1 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:44:48.73 /7H6q7Pe0 1/7

魔法少女「私は魔法少女。今日も愛と勇気で世界に笑顔を振りまくの」

阿呆処女「ふーん。で? その 愛 っていうのは性的なやつでいいんだよね?」

魔法少女「そ、そんなわけないでしょ!? 変なこと言わないで!」

阿呆処女「いいなぁ。あたしまだ経験なくってさ~。セッ○スしてみんなにチヤホヤされるなんて羨ましいよ」

魔法少女「ひどい! 私はいつも怖い敵と戦ってるんだよ!? エッチなんてたまにしかしないもん!」

阿呆処女「ほう? ねえねえ、その話詳しく。特に後半部分」

魔法少女「……そんなに気になるならあなたも魔法少女になればいいじゃん」

阿呆処女「いやぁ、でもあたしアホだしさ~。正義の心もないし、なってもきっとすぐ快楽堕ちだから!」

魔法少女「そ、それはそれでアリなんじゃないかな……。あぁっ、いやっ、なんでもないっ!」

元スレ
魔法少女「私は魔法少女!」 阿呆処女「あたしは阿呆処女!」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1530089088/

2 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:45:36.25 /7H6q7Pe0 2/7

魔法少女「ハッ……! 聞こえる……! 助けを求める人の声が!」

阿呆処女「あたしもついていっていい?」

魔法少女「ダメだよ! 危険なんだからね!」

阿呆処女「貞操が……!?」

魔法少女「貞操も」

阿呆処女「あたしもついていくね」

魔法少女「なんでよっ!? ……もうっ! とにかく急いで行かないと!」

阿呆処女「車の運転は任せて! っしゃー! 飛ばしちゃうよ~!」

魔法少女「運転できるんだ! すごいすごーい! これならすぐに到着できるねっ♪」

阿呆処女「あー……キーはどこやったっけな……」

魔法少女「うぅ……早くぅ……」

阿呆処女「あっ、谷間に挟んでたんだった」

魔法少女「……チッ」

3 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:46:12.66 /7H6q7Pe0 3/7

~町外れ~

魔法少女「いたっ! あいつだ!」

阿呆処女「うわぁ……グロ……」

触手怪人「でろんでろん」ウネウネ

魔法少女「やった! 触手だ!」

阿呆処女「え? なんて?」

魔法少女「ううん、なんでもない! それよりも、危ないからあなたは隠れてて!」

阿呆処女「はいはーい」

魔法少女「マジカルチェーンジ!」

触手怪人「!」

魔法少女「いくよっ! えいっ! とりゃーっ!」チョンチョン

触手怪人「……?」ウネウネ

魔法少女「あーなかなかてごわいなー。このままだとピンチになっちゃうかもなー」

触手怪人「ふしゅるるる!」ウニョーン

魔法少女「し、しまったーっ! 両手と両足を拘束されちゃったよー!」

触手怪人「ぶしゅふふふふふ……」

4 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:47:02.00 /7H6q7Pe0 4/7

魔法少女「くっ……! このままじゃ……このままじゃまたエッチなことされちゃう……♥」

触手怪人「じゅるり……」ニュルニュルニュル

魔法少女「あんっ! む、胸にヌルヌルの触手が! いやぁっ!」

触手怪人「ちっさ」

魔法少女「……は?」

阿呆処女「がんばれ魔法少女ーっ! 負けないでー!」タユンタユン

触手怪人「!」

魔法少女「だ、ダメッ! 逃げてーっ!」

阿呆処女「うわわわわっ! こっちに触手が!」ボインボイン

触手怪人「しゅひゅひゅひゅひゅ!」ニョロニョロ

阿呆処女「わーっ! 捕まったー!」

魔法少女「このままじゃマズい……!」

触手怪人「じゅるるるるっ」ヌリュッヌリュッ

阿呆処女「ひぁっ!? おっぱいヌルヌルしちゃだめーっ! んあぅっ!」ビクンッ

6 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:48:11.35 /7H6q7Pe0 5/7

阿呆処女「はぁ……はぁ……。んっ……なんだか身体が熱くなってきた……」ピクッピクッ

魔法少女「ふぉぉっ……! 顔がエッチだよ! すごくかわいいよ!」

阿呆処女「ふぁっ……! そ、そこはだめぇ……! あたしまだ初めてなのにぃ……」

魔法少女「つ、ついに処女を散らしちゃうんだねっ!? 大丈夫だよっ! 私がちゃんと見ててあげるから!」

阿呆処女「んぁっ! あぁっ! やめて……挿れるのだけは……! 初めては好きな人にあげるって……決めてて……ぐすん……」ビクッビクッ

魔法少女「いいっ……! いいよ……! 好きな人のことを想いながら、気持ち悪い触手に初めてを奪われる……。悲しさと悔しさに涙をこぼしながらも身体は段々と快感に震え──」

阿呆処女「あぁっ……はいっちゃう……。ほんとにはいっちゃう……。初めては……魔法少女ちゃんにもらってほしかったのに……」プルプル

魔法少女「!」

触手怪人「ふひひひひ……!」ツプッ

魔法少女「うぉぉぉぁぁぁっ!」ブチブチィッ

触手怪人「ギェェェッ!?」

7 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:49:13.38 /7H6q7Pe0 6/7

魔法少女「私は魔法少女! みんなの笑顔を守るために、負けるわけにはいかないの!」

触手怪人「ぉげぇぇぇ……」ビタンビタン

阿呆処女「わぁぁ……かっこいい……!」

魔法少女「くらえっ! マジカルミギストレート!」ドゴォッ

触手怪人「ぐぇぇぇっ!」ドカーン

阿呆処女「やったー! やっつけたー!」

魔法少女「大丈夫? ケガはない? 膜も無事?」

阿呆処女「大丈夫! ちょっと身体が、んっ。敏感になっちゃってるけど!」

魔法少女「はぁはぁ……でもほら、よく調べてみないと……。見せて? ね?」

阿呆処女「そんなとこ触ったら……あんっ!」ビクッ

魔法少女「はぁぁっ……♥ かわいいっ♥ 苦しいよね。大丈夫、今私が楽にしてあげるから♥」クチュッ

阿呆処女「やぁっ……恥ずかしいよぅ……」ビクンッ

魔法少女「恥ずかしがってる姿も堪らないよ……! もう我慢できないっ……。いいよね……? ひとつになろ? ね?」クチュクチュ

阿呆処女「す、好きって……言ってほしいな……」

魔法少女「好き……♥ 好き♥ 大好きだよ♥ 私のこと、好き?」

阿呆処女「好きだよっ……! ずっと前から……好きなのっ! 好き! 好きっ! ……好きぃ♥」

9 : 以下、5... - 2018/06/27(水) 17:51:37.39 /7H6q7Pe0 7/7

~魔法少女の家~

魔法少女「最近平和だな~。怪人絶滅したのかなぁ」

阿呆少女「倒し尽くしちゃったのかもね~。もう怪人に用はないから、って言ってたけどどういう意味なの?」

魔法少女「えーっと……あはは……」

阿呆少女「あたし的には嬉しいけどね~。怪人とセッ○スしなくなって、あたしを相手にしてくれるんだもん♪」

魔法少女「は、恥ずかしいからやめてよぉ……」

阿呆少女「もっと恥ずかしいこといっぱいしてくるクセに~」

魔法少女「ちょっと気が大きくなっちゃうだけだもん……! あぅぅ……」

阿呆少女「とか言ってー。さっきから視線があたしのおっぱいに釘付けだぞ♪」

魔法少女「大きいよねぇ……。私ももう少し大きくなったらなぁ……」

阿呆少女「あたしはこのくらいが好きだよ♪」フニフニ

魔法少女「んっ……。こんな時間からダメだよ……」

阿呆少女「怪人も出ないし大丈夫大丈夫♪ ね? あたしの笑顔、守ってくれるんでしょ?」

魔法少女「も、もうっ……! 私は愛と勇気の魔法少女なんだから! ……そんなこと言われたら断れないじゃん♥」

おしまい

記事をツイートする 記事をはてブする