1 : 以下、?... - 2018/05/26 01:49:48.328 PEIbzDcuM 1/28

「? なにそれ?」

「わからない……友達美味しいって……」

「ラーメンならそのへんで食べればいいだろ?」

「特別な店にしか置いてないらしい……」

「特別な店ってどこだ」

「わからない……」

「……」

元スレ
妹「お兄ちゃんラーメンじろう食べたい」
http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1527266988/

2 : 以下、?... - 2018/05/26 01:51:54.885 PEIbzDcuM 2/28

「わからないばっかだな……」

「……」

「……」

「たべたい……」

「わかったよ……なんだっけ? ラーメンじろう?」

「うん」

「とりあえず、そこらへんのラーメン屋行ってみるか……」

4 : 以下、?... - 2018/05/26 01:55:37.715 PEIbzDcuM 3/28

「すみませんラーメンじろうありますか?」

店主「ないです」

「あっ、そうですか……」

「(´・ω・`)」

「そんな顔するな、何か特徴とかわからないのか?」

「野菜いっぱい入ってる……」

「ヘルシー志向の店なのか……もしかしたら女子向けのオーガニックカフェとかにありそうだな」

6 : 以下、?... - 2018/05/26 01:58:16.009 PEIbzDcuM 4/28

「すみません、ラーメンじろうください」

店主「ないです」

「あっ、そうですか……」

「(´・ω・`)」

「そんな顔するな、他に特徴は無いのか?」

「アブラカタブラ……」

「?」

「わかんないけど……アブラカタブラ……って……友達が……」

「アブラカタブラ? なんかの呪文か?」

10 : 以下、?... - 2018/05/26 02:00:35.392 PEIbzDcuM 5/28

「わかんない……なんかアブラカタブラって……」

「アブラカタブラ……なんかの暗号か……?」

「お兄ちゃんお腹空いた……」グゥゥ

「ちょっと待ってろ他にラーメン屋とかあるかな……」

「この際カレーでもいい……」

「えぇ……ここまで来てカレーでいいのか……」

11 : 以下、?... - 2018/05/26 02:03:03.832 PEIbzDcuM 6/28

「でも今日はカレーの気分じゃない……4割ぐらいしか……」

「割とあるな……6割がラーメンか?」

「ラーメン5割……1割がイカソーメン……」

「イカソーメンの気分もあるのか……珍しいな……」

「とにかくラーメンじろう食べたい」

「わかったよ……」

13 : 以下、?... - 2018/05/26 02:06:20.998 PEIbzDcuM 7/28

「すみませんラーメンじろうありますか?」

店主「ないです」

「あの……アブラカタブラ……」

店主「は?」

「あ、ごめんなさい……」


「(´;ω;`)」

「おいどうしたどうした! 泣くな泣くな!」

「ごめん……お腹空いて……」グスッ

「はぁ……なんか軽く食べるか?」

「なんか喉にチュルチュル入るものが食べたい」

「なんだよそれ……」

16 : 以下、?... - 2018/05/26 02:09:34.902 PEIbzDcuM 8/28

「……」チュルチュルル

「すみません、ラーメンじろうありますか?」

店主「ないです」

「アブラカタブラは?」

店主「ないです」

「あ、わかりました」

「(´・ω・`)」チュルチュルル

「吸いながらそんな顔すんな」

17 : 以下、?... - 2018/05/26 02:11:18.449 PEIbzDcuM 9/28

「どこにも無いね……」

「そうだな……」

「あっ……ていうか、その友達にどこで食べたか聞けばいいだろ」

「おー」パチパチ

「最初からこうしとけば確実だったな……」

「てへぺろ……」

19 : 以下、?... - 2018/05/26 02:14:28.713 PEIbzDcuM 10/28

ピンポーン

「もしもしー」

「電話じゃないんだから、それはいらないよ、どうしたの?」

「ラーメンじろうのアブラカタブラ食べたい……」

「はぁ?」

「ごめんなさい妹の兄なんですけど」

「あ、はい……なんでしょうか……?」

「実は妹が君から話を聞いてそのラーメンじろうを食べたいって言ってて……探してるんだけどどこにあるのかなって……」

「えっ……ええ……!」

「?」

20 : 以下、?... - 2018/05/26 02:16:53.482 PEIbzDcuM 11/28

「ちょっと、妹ちゃん!」ヒソヒソ

「なに?」

「なんで男の人に私がラーメン二郎のこと話すのさ!」ヒソヒソ

「だって食べたかったから……」

「今度一緒に行こうねって、私が約束したでしょ!」

「そうだったけ……?」

22 : 以下、?... - 2018/05/26 02:22:51.352 PEIbzDcuM 12/28

「はぁ……なんで男の人にラーメン二郎のことを……」

「ラーメンじろうは男の子はだめなの……?」

「いや……そういうわけじゃないけど……女の子が二郎系のラーメン食べてるって……な、なんかさ……」

「?」

「あのぉ……場所とかってどこに……?」

「えっ……あっ! えっーと、そーだなぁ……ここからだと隣町の方まで行くから……」

「友ちゃんも一緒に行こう」

「ええっ……私はいいよ……」

24 : 以下、?... - 2018/05/26 02:28:13.150 PEIbzDcuM 13/28

「なんで? みんなで食べよ、お兄ちゃんのおごりだから」

「おい」

「そんな迷惑だし……」

「いや、そんなことないよ、むしろこんな可愛い子と一緒にご飯食べれるなんて嬉しいよ」

「えっ……か、かわいいって私ですか……?」

「うん」

「……」

25 : 以下、?... - 2018/05/26 02:32:23.960 PEIbzDcuM 14/28

「ねーねーいこー」

「うぅ……わかったよ……」

「やったー」

(この子に推されると弱いんだよなぁー……)

「やった、やった、じっろう、じっろう」

「ねぇねぇ……」ボソッ

「?」

「あなたのお兄さんって見た目に反して意外とヤリチン……?」

「ヤリチン?」

「?」

27 : 以下、?... - 2018/05/26 02:35:27.707 PEIbzDcuM 15/28

「着いた……着いた……?」

「着いたよ」

「へー『ラーメン四郎』って書いてある……」

「ラーメンじろうじゃないのか……」

「ここはいわゆる二郎系のインスパイアです、直営店に劣らずでラーメン二郎の味や伝統を受け継いでいます」

「何を言ってるかわからない」

「早く行こっお兄ちゃん」

「あっ、うん……券売機か……どれにしよっかな……」

「じゃあ、俺はこの大ラーメン豚入りっていうのにしよっかな……」

28 : 以下、?... - 2018/05/26 02:38:35.780 PEIbzDcuM 16/28

「ちょっとちょっとお兄さん!」ガシッ

「え?」

「素人がいきなりそれはダメですって!」

「大丈夫大丈夫お腹空いてるし、こう見えてうなぎパイ20本は食べるんだ」

「いやいや、そんなしょぼい次元の話じゃないんですよ……!」

「しょぼい……(´・ω・`)」

「そんな顔しないでください、このお店はとんでもない量なんですよ!」

「?」

30 : 以下、?... - 2018/05/26 02:43:54.916 PEIbzDcuM 17/28

「だから初心者はこの小ラーメンにすることをオススメします」

「ええ……せっかく来たのになんかなー……」

「妹ちゃんもこの小ラーメンでいいよね?」

「いっぱい食べられれば何でもいい……」チュルチュルル

「ちょっと! 何吸ってるの!?」

「イカソーメーン」チュルチュルル

「なんで二郎に挑む前にそんな歯ごたえのあるものを!!」

31 : 以下、?... - 2018/05/26 02:47:34.984 PEIbzDcuM 18/28

「チュルチュルいけるよ……」チュルチュルル

「だめ! 没収!」ガシッ

「あっ……」

「まあまあ、そんなカリカリしなくても」

「お兄さんも! 二郎に臨むときはそんな軽い気持ちで行かないで下さい!」

「あ、ごめんなさい……」

33 : 以下、?... - 2018/05/26 02:59:44.696 PEIbzDcuM 19/28

「ふぅ……すみません取り乱しました……」

「妹の友達ってヒステリックな子なのか?」ヒソヒソ

「ヒステリック?」

「とりあえず、二人はこの小ラーメンを私はこの大ラーメン豚入りにダイブします」

「えええ、なんで君はそれにするんだよ」

「私はこれじゃないとダメなんです……これでないと……」ブツブツ

「やべー」

34 : 以下、?... - 2018/05/26 03:01:51.358 PEIbzDcuM 20/28

「とりあえずお店に入る前に、注意事項があります、入ったらお店の雰囲気を味わってください」

「はい」

「そして着席したらあたりを見渡さずに店員が来るまで無言で待機です」

「はい」

「いいですか! 食事中……ていうか、ここに入ったら死語厳禁です!」

「はい」

「そして店員から『ニンニク入れますか?』って聞かれると思います………」

「はい」

「その時こう答えてください『ヤサイアブラカラメ』ただそれだけです」

「はい」

「妹ちゃんは『なしで』って言えばいいよ」

「はい」

「妹ちゃんに言ってるんです……話聞いてますか?」

「はい」

「……」

35 : 以下、?... - 2018/05/26 03:03:20.256 PEIbzDcuM 21/28

店員「3名様ですか?」

「あ、はい」

店員「奥の席空いていますのでそこどうぞ」

「はい……さ、行きますよ……」ゴゴゴゴ

「なんかオーラがすごい」

36 : 以下、?... - 2018/05/26 03:05:48.293 PEIbzDcuM 22/28

「……」

「……」

「あーいい匂いするーお腹空いたー……」

「ちょっと! 妹ちゃん!」ヒソヒソ

周り「……」ジロリ

「イカソーメン……食べたい……」

(あーもうっ……!)

37 : 以下、?... - 2018/05/26 03:10:06.675 PEIbzDcuM 23/28

店員「ニンニク入れますか?」

「ヤサイマシマシアブラカラメ」ドヤッ

店員「そちらは?ニンニク入れますか?」

「あ、はい」

「ちーがうだーろー!」

「あ、ごめんなさい、ヤブラコウジブラコウジで」

店員「?」

「無しでお願いします!」

「えっ、トッピング無いんだ……(´・ω・`)」

(ちっ……こいつぅ……!)

39 : 以下、?... - 2018/05/26 03:14:13.463 PEIbzDcuM 24/28

店員「えーっと……そちらの方はニンニクは?」

「パイポパイポノシューリンガン」

「だーから!」

店員「……」

「その後なんだっけ……」

「グーリンダイとかポンポコポンとかなんとか……」

周り「……」ジロジロ

「すみませんその子も無しで……」

店員「あ、はい……」

40 : 以下、?... - 2018/05/26 03:16:56.342 PEIbzDcuM 25/28

店員「へい、おまち!」

「ありがとうございます……って……!」

「お兄さん! それって……!?」

「ああ、俺もどんなもんか食べてみたいと思って同じのにしたんだ……すごいな~これ」

「……」

「残したらギルティですから……」ボソッ

「?」

(いやもう周りは気にするな……こいつだけに集中しよう……)

(あのとき……初ギルティを受けたあの時の後悔を……もう二度と……)

(繰り返してはならない……!)

41 : 以下、?... - 2018/05/26 03:19:17.966 PEIbzDcuM 26/28

10分後

(うっ……苦しくなってきた……しかし……まだ気力はある……目標15分……だったがあと10分伸ばせば……いや……ここは勢いを落としてはならない……)

「ふぅ……」チラッ

「」チーン

(無様ね……)

「ごちそーさまー」

(妹ちゃん……なかなかやるわね初めてにしては……小でも応えるヒトがいる中で完食なんてね……)


「なんか物足りない……お兄ちゃん……」ツンツン

「」

「それ食べていい……?」

「」

「……」

42 : 以下、?... - 2018/05/26 03:22:31.710 PEIbzDcuM 27/28

15分後

(やべぇ……やべぇよ……苦しい……汗が……止まった……)ハァハァ

(血液水、体のすべての体液が犯されてる……)ハァハァ

(ちくしょぉっ! またあの時の……)

(落ち着け……まだまだ……一旦お茶を飲もう……)

「……」ゴクゴク


「……!?」

「ごちそーさま」

「なんだと……」

「……」

「なんか物足りない……」

「は?」

43 : 以下、?... - 2018/05/26 03:42:41.469 PEIbzDcuM 28/28

____

「……」

「……」

「美味しかったね、またこようよ」

「もういいよ……」

「イカソーメン食べたい……」グゥゥ

「……」



記事をツイートする 記事をはてブする