりを見つけたと思いましたのに……くっ!」



夢野「生存者特典か……最原と話し合ったときの結論は、生存者を殺すために存在するって話じゃったよな?」

春川「いたずらに疑心暗鬼を誘っているからね。実際前周回でも天海が孤立して殺されたわけだし」

百田「あと首謀者の白銀が天海の殺害に協力したところから、運営はどうしても生存者を早めに殺したいって話だったよな」

茶柱「生存者を早めに殺したい理由……ですか。謎ですね」


46 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:14:11.32 Nhr10E8R0 1788/2029


夢野「あとはオーディションについても分からないままじゃったか」

百田「蘇った最原が最期に残した言葉が関わってるんだったか」

茶柱「『やっと最原終一になれたのに!!』でしたっけ?」



春川「そうだね。オーディション自体は前周回でもその存在が示唆されたけど……」

春川「そのときは『超高校級の探偵になりたい』と、こういう才能を持ってコロシアイに参加したいという望みであって」

春川「最原終一、という人物そのものになりたいって望みとは違う」



百田「終一になりたい……しかも『やっと』ってことは長い間思ってたわけだよな?」

茶柱「どういうことなんでしょうか?」


47 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:14:39.15 Nhr10E8R0 1789/2029


夢野「あと運営が仕掛けた病気も分からないままじゃったよな?」

春川「そうだね。前周回では百田が罹っていたのに、今周回では星に移っていた」

百田「ハルマキたち前周回の記憶を持つ者が、違う行動を取ることでコロシアイの結果が変わってきたって話だったけど」

百田「この病気に関しては何もしてないんだよな?」

夢野「ああ。そもそもウチらに何か出来るようなものじゃないしな」

夢野「つまり生存者特典と同じように運営側の仕掛けのはずじゃ」

茶柱「どうしてこのようなことをしたんでしょうか?」



夢野「コロシアイの展開を変えるため……ていうのを思いついたがどうじゃろうか? 実際百田がこうして生き残っておるし」

百田「展開を変えるか……でも、どうしてそんなことをする必要があるんだ?」

茶柱「分かりました! 夢野さんと春川さんが持つ記憶を役に立たないものにさせるためじゃないですか!?」

春川「確かに私たちの記憶が通用しない場面は増えたけど……モノクマの態度からして私たちの記憶は警戒していなかったし違う気がする」




夢野「そうか……なら、どういうことなんじゃろうか……?」

夢野(周回ごとに変わる生存者、病人……これらが生み出すもの……そして……)

夢野「……ん、もしかして首謀者も同じなのか……?」



コトダマ『生存者特典』ゲット!!

コトダマ『オーディション』ゲット!!

コトダマ『謎の病気』ゲット!!


48 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:15:05.83 Nhr10E8R0 1790/2029


天海「また解析が進んだっす。皆さん集まってもらえるっすか?」

夢野(天海の呼びかけにウチらはマザーモノクマの前に再度集まる)



春川「頼んでいた昨夜の校舎の映像が出てきたの?」

キーボ「そちらはやっぱりデータが破損しているようでさらうことが出来ませんでした。申し訳ありません」

春川「そう……ありがと、余計な手間をかけさせたね」



夢野「だったらどうしてウチらを呼んだんじゃ?」

天海「それは解析を進めている内に気になるファイルを見つけて……監視カメラの映像では無いっすけど」

百田「へえ、何が見つかったんんだ?」

茶柱「気になりますね」

キーボ「百聞は一見に如かず、です。そちらのスクリーンに注目して下さい」



夢野(キーボが指したスクリーンに注目するウチら)

夢野(映し出されたものは――)

夢野(不明瞭な風景の中央に二人の生徒が立ち――何やら振り返っている様子じゃった)




49 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:15:35.23 Nhr10E8R0 1791/2029


<???>





最原「長かったコロシアイも……ようやく終わるんだね」

赤松「そうだね、最原君」





最原「最初にコロシアイという事実に参った超高校級の宇宙飛行士百田君が超高校級の発明家入間さんを殺してしまって」

赤松「次にどうしても学園を脱出したい超高校級のマジシャン夢野さんが超高校級の合気道家の茶柱さんを殺した」

最原「超高校級の美術部のアンジーさんが生徒会を結成して超高校級の民俗学者の真宮寺君と超高校級のロボットのキーボ君を殺したけど、それも暴くことが出来たね」

赤松「まさか超高校級の暗殺者の春川さんと超高校級のテニス選手の星君が超高校級のコスプレイヤーの白銀さんに殺されたとは裁判終わってみるまで思いもしなかったよ」

最原「でも白銀さんだって必死だったんだ。白銀さんのおかげで超高校級の総統の王馬君がこのコロシアイの首謀者であるということに迫れたんだからね」

最原「超高校級の冒険家の天海君が超高校級の昆虫博士のゴン太くんの犠牲を乗り越えておしおき覚悟で王馬君を殺したけど……」

赤松「コロシアイは最後の二人になるまで終わらない。そのせいで超高校級のメイドの東条さんは……私たちを生かすために自分から……」



最原「………………」

赤松「………………」

最原「悲しいけど……みんなの犠牲の上で成り立ったこの命……超高校級の探偵として絶対に無駄にしない……!」

赤松「私だって超高校級のピアニストとしてみんなの分まで生きてみせるよ!」



そして二人の背後から光が差す。



最原「行こっか!」

赤松「うん!」



二人は手を取り合って光へと一歩進めて――――。




50 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:16:03.93 Nhr10E8R0 1792/2029




そこで映像が途切れる。



画面は砂嵐がしばらく続いて……唐突に復旧する。



映し出されたのは同じ場所ではあるが――違う二人組の映像だった。




51 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:16:30.76 Nhr10E8R0 1793/2029


<???>





天海「長かったコロシアイもようやく終わるっすね」

白銀「そうだね、天海君」





天海「最初に超高校級の合気道家の茶柱さんが超高校級の???の赤松さんを首謀者だと勘違いして殺してしまったっすね」

白銀「超高校級の総統の王馬君が超高校級のロボットのキーボ君と超高校級の民俗学者の真宮寺君を殺した裁判は本当難しかったよね」

天海「反対に超高校級のマジシャンの夢野さんと超高校級のメイドの東条さんが殺された事件は超高校級の入間さんのポカもあって拍子抜けするほど簡単だったっすね」

天海「東条さんが殺されたのは意外だったっすけど、謎の病気で弱ってたせいで抵抗できなかったみたいっすね」

白銀「その次は超高校級の暗殺者の春川さんが本気を出して超高校級の美術部のアンジーさんと超高校級の昆虫博士のゴン太君を殺して、裁判が本当紛糾したね」

天海「それもっすけど超高校級の宇宙飛行士の百田君に超高校級のテニス選手の星君が殺された事件のときは本当諦めてしまいそうだったっすよ」

天海「どうにか超高校級の探偵でこのコロシアイの首謀者だった最原君がクロだと突き止めることが出来たのは本当奇跡っす」



白銀「で、地味に残り二人になったからコロシアイ終了……ってわけだね」

天海「そうっすね……ずっと必死だったのでまだ実感は沸かないっすけど」

白銀「私もそんな感じかも。でも超高校級のコスプレイヤーとして頑張るよ!」

天海「俺も超高校級の冒険家として進み続けるのみっす!!」



そして二人の背後から光が差す。



天海「行くっすか!」

白銀「そうだね!」



二人は手を取り合って光へと一歩進めて――――。




52 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:17:01.49 Nhr10E8R0 1794/2029




またもや映像は途切れる。



画面は砂嵐が続いて……今度は復旧しない。



映像はどうやらここで終わりのようだ。




53 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:17:29.14 Nhr10E8R0 1795/2029


夢野「………………」

春川「………………」

百田「………………」

茶柱「………………」

夢野(映像を見た四人は押し黙る。今の……訳の分からない光景をどうにか理解しようとしているのだろう)



天海「やっぱりそうなるっすよね」

キーボ「ボクらも最初に見たときは同じ反応でした」

夢野(先に見ていた二人は落ち着いている。ウチらもポツポツと話し始めた)



夢野「最初に出てきたのは……赤松と最原じゃよな?」

百田「でも……あいつらがしゃべっていた内容は今周回とも話に聞いた前周回の物とも違うぞ?」

春川「そして……天海と白銀も全く違うことを話していた」

茶柱「天海さんはここにいますよね……どういうことですか?」

天海「俺に聞かれても困るっす。全く記憶にない出来事なので」



キーボ「そうですね。映像の四人を記憶と照合してみましたが――どれも今周回の四人とはわずかな違いが見られました」




54 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:18:08.81 Nhr10E8R0 1796/2029


夢野(キーボが見抜くわずかな違い……それは……)



夢野「屍者の書で蘇った最原と同じ状況ということか?」

キーボ「はい。つまり夢野さんたちが予想した、超高校級のコスプレイヤーの技術と思い出しライトの合わせ技で似せた別人ということでしょう」



茶柱「ということは……実際の赤松さんや最原さんではなくて……転子たちを攪乱させるための嘘の映像ってところでしょうか?」

百田「だろうな。俺が入間を殺したとか、最原に殺されたとか訳分からねえこと言ってたし」

春川「東条さんが病気だったり、私がクロだったりしたし。それに最原が首謀者って、考えただけでも恐ろしいね……」

キーボ「ボクはどっちでも殺されていますね」

夢野「ウチが転子を殺すってどういう状況なんじゃろうか……?」



天海「色々疑わしいっすけど……でも四人とも嘘吐いている気配が感じられないっすよね」

夢野「そうじゃな……だからこそ悩ましいのじゃが」

夢野(嘘じゃないとしたら四人が話していた内容は……)

夢野(ウチらと全く違う経緯を辿り、生存者も違ったコロシアイ)

夢野(それぞれの才能、生存者、首謀者を考えると……つまり……)



コトダマ『謎の映像』ゲット!!


55 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:18:39.54 Nhr10E8R0 1797/2029


キーボ「マザーモノクマに残っていたデータは一通り見ましたが、これ以上の証拠は見つからなさそうです」

百田「そうか……お疲れさまだな、キーボ」

キーボ「別に礼はいりません。自分が生き残るためにしたことなので」

夢野「…………」

夢野(ツンデレのような発言についウチは聞いてしまう)



夢野「なあ、キーボ。本当にアンジーの復讐でウチらを殺さないといけないのか?」

夢野「確かにウチらはアンジーの死体を前に、礼が欠けた行動をしてしまった」

夢野「謝罪する。その償いをするつもりもある……」

夢野「それを見て……お主が許せると判断したら、復讐を止めることは出来ないか?」



春川「私も同じ気持ちだよ。反省している」

百田「ああ。それにアンジーだけじゃなくてこのコロシアイで失った仲間全体に対してもだな」

茶柱「そうですね、誰も葬式すらしていませんから」

天海「ここを出たらちゃんとしたところに頼んで供養するっす」



夢野(ウチに追従して出てきた言葉に対してキーボは――)


56 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:19:06.22 Nhr10E8R0 1798/2029




キーボ「その気持ちはありがたく受け取ります」

キーボ「ですが……皆さんを殺すことを諦めるつもりはありません」



夢野(それでもキーボは折れない)



夢野「どうして……?」

春川「私たちが偉そうなことは言えないけど……それはもう復讐ですらないよ」



キーボ「そうですね。そもそも……ボクはこの行動を復讐だと思っていません。皆さんに分かりやすく説明するにはこの言葉が当てはまると思って口にしただけです」



百田「復讐……じゃないだと?」

茶柱「だったらどういう理由で転子たちを殺すっていうんですか?」


57 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:19:32.37 Nhr10E8R0 1799/2029




キーボ「それが……神のお告げだからです」



夢野「神のお告げ……?」



キーボ「前に言ったように、アンジー様の死体を蔑ろにする皆さんを見て、ボクは生まれて初めて強烈な殺意を覚えました」

キーボ「……ええ、初めてでしたよ。普通に生きていたらそのような強烈な殺意を覚えることなんて無いですからね」

キーボ「そのときのことでした。ボクのメモリに他者を殺害する場合の行動を書いたプログラムとそれを補助するプログラムが降って沸いてくるように現れたんです」

キーボ「つまり……これは神のお告げなのです!!」

キーボ「アンジー様がボクの殺意に応えて授けてくれたものに違いないんです!!」

キーボ「だから……そのお告げに従って皆さんを殺すのです!!」

キーボ「アンジー様!! ボクはあなた様のお告げに従って行動します!! どうか見守っていて下さいね!!」



夢野(陶酔して祈りを捧げるキーボ。ウチらはキーボに聞こえないようにヒソヒソ話す)



百田「うーん……悪い方向だけど、こういうときも悟りを開いたっていうのか?」ヒソヒソ

茶柱「ロボットも悟りを開けるんですね」ヒソヒソ

天海「理屈に合わないっすね……プログラムで動くロボットにそのようなことが起きるなんて……」ヒソヒソ

春川「なら……それすらもプログラムだったってことじゃない?」ヒソヒソ

夢野「うーん……分からん」ヒソヒソ



夢野(キーボの行動理由が分かったが……謎も増えたな)



コトダマ『キーボの証言』ゲット!!


58 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:19:59.91 Nhr10E8R0 1800/2029


夢野「これでこの部屋もあらかた調べ終わったか」

百田「結構情報が得られたな」

茶柱「時刻はまだ昼前ですか……。モノクマの話ですと捜査に一日あげると言っていたので、裁判開始は夜になるはずです」



春川「なら私は一応学園全体を見回っておこうかな。まあここ以上に学園の秘密が隠されていそうな場所は無さそうだけど。百田も一緒に来てくれる?」

百田「おう! 手伝うぜ、ハルマキ!!」

天海「俺は食堂で裁判に備えて得た情報をまとめておくっすかね」

キーボ「ボクも一緒していいですか? 一人よりはデータの整理も捗るでしょうので」

茶柱「んー、転子は身体を動かしましょうかね。モノクマとの最終決戦前に肩慣らしです!!」

夢野「ウチは……もうちょっとこの部屋を調べるかな」



春川「それぞれやることはあるみたいだね。じゃあ、夜になったら裁きの祠前に集合ということで……一時解散!」

夢野「ああ、また後でな!」


59 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:20:26.47 Nhr10E8R0 1801/2029


夢野(それぞれに目的の場所に向かう)

夢野(ウチだけはここに残るので見送る形じゃな)



夢野「さて……」

夢野(六人で十分に調べたから、今さらウチが確認しても新たな情報は見つからないかもしれないが……それでも何か見落としている可能性は考えられる)

夢野(よしっ! 頑張るぞ!!)


60 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:20:53.71 Nhr10E8R0 1802/2029


<一時間後>

夢野「何も見つからんな……疲れた」

夢野(ウチは必死になって探したが、みんなで捜査したとき以上の情報を得られ無かった)



夢野「これ以上はやはり無理か……」

夢野(壁にもたれ掛かって一息つく。諦めようとしたそのとき)



夢野「んあっ!?」

夢野(その壁が開いて支えを失ったウチは倒れる)


61 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:21:19.31 Nhr10E8R0 1803/2029


夢野「痛いぞ…………って、ここは隠し通路か?」

夢野(どうやらウチは知らずに首謀者の部屋の隠し扉を捜し当てたらしい)



夢野「そうか……前周回では一階の女子トイレに繋がっていたあれか」

夢野「今周回では女子トイレを調べても見つからなかったから、無くなったか別の場所に通じているのだと思っておったが……」

夢野「ふむ……今回はどこに出るんじゃろうか?」



夢野(気になったウチは隠し通路を進む)

夢野(その行き止まり直前――)


62 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:21:47.82 Nhr10E8R0 1804/2029


夢野「これは……布か?」

夢野(通路の隅に布が落ちているのを見つける)

夢野(拾い上げて見てみると……)



夢野「んあっ!? 血が付いているではないか!?」

夢野(布には血が飛び散っていた。ただ付着してからかなり時間が経っているようで、すっかり乾いている)



夢野「何に使ったんじゃろうか?」

夢野(飛び散った血……そうじゃ、血が一カ所に固まって付いていないその様子は止血などで使われたわけでないことを示している)

夢野(考えられるのは……おそらく……)



夢野「返り血を防ぐために使った……?」



夢野(この学園では何回も血が流れている……その中のどれかで使われたのじゃろうか?)

夢野(そしてこの首謀者しか知らない隠し通路に落ちていたということは……)



コトダマ『血の付いた布』ゲット!!


63 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:22:16.46 Nhr10E8R0 1805/2029


夢野(布を証拠として保管したウチは通路の行き止まりを改めて見る)



夢野「行き止まり……じゃが、どこかを操作すれば開くはずで……よしっ!」

夢野(スイッチに触れた瞬間壁がスライドして道が開ける)

夢野(それを通り抜けて出た先は――)





夢野「ここは……校舎の一階と二階の階段の途中か」





夢野(女子トイレとはそう離れていないが……まあ知らずにこの隠し扉の方を見つけるのは至難の業じゃっただろう。巧妙にカモフラージュされておるし)

夢野「しかしこんな場所に通じていたとはな……」



コトダマ『隠し通路』ゲット!!


64 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:22:45.70 Nhr10E8R0 1806/2029


夢野(隠し通路まで見つけたので、ウチは捜査を打ち切ることにした)

夢野(その足で向かった先は……)



<超高校級の合気道家の研究教室>



茶柱「きえええええええっ!!」

夢野「捗っておるようじゃな、転子」

茶柱「ゆ、夢野さん!? どうしたんですか、こんなところに来て」

夢野「夜の裁判まで時間があるから、みんな思い思いに過ごしておるじゃろ。だからウチも転子と一緒に過ごそうと思ってな」

夢野「あ、もちろん邪魔でなければじゃが……」

茶柱「邪魔なんてとんでもないです!! ウェルカムですよ、夢野さん!!」


65 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:23:14.55 Nhr10E8R0 1807/2029


夢野「はぁっ! りゃぁっ!! とうっ!!!」

茶柱「いいですよ、夢野さん! ではもう一回!!」



夢野(そうしてウチも転子と一緒に稽古を始める)

夢野(こうして転子と稽古をするのも、三回目の事件の前日以来か)

夢野(このところ立て続けに事件が起きてストレスが溜まっておったのじゃろう。体を動かすのはいい気分転換になる)



夢野「はぁ……とはいえ……このペースは飛ばし過ぎじゃろ……はぁ……」

茶柱「そうですね、少し休憩を入れましょうか」

夢野「おぉ、助かる……」

茶柱「隣、失礼しますね」



夢野(ウチはもう一歩も動くつもりになれず、その場で大の字に寝転がる)

夢野(横にちらと視線を向けると、転子も同じように大の字になっていた)


66 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:23:42.29 Nhr10E8R0 1808/2029


夢野「………………」

茶柱「………………」



夢野(疲労で口を開く気になれないウチ。転子はウチに合わせてくれているのか静かにしている)

夢野(静寂が続くが……転子となら苦にならない)



夢野「………………」

茶柱「………………」

夢野「………………」

茶柱「………………」

夢野「………………」

茶柱「………………」


67 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:24:14.29 Nhr10E8R0 1809/2029


夢野「……なぁ、転子」

茶柱「どうしましたか、夢野さん」



夢野(視線はお互い天井を見上げたまま、息が整ったウチは口を開いた)



夢野「ようやくこの学園を出られるときが来るな」

茶柱「そうですね」

夢野「外に出たら……どうする?」



茶柱「転子の希望としては、夢野さんと一緒にどこか出かけたいですね」

夢野「それは良さそうじゃな。ソフトクリーム片手に街を歩いて」

茶柱「洋服店で着せ替え人形さながらに夢野さんに服を試着させて」

夢野「ボウリングに行くのも良さそうじゃ。転子はかなり高いスコアを叩き出しそうじゃ」

茶柱「カラオケにも行きたいですね。夢野さんとデュエットで歌うんです」

夢野「最後にはまた明日と別れて」

茶柱「翌日また会って遊んだ話で盛り上がる」



夢野「そんな平凡でありふれた……幸せな日常が来るんじゃよな」

茶柱「もちろんですよ」




68 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:24:45.69 Nhr10E8R0 1810/2029


夢野「転子。お主はウチの大事な人じゃ」

茶柱「夢野さんだって転子の大事な人ですよ」

夢野「そうか……ならば――」



夢野「何があってもウチのことを大事だと言ってくれるか?」



茶柱「………………」

夢野「………………」

茶柱「いきなり何を言い出すのかと思えば……それなら転子の返事は決まっています」

夢野「………………」



茶柱「もちろんです!!」



夢野「……そうか」


69 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:25:12.66 Nhr10E8R0 1811/2029


<夜>

<裁きの祠>

夢野(その後再開した転子との稽古も適当なところで打ち切り、準備を万端にする)

夢野(そして全ての決着をつける夜が訪れて……ウチらは裁きの祠の前に集まった)



春川「あ、エレベーターに乗る前に報告ね」

春川「みんなと別れた後、百田と一緒に学園中を――それこそ扉を破って入った最原や白銀の研究教室も含めて――全て探してみたけど」

春川「特に何も見つからなかったよ」



茶柱「そうですか……では、収穫が無かったということですね?」

春川「いや、何も見つからなかったということ自体が収穫なんだよ」

夢野「んあ?」


70 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:25:43.62 Nhr10E8R0 1812/2029


天海「そうっすね、この学園の全てを調べて何も無かったということは」

天海「俺らから隠れて何かが存在しているわけではないということっす」

茶柱「つまり……どういうことですか?」

キーボ「夢野さんは前周回の希望ヶ峰学園の話で言ってましたよね」

キーボ「最初のコロシアイでは江ノ島盾子が死亡したとみせて、コロシアイを裏から操っていたということを」



夢野「つまり死亡したとみせて生き残っているような生徒はいないということじゃな」

春川「そういうこと。私たち6人以外に生き残っている生徒がいるような痕跡は見つからなかった」



コトダマ『学園全体の捜査』ゲット!!


71 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:27:16.73 Nhr10E8R0 1813/2029


夢野(報告が終わりウチらはエレベーターに乗り込む)



百田「これで最後か」

天海「気合いが入るっすね」

キーボ「まあ、モノクマの言葉を信じるならですが」

茶柱「これからの裁判で転子たちの運命が決まるんですか……」

春川「絶対に勝つ……」



夢野「………………」

夢野(みんな気力は十分のようじゃが……少し固いな)

夢野(最終決戦じゃから仕方ないことではあるが…………うむ、そうじゃ)


72 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:27:43.26 Nhr10E8R0 1814/2029




夢野「そういえばハルマキ。百田との校内デートはどうじゃったか?」

春川「デ、デートって!? な、何言ってんの、夢野!?」



茶柱「……え、二人きりで校内を見て回るってそういうことだと転子も思ってたんですが?」

春川「ち、違うに決まってるでしょ!! 捜査のために決まってるじゃん!!」

夢野「ほう? ならいい雰囲気には全くならずにずっと真面目に捜査をしていたんじゃな?」

春川「そ、それは…………その……も、もちろん……」

茶柱「はい、ダウト入りまーす」


73 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:28:10.70 Nhr10E8R0 1815/2029


キーボ「全く……大事な裁判の前だというのに何を話してるんでしょうか」

百田「本当だよな」



天海「……と、言ってるっすけど、実際何かあったんすか、百田君?」

百田「っ……裏切るのか、天海!!」

天海「気にならないといえば嘘になるっすからね、ほら白状して下さいっす」

百田「い、言うわけねーだろ!!」



キーボ「はぁ……全く」

百田「ほら、キーボも天海に言ってやれ! そんな場合じゃないって――」



キーボ「それでハルマキさんとの間に何があったんですか? 人間の思考パターンの参考にするので聞かせて下さい」

百田「おまえもか!?」


74 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:28:36.55 Nhr10E8R0 1816/2029


夢野(そうして女子陣はハルマキを、男子陣は百田をしばらくいじり倒して……)

夢野(その間にエレベーターは裁判場に着いた)



<裁判場>



夢野「っと、着いたか。ならここまでにしておくか……いい感じに場の雰囲気もほぐれたしな」

茶柱「そうですね。転子も含めて、皆さん気負い過ぎてましたね」

天海「ナイス判断っす、夢野さん」

キーボ「カモフラージュプログラムOFF。茶番は終わりましたね、行きましょう」



百田「そんなことのために俺たちは……」

春川「体よく利用された形か……」


75 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:29:08.82 Nhr10E8R0 1817/2029


夢野(ウチらは自分の席に着く)

夢野(ハルマキと百田は少しうなだれていたが、すぐに気を取り直しておった)

夢野(うむ、これなら大丈夫そうじゃ)



モノクマ「なーんかボクの嫌いな雰囲気だね」

夢野「現れたか、モノクマ」

モノクマ「最後の決戦を前にみんなが団結したってところ?」

モノクマ「でも、分かってるんだよね?」


76 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:29:38.23 Nhr10E8R0 1818/2029




モノクマ「その生き残った仲間の中に――このコロシアイの首謀者がいるかもしれないってことは」



夢野「もちろん……分かっておる」

春川「それでも前に進まないと何も解決しないからね」

百田「信じたくねーが……それでも首謀者がいるならぶっ飛ばすだけだ」

キーボ「どうせ皆さん殺すつもりなんです、首謀者がいようと構いません」

茶柱「まあそんなキーボさんが首謀者の可能性もあるんですが……」

天海「無駄に疑いあっても意味がないっす。これから裁判で真実を突き止めるのみっす」



モノクマ「あーあー、もう無駄に希望に燃えた空気なっちゃって……」

モノクマ「うぷぷっ、でもだからこそ絶望に落ちたときが楽しみともいえるよね!!」


77 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:30:06.14 Nhr10E8R0 1819/2029


夢野(ネクストステージ……運営対生徒の学級裁判……)

茶柱「……」

夢野(今回暴かないといけないのは、未だにコロシアイに残る謎……)

百田「……」

夢野(今周回の首謀者は誰なのか?)

キーボ「……」

夢野(どうしてこの世界はループしているのか?)

天海「……」

夢野(そして……何のためにコロシアイは起こされているのか?)

春川「……」

夢野(みんなと学園の外に出るために……ウチは全てを解き明かして生き残ってみせる……!!)





夢野(この――嘘と真実が交錯する最後の学級裁判を……!!)






79 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/01 23:31:20.82 Nhr10E8R0 1820/2029


コトダマリスト

『思い出しライト』
ライトが作られたのは六回。対して使われたのは一・二・三回目の探索と東条の動機ビデオと最原の蘇りの五回と見られる。

『実験計画書』
自律思考を持つ兵器開発を目的とした実験の計画書。そのために常識の歪む場所コロシアイを用意したと書かれている。

『監視カメラの記録』
最原と赤松のカウントダウン前の出来事。最原の記憶と違って、赤松は最原を信じ切って暴走する気配が無い。

『マザーモノクマの破壊』
昨夜の裁判の後に破壊された。

『生存者特典』
生存者を疑心暗鬼に誘う内容の物。運営は生存者をコロシアイの早い内に殺したい意図が推測されるがその理由は不明。

『オーディション』
『やっと最原終一になれたのに』という言葉から、人物自体になりたかったことと、長い間思っていたことが推測されるがその理由は不明。

『謎の病気』
前周回では百田が、今周回では星がかかっていた病気。運営の仕掛けだと思われるが、その目的は不明。

『謎の映像』
最原と赤松、天海と白銀がそれぞれコロシアイの顛末を語った映像。キーボの見立てによると、今周回の四人とは別人である。

『キーボの証言』
殺意を覚えた瞬間に殺害プログラムとそれを補助するプログラムが現れたと証言している。

『血の付いた布』
飛び散った血が付いている布。返り血を防いだものだと思われる。

『隠し通路』
首謀者の隠し通路は校舎一階二階をつなげる階段の途中に通じていた。

『学園全体の捜査』
6人以外に生き残っている痕跡は見つからなかったとのこと。


86 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:44:36.34 phqv3MnW0 1821/2029


<裁判開廷!!>

モノクマ「まずはネクストステージにおける学級裁判のルールを説明するよ」

モノクマ「オマエラには今から話し合いでこのコロシアイにおける謎を全て解き明かしてもらいます」

モノクマ「その結果全てを正しく指摘できればこの学園を卒業できます」

モノクマ「指摘できなければ生徒全員がおしおきです」

モノクマ「というわけでよろしく!」



夢野「このコロシアイにおける謎か……」

夢野(今までと違う難題に挑むには、全員が団結する必要があるじゃろう)

夢野(だからこそ最初はそれを阻む者の存在を排除すべき)



夢野「提案じゃ。まずは首謀者の正体を突き止めることから始めんか?」



春川「そうだね。首謀者が分からないままだと、そいつに議論を間違った方向に誘導される可能性もあるし」

茶柱「後顧の憂いを断ってからというわけですか。ナイスアイデアです、夢野さん!!」

キーボ「合理的な選択ですね」

天海「お互いに疑い合う……いつもの学級裁判っすね」

夢野「そうじゃな、クロの変わりに首謀者が誰なのかを探して――」


87 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:45:07.05 phqv3MnW0 1822/2029





百田「甘いぞ、夢野!!」


    論!!



夢野「んあっ!?」



百田「ちょっと待て」

百田「俺たちの中に首謀者がいると決めつけるのは早計じゃねえか?」

茶柱「どういうことですか? 首謀者がいるというのはモノクマや前周回の話をした夢野さんたちの嘘ってことですか?」

百田「いや。モノクマはともかく、夢野やハルマキが嘘を吐くとは思ってねーよ」

百田「それでも首謀者が俺たちの中にいない可能性はあるだろ?」

夢野「分かった。百田、お主の意見をウチにぶつけてみよ」

百田「おうっ、頼むぜ夢野!!」


88 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:45:40.56 phqv3MnW0 1823/2029


<反論ショーダウン、開幕!!>

百田「コロシアイ首謀者は俺たち生徒の中に存在する」

百田「前周回では白銀だったが、今周回では違った」

百田「つまりそれ以外の誰かが首謀者ってことで……その正体は未だに分かってねーってことでいいよな?」



進展!!

夢野「それなのにウチらの中に首謀者がいない可能性とは何なんじゃ!?」



百田「ああ、それは首謀者が既に死んでいる可能性だ!!」

百田「首謀者の役割は最原が言ってたとおり、モノクマを生み出すだけだろ?」

百田「しかもこの前の学級裁判えくすとらで余分に生み出していたとも言っている」

百田「なら、今現在首謀者が生きていなくてもコロシアイ運営に支障は出ないってことだ」

百田「『首謀者が今も生きているって証拠が無い』以上、首謀者が死んでてもおかしくねーはずだろ!」



コトダマセット!!

『マザーモノクマの破壊』 → 『首謀者が今も生きているって証拠が無い』

夢野「その言葉ウチの魔法で一刀両断じゃ!!」 バサッ!!


89 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:46:13.79 phqv3MnW0 1824/2029


夢野「いや、首謀者はまだ生きているはずじゃ」

夢野「それはマザーモノクマの破壊が昨夜の裁判の後に行われたことから明らかじゃ」

夢野「あの部屋には首謀者しか入ることは出来ないからな」

夢野「つまり裁判の後……王馬と真宮寺が死んだ事件の後も生き残っているということで、ウチらの中に首謀者がいるはずじゃ」



百田「っ……だが、マザーモノクマの破壊をモノクマが行った可能性もあるだろ!?」



夢野「いや、それはない」

夢野「モノクマには校則『才囚学園について調べるのは自由です。行動に制限は課せられません』が働いているからな」

夢野「調べる邪魔となるマザーモノクマの破壊は出来ない……とウチは見ているが」

モノクマ「うぷぷ、その通りだね」

夢野「ということでモノクマではない運営の者……首謀者にしか破壊は出来ないということじゃ」



百田「なるほど……そうみたいだな」


90 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:46:40.58 phqv3MnW0 1825/2029


夢野「そしてもう一つの証拠、ハルマキが行った学園中の捜査」



コトダマ『学園中の捜査』



夢野「これによりウチら以外に生きておる者の痕跡は見つかっておらん」

夢野「ということで未だに隠れてコロシアイを裏から操っている首謀者はいないということで……」



夢野「つまりウチら6人の中に首謀者がいることは間違いないということじゃ」



春川「……」

茶柱「……」

百田「……」

キーボ「……」

天海「……」



夢野(改めて示された事実にお互いを窺う)


91 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:47:11.66 phqv3MnW0 1826/2029


モノクマ「うぷぷっ、いい緊張感になってきたね」

モノクマ「さあて未だにみんなを欺いている首謀者が誰なのか」

モノクマ「疑心暗鬼の時間だね!!」



夢野「……」

夢野(モノクマの言葉が重くのしかかる)

夢野(ウチらの中に首謀者がいるとは思っておったが)

夢野(こうして証明されて否応無く現実を見せられると辛い)



モノクマ「首謀者は君の隣にいる生徒かもしれないぞ!」

モノクマ「さあ疑って、罵って、謀かってドロドロの議論の開幕――」


92 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:47:38.62 phqv3MnW0 1827/2029




キーボ「そのような非生産的な行動をする必要はありません」



夢野「キーボ……?」

モノクマ「むむっ、何だよ? だったらキーボクンには首謀者が誰なのか分かっているっていうわけ?」



キーボ「まだ確定はしていませんが……その手がかりくらいは掴めているつもりです」



百田「手がかりって何だ?」

キーボ「それは――」



証拠を提示せよ!!

『謎の映像』

キーボ「これです!!」


93 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:48:09.77 phqv3MnW0 1828/2029


キーボ「マザーモノクマに残されていた最原クンに赤松さん、天海クンに白銀さんの映像」

キーボ「これが首謀者の正体に迫るための手がかりです」



茶柱「あれですか……よく分からないことを言ってましたし、嘘じゃないんですか?」

百田「ああ、コロシアイの経緯を話してたけど、あんなの起こっていないだろ?」



キーボ「それはボクたちが知らない周回のコロシアイの話をしていたからです」



夢野「ウチらの知らない……?」


94 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:48:40.35 phqv3MnW0 1829/2029


キーボ「論理的に考えれば簡単です」

キーボ「夢野さん、王馬クンと話したこのコロシアイの仕組みについて話してもらえますか?」



夢野「王馬と話した……というと」

夢野「ウチはこの世界を二周目だと思っていたが、一周目と思われる世界でも天海は生存者としてコロシアイに参加していた」

夢野「つまり天海も現在のウチらと同じ存在……この才囚学園のコロシアイを生き残ったものだと思われる」

夢野「じゃからコロシアイはウチが経験している二回以上行われている……こんなところか」



キーボ「そう考えればあの謎の映像で語っていたコロシアイが何なのか分かりますね?」



夢野(キーボが言いたいことは……)



『選択肢を選べ!!』

『Q:あの謎の映像で語っていたコロシアイは?』

1平行世界で行われたコロシアイ

2前周回より過去で行われたコロシアイ

3今周回より未来で行われるコロシアイ



『2前周回より過去で行われたコロシアイ』

夢野「これじゃ!!」


95 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:49:10.05 phqv3MnW0 1830/2029




夢野「ウチらが生き残ったコロシアイより……過去に行われたコロシアイってことか」



キーボ「そういうことです」

天海「コロシアイで死んだ者は次の周回では記憶が無くなって参加させられる……」

春川「だから私たちが知らなくても当然ってことか」

百田「前周回より……さらに前???」

茶柱「???」

夢野(百田と茶柱が疑問符を浮かべておる。確かに分かりづらい話になってきたな)



キーボ「そうですね、では結論から言いましょう」


96 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:49:37.10 phqv3MnW0 1831/2029




キーボ「これまでの才囚学園のコロシアイはこのような順序を辿ってきたということです」



一周目:最原と赤松が生き残る



二周目:天海と白銀が生き残る



三周目:最原と夢野と春川が生き残る



四周目:現在のコロシアイ




97 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:50:38.27 phqv3MnW0 1832/2029


百田「えっと一周目が最原と赤松が生存……って、あの映像の最初にあったやつだよな?」

茶柱「二周目の天海さんと白銀さんが生存したというのは一回暗転した後の映像ですよね?」

夢野「そして三周目は……ウチが生き残ったコロシアイ、最近は前周回と呼称していた周回じゃよな?」

春川「で、現在が四周目ってわけだね。うん、合っていると思うよ」

天海「そうっすね、おそらくこの通りっす」

夢野「……?」

夢野(春川と天海は納得しているようじゃが……ウチは疑問だらけじゃ)



キーボ「一つずつ説明していきましょう。まずどうして赤松さんと最原クンが生き残ったコロシアイが一周目なのか」

キーボ「これは二人の語ったコロシアイの振り返りから明らかです」



夢野「振り返りというと……」

夢野(ウチは映像を思い返す)


98 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:51:05.95 phqv3MnW0 1833/2029


<回想>

最原『最初にコロシアイという事実に参った超高校級の宇宙飛行士百田君が超高校級の発明家入間さんを殺してしまって』

赤松『次にどうしても学園を脱出したい超高校級のマジシャン夢野さんが超高校級の合気道家の茶柱さんを殺した』

最原『超高校級の美術部のアンジーさんが生徒会を結成して超高校級の民俗学者の真宮寺君と超高校級のロボットのキーボ君を殺したけど、それも暴くことが出来たね』

赤松『まさか超高校級の暗殺者の春川さんと超高校級のテニス選手の星君が超高校級のコスプレイヤーの白銀さんに殺されたとは裁判終わってみるまで思いもしなかったよ』

最原『でも白銀さんだって必死だったんだ。白銀さんのおかげで超高校級の総統の王馬君がこのコロシアイの首謀者であるということに迫れたんだからね』

最原『超高校級の冒険家の天海君が超高校級の昆虫博士のゴン太くんの犠牲を乗り越えておしおき覚悟で王馬君を殺したけど……』

赤松『コロシアイは最後の二人になるまで終わらない。そのせいで超高校級のメイドの東条さんは……私たちを生かすために自分から……』



最原『………………』

赤松『………………』

最原『悲しいけど……みんなの犠牲の上で成り立ったこの命……超高校級の探偵として絶対に無駄にしない……!』

赤松『私だって超高校級のピアニストとしてみんなの分まで生きてみせるよ!』




99 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:51:33.61 phqv3MnW0 1834/2029


夢野「ふむ……これから何が分かるんじゃ?」



キーボ「分からないですか? 二人はみんなの名前と才能を一緒に話していましたが」

キーボ「その中に超高校級の生存者である???が存在しません」



百田「言われてみるとそうだな」

茶柱「つまりこの周回には生存者が存在しなかったってことですか? どうして……?」

天海「それ以前にコロシアイが行われていないなら、生存者も存在しない」

春川「だからこれが一周目ってこと」

夢野「つまり……これが全ての始まりだったということか」





キーボ「次に天海クンと白銀さんが生き残ったコロシアイを二周目としていますが、これは前後のつながりを見てです」

夢野「つながり……ちょっと待て、今思い返すからな」

夢野(ええと……映像では……)


100 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:52:01.04 phqv3MnW0 1835/2029


<回想>

天海『最初に超高校級の合気道家の茶柱さんが超高校級の???の赤松さんを首謀者だと勘違いして殺してしまったっすね』

白銀『超高校級の総統の王馬君が超高校級のロボットのキーボ君と超高校級の民俗学者の真宮寺君を殺した裁判は本当難しかったよね』

天海『反対に超高校級のマジシャンの夢野さんと超高校級のメイドの東条さんが殺された事件は超高校級の入間さんのポカもあって拍子抜けするほど簡単だったっすね』

天海『東条さんが殺されたのは意外だったっすけど、謎の病気で弱ってたせいで抵抗できなかったみたいっすね』

白銀『その次は超高校級の暗殺者の春川さんが本気を出して超高校級の美術部のアンジーさんと超高校級の昆虫博士のゴン太君を殺して、裁判が本当紛糾したね』

天海『それもっすけど超高校級の宇宙飛行士の百田君に超高校級のテニス選手の星君が殺された事件のときは本当諦めてしまいそうだったっすよ』

天海『どうにか超高校級の探偵でこのコロシアイの首謀者だった最原君がクロだと突き止めることが出来たのは本当奇跡っす』



白銀『で、地味に残り二人になったからコロシアイ終了……ってわけだね』

天海『そうっすね……ずっと必死だったのでまだ実感は沸かないっすけど』

白銀『私もそんな感じかも。でも超高校級のコスプレイヤーとして頑張るよ!』

天海『俺も超高校級の冒険家として進み続けるのみっす!!』




101 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:52:36.40 phqv3MnW0 1836/2029


夢野「なるほど、今度は分かったぞ」

夢野「天海と白銀は赤松を超高校級の???だったと語っておる。そして赤松は一周目の生き残りじゃ」

百田「ああ、だから一周目の後の二周目になるってことか」

茶柱「この二周目では天海さんが生存して……だから天海さんが???だったのが三周目だとしているんですね」

春川「そして三周目で最原と私と夢野が生き残って」

天海「現在が四周目のコロシアイってことっすね」



夢野(二周以上コロシアイが行われているという話じゃったが……実際にはこの周回は四周目じゃったのか)

夢野(四周目……四というと……この周回はニューダンガンロンパV3の次じゃから……)



夢野(ニューダンガンロンパV4……となる)



夢野(これは……何か関わりがあるのか?)


102 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:53:04.22 phqv3MnW0 1837/2029


茶柱「なるほど、今までに起こったコロシアイがどうなったのかは分かりましたが……」

百田「元々コロシアイの首謀者を探すって話だっただろ?」

夢野「そういえばそんな話じゃったな」

百田「これで首謀者が分かるっていうのか?」



キーボ「もちろんです。先ほどのコロシアイの順序にこれまでの生存者と首謀者を組み合わせるんです」

キーボ「そうすればボクの主張が分かると思います」



夢野「生存者と首謀者……?」

夢野(よく分からんがキーボの言いたいことは……ええと、こうか?)


103 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:53:35.89 phqv3MnW0 1838/2029


一周目

生存者:無し
首謀者:王馬

最原と赤松が生き残る。



二周目

生存者:赤松
首謀者:最原

天海と白銀が生き残る。



三周目

生存者:天海 
首謀者:白銀

最原と夢野と春川が生き残る。



四周目

生存者:最原と夢野と春川
首謀者:不明

進行中。




104 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:54:04.76 phqv3MnW0 1839/2029


夢野「っ……これは……」

百田「もしかして……前周回の生き残りが次の周回の生存者と首謀者になっているのか!?」

茶柱「なるほど……ですが一周目の王馬さんが首謀者というのはどこから来たんですかね?」

天海「一周目に生存者が存在しないように、首謀者も法則外、ランダムで決めたんじゃないっすかね」



夢野「生き残りが……首謀者と生存者に……?」

夢野(どうしてそんなことを……運営が決めたルールだとすれば何らかの目的があるはずじゃが……?)

夢野(いや、それより今考えるべきは――)



キーボ「この法則からすれば今周回の首謀者も前周回の生き残りの中にいるはずです」

キーボ「つまり――」


105 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:54:46.58 phqv3MnW0 1840/2029




『怪しい人物を指摘せよ!!』



キーボ「夢野さんと春川さん」



キーボ「前周回を生き残ったあなたたちはどちらも生存者だと言っていますが」



キーボ「その中に嘘を吐いている者がいて……」



キーボ「どちらかが本当はこの周回の首謀者なのではないですか?」




106 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:55:14.31 phqv3MnW0 1841/2029




夢野「ウチかハルマキのどちらかが首謀者……?」



夢野(もちろんウチは首謀者ではない)

夢野(となると考えられるのは――)





夢野「ならハルマキが首謀者なのか?」



春川「なら夢野が首謀者なの?」






107 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/03 21:55:42.75 phqv3MnW0 1842/2029


夢野「っ……!?」

春川「っ……!?」



夢野(ハルマキに疑惑の視線を向けたところ、あちらもウチに疑惑の視線を向けていた)

夢野(二択なのじゃ。自分が違うなら相手を疑う。ハルマキがしたのはウチと同じで当然のこと)



夢野「…………」

夢野(改めて確認する……ウチは首謀者ではない)

夢野(しかし……勢い疑ってしまったが本当にハルマキが首謀者なのか?)

夢野(今まで生存者の仲間としてコロシアイを止めようと尽力したハルマキが……首謀者だとは思いたくない)



夢野(最初の議論からして首謀者がこの6人の中にいることは確定しておる)

夢野(信じたくはないが……ハルマキが首謀者なのか)

夢野(もしくはそれ以外の四人の中に首謀者がいるのか……)



夢野(真実は何なんじゃ…………?)



<裁判中断!!>


148 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:28:41.67 glkSxMmS0 1843/2029


<裁判再開!!>

夢野(キーボの指摘から浮かび上がった法則)

夢野(コロシアイを生き残った者が次の周回で生存者と首謀者になる)

夢野(とすると……首謀者と疑わしいのはウチとハルマキとなるが……)



茶柱「夢野さんが首謀者だとは思えません!!」

百田「でも、ハルマキだって首謀者なわけねーだろ!!」

天海「二人の中に首謀者がいるとは思いたくないっすね……」

キーボ「ですが法則からすると二人のどちらかが首謀者なはずです」



夢野(ウチは首謀者ではない。ハルマキが首謀者だと思いたくない)

夢野(じゃがキーボの言う法則ももっともで……)

夢野(っ……どうすれば――)


149 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:29:07.98 glkSxMmS0 1844/2029




春川「ちょっと待って。今周回ではその法則が本当に適用されたの?」



夢野「え……?」

キーボ「どういうことですか?」

春川「前周回から今周回にあたってはイレギュラーが起きているんじゃない?」

百田「イレギュラー……?」

キーボ「そんな都合がいいことがありますか? 自分が疑われたからって否定しようとしているだけじゃないんですか?」

天海「いえ、そうっすね……今周回には今までと違う点が」



天海「前周回のコロシアイを三人生き残ったということっす」




150 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:29:33.24 glkSxMmS0 1845/2029


天海「あの映像で語られていたこれまでのコロシアイは生徒が残り二人になるまで続けられていたっす」

天海「その理由は校則『シロが勝ち続けた場合は、最後の2人になった時点でコロシアイは終了です』のせいだと思うっすけど」

天海「でも前周回は最原君に夢野さん、春川さんの三人が生き残っているっす」

百田「今までは二人しか生き残ってねえし……おかしいな」



春川「そしてイレギュラーは今周回の私たちの才能にも現れている」



夢野「才能……というとウチらが超高校級の生存者になっていない点じゃな」



茶柱「夢野さんは超高校級のマジシャンで、春川さんは超高校級の暗殺者ですもんね」

百田「終一も超高校級の探偵のままだったな」


151 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:30:05.83 glkSxMmS0 1846/2029


キーボ「ならどうして三人の才能は生存者になっていないっていうんですか?」



春川「そもそもだけど超高校級の生存者はその前の周回のコロシアイの記憶は失っているはずなんだよ」

春川「でないと前周回で自分の才能である冒険家のことを忘れていた天海の説明が付かない」

春川「でも私たちは前周回の記憶を持っている」

春川「だからもし生存者にされても自分の才能を知っているから意味が無いからしなかった」



春川「記憶を失っていないのもまたイレギュラーなんだろうね」


152 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:30:32.10 glkSxMmS0 1847/2029


百田「イレギュラー、イレギュラー言ってるけど……結局どういうことなんだ?」



春川「ここからは分かっていることからの推測だけど……」

春川「このコロシアイは最後の二人になった時点で運営がその二人の生徒に処理を行うんだと思う」

春川「二人から記憶を消して、一人には生存者特典を与え、もう一人には首謀者の記憶を植え付ける」

春川「それから残り14人を補充して次の周回を始めてきたんだろうけど……」



春川「前周回では残りが二人になる前にキーボが学園を破壊してコロシアイを終わらせてしまった」

春川「だから運営は無理矢理次の周回を始めさせたんだけど……処理を行う暇がなかった」

春川「それが私たち三人が記憶を持っていたり、才能が生存者になっていない理由で――」



春川「首謀者になっていない理由だと思う」




153 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:30:59.64 glkSxMmS0 1848/2029




キーボ「今までと違う状況だから、今回は法則が適用されていない……ですか」

キーボ「そうですね、考えられる可能性ではあるでしょう」



夢野「ならウチらは首謀者容疑が晴れたんじゃな!?」

キーボ「いえ、二人の容疑が晴れたというよりは六人全員に容疑が拡大したということです」

キーボ「結局運営が今周回の首謀者をどういう基準で決めたか分からない以上、誰にでも可能性があるということですので」

春川「まあ、そういうことだね」



夢野「ウチかハルマキが首謀者という状況が解消されたのは良かったが……」

百田「容疑者全員ってことは、議論が振り出しに戻ったってことだよな」

茶柱「一体誰が首謀者なんでしょうか……?」


154 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:31:26.39 glkSxMmS0 1849/2029




天海「なら今度は別の角度から首謀者の正体に迫ってみるっす」



百田「何か案があるのか、天海?」



天海「前周回では第一の事件に裏で首謀者が絡んでいたと聞いたっす」

天海「なら今周回もそれについて話し合うべきっす――」



天海「そう、最原君が白銀さんを殺した事件を」



茶柱「第一の事件を……」

春川「そうだね、これまでの捜査でおかしな点も上がってきているし」

キーボ「マザーモノクマから拾ったあの映像ですか」



夢野(みんなが言っている証拠は――)



『証拠を提示せよ!!』

『監視カメラの記録』

夢野「これじゃ!!」


155 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:31:56.56 glkSxMmS0 1850/2029


夢野「これまで最原の話では第一の事件を起こした理由は赤松が暴走しそうだったから、それを止めるためという側面があった」

夢野「じゃが今回の捜査でマザーモノクマから拾った監視カメラの映像により、赤松は最原を信じ切って暴走する気配がない」



百田「確か前周回では赤松が最原を信じきれなくて、首謀者を殺す算段を立てたんだよな」

春川「だから今回も暴走しそうになったって聞いてあり得るって思ったんだけど……」

春川「記憶のある最原が上手く立ち回ったおかげで、あの映像を見る限り赤松の不安は払拭されている」



茶柱「ですが蘇った最原さんは赤松さんが暴走しそうだったって語ったんですよね?」

夢野「つまり最原の記憶と監視カメラの映像で齟齬が生じておる」

キーボ「映像には手を加えられた形跡はありませんでした。真実が映っているはずです」



夢野「だから間違っているのは……最原の記憶の方じゃ」




156 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:32:24.86 glkSxMmS0 1851/2029


百田「最原の記憶が間違い……」

茶柱「えっと……ド忘れしていたってことですかね?」

春川「記憶ってのは普通に考えれば誰にも手を出せるものじゃない」

天海「でも、この学園には記憶を操作する方法があるっす」

夢野「そうじゃな、ちょうどそれを証明する証拠がある」



『証拠を提示せよ!!』

『思い出しライト』

夢野「これじゃ!!」


157 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:32:59.57 glkSxMmS0 1852/2029


夢野「首謀者の部屋にあった思い出しライトの作成機能」

夢野「これによると思い出しライトは六回作られたとある」

夢野「しかしウチらの知る限り、一・二・三回目の探索に、東条の動機ビデオと最原の蘇りに際した五回しか使われていないはずじゃ」

夢野「じゃからその残りの一回は……この最原の記憶を書き換えるために使ったのではないか?」



百田「首謀者が最原の記憶を書き換える……か」

キーボ「それで赤松さんが暴走しそうだったって記憶を植え付けられたんです」

茶柱「でも、どうしてそんなことをしたんですか?」



春川「書き換えられた結果、最原は赤松のために白銀を殺すという決意をすることになった」

春川「首謀者の狙いは最原に第一の事件を起こさせるためってことじゃないかな」



百田「っ……殺意を植え付けられたって……そんなことあっていいのかよ!?」


158 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:33:26.18 glkSxMmS0 1853/2029


夢野「………………」

夢野(みんなの話し合いを……ウチはどこか遠いことのように聞いていた)

夢野(というのも何かが引っかかるからじゃ)



夢野(首謀者が最原の記憶を書き換えて白銀を殺させた)

夢野(それだけでも酷い出来事じゃが……)

夢野(本当にそれだけなのか……?)

夢野(ウチが覚える違和感は…………………………………………………………そうか……)



夢野「こんな簡単なことを見落としていたとは……」



夢野(一つの気づきから連鎖的に真実が紐解かれていく)





夢野(つまり最原は……)

夢野(そして首謀者の正体とは――――――)






159 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:33:54.14 glkSxMmS0 1854/2029




夢野「………………」

春川「……?」

春川(夢野……さっきから黙り込んで考えて……何か気づいたんだろうか?)




夢野「少し……いいじゃろうか?」

春川「いいけど……何かあったの、夢野?」

百田「そうだぞ、何つうのか……雰囲気がすげえ怖いんだが」



春川(百田の言うとおり今の夢野は少し近寄りがたい)

春川(理由はその能面のような表情だろう)

春川(さっきまでと違って感情をなるべく表に出さないようにしている)

春川(何があったのか気になるのに……夢野は私たちの言葉に答えず話し始めた)



夢野「第一の事件において確認じゃ」

夢野「今のハルマキの話じゃと、首謀者は最原に赤松が暴走するという記憶だけを植え付けて、白銀を殺させる決心をさせたということじゃよな」

春川「そうだけど……」



夢野「その場合、最原はコロシアイ促進BGMが鳴る中、あの教室で白銀を殺したということになる」

百田「そうだけど……今さら何の確認をしてるんだ?」



夢野「いやはや、今まで気づかなかったのもおかしな話じゃが……」




160 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:34:22.34 glkSxMmS0 1855/2029






夢野「最原はどうして白銀を殺した返り血を浴びてないんじゃ?」





春川「え……?」






161 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:34:50.58 glkSxMmS0 1856/2029


夢野「最初ウチらは最原がクロではないと思った」

夢野「その理由には最原が誰かを殺したと思いたくなかったり、色んな証拠を分析したりじゃったが……」

夢野「もし最原の服に返り血が付いていたとしたら……ウチらは最初から最原をクロだと疑っていたじゃろう」



天海「結局は白銀さんの表情や死体発見アナウンスから矛盾を指摘して、最原君がクロだと決まったっすが……」

天海「そのせいで返り血が付いていないことについては議論されてないっすね」



キーボ「白銀さんからはかなり血が流れていました」

キーボ「殺したのに血を全く浴びていないのは……確かにおかしいですね」



春川「………………」

春川(みんなの話は頷けるところがある……でも……)



春川「だったら……何があったっていうわけ!?」



夢野「最原が何かで返り血を防いだ可能性も無くはないが」

夢野「あのとき現場は大きな密室となっておった。その内部はくまなく捜査したわけで、その防いだ何かが見つかっていないのはおかしい」

夢野「そして事件の流れからして部屋に着替えに戻る時間も無かった」

夢野「ならば可能性は一つじゃ」


162 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:35:26.49 glkSxMmS0 1857/2029






夢野「最原は……白銀を殺しておらんということじゃ」





春川「でもそれはおかしいって!!」

春川「最原は白銀を殺した罪を認めておしおきされたんだよ!?」

春川(夢野の矛盾している部分を指摘して)





夢野「それはそうじゃ。そういう記憶があったんじゃからな」





春川「っ……!?」

春川(すぐに反論される)



キーボ「記憶……というと」

天海「まさか……首謀者が書き換えた最原君の記憶というのは……」


163 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:35:55.08 glkSxMmS0 1858/2029




夢野「最原は赤松が暴走しそうだと思い、どうにかしようと思って」

夢野「コロシアイを止める方法を思いつきRとしての手紙を出して」

夢野「そして白銀をあの教室に呼び出して殺した」



夢野「ここまで全部が……首謀者によって書き換えられた偽りの記憶ってことじゃ」




夢野「考えてみればそうじゃ。前周回の最後あそこまでコロシアイを否定した最原が、コロシアイを終わらせるためだとしても、誰かを殺すわけがない」




164 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:36:21.65 glkSxMmS0 1859/2029


百田「偽りの記憶……」

春川「だったら……最原は冤罪でおしおきされたってこと?」

夢野「ああ、まさしく前周回の赤松のようにな」



夢野「そして白銀を本当に殺したのはもちろん首謀者じゃ。最原に冤罪を被せることが出来るのは、思い出しライトを使った首謀者しかおらんからな」



春川「………………」

春川(夢野は表情一つ動かず淡々と論理を展開していく)

春川(どうしてそんなことを……その先に何を見ているの?)



天海「………………」

天海「最原君が白銀さんを殺していない……確かに考えられる可能性っす」

天海「記憶をいじるとはそこまで可能にするっすから」

天海「でも……その証拠が無いっす!」

天海「本当に首謀者が白銀さんを殺したんすか!?」



『証拠を提示せよ!!』

『血の付いた布』

夢野「これじゃ」




165 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:36:47.66 glkSxMmS0 1860/2029


夢野「みんなで首謀者の部屋を捜査した後、ウチは一人残って捜査を続けた」

夢野「そこで隠し通路を見つけて……血の付いた布が落ちているのを見つけた」

夢野「血が散らばり返り血を防いだと思われる布」



キーボ「返り血を防ぐというと……」

キーボ「二回目の事件はエグイサルによる犯行、三回目の事件は真宮寺クンは返り血を存分に浴びていて、四回目の事件はアンジー様の毒殺で返り血は無く、五回目の事件では毒入りパンにギロチン……」

キーボ「防ぐ必要のあったのは第一の事件しかありませんね」



夢野「つまりこれが白銀の殺害に使われたということであり……首謀者しかしらない隠し通路に落ちていたのが犯行に関わっていた証拠じゃ」


166 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:37:45.24 glkSxMmS0 1861/2029


春川「本当に首謀者が……白銀を……」

百田「終一は冤罪だったって言うのかよ……!!」

茶柱「こんなことをした首謀者って……一体誰なんですか!?」



夢野「それは……白銀を殺した件から明らかじゃ」

夢野「あのときウチとハルマキと百田は食堂にいてアリバイがあった」

夢野「キーボは王馬と一緒にいてアリバイがある」

夢野「そして天海はアリバイこそ無かったが、現場の密室の外におった時点で中におった白銀を殺すことは不可能じゃ」



夢野「つまり白銀を殺した首謀者は――――」




167 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:38:13.72 glkSxMmS0 1862/2029




『怪しい人物を指摘せよ!!』





夢野「超高校級の合気道家……茶柱転子」

夢野「このコロシアイの首謀者は……おぬしだとしか考えられない」





茶柱「……え!? 転子ですか!?」






168 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:38:39.24 glkSxMmS0 1863/2029


春川「………………」

春川(夢野は自分の大事な人がコロシアイの首謀者だという、考えられる限り最悪の可能性を自ら指摘する)

春川(もしかしてこれが見えていたから……感情を内に秘めているのだろうか……?)

春川(そうでもしないと……やってられないから……)



天海「第一の事件発生時、茶柱さんはアリバイが無くて裁判のときもクロを疑われたっす」

天海「密室の一端を担っている茶柱さんが嘘を付いていれば、白銀さんを殺すことが出来たと」

天海「でも、死体発見アナウンスを鳴らした三人目だったことからクロじゃないってことになったはずで――」



夢野「最原を冤罪でおしおきしたんじゃぞ」

夢野「それに比べれば死体発見アナウンスのルールを曲げる位どうってことない」



天海「それは……」


169 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:39:06.89 glkSxMmS0 1864/2029


茶柱「ちょっと待ってください!!」

茶柱「転子は首謀者じゃありません!! どうしてそんなに疑うんですか、夢野さん!!」



夢野「転子が首謀者だとすると、これまでのコロシアイで疑わしい点が一気に出てくる」

夢野「第四の動機、モノクマボール」

夢野「転子が『コロシアイを終わらせる』望みを持ったウチと組んだのは……その望みを叶えるのを邪魔するためじゃな」

夢野「運営側、首謀者としてはコロシアイを終わらせるわけには行かないから」



夢野「モノクマボールを奪ったアンジーを追いかける際に、二人で挟み撃ちにしたのにアンジーを逃してしまった……という出来事があったが」

夢野「今思えば転子お主がわざと逃がしたんじゃろう? ウチの手元にモノクマボールが戻ってこないように」



夢野「そして星がクロだと分かって、コロシアイを終わらせる望みを叶えようとしたときも」

夢野「待ったをかけて、自分の望みを叶えるように説得したのは……転子、お主じゃ」




170 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:39:37.70 glkSxMmS0 1865/2029


夢野「さらに昨夜の第五の事件」

夢野「ウチは王馬の死体を見つけた後気絶してしまった」

夢野「そしてウチが寝ている間に捜査時間、裁判と進み……ついにはおしおきされるといったところまで行った」

夢野「ウチが起きたら王馬の仕掛けたコロシアイを終わらせる策について言及されてしまう」

夢野「運営側にとって都合のいいこの展開は……転子お主がウチに睡眠薬を打ったおかげじゃな?」



夢野「気絶したウチを寄宿舎に運んだのは転子お主だと聞いておる」

夢野「そのときに睡眠薬を打ったのじゃろう」

夢野「幸いおしおきされる直前にウチは起きて裁判場に到着したが……遅れていたらおしおきは執行されていたじゃろうし、コロシアイも終わっていなかったに違いない」


171 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:40:04.85 glkSxMmS0 1866/2029


茶柱「で、ですが……それは夢野さんの推測ですよね?」

茶柱「いえ、妄想です!!」

茶柱「転子が首謀者なんて、そんなことありえません!!」



夢野「最後に」

夢野「隠し通路が通じていた場所についてじゃ」



夢野「ウチが捜査時間中に迷い込んだそれは、校舎の一階と二階をつなぐ階段の途中に通じておった」

夢野「その隠し通路内に返り血を防ぐ布はあったんじゃが……」

夢野「転子、お主は事件のとき階段を見ていたということじゃが、お主が首謀者でないなら隠し通路を動かした人間を見ているはず」

夢野「じゃが何も証言していないということが……お主が首謀者である証拠じゃ」


172 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:40:32.43 glkSxMmS0 1867/2029


春川「一階と二階をつなぐ階段の途中に隠し通路があったって……もしかして」

百田「ああ……」

天海「何か気づいたんすか?」

春川「うん。昨夜の事件……夢野が真宮寺に誘拐されて、どこに連れ去られたのか手分けして探したとき」

春川「私たちは茶柱を尾行していたの」

百田「真宮寺が茶柱を殺すために内緒で呼び出していると判断したからだな」

春川「でも、茶柱は一階と二階につながる階段の辺りで忽然と姿を消した……尾行に気づかれていないはずなのにどうしてって疑問に思ってたけど……」

春川「あのとき……隠し通路から首謀者の部屋に向かったんだね。だからそれを知らない私たちは見失った」


173 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:41:00.00 glkSxMmS0 1868/2029


キーボ「事件の最中に首謀者の部屋に……もしかしてマザーモノクマの監視カメラの映像を見て、現在何が起きているのか状況を把握するためですかね」

天海「そのために隠れて首謀者の部屋に向かったっすけど……運悪く春川さんたちに尾行されていたってことっすか」

百田「茶柱……おまえ本当に……」



夢野「どうじゃ、転子。ここまで長々と語って悪かったな」

夢野「申し開くことがあるなら聞くぞ。言ってみい」



茶柱「…………」

夢野「…………」



百田「…………」

春川「…………」

キーボ「…………」

天海「…………」


174 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:41:26.55 glkSxMmS0 1869/2029




茶柱「夢野さん、言いましたよね?」



茶柱「『何があってもウチのことを大事だと言ってくれるか?』って」



茶柱「対して転子は答えました」



茶柱「『いきなり何を言い出すのかと思えば……それなら転子の返事は決まっています』」



茶柱「『もちろんです!!』と」



夢野「そうか……なら改めて聞こう」




175 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:41:52.83 glkSxMmS0 1870/2029








夢野「転子……お主は首謀者でもウチのことを大事だと言ってくれるか?」



茶柱「もちろんです! 転子は首謀者でも夢野さんのことが大事ですよ!!」








176 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:42:45.99 glkSxMmS0 1871/2029


春川「っ……!」

百田「なっ……!」

天海「まさか……!」

キーボ「そうでしたか……」



夢野「……」



茶柱「何かリアクションが薄いですね、夢野さん!!」

茶柱「大事な人が首謀者だったんですよ!!」

茶柱「もっと転子が大好きな夢野さんが絶望した表情を見せてくださいよ!!」



春川「茶柱……あんた……」

春川(首謀者だと認めた茶柱は……しかしいつもと変わらない調子で話す)



茶柱「いやあ失敗でしたね!」

茶柱「まさか首謀者だということがバレるとは思っていませんでした!!」



夢野「ということはさっきウチが言ったこと……全部認めるんじゃな?」



茶柱「そうですね、流石の指摘でした」

茶柱「モノクマボールでコロシアイを終わらせないように妨害したのも、夢野さんに睡眠薬を打ったのも首謀者の転子の仕業です!!」


177 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:43:12.52 glkSxMmS0 1872/2029


茶柱「そして第一の事件で暗躍したのも転子です!!」

茶柱「転子だって本当は皆さんの自主性に任せたかったんです。けどカウントダウンが迫っているというのに、誰も殺人を計画していなくて……」



茶柱「だから仕方なく最原さんが思いつきそうな、これなら殺人に踏み切っても仕方ないという状況や計画を考えて」

茶柱「R――Ringleader(首謀者)として食堂に手紙を残して、最原さんと白銀さんの二人を呼び出して」

茶柱「先にやってきた最原さんには思い出しライトで、赤松さんが暴走しそうだったから自分が殺害計画を思いつき実行したという記憶を植え付けて」

茶柱「遅れてやってきた白銀さんを返り血が付かないように布を用意して殺しました!!」



茶柱「その後はバタバタでしたね」

茶柱「急いで階段に走り、隠し扉の通路を開けて返り血を防いだ布を中に入れて閉じて」

茶柱「何食わぬ顔をして夢野さんたちと合流したということです!!」


178 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:43:40.93 glkSxMmS0 1873/2029


春川「っ……なら本当に最原は冤罪でおしおきされて……」

百田「終一は……白銀を殺していなかったのか」

天海「これは……きつい話っすね……」

キーボ「どうせ殺す人間の本性がどうであろうと……変わりありません」



夢野「そうか……転子、お主は……」



春川(夢野までもが言葉を失う中、茶柱の弁舌は止まらない)



茶柱「ところで皆さん、疑問に思いませんでしたか?」

茶柱「転子が冤罪を被せた最原さんは超高校級の探偵……聡い人間です」

茶柱「一つ失敗すれば、転子の意図が見抜かれる可能性がありました」



茶柱「カウントダウン中にコロシアイを起こさせるだけなら誰でも良かったはずなのに」

茶柱「冤罪を被せるならもっと楽な人間はいたはずなのに」

茶柱「わざわざ最原さんをターゲットにしたのは何故でしょうか?」


179 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:44:08.30 glkSxMmS0 1874/2029


春川「最原を狙った理由……?」

春川(茶柱は何を話そうとしているのか……?)

春川(分からないけど……最原を狙った理由は想像が付く。それは――)



春川「最原が生存者だから……だよね?」

春川「前周回の天海からして、運営はどうにか生存者を早めに殺そうとする意図があるように思える」



茶柱「その通りです! 流石です、春川さん!」

茶柱「ではもう一歩踏み込みましょう! どうして運営は生存者を早めに殺したいのだと思いますか!?」



春川「っ……それは……」



茶柱「分からないですか? ……まあ監視カメラで見てましたけど、蘇った最原さんもこの疑問には答えられなかったみたいですし、しょうがないですか」

茶柱「ではさっさと正解発表に移りますね」



茶柱「生存者を早めに殺したい理由。それは――」


180 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:44:38.83 glkSxMmS0 1875/2029




茶柱「生存者はその前の周回で最後まで生き残ったキャラです!!」



茶柱「そして最後まで生き残ったってことは、その周回で活躍したキャラってことなんです!!」



茶柱「それなのに次の周回でもまた活躍したら……つまらないじゃないですか!」



茶柱「視聴者はそんなこと求めていません!!」



茶柱「だからさっさと死んでもらうことにしているんです!!」




181 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:45:04.26 glkSxMmS0 1876/2029




春川「…………………………は?」

春川「な、何を……言って……」



春川(茶柱が首謀者だということは衝撃的だったけど……)

春川(それでもまだ何が起きているのか理解は出来た)



春川(でも……今の茶柱の言葉は……)

春川(頭が理解を拒むような……)

春川(おぞましい悪意が……潜んでいるようで……)




182 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/04 21:45:34.48 glkSxMmS0 1877/2029




茶柱「転子を首謀者だと見抜いた褒美です!!」

茶柱「話してあげましょう!!」





茶柱「ニューダンガンロンパV4」



茶柱「いえ」



茶柱「ニューダンガンロンパ――Version4について!!」






218 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:16:10.60 Mix13aXa0 1878/2029


百田「ニューダンガンロンパ……Version4?」

春川「VだからVersion……? いやでも白銀はVはローマ数字の5の意味だって言って……」



茶柱「それは間違いです!」

茶柱「普通に考えれば当然ですよ! ダンガンロンパが53作も出るはずが無いでしょう!」



春川「え……?」



キーボ「ならVersion4というのは……このコロシアイが四周目だからってことですか?」



茶柱「鋭いですね!」

茶柱「その通りですよ、キーボさん!!」



春川「………………」

春川(茶柱は……何を語ろうとしているの……?)


219 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:16:40.39 Mix13aXa0 1879/2029


茶柱「分かりやすいように一から話しましょう」



茶柱「希望ヶ峰学園で起こったコロシアイを描いたダンガンロンパ」

茶柱「ジャバウォック島で起こったコロシアイを描いたスーパーダンガンロンパ」

茶柱「それに続く新章としてニューダンガンロンパは作られました!!」

茶柱「新たな舞台、才囚学園で行われるコロシアイ」

茶柱「コロシアイという鮮烈な見世物を求めていたこれまでのファンを納得させる内容でした」



茶柱「しかし……視聴者の欲求は飽くなき物」

茶柱「ニューダンガンロンパが終わった後、視聴者はこのような感想を持ちました」


220 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:17:07.74 Mix13aXa0 1880/2029




『このキャラ好きだったのに一章の被害者とかほぼ出オチじゃん! 最後まで生き残ってほしかった!』

『もしあいつがあそこで踏みとどまってたら、代わりにこっちが死んでたよな。そのパターンも見てみたい!』

『あのキャラが三章のクロになって豹変してほしい!』

『このカップリングが好きで……倒錯してるけど、被害者とクロの関係になるの見てみたい!! 好き同士だからこそ殺してほしい!!』

『こいつがクロだったらおしおきどんな感じになるんだろう?』

『やっぱ五章はとんでも理屈のエクストリーム自殺か。これぞダンガンロンパだよな! 他のトリックも見てみたい!』

『このキャラが裁判を主導する展開とか面白そうじゃね?』





茶柱「というような意見です。要するに――」



茶柱「同じキャラで違う展開のコロシアイをもっと見てみたかったんです!!」




221 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:17:36.59 Mix13aXa0 1881/2029


茶柱「ダンガンロンパは個性的なキャラによるコロシアイが売りです」

茶柱「そのコロシアイという部分だけでなく、個性的なキャラという部分にも人気が出てきたということでしょう!」



茶柱「ですから運営はその望みを叶えることにしました」



茶柱「才囚学園でまた同じ16人によるコロシアイを――」



茶柱「ニューダンガンロンパVersion2を開始したんです!」




222 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:18:03.05 Mix13aXa0 1882/2029


茶柱「しかし、これにあたっては一つ解決しないといけない問題がありました」

茶柱「同じキャラ同じ舞台でコロシアイを始めれば、もちろん同じ展開になってしまうという問題です」

茶柱「視聴者の望みは同じキャラで違う展開のコロシアイです」

茶柱「まあ同じことされても面白味がありませんしね」



茶柱「ですから運営はVersion2から生存者特典のシステムを導入したんです」



茶柱「生存者特典は皆さんが予想していたように生存者の疑心暗鬼を深めて、生存者を殺すためのアイテムです」

茶柱「先ほども言ったように前周回で活躍したキャラを早めに退場させたかったんです」



茶柱「その狙いについては三つ」

茶柱「生存者に代わって他のキャラが活躍することでそのキャラのファンが満足します」

茶柱「最後まで生き残ったキャラが早めに死ぬことでコロシアイの無慈悲さを描写することができます」

茶柱「そして最後に……コロシアイを違う展開に分岐させることが出来るんです!!」


223 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:18:31.23 Mix13aXa0 1883/2029


茶柱「違う展開への分岐ですが、例えばVersion2も皆さんが体験したコロシアイとはかなり違った展開になったんですよ」

茶柱「一周目を生き残った赤松さんに生存者特典が与えられた結果、疑心暗鬼によりみんなをまとめるリーダーの役割を務めることが出来なかったんです」

茶柱「その結果かなりギスギスした雰囲気のコロシアイになりましたね」



茶柱「実際この周回だって最原さんが一回目のクロになったことで、かなり展開が変わったでしょう?」

茶柱「最原さんが死んだおかげで、入間さんがコロシアイに過剰に反応していることにも気づけずクロになり」

茶柱「東条さんが提案者だということもバレず十分に動けましたし」

茶柱「赤松さんが屍者の書を使って最原さんの復活を望み、しかし自分の思い出の最原さんと違うと否定して殺してしまったというわけです」



茶柱「同じキャラ同じ舞台によるコロシアイ」

茶柱「同じ展開を辿るはずだったそれですが」

茶柱「最後まで生き残るはずだった生存者が、序盤で死ぬことによりストーリーは連鎖的に変わっていったということです」


224 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:18:59.46 Mix13aXa0 1884/2029


茶柱「こうしてコロシアイ運営は視聴者に違った展開となるコロシアイを届けることが可能になりました」

茶柱「ただそれだけでは前周回に似たような展開になってしまう可能性」

茶柱「視聴者が展開を予想しやすくなりつまらなく思ってしまう可能性があります」

茶柱「ですから運営は同時に病気のシステムを採用したんです」



茶柱「映像を振り返ってもらうと分かるのですが、この病気は一周目にはありませんでした」

茶柱「二周目から適用されて、二周目では東条さん、三周目では百田さん、今周回では星さんがかかったということになりますね」



茶柱「この病気は周回が始まる際にランダムで選ばれた一人にかかるのですが」

茶柱「二つの目的がありました」



茶柱「一つはそのキャラに関わるストーリーをドラマチックにするためです」

茶柱「病気によって死にそうなキャラが必死にその運命に抗う姿が視聴率を取れるのは古今東西の創作物から明らかです」



茶柱「二つ目は視聴者も予測困難な展開を作るためです」

茶柱「病気にかかった人間は、当然ですがそれまでとは違う行動を取りますからね」

茶柱「実際今周回の星さんが病気になって、前周回とかなり違った展開になったでしょう?」


225 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:19:25.56 Mix13aXa0 1885/2029


茶柱「オーディションについてももう分かりますね?」

茶柱「蘇った最原さんが『やっと最原終一になれたのに』とキャラ自体になることを望んだ理由」

茶柱「それは一周目、二周目、三周目と最原さんが活躍する姿を見て、自分も最原終一になってみたいと思ったからです」



茶柱「特に彼は四周目の開始時の最原さんになれなくて……屍者の書による補欠合格でしたから、一際その思いが強かったということでしょう」

茶柱「そのせいか死ぬ間際に記憶が混線して……あんなことを言ってしまったということです」


226 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:19:56.28 Mix13aXa0 1886/2029


茶柱「そしてニューダンガンロンパVersion2は皆さんが映像で見たように、一周目とは違う展開を辿り天海さんと白銀さんが生き残って幕を閉じました」

茶柱「一周目とは違うキャラの魅力に触れることが出来て、視聴者も大変満足――」



茶柱「するはずがありませんでした」



茶柱「人とは与えられればもっともっと貪欲に求める生き物」

茶柱「一周目とも二周目とも違う展開を求める視聴者の声に応えるため」

茶柱「ニューダンガンロンパVersion3はスタートしました」



茶柱「そしてニューダンガンロンパVersion3も終わって」

茶柱「次はこのニューダンガンロンパVersion4が始まり、今に至って――」



茶柱「そしてこれが終わったらまたニューダンガンロンパVersion5が始まることでしょう!!」





227 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:20:24.25 Mix13aXa0 1887/2029


春川「………………」

春川(茶柱の説明を聞き終わって……私は吐き気を感じた)

春川(視聴者の邪悪さを理解したからだ)



春川(暗殺者として人の命を奪ってきたからこそ思う)

春川(死とは生命の終わりだ)

春川(無慈悲であると同時に救済でもある)

春川(終わらない生ほど過酷なことは無いからだ)



春川(だがこの視聴者たちは求めている)

春川(自分たちがキャラの別の一面を見るために)

春川(私たちが死んでも蘇り、再度コロシアイをすることを)



春川(永遠にコロシアイを続けることを求めている)



春川(これを地獄だと以外に表現する言葉があるだろうか?)


228 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:20:53.15 Mix13aXa0 1888/2029


春川(それに――)



春川「ねえ、茶柱?」

茶柱「どうしましたか、春川さん?」



春川「あんたが言う視聴者って存在は……前周回の、Version3の最後を……」

春川「最原が命がけでコロシアイを否定したところを見たんだよね?」



茶柱「ええ、そうなりますね」



春川「なのにこのVersion4が始まっているってことは」

春川「それでもコロシアイを求める視聴者がいるってこと?」

春川「最原の頑張りは……無駄だったってわけ?」



茶柱「いえ、そんなことないですよ!!」

茶柱「実際最原さんの必死な姿を見て、コロシアイはもう嫌ってなった視聴者もいましたから!!」



茶柱「でも、まあそれは少数で――」

茶柱「このVersion4もまた多くの視聴者に見て、楽しんでもらっているんですけどね!!」




229 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:21:20.64 Mix13aXa0 1889/2029


春川「最原が……あれだけ頑張ったのに……」

百田「視聴者は……俺たちの命を何だと思ってるんだ……」

天海「永遠にループするコロシアイ……そんなこと……」

キーボ「………………」



生き残った生徒たちに。

これまでどんなことがあっても折れなかった生徒たちに。

まとわりついていく感情。

その名は――絶望。



茶柱「どうしましたか、もう終わりですか?」

茶柱「ならこの学級裁判は転子たち運営側の勝ちですね!」

茶柱「まあでもしょうがないですか」

茶柱「こんな絶望的な話を聞かされたら、誰でも絶望して――――」


230 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:21:49.46 Mix13aXa0 1890/2029








夢野「なるほどな」







茶柱「あれ? 夢野さん……?」








231 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:22:16.44 Mix13aXa0 1891/2029




春川「夢野……?」

夢野「………………」



春川(夢野の方を見て……変わらず能面のような表情を張り付けているのを見つける)

春川(あれは茶柱が首謀者だと言い詰めるときから続いている顔)

春川(希望を抱いているわけではないが、絶望しているわけでもない)

春川(その平穏さは……どうして……?)



茶柱「驚きましたね、少しも揺らいでいないとは」

茶柱「邪悪な視聴者の存在に絶望しないんですか?」

茶柱「それとも転子の説明が理解できなかったですか?」

茶柱「だとしたらもう一回語って――」



夢野「みんなに一つ聞きたいのじゃが」




232 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:22:49.73 Mix13aXa0 1892/2029






夢野「このコロシアイにおける首謀者とは……どういう存在じゃ?」






233 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:23:17.37 Mix13aXa0 1893/2029


春川「え……?」



夢野「首謀者」

夢野「言葉通りに捉えれば、このコロシアイを首謀した者となるはずじゃが」

夢野「果たして本当にそのような存在なのじゃろうか?」

夢野「コロシアイの進行は全てモノクマが仕切っており、出来ることはマザーモノクマからモノクマを生み出すことくらい」

夢野「一回目の事件で最原が思ったように、首謀者がコロシアイを運営する上での役割はあまりにも小さい」



百田「確かにそうだな……」

春川「なら首謀者は何のために……?」



夢野「簡単な話じゃ」


234 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:23:43.94 Mix13aXa0 1894/2029






夢野「首謀者とは今このときのために存在する」

夢野「こうして最後に生き残った生徒たちを前に豹変して敵となり絶望的な話を語る……」

夢野「コロシアイループシステムにおける、違う展開を作るためだけの存在ということじゃ」






235 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:24:40.80 Mix13aXa0 1895/2029


茶柱「っ……そのようなことは……!!」



夢野「生き残った者から首謀者が選ばれるのもそのためじゃろう」

夢野「コロシアイを生き残ったということは、運営と対峙する側じゃったということだからな」

夢野「それが次の周回では首謀者、運営側となれば、またキャラの別の一面を見ることが出来る」

夢野「邪悪な視聴者が喜びそうな展開じゃわい」



夢野「まあ今回はウチら生存者が記憶を持ってループしてしまったからな」

夢野「ランダムで選んだか、生存者のウチらの大事な人から選んで劇的な展開にしたかったか……転子が首謀者になったがその目的に支障は出ておらん」



茶柱「随分と……首謀者を……転子をコケにしてくれますね」

茶柱「そうですよ……転子は生徒を絶望に叩き込む存在……」

茶柱「いいでしょう、夢野さん」

茶柱「転子が全身全霊を持って、絶望に落とし入れて――」


236 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:25:08.69 Mix13aXa0 1896/2029






夢野「もう、いいんじゃ……転子」





茶柱「…………は?」






237 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:25:43.25 Mix13aXa0 1897/2029


春川「…………」

春川(夢野がようやく表情を崩して)

春川(現れた感情は――慈愛)

春川(それを茶柱に、首謀者で敵であるはずの相手に向けている)



夢野「首謀者、ウチらを絶望させるための存在」

夢野「その行動は全部運営の都合で決められるもので」

夢野「その人物の意志を無視したものじゃ」

夢野「おそらく思い出しライトによる記憶の植え付けで強制されたんじゃろうな」



夢野「そうでもなければ、心優しい転子が最原を冤罪にかけておしおきなんて行動出来るわけが無い」



夢野「最原を殺したことをすぐに認めたのもそのためじゃ」

夢野「転子、お主はこれ以上罪を自分の中だけで抱えることが出来なかったんじゃろう?」



茶柱「違います!!」

茶柱「夢野さんは転子のことを馬鹿にしてるんですか!?」

茶柱「転子はきちんと自分の意志で最原さんを――」


238 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:26:10.31 Mix13aXa0 1898/2029






茶柱「っ…………」

言葉が詰まり、目から一筋の滴がこぼれ落ちる。






239 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:26:37.80 Mix13aXa0 1899/2029


夢野「すまんかったな、転子」

夢野「首謀者としての行動を強制されるその苦しみに……」



夢野「ウチは気づくことが出来なかった……!」



夢野「転子は何度もウチを励ましてくれたのに……」

夢野「ウチはその恩を返すことが出来なかった!!」





夢野「お主は……ウチの大事な人なのに!!」





茶柱「大事な人……」

茶柱「まだ……そう言ってくれるんですか……?」



夢野「あたりまえじゃ!!」

夢野「転子、お主が首謀者でもウチのことを大事じゃと言ってくれたように」



夢野「お主が首謀者であろうとウチにとって大事な人じゃ!!」



茶柱「夢野……さん……っ!!」


240 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:27:04.81 Mix13aXa0 1900/2029




茶柱「ごめんなさい……っ、ごめんなさい……ぐすっ、ごめんなさい……ごめんなさい……」



春川(茶柱はその場に崩れ落ちて、泣きながら謝罪を続けている)

春川(誰に対しての言葉なのだろうか?)

春川(殺してしまった白銀? 冤罪でおしおきをした最原? それともずっと騙し続けてきた私たち?)

春川(いや……その全部に対してなのだろう)



夢野「すまんな、転子……すぐにでも抱きしめたいのじゃが」

夢野「まだ……裁判は終わっていない」

夢野「全てが終わったら償おう。ウチも一緒に」

夢野「じゃが今は……その苦しみの元凶を断たないとな」



春川(そして夢野は私を見て――)




241 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:27:35.05 Mix13aXa0 1901/2029




夢野(ウチはハルマキを見て――)



夢野「ハルマキ、一緒に戦ってくれるか?」

春川「もちろん。不甲斐ないところを見せたね」

夢野「そうじゃぞ。今さら視聴者が邪悪だと聞かされて絶望するなんてな」

夢野「前周回からそんなこと分かっておったじゃろう」



春川「今、目の前にある世界が本物……目の前にいない人間のことなんて気にする必要無い」

春川「そういうことだね」

夢野「ああ」


242 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:28:03.51 Mix13aXa0 1902/2029


夢野「みんなも――」



百田「ああ! 茶柱をここまで苦しませたやつをみんなでぶっ飛ばしてやろうぜ!」

天海「そうっすね! ほら、キーボ君も」

キーボ「勝手に勘定に入れないでください。ボクは生き残るため行動するだけです」



夢野「……よし」



夢野(ウチはみんなの覚悟を決めた表情を見てから視線を移して)

夢野(裁判場を見下ろす……このコロシアイの支配者、モノクマを見上げて言う)



夢野「出てきてもらうぞ」




243 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:28:34.64 Mix13aXa0 1903/2029


モノクマ「………………」

モノクマ「あーあ、こんなことになっちゃうなんてね」

モノクマ「これも茶柱さんが首謀者としてみんなを絶望させることが出来なかったからだよ」

モノクマ「本当、絶望的に役立たずだね」



夢野「人選ミスを人のせいにするな」

夢野「転子は心優しいんじゃ。そのような者を首謀者にしたお主が悪い」



モノクマ「うぷぷぷぷぷっ……! ま、それもその通りだね!」



夢野「首謀者は飾りだった。なら本当の悪は誰なのか?」

夢野「そんなこと分かり切っておる、真にコロシアイを取り仕切っていたものじゃ」

夢野「思えば前周回は首謀者の白銀をスケープゴートにされて、迫ることが出来なかったからな」

夢野「覚悟してもらうぞ」


244 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:29:00.42 Mix13aXa0 1904/2029


モノクマ「そうだね……ダンガンロンパの締めくくりとして出ないといけないよね」

モノクマ「何度出てくるつもりだって文句を言われるだろうけど」

モノクマ「それがお約束だもんね」

モノクマ「うぷぷっ、いいよ」

モノクマ「最後は……この超高校級の絶望……」



モノクマ「アタシ、江ノ島盾子が相手になって――――――」




245 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:29:27.92 Mix13aXa0 1905/2029




モノクマ「……あれ?」



夢野「何を言っておる、江ノ島盾子はダンガンロンパの、フィクションのキャラじゃろう」

夢野「ウチらが求めているのはキャラではなく」

夢野「このコロシアイを企てた……人物じゃ」



モノクマ「だからボクが江ノ島盾子で……」

モノクマ「いや、正確には江ノ島盾子アルターエゴで……」

モノクマ「コロシアイを企てたのも、全てを絶望に落とすためで……」



夢野「それは全部、設定(うそ)じゃろう」

夢野「大体、絶望のためだけに動くなんて人が現実にいるわけない」


246 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:29:55.11 Mix13aXa0 1906/2029


モノクマ「ど、どういう意味……?」

モノクマ「え、な、なな、何これ……?」

モノクマ「か、kらだが、う、うまくうgおかな…………」



モノタロウ「お、お父ちゃん…………?」

モノファニー「な、なんかアタシたちも眠く……」

モノキッド「こんなこと………」

モノスケ「何がお、おお、起きて……」

モノダム「ゼ、ゼ……ゼツ……絶望……」



モノクマ「そうdね…………これgぜtb…………う…………」


247 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:30:22.43 Mix13aXa0 1907/2029


夢野「…………」

夢野(モノクマとモノクマーズたちが行動を停止する)

夢野(やつらもまた真の黒幕によって、コロシアイを運営するように命令されたロボットでしか無かった)

夢野(かりそめの首謀者にかりそめのコロシアイ運営……)

夢野(その奥に潜む真の黒幕は……)



カツーン!

裁判場に甲高い音が響く。



夢野「…………」

夢野(音源の方を向くと……ヒールの高い靴を履いたその人物が姿を現したところじゃった)


248 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:30:50.91 Mix13aXa0 1908/2029




???「お役目ご苦労さま。後は眠っていなさい、我が子たち」



夢野「……」

夢野(モノクマを我が子と呼ぶ……その女性)

夢野(それはつまり……やつがモノクマを開発したということじゃろうか?)

夢野(謎の人物に皆が警戒する中――)



キーボ「あなたは……?」



夢野(一人、キーボだけ反応が違った)


249 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:31:17.08 Mix13aXa0 1909/2029


夢野「知っているのか?」



キーボ「ええ、もちろん」

キーボ「夢野さんも……前周回を生き残ったなら、名前くらいは聞いているかもしれません」

キーボ「ですが……どうしてこんな場所に……?」



夢野「……?」

夢野(キーボがもちろん知っている人物で……ウチも名前を聞いている……?)

夢野(それは一体……)



???「申し遅れたわね」

???「私こそがこのコロシアイの……いえ、この実験の統括部長よ」

???「名前を――」


250 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/05 22:31:43.58 Mix13aXa0 1910/2029






飯田橋「飯田橋というわ」





夢野「飯田橋博士……」

夢野(その名前は聞いたことがある)



夢野「お主は……キーボの開発者で」





夢野「そして――真の黒幕か」






279 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:06:43.47 XEsrYR+N0 1911/2029


飯田橋「黒幕……そうね、あなたたちから見たらそうなるのかしら?」

飯田橋「モノクマたちに全部任せて、初めてここに来たから調子が狂うわ」



夢野(キーボの開発者、飯田橋博士)

夢野(モノクマとモノクマーズが活動停止したこのコロシアイにやってきた真の黒幕)



飯田橋「実験は最後の工程を残すだけ」

飯田橋「だからここに来たの」

飯田橋「最後くらいこの目で見届けたいものじゃない?」



夢野「実験……?」

キーボ「どういうことですか、博士?」



夢野(キーボも困惑している。飯田橋博士を知っているからといって、キーボ自身が全部状況を分かっているということでは無さそうじゃ)


280 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:07:18.30 XEsrYR+N0 1912/2029


飯田橋「言ったでしょう。実験も最終工程だと」

飯田橋「最後に……キーボ」



飯田橋「あなたがその仲間たちを殺すことが出来れば、実験は完了よ」



夢野「っ……ウチらを殺すじゃと!?」

百田「どういうことだ!?」

茶柱「じ、実験って何の実験ですか!? 首謀者だった転子も何も知らされてないですよ!? あの計画書も見覚えがないものですし……」



飯田橋「悪いけど今から死にいくあなたたちに説明するつもりなんてないの」

飯田橋「さあ、キーボ。あなたの解禁された殺害用プログラムを走らせて――」



キーボ「いえ、ボクも何が起きているのかは気になりますね」




281 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:07:45.19 XEsrYR+N0 1913/2029


飯田橋「………………」

飯田橋「変ね……エラーかしら」

キーボ「そこは成長と言ってほしいですね」

キーボ「そのための人工学習機能でしょう」

キーボ「確かにボクには殺意があり、実行するつもりもありましたが……その前に気になることを解消しようと思うのは当然です」



キーボ「実験とは何ですか? その目的は何ですか?」



飯田橋「………………」

飯田橋「昔からこうなったときの意志は固かったわね」

飯田橋「仕方ない」

飯田橋「お偉い方に対するプレゼンテーションの練習だと思って、さっさと説明しましょうか」

飯田橋「今回の実験――」


282 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:08:12.53 XEsrYR+N0 1914/2029




Killing

Intelligence

Brast

Objective weapon



飯田橋「殺害、諜報、破壊を目的とした兵器……」

飯田橋「KIBO――通称キーボの開発計画について」


283 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:08:39.01 XEsrYR+N0 1915/2029


飯田橋「開発の動機については一つの需要だったわ」

飯田橋「自立的な思考を持って局面に柔軟に対応して、殺人や諜報・破壊活動の出来るロボットが欲しい」

飯田橋「いわゆるエージェントとでも言えばいいかしら」

飯田橋「人材を発掘するコストと教育するコストを考えれば、機械にさせたいと考えるのは当然ね」

飯田橋「そういうことで私のところまで要望は回ってきたわ」



飯田橋「幸いにも基礎的なものは出来ていたから試作品はすぐに仕上がった」

飯田橋「ただ問題が一つ。自立思考における欠点の克服だけがどうしても出来なかった」



飯田橋「自立思考……言い換えれば人間のように思考するロボット」

飯田橋「それ故に人のような倫理観まで持ってしまうという壁があったのよ」


284 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:09:06.63 XEsrYR+N0 1916/2029


飯田橋「倫理観……この場合で言うと人を殺してはいけないなどね」

飯田橋「もちろん人を殺すだけのロボットならいくらでも作ることが出来るわ」

飯田橋「ただ人間のような思考を持って、自身で合理的な判断を行った結果、人を殺す……となると、この私でも難しかった」



春川「……まあ、そうだろうね」

春川「人であって、人を殺すなんて……そう簡単に割り切れるものじゃない」

春川「人間ですら難しいんだから、ロボットには尚更だよ」

夢野(暗殺者のハルマキの実感のこもった言葉)



飯田橋「開発は行き詰まった」

飯田橋「と――普通ならそうなるでしょうね」

飯田橋「ただ私には強引にそれを解決する手段を一つ思いついていた」



飯田橋「それがこのコロシアイに試作品を参加させることだった」


285 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:09:33.99 XEsrYR+N0 1917/2029


飯田橋「コロシアイ」

飯田橋「この場における特性は……あなたたちの体験した通り」

飯田橋「非常に殺意を持ちやすいというところよ」

飯田橋「自己防衛のため、自己実現のために殺意を容易に持ってしまう、この常識の歪んだ世界」

飯田橋「ここなら試作品も殺意を持って人を殺しやすくなるはず」

飯田橋「そして一度行うことが出来れば、そこはデジタル。その場合の回路の動き、プログラムの走り方を模倣するだけで、人のまま殺すことが可能になる」



飯田橋「またコロシアイという場は諜報活動ができるかを見るのにもちょうどいい場所だった」

夢野「諜報と先ほどから言っておるが……いわゆるスパイじゃよな? ロボがスパイ活動ってどうしたって怪しまれるに……」

飯田橋「あら、そうかしら? コロシアイという自分以外が敵の場で、キーボは上手く立ち回ってあなたたちに仲間だと思わせていたようだけど」

夢野「っ……それは……」

飯田橋「サポートにカモフラージュプログラムも入れていたおかげで……データを見る限り諜報活動においてはもう十分扱えそうね」


286 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:10:00.29 XEsrYR+N0 1918/2029


飯田橋「そういうことで試作品を入れたコロシアイが始まったわ」



飯田橋「毎回試作品の仕様は微調整しながら試していた」

飯田橋「一回目は隙あらば殺害できるように殺害プログラムの存在を最初から自認させた。二周目では人に裏切られた記憶を挿入してみて不信感を煽ってみた」

飯田橋「でも一回目、二回目の試行は失敗。あっさりと殺されてしまったから」



飯田橋「三回目の試行では内なる声と称して、こちらから時折指令を送る仕様で行った」

飯田橋「その結果……一番の目的である殺人こそ達成できなかったものの、破壊活動におけるパターンを手に入れることが出来た」



飯田橋「残りは殺人。今回は殺意を持つまで、人を殺害するプログラムについて自認できない仕様で組んだ」

飯田橋「これまでの実験で殺害を考えていると相手を警戒させてしまうこと、不信感を煽っても殺意まで発展させることは難しいことが分かったから」

飯田橋「だから殺害を考えさせないようにした結果、特定の人物と親密になり……その人物が失われたタイミングで強い殺意を持った」

飯田橋「つまり……ようやく実験が成功したのよ!!」


287 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:10:27.65 XEsrYR+N0 1919/2029


夢野「…………」

夢野(飯田橋博士の語るコロシアイの目的)



夢野(それは要するに……キーボに殺人をさせる)

夢野(ただそれだけのために用意された舞台)



夢野(というと何とも大がかりな舞台を用意したものじゃと思うが……)

夢野(その目的が兵器開発と考えれば納得できるところもある)

夢野(自立思考によって状況を判断して、殺人・諜報・破壊活動を行えるロボット)

夢野(本当にそんなものを開発できれば、戦争という物の形を根本から変える大発明だからじゃ)

夢野(少なくとも世界を絶望させるため、なんてフィクションのような理由でコロシアイを起こされるよりは納得できる)


288 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:11:05.43 XEsrYR+N0 1920/2029




飯田橋「実験に成功した私は偉大な発明者に……いや、それどころではない!」

飯田橋「ここまで来れば……神です!」

飯田橋「私の意向で世界の趨勢が変わる。それが神でなくて何だというのですか!」



飯田橋「これで分かったでしょう、キーボ」

飯田橋「あなたの果たすべき役割が」



キーボ「ええ……分かりました」



夢野「…………!」

春川「…………!」

百田「…………!」

茶柱「…………!」

天海「…………!」

夢野(答えると同時にキーボから発せられた殺意……それは――)



飯田橋「そう……それでいい……!!」

飯田橋「さあ、キーボ。そのままその五人を殺し――」


289 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:11:34.84 XEsrYR+N0 1921/2029






飯田橋「なさい…………ごふっ!」





キーボ「殺すのはあなたです、飯田橋博士」






290 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:12:02.90 XEsrYR+N0 1922/2029


夢野(キーボが飯田橋博士に手をかける)

夢野(それは……ウチら五人とも想像していた通りの展開じゃった)



飯田橋「な、何故……私を……」

飯田橋「あなたの殺意は…………あいつらに……」



キーボ「ええ、そうですね。元々は夢野さんたちに向けていた殺意でした」

キーボ「ですが彼女たちは反省しています、殺す必要はないと判断しました」



飯田橋「それ……でも……」



キーボ「ええ、それでもボクは彼女たちを殺すつもりでした」

キーボ「殺意を自認した瞬間、殺害プログラムを認識したことは……アンジー様によるお告げだと信じていたので」

キーボ「ですが……そのようなことは無かったのですね」

キーボ「ただの矮小な人間の仕業……」

キーボ「まだまだボクが神のお告げを聞くのは早かったということですか……」



飯田橋「何を言って…………どうして私が……」

飯田橋「私が……神にも等しい私が……」



キーボ「何が神ですか、ご冗談を」

キーボ「この世界の神はただ一人、アンジー様だけです」

キーボ「神を騙る愚か者は消えてください」



飯田橋「っ……そんな…………」


291 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:12:37.51 XEsrYR+N0 1923/2029


夢野「………………」

夢野(黒幕として姿を現した飯田橋博士があっさりとその活動を停止した)

夢野(その表情からは自分が殺されるとは全く思っていなかったことが読みとれる)



春川「やっぱり外の世界の存在だね」

春川「あっけなく殺されてもおかしくない……このコロシアイって場のことを知ってはいても、理解はしていなかった」

百田「あーだからキーボが殺意を見せても余裕綽々だったのか」

天海「まあでも因果応報っすね。今までこのコロシアイでどれだけの命が奪われたかを考えれば、この結末も当然っす」



夢野「………………」

夢野(罪には罰を。現実世界だろうと、コロシアイ世界だろうと不変の法則)

夢野(それでもウチは……)


292 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:13:16.65 XEsrYR+N0 1924/2029


ビーーッ!! ビーーッ!! ビーーッ!!

システム統括者の反応が途絶えました。

これより実験場の破棄を行います。



ビーーッ!! ビーーッ!! ビーーッ!!

システム統括者の反応が途絶えました。

これより実験場の破棄を行います。


293 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:13:47.21 XEsrYR+N0 1925/2029




裁判場に、いや才囚学園全体にけたたましい警報が鳴り響く。



百田「何だっ!? すげーうるせえ警報が鳴ってるぞ!?」

春川「システム統括者……飯田橋博士が殺された場合の処置ってこと?」

天海「実験場とは……この才囚学園のことっすかね?」

夢野「んあっ!? どうして飯田橋博士が殺されると才囚学園も爆破されるんじゃ!?」



キーボ「殺してでも実験成果を奪い取ろうとする輩の対策です。予想通りですね」

百田「何か落ち着いてるけど……キーボ、この事態をどうにか出来るのか!?」

キーボ「はい。外の世界の存在であった博士がこの世界に入ってきたんです」

キーボ「逆にそこから脱出できるはずでしょう」

キーボ「今からその出口の場所を解析するので少し待ってください」



夢野「なるほどな……よし、みんなでそこから脱出して――」


294 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:14:15.33 XEsrYR+N0 1926/2029




茶柱「いえ、転子はここに残ります」



夢野「……な、何を言ってるんじゃ!?」




295 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:14:43.39 XEsrYR+N0 1927/2029


百田「話聞いてなかったのか、茶柱!!」

百田「ここは爆破されるんだぞ! このままじゃ死んでしまって――」



茶柱「白銀さんに最原さんを殺した罰としてそれがふさわしいですよね」



百田「っ……それは……」

茶柱「転子は首謀者として自分の行動を疑ったことは一度もありませんでした」

茶柱「挿入された記憶は絶対の正義として存在し……夢野さんに言われて初めて自分の気持ちに気づいたんです」

茶柱「今では何てことをしでかしたのだと後悔しても……時は巻き戻りません」



天海「因果応報と……軽率なことを言ってしまったっすね……」

茶柱「いえ、天海さんは悪くありません。転子が悪いんです」

茶柱「一人は直接、もう一人は間接的に殺して……」

茶柱「いえ、運営側としてコロシアイを続けさせることに荷担した転子はこの場で奪われた命全てに責任があるようなものです」



茶柱「やはり転子の罪にふさわしいのはここに残って死ぬ罰で――」


296 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:15:21.85 XEsrYR+N0 1928/2029




夢野「いや、それは罰ではないぞ」



茶柱「……え?」

夢野「殺した罪に対して、死ぬことが罰?」

夢野「それはただの自己満足でしかない」



茶柱「だったら転子はどうすれば……!!」



夢野「さっきも言ったじゃろう」

夢野「一緒に償おう、と」

夢野「外の世界で……このコロシアイに参加していたみんなの家庭をまわって、謝罪して赦しを乞うんじゃ」

夢野「どうなるか分からない……死ぬよりも大変なことじゃが……」

夢野「ウチも手伝うからな」



茶柱「ですが……それはわがままです」

茶柱「赦してもらえたところで……本当に生きてていいんですか?」

茶柱「命を天秤の片方に乗せたなら、釣り合いをとるのに最も適しているのはやはり命です」

茶柱「ですから転子は――」


297 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:16:04.14 XEsrYR+N0 1929/2029




夢野「それでも死にたいとお主が残るなら、ウチもこの場に残るぞ」

夢野「大事な人を一人おいて死なさせるわけにはいかんからな」



茶柱「な、何を言って!? 駄目です、夢野さんは生きてください!!」



夢野「アホウ!! どうしてウチも同じ気持ちだと分からないんじゃ!!」

茶柱「……え?」



夢野「そうじゃ、償いなんて言葉で濁したから行けなかったんじゃ!!」

夢野「正直ウチは罪には罰をとか、死ぬことが罰ではないとか、どうでもいい!!」

夢野「例えみんなから恨まれていようと、罰を受けるべきだと言われようと……」



夢野「転子に生きていて欲しい!!」

夢野「これはウチのわがままじゃ!!」



茶柱「…………………」

茶柱「…………………」



茶柱「本当に……転子は生きていてもいいんですか……?」

夢野「もちろんじゃ!! 文句を言うやつがおったらウチが魔法でぶっ飛ばすからな!!」

茶柱「夢野さん……ありがとうございます……」


298 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:17:14.22 XEsrYR+N0 1930/2029




キーボ「解析が終わりました」

キーボ「ここもいつまで安全なのか分かりません。出口に向かいましょう」



夢野(転子の説得が終わったタイミングで、キーボが調べていた飯田橋博士の死体から――)

夢野(いや、残骸から立ち上がる)



春川「その飯田橋博士も普通の見た目で普通に話してたけど……ロボットだったんだね」

キーボ「はい。見た覚えのある一体でしたので、遠慮なく壊しました」

キーボ「こうでもしないと出口の場所を解析できなかったでしょうし」

百田「つまり……本当の飯田橋博士ってわけじゃないってことか?」

キーボ「そうだと思います。まあ何分ボクも本当の博士に会ったことはありませんので」

天海「キーボ君やモノクマのようなロボットを作れるなら……その技術力を目的に命を狙われてもおかしくなさそうっすからね」

天海「自分は隠れて人との接触はロボットに任せる……それが利口っす」


299 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:17:53.52 XEsrYR+N0 1931/2029


夢野(キーボが確認した出口に向かうために裁判場を後にするウチら)

夢野(エレベーターに乗って地上に出ると、才囚学園のいたるところで爆破が始まっているらしく、崩壊が始まっていた)



夢野「この光景……前周回の最後を思い出すな」

春川「あのときはキーボが破壊して、外への道を開いたんだよね」



百田「なあ、ところでハルマキたちは外の世界に出ようとして、ループしてしまったんだよな?」

百田「今回も同じことにはならないのか?」



キーボ「飯田橋博士の残骸から解析した出口です。大丈夫です」

キーボ「言ってる内に……着きましたよ」


300 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:18:24.19 XEsrYR+N0 1932/2029


<出口>

夢野(果ての壁にぽっかりと空いた穴)

夢野(キーボによるとここがコロシアイ世界の出口のようじゃ)



百田「後はここから出るだけか……」

百田「よーし、だったら外の世界に出たら何をしたいか発表しようぜ」

キーボ「何ですか、唐突に。そんな時間は……」

天海「まあまあ、いざ危なくなったらすぐに飛び込めばいいっす」



百田「俺がやりたいことはもちろん宇宙に行くことだ!!」

夢野「ぶれないな」

春川「ていうかまずはこのコロシアイで死んだみんなの葬式を開くことからでしょ」

茶柱「そうですよ、キーボさんと約束したじゃないですか」

百田「え、あ、いや……もちろん覚えてたぜ」

天海「絶対覚えていない反応っすね」



キーボ「………………」

夢野「ほら、キーボも勝手に話を始めたのと約束を忘れたことで怒って――」


301 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:19:09.69 XEsrYR+N0 1933/2029


キーボ「ボクはみんなを、アンジー様を弔った後は」

キーボ「世界中を旅しようと思います」

キーボ「アンジー様の教えを広げるために」

キーボ「そして本当の飯田橋博士に会うために」



夢野「…………」

キーボ「どうしましたか、夢野さん」

夢野「いや、このような会話非合理的だと切り捨てそうなのに……あれか、カモフラージュプログラムか?」

キーボ「いえ、今は使ってませんよ」

夢野「なら……」

春川「キーボも変わったってことでしょ」



天海「本当の飯田橋博士に会う……っすか」

キーボ「はい。このコロシアイがなければアンジー様と会うことが出来ませんでしたし、このコロシアイがなければアンジー様が死ぬこともありませんでした」

キーボ「お礼と文句を言ってやらないと気が済みません」

天海「俺もこのコロシアイの黒幕に対しては思うところがあるので付いていってもいいっすか」

キーボ「いいですよ。ただどこにいるのか分からない以上、長い旅になると思います」

天海「そこは冒険家なんで慣れてるっすよ」


302 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:19:38.24 XEsrYR+N0 1934/2029


茶柱「転子は……償いからですかね」

茶柱「夢野さんに生きていて欲しいと言われましたけど……それはそれで償いをしないでいい理由にはなりません」

夢野「そうか、ならウチもそれを手伝うぞ」

茶柱「ありがとうございます」



夢野「そしていつの日かちゃんと転子が赦されたなら」

茶柱「はい、そうしたら……」



夢野「一緒に街に出かけて遊ぼうな」

茶柱「もちろんですよ!!」


303 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:20:08.01 XEsrYR+N0 1935/2029


キーボ「爆発が付近まで迫ってきました」

キーボ「そろそろ行きましょう」



百田「じゃあ一番乗りはもらったぜ!!」

春川「あ、ちょっと百田気を付けてって!!」

夢野(出口に向かって駆けだした百田を追うハルマキ)



キーボ「アンジー様……あなたの教えを外の世界に広めてきます」

天海「本当敬虔な信者っすね」

夢野(手を合わせたキーボに苦笑気味の天海)



茶柱「行きましょう、夢野さん!!」

夢野「そうじゃな、転子」

夢野(最後にウチらは手を握る。お互いの顔を見て頷いて)



夢野(そして外の世界への第一歩を踏み出した)





<完>


304 : ◆YySYGxxFkU - 2018/07/08 23:21:10.19 XEsrYR+N0 1936/2029


夢野ニューゲーム完結です。
ここまで長い話、読むのも大変だったと思います。
お疲れさまでした。

去年の四月にch1を投稿始めたので、一年三ヶ月ほどかかってますね。
絶対途中でエタると思っていましたが、みなさんの感想に励まされてどうにか完走できました。

作品としてはこれで終わりです。
V5はしません(断言)。
これ以上事件や裁判、それにあったドラマを考えられる気がしないので。
毎回めっちゃ苦労した……もうまじ無理。

ただ近い内に反省会スレを立てるつもりです。
ここまでずっと我慢していた物語の振り返りや製作裏話を語る予定。
あと質問に答えたりしたいです。作品に関わる事なら何でも答えます。
追加ストーリーなどは無いので、作品の裏事情に興味のない人は無視して大丈夫です。

それも終わったらなろうで作品を書いたり、他の作品やオリジナルのssを書いたりする予定です。
見かけたらよろしくです。



長い間ありがとうございました。


反省会
夢野「強くてニューゲーム……ってウチなのか?」(反省会)

記事をツイートする 記事をはてブする