1 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:10:22.86 HW+Cee+cM 1/20

貴方は小さな村の村人です。

幼馴染の少女が貴方を訪ね、憂鬱そうに言いました。

少女「領主様のお屋敷に呼ばれたの」

少女は村を旅立ち、領主の屋敷で働くそうです。

貴方は領主の良くない噂を思い出します。

そこで貴方は>>3の行動を選択しました。

元スレ
少女「領主様のお屋敷に呼ばれたの」 村人「>>3」
http://hebi.5ch.net/test/read.cgi/news4vip/1526706622/

4 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:11:06.99 gpjhA8TF0 2/20

帰宅

11 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:18:07.83 HW+Cee+cM 3/20

貴方は帰宅しました。

少女は何も答えない貴方の背中を、悲しげに見送りました。

夜が明け、少女が村を旅立つ時が来ました。

「少女、ごめんね」

少女の母親が少女を抱きしめます。

少女「……」

少女は一度だけを貴方を見て、目を伏せました。

そこで貴方は>>13の行動を選択しました。

14 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:19:16.97 Qy/H18k80 4/20

きびだんごをもたせる

17 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:26:54.65 HW+Cee+cM 5/20

貴方は少女にきびだんごを持たせました。

少女「これを、私に?」

尋ねる少女に貴方は肯きます。

少女はだんごを大切そうに懐に仕舞うと、精一杯微笑みました。

少女「ありがとう」

そして少女は旅立ちました。

数日後、貴方は領主が犬に襲われたという話を聞きます。

その犬は少女が調教した狂犬であり、少女は狂犬と共に逃げ出したそうです。

そこで貴方は>>20の行動を選択しました。

21 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:35:09.96 Qy/H18k80 6/20

無事を祈る

24 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:43:07.23 HW+Cee+cM 7/20

貴方は無事を祈りました。

貴方の託したきびだんごが少女を守ってくれると信じて。

貴方が祈る間にも、少女の噂が村に届きます。

「ああ、どうしてこんな事に」

領主は執拗に少女を追い続けているようです。

ですが貴方は噂が徐々に変化している事に気付きます。

少女は狂犬使いから獣使いになり、今では魔物使いと呼ばれています。

貴方は少女が別の意味で心配になりました。

そこで貴方は>>26の行動を選択しました。

26 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 14:45:11.64 kZByqcXF0 8/20

コマンドー

27 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:00:55.76 HW+Cee+cM 9/20

貴方はコマンドーになりました。

重武装した貴方を少女の母親が呼び止めます。

「何が始まるの?」

第三次世界大戦だよ、と貴方が答えたかは分かりませんが。

貴方は追われる少女を助けるため、村を旅立ちました。

道行く人に少女の行方を尋ね、貴方は深い森に辿り着きます。

魔物「ぐるるる……」

しかし貴方を阻むように魔物が立ち塞がり、低い唸り声を向けます。

そこで貴方は>>29の行動を選択しました。

29 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:20:45.78 YFoeWIDh0 10/20

ホモセッ○ス

34 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:30:26.83 HW+Cee+cM 11/20

貴方はホモセッ○スする事にしました。

貴方の愛は種族も性別も超越しているようです。

魔物「ぐ、ぐる?」

貴方は全身を使い、魔物に求愛行動をします。

最初は困惑していた魔物も、やがて貴方の行動の意味を理解しました。

魔物「ぐるぅ……」

魔物は満更でもない雰囲気を出しつつ、いきなりの求愛に恥じらいを見せます。

ですが粘り強い貴方の求愛に魔物も負け、熱く愛を交わし合いました。

ふと貴方は誰かの視線に気付きます。

少女「きゃ、きゃー」

いつから覗いていたのか、顔を赤くした少女が白々しく悲鳴をあげます。

そこで貴方は>>36の行動を選択しました。

36 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:35:48.13 S6jptjQJd 12/20

3P

38 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:47:14.70 HW+Cee+cM 13/20

貴方は3Pする事にしました。

そう、貴方の愛は一人の器に収まるほど小さくはなかったのです。

少女「わ、私も?」

少女は戸惑いつつも、やはり満更でもない感を醸し出します。

愛の狩人の貴方は敏感にその匂いを嗅ぎ取り、押せ押せムードです。

少女「う、うん……その、優しくしてね?」

貴方は、少女もまた超越した愛の持ち主である事を知りました。

貴方と少女と魔物、2人と1匹はリバに次ぐリバの連続です。

少女「すごかったね……」

貴方達は全員白い液体に塗れたまま、疲れて大地に寝転がりました。

そう、貴方達は愛し合う喜びを知ったのです。ジョイホージョイホー!

そこで貴方達は>>40の行動を選択しました。

40 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:48:57.51 uFimSQAQr 14/20

領主一族の殲滅

42 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:56:29.36 HW+Cee+cM 15/20

貴方は領主一族の殲滅を決意しました。

愛を理解できない者に生きる資格はない。

貴方は過激主義者だったようです。

少女「そうだよね、愛だよね!」

魔物「ぐるぅ!」

深い絆で結ばれた貴方達はすぐに通じ合いました。

少女「さあ行こう!」

少女は手を掲げ、周囲に伏せる何匹もの獣や魔物を扇動します。

重武装の貴方もそれに続きます。

貴方達はさながら百鬼夜行となり、領主の屋敷を襲撃しました。

領主「た、頼む、妻と子供達は見逃してくれ!」

領主はその背に家族を庇い、跪き、貴方達に懇願します。

そこで貴方は>>44の行動を選択しました。

44 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 15:57:23.30 ZQ1C2eh/0 16/20

街を蹂躙

47 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 16:09:48.36 HW+Cee+cM 17/20

貴方は街を蹂躙すると伝えました。

領主「な、なんだと!? やめろ、何を考えているのだ!?」

貴方達は駆け出しました。

その影は、ひとつの大きな生き物が蠢いているようでした。

住民「ん、何の音だ? がっ、ぎゃあああああ!?」

影は人々を飲み込み、進み続けました。

貴方と少女だけだった影の人間が徐々に増え、住民が住民を襲います。

暴力だけではなく、時にそれは性行為でもありました。

少女「これも愛だよね」

少女は笑いました。

翌日、愛に満たされた貴方達は崩壊した街で目覚めました。

そこで貴方は>>49の行動を選択しました。

49 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 16:12:01.64 S6jptjQJd 18/20

世界中に愛を広める

53 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 16:32:37.59 HW+Cee+cM 19/20

貴方は世界中に愛を広める決意をしました。

少女「ねえ、それってすごく素敵なことだよ!」

魔物「ぐるるる!」

貴方達は愛に満たされた世界を想像しました。

他人を愛そうとしない人々に貴方達が愛を伝えるのです。

少女「ねえみんな、愛だよね! 愛なんだよね!」

新たに愛を知った人々が隣人の死体の隣で叫びます。

住民「愛だ! 愛だ!」

貴方達は旅立ちました、愛の伝道師として。

貴方達の旅は続き、人々は愛を知り、世界は愛の影に飲み込まれたのです。


貴方は世界を平和にしました。

誰もが隣人を愛する、国という概念のない世界には争いが起きません。

ですが貴方の死んだ後、世界は徐々に元の形に戻りました。

後世の人々は、貴方が悪魔だったのだと評しました。

55 : 以下、5... - 2018/05/19(土) 16:41:58.84 HW+Cee+cM 20/20

かつて貴方が旅立つ少女に与えた団子。

それには動物を従える力がありました。

動物に自分を味方だと思わせる力、垣根を失わせる力。

それはつまり、自分と他人の境界を失わせる力。

自分と自分が争えるはずもなかったのです。


貴方は世界で唯一人の存在になりました。

他人との愛を望んだ貴方が、です。

貴方の死因は歴史の闇に消えました。

ですがそれは語るまでもない事でしょう。

人は愛のために生きているのですから。

記事をツイートする 記事をはてブする